ERATO(エラート) Erato Verse トゥルーワイヤレスイヤホン – ブラック グラフェンドライバー使用 IPX5 充電バッテリーボックス付き – 3個買ったけど

サポートがなってないなどのレビューを複数見ましたが、私の購入したもので不具合がでた際、商品の交換してちゃんとした対応をしてもらいましたよw付属のイヤーピースでは少しフィットしない感じだったのでcomplのt-600を付けたところうまくフィットしました。.

Iphone x’s maxで使用。youtube等で動画を見るために購入はじめてのbluetoothイヤホンなので比較対象がないが、音声は良好。後は少々遅れあり。.

一年弱ほど使いましたが、下記の点が目立ち結果として以前使っていた首かけのbluetoothイヤホンに戻ってしまいました。・左右どちらかの音が途切れたりうまく繋がらないことが多い。・ケースから出すときに左右に動かさないと電源が入らないというのも地味に面倒。・通話用としてはほぼ役に立たなかった。これは以前のイヤホンを忘れたり充電が切れたときの非常用になっています。.

見た目やサイズ、音質等は満足でしたが、音量が小さいと思うのは私だけ?遮音性かな….

使いだして2回目で右のイヤホンが聴こえなくなりました。お金の無駄です.

初期不良あるし親機壊れやすい色々なワイヤレスイヤホン買ったけど、音は一番好き.

有線イヤホンをメインで使用していますが、場合によってケーブルが鬱陶しいと感じる場面がある為購入してみました。音質面では正直ほぼ期待していなかったのですが、まずまず音楽を楽しめる範囲にはありました。低音域が強く、好みから外れているのでイコライザーでかなりカットして使用しています。bluetooth特有の音飛び等は、取り立てて酷いようには感じません。普通です。都心部での電車乗り換え等影響を強く受ける場面ではそれなりに頻繁に音飛びしますし、そうでもない場面では全くしません。これは製品の特性ではなく規格の特性と言えるので致し方ない所ですね。どうしても気になる場合は、胸辺りまで接続している機器を近付けると当然かなり改善されます。この価格帯のbluetoothフルワイヤレスにしてこのコンパクトさと軽さから及第点と言える音質が流れてきて衝撃を受けました。更なる期待感を持ってハイエンドモデルを検討する程には満足しています。.

約1年前に1万円台で購入しました。音質も良買ったので、気に入っていたのですが、突然左のイヤホンが充電できなくなりました。メーカーにメールで問い合わせをしたのですが、一切の返信はなく、泣き寝入り。コスパは良いですが、品質とアフターサービスに問題ありますので、今後はeratoブランドの商品を購入しない事に決めました。.

利点と欠点

メリット

  • ここ1年の買い物で一番買ってよかったと思える
  • 音質も悪くない
  • 耳から外れる

デメリット

2017年10月に14600円で購入。約10ヶ月間、通勤時(片道約2時間)に音楽や動画の視聴に利用しています。左右のつながった中途半端なワイヤレスやゴツいのは嫌だったので小さいのを探してましたが、ちゃんとしたメーカのは結構なお値段がする中、廉価版で手が届くこれにしました。ちなみに、小さいですが耳から落ちたことはないです。買う前は、初めてのワイヤレスだったので主に遅延などでapt-xとか気にしてましたが、自動的に調整されるらしく、動画視聴(私は主にプライムビデオを利用)でもまったく遅延は感じないです。この製品に限ったことではないですが、遅延が理由でコーデックに拘る必要はないと思います。音質については、個人的には十分満足いくもので、家族が持ってた数千円のとくらべると遥かに優れています。一度ペアリングすれば、基本的には電源onで自動的に接続されますが、接続されない時は、左耳側のボタンを押せば接続されます。稀にそれでも接続できない時は、スマホ側から接続してます。基本的にスマホを胸ポケにいれており、音飛びは殆ど無いです。ズボンのポケットに入れて歩いてると飛ぶことはあります。バッテリーは、今の所、片道2時間の通勤時の連続可動には問題ないです。コードの煩わしさから開放されて、かなり快適になり、買ってよかったと思います。この分野が発展して、より良い製品が出てくることを願って、初めてレビューしてみました。.

(2ヵ月使用後追記)イヤーピースを変更し、慣らしの効果かだいぶ変わりました。提案はズンドコ、というよりはキレのある音質です。中高音はこもりが取れてきてしっかりボーカルがでるようになってきました。3千円前後と聞き比べても音質は解像度が上がりワンランク上に感じます。音切れやバッテリーも問題ないレベルです。音質悪い評価の場合はしっかり装着できない可能性が高いと思います。イヤーピースを変えて、密着性の高いものにすればだいぶ印象が変わると思います。ケースや充電、バッテリーもちは実害なし。しかし音質はクリア感がなく3000円クラスのコード付きイヤホンよりものによっては悪い。途切れなどは問題ありません。音質を期待されるなら上位機種の方が良いかもしれません。iphoneのイコライザー使ってますが、補正しきれませんでした。.

他の方も書いていますが、アフターサービスがひどいので購入はおすすめできません。右側が繋がらなくなり保証期間内だったので電話を掛けたのですがたらい回しにされたあげく指示通りメールを送付しても完全に無視されました。やはり安心できる大手のものを買う方がよいという勉強になりました。.

いま流行り始めた完全ワイヤレスイヤホン!音質よく、重低音しっかり響かせてくれます。充電が心配でしたが、かなりの時間持つため、ほとんど充電しなくて大丈夫です。汗にやられることもなく、操作も簡単でガシガシ使っていけます!.

Air podsより音質は良いですがやはりapollo7sの方が圧倒的に音質が良いです白だと少し汚れや傷が目立ちます.

Bluetoothイヤホンとは思えないほど音質がいいです更に一年保証もついているので安心です.

普段使いには問題ないですが、ランニングで使用すると音切れが激しく、そのうち右側だけ聞こえなくなります。充電すると元に戻りますが、走るとまた聞こえなくなります。.

以前、似た様な安物を使っていましたが、直ぐ故障したので、今回はこの商品を購入しました。やはり金額だけの事は、あると思います。操作性、音質、装着感とても満足しています。.

買って2週間で左耳が故障。サポートセンターに連絡しても返事がこない最悪でした。.

特徴 Erato Verse トゥルーワイヤレスイヤホン – ブラック グラフェンドライバー使用 IPX5 充電バッテリーボックス付き

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 【本体】
  • 再生時間:最大3時間
  • 通話時間:最大4時間
  • バッテリー:60mAh リチャージャブルリチウムイオン
  • フル充電時間:2時間

この度、VERSEは【VGP 2018】を受賞しました。

​King of TWS (トゥルーワイヤレスイヤホン)との呼び声が高いApollo7sのポピュラーエディション,「VERSE」■ブランド紹介 ERATOは、一切妥協のない高音質ワイヤレスオーディオ商品の開発を目指し、小型、軽量化によりライフスタイルが一変するような商品を造りたいという世界中のオーディオのエキスパート達が結集して、2015年にカリフォルニアのブレアにて創業されました。ERATOはトゥルーワイヤレスイヤホン市場を牽引してきたパイオニアブランドとして、超小型、軽量でありながら原音に忠実で、息を飲むほど美しい透明感のある音造りによって、ワイヤレスオーディオの新基準を作っていきます。■商品の特徴 トゥルーワイヤレスイヤホンの中でもコンパクトサイズながら、高級オーディオ並みの高音質を実現し、世界中のオーディオファンを驚かせ、発売直後には数か月ものバックオーダーを抱えるほどの爆発的人気商品となった初代Apollo7。その設計思想を受け継ぎ、惜しみなく数多くの高音質技術を投入しながら、全世界戦略モデルとして半額以下のプライスを実現しました。

<独自開発「GrapheneDriver」搭載> 「VERASE」(ヴァース)は、独自開発した「GrapheneDriver(グラフェンドライバー)」を採用することにより、クリアでダイナミックなサウンドの再現を実現した、トゥルーワイヤレスイヤホンです。 GrapheneDriverとは、ドライバー内にある振動版に、炭素素材の一種であり、ダイヤモンド以上に炭素同士の結合が強く、振動版に求められる強度や剛性を高いレベルで実現する「Graphene(グラフェン)」をコーティングすることにより、ひずみの原因となる振動板の不要な分割振動を抑制し、さらに、ERATOが今まで培ってきた技術で独自のチューニングを施すとこにより、低音域、中音域、高音域すべてにおいて、ハイスピードでクリア、且つダイナミックなサウンド実現しました。

<「SpinFit」イヤーピース> 付属品として、VERSEのサイズと音響特性を踏まえてSpinfit社と共同開発された専用イヤーチップを付属しております。 SpinFit社製イヤーチップは、イヤーチップの先端が360°動くことにより、耳に差し込んだ時に耳の穴に沿って奥まで差し込むことができます。そのため、遮音性があり、鼓膜にダイレクトに音が届くので、さらにクリアでダイナミックな音を体感できます。<通話用マイク内蔵> イヤホン本体に通話用マイクを内蔵。ハンズフリーでの会話ができます。

<IPX5の防水性> アクティブな使用環境で気になるのは、防水性能。IEC(国際電気標準会議)基準規格“IPX5”に準拠した防水性能を搭載しています。

<軽量・小型> イヤホンサイズは、約16.5㎜の大きさ(W)重さも約4.5g(片方)と耳に入れていても忘れてしまう重さを実現。

<ロングライフバッテリー> イヤホン本体に“60mAhリチャージャブルリチウムイオン(片方)”バッテリー、充電ケースには“800mAhリチャージャブルリチウムイオン”バッテリーを搭載しています。 音楽の連続再生時間はMAX3時間、通話連続時間はMAX4時間の通話ができます。イヤホンを充電ケースにセットするだけで合計4回までフル充電ができますので、最長15時間の音楽再生と20時間の通話が可能となります。まさにロングライフ仕様の設計です。 充電ケースへの充電は、付属のマイクロUSBケーブルで行いますので、とても簡単な作業で終了します。

性能に不満はないんですが、付いて来るパッドのsでも走ってると外れます。耳に掛ける様な補助パーツが必要です。.

音楽によるのかと思っていたのですが、左右の音量バランスが違います。右イヤホンを起動させた時の「パワーオン」の音量も小さく微かに聞こえる程度(左イヤホンはしっかり聞こえます)。曲によってはほぼ無音に近い状態です。同様の不具合が起きている方もいらっしゃり修理に出したと記載があったので御願いしたのですが、購入して2ヶ月もたたない内にeratoとの代理店契約が解除となったとの事で対応していただけず(ですが返答が早かったです)、直接eratoに問い合わせる事になりました。eratoへは2度ほど間を空けて問い合わせたのですが全く返答が無く、保障どころの話しではなく困っている現状です…。ただ商品そのものは持ち運びに適しており、見た目や使用方法等はシンプルでとても良いです。ケースは傷がつきやすいマットな素材のため、皮製のケースに入れて保管しています。ワイヤレスを使用するのが初めてなのもあって音質はこんなもんかな…という所でしょうか。i○honeに元からついているイヤホンに比べたら音質はかなり下がります。海外製品で代理店が変わってしまう面、その際のサポート面が悪いので、総合評価★4→★2に下げています。.

使用しはじめて、約一年たちます。左のイヤホンが、電源を入れてもすぐに「パワーオフ」になる現象ガおきます。携帯性は抜群ですが、そのかわり電池容量が少なく感じます。.

ベスト Erato Verse トゥルーワイヤレスイヤホン – ブラック グラフェンドライバー使用 IPX5 充電バッテリーボックス付き レビュー

This entry was posted in Uncategorized and tagged . Bookmark the permalink.