CarotOne Carot One カナル型イヤホン TITTA [並行輸入品] – ケーブルが貧弱

他社のセ−ル開催中に店頭で購入当時¥8980→¥7380 即刻買いましたw現在300時間程のエ-ジング完了。1万以下なら私は絶対コレをオススメする!高音・・・スバラスイ、d型でこの価格でコレだけよく鳴るのはニヤリw 伸びきる前で止まっちゃうんですがそれが心地よい。中低音・・・低音はあんまり出ないほうです、しかしながら良く鳴ってます。ドーンとかドッドッじゃなくてもっと柔らかい感じの鳴り方。鳴り具合がちょうど中高音メインになるようにチュ−ニングされてる?解像度・・・どの音域もキレイにバランスよく鳴らします。コレホントに1万円以下のシングルダイナミックか?と思ったくらい。音場・・・これゎ1万円以下のシングルダイナミックじゃなぃでしょ!(2回目w)ってくらい広いですね。例えば、キチンと頭の上下左右で音が鳴ります。音場って言葉の意味がわかるイヤホンじゃ一番低価格じゃないですかね。注:ハヤリのドンシャリがいいんだけどって方には向きません。ボーカル曲で女性ボーカルが心地よく聴けます!、一度イヤホンはずして形状とか再確認してしまった・・・w でもjazzやクラシックも非常に良く合う。 個人的には山中千尋やオスカ-、sonny clarkなどのjazzピアノを良く聞きますが、非常に音が弾みます。 つまりは聞いてて非常に楽しいイヤホンです。(音楽って日本語は音を楽しむものですから)現在のお気に入りイヤホンと化しましたw ただ耐久なさそうなので、あんまり遠出するときとか通勤時とか持っていけないのが残念。イヤ−ピ−スは最初に付属の2セットだと合わないと思います。 個人はオ−テクのfine fit ss→sony のss →結局carot one用ss(別売り) で安定しました。※他のショッピングサイトでtittaのssイヤ−ピ−スあるので探して買うと○遮音性はありませんので、地下鉄とかだと使えないかな。音漏れは穴が開いてるので外出時は気をつけましょう!w (遮音性はコンプライ200シリ−ズとかも対応しますが、やはりせっかくの心地よい高音中音がひっこんでしまい軽い低音域が強調されるのでオススメはしません)さらに真空管アンプと組み合わせるとスッゴイgood (インピ−ダンス低いですしね、アッテネ−タ−かませてノイズカットok) carot one が真空管アンプ出しているのは周知のことですが、この子は真空管にベストマッチです! 真空管じゃなくてもオペアンプをmuses01か02でもすごくいいですね。 キラキラしすぎるのが苦手な方には向きませんけど・・・。気になったら買いですよ! 一部、アニメファンのかたがたは気になってると思いますが、買って損はしないのでドウゾw意外にノリの良いアニソンもキレイに元気よくなってくれますよ! 最近ハヤリのラブライブ系とかもすごく気持ちよく聴けると思いますw.

デザイン、カラーもなかなかシブい。全体のバランスがよく気に入っている.

使ってきたイヤホン shure e2c、e5c、se215、se420 klipsh custom-2、3 その他 cx300とかboseとかこの程度のレビューです、参考にはなりません。e5cやse420が高音刺さるカンジがしてe2c系をメインにしてました。時間つぶしに立ち寄ったビッ○カメラで何の気なしに視聴して、そのまま衝動買い。まだエージング全然足りませんが。耳掛け式に近い音の広がり、やや中域気味の低音重視。それでいて、程よく煌びやかな高音域。どれもがナチュラルではないけど、暖かい。嫌味なんて微塵も感じない。ただ、ロック系では音が埋もれるかも。ポップス〜気持ちクラシックより。解像感追い求める機種ではないです。とはいえ必要十分ではないかと。少なくてもse215よりは解像感あると思う。ギターやってた人なら、ほんの気持ちodかけてるような。もしくはアンプでその気はないのに歪んじゃったか。旅行好きなら、快晴の昼下がり、イタリアの海岸沿いの片田舎で飯食ってたら、地元の名物アマチュアテナーが歌ってた、みたいな。演色ったらそれまでだけど。とはいえ、ultimate ear ue700 も買います。これだけだと原音忘れそう。※一応コンプライt400は使えます。ただ、高音域がこもる気が。標準のイヤーピースはワンサイズだし遮音性はもう一歩。注意。.

これ、本当に1万円以下?。高音の伸びが秀逸。これ以外言うことなし。.

造りは非常にシンプルですが、どの楽器も埋もれずにクリアに聴こえます。10,000円レベルの他のヘッドフォンと聴き比べていただければ、すぐにsの違いを実感できることでしょう。.

Fi 5 proからの乗り換え。店頭で同価格帯のイヤホンをいろいろ聞き比べた結果これにしました。決め手は「最もわざとらしくない音」だったから。ミキシングに凝った音やリバーブ多めの音、ストリングス系の分厚い音、女性ボーカルあたりはとても気持ち良いです。一方で、パンクや少人数編成のメタル等、音圧勝負みたいな音楽はやや物足りなく聞こえるので、ついつい音量を上げたくなる感じ。ちなみにイヤーピースはコンプライを使用していますが、オリジナルと比較してややこもる感じと言われれば、その通りかもと思わないでもないですが、気にならない程度です。.

前から気になっていた製品。音はすなおに出されています。音数も出ているし、はやりの低音も誇張されずに出ています。10時間ぐらい使うと音が安定してきました。カナル型は耳のゴミが入り込む機種が多いですが、この機種の出力部はメッシュ状になっているの快適です。.

2016年12月に購入。音質は気に入って使っていましたが、ケーブルコーティングの材質か非常に絡まりやすくてストレスになります。このコーティング、ねじれに弱いのか、すでに一部亀裂が入ってしまっています。音は気に入っているのですがこのケーブルの材質なんとかして欲しい。.

利点と欠点

メリット

  • きわめて真面目な造りの音
  • 見た目良し、音良し、コスパ良し!
  • Simple is best

デメリット

ウォークマンnw-z1070直差しにての感想です。手持ちでフラットと思っているイヤホンと比較すると、中〜高音が出て、低音は控えめな感じです。 中〜高音の音質は、元気に綺麗に鳴る感じです。強く刺さったり、籠ったりせず気持ち良く聞けます。低音側は、ぼわつかず締まった感で、高音を下支えしている印象です。 低音の量感、高い解像感、忠実性、遮音性を大事にされる方はいまいちかも。明るく綺麗な音が好みの方は良いかも。女性ボーカル、バイオリンなどが前に出てきます。 星-1はイヤーピースが1種類、1サイズの件です。.

高評価が多いことに惹かれて本製品を買ってみましたが、大当たりでした。こいつは、音質についてとやかく言うのは無粋な事なんじゃないかと思わされる逸品です。それでも音質について書くと、高中低音が絶妙なバランスで、とにかく聴き易い「音を奏でる」イヤホンです。このイヤホンで音楽を聴くと、「音を鳴らす」ではなくあえて「音を奏でる」と表現したい気持ちにさせられます。これと言った特長の無い(無理に強調された部分のない)音ですが、とにかく自然で何時間でも聴いていられます。あえて音質の特長を書くなら、明るく透明感のある高音域がこのイヤホンの一番の優れた点だと思います。逆に欠点を上げれば、低音域の量感不足になるかと思います。しかし、高中音域に対する低音域のバランスが良いので、私はこの点に全然不満を感じません。音の分離も良く解像度の高さも感じられます。ハイレゾ音源を鳴らしても聴き疲れすることなく、ちゃんとノーマル音源との差が判ります。このイヤホンで音楽を聴いた後に、国産メーカー(s0nyや@[email protected]など)のイヤホンに替えると、それらがいかに不自然で人工的な作られた音であるかが良く判ります。このイヤホンは装着感も素晴らしいです。付属のイヤーピースでまったく問題なく、スーッと自然に耳に収まります。耳孔へ深く挿し込む必要はまったくなく、浅めに装着した状態でも音質は劣化しません。ボティの重量も軽く、耳に装着した状態からズレたり外れたりする気配はまったくありません。カナル型の違和感が苦手な方でも、このイヤホンなら大丈夫かもしれません。これより上の価格帯のイヤホンも数個持っており、気分によって変えたりしていますが、私はこのイヤホンを選択することが一番多いです。特に室内で落ち着いて音楽を聴くときは、大抵これを使っています。私が本製品を購入した後に、販売価格が値上がりしたようです(私の購入価格は5,899円)。以前の価格なら抜群のコンパなので(低音マニアを除いて)誰にでも勧められましたが、いまの一万円弱の価格だと一般人にはちょっと勧め難くなったのが残念です。.

どの音も味付けをされることなく素直に出てくる感じです。音の分離も素晴らしい。もう一個買いたいくらいです.

ネットのアンケートに答えていただきました!amazonから買ったものではありませんがレビューさせていただきますこの商品は値段は高いですが、音はそれなりによいです!重低音も高い音も低い音もバッチリ聞こえてるし、なによりこーどが結んでも絡まらないのが良いです!.

何種類かイヤホンを持っていて、その日の気分なんかで選んで使ってます。スマホ(SONY)が音源で、通勤電車内での使用が主です。このイヤホンは、とにかく耳に刺激的な強調された成分が無いです。これは素晴らしいことです。決して音源に入っている成分を削ってるのではなく、強調せずに素直に鳴ってくれます。低音は電車内では外部騒音でマスキングされがちなので、やむを得ずスマホ側で増強して使ってます。もちろん静かな室内で使うときは増強は要らないです。見た目はオレンジやブルーが派手ですが、音質は玄人向けで全然飽きません。本体重量も重くなく、耳へのフィットは付属のイヤーピースの選択で十分です。ケーブルのタッチノイズは少なくて気にならないです。とにかく、この高音質は驚異的なので、一度試聴なりされることをお勧めします。価格帯に関係なく、分解能と高忠実度再生、そして肝心の音楽性を兼ね備えたイヤホンです。これに匹敵あるいは上回る音質はJVCあたりの数万円のモデルくらいでした。とにかく、値段に関係なく本物の音を求める方にお勧めです。.

音場感も明瞭で奥行もあり、豊かな低音を備えながら、軽やかに柔らかく音楽を心地よく聴かせます。音のアタックとか、音色の質とかを過剰に期待することなく、多少の物足りないところ(高域の艶とか、)は棚に上げて、ただただ音楽に身を委ねて時を過ごすのに向いていると思います。軽くて小さいので、耳へのフィットも良好です。アレコレ、イヤホンの音質への拘りに疲れた時これを聴くと、なんとなくホッとできる癒し系のイヤホンです。.

付属のイヤーピースがmサイズ2ペアのみなのでsやlサイズが欲しい場合はイヤホン専門店や一部の家電量販店で別途購入する必要があります。純正の青いイヤーピースに拘りが無ければjvcのスパイラルドットがs/ms/m/ml/lの5サイズがあり、ステムの穴とイヤーピースの穴のサイズが同じで、イヤーピースを固定する凸凹もぴったりです。音質は純正より高音が若干綺麗に出るような感じになります。須山補聴器 fitear to go用ダブルフランジもステムの穴のサイズと同じタイプですがスパイラルドットと比べると固定がちょっと甘い感じ。傘は柔らかめのシリコンなので装着感が良いです。こちらは解像度が上がり、ボーカルもより艶が出て個人的にはこれとの組み合わせが一番好み。※普段sサイズのイヤーピースを使っている方にはちょっと大きいので合わないかもしれません。sonyのハイブリッドイヤーピースも付きますがイヤーピースの穴がステムより小さく、音が篭ってしまうのでお薦めできません。.

主人にプレゼントしました。夜アイパッドにつけて毎日使っています。音もいいようで デザインもいいしわるいとこなしです。.

まずこれを手に取った時にすごくデザインや色合いが可愛いなと思いました!オレンジ×ブルーの組み合わせってなかなか日本では見ないので、イタリアらしさのある個性的なデザインでとってもかわいいと思います!見た目にも負けず音もとてもバランスが良く、聴きやすいです!音場もそれなりに広く、つけたときのフィット性もよかったです。個人的には迫力がもう少し欲しいかなと思います。でもこのデザインと音質でこの価格はとてもお手頃だと思います。買う価値ありです!!.

特徴 Carot One カナル型イヤホン TITTA [並行輸入品]

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 型式:ダイナミック密閉型ドライバー
  • 口径:11.0mm
  • 再生周波数帯域:20-20000Hz
  • インピーダンス:16Ω
  • 感度:100dB(1kHz)
  • プラグ:3.5mmステレオミニプラグ
  • L型(金メッキ)コード:約120cm(Y字型)

ハーマンカードンのaeを以前愛用してて、某視聴コーナーでaeのお隣にあったのがこれ。一聴して、おぉ!と思いましたね。aeの難点である、コードが固く扱いズラさや、高音域の尖りといった弱点を巧くカバーして、個性まで出している。なんというか、自然に夢中になっちゃって、長聴きしているですよね。他のレビューにもあるように、「楽しい音」であり、音の1つ1つが分かれて聴こえる「不思議な音」です。初体験というか、ああ、言葉に例えること出来ない!そんなわけで、気になった人は、即視聴してくださいつい最近、sol republicの上位モデル買ったんですが、この手の流行重低音慣れしていて、正直、飽きて来たところだったんです。例えて言うなら、流行の濃厚魚介豚骨ラーメンといったところでしょうか?そろそろ、新しい淡麗ラーメンが食いたい。そんなアナタにお薦めです。.

基本性能は定価を考えると微妙。ピラミッド型のバランスで、柔らかく、でもダボつかない低音が好印象。全体的に暖色な音だけど、どのジャンルもそつなく聴かせてくれる。d型のアドバンテージの低音域を巧く昇華させた良機だと思う。お気に入りです。.

Victor alneo xa-v80に直挿しでのレビューです。victor ha-fxt90を使っていましたが、調子を悪くさせてしまったので「1万円以下で買える、楽しく個性的な音」を探してたどり着きました。ですので、主にha-fxt90と比較した感想です。音場が広い 今までも十分かと思っていましたが、それ以上に広いと感じます。 中、高音域での広がり方が、新鮮です。弾む音 低音域に強いイヤホンを使っていたので、それはそれで迫力を持っていたのですが、 こちらは中高音域の音の粒感が際立って、クリアに綺麗に鳴ります。 ただ綺麗なだけではなく「これがうちの音だ」という感じの、 決して忠実ではないけれど主張があります。低音も頑張ってる シングルドライバでここまでできるのかと思いました。 ベースラインは広がりを持ってバランスを保っています。 バスドラムは比べるとさすがに厳しいですが、他の部分で補って余りあるかと。タッチノイズが少ない ケーブルの材質なのか、まったく気にならないです。遮音性はあまり無い 外部からの音は結構入ってきます。 丸い形状の為、さえぎる物がないのも影響しているかと。 付属のイヤーチップなので、高遮音性のものにかえるのもありだと思います。 自分は変えませんがw見た目インパクトあり ケーブルの青とalneo xa-v80の青とで統一感がでました。 本体はオレンジ. . というかオレンジっぽい金色?まとめ 当初は複数ドライバを考えていたのですが、ダイナミック型のシングルで ここまでいけると解って、驚きました。。 比較試聴をmaxell mxh-dba700、maxell mxh-dd600で行いましたが 目標とした「楽しさ」で決定しました。 万人には受け入れられないかもしれませんが、はまる人は一撃かもしれません。.

こいつの凄い所は「一瞬何が凄いのか分からない」所。それくらい突出した所がなく、全てのバランスが高いレベルで取れている。今どき流行りの「迫力の重低音」もなければ「煌びやかな高音域」という印象でもなく、別に「豊かな中域」でもない。だから、一瞬何が凄いのか分からない。ベースラインから繊細なシンバルまで全ての音が素直に聴こえ、今まで聴こえていなかった細かな表現に気付くことが何度もあった。そんな性格なので高音質ながら聴き疲れする事もなく、一日中聴いていても大丈夫。好みによっては物足りなさを感じるかも。カナル型ながら「耳にねじ込む」という感覚はなく「耳穴に押し当てる」感じで、イヤーピースは柔らかいので装着感もとても快適。小ぶりなアルミボディの軽さも手伝ってこれも一日中着けていても疲れない要因だと思う。現在一番のお気に入りです。.

イヤホン集め始めたんだけどこれはなかなか面白い色々な楽器の音が別れてちゃんと聴こえます低音はあまり無いですがなんというか気持ちいい聴こえ方がします何より女性ボーカルが素晴らしい見た目も写真通りです遮音性が無いに等しいので星4つです.

今年の夏はあまりにも暑いので、真空管アンプを立ち上げるのがためらわれ、スマホ(音がいいといわれてる)を買い替えたのもあり、イヤホンで音楽を聴く機会が多い。本品は見た目から色物的にみられがちで、性能も特別にすごい部分はないけど、「音楽」を聴かせる事に関しては素晴らしい。難しい事を考えずに「音楽」を聴く場合には頼もしい相棒となります。ただし遮音性があまり高くないので、にぎやかな場所では音量をかなり上げなくてはいけず、そういう場合はx10や他のイヤホンを使うようにしてます。.

  この値段ならshure 215eかklipsch image s4iをお勧めします。音漏れはひどいしアルミの筐体とケーブルは見た目もチープさを隠せません。  この程度の音響なら1980円ですね。.

 amazonでイヤーピースを購入したのですが、読者の方には、こちらのイヤホン欄にレヴューを掲載した方が役立つかなと思い、書いてみました。 イヤホンをデザインだけで欲しくなり、購入してしまったのは 後にも先にも初めての経験でした。 例えるならば アドリア海の青い水面 と 地中海オレンジの色彩をイヤホンに映し出した様な、明るく煌らびやかな「いかにもイタリアン」なハデ目のデザインは、 一目見て 心を奪われる魅力十分で・・買ってしまいました。 購入後に 音を聴いてみましたが、 多数の評判の良いレヴューどおりに音質も悪くは有りません。ー私のこのイヤホンの音に対する感想はー◯ 高音 ー かなり繊細なノビの良い、滑らかで美しい高音が出ます。 音の出し始めには曲によってサ行が耳にキンキン刺さりますが しばらくのエイジングで取れてきます。◯ 中音 ー ヴォーカルが わずかに遠く、 また 音全体に雑味というか 付帯音が有ってクリアーさは有りません。◯ 低音 ー 明るく柔らかな低音が上方向にリズミカルに弾みます( 下への沈み込みは浅いです )。楽しいのですがキレの悪い かなりブーミーでぼやけた低音です。 そのため音の歯切れの良さが命であるロック・テクノミュージックなどの打ち込み系は不得意で、ポピュラーソング・クラシック・カンツォーネ や jazzなどの ゆったり流れる様な曲にとても良く合います。◯ 定位 ー 音像が音を聴いている自分の位置に密集しているので、オーケストラを前にして聴いているのでなくて、オーケストラのド真ん中で四方八方から音に包まれる感覚になります。 あか抜けた スタイリッシュなデザインは100点でも、音質はハイエンド高級イヤホンにかなり見劣りします。( 8. 000円台と10万円以上のハイエンド機とを比べる方が無理でしょ? ) しかし、8. 000円台にもめげずに 音質を向上させる方法を試行錯誤して以下の方策を採りました。1. エイジングを充分行って高音の棘を取り、滑らかさの向上と低音圧を増大させる ( できれば100時間以上 )2. イヤーピースを交換して 最大の欠点である低音域の締まりのないボワつきを抑える イヤーピースの交換に当たり、お洒落な色合いを変えたくないので、ブルーの物を捜したところ、amazon に beats用のブルーイヤーピース( s・m・l・ダブルフランジの4種類入り )を発見! 688円でした。 早速 取り寄せて交換したところ、オリジナルより音の出るノズルがかなり狭い為、高音域のノビが強調され 低音はかなりエッジがクッキリ出てきて締まったキレの良い鳴り方に変わりました。 又、「音楽に全身を包まれる感」がさらに強くなり、曲に没頭して浸れます。  ドンピシャリ!  満足! carot one tittaの現在の音に物足りなさを感じた場合は、一つの解決法として試されてはいかがでしょうか。   お勧めです!.

他の方のレビューに、悪い評価が無いので試聴も無しに購入。イタリヤ製とも思えぬ(失礼)真面目な音造りで、低高音はエンドまで欲張らずに中音域重視のメリハリのある音です。キレがあって音像がぼやけません、女性ボーカルの艶も十分、このクラスでは値段以上の性能と思えます。もっと上のクラスのイヤホンが壊れたため、当面の繋ぎにと思って購入しましたが、壊れるまではこれでいけそうです。コードが柔らかくて、寒いところでも扱いやすいのは良いですが、反面絡まりやすいのは残念。.

Headphone book 2013の別冊付録で花澤香菜さんが、「聴き心地も装着感も最高。買っちゃおうかな」といたくお気に入りだったようなので、つい購入してしまいました。まずは、敬意を表して花澤香菜さんのアルバムを聴くと、ヘッドフォンヴォイスとも言われる花澤さんの透明感のある可憐な声がくっきりと浮かび上がるような聴感で、しかも透明感を損なわずに声の肉付きが良くなる感じで、確かにこれは花澤さんのような歌声を聴くには最高のイヤフォンでしょう。その他、やなぎなぎさんとか、egoistとか、zaqとか、rayとか、柏木由紀とか、高音のきれいな女性pop系ヴォーカルとの相性抜群で、管楽器やピアノ等も響きが良く、快適に聴けます。価格的にも値頃感があってcpは高いと思いますが、コネクタ部分の接触は安定感抜群とはいかない感じで、耐久性には若干不安があるかもしれません。.

デザイン、音質、コストパフォーマンスのいずれもが高いレベルでまとまった良いイヤフォンです。低音域はしっかり出ており不満はありません。低音重視・低音特化型と比べると流石に劣りますが十分です。中音域は価格を考えると非常に良いです。繊細でもありますが、どちらかといえば温かみのある音ですので柔らかい曲に合うかと思います。高音域も値段相応というところです。総評としては音質的には偏りが無くてバランスが良く、コスパも優れた商品です。デザインは個人的には非常に気に入っていますが人によっては派手すぎるかもしれませんね。.

ベスト Carot One カナル型イヤホン TITTA [並行輸入品] レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.