Cellularline (セルラーライン) Cellularline ヘッドホン おしゃれ 高音質 密閉型 マイク アンサーボタン 搭載 Stingwasp Abyss【高級イタリアデザイン】 – そこそこオススメできます

まず自分はお重低音とかはわからないので音質に関しては参考にならないかもしれませんが自分が聞いた感じは低音がよくでていてかなりいい感じです。ヘッドホン自体もかなりカッコイイですしコードもきしめんタイプなので絡まりにくいです。映画、音楽、ゲームと使って見ましたがどれも不可と言えるようなことはありませんでした。この値段ならオススメです.

よいのはデザインだけで音に関してはならない音域があり違和感がある。主にボーカルの声が聴こえない。ヘッドフォンが欲しい方は他のものを買うことをオススメします。.

ついさっき届いて聞いてみたらびっくり、サカナクションさんの『夜の踊り子』を聞いたら『ん?あれ?これってカラオケ版だっけ?』とか思っちゃいましたよ!声が全く聞こえないんですよ!全然音質も良くないし!まだ100均のイヤホンのほうがましやわ!私は、どうも私以外のレビューが偽物にしか思えない。.

凄く、お洒落だったけど、低音が全然出ません。見た目より軽いというのはドライバ口径が小さいのでは?.

そこそこオススメできるヘッドフォンです。デザインに一目ぼれして購入しました。実際のモノは、並行輸入品などに良く見られる小傷、くすみが多少ありましたが、この価格帯の商品ならまあそんなもんかなと言うレベルです。重量感的には見た目よりも少し軽いかな、という印象を受けました。頭の締め付け具合は、メガネの上からかけると長時間は多少厳しいかな?という感じです。当方は「通」ではないため、音質について細かくはレビューできませんが、おおむね良好です。超高音質というわけではありませんが、上から下まできれいに聞けます。低音もブーストしている!という感じではなく、ナチュラルに増強しているという印象です。総評としては、まじまじと見たときの若干のチープさが許容できるのであれば、オススメできる商品です。.

他に無いデザイン。一晩のエージングにより劇的に音質が変わり、すばらしい音を鳴らすようになりました。この値段でこの音を手に入れられるなんて・・・。.

シニアな私が空港ロビーなどでしていても違和感のないヘッドフォンを探していて、デザインでこれに決めました。音もわりといいし、ブリーフケースのような薄めのバッグにつっこんでも壊れないし、なかなか気に入っております。.

とても丁寧に対応して頂きました。ヘッドホン自体も物凄く音が良くて驚きました。.

利点と欠点

メリット

  • 他のヘッドフォンを買ったほうがいい

  • いいのですが。。。

  • 凄くおしゃれ

デメリット

デザイン重視で購入しました。ただ、低音が響きません。それ以外は気に入ってます。.

特徴 Cellularline ヘッドホン おしゃれ 高音質 密閉型 マイク アンサーボタン 搭載 Stingwasp Abyss【高級イタリアデザイン】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ヨーロッパで圧倒的な人気を誇るイタリアcellularlineブランド製。
  • 欧州最高峰のアーティスト達の拘りによって細部まで徹底的に作りこまれたデザイン。
  • まるでモニターサウンド。定位のはっきりした中高音が本機の魅力
  • イヤーパッドとヘッドバンドは調節可能。
  • マイク及びAnswerボタン搭載。装着しながら電話やSiri等の音声案内機能を楽しめる。

イタリアブランド 【Cellularline(セルラーライン)】

美しいデザインと優れたクオリティによって、ヨーロッパで圧倒的な人気を誇るイタリアブランド。それがCellularline(セルラーライン)です。専属デザイナー達により設計されたその外観は、他とは一線を画す、正に「イタリアデザイン」を体現しております。

他の追随を許さない、美しいイタリアデザイン。モダンでスマートなフォルム。ビビッドで力強いカラーリング。それらは全て日本や他国で作られた製品とは異なる、イタリア人にしか表現が出来ない独特の美しいデザインを生み出しています。

LOUIS VUITTONなどを傘下に収める「LVMHグループ」と資本提携。(※1) 近年ではその優れたデザインが認められ、ルイ・ヴィトンやモエ・ヘネシーなど世界有数の一流ブランドを傘下に持つLVMHグループとの資本提携が発表されました。Cellularlineは今後さらなる躍進が期待される注目のブランドの一つです。(※1) 2015年2月現在

ベスト Cellularline ヘッドホン おしゃれ 高音質 密閉型 マイク アンサーボタン 搭載 Stingwasp Abyss【高級イタリアデザイン】 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.