Etymotic Research 【国内正規品】 インイヤーイヤホン HF5-BLACK – 値上がりしすぎ

音質はかなり良い。装着感も良い。軽くてタフ。毎日、気楽に語学学習に使って、時々クラシックを聞くとその音の良さを再認識しています。実用的かつ高品質。コストパフォーマンスはかなり高いと思います。.

ただ、ケーブルノイズ(ケーブルが擦りあったときの音)が大きいケーブルが細すぎるのでは?.

皆さんがコメントしている内容と同じです。エージングしないとまともな音でならないので注意!100時間は我慢しよう。何だかんだ言っても低域はでないので、ロックやポップス向きではない。クラシック向きでしょ。耳の奥まで突っ込まないと低域が出ないので注意!(浅く刺しているとシャリシャリした音しかでない)そして耳の奥まで突っ込む訳だから、外の音はとても聞こえにくい。事故に注意!でも、電車の中など、音漏れもないので安心して音楽聞ける。コードに触れるだけでイヤホンからその音がしてしまうほどに敏感。クリップでコードが遊ばないようにしてあげよう。音質そのものは、私の基準では頑張って星4つくらい。特に解像度が高いとは思わないが、スッキリと透明感の高い滑らかな音が出る。低域がないので全体としての音の出方、バランスはやはり少し違和感は感じる。質の低い解像度の低い低音で音楽全体の質が低くなるなら、こういうバランスのほうが害がなくて良いと思う。価格を考えると星5つあげたい。以下追記愛用していたが紛失したので、今度は何にしようかな~と、3万程度までのイヤホンをほとんど聞きまくった。しかし、結局HF5にという結果になった。このイヤフォンは音の出方がフラットでとてもバランスが良く、そこそこの解像度と滑らかな音で、とても聴き心地が良くてコレ以外の選択肢はないな、が結論。ドンシャリ傾向が好きな人は、いろいろ選択肢は増えるがクラッシック中心にクセのないイヤフォンとなるとコレが一押し。で、クセがないので何を聞いても聞き疲れしない。素晴らしい!イヤフォンも3万以上の高級品?も多々あるが、同じ価格のヘッドフォンと聞き比べて欲しい。同じ3万出すなら絶対ヘッドフォンには音質は叶わない。3万のイヤフォンを買って85点で満足するか、ヘッドフォンで95点まで持っていくか、HF5で80点で良しとするか?と僕は感じた。だから迷わずHF5!イヤフォンで1万以上性能と価格が折り合わない、、、コスパ悪すぎかと。.

音質は言わずもなが高品質で、アニソンからクラシックまでどんなジャンルのミュージックでも対応できる万能型。特徴的な形状(所謂キノコ型)のお陰で遮音性が高く、外の環境を気にせずに音楽・作業に集中できる。またasmrを聴く場合にもこのイヤホンはお勧めで、耳の深くまで差し込むため音声がより間近で感じられる。.

ヘッドホンは暑く、束縛感があるようで イヤホンが良いのではと思ってたところHF5を知り購入しました。評価通りクラシック、女性ボーカルには最適と思います。  価格も買いやすい値段でした。形の割には耳にしっくりします。.

3段フランジ。このイヤーピースの凄さきちっとはまったときの音の感激は驚きの何者でもありませんでした。以前から挑戦しては、違和感と痛みに諦めていた日々。ue900sをテンプロの音にしたいがため、モンスターの3段フランジに、何度目か分からないが挑戦ひょっとしたことで、コツをつかむことができました。諦めなくてよかった。後は3段フランジ天国!遮音性はシュア以上。それより、音が脳内でエネルギッシュかつシルキーになり、最も音楽の世界にのめりこめる唯一無二のイヤーピースであることにいまさらながら感動しました。必然的にエティモにふらふら導かれ、er4にいくかと思いきや、価格と低音でhf5にσ^_^;。大大満足です。細かいレビューは他の方に任せるとして、とにかくハマります。3段フランジのエティモ。今まで絶対3段フランジはダメと諦めているあなたぜひあなたにこそ天国を見せてあげたい(≧∇≦)追伸3段フランジの克服のコツは、自分の耳の穴の方向を意識し、そちら側にそっとゆっくり、かけている曲の低音がでるまでさしこむことです。あとは、その音に感動し聴いているうちに、気がつくと慣れて、差し込んでいる感覚がいつの間にか癖になり、他のピースが物足りなく感じるようになったら完了!何回かやっぱりダメだわと思っても諦めず、チャレンジし続けてみてください。ちなみに私は6回目くらいで成功しました。.

10000円以下の値段の割には間違いなく音はいいです。遮音性も優れているのでバスの中で毎日使用させてもらっています。(ただし、家では全く使いません・・・)10000円あたりのイヤホンはいくつか持っていますが、これはかなりコスパが良いです。baなので高音は十二分に出ますが、低音も適度に出ます。さらに、どの音域も解像度が高いです。今まで安い低音ホンを使っていた人はこれは合わないと思いますね^^;3段キノコは自分の耳に合わなかったので、熱収縮チューブで軸を太くしてソニーのイヤーピースを無理矢理つけて使っていますが、問題ないです。shure掛けが苦手、外用にイヤホンが欲しいという人はこれをおすすめします。しかし、お金に余裕のある方は上のモデルのer4sやklipschさんのイヤホンの方が良いかと思います。.

Audio technicaのsolid bassを使っていたのでかなり低音を聞きなれていたのですがこのイヤホンは高音が良いと聞いたので僕も高音も聞いてみようと思い購入してみました。結果、最初聞いてみたときは低音が物足りないと思ったのですが、だんだん聞いてみると音がどんどん良くなっていく気がしました。なので、もし低音ばかり聞いていて高音が聞いてみたくなった人は買ってみることをおすすめします。3段キノコが慣れないなどのレビューもよくありますが、イヤーチップと一緒に買う前に3段キノコを試してみることをおすすめします。僕も慣れないとよく言われていて不安でしたが、使ってみるとそれほど問題はありませんでしたのでぜひ購入してみることをおすすめします!.

利点と欠点

メリット

  • 再購入
  • 音質と遮音性が良い
  • 価格に見合う価値はあります。

デメリット

上位機種のer4sも良いと思いますが、個人的にはhf5で必要十分です。この機種もer社らしい高音のクリアさが堪能できます。低音も決して埋もれている訳ではなく、量は少ないですが、締まりのあるタイトな音が楽しめます。.

Iphone4sにて使用しています。低音の量が少ないといった意見もありますけど、ブーミーな(重)低音を求めなければ十分な量の低音が出ています。たいていのベースラインなら追っかけられるくらいの引き締まった低音が出ます。どうしても物足りないならイコライザアプリを使うかポタアンを使えば、重低音イヤホンにも劣らない(少しは劣る)低音を出すことも可能(ちなみに当方はubioとfiioのe12を使用。最高です。)。とにかく、私がこのイヤホンを気に入っているのは音量をかなり大きくしても、(もちろんソースにはよりますが)サ行の刺さりがほとんどないことです。サ行の刺さらないポータブルのイヤホンならこれか、上位機種のer-4pで決まりです。この値段でこのクオリティはありえません。最高です。.

Etymotic researchのは初めて使います。普段使い用の安いイヤホンが欲しくて買いました。値段を考慮すればかなり優秀な性能だと思います。ただ、不満があるとすれば低域がかなり弱い。出ていない訳じゃないです。でも耳にしっかり合うイヤピに替えればしっかり聞き取れるくらいにはなりました。中高域は色が着いている印象ですが、綺麗です。解像度も値段を考えれば高く、いい買い物したかなって思います。.

私の手持ちのイヤホン(ha-fx3x(重低音))と比較してのレビューとなります。参考にした曲は黒種草、遥か彼方(リトバス)、罪な薔薇です。ha-fx3xで聞いた場合黒種草はピアノの低音が強調され聞きやすく温かみのある音でした。遥か彼方の場合は少しこもって聞こえました。罪な薔薇はベースの低音が強調されてて非常に良いのですがサビの高音部がひび割れしておりキンキンしました。hf5の場合黒種草はピアノの低音が少なく安っぽく感じましたがヴァイオリンの音が非常に綺麗で生で聞いてるような感じになりました。遥か彼方では透き通っていて非常に聴きやすかったです。罪な薔薇は低音が少なく安っぽく感じましたがサビの高音部までちゃんと綺麗に聞こえました。曲によっては低音が小さいため迫力に欠けたり安っぽく感じるかも知れません。クラッシックやアニソンなどには力を発揮するかと思います。***追記***標準のイヤピースから別のイヤピース(三段きのこ)に変えたところまったく別の音となりました。高音はより繊細になりスカスカだった低音は程よい厚みになり安っぽさは微塵も感じませんでした。音域が広がり高級感がましたように思えます。コスパは最高ランクだと思います。.

Amazonで購入し、2年程度使用しました。ケーブルが若干細く、購入当初不安になりましたが、正しい使い方をすれば滅多に断線することはないと思います。音は鮮明ですね、低音が主張してこないので中音域もよく聞こえます。ですが、何と言っても遮音性が抜群です。電車の中で使用しましたが、ほとんどの雑音は遮断してくれます。とても良い製品でした。最後は紛失してしまいましたが、また購入を検討しようと思います。.

低音よりでも高音よりでもなく、個性は強くありませんが全体に渡って綺麗に鳴ります。価格的にも最初に試すbaとしてはいいし、これ以上の音を求めるとなると、3万円クラスだろうと思うほど、コストパフォーマンスがいいです。.

同社のer4sを数年来メインで使っていますが、ポータブル用途で本機を購入しました。er4sより低音が豊かで、全体にマイルドにしたような感じでしょうか。それでいて篭り感はなく、色んな音がよく聞こえます。この価格でこの音は素晴らしいです。er4sよりも装着時の耳からの出っ張りが少なく、またケーブルが細くてしなやかなのも用途的には好ましいです。.

2回目の購入です。他の物を購入しましたがやっぱり駄目でまたこれに戻りました。コレが一番気に入ってます。.

やはりそのへんのやすもんとは違うなってかんじです。耳に入れた感じはなれると平気ですね.

特徴 【国内正規品】 Etymotic Research インイヤーイヤホン HF5-BLACK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • バランスドアマチュア型
  • コード長1.2m
  • 付属品 交換イヤチップ、交換フィルター、交換ツール、ポーチ
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応

以前使っていたヘッドフォンが壊れたので、今度はイヤホンでこの会社の製品を試しにと思い手にしました。前はボーズ博士のちょっと良いモノを使っていましたのですが、このイヤホンもなかなかすごい。特に突き抜けて優れていると感じたのは高音。ものすごく透き通るように耳に入ってきます。女性ボーカルのPOP曲などには最適ではないでしょうか。逆に弱いと感じるのは低音ですね。迫力あるシーンの多い映画にはちょっと合わないかと思いました。ただ、この価格でこれだけの音質を保てるものがあることに驚きです。コスパ高し。低音用には別途ヘッドフォン、外で音楽を聞くときにはこのイヤホン、でも十分アリでしょう♪.

装着感は最初は違和感ありますが慣れます。音質は高音よりで低音があまり出ません。また超高音もあまり出ません。しかしそのおかげで女性ボーカルのサ行が刺さりにくく、聴いていて快適です。解像度はヘッドホンには及びませんが、イヤホンならこれで十分ですね。オーテクのath-cks-55xを使っていたのですが、乗り換えました。.

最初は高音が刺さり、低音が出ていないと感じましたが、 装着の仕方が甘かった様で、より耳の奥に差し込む事で、中高音は綺麗に出て、低音も主張しすぎない程度にしっかり出る様になりました。遮音性も非常に高いです。(原付に乗っていても、エンジン音が殆ど聞こえません)問題は装着感です。装着に時間がかかるのと、耳のかなり奥まで差し込むので、圧迫感があり、抜く時に痛みを感じます。差し込んでいる時も場合によっては痛みを感じる時もあります。よって星4つにさせて頂きました。.

耳に軽く固定する、という通常のイヤフォンの使い方をしては、このイヤフォンは全く役に立ちません。付属のスポンジを取り付け、耳にねじ込み外界の音を完全にシャットアウトして初めて性能が発揮されます。特に高音部は美しいです。低音部は物足りないです。バイオリンなどの弦楽器の再生には適当と思います。しかし、耳にねじ込まなければならないというのは、いかがなものか・・.

個人的に初めてのbaドライバ搭載機としてそこそこの期待をしつつ購入、これまで同じような価格帯のダイナミックドライバ搭載機しか使ってこずチューニングもローがしっかりと出る物をセレクトしていた自分的には多少ローのパンチが弱いかも…と思いました。逆に女性ボーカル、アコースティックなどの表現力はさすがの物で今まで聞いてきたイヤホンの中では圧倒的な解像度、音像の明瞭さがありその場の空気感すら伝わってくるような印象を受けます。メタルからシンガーソングライター系まで幅広く聞く自分としてはメタル側のパンチが弱くその分でマイナス1、それ以外は概ね満足ということで☆4の評価です。.

Erが欲しいけど予算の都合で買えないという人がここに辿り着くことが多いと思います。そこでerとの比較ですがhf5のほうが下が強く上が控えめです。erの高音の伸びが好きな人には正直勧められませんがバランス自体は良く、サブイヤホンとしては十分なものとなっています。.

色々なイヤホンを試してきました。 素人なので音にはさほどこだわらないですが、いつもフィット感で悩んでました。 左耳がいつもしっくりこなかったけど、これはイイ.

音質はそれなりに評価できるとして、イヤーピースのどれを選択しても装着感が悪く、長時間の使用に耐えない。原因は密閉度が格段に高く、鼓膜や耳の穴に負担がかかってしまうため。密閉度を重視するなら最高の製品だが、特殊な製品だということを理解して買ったほうがいいと思う。.

普段はwalkman sにshureのse535を直挿しで使っています。楽曲はほぼオールジャンル。フォーマットはalacで、eqは使いません。シングルbaは同se315しか購入経験がありません。久しぶりにse315を使ってみたところ、シングルba特有のクリアネスと超高・超低がうるさくない感じがリラックスしたリスニングにいい、bgm的リスニング、寝ホンに向くことを再認識して、何か別のものが欲しいと思って購入しました。自分の場合、イヤーピースはコンプライのpのレギュラーしかないかなという感じです。装着感と装着時の安定性を重視するのでshureがけではないものは避けてきましたが、これはイヤーピースが小型軽量のハウジングをガッチリ保持してくれるので安心です。ただハウジングが耳からつき出すのと、外耳道に深く挿入しているため(深すぎるとかえって篭もりますが)寝ホンには使えません。音質などについては他の方のレビューどおりですが、とにかく爽快感があります。アコースティックな楽器がきれいで、ヴォーカルの有無にかかわらずトリオ、カルテット(ジャズでしたらベースはしっかり聴こえます)、クラシックでしたら小編成の、例えば弦楽四重奏などは非常に心地よく聴けます。ピアノもいいですね。.

エティモのイヤホンは言わずもながら高音重視であります。そのためか、iphone・ipod直差しなどで聞く事はオススメしません。(高音がとても刺さりますし、低音が貧弱なため100均のイヤホンになります)余裕を持って聞くなら、ポータブルアンプ接続か、aシリーズ以上のwalkmanが最低限必須だと思います。以上の機材でしたら、低音が貧弱ではなく、とてもキレがある音になります。装着感は3段きのこに慣れましたが、shureのフォームイヤーがとても合い、そちらを愛用しています。1万円程度のイヤホンという感じではなく、2万5千~3万円レベルのコスパがいいイヤホンです。.

2013年にセールで6000円程度で購入してから4年半の間、ほぼ毎日使っていました。が、先日先端部分(キノコの中に入る細い部分)がポッキリ折れて使えなくなりました。さすがにもう寿命かと思います。他のモノには替えられず、すぐに再購入しました。音の良し悪しを論じられるほど耳が良くないのですが、飛行機や新幹線での長時間の移動時には、遮音性と疲れないことをとてもありがたく感じます。「本体がベタベタする」というレビューはその通りで、しばらく使っていると黒いマットになっている塗装がベタベタしてきますが、その段階でこの塗装をティッシュ等で強めにこすって剥がしてしまえば、下から光沢のある本体が現れますので、使用上では問題ありませんでした。.

音は良い。値段以上の価値はある。音については他の方にお任せします。ただ、生活環境が変化し、この製品は外音を遮音しすぎるので使う機会は少なくなりました。ケースに入れてしばらく使用しないでいたら、プラ素材が変質してベタつくようになりました。こんな風になるなら別の素材とかにしてよと思ってしまいます。.

これまでゼンハイザーのcx300Ⅱを使用していました。そちらを購入する時から、ba型のイヤフォンに興味がありましたが、やや高価なために躊躇していました。ゼンハイザーはバランスの良い響きで、トータルパフォーマンスに優れていると感じています。しかし、私はクラシックを中心に聴くため、やや低音が誇張されているように、そして音の透明感が不足しているように感じていました。そこでba型のイヤフォンを買おうと決心し、ソニーと比較検討し、こちらのものを購入しました。まず、本当に透明感ある音質に、驚きました!イヤフォンで、ここまで音質が変わるものかと、ビックリしました。ゼンハイザーと比較すると、低音域はおとなしくなりましたが、中高音域は透き通るような響きです。この辺は聴くジャンルや、個人の好みにもよるとは思いますが、クラシックを中心に聴かれる方や、ジャズボーカルを聴かれる方には、とても良い選択だと思います。.

2000年くらい?に僕が買ったときは8000円台で、その後値下がりしたときは最低5000円台まで落ちてました。(er4sが送料込で15000円以内)それから円安とエティモの経営方針の変化の影響でどんどん値上がりし、ついに性能相応か、それ以下になりました。er4sと比べると、タッチノイズが出にくく、源音再生系でありながら音楽を楽しむような音作りも見られ、イヤホンガチ勢と低音重視以外の人には間違いなくオススメ機種でした。1万以下ならこれ一択と言えるくらい素晴らしいもので、それは今でも変わりません。しかし、ここの値段になると、エティモ大好きだった僕の贔屓目もなくなります。僕はソニーよりパイオニアよりオンキヨーよりエティモの音が好きですが、今は国産の方がコスパが高いと言わざるを得ません。.

息遣いが聞こえるような感じの音がします。ジャズのボーカルや管楽器だとよくわかります。当然かもしれませんが細かい音がよくわかるので語学学習にも重宝しています。.

初級者だけど、何か他人とは違うものをお探しの方にはオススメします。低音が弱いと言われますが、初級者にはほとんど分かりません。耳が痛くなると言われますが、個人差によるところが大きいです。僕は挿入角度によっては痛いです。でもしっかりとハマった時は痛みはなく、遮音性や中高音領域の明瞭さは素晴しいものです。.

ハウジングの表面にツヤ消し加工がされているんですがその成分がすぐ加水分解を起こしてベトベトになります。でも表面を爪で削ってカスを根気良く拭き取っていくと汚れたマットブラックから美しいピアノブラックに生まれ変わりました!ベタベタは完全に無くなりましたがはlrのマークは消えませんでしたよ。あくまで良い再生機と良いヘッドフォンアンプを使用する前提で、ちゃんと耳に合うイアーチップを選びしっかり密閉できている前提ですがとにかく中音から上がフラットで微小音もしっかり再生してくれるので自然です。低音は出る機種と比べれば多くはないですがしっかり出てはいますしこれ位がフラットだとも思えます。と言うか「軽くない音」と「中音の見通しの良さ」を両立する為のベストの量を突いてきてる気はします。(物足りなければeqでブーストしましょう。)重低音と超高音は少し弱いですがそれ以外はかなり完成度の高い音質だと感じます。あ~アコギってこんな音だよな~ピアノってこんな音だよな~と、生音を知っていれば妙に納得してしまう音を出すことが可能なモデルだと感じます。もう少し言うと「生音っぽさがある」と言うより「不自然さがない」感じ、ピークやディップがほとんどなくて聴きやすいです。ボーカルや管楽器等のハモリもつぶれず個別に表現する力は高いです。大きな音の影の小さい音も問題なく再生します。残響音や演奏者のノイズ等ですね。あらゆる能力がかなり高いです。演出された高音質感は飽きるのが早い気がするんですがこのモデルはあくまでも正確で自然なので個人的には飽きない。素晴らしいです。値段もそこまで高くないし。基本的には完成度がかなり高くバランスも良く聴き易いので不満は特に感じませんがあるとすればやっぱり重低音、と超高音が少し弱い、のですごくワイドレンジな機種と比べればですがナローレンジに感じてしまうかも、決してこもった音ではないですが。あとダイナミクスが少しだけ甘いかなと思います。とにかく魅力は相当フラットな中音と聴きやすい音ですね、補聴器メーカーらしく。誰しも一度は聴いておいた方がよい機種だとすら思います。この音をある意味では基準にして考えて問題ないと思います。ただ耳の形は千差万別。イアーチップを純正付属品以外も含めていろいろ試してみて物理的にも音的にも自分に合う物を見付けて下さい。しっかり装着(密閉)できていないとカナル型全般ですが低音が出なくなります。また遮音性も悪くなるのでba型特有の繊細な再生能力の恩恵も受けられません。またba型はつなぐ機器の出力インピーダンスによっても音が大幅に変わってしまう方式です。基本的には充分低い出力インピーダンスの機器につなぐ事を想定して音のバランスはデザインされているはずなのでインピーダンスの高い出力につないでの使用には向きません。付属のイヤーチップがどれもキツ過ぎるよという方、panasonicのdeep fit bassシリーズ専用イヤーチップを試してみてください。etymoticの細いステムにもしっかり付くしイヤーピース自体も細いので装着しやすいし柔らかいので密閉を保ちやすい感じがします。サイズはlでも他社のmより細いかも。ただフィルターを詰まらせ易くする可能性もあります。.

Er6iが断線し、いくつか別のメーカーのものを試しましたが、やはりetymoticのこの遮音性能と音に帰ってきました。毎日の通勤になくてはならないものになっています。.

音質はわかりません。鼓膜に近いところで音がなるせいもあって、頭の中で定位します咀嚼音や袋の音を聞くasmr関連のヘッドホンとしてはかなりよいです。一方で低音が弱い。asmr動画でよくある空気の吹き付け音によるゾクゾク感は一般的な耳を覆うタイプのスピーカーの大きなヘッドホンと比べて弱くなります。(私がいままでで一番asmrの音を聞いていて気持ちが良いのはmdr-1aです)しかし、このイヤホンには音質とは違ったところで良いところがあります。それは耳栓機能です。私はもともと音過敏気味で、雑音が聞こえると集中できないタイプの人間なので耳栓を使用することが多かったのですがこのイヤホンをしながら、静かな音楽を流して作業した場合、相当集中できます。本当に静かになります。私は耳栓慣れしているので気になりませんが、結構がっつりと深くまで挿入するため人によっては耐えられないかもしれません。薬局などでこのタイプの耳栓が売っていますので一度はめてみて、長時間つけっぱなしにできるようであれば購入を考えてはいかがでしょうか。.

Baドライバーのイヤホンなので低音が出ないのは仕方のないことなのでしょうか。高音は綺麗だと思います。.

カナル型のイヤホンは遮音性と傾向性が良いので、安いものを普段使いにいくつか使用してきました。しかしローが出過ぎた不自然な音の物が多く、なかなか音質で満足する事はありませんでした。このhf5は巷の評判通りローに偏る事は無く、ミックスダウンした自分の音楽を殆ど同じバランスで聴く事が出来ています。しかし完全なフラットではないようで、数十hzの低音と8〜10khz以上の高音が省かれているようです。より高級な物ではこの辺りの帯域もしっかりカバーしているのでしょうが、耳をいたわりたい私にはこのバランスが大事でした。耳の穴に突っ込んで音楽を聴くわけですから、闇雲にレスポンス特性を追求せず、オーバー型のヘッドホンよりも慎重に耳への負担を考えるべきだと思います。長時間音楽を聴いていて気持ち悪くなってくるような重低音や、耳に刺さる危険な高音域は必要ありません。またそれらがなくとも上質で繊細な音楽が愉しめるバランスがあるという事です。この商品は購入時点で1万円を切っており、値付けも非常に良心的です。5,000円以下のイヤホンを買うならば少し値を上げてこのhf5を買うべきだと思います。また2万円程度のイヤホンを買うのであれば、上記の理由も加味してこのhf5で十分だと思います。イヤホンで音作りをしたいという稀な方がいれば話は別ですが。今回買ったhf5が壊れても、またこの商品を買うと思います。高級感のある作りのパッケージに、イヤホン本体もマット仕上げで、質感も良い商品だと思います。.

サウンドハウスから直に買っていたが、紛失したので少しでも安く買おうと探したら、同じショップ経由でAmazonは送料分安くなるのでこちらで購入。音のバランスが上位機種に負けていない。中高音もしっかりまとまっていてエティモらしい。コードが絡まりやすいのが欠点。垂れ下がった途端にコード同士がクルクルと巻き付いてしまうが、ほぐすのは材質がゴム製なのでたいへん往生する。あわてて列車から降りようとして座席のどこかに引っ掛かり、プラグが抜けて紛失した。コードの材質を、なんにでも巻き付かないものに変更してもらいたいが、遠いアメリカのメーカーなのでユーザーの声は届かないだろうな。このイヤホンはこれで3個目。もう失くさないように大切に使いたい。.

(以下、2万円以上のイヤホンを購入したことがないペーペーがレビューしているものなので参考程度に留めてください)約半年ほど使用して見たの感想ですが、やはり他の同価格のシングルバランスドアーマチュアイヤホンに比べて抜きん出た中高音域の再現率を誇ります。エイジング無しでノラ・ジョーンズのドント・ノーホワイを聴き込んでみると高音の輪郭がはっきりとわかるような気がしました。エイジングしないおかげで女性ボーカルの声に芯の通ったかっちりとした味付けがなされていました。その後50時間ほどエイジングしたところ、高音がほんの少しだけですかぼやけるような印象を受けました。中音は変わりませんでしたが、低音は沈み込む感じに仕上がったような気がします。向いているジャンルはジャズ、ジャズボーカル、ニューエイジ、バラードなどかお勧めです。他のジャンルも行けなくはないのですが、音が多い曲や重低音バリバリの曲なんかはあまり得意ではないです。そただしパンテラのカウボーイフロムヘルのスネアは大変爽快でした!(試聴してみるとわかると思います)最後にさくっとまとめると低音は控えめ、しっとり系のジャンルが得意、女性ボーカルに合う、騒がしいのはx、とこんなところでしょうか。こんな駄文でも購入の参考になれば幸いです。.

ベスト 【国内正規品】 Etymotic Research インイヤーイヤホン HF5-BLACK 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.