Denon DJ (デノンDJ) Denon Dn-Hp500em 密閉型オーバーヘッドヘッドホン Dj用 ブラック – がっかり

細かい工夫がしてあって使いやすいですカールコードが半分カール、ヘッドホン側がストレートになっていて体の周辺にまとわり付かず、邪魔にならないのが良いですケーブルはしっかりしているためちょっと重いかも音もコンプレッサーをかけたように、低音が気持ちよく潰れるように制振してあり、djにも4つ打ちでも、シンセやベース音も気持ちよく聴けます低音と高音が出る、djヘッドホンらしい音で最近の曲は打ち込みが多いので、比較的合うのでは傾向はt社のdjヘッドホンに似ていますが、気持ち中高音が強く出る感じ価格を考えると、お買い得かもしれません.

エージングはまだ済んでいませんが、一発目の音出しで あれ? っと感じました。DJ用とのことである程度メリハリのある出音を期待したのですが、どの音域もフラットに聞こえました。悪く言えば特徴のない音色。良く言えば、・・・。ふつうの音です。別にモニター用にイクエイジョンオーディオのrp-15mcを使用していますが、こちらの方がガッツリ系で解像度の高い出音に感じました。高音はそれほどシャリっ気はなく、それでいて中音は明瞭、低音は出過ぎ・・・とフロア的な鳴りのするヘッドフォンでした。比較すると、私にとってはHP500の方がモニターに適しているようです。オーディオテクニカのOEMとどこかのサイトで見ましたが、エージングでどこまで慣れてくるのか、意外に楽しみな部分があります。このままでもモニター目的の使用なら、こっちの方がいいかもと感じました。反転するハウジングも使いやすく、DENON DJのロゴもカッコ良いです。コードが笑うほど長いので自作します。音はモニター指向のフラットということで、クラブのイメージは厳禁です。.

ヨドバシでヘッドホンの試着をしまくって、これに決めました。普段は映画を見たり音楽を聴いたりするのに使っています。値段もリーズナブルだし、音はなかなかクリアな感じだと思います。ちょっと低音が弱い気がしますが、僕としては許容範囲内です。密閉感もなかなかのもので、電気ケトルがお湯を沸かす音くらいなら完全に遮断してくれます。欠点を言うと、結構しっかりと挟んでくるので、長時間つけっぱなしだと耳が痛くなります。あとコードが長く重いので、外出時の利用に邪魔になるということですね。鞄を持ち歩く人はプレーヤーごと鞄に突っ込んじゃえばよいのですが、軽装で出歩く人にとってはかさばって邪魔になります。またプラグも付け替え式ででかいので、これまた後者にとってはポケットからはみ出てしまいます。なので僕は専ら自宅専用機として使っています。自宅で使用している分には長いコードは結構便利です。でも本来の用途としてはポータブルでなくてdjヘッドホンなので、文句を言うのも筋違いなのですかね(^^;.

Djに全然向かない。iphone用になってしまった。安物買って損した。.

Amazonの仕様には書いてありませんが、周波数帯域は【15hz-28khz】です。同価格帯では上は24khzのものが多いので、少しお得感があるような無いような。さて、当方はdjではないのでdj向きであるか否かは置いておきます。このヘッドフォンの何が良いのか簡単に書くと・安価な割にクリアな音を出してくれる点・携帯性・デザインこの三点です。変な補正を付けて出力しないので、波形そのものを素直に鳴らしてくれる所が気に入ってます。モニターや波形いじり等には向いているのではないでしょうか?モニタリングには向いていないっておっしゃっているdjさんがいらっしゃいますね…。私はヘッドフォンでモニタリングする音質がメイン出力と変わってしまう点に不信感を持ってしまう人なので、これこそモニタリング向きの定番だと思うのですが、どうなんでしょう?そもそも、低音だの高音だのが聞き取りやすいなんて周波数や音色に依る所も大きいですし各種ヘッドホンと各種スピーカーの鳴りは大半が違うものですから本番環境を想像しながら構築(作曲・編集)するのがプロのお仕事なわけで・・・。メーカ側で何故かdj用として押してるので4点。この価格帯のヘッドホンにプロ性能を求めるのは間違ってるかと。.

ラジオのパーソナリティをしています。放送用にといろんなヘッドフォンを試してきましたが、今まででいちばん気に入っています。装着感もとてもよく、放送中も不快感が全くありません。コードの長さは、放送中に演奏もすることの多い自分にとってはこの上ない利点。今までは延長コードをつないで使用していましたから。音はフラットでクリア。クラブDJ用というより、ラジオDJに最適なヘッドフォンだと思います。.

自宅用とクラブ用でわけて使う為にコンパクトな物をと思い購入をしましたが、自宅でdjをやるにも、低音が分かりにくく、使いづらさが残ります。dj用とありますが、実際にはipod等のミュージックプレイヤーでお使いになる商品かと思われます^^;ただ、非常にコンパクトで収納もしやすいため星は3つとさせていただきます。女性にはいいサイズかもしれませんね^^.

サイズ・装着感・音質、共に当方の希望に良くマッチしており、毎週週末の外出時にはipodで使用しています。折りたためてサッと鞄にも収納できるのでgoodです。最後に購入の決め手になったのは、、やはり価格でした^^;.

利点と欠点

メリット

  • 素直
  • 購入して大正解でした!!!
  • 安価でも充分使えます

デメリット

Pcのモニター用に長時間装着できる、200g以下で音が良い+密閉型のヘッドホンを探していました。大手家電量販店に置いてないようなマイナーな機種ですが、モノは良いです。まだまだエージング時間は足りないのですが現時点での音質の評価です。音質はdj用ですが、低音が出すぎるということもなく、特に安物にありがちな高音のシャリシャリ感も無く、中音〜高音の明瞭感が良く、ギターやハイハットが気持ちよく聞けます。装着感は非常に良く、頭の大きい人でも大丈夫です。長時間装着していても痛くなりません。また遮音性も非常に高いです。唯一の欠点が、長い・重い・太い の三拍子揃ったコードです。太くて重いコードが黒電話のクルクルみたいになっていて外に持ち出すのを躊躇うほどです。いつかぶった切ってコードを変えたいと思います。これのせいで評価を☆4つにしようかと思いましたが、その他の部分が素晴らしいのでやめました。価格/性能比ですが、非常に良いとおもいます。この価格ならプレゼントにも良いとおもいます。外見も決してちゃっちくないです。また、1万円以上のヘッドホンを買ってみようかな、と思っている人にもまずはこれから、とオススメしたいです。.

モニタリングするには充分な音です。着け心地も問題無く、耐久性もあります。音質は値段を考えたら悪くはありません。安価で、djする上で消耗品と考えたら、これは良いと思います。.

長年使用していて既に3台目。但し、dj用には別のヘッドホンを使用。用途は音楽制作。フラットな音質を活かして、長時間の作曲や、ミックス時のバランスチェックなどに重宝してます。下手に900stや色付けされた高いヘッドホンを使うよりもこっちの方が断然バランスが良いので、まだ細かい音作りに慣れてないdtm初心者&安いヘッドホンを購入したい方にお勧めしています。もちろんリスニングとしても使えるので、この値段にして色んな場面で活躍できるヘッドホンじゃないかなと思います。.

特徴 Denon Dn-Hp500em 密閉型オーバーヘッドヘッドホン Dj用 ブラック

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ■形式:密閉式ダイナミック型、ドライバー:φ40mm、ネオジウムマグネット■インピーダンス:48Ω、出力音圧レベル:102dB/mW (JEITA) 、最大入力:1,300mW
  • ■再生周波数帯域:15~28,000Hz、質量:約150g (コード含まず)■コード長:1.2m片出しカールコード (伸長時約3m)■入力プラグ:標準/ミニ金メッキステレオ2ウェイ

ベスト Denon Dn-Hp500em 密閉型オーバーヘッドヘッドホン Dj用 ブラック 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.