ERATO(エラート) ERATO Apollo7 アポロ 7 Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス [APOLLO7s Grey]【国内正規品】 – バッテリー保ちとハンズフリー通話がウィークポイント

以前は 他baものばかり物色しておりましたが、最近の完全ワイアレスブームにはまり、あれこれ tws手を出しております。製品が気に入りましたので、参考までに 私的な簡単なレビュー書かせてもらいます。=================================================== 項目 5段階評価 —————————————– 電源持ち時間: 3 音質: 高音4 中音4 低音4 質感: 本体4 ケース4 装着性: 5 音漏れ: 5 操作性: 5 途切れにくさ: 3 ================================== 総合評価: 41 良かったところ 低音にやや籠り感があるが、全体として自然なバランスで 仕上がっており、音質として大きな欠点はない。 ドンシャリを好む人には今ひとつパンチが効かないかもしれないが 本体の小ささとともに聞き疲れが少なく、使い勝手が良く、 ドライバの良さを感じさせる。 バッテリケースへの装着の向きが良く(収納後、イヤーピース側に 余裕がある)、コンプライなど好みのフォームに換装しての 利用が簡単である。 (その分バッテリーケースが最近の流行より大きい) 本体での操作が、ボタンであり、手袋をしていても 簡便に行える点、気に入っている。 悪かったところ 製品全体の設計に古さを感じる。音飛び(途切れやすさ)、 バッテリーの持ちとしては、最近の製品よりやや劣る。 本機がチップセットをqcc3026にするなど、次の世代の 設計になった際にかなり化ける予感がする。 総評/その他 音楽を聞くという一点を目的に製品の軸を作っているんだろうと 想定できる。スマホ着信時の会話などは致命的にならない程度に おまけとして実装されている気がする。 気楽に装着して、音楽と向き合うという使い勝手から 準普段使いとして活躍している。 (普段使いはjabra 65t/air-x/te-d01b).

期待していたのですが2度返品しました。最初は片方のイヤホンのフィルターが外れていて、2度目は片方のイヤホンの電源が入りませんでした。.

購入当初から、ペアリングがうまくいかなかったり、接続が悪く途切れ途切れになったりしていました。ついに購入8ヶ月ほどで充電しても電源が入らなくなりました。また、充電も2時間ほどしか持ちません。あまりオススメできないです・.

利用を初めて1ヶ月ほどて片耳だけ使えなくなってしまいました。問い合わせしましたが返事もなく. コンパクトで音もよかったため気に入っていたのですが残念です。.

電池があまり持たない。サポートも連絡、来ないですよ。もう買うことはないかな。.

購入後しばらくして電源が入らなくなりました。サポートを受けようと輸入元に連絡しても電話も繋がらない。日本正規代理店はサポートを止めており、本国へ直接連絡するも返答なし。現状はサポートが行われていない商品なので、購入するのは止めた方が良いです。.

7000円で購入しました。サイトによって値段にバラつきがありますが、10000〜20000円が定価なのでしょうか。他に使ったことのあるイヤホンとしては、earin m1、bose qc30、shure se215(bt化したもの)。良い点見た目にチープさは無く、ペアリング速度も普通。earinに比べると気持ちひとまわり大きいようです。悪い点ボタン操作が不安定。2秒長押しで音量調整したりできるようですが、全然反応しません。また、遮音性は低いです。地下鉄で使うとかなり貫通してきます。7000円前後であれば許容ですが、定価で買う品質ではないです。.

とても軽くて使いやすいです。小さすぎて落とさないか心配なくらいです。音質もとてもよく、ワイヤレスとは思えません。基本的に、イヤホンに付いているボタンを使用することで、再生・停止・音量調整といった基本的な操作は出来ます。ワイヤレスイヤホンですので、動画視聴には不向きです。動画からワンテンポ遅れて音が聞こえます。こればっかりはしょうがないですね。.

利点と欠点

メリット

  • 壊れすぎ

  • 公式サポートも日本代理店も機能していない

  • 驚異の耐水性

デメリット

購入してから約半年、これまでに二度ポケットに入れたまま出すのを忘れ洗濯機で回してしまいましたが、不調無く稼動しております。洗濯に気づいた直後、シリカゲルに包んで数日密封等対応はしていますが、この耐水性にはビックリです。 ウォー○マンとかケータイとかを洗って壊した経験のある私のような人には良い相棒になるかもしれません。     このレビューを読んで購入し、水等に浸かって壊れても私は一切の責任を負いませんのでよろしくお願いします。.

左耳用のイヤホンが充電されない。初期不良にしても酷すぎる。.

レビューで片側の電源が入らないという初期不良があることは知っていましたが、まさか私が注文した商品がまさにその不良現象だとは信じられませんでした。即返品処理をしましたが、返品の梱包とかいろいろ面倒で再注文するかは検討中です。星一つですが0ですね。.

デザインが良い、感度・音質も最高コンパクトで使いやすいものです.

物自体の音質などは、よいとおもいますが、結構な値段するくせにすぐ壊れます。実際自分も届いてから数日で片方の電源が入らなくなりました。皆さんも買うときは注意してください。.

Iphone8と接続して音楽を聴いております。音質は素晴らしいのですが、iphoneをポケットに入れた状態で、多少首を動かすだけで音が途切れるほか、曲が始まって1秒ほどはブツブツ途切れ途切れの音がしたり、片耳しか再生されない等残念な現象がよく起こります。『power on』,『battery low』などのapollo7本体に内蔵されている声の音量が大きいです。バッテリーが切れる30分ほど前からbattery lowと約1分毎に延々教えてくれるのですが、非常にうるさい、説明どおり3時間ほど動くのですが、実際は2時間30分と考えたほうがいいです。また購入約半年にして左右のバッテリーの差が20分ほど出来てしまいました。ほかにも、iphoneに接続時、音量を下げても通常の1/4程しか音量が変化しない現象がよく起きます。これは何回かiphoneと接続し直すことによって解決しますが、非常に面倒です。基本的に音量4で聴いているのですが、音量1に下げても、実際の音量3より音が大きいです。.

1度も充電できていません。充電ケースの方はledが点灯しており充電できているようですがイヤフォン充電できませんでした。現在、製造元にお問い合わせ中で、レビューは変更する可能性があります。追記問い合わせの結果、初期不良ということで新しいものと交換して頂きました。製品については、すごく良いと思います。お風呂に入りながらイヤフォンで音楽が聴けます。音は、1日しか使用していない段階の感想ですが、少し高音が軽いかな、シャカシャカした感じがするかなというところです。でも、僕が使ったbluetoothのイヤホンの中では一番の音質だと思います。.

完全ワイヤレスは初めてです。かなり期待して購入しました。音質はかなりよいと思います。aptxに対応しているのが決め手となりました。スマホがxperiaでaptxに対応しており、ワンランク上の音質と思いまして。しかし…ブツブツ切れます。スマホとのペアリングは問題なく、切れることもほとんどありません。切れるのは左右のヘッドセットです。こちらは相当切れます。これでは人ごみに入ると使い物にならないと思います。ちなみに秋葉原なんて言ったら、雑音にしか聞こえません。かなり残念です。返品したいくらいです。言っても仕方ないですが…このようなものが商品として販売されてるのが信じられません。.

使い始めて半年くらいですが、とても気に入って大切に使ってましたが右のイヤホンが接続がわるく、しばらくしたら電源すら付かなくなった。気に入っていたのに残念です。.

特徴 ERATO Apollo7 アポロ 7 Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス [APOLLO7s Grey]【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • APOLLO7sは、サウンド空間の距離感を再構築する“ERATOSURROUND(TM)”により、3Dサラウンドを可能にした完全ワイヤレスイヤホンです。オリジナルDSP(Digital Signal Processing)の搭載、ドライバーや筐体内のチャンバーの調整などにより音像定位感を向上させたことで、立体感のある音が聴こえてきます。
  • 世界でもっともコンパクトな“真のワイヤレスヘッドセットイヤホン”“ハンズフリー通話用マイク ”搭載でスマホに触れることなく通話、音楽再生が楽しめます。ナノコーティングでスポーツや汗、水しぶきなどに耐える“防水性能付き”。本体重量4.0g、サイズ φ15.4mm x 22.2mmの超軽量・超小型タイプ。本体内部に、ワイヤレス用のBluetooth用チップ・アンテナを実装した基盤、充電式のリチウムイオンバッテリー(容量50mAh)、 マイクロスピーカードライバーが収められています。
  • ※通話機能について・・・APOLLO7sの通話機能は安全上、片側からのみ聞こえる仕様となっております。最初にペアリングをした方がマスタとなり、マスタ側のイヤホンからのみ通話音が聞こえます
  • ※Galaxy対応

メーカーより

イヤホン本体の物理ボタンで、装着したまま再生/停止、スキップ、SiriやGoogle Nowの呼び出し、3Dサラウンド切り替えができる

Presented by PHILE WEB

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『PHILE WEB(ファイルウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

PHILE WEB(ファイルウェブ) プロによる商品レビュー

音楽試聴やスマホコンテンツに最適なサウンドの完全ワイヤレスイヤホン

イヤホン・ヘッドホンのトレンドの最前線、それが“完全ワイヤレス”だ。今回紹介するERATO(エラート)の完全ワイヤレスイヤホン「APOLLO 7s」も大人気の商品だ。

従来機「APOLLO 7」の片側わずか4gの小型ハウジングはそのままに、新たに3Dサラウンド機能「ERATO SURROUND」を搭載。Bluetoothのバージョンは4.1で、高音質コーデックのAAC/aptXにも対応する。

デザインは小型の弾丸のようで、耳元にも挿入しやすいスタンダードなもの。交換用イヤーピースに、コンプライ「T-600」チップ各3サイズと、スタビライザーも3サイズ付属しフィット感の追求もできる。

本体を2回フル充電できるバッテリーを内蔵した充電ケースは質感も良く、ポケットに収まるサイズ感で毎日持ち歩くのにも安心だ。

実際に本機を装着して屋外を歩くと、片手でもすぐ耳に装着して音楽を聴ける取り回しの良さを実感。街歩きや電波の飛び交う電車内など色々な状況を試したが、安定度が高く音切れの心配もほとんどなかった。

それでは、音質はどうか。オンキヨー「GRANBEAT」とaptXコーデックで接続してチェックした。

RADWIMPS『前前前世(movie ver)』では、空間志向に振ったサウンドである印象を受ける。これは、「ERATO SURROUND」がデフォルトでオンになっているからだ。3Dサラウンドは「3Dノーマル」「3Dワイド」「3D無効」の3段階で選択でき、デフォルトは3Dノーマルに設定されている。

本機能は、騒音のある屋外環境では、オンにしていたほうがより音楽に包まれる感覚を引き出せる。路上を歩きながらのリスニングでは3Dノーマルがベストバランス。電車のように騒音が大きい場合には、3Dワイドでブーストしたサウンドの方が音楽に浸れる。

3D無効では、原曲に対してストレートに鳴らす素性のよさを確認。押し出しの強いボーカル、タイトにしまった低音、空間表現、どれをとっても高水準のサウンドにまとまっている。

本機は屋内だけでなく屋外での音楽リスニングも意識し、さらには映画やゲームといったスマホコンテンツにまで配慮したサウンドチューンを施している。従来機をベースにしつつ、着実にユーザーの実シーンを捉えたチューンアップモデルだ。

  • このレビューは PHILE WEB 所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事URL:http://www.phileweb.com/review/article/201708/04/2652.html
  • 文:折原一也
  • 執筆日:2017年8月4日

完全ワイヤレスのお試しとして購入したerato verseがよかったので、上位のapollo7を購入しました。接続のコーデックが高音質のaptxに対応している為か、音が良いです。音質はドライめ、ドンシャリ型のverseと比べて中音域が鮮明です。低音と高音も伸びがあります。音にクセがないので、楽曲はなんでも楽しめそうです。verseに比べて音飛びが少なく感じました。気になるのは充電ケースの悪さ。接続部が下になるようにして保管しないと、イヤホンが浮いてしまい充電できていませんでした。そのため、充電ランプがずっとチカチカして目障りです。閉まりも緩くて、横にするだけで開きます。この個体だけかもしれませんが、中が出てしまわないか気になり気分が良くないです。.

まず音質は低音も高音もしっかりと出ます。若干ではありますが、こもった感じが少しある気がします。ですが、総じて高音質と言えるでしょう。唯一気になる点として、左右の音量バランスが崩れる事がありますね。この場合、再ペアリングか音量が低くなっている方を回す事によって解決はできます。アンテナ方向?電波の干渉などは満員電車でも全くありません。しかしやはり有線には及びませんね。あくまでワイヤレス用として購入するのをおすすめします。ご参考にまでに。.

説明書通り長押ししたけど説明書よりも長く押さないと起動しなくて最初は不良品かと思い焦りましたが、ネットのレビューを見て解決。軽くてコンパクト。他のレビューでケースに上手くはめないと充電されないとありましたがそんなこともなく、すんなり充電もオッケー。ブルートゥースとの接続や再生のラグもなくかなり良質。ただ電波の上京もあるのか出勤の道中必ず同じ場所を撮る際に、ブチブチ言います。90パーセント満足です。.

はじめの1ヶ月は問題なく使えたが、充電ができなくなった。カスタマーサービスに連絡したが途中でレスポンスがなくなった。商品自体は不良品に当たらなければ良いと思うが、アフターサービスよくない。.

元々は高額商品だったようなのですが、かなりの特価になっていたのでそこまで期待せずに購入しました。フルワイヤレスイヤホンの中でもかなり小型なので、単体の再生時間こそあまり長くないが、バッテリーケースの分を合わせると充分に使えるレベル。音質に関してはワイヤレスイヤホンの中では相当満足度が高いです。コンプライのイヤーチップも付属品でついているのでコスパの良いモデルではないでしょうか。動作についても問題なく使えているので、色々な音源を試してみたいと思います。.

Ultimate ears triplefi 10も使用していますが、bluetoothである事を考えると、音質は良いですね。高音域は良いのですが、低音域が弱いですね。.

ひどいの一点張りまず不具合が凄い充電しながらじゃないと電源ボタンが押せない。 もちろん充電しながら耳につけることは不可能です。絶対買わないほうがいいそれだけは伝えます.

完全ワイヤレスイヤホンとは思えない接続の安定感フィット感がお気に入りです。ウレタンのイヤーチップが壊れてしまいましたが替えもサイズで探せば出てくるので問題なしです。よい買い物でした。.

Iphonexsで使用するにあたり、音楽pv映像の中の、口の動きと声の聞こえ方において、遅延を心配していたが、全く気にならない。時々、ずれる時があるが、アプリを起動し直すと改善する。左右で別々の機器とペアリングできるのも良い。.

片方が接続切れたりバグなのかぶつぶつ鳴って電源きれなくなったり。値段の割に最悪.

両方同時に繋がることがほとんど無いです。たまーーーに繋がったと思ったら数分で接続が切れます。今は片耳だけ使用しています。音が途切れることも頻繁にあるのであまりお勧め出来ません。両方同時に聴きたいな〜.

ゲームサントラをよく聞くんですが、凄まじい音質の良さと奥行き、音の広がりで正直驚愕しました。かなり音量を上げて聞いても、超クリアな音質と臨場感は変わらず本当にいい買い物をしたと思います。過去に数千円の粗悪品で嫌な思いをしたので、高くても良いものを長く使った方が絶対に良いと思います。.

左側のイヤホンが充電しても電源が入らない。サポートに問い合わせでも返信がない。返品します。おすすめしません。.

初期不良はありませんでした。まだ使い始めて2日目です。定価4万円弱のものがこの価格で手に入るのはすごいです。デザインも可愛い。下を向いた時に片方の耳が聞こえづらくなる人は、左右の耳の形が違うためだそうです。改善方法は左右で別のサイズのイヤーピースを使えばいいそうです。私もそれで改善されました。.

保証書に書いてあるバリュートレード社に問い合わせると、サポートをやめたとのこと。紹介されたerato japanからは何の返信もありません。.

購入から半年足らずで充電ができなくなりました。持続時間も2時間くらいと短い。ランニング時、振動のせいか途切れることが多い。音質とかよりもまず、使い勝手が悪すぎる。そんな印象しか残らない商品でした。.

マイチェン前の初代apollo7は2016年発売で、基本性能はもう3年以上前のものです。最新チップのtwsと比べれば、バッテリーは全然もたないし(aptxだと実測2時間)、急速充電もなし、接続安定性が優れているわけでもありません。今となっては壊れた時の保証もないに等しく、不具合報告も多数上がっていますね。しかし、音質はとても良いです。高級機らしい上品で柔らかく、解像感もあってクリアーな音。ホワイトノイズも気になりません。ケースも豪華ではないけどアルミ外装のスライド式でかっこいいです。apollo7sに実装されているdspによる3dサラウンドはなかなか面白い。普通、デフォルトが3dなし、「お好みで3dに切り替えてね。」という設定なのでしょうが、本機はデフォルトが「3dノーマル」で、手動で切り替えないと「3d無効」になりません。それだけメーカーも自信があるのだと思いますが、個人的にもこれは「あり」です。スピーカーで聞くなら無用と思いますが、イヤホンではどうしても脳内定位が気になることが多いので、これを緩和する効果はあります(もっとも、「3dワイド」はちょっとやりすぎで、どんな音源に合うのかよくわかりません)。もとは4万円くらいしたようですが、今は、最終在庫処分で5千円台の価格になっていますので、つい行ってしましました。付属品としてコンプライt600がsml3セットついてきますが、お店で買えばこれだけでも3千円以上しますので、本体だけなら2千円台?まさに「もってけドロボー」状態ですね。私もすぐに壊れないことを祈るだけですが、ギャンブルしてみます?.

半年の間に2回故障。一回目は初期不良で充電ができず。amazonに返品して交換してもらった。二回目は購入から半年後に充電ができなくなった。保証期間内なので修理してもらいたいが、国内代理店が2018/8にサポート業務をメーカに移管したらしく、日本国内での修理依頼方法が現時点で不明。今メーカのお問い合わせフォームから問い合わせ中。音質はとてもいいが、耐久性に難あり。【2018/10/6追記】メーカからは何の音沙汰もなし。おそらく諦めるしかないのでしょう…。保証期間って何だっけ?とにかく壊れやすいので他の製品を購入することをおすすめします。音質はいいのに、とても残念です。.

初期不良なのか?充電をしない。数時間充電をして使える時間が30分程度その後充電しても、充電できずすぐエンプティになってしまう非常に残念。.

音質は素晴らしいです。3dサラウンドは味付けがキツくて使用していませんが…バッテリーは実稼働で2時間弱程しか保ちません。ハンズフリー通話は正直使い物にならないですね。屋内ならともかく屋外では通話相手とまともに会話がてきません。bt接続中に電話が掛かってくると通話は全てこのイヤホンを介して行われてしまう為、大変不便です(どなたかハンズフリー無効化機能とかあれば教えてください…)。通勤中に限定した使用等であれば満足の行く商品であるかと思われます。.

この手のワイヤレスイヤホン×9個目の購入になります 総て違うメーカーです~の経験から評価自分なりにして見ました 最近の機種は大体がcaseから出した途端2度目からはすぐ繋がりますコチラの最大の欠点は左2秒、右2秒、両方自分からスイッチonしなければならないカナリ面倒な作業 したあとはすぐ繋がりますが時代に合ってない進歩の遅れ、4・1の成か音飛び1m以内であってもよく飛びズレあります 使用時間も多機種と比べ短め1・5から2時間位でoutしてしまいます 充電する時もただ入れるだけではなく、斜め押し込みカチッとするなど手間掛かりますそれが我慢出来る方は下記もお読み下さい 音質は5段階評価、高=2ドンシャリは皆無、中=3、低=3しかしながら3dsは5です 奥行も空間系も楽器の位置や回る音など1番でしたサラウンド重視な方はオススメです耐久性は購入して数日なので分かりません 他の方の評価の1部にある様な不良品にならないよう祈ります.

いろいろとネガティブな書き込みもあって購入を躊躇していましたが、安くなってるうちにと思って結局購入しました。このサイズでこの音質、はっきり言って期待以上です。満員電車でもほぼ途切れることなく聞けるし、低音もしっかりしてるし、構造上なのか遮音性も高いし、不満がありません。ヘッドホン買わなくていいかも、と思ってきました笑.

ベスト ERATO Apollo7 アポロ 7 Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス [APOLLO7s Grey]【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.