EARIN(イヤーイン) Earin ワイヤレスイヤホン 超軽量/超小型タイプ 60001 【国内正規品】 – ワイヤレスにフリーに。

電波干渉だと思うが、音がよく途切れるし、片方が充電できていてももう一方が充電が全く出来ていないときがあったりとか、本体にスイッチがないため、途切れてしまえば、勝手に電源が落ちる。電源が落ちたらいちいちケースに戻して電源を復帰するありさま。全く使い物にならない。返品してほしいぐらいの代物。.

超小型・超軽量の完全ワイヤレスタイプのイヤフォンです。充電器を兼ねたケースなどデザインはいいですが、イヤフォンの感度が悪すぎます。音楽を聴いていて5~10分間隔で右側の音が2~5秒程度途切れてしまいこれが繰り返されてしまいます。一度ケースにしまってから再度試してみても効果なしです。使用しているのはxperiaz3でこの機種が悪いのかもしれませんが、あまりにも完成度が低すぎると思います。残念です。.

商品の状態も梱包も完璧でした。使用して一週間ですが特に問題なくいいクオリティで満足しています。.

小さいから持ち運びが楽(๑✧∀✧๑)☀充電の長さも(つ’∀`)つ マァマァ.

私が購入したのが2016年8月なのですが、発売から半年以上経過したからでしょうか、何らかの改良がされているためか分かりませんが、他の方のレビューにあるような不具合などは全くおきず、快適に使えています。超小型で音質も良いのでとても満足しています。(iphoneで使用する分には専用アプリがなくても全く問題起こっていません)ただ、購入直後に価格が下がったので、もう少し待っていれば良かったかも(笑).

きっちり10分で通信が切れてしまい、都度ケースに入れて暫し待機。単純に電池の持ちや音質は、これだけ小さいので標準程度であればと十二分と思いますが、通勤中に動画を観ていて通信が切れてしまうと、本体から音が出てしまうので使用できない。10分以内で使い終わる用途が見付からないので、二日で使用しなくなりました。コードの煩わしさが無いだけで充分に価格相応と思っていましたが、無駄なお金を使ってしまいました。本体の充電が切れるまで接続が持ってくれれば、充分に星5つの商品だと思います。.

コードなしが欲しくて購入。新しいiphoneが発表されてからは、早まった、という感じ性能は充分です。.

Iphone seとipadとmacbook airの混ざった状態で立ち上げていなくてもiphoneにしか繋がらない.

利点と欠点

メリット

  • ちょっと前の購入品ですが・・・
  • 完全ワイヤレス
  • 買わない方がいい

デメリット

耳の出っ張り(対耳珠という部分)に本製品が当たり、長時間付けていると痛くなってきます。(人種によって痛くならないとかあるんだろうか?日本人だけ?自分だけ?)届いた時、思ったより大きいなと思いながら装着してみて、それほど出っ張らなくてホッとしたんですが、こういう事で効いてくるとは…。もしより小型なモデルが出たらこれは売ってそっちを買うと思います。ただ、現時点では買って良かったと思います。.

なんといっても小型。これに尽きます。電池のもち、音質などにこだわるかたはそもそもこの商品を選ばないと思います。この商品のいいところはやはり完全無線の小型イヤホンという点ですね。しいて欠点をあげるなら、音量ですかね。当方ipod nano 7世代で使用していますが、itunesの設定で音量を最大に設定しても最大値が微妙に小さく思います。自分は結構大音量で音楽を楽しむ方なので。電池のもちなども考慮しての設計なのでしょうか?それ以外は完璧に自分の理想通りの製品でした。満足しています。.

購入後1年経過で内蔵電池充電後の再生可能時間が30分弱に低下・・・スマホとの同期も安定していて音楽のステレオ再生音質もソニーの新商品を上回るので気に入っているが、内蔵電池の充電寿命が短かくなって毎年買換えるのは不経済なのでなんとか充電寿命延長の改善、または低価格での単品買換えに対応して欲しい。.

ヨドバシ・ドット・コムで購入し、iphone6及びwindows 10(64bit)pcと共に一週間強使用しました。主に通勤中のモノラル運用です。ソフトウェアのバグと思われる問題はあり、後述しますが、一方で当初期待した以上の”ワイヤレスであることのメリット”を享受しています。以下に列挙します。・良い点1. 思ったより音質が良い→コンプライのイヤーチップ(lサイズ)のフィット感が大変良く、earinアプリのbass boost機能を使用せずともしっかり鳴っている印象です。オーディオテクニカの「ath-cks77xbt」からの乗り換えですが、個人的には極端な差は感じません。2. コードレスであることで、”気にする必要が無い”ことの便利さ→まさにearinを選ぶ目的ですよね。・マスクの付け外しで順序が関係無い・衣服の脱ぎ着(ネックウォーマーの付け外し)で付けっぱなしで良い・思い切り振り向くようなことをしても、イヤフォン(ケーブル)に耳を引っ張られたりするようなことも無い・洗顔だって出来てしまういかにコードという存在に行動を制限をされていたのか。感動さえ感じます。3. 通勤時やジョギングでも脱落の心配が全く無い→脱落防止のアタッチメントが付属していますが、必要性を感じません。(イヤーチップのフィット性次第だと思いますが)アタッチメントを使用するとカプセルに収納できないこともあり、通常状態で脱落の心配が無いのはありがたいです。4. 収納兼充電器に高級感がある→手のひらに収まりつつ、しっかりとした金属感と適度な重量感があります。所有欲を満たしてくれます。5. (特にモノラル運用なら)十分なバッテリーの持ち→使用時以外は必然的にカプセルで充電されることもあり、片道2時間の通勤で十分に持ちます。とはいえ、先日はl側のみを使用していて4時間弱で電源が切れました。公式でうたっている「モノラルで最大11時間」は非常に怪しいところです。”lとrを交互に使用して約8時間”など推測しますが、hpのうたい文句からはそのようには読み取れません。現状で不満こそありませんが、販売店に確認したいと思います。6. そもそも、モノラル運用で電池が長持ちするという選択肢があること→屋外での移動中や家事の最中などに両耳をふさぐことに強い抵抗がある私は、9割以上のシーンでr側を使用しません。むしろ、使用していないr側が、自身の行動に伴って(ケーブルを含めて)ぶらぶらと動くのは邪魔でさえあります。そういった不都合を感じる必要が無く、それでいてバッテリーが持つようになる。とても良い点です。・悪い点1. スリープからの復帰の為に一度カプセルに戻さなくてはならない→後述の不具合もあり、スリープから復帰させる機会が多くなっています。その度にカプセルを取り出し、その中に入れ、数秒待機した後に取り出す必要があり、正直面倒です。本体にリセットスイッチがあると良いですね。2. カプセルの収納耐久性→イヤフォン本体をカプセルに収納する際の固定手段が、”イヤフォンによって押しのけられたゴムが戻ろうとする力”になっています。劣化による破断が容易に想像できます。・ソフトウェアバグ?と思われる不具合モノラル運用の際の自動接続には色々と不具合があるようで、私の環境では以下のような問題を確認しています。1. Lまたはrのみ取り出してペアリング済み機器に自動接続した場合、10分で自動的に切断されてしまう→自動接続後に接続解除し、デバイス側から明示的に接続することで回避できます。または、earinアプリケーションを同時に起動することで回避できるようです。(バッテリー監視に伴う通信で自動切断を回避できる?)後者は販売店から提示された回避案であり、検証中です。※iosでは、タスクの多重起動で内部的にタスクキルが行われますその場合、起動直後はともかく結局切断されてしまうことが多いのではないか?と懸念しています合わせて検証中です-2016.

携帯性や装着については問題なく快適だが、接続時に音飛びが頻繁に起きるため、イヤフォーンの価値はない。.

完全ワイヤレスと言われている中でも一番小さいのが気に入っています。音質もba型らしく繊細な音だと思います。残念なのはeratoの様に通話機能等が無いのと場所によっては音が途切れ易い。ケースの質感はこちらの方が良いです。.

Comで32,140円(税込)で購入し、iphone6sにて使用しています。音質は、5,000円のワイヤレスヘッドフォンと同水準と思います。ですが、それ以下でないのも事実であり、外出時に音楽を聴く上では十分な音質です。そもそも、音質に強い拘りがある人は、iphoneで聴かないですよね!ジョギング等で利用するとしても、左右がケーブルで繋がっている小型bluetoothヘッドフォンで十分でしょう。したがって、3万円以上という価格は、「完全ワイヤレス&世界最小」という部分に価値を見出すか否かにかかっています。使用した感想は、「少し大き目の耳栓」にしか見えないです。実際、デスクワーク中にこっそり着用して気分転換・・・という使い方をしております♪ (バレた事はありません)私は耳穴が小さい為、海外製ヘッドフォンではいつも苦労しているのですが、当製品はフィット感が高く、附属のシリコン製スタビライザーを付けなくても落ちません。(これも、本体の軽量さによる賜物でしょう)装着感は快適そのもので、「ケーブルがないってこんなに快適だったのか!」と驚かされます。メガネやマスクとの相性も抜群です。bluetoothはver. 3及び4に対応し、さらにapt-xにも対応。フル充電時間は75分。動画閲覧の場合、音声の若干の遅延が発生する場合があります。充電は、通常のmicro usbケーブルにて可能となっています。本体はマイクどころか、ボリューム等の一切の機能はついていません。また、専用無料アプリにて、左右バランスやbassboostのオンオフを設定でき、さらに左右それぞれの電池残量が把握可能となっています。バッテリーは、ステレオ再生で2時間50分ですが、モノラル再生(片側のみで再生)だと11時間とされています。実際にモノラル再生で使用した結果、片側5. 5時間×2という計算になっていると思われます。このように、再生時間は短いですが、これも小型&左右独立がゆえに仕方がない事なのでしょう。面白いのは、収納ケース自体がバッテリー内臓の充電器になっており、約3回分の充電機能を有している事です。最大の不満は、製品マニュアルでも認めているとおり、右側が切断されやすいんです。歩きながら使用していると、3~10分に1回程度、右側が一瞬遮断して、直後に自動接続されます。気になる人にとっては、非常に気になるところでしょう。これは、左側のみでiphoneから音声データをbluetooth受信し、右側は左側から通信を受けるという仕様が影響している模様です。右側の切断については、「一定時間使用すると改善していく」「iphoneを左側に近づけると多少改善される」等のレビューもありますので、しばらくは様子を見た上で、評価を上下させたいと思います。また、bluetooh接続に関しては、結構クセがあるようで、再生媒体との相性を考えながら、試行錯誤が必要かもしれません。特にモノラル再生用の接続にはコツが必要で、iphome6sの場合、接続直後に専用アプリを立ち上げる(=バッテリー残量をモニタリングする)としないと、一定時間経過後に自動シャットダウンされるっぽいです。また、時々きちんと接続されているにもかかわらず音が出ないという事も発生する為、その場合は収納ケースに入れ直してリセットを行わないといけません。以上のように、長短所がある製品ですが、とにかく、「高くても目新しいモノが好き!」という人にはオススメです。今後、技術が一層進んで、より安く・より長時間使用可能で、より途切れないモノが発売されたら・・・嬉しいのですが、とりあえず現時点では、本製品をもって満足することとします。.

Baドライバーがとても良く、bluetoothでありながら、解像度の高い音を聞かせてくれます。baドライバーの特徴で耳の中での指向性が強いので耳の入れ具合で音質や定位が変わるのでコツが必要です。普通に歩く程度では抜け落ちは全く心配要らないようです。.

一週間ほど使ってみたが、特に問題なく使える。元々xba-h3を使っていたが、それと比較してもそこまでひどい音質ではないし、そもそもba型なので聞いている内に音質が変わってくる。最初の音質で評価するものではない。実質音質は一万程度の物だと考える。また、音質改善に大いに関連するのがイヤーピースの変更。付属の物は耳に合わなかったので、ソニー製のアイソレーションイヤーピースを使用している。低音が薄いと言うレビューも多々あるが、自分にはデフォルトでも強めな気がした。時々右が瞬断されるのと、スマートフォンを左ポケットに入れておかないと多少通信が不安定になる以外は問題ない。「あ、切れたな」と思った時に頭の角度を少し変えればすぐ繋がる。やはり、ケーブルがないと言うのは非常に嬉しい。ジョギングなどで気になるタッチノイズもなくなり、汗でくっつくことも無くなった。快適そのものである。充電はある程度持つ。1h~1h30mは安定して通信できる。充電もケースに入れるだけなので簡単にできるし、時間もそれほどかからない。総評としては、割りとお勧め、です。.

特徴 Earin ワイヤレスイヤホン 超軽量/超小型タイプ 60001 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 全てがワイヤレス。
  • 本体重量3.5g, サイズは14.5mm x 20.0mmの超軽量・超小型タイプ。
  • ドライバーはバランスド・アーマチュア型。
  • 解像度の高いサウンドを再生。
  • 連続再生時間は最大約3時間。

メーカーより

EARIN

EARIN社は、妥協無きハイファイオーディオ機器の製造を目指し、2013年にスウェーデンのルンド市で設立されました。

オーディオの専門技術者と工業デザイナーが日々サウンドテクノロジーの開発を行っております。

EARINは超軽量・超小型のBluetoothイヤフォン。

本体重量は、わずか3.5g、

サイズは、直径14.5ミリ、全長20ミリ。

EARINの本体の中に、ワイヤレス用のBluetoothチップ・アンテナを実装した基盤、充電式のリチウムイオンバッテリー(容量60mAh)、バランスドアーマチュア型ドライバーが収められています。

軽量化と長時間再生のために、それ以外のデバイスは一切省かれた設計となっています。

ダストカバーつきのフロントカバーは超音波溶着されて防汗性能を発揮するようにも設計されています。

連続再生が約2.5時間〜3.0時間。携帯用カプセルに入れて充電すれば、更に2.5時間〜3.0時間の再生が可能です。

プレーヤーからの信号はまず左側のユニットが受診し、左右の信号を分離した後、右側ユニットへと信号を送信する仕組みがとられています。

通常のBluetoothでは送信側と受信側のどちらかに徹するのが普通ですが、EARINの左ユニットは信号を受信しながら送信するという形式をとっています。

本体にはケーブルを接続する端子を備えず、専用のケースに収めるだけで充電できるようになっています。

ケース内にもバッテリーが内蔵されており、外出先でも必要な時に充電できるようになっています。

(充電用USBケーブルを付属)

iOS/Android向けアプリで音質をコントロールしたり、各種設定(バッテリー残量、ベースブースト、L/Rバランス調整等)を行うことができます。

EARINは、激しい動きの運動時にも落下しにくいように設計されていますが、さらに確実に装着するための落下防止用のシリコン製アッタチメント「スタビライザー」を付属しております。

コンプライ社のイヤチップを標準装備し、解像度の高いサウンドを再生します。

(イヤチップ付属品:コンプライ社製フォームチップ2ペアとシリコン製チップ1ペア)

iFデザイン賞は、世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つ。 ドイツ・ハノーファーを拠点とする、デザイン振興のための国際的な組織インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)が1953年から主催し、毎年全世界の工業製品等を対象に優れたデザインを選定してます。 Communication Design、Product Design (Packaging / Transportation / Public)、Conceptsの3つのカテゴリから優秀デザインを討議し、各分野の年間優秀デザインを表彰します。

今回、EARINはProductデザイン分野で受賞しました。

製品仕様

本体

サイズ :φ14.5mm x 20mm

質量 :3.5g

再生時間 : ステレオモード / 最大3時間、モノラルモード / 最大11時間

バッテリー : 60mAh リチャージャブルリチウムイオン

フル充電時間 : 70分

充電・収納用カプセル

サイズ : φ21.0mm x95mm

重量 : 42g

バッテリー : 600mAh リチャージャブルリチウムイオン

フル充電時間 : 75分

スペック

ドライバー :バランスドアーマチュア

周波数特性 : 20-20,000kHz

感度 : 105dB SPL ±2dB

インピーダンス : 25Ω

サポートコーデックス : AAC, aptx, SBC

Bluetooth 3.0, 4.0 に準拠

音が途切れることが多々見受けられる。- 購入してから1週間以内- 右耳側のイヤホンの途切れ- 屋内で他の電子機器の影響はない環境での出来事です。音楽を1曲途切れることなく聴けることがあまりないです。.

小ささのメリットをいかし、外で使って聞くつもりでしたが、音切れが頻繁に起こります。地方のほうではわかりませんが、東京都内の駅ではかなりの頻度で音切れします。お店の中でも音切れします。これはお勧めしません。音質は良くても、音が切れてたらなんの意味もありません。実際、最初のペアリングも不安定でした。ちなみに連続再生時間は最大3時間で短いです。.

Bluetoothの接続が非常に不安定で頻繁に途切れます。この価格でこの性能では納得できません。返品しました。.

高い商品なので辛口コメントです。コードレスフリーは嬉しいけどandroid galaxy7edgeでは切れまくりで使えないレベル。iphoneplusではなんとか使えるが、頻繁に片方だけ途切れたりブツブツノイズがあったします。.

半年もたたないうちに左耳の方だけ繋がらなくなる充電すらできなくなった、.

やはり完全ワイヤレスのメリットは非常に大きく、素晴らしく快適です。ただsonyのxperia z4(au sov31)で使っているのですが、earinアプリとの連携ができない(接続中のぐるぐる回るヤツがずっと回ったままで、アプリから認識されない)ので、アプリから設定変更等ができないのがかなり残念です(相性問題でしょうか?)。あとたまに急に「プツッ」という音がして音が聞こえなくなることがあり(bluetoothは接続されている)、その場合、一旦端末側でbluetoothをオフにして、再度オンにして接続しないと音が聞こえるようになりません。全体としては非常に満足です。.

難点は不安定なところ右がかなりの頻度で音切れする特に交差点では切れまくり車中では安定しますがやはり10分に一回程度切れますマニュアルでは左のイヤホン部分に近づければなどとありますが改善しませんこの点はかなりのマイナスですいい点は音です期待してなかったですがかなり良い音 低温高音とも合格点ですが騒音特に人のしゃべり声は聞き取れちゃうとこが気になるコードのない解放感は驚き たいしてよい音でもないのかもしれませんが実に良い音に聞こえちゃいます価格なども考慮してこの点数です.

混雑してる電車の中や駅の中でも遮断されずによく聞こえます!(東京ほどになるとわかりません。)コードがないのはすごくストレスフリーで快適です。.

以前から近未来的なコンセプトに激しく惹かれていたんですが、先頃2万円台半ばの価格帯となり購入。【good】・ケーブルがないことの身軽さを実感。体感するともう後戻りできないです。・使用時、正面から見て耳から0. 8cmほど出る程度のコンパクトさ。・スリムな充電器兼ケースのカプセルのおかげで収納時もかさばらない。・付属イヤーチップ(comply社製)のお陰で遮音性・フィット感が抜群、音楽の世界に浸れます。・出過ぎない音作りでbgm用途に最適。・aptxとaacコーデックに対応。それぞれmacbook proとiphone 6にてチェックしましたが共に良好です。【気になった点】・rの音の途切れ。時折、r側が一瞬フェードアウトして無音になり、即復旧することがあります。・動画視聴時に音声が映像と比べやや遅れます。気になる方もいらっしゃるかもしれません。・バッテリー切れのビープ音(l)が強烈。10分前の残量低下アラート時に充電されることをオススメします。・小型・軽量ゆえ、慎重な私でさえ装着と収納の際に手から転げ落ちてゆくことがありました。是非、立ち止まり、落ち着いて、装着・収納してください。【結論】軽快さを求め、1回の連続使用時間が2. 5時間以内(ステレオ再生として)で、水準以上の遮音性を必要とし、音楽・音声再生をメインユースとされる方であれば満足度はかなり高いですよ!!.

他の方のレビューでもありましたが少し強い電波に影響されて途切れることが多々あります。基本的に弱いんだと思います。他にもこのようなタイプで安いのもあるのでよく考えてから購入することをお勧めします。私はiphoneseで使用していますが携帯カバーを使う使わないで接続の状態が変わるようです。bookカバータイプの携帯カバーを使っていますが悪くなりました。基本的にメインの受信部は左耳側のようなので右側はすぐ聞こえなくなることがあります。カバンの中に携帯入れて左手に持って顔を右向けたら聞こえなくなる・・・とか(笑).

最近は、片耳ごと装着のblutoothのイヤホンが増えてますね。この商品は特に見た目に結句落としそうに見えそうですが、耳アダプタのサイズがあっていれば、全く問題ありませんでした。最近はホールド感がある品が多いので、逆にホールド感がないこれをちょっと人前で使ってみたかな。.

とにかく軽くて完全ケーブルレスなのでpc作業をしていて楽。iphone6sでapplemusic、amazonmusicで使っているが特に途切れることも無いので快適に使える。半年つかってl側の接着剤が弱ってきたがメーカーに連絡したところすぐに本体を新品と交換してくれた。対応も早くてありがたい。.

すぐ失くします。充電ケースに収納するときも壊れそうな感触。梱包ケースは豪華.

ベスト Earin ワイヤレスイヤホン 超軽量/超小型タイプ 60001 【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.