earsopen Bt-5 Cl-1002 – 凄くいい!

Bluetooth接続先:iphone5s比較:1万の同タイプのイヤホンジャック型。以下「従来」と表記。(wr-3 cl-1001)充電:1時間30分。10時間使用可。バッテリー残量はスマホに表示同封:説明書と取扱説明書はすべて日本語なので安心。小さい袋も付いており、当商品の持ち運びに便利【bluetooth】iphoneとの同期は同封されている説明書のとおりに操作すれば簡単にできます。一度同期すれば、当商品の電源を入れるだけで勝手に同期してくれるので、あとは当商品で再生するだけです。【音質・音量】従来は音がくぐもっていて100円イヤホン音質に近く、音量が低いものでした。当商品はどちらも改善されています。音がくぐもった感じはかなり改善されました、音質にこだわらない人なら問題ないでしょう。こだわる人なら、まだくぐもっているのがわかる程度です。音量は従来のものより2倍以上出るようになりました。低音は全くありません。諦めてください。骨伝導とはいえ振動しているため、音は発生しています。音漏れはあまり気にならないと思いますが、検証はしていません。【付け心地】オフィスなどで移動しない場合、ゆったりと装着すれば気になりません。運動する場合、ある程度しっかりと装着する必要があります。最初は気になりますが、少し運動すれば違和感がなくなります。アタッチメントが何種類かありますが、デフォルトが一番小さく違和感がありませんでした。本体部分の締付け度合いを調節することはできません。夏場はとても暑く感じます。最悪な場合、首の真ん中あたりまでせり上がってきます。幅の広さを切り替えできるタイプなら最高でしたが残念です。【本体ボタン】先端から順番に音量減・音量増・再生一時停止・電源の4ボタンです。音量増減と再生ボタンは同じ形で、電源ボタンのみ浅めのボタンです。点字のような突起がないため、どのボタンに指を当てているのか分かりにくいです。電源を切り替えるたびに「パワーオン」「パワーオフ」と英語っぽい発音の音声が入ります。再生一時停止ボタンはすばやく2度押ししても次の曲へ送ることはできません、純粋なる一時停止と再生を繰り返すボタンです。従来には存在したシステムを消してしまうという致命的な劣化です。もし次の曲や前の曲を聞きたい場合はスマホを取り出して操作しましょう。(もしかして、bluetoothだと通信の都合上で、これが標準なのだろうか?)【総評】私はサイクリング目的で購入し、音楽を聞きつつ環境音もしっかり聞き取れるので気に入っています。全く車が通らない場所から車通りの多い場所に出ても、音量を一段上げるだけで済むので楽です。自転車にスマホを装着しているため、次の曲へ送ることに関しては困っていません。しかしウォーキングする人にとってはスマホを取り出す必要があるため致命的です。せっかく音質を良くしたのに残念でなりません。個人的には星4にしたいのですが、とても万人向けとは思えないので評価を下げました。パッチ修正で次の曲へ送れるようになれば星4以上の価値になると思います。ちなみに、自転車走行中にイヤホンをつけることに関しては各都道府県によってルールが異なります。よく調べてから購入し、安全第一で運動しましょう。.

注文してすぐに来たのでよかったです。来た時点で箱が破れていましたが商品自体に問題はなかったので良しとします。.

音質はかなり良いです。骨伝導と言うよりは、耳のすぐ側にある小型スピーカーから音が聞こえている感じ。耳の形に合う合わないは人によると思いますが、私の場合は説明書の位置に装着できました。最初は長時間挟んでいると痛くなってくるので、気をつけてください。徒歩や自転車での移動時に使うことを目的に買いましたが、室内でも普通に使えます。料理中は調理音も聞きながら音楽を楽しめるので、意外と便利です。周りの音が聞こえて、耳に挟んでいるから外れにくいので、ウォーキングにはまさに最適なのですが、上下運動をすると首にかける部分が鎖骨に当たり、痛いし鬱陶しいのでランニングには全く向きません。音漏れはかなりあるので、電車内や図書館等では使わない方がいいです。.

人混みの中だと音漏れ結構するので良くないかも、それ以外は満足です。音楽も本体についてる音量調節ボタンの長押しで変えられます(+で進んで−で戻ります)他の方のレビューとか見てるとスマホで操作しないと変えられないって書いてるかたもいらっしゃいましたがそんなこと無いですよー.

左が難聴だが、耳の軟骨からでは音が伝わりにくい左右のバランスが調節できない※比較対象はteac filltune hp-f200難聴持ちが期待して買うとたぶんがっかりします音質はそれなりに良いとは思います.

個人差は有るのでしょうが、耳の形でフィットしにくい。音も装着かげんで変わってしまう。.

長押しで曲送り、戻しができます。骨伝導の中ではかなり音質が良いとおもいます。バッテリーも長持ちするし、いい感じです。.

利点と欠点

メリット

  • 自転車にスマホを装着できる人専用の骨伝導イヤホン
  • 意外とフィットしないです。
  • 難聴者には不向き

デメリット

特徴 Bt-5 Cl-1002(ブラック) ワイヤレス骨伝導イヤホン

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 【鼓膜を使わない新しいリスニングスタイル】  earsopenデバイスにより耳をふさがず音楽と環境が同時に聞けるから安心で安全な今までにない新しいリスニング体験
  • 【高音質&省電力】 骨伝導(earsopen)デバイスとして世界最高*の再生帯域4Hz~40,000Hzのデバイスを搭載。さらに省電力を可能にし長時間の再生も可能。 *KEYENCE社の超高速・高精度レーザー変位計 LK-G5000シリーズにて測定。再生帯域4Hz~40kHz(2017年4月1日現在 Boco社調べ)
  • 【MADE IN JAPAN】  日本国内での生産によりハイクオリティで安定した製品をご提供。技術的に困難だった小型化も独自技術により直径10mmの量産に成功
  • (earsopenⓇ骨伝導デバイス)と優れたデジタルイコライザ補正回路による高音質。
  • 連続最長10時間の稼働時間で外出も安心。

ベスト Bt-5 Cl-1002(ブラック) ワイヤレス骨伝導イヤホン レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.