Author Archives: Joykey

アボシ(Abosi) 【Amazon – 使いやすい

私の耳が特殊なのかなかなか耳に合うものがない人ですが、これはまぁまぁ。音質は合格ライン。ちょっとした不満としては、ボリュームを最低にしても少し大きいこと。静かな職場で聴いてるので、音漏れが大丈夫かなと。ちなみに所有している安い有線のイヤフォンにフィット感も音質も負けてる。. リーズナブルでしたが、音も綺麗に聞こえますし機能面は大満足です!ただ、フィットしすぎて外の音が聞こえにくいので注意が必要かもしれません。ですが、bluetoothイヤホン初心者でも、感覚的に使えますし、お値段も手頃なので、おすすめです。. 会社の人がみんな使ってます、気になって、ついに買いました、やっはり便利ですね、音の綺麗再現出来ます、通勤時大事に使えます、また利用します。. まず、ケーブルが短すぎます。ケーブルが短いせいで耳にぶら下がって、首に置いてあるはずの部分が浮きます。そして、bluetoothの接続が悪い。上着のポケットに入れる分には問題ないですが、ズボンのポケットに入れるくらいに距離を話すと音楽が途切れ途切れになりとてもかけたもんではありません。. 肝心な音質ですが、特に問題点はなくクリアに聞こえるといった感じです。スポーツ用に買ったのですが、イヤホンの形状的に耳にしっかりフィットし、外れにくい作りだったので良かったです。また、耐水である点もスポーツをする際などの使用において評価できる点だと思います。個人的に気になるバッテリーですが、10時間連続再生が可能と記載してある通り、長時間の使用にも対応できるため満足しています。. 取扱説明書で日本語の説明書きが入って無いです! 何となくで設定しましたが 着信の知らせが中国語で 日本語に変更のやり方がわかりません! どうしたらいいですか?カスタマーセンターが日本語表記の取扱説明書送ってもらえませんか?. Bluetoothのイヤホンは既に数個有りますが、どうも耳穴になじまずに苦労していました。アマゾンで試着してみて買おうと思っていましたが、たまたま目に留まり、一寸安すぎないかと思いましたが、買いました。使用してみましたら、耳に馴染んで大変お得なお買得品でした。もう手が離せず外出時の装備品の一つになりました。. もっと小さい、耳栓タイプのワイヤレスイヤホンを持っていますが、もっと音質が良いものが欲しくて購入しました。これはワイヤレスにしては音質もすごく良く、ペアリングもすぐに繋がりストレスがありません。軽いので耳も痛くなりづらいので助かります。. 利点と欠点 メリット 音も、使いやすさも自分の使用用途として満足! 使いやすい 音質が良いです デメリット 家で掃除をしながら動画を見たり聞いたりするのに、スマホを持ち運ぶのも面倒だし、ポケットからではよく聞こえないし、優先のイヤホンでは煩わしいし、、、で、こちらを購入。耳だけの、タイプは落としてしまいそうだったので、こちらに、しました。セットは簡単でした。電源をオンにしたら、すぐにできました。自宅で1階と2階の部屋で結構離れていても、届いていました。ノイズなども特に気になりません。耐久性は、使用がまだ、3〜4日なのではっきりとはしませんが、今のところは良好です。また、気になることがあれば、後日記載します。使わないときは、首にかけたまま、両方の耳あてを磁石でくっつけることが出来るので、とても、使いやすい商品だと思います。. 音質がとても綺麗で、通話も試しましたが、良く聞こえるらしいです。スポーツ型のイヤホンは初めてですが、これほどにいいとは思いませんでした、失くす心配もしなくていいし、首に後ろから引っ掛けて失く心配もいりません。けっこう派手に動いても落ちたりもしません!. レビューには日本語の説明書がついていると書かれていたので信じて買って見たら、日本語が載っている説明書はありませんでした。(↑他の言語なら、数か国語分がありました)仕方なく英語の説明書を見ながら進めました。充電完了し、電源on!と思ったら電源が入りませんでした。いきなり不良品に当たってしまい大ショックでしたがamazonさんに返品の対応をスムーズにしていただけたのは本当に助かりました。. 6月末に注文して使って、2週間ですぐ壊れました。流石に色々外箱なども捨ててしまっているので返品できず。音はいいのにもったいないです。. スポーツや電車での移動に便利だと思い、購入しました。bluetoothだからこそ、コードが邪魔になることがないのは勿論ですが、磁気デザインなので、首にかけた後に落とさないので、助かっています。音質は低音もしっかりしているし、とても重視しているわけでなければ問題ないかと思います。耐水性なので、雨の日にも安心して使えるので、これからの季節に役立ちそうです!. 首にかけれるどころか、ちゃんと固定して落とす心配がないから楽です。低音が非常に聞きやすく、ノイズもちゃんと除去できてるようです。日本語の説明書がついていて、操作に慣れるのも早かったです。. かなり良いので驚きです。ハイレゾみたいに高音、重低音が効いてます。かなりの音量で聴くとハッキリとわかります。手頃な値段で良かった。. 私は通常、フィットネスの習慣を持っています。スポーツ中に使用するのが好きです。出来映えは素晴らしいです、外観は非常にハイエンドであり、効果音は非常に良好であり、ノイズはなく、脱落しにくいです。また、耳に着用するのも快適です。ランニング時に特に快適に着用でき、ヘッドフォンケーブルがずれてしまう心配はありません。. ジョギング用で購入しました。装着して運動してもしっかり付いてるから良かったです。防水で汗にも気にならなくて良かったです。接続も早いと思います。. 特徴 【Amazon.co.jp 限定】【進化版 10時間連続再生】 Bluetooth イヤホン 低音重視 Hi-Fi 高音質 ノイズキャンセリング搭載 磁気吸引機能 マグネット搭載 スポーツ用 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on アボシ(Abosi) 【Amazon – 使いやすい

Yinyoo Kbear Hi7 片側 6ba – 完成度の高い弱ドンシャリ

初中華イヤホンで某掲示板でかなり評価よかったので購入。箱を開けてイヤホン本体のを印象はかなりしっかりした作り、その他イヤーピース・梱包はかなり安物感あります。同じくセールの中華16芯のリケーブル購入しバランス接続でウォークマンにて視聴しました。中間音がやや弱いというか遠いという感じでまずまず、低音はそれほど厚みを感じないが出ていないという印象ではない感じ。とにかく音場の広さが素晴らしく、クール系で抜けの良い高音が印象的で、本当によくできたイヤホンに自分は思います。イヤーピースでかなり変わるという評価らしく、自分も手持ちのウレタンやシリコンイヤーピースで試行錯誤しましたが、付属の黒シリコンイヤーピースが具合がいい感じです。ある程度耳内部の空間を持って装着することによってとても良い塩梅になると自分は感じました。今後エイジング(オカルト、単なる耳慣れ)でどう変わるかも非常に楽しみなイヤホンです。音漏れはかなりデカめ、電車で聞いていたらオッサンにドヤされると思われます。ケーブル含め数倍の値段の構造のイヤホン持ってますが、劣ってる部分があるとは思えないし、本当にすごいコスパとしか言いようがないイヤホンです。. 他のサイトの個人ブログで評価が良いイヤホンだったので装着感が納得できなかったsimgot em2の変わりとして新たに購入しました。環境fiio m11 4. 4mmバランス ハイゲインケーブルyinyoo yyx4769 mmcxイヤーピースa-focus black‐blue lサイズデザイン1万円台のイヤホンとしてはあまり無い金属製なので安い感じはありません。ベント穴が見える側に空いているから場所によって周りに迷惑かもしれない。装着感個体形状とmmcxの角度もあってイヤーピースが合っていれば簡単には外れない。a-focusのイヤーピースなら固すぎず柔らかすぎずちょうどいい。audio-technicaのsolid bass用は柔らかすぎるのか安定しなかった。音質使い初めは中高音がきつめなので1週間位エージングしています。イヤーピースとケーブルを上記に変えて納得のバランスになりました。中高音のキツさが減ってかなりバランスよくなりました。解像度の高さ、空間の広さ、バランスなど1万円台では個人的には一番のイヤホンです。simgot em2と比較してイヤーピースをかなり選ぶ全体的にスッキリした音質なのはよく似ています。解像度はあまり変わらないですが片耳7ドライバーなので空間の広さだけはkbear hi7の方がイヤホンとしては広い気がします。em2はウレタンのイヤーピースで装着感が何とか安定したので少し使いづらい。tfz no. 3もem2と似たイヤホンで装着感だけならhi7やem2より良くてイヤーピースをあまり選ばない。解像度はあまり高くない。空間の広がり方はhi7と似ています。em2やno. 3はコネクタの関係でイヤホンとケーブルが外れやすい、ケーブルの選択肢が少ないなど使いづらい点がいくつかあります。1万円台のイヤホンでhi7は色々使い勝手が良いイヤホンです。. 現時点での他のamazon上のレビューの方と感想がかなり違うので参考にならないかもしれませんが、こう思う人もいるんだな程度に参考にしていただければ幸いです。視聴環境はデスクトップpcから適当なdac経由で、ケーブル、チップはすべてデフォルトです。最初の感想は、ボーカルに靄がかかってる、、、、で、正直良い印象ではありませんでした。以前試聴したse425の音が苦手というのは強烈に覚えているのですが、それに近しい感覚でした。ただ、ボーカルに靄がかかっている、つまり籠もっているような印象を受けるのでかまぼこタイプなイヤホンかと思われますが、そこまででもないのは流石多ドラだなと思いました。lisaさんのrising hopeのハイレゾ版をずっと聴きながらレビューを書いていますが、良くも悪くも気になる点がないです。音量を自分の限界まで上げていった時に、刺さりや低音やボーカルやどれかが最初にウッとなりません。表現が遠回しですが、刺さりも感じず、下品な低音もなく、ボーカルは主張しすぎることも、遠すぎることもありません。個人的には、このイヤホンはフラットという感想です。ハイハットやシンバルの音は刺さるどころか、ものすごい控えめです。全体的に籠もっている、とまでは言いませんが曇りっぽい音がするのは8khz~が主張してこないからなようで、itunesのイコライザで無理やり8kを+3db、16kを+6dbくらいにすると、よく聞くような音になりました。低音のぼわつきは皆無で、締まっていますし、個人的にはちょっと物足りないくらいです。散々デフォルトの音のバランスが自分好みじゃないと言いながらなぜ☆4かと言うと、音のキレがとても良くておおと驚いたからです。どうもボーカルは気になってしまうのですが、ボーカルのない曲だと楽しく聞けます。多ドラを生かした情報量の多さと、それらの音がキレよく楽しめる点はとても素晴らしく、これが1万円で楽しめるのは、なかなか良いのではないかと思います。音場や定位というのは全く分からない人間なのですが、ただ音から離れて分析的に聞いている感覚は全くなく、音の中にいる、という感覚です。おそらく音場は狭いのかも知れません。そして、音域のバランスは結局イヤチップとケーブル、挙句の果てにはプレイヤーのイコライザでどうにでもなるんですよね。ちょっと高音が重たいですが、それ以外に極端な味付けはないように思えるので、自分の好きな味付けを施すことで、かなり化けるイヤホンだと思います。現にこのイヤホンのために色々ケーブルを買ってしまいました。音域のバランスはリケーブルなどで改善できますが、音のキレの良さや情報量はどうしようもないので、自分好みの音を見つけていこうと思います。スカッとした音、透明感のある音が好きな人には諸手を挙げておすすめしにくいですが、例えそうであったとしてもリケーブルしたら楽しいから買ってみたら?とおすすめできるイヤホンだと思います。私の★4はあくまでこの商品で完結した場合の私の評価であり、追加投資で自分の音を探すのを厭わない、楽しいと思える人には文句なしに★5かなと思います。. 評判の割には余り良くない。装着感は最悪、音が抜け過ぎる。ノズルが短くて、いやピースがちゃんとはまらない。色々試したが、やっぱりダメ。私には合いません。今は、使用していません。やはり一番重要なのは密着感かと思います。. 試聴環境はhidizs ap80、ケーブルとイヤピは純正品です。音質はスッキリ系で、弱いドンシャリといった感じです。しかし半開放型?ということもあってか低音はあまり強くありません。自分はアニソンをよく聴きますが相性が良いと思います。金属製のシェル製のイヤホンは初めてですがしっかり作り込まれており、満足度は高いと思います。ケーブルは中華イヤホンにありがちなゴムゴムしたものではなく、癖が付きにくいようで気に入っています。また、耳にかける部分が針金入りではなく一定の形に戻るようになっているので、好みが分かれるのかもしれません。. 絶賛のレビューが多い中、多少気が引けるのだが、小生は「星1つ」。「6ba+1dd」という贅沢なユニット構成でこの価格帯のiemはこれまで見たことが無く、近年、中華物のレベルも上がってきているので、興味本位でポチリ。・・・失敗であった。総じて、どのような音作りをしたかったのか理解できないiemである。まず、マルチbaと聞いて期待する音は、「解像度」であるが、小生には本器にはそれが全く感じられない。バランス接続にしてもその傾向が変わったようには、まるで感じない。うまく説明できないのだが、各ユニットがそれぞれの音域に干渉しているようで、鳴りっぷりは良いのだが音は全く以て平面的であり、聞いていてつまらない。そして、ddユニットがなぜ必要であったのか、この音からは全く理解できない。低音域の補完用途かもしれないが、特段、低域に貢献しているようには思えず、ただキレを無くし、輪郭をぼやけさせているだけのようにしか感じない。小生には、なんでもかんでも多ければいいってもんじゃないって事を認識させられるiemである。このプライス以下でも、「2ba+1dd」で本器より、はるかに音の輪郭、切れが良く、低音の質も良好なiemが数多く存在する。メーカーとしては意欲作なのかもしれないが、小生にはただの「定員オーバーiem」であるとしか感じなかった。所有するいくつかのdapを替えて聴いたり、普段ほとんどやらない「リケーブル」等試みたが徒労であった。とはいえ、「音」は聞いたすべての人が同じ感覚を持つわけでもなく、同じように聞こえているかどうかさえ第三者にはわからない。何を以て満足するかしないかは、人それぞれであることは言うまでもない。少々否定的なレビューであったが、このように感じるユーザーも存在する。ご参考まで。. Kbear hi7。タイムセールで 8,600円くらいで購入。見た目が趣味でなく10,000円で躊躇していたら、安くなっていたので思わず買ってしまった。商品画像ではかなり大きいかと思ったが、そうでもなくフィット感もよいので(spinfit cp145 使用)使っている。. 1週間で20時間ほど使用してのレビューです。環境はkbearの8芯銀メッキ線にリケーブル、final eタイプイヤーピース、fiio btr3に接続して聴いております。音質についてはかなりさっぱりしています。明瞭な中高域が印象的な弱ドンシャリで、ボーカルの距離はほんのすこしだけ遠いと感じました。サウンドステージの広さと中高域の解像感の高さを両立しているところが素晴らしいです。ここが一番気に入ってます。低域は重低音が響くという程ではないですが引き締まったタイトな低音で迫力も十分です。普段j-rockやj-popばかり聴いているのですが、こちらとはかなり相性が良い印象です。唯一欠点があるとしたらそこそこ音漏れがします。約1万円という価格からすると信じられないほどの完成度の高さです。1万円くらいのすこし良いイヤホンを探している方や、多ドライヤホンに興味がある方、そんな方はこれを買っておけばまず間違いないと思います。. 利点と欠点 メリット コスパお化け。 セールでリケーブル込みで1万円、買ってよかった。。。 1万円台では使い勝手や音質がかなりいい デメリット 特徴 Kbear Hi7 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Yinyoo Kbear Hi7 片側 6ba – 完成度の高い弱ドンシャリ

JVCケンウッド JVC XE-M10BT ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応/ノイズキャンセリング/周囲音取り込み機能/高音質 K2テクノロジー搭載 スタジオブラック XE-M10BT-B – ノイズキャンセルが優秀、周辺音取り込みが便利。ただし、スマートフォン連携が前提。

首掛けタイプのbluetoothイヤホンです。よくあるコードだけの首掛けヘッドホンだと襟のある厚手の服を着て頭を左右させるとコードが服に引っ張られてイヤホンが耳から外れることもあるのですが、こちらはそれがほとんどありません。bluetoothの接続は簡単でイヤホンの電源を入れスマートフォンのbluetoothの画面から[jvc xe-m10bt」を選択するだけでペアリングされます。次回からはイヤホンの電源を入れるだけで自動で接続されます。音はデフォルトだと低音が強すぎると思います。これはアプリで調整できますので問題ありません。jvc独自の「k2 technology」により、ハイレゾ相当の高音質ワイヤレス再生を実現するk2機能を使用するためには専用アプリ(jvcライブモニター)を入れk2機能をオンにしないと使えません。私が所有している十数個のbluetoothイヤホンの中でもかなり音質がいいイヤホンに入ります。アプリは音を調整した設定を6個まで登録しておけるので、ウォーキングなどの長時間聴く場合は軽めの音にし、腰を据えてじっくり聴く場合はどっしりとした音という感じで簡単に切り替えて使用する事も出来ます。使い勝手は完全独立型のイヤホンに負けますが、バッテリーがー長時間再生出来るなどいいところもありこちらのイヤホンもおすすめです。. 分離型ワイヤレスイヤフォンのboeplay e8と比べると:ノイキャン性能が違います。バッテリーの持ちはboeplayより長いのでしょうが、通勤等ではどちらも問題無し。メガネかけてる方だと耳たぶ上に被せて装着はメガネのつると干渉する為結構苦痛です。ですが、普通にのイヤフォンごとく前から装着も出来るので問題無し。 (メガネとセットだと見た目が… イヤフォンのケーブルがまるで老眼鏡の紐に見える. )分離型と比べて最大の利点は「落ちない」です。分離は見た目気にして小型買うと必然的にポロリが起こりやすくなります。分離型は高いのでポロリする度焦ります…コチラの製品ならそんな心配事皆無です(・∀・)デカイ(折り畳めない)ので、使用していない時置き場に困ります。私は装着したままですが、その際イヤフォンの部分がぷらんぷらん… ちょっと引っかかたりウザイです(‘・ω・`). 本来の目的は、マイクの収音性能が良いヘッドセットとが欲しいという思いから、この商品に期待してスマホでの通話をメインに使いたいと思っていました。ところが、いつもの話し相手にこれを通して会話をしてみたところ、いつも有線イヤホンからの音声よりも、かなり遠くから話しているようで聞き取りづらいと言われてしまいました。なので、今はすっかり自分だけの音楽を楽しむためのヘッドホンとして使っています。家事をしながらでもネックバンドがあるおかげで、体が上下に大きく動く洗濯物干しなどでも、身に着けたまま外れそうになることが無く快適です。それに耳へのフィット感がとても良いです。付属品の大きさ違いのイヤーピースやイヤーフックもついていましたが、それらを使うことなく使用しています。音質については、ほかの方のような詳しいレビューを書けるほど、知識がありません。でも家で使っているいつくかのイヤホン・ヘッドホンのなかでも、この商品を使うことが一番好きになりました。音の繊細さというか、今までちゃんと聞こえていなかった音が認識できるためなのか、ボーカルよりも伴奏に使われている楽器の音の聞き分けみたいなものが楽しめていると思います。ちょっと物足りないのは、連続再生時間でしょうか。8時間ぐらい一度のフル充電から使用出来たら良かったのにと思いました。. 数度の使用で、電源コードをさす箇所のフタ部分のシリコン?が歪んでちゃんと閉まらなくなりました。残念!——イヤホンと呼ぶには大きいというか、ごついと言うべきか。首の後ろから前にかけてのユニット部分が大きく、頭上のバンド部分の無いヘッドホンと考えた方が近いかな?と。そのため使う場面が限られるかと。持ち運び用か、立派な合皮?ケースがついていますが、折りたたんだりすることが出来ないのでそのままのサイズを保ったまま持ち運ぶ事になります。となると使用場面は電車の中でじっとしているときくらいか?と。首にかけるユニットもごついのでウォーキングやスポーツにも使いづらそうです。使用例にあるように、ミュージシャンが使うのなどには良いかもしれませんね。なお操作ボタンは首の真後ろにあります。そもそものつくりを変えないとここ以外には出来ないでしょうが、やや操作しにくいかな、と。.  そこがいい かなり高級感溢れる箱、さらに開けてからの革のケース、さらに厳重なイヤホン部分の保護材で使う前からかなりビビらされた私ーー。こ、こんなに「自分は高級ワイヤレスイヤホンなんです」アピールしてくる商品もなかなかないーーかも。でも実際聞いてみると、それも納得のものでした。 usb接続端子、そして唯一のボタン(1つのみ!)は、首後ろのパッド部分にあります。なので、首の後に手を回しボタンを押すという操作を使っている最中にはよくすることとなります。ペアリングもこのボタンで行い、それそのものは10秒ほどであっけなく終わりました。 音はとてもおちついたもので、肩に程よくかかるパッド部分の重さと高級感溢れるイヤー部分のそれにより、これで外で音楽を聞いているとかなりの優越感を味わえること請け合いです。ノイズキャンセル機能かなりの性能で、そのためわざわざ音楽を切り外の音「だけ」を聞く機能もあるくらいです(ボタンをワンポチするだけで機能します)。 全体的に「高級」と、それだけ言えばもう言うこともないくらいのそんな雰囲気を纏っているイヤホンです。正直これで軽い音楽なんかは聞くのは腰が引ける思いで、それなりの音楽を聞くのが似合うのではと思えます。もちろん、ちゃんとした格好をしていてですが。なので「俺は普段からかっこいい音楽をかっこいい格好をして聞いてるよ」、とそんなことを躊躇なく言えるそんな方にお勧めです。. 評者は知らなかったのだが、いつの間にか本体を首に掛けて使うイヤフォンが各社から出ていた。bluetoothイヤフォンは紐が付いていないので煩わしさがないのが良かったのだが、それに逆行するような重い本体。だから首回りに引っかけておく。メリットは何だろう、バッテリーを大きく出来ること。ノイズキャンセリングなどの機能回路を搭載できることだろうか。とにかく、使ってみて思想が違うなあと言うのが第一印象。マイクがノイズキャンセリングだけでなく、積極的に外部の音を聴くために使える様になっている。その音も目的によって周波数特性を、セッション、トーク、トレイン、ウォークから選ぶことが出来る。聴いている音楽に対してはノイズキャンセリングだけでなく、k2技術による再生音質の高音質再生、風切り音の低減のモードを選ぶことが出来る。その他、こまかな設定はスマホのアプリで行うことが出来る。それらの設定の組み合わせはかなり多く、どれが自分の好みに合うかを決めるにもちょっと時間がかかるかも知れない。音質に関しての評価は難しい。と言うのも、現在のイヤフォン・ヘッドフォンでは昔からのフラットに近い音は若い人が評価していない様で、特徴ある音、迫力ある音に傾いた製品が主流となっていると感じているからだ。だからこの製品がどういうユーザーをターゲットにしているかが分からないからだ。ひとつ言えることは、昔から数十年オーディオを楽しんできた世代の感覚とは少し違うということだけだ。音についての表現は実際には不可能に近いのだ。言葉の解釈の問題もあるが、各自の耳は何を聴いてきたかによっても音質への評価が変わるからだ。だから、ご自分で聴いてみてから決めて欲しいということになる。. 全体的に質感の高い作りをしていて造形面では所有欲を満たしてくれるクオリティです写真で見るよりもイヤホンは大ぶりで、ネックバンドはさらに大きめ。「装着」という言葉が似合います1週間ほど毎日使用していてもネックバンドの存在感は気になるところマイクを内蔵し、周囲の音を集音して環境に合わせたチューニングやキャンセリングをしてくれます通常、歩道で歩いているぐらいなら恩恵は実感できないのですが、人混みと雑音の多いエリアに入ると外部の音がフィルタリングされるのが実感できてなかなかおもしろいです音に関してはややドンシャリで適度な力強さ、高音域は耳障りな感触はなくきれいに鳴っている印象です真骨頂はk2 technologyとライブモニターからのチューニングとなりますが、ここで評価が分かれそうですごつい作りに見合う異様な高機能&多機能ですが、いずれも専用アプリのライブモニターからのコントロールイヤホンサイドにはインターフェイスがないため、何かしたいとなればスマートフォンを取り出すしかないのですこれを受け入れられるかどうかで決まると思います。自分にとっては不便でした広めのネックバンドのどこかにコントローラーでもあればよかったのですが…あとは独自技術の高音質化にこだわるのであればaptx hdに対応しておいて欲しかった、というところでしょうか意欲的なのですがスマートフォンに命を預ける設計は使う人を選びそうです. Bluetooth接続の首掛け式ワイヤレスイヤホン。非常に立派なパッケージで,合成皮革製の専用ケースも付いています。ペアリングは,おそらく通信規格の問題で,対応しないタブレットもあったものの,他のデバイスへの接続は比較的容易でした。しかし何といっても見た目が大袈裟。デカイので連続再生7時間は立派ですが,そのぶん本体が重いし,体にフィットするわけでもなくこれを装着していると首周りの違和感から肩こり必定。でかいぶん場所を取るし,持ち歩くのにも当然不便です。操作性もイマイチで,「マルチファンクションボタン」があるものの装着時にはそのボタンは首の後ろに位置します。首の後ろに手を回してボタン操作って恥ずかしい。絶対アヤシイでしょ。ノイズキャンセリング機能が作動しているためか,音楽再生時は外音は遮断されて静か。ですが,なぜかシャーという雑音が常に流れ静かな曲だったりすると非常に耳障りで残念でした。細かな設定は専用アプリで出来る,のだそうですが,androidのバージョンが合わないためかアプリは利用できず。デフォルトモード固定です。なお良い点として,bluetoothヘッドホンにありがちな音声遅延は気になるレベルではなく,動画再生時も問題ありませんでした。ですが劣悪な装着感と携帯性で外出時に使用する気にはならないし,自宅でじっくり音楽を聴くにも音質(ノイズ)が残念だし,いまいち使える場面がありませんでした。是非これを,という人以外にはオススメできないので☆2です。. 利点と欠点 メリット さすがにJVCケンウッド 分離型より安心、ノイキャン力強めです。 聴いていて気持ちが良い音です! デメリット 【デザインについて】自分はこのデザインが気に入って買ったのですが、虎目調のおしゃれなデザインがたまりません!レスポールのようです!(エレキギター経験者 笑)【音質について】イヤホンはrha、エティモティックリサーチ、sonyなど色々使って来ましたのでそれと比較して印象を伝えます。●全体的に解像度が高く音圧があるような音木をうまく響かせているような音ボーカロイドやアニソンなど楽器に量が多い曲でもしっかりと全ての楽器を聞き取ることができる。これはモニターヘッドホンで一度聞いた後での意見です煌びやかさや透き通るような音ではなく、しっとりとした音低音がしっかり出ているのに、こもってる感じが全く無いのはすごいと思うこのイヤホンはドライバー口径が10mmと大きめの物を使っていますその為、幅広い音域を余裕を持って鳴らすことができ、違和感なく低音を鳴らせる※ドライバー口径は物理的に音に大きな影響を与えます。ここが本質です。 新システム!や新素材!ケーブル素材が!シャック素材が!って過大広告よりよっぽど音に影響を与えてますね●高音シャカシャカ感やキンキン感は全くなく、高いところまで気持ちよく鳴っているちゃんと高い音までなり、スピーカーっぽい高音イヤホンっぽい、シャー!と突き抜けるような高音では無い●中音域(ボーカル)曇っている違和感なく気持ちよく鳴っている●低音安いイヤホンや低音重視イヤホンでよくある、盛った違和感のある低音ではなくボゥン!をと沈み込むような音圧のある低音。スピーカーで聞く低音に近い。締りのあるバスッ!って音では無い【余談】自分はイヤホンを買うときにイヤホンに値段がどのように割り振りされているか考えてからかいます。デザインや材質やシステムやドライバー口径などにどのぐらいかかっているのか。このイヤホンはネックバンド部分が非常に手間のかかる構造をしていて、機械でガチャンと作るにも大変な構造です。さらに音を取り込むシステムはマイナーであり主流でない製品はコストが高くなる傾向があります。またbluetoothイヤホンとしては90gと非常に重く、電池消費が早いことからバッテリーも必然的に多く積んでいると考えます。これもコストが上がり、そして、このイヤホン用に作られたアプリにも沢山の人件費を割いているでしょうから、音そのものにかけられたコストはそこまで多くはないでしょう。実際に同価格帯のイヤホンと比べると音では劣っていますね。【買いな人】・このデザインがすげえ気に入った人(自分だわ笑)・キンキンしたブレーキ音や機械の低音の雑音をカットして電車のアナウンス音と音楽を楽しみたい人・逆に音楽に電車のブレーキ音で味付けしたい変態【買いじゃない人】・純粋に音だけを求める人・透き通るような高音域が欲しい人こんな人はクリプシュとかシュアーとか他にも沢山の選択肢がありますよ笑jvcのサイトを見るとわかりますが、このjvc xe-m10btにはハイレゾ表記がありませんが下の価格帯のha-fd70btにはハイレゾ表記がされているのも考えてみると納得がいくのではないでしょうか? ※色々なメーカでのハイレゾ表記の有無が音質を表すわけではありませんが、  同じメーカーの製品で表記の有無があったのならば、表記が無いものは音が劣っていると考えるべきです! . 主に スマフォのamazon musicアプリから 音楽を聴いています。周囲音取り込み優先機能がありますが、好きな音楽を聴きながら、自分で演奏している楽器とセッションできるそうですが、プロでもなければ 音楽はもっぱら 聴く専門なので 宝の持ち腐れな機能です。違った使い方として、ウォーキング中に 車の音が聞こえるので 便利ではあります。本体にコントローラーがないので スマフォにアプリをDLする必要があり 不便さを感じています。bluetooth で低い音源から高音まで 雑味がなく聴こえます。ノイズキャンセリング機能を使えば、水を流す音さえ聞こえません。本体は 重く、デザインはヘッドフォンをイメージさせる革素材。付属のケースが 少々ダサ目で 好きではありません。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on JVCケンウッド JVC XE-M10BT ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応/ノイズキャンセリング/周囲音取り込み機能/高音質 K2テクノロジー搭載 スタジオブラック XE-M10BT-B – ノイズキャンセルが優秀、周辺音取り込みが便利。ただし、スマートフォン連携が前提。

goldcost 骨伝導 ヘッドホン イヤホン 防水防汗 高音質スポーツイヤホン 超軽量骨伝導式イヤホンブルートゥース イヤホン Bluetooth – 値段相応

自分の頭の大きさ・形状の問題かフィット感がイマイチ。そのためか音漏れが大きい。軽く押し付けると途端に音漏れが減るので,もう少しだけ大きくて挟む力が強ければ非常に良かったのだが……。音質は期待していたより良かっただけに残念。2分に1回くらい一瞬音が飛ぶが,jvcのbluetoothヘッドホンでも同様なので,送信側であるurbano v04の問題かもしれない。あと,usb端子カバー部分は前にレビューしている人と同様に精度が低く,すぐ外れるため防水性は期待できない。個体差で運悪く私と以前レビューした人も運が悪かっただけかもしれないが,目下のところこれが一番の問題. 半月の使用で駄目に為りました。音は聞こえますが、通話での此方の音を拾いません。音楽を聴くだけに為ってます。. 高音域と低音域が壊滅していますが、音質厨では無いので特に気になりません。 それ以上に耳が解放されているという利点が非常に大きく、話もしやすいです。このイヤホン付けたまま、カナル型イヤホンをつけて音ゲーしてみたりしてみたりしています。ただ、スピーカー部分の耐久性が貧弱なようです。頭の高さから落としてしまったところ、高音のノイズが混じるようになりました。. 骨伝なので音漏れは仕方ありませんが、低音でbgm使用なら問題なし。. 購入後、1週間ほどで壊れた。充電出来てるのにも関わらず、コードを抜くと電源が入らない。コードを挿せば電源が入る。ただの男だだ漏れイヤホン。. They don’t cup your head, the sound leakage is unbelievable and they broke soon after i bought them. 到着時にパッケージ破損で本体が故障してた。おいおい。. 左右のイヤースピーカーをつなぐ、湾曲した棒状のものがやたらじゃま!寝そべるとイヤースピーカーがずれて本体ごと外れる。いいとこは音が骨伝導にしてはややいい方なのかなぁ。. 利点と欠点 メリット 購入品は、防水性ゼロ。ゴム蓋が閉まらず! 使い物にならない 値段相応 デメリット 商品届いてから少ししてる使い始めてみました。商品の取り扱い説明書があるので、接続は実はかんたんです。設定→bluetooth→bluetoothをon→イヤホンの音量ボタン以外の一箇所離れてるボタンを押し続ける→スマホ等がペアリングする→使用可能にです。一度認証できなくても二回目でできました。片耳が感音声難聴で聴力が少し悪いからわかったのですが、骨伝導は本物ですね。普通のイヤホンより小さい音でも良く聞こえます。ただたしかに、イヤホン部分からも音が出ますから誤解はされるかなと。買って良かったです。音質は人によっては…かもですが、十分かなと。もっと早く買えば良かったと思っています。. 骨伝導タイプで耳の穴が塞がれないのはウォーキングや自転車での利用時に外部の音(車や他の自転車の接近)が良く聞こえるためとての安全です。音楽を聴くための音質は良いとは言えないが、歩きながら聴くには十分我慢レベルで喜んで利用しています。一方残念なところは、防水機能は期待ゼロ。usbコネクター受け口部のゴム製の蓋の成形精度があまりに低く、押し付けてもそのまま外れてしまいます。この不良モードはメーカーも販売店もすぐに分かります。本来ならば初期不良で返品したいところですが面倒なので、水が掛からぬよう注意して使用しています。販売店に反省と今後の注意を促したい。. Tvを見る時にはトランスミッターを使って聞いたり、寝る時は耳栓をしているので、音楽を聴きながら寝るときに便利です。. 頭のサイズの関係かと思われますが、正直なところ聞こえ方は微妙です。使用して3ヶ月程で左スピーカーの音が小さくなり、代わりにノイズが出るようになりました。まぁこの値段なのでそーゆーもんなのかも知れませんが. 携帯との接続はすごく簡単、特に設定などいらないです。本体は軽くて使いやすい。音質もよくて、満足です。トレニンーグの時使っています。. 骨伝導なので、音質は期待していませんでしたが、意外に良かったです。. 全くもって骨伝導ではない。音漏れ漏れの単なるスピーカー。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on goldcost 骨伝導 ヘッドホン イヤホン 防水防汗 高音質スポーツイヤホン 超軽量骨伝導式イヤホンブルートゥース イヤホン Bluetooth – 値段相応

SHURE 【国内正規品】 プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン Srh1840 – 好みの音質

とにかく気持ちいい。本体重量も軽く、開放感あふれる着け心地。適度な側圧。そして文字通り「丁寧」という言葉が似合うサウンド。携帯性はのぞめませんが、いい感じ!. 今usbdacを介してパソコンからcdを聞きながら。一言でいうと、いい音が粒で耳に飛び込んでくるイメージです。味付けのないやや高音よりの音ですが、イコライザでいじったら低音もしっかり主張してくれました。さすがにこの値段帯になると音に関してはあまり問題がなくなりますが、ヘッドレストはクッションが薄く、人によっては合わないかもしれません。私はまったく問題なく長時間使えてます。もし私が友人から相談されたら、~¥50000帯で 真っ先におすすめする製品です。実際に私が買ったのは中古の半額でしたが非常に状態も良く、今年一番のとてもいい買い物でした。. 僅かに高域寄りな超高解像度フラットヘッドフォン、ヘッドパッドの付け心地が良くないので自分で何かヘッドパッドを別途用意して付けることおすすめします. Akg q701を使用していました(新製品で購入したのでオーストラリア製です)別に不満はなく快適に思えました。少し前にヘッドフォンアンプを購入していたので、バランスで繋ぎたいという欲求にかられ、akgと同じような価格帯の1840にしました。同等の比較でないので、はっきり言えませんが1840のポテンシャルと相俟って、ワンランク上の性能に変化しました。これはいいですね。. 某雑誌で、最も忠実に音を再現できるヘッドホンを作るメーカーと評されましたが、実際購入して装着してみた感想は、飾らない音を出す機種だと思いました。ヘッドホンにありがちな重低音強調、高音強調、ボーカル強調とかがまったくなく、どちらかといったらフラットなんですが、そのフラットの全体的なレベルがかなり高い機種といえます。なので、高い音質で音を聴くと、明らかにその本領を発揮できます。反面、音質の低い音源を聴いたりすると、それをそのまま再現しようとするため中で音が籠もったりしてかなりがっかりさせられます。動画や録音なども含めて普段使いにするのには向いてなくて、どちらかというといいdacやアンプなどを揃えて高音質で音楽を聴きたい場合や、あるいはホームシアターなどのリアルな音質を楽しむのに向いている機種です。人によっては面白みがないと思うでしょうが、素直に音を楽しみたいなら打って付けです。. このヘッドフォンには、特徴というものがありません。一切着色をせず、音楽ソースそのものの音を出してきます。好みを論ずる隙間のないヘッドフォンです。着用した感じは、耳がすっぽり収まって、金属を使っただけあり耐久性も期待出来そうです。特に締め付けられている感じもありませんでした。ipod touchを自宅で聴くために購入しましたが、リスニングしてみて隠された恐怖を知ることとなりました。このヘッドフォンは、ポリグラフやリトマス紙のように、音楽の録音状態を暴いてしまいます。これには驚きました。コンデンサーマイクを自前で持っていて、レコーディングエンジニアとモニターを一緒に聴いて、納得がいくまで録音をやり直すようなアーティストの曲は、情報量が多いため音が硬くなります。コンサートを一発録りした音源などは、歓声が騒音のように襲いかかってきます。ここまで出力されると、長時間リスニングは難しそうです。一方、レコーディング設備が好ましくなかったり、自宅レコーディングした音源の場合、音の悪さがもろに出ますので、がっかりする場合も多いでしょう。よって、下手をすると録音状態の良い楽曲を、駄目な楽曲と誤解する怖れがありますし、好ましくない録音の楽曲は、聴くのも嫌になる怖れがあります。非常に分析力のあるヘッドフォンなので、通常のリスニングに適しているかどうかは疑問が残ります。でも、聴いている楽曲の正体を知りたいという方には、このヘッドフォンを勧めるしかありません。なお、このヘッドフォンには隠れた才能があります。それはボリュームにありました。適当にボリュームをいじっていたら、ピンポイント的に音ががらりと変化し、奇妙なほど生々しくなりました。恐らくこれは、レコーディングエンジニアがミックスダウンしている時と同じボリュームで聴いた際に、スタジオと同じ音が出力されたものと考えられます。ボリュームを徐々に上げていくと、突然音が(特にボーカル)ボワッと広がります。あとは全ての音が出力されるポイントまでボリュームを微調整します。一曲一曲ポイントが違うので大変な作業になりますが、一度は是非生の音をご堪能頂きたいです。なお、再生機によっては高音が強過ぎて困る場合もあります。これはポータブルアンプなどで調整して下さい。プロの道具ですので、エージングの必要はありません。初日から最高性能を楽しんで頂けます。なお、感度が低いので、私のようにiPod Touchで聴く場合は、かなりボリュームを上げる必要があります。故障ではありませんので、安心してご利用下さい。. わたしは主にhd650を使用している者です。hd650が色付けがてんこ盛りなため、色付けの少ないヘッドホンが欲しくなり、評判の良い当商品を購入しました。感想としてしましては、美しい高音も、豊かな低音などもありませんが、「そうそう前に聞いてたこのcd、こういう音だったわ」と懐かしい感じがしました。音楽以外に、映画やドラマ、アニメやゲーム等なんでも無難(良い意味で)、不満の無い音を鳴らしてくれます。ただ、つけ心地が…。天頂部の合成革?の細い2本の出っ張りが頭をグッと押さえてきて痛いです。1時間も着けていると暫く頭痛が治まりません。ですので、思いきって2本の出っ張りを剥がしてしまったところ、かなり楽になりました。価値が下がってしまうので、長く使う人以外にはおすすめ出来ませんが…. 音についてはとても有用なレビューを書いて下さってる方がいらっしゃるので少なめです。さすがに最上位だけあって解像度が高いです。特徴のないフラットな音ですがそこがいいところで定位の正確さは素晴らしいとしか言いようがありません。どのジャンルでも安定して聴け、苦手な音というものがありません。ですが問題はデュアルフレームヘッドバンドです。新素材のアームはともかく2つに分かれたヘッドバンドの出来が悪いです。大分軽量化されたsrh1840ですが負荷分散が適当だとこうも悪くなるかという例を思い知らされました。とりあえず頭頂部が痛い。試聴はおおよそ10分で問題ないように感じ、購入を決めたのですが実際家で使ってみると30分程度でむずがゆくなり、1時間後には痛くなる。最悪だったsrh840よりは軽くなったから若干ましに感じるだけ。srh840は1万台なのでまぁ許容しましたが4万台でこれとは…。実際に実機を見て確認してみてください。クッションがかなり薄いです。ヘッドバンドのクッションは数週間のうちにペラペラになり、さらに痛くなってきます。前頭部に向けるとデュアルフレームの前のほうばかりに負荷が強く掛かり、そこが痛い。垂直に装着するとクッションが薄いため強い重さを感じ、痛い。当然ですが装着感には人の頭の形などの関係が大いにあります。ですが頭の痛みなどが気になって音楽に集中できないというのはオーディオとして論外です。ヘッドバンドを問題なく感じられる人が羨ましくて仕方ない次第です。音は非常に素晴らしいです、ですが音を聴く方法はスピーカーやイヤホンなどいくらでもあります。なんでヘッドホンを選ぶのか、少しは装着感に気を使っては?と聞いてみたいヘッドホンです。追記ふとこの機種の紹介記事を見たのですが、主要開発者2人の頭皮は全滅状態。1人は完全に毛がありませんでした。確かに髪の毛の無い人には頭頂部の痛みなどは関係ないのかもしれませんね。 以上、追記でした。. 利点と欠点 メリット 本当の音が聞こえる反面、いい音源が求められる DA-150で、鳴らし切れていると思います 音は素晴らしいが、リケーブルとケースが× デメリット 【使用環境】(バランス接続)pc → teac ud-505 → nobunaga labs 景光(バランスケーブル) → 本機(アンバランス接続)pc → teac ud-505 → burson audio soloist sl-mk2 → 附属ケーブル → 本機【比較対象】b&w p-7、jvc ha-mx100z、shure srh-440・1年4ヶ月前に中古で購入。・最近、ヘッドホン・アンプをteac dc-301から同dc-505にアップグレードして、バランス接続も試聴できるようになったのでレビューします。(アンバランス接続)・dacをud-301からud-505にアップグレードしたら本機の再生音も劇的に向上した。・301では、中高域の解像度は抜群に高いが、低域が著しく薄く、鑑賞には全く物足りない。密閉型の1540の方がよかったかなと後悔した。・しかしdacをud-505に替えて再生すると俄然、音質向上。中高域の解像度はさらに改善するが、同時に低域の解像度も上がると同時にボリューム感も増し、前に出てきた。ギリギリ十分だが鑑賞には堪える。・ハイレゾ音源でなくても、cdからリッピングしたwave音源でも、解像度が高いので音像明解、左右定位明解で、多人数編成のビッグバンド的な音源でも、細かな構成まで確認出来る。・手持のb&w p7と比べても、全体の解像度だけで言えば本機の方が勝る。しかし、アコースティックな楽器によるライブ音源の場合(ピアノ・トリオによるライブ録音やオケ、室内楽の録音など)、前後上下などの音場感の再現性ではp7に軍配が上がる。本機は、そういう音場再生を明らかに指向していないものと思える。また、比較すると低域はやはり弱く、楽器音の厚みやヴォーカルの温度感のようなものは伝わってこない。(バランス接続)・バランス接続にするとさらに改善。特に低域の量感は「普通」と言える程度に改善され、これなら一応鑑賞するのに十分な音域バランスと言える。・本機の再生能力を改めて痛感すると同時に、本機の限界または本機のキャラクターもはっきりしてきた。・b&w p7を低域の厚い音場再生型とすると、本機は解像度指向の音像再生型であり、バランス接続にしても相対的に低域の厚みは弱い。・その結果、特にアコースティックな楽器(ピアノ、ドラム、アコベース、弦楽器等々)や肉声の厚みのような要素が出ない。音程、音像は極めて明解だが、再生音は平面的であり、左右定位はピンポイントで明解だが、ライブ音源で聞いても奥行き感が乏しい。・ただしこれは欠点と言うよりはメーカーの方向性であり、本製品のキャラクターと言うべきかも知れない。(結論)・上記の、本機のキャラクターを理解して使う分には、再生機器構成と音源の質をかなり忠実に再現してくれるので、本機の本領を発揮させるにはdac、アンプなど相応の構成が必要と思われる。接続には、附属ケーブルによるアンバランス接続よりはやはりバランス接続で本機の真価が発揮されるように思う。・ライン録音された音源のミックスダウンにおけるチェックなど、音場感や楽器・肉声の質感をあまり問題視しないなら、本機はレファレンス・モニターと言える性能の持ち主と思われる。・他方、逆にアコースティックな楽器や肉声の質感、厚みや音場再生を求める向きには、基本的に本機の再生性能の本構成が異なっていると思われる。・以上の特徴を理解した上で、目的に合致していれば本機は(特にバランス接続で)使用者の期待に十二分に応えてくれるのではないか。・個人的には、この十二分な解像度は魅力ではあるものの、総合的に見た鑑賞用としてはb&w p7に軍配が上がる。. フラットな音域バランス、解像度、音場どれも申し分なく素晴らしく、それだけなら★5です。ただ、中音域がgradoに比べると細く、自分の好みではないので-1。許せないのはケースとmmcxコネクタ。ハードケースには都度ケーブルを外さないと収納できません。真実は定かではないですが、mmcxコネクタって頻繁に抜き差しする設計ではないと聞いているので、ケーブルを装着したまま収納できるケースを別途購入しました。付属ケースは使ってません。付属ケーブル(長い、折れ跡でヨレヨレ)が気に入らず、リケーブルしようかと思ったら、所有している6個のケーブル全て端子が入らない!一段奥まったところに端子があり、端子までの間口が細く、通常のmmcx端子形状では入りません。専用ケーブル使えってことなのでしょうが、それは大きなお世話。しかも、商品説明にはmmcxコネクタ採用とだけ記載して、画像は掲載してない。これはもう立派な詐欺ではないかと. 機能?をちゃんと用意しているのに自由度は用意していない。これは故意なのか? どーしてこういう底意地の悪いことするかなぁ?1540もこのが同じ。ホント腹立たしい。こういうことするメーカーってshureだけじゃないけど、反感しか買わないと思うよ?. 【デザイン】そこまで高級感もないですが、シンプルで良いかと。【装着感】そこまで悪い訳ではないです。自分は1時間ちょい(アルバム1枚分)ぐらいなら耐えられます。長時間つけると頭頂部と耳が痛くなりますね…。【遮音性・音漏れ】開放型なので当然ですが、遮音性はないし、音もだだ漏れです。ただ、隣の部屋にまでは聞こえません。インターホンなどが鳴っても気づかないこともあります。【音質】解像度が高く、どの音域もバランスよく鳴らしてくれます。強いて言えば少し高音寄り。低音が弱いと言われますが、ちゃんとしたヘッドホンアンプを使えば、そんなに弱くはないです。値上げしてしまったのがとても残念…。自分は値上げ前に5万以下で買えたのですが、この値段だと躊躇してしまいますね。ですがこの『普通』を極めたような音は、他のヘッドホンではなかなか得られません。高級機の購入を考えている方には、ぜひ一度試聴して欲しい一品です。なお、ipodやwalkmanでは、この製品の真価は発揮できないです。元々開放型ですし、据え置き用のヘッドホンアンプを利用して聴くのが良いと思います。. オーディオはずぶの素人ですが、このヘッドフォンの音には鳥肌が立ちました。ギターが、弦を弾く音として聞こえる。ドラムが、金属板をたたく音として聞こえる。ヴォーカルが、声帯を震わす吐息として聞こえる。なんというか、清濁関係なく、録音現場の音という音、空気の流れと振動を全部ダイレクトに再現してしまった感じ。音楽って、楽器一つ一つ、ヴォーカルコーラス一つ一つの集合体なんだなあということが、きっちり確認体感できるなんというか精密な計測器のようなヘッドフォンです。. 今これを装着しながらレビューを書いています。shure社のフラッグシップヘッドホンです。この会社の特徴としては、モニター系の音が得意、といった所でしょうか。このヘッドホンもそういった会社の傾向そのまんまのヘッドホンです。音に関しては個人的な感想です。解像度が非常に高く、(だがt1などの他社のフラッグシップ機には劣る)やはりモニタリングなどに適しています。インピーダンスも高くないので、気軽なリスニングにも使えます。曲のジャンルは選びません。どれもそつなくこなせるヘッドホンです。まあ音は良いとして、問題なのは装着感。今では慣れたもので2時間ほどの装着なら耐えられますが、頭頂部、頭、耳のの側面が痛くなります。ヘッドバンドに自由性がなく、フィットしにくい。イヤーパッドがベロア調で柔らかく、非常に良い物なのですが関係なし。長時間聴いてられるような音、そして長時間装着することを拒む装着感。それが同居したヘッドホンです。. 「もしかして、音って掴めるんじゃないか?」という錯覚してしまうほど立体的に描かれた音像で新しい音楽体験を楽しめます。今まで聴いた音源達がまるで別物のように、本当の表情を見せてくれます。密閉型の箱詰めされたような息苦しさがまるでなくて、どこまでもボリュームを上げたくなるヘッドホン。圧巻です。. ヘッドフォン専用アンプを備えたものとしては、私にとってはじめての据え置き機で聞いています。da-150をタワー型pcにusb接続して、主に聞くのは、ネット購入したハイレゾ曲、flacでリッピングしたcd、テレビキャプチャーボードでの音楽番組です。アナログ入力のヘッドフォンアンプをより高価な価格で販売しているメーカーの、最も低価格な商品に内蔵された、いわば、おまけのヘッドフォンアンプで、鳴らしにくいと言われるヘッドフォンを聞くことになるので、不安ではあったのですが、杞憂でした。女性ボーカルの高音の伸びから、フルオーケストラの重厚感まで、それぞれをとても気持ちよく鳴らしてくれます。装着感は、多くの方が指摘されている頭頂部の痛さは気になりませんでしたが、頭が大きい方なので、最大に伸ばしても、耳たぶ下部が刺激されるのが、少し気になります。(西欧人の方は、日本人よりも小顔なんでしようか?)既に、私が持っているヘッドフォンとの比較では、hd650は、オーケストラの重厚感は素晴らしいのですが、女性ボーカルが遠く重い感じで微妙です。k-701は、女性ボーカルの艶っぽさや高音の伸びは素晴らしいですが、低音が少し弱い様に感じます。また、頭の大きな私には、耳たぶの下部を刺激して、装着感があまり良くありません。mdr-cd900stは、側圧が強すぎず、日本人にあわせた設計なのか、大きさに余裕があって、装着感は一番よく、女性ボーカルの艶っぽさもあるのですが、オーケストラの低音の厚みが弱いです。srh1840は、それらをすべてうまくこなして、かつ、分解能や音の分離が素晴らしいです。アンプにある程度の駆動力は必要とすると思いますが、いい意味でのオールマイティのヘッドフォンとして、おすすめします。. フラットだが、全ての音が聞こえる。着け心地も悪くない!素晴らしいヘッドホン!. オープンエアー型なので盛大に音漏れします。正常な神経の持ち主ならば外では使えません。オーバーヘッド型はhd650、k701、mdr-1aなど話題のヘッドフォンを経て最後に購入したのがこれでした。k701やmdr-1aは既に手放しているのでhd650とこれで気分で使い分けしてます。正確な音作りが得意なshureらしく、解像度の高いキラキラ系の素晴らしい音が聞けます。側圧はそれほど強く無いのですが、ヘッドバンドの上からの圧が結構高いので長時間使用にはキツいと思います。私はヘッドバンドカバーを付ける事でかなり緩和しました。cd900stにも似たモニター寄りの音で、そういう音が好みの方にはオススメです。. … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on SHURE 【国内正規品】 プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン Srh1840 – 好みの音質

MAXSHUANG 最新進化版 Bluetoothヘッドセット TWS 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth 4 – 安いものには理由がある

まず説明書に日本語がない。音質悪いし、すでに最初から音ズレ。大きくて耳に合わず痛くなる。充電器から抜けなくなり、少し強く引き抜いたら、使用不能になった。安いからといって買ってはいけないもの。. 購入して充電しても片側が使えない状態。. 片方(右側)のボタンが購入後2日目に使えなくなり、左側は使用できますが約30分程で聞こえなくなります。. 片方が聞こえず即返品。. バッテリーがすぐ無くなるし、聞いてたら耳に入ってる部分が熱くなる。. 最初はair podsを購入しようと考えていたのですが、金額も高く手が出しづらくてこのイヤホンを見つけたのですが料金も安く手が出しやすかったし、性能としてもバッテリーは長持ちします。接続も簡単に行えたので、すぐ使えました使用している感じ困ったこともないのであと、耐久性については期待をこめて星5としてます. 充電しても五分以内で充電切れ。ただの不良品。. Bluetoothのイヤホンを色んな物を試してますがこれは過去1番にイヤホンのバッテリーがもたない。30分も聴けない。バッテリーケースの電源も入らない。迷彩柄のデザインでハズレ覚悟で購入しましたがこれは厳しい。音質的には特別いいわけでもないけど悪くないし、もしかしたら個体差もあるのかも知れないけど残念です。. 利点と欠点 メリット Buy at your own risk 評価どうりかなと 安いものには理由がある デメリット 購入してから一週間ほどで片方のイヤホンの電源が入らなくなりました。やっぱり安いものには理由がありますね。安物買いの銭失いにはならないようにお気を付けください。. バイク用にと買って使用したら接続がしょっ中切れました。使い物にならず返品したいぐらいです。音質も最悪です。. I bought 6 of this and one of them is empty. (just the case but no headsets) i read … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on MAXSHUANG 最新進化版 Bluetoothヘッドセット TWS 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth 4 – 安いものには理由がある

デノン(Denon) Denon ワイヤレスイヤホン ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー搭載 AH-C820W – 見た目も中身も優秀イヤホン

装着感は予備のイヤピース交換で改善できると判断し評価4から5へ訂正コードタイプのc820と同等であるとの希望で選択しdenonならワイヤレスでもしっかりした商品だろうと信じて購入、 bluetooth4. 2環境で使っていますが音質もノイズも特に問題なくコードレスであることを忘れてしまうほど満足できます。ただコードタイプのc820とイヤホン形状が同じであるため耳への着け心地はやはり今一です。. 高音域は有線でも無線でもまぁまぁ綺麗で気になる程の差は感じられません。低音域は有線だと1万3000円、無線だと7000円クラスの音質だと思います。これがbluetooth 5. 0の限界なのかなという感じがします。. 使い始めて2週間が経ったところでの感想です。音質が良いとの評価を読んで期待して購入しました。聴いてみると、期待以上!音楽が奏でている風景が、臨場感をもって伝わってきます。本当に驚きました。主に通勤用なのですが、もっと聴いていたいとおもうくらいです。ネックバンド式もこんなに使いやすいなんて。軽いので、ほとんどつけている事を忘れそうになります。でも落とさない安心感。ボタン配置も覚えやすく、初めて使用した日に、ブラインドタッチができるようになりました。購入して良かったです!. ●良い点・低音が少々良いくらい・音量が細かく調整可能●悪い点・中音、高音の質が1万弱くらい・ボタンの反応が遅い(2000円くらいのbluetoothイヤホンの方がまだ早く反応する)・質から考えると2万越えは高い正直値段不相応。\12000、色付けても\15000くらいの価値かと。それでも良いという人は買っても良いかも。. 高級の部類に入るbluetoothイヤホンと思います。使いやすさはもちろん、音質的にはやはり、普及価格帯とは別物という感じです。耳への密着感も良く、低音の聞こえ方は目を見張るものがあります。その代わりというか、高音部が負けている感じも否めません。この件は、イヤーパッドの材質、サイズのチョイスで調整できると思います。さすがの老舗メーカーという感想です。. 2019年に出たipodtouth(最新型)で使っていますが、接続は一発です。電源のオンオフ時に、女性の声でアナウンスが流れます。これがイヤな人もいる様ですが、私は気に入っています。音質は若干高音よりな傾向があるので、低音ボンボンがいい人には合わないでしょう。私は低音ボンボンは好きじゃないので、このくらいが十分で気に入っています。バッテリーは10時間持つ訳ですが、出来れば12時間以上欲しいところです。総合的には気に入っています。他の方のコメントにもありますが、音は本当に良いですよ。. 普段j-popをよく聞きますが、音質がよくてびっくりしました。低音も派手に着色していないので好みです。. 接続端末:walkman nw-a40コーデック:aptx使用目的:音楽・動画視聴イヤーピース:final eタイプ → jvc spiral dot++基本的には中・高音がクリアな音質を好みますが、気分転換に本製品を購入。似たような価格帯のワイヤレスイヤホンは、rha ma750 wirelessを愛用しています。①高音域ma750には劣りますが、低音重視の割にはクリアで聞きやすい音です。際立つほどの伸びや艶はありませんが、低音を際立たせる良い音です。②中音域ボーカルは近め。ma750と比較すれば曇りますが、十分に許容範囲内です。③低音域力強く、量感もあります。ウッドベースやドラムを使うジャズとは相性が良く、聴いていて楽しいです。④バッテリー10時間持つので十分です。⑤装着感微妙なさじ加減の調整が必要です。一般的なカナル型とは異なり、耳奥まで挿し込まず、浅い場所で蓋をする感じ。強く押し込むとイヤーピースがつぶれ、浅すぎると遮音性が低下して低音が台無しになります。イヤーピースは当初はfinalのeタイプを使っていましたが、jvcのspiral dot++の方が私には合いました。シュア掛けをすればフィット感は向上します。ただし、眼鏡をかける人には向かないでしょう。⑥操作感ボタンが大きいので操作はし易いです。⑦接続安定性ma750で途切れた場所でも普通に使えました。電車通勤でも使用していますが、駅のホームでも途切れることは無いです。まとめ万能型ではありませんが、低音重視としては多ジャンルに対応している良いイヤホンです。特に低音域の力強さを活かせるなら、ワイヤレスイヤホンとしてはこれ以上の選択は無いと思えるくらいです。. 利点と欠点 メリット 音質上々!質感上々!気分上々! なんでこんな高評価? ブルートゥース接続とは思えない音 デメリット Sonyか、boseか、denonで迷い予算と再生時間で考え、購入音質はとてつもなく良いってわけじゃないが十分良いと思う。. 音にはうるさいけど評論家並みに語れませんが、自分が使ってきた無線ヘッドホン(数千〜数万レベルの商品)の中で音質が一番良い。音源の分離感が良く一つ一つの楽器の距離をちゃんと感じる。ベースも宣伝通りパワフルでクリアです。音は全体的にスムーズ、しなやか、クリアで非常に聴きやすいです。流石に aptx ll 対応だけあって、曲を切り替える時に音も瞬時に反応し、有線ヘッドホンを使う時と比べて体感の違いはありませんでした。遮音性は使うイヤピースによりますが、スポンジのイヤピースを使えばかなり外音を遮断してくれます。音漏れに関して、一つのチャンネルに付き二つのドライバーが入っているので、音漏れするではと心配しましたが、実際に使ってみると外からほとんど聞こえません、こらは結構驚きですね。コントロールボタンはシンプルで使いやすく、電源ボタンは奥にあって押し間違いもない。音量のコントロールは os の音量とは独立しており、音量のきめ細やかな操作が可能です。ちなみに音を max にするとかなりデカいので自分は中ぐらいの音量にしてます。イヤホンには強力な磁石が付いており使わないときは二つのイヤホン同士で引っ付くか、首掛け部に引っ付けられますのでスマートです。付属のケースにはイヤピースと usb ケーブルを入れるポーチがあり、ポーチはマジックテープでケースに止められるので開けるときに小物が落ちるのを防ぎます。細かい点ですが、イヤホンの殻は金属製で重さと丈夫さがあって質感が非常に良く、「LR」の印字はイヤホンの裏側にあり、「denon」ロゴはさり気なく小さく印字しており、控えめでしっかりとしたデザインが良いです。発売延期は度々ありましたが、全体的に、音質、質感、丈夫さなの完成度が高く、denon らしい控えめのデザインで満足度が高いです。欲を言えば、現状一度充電すれば10時間使えますが、首掛け部は非常に軽いので、より大容量のバッテリを搭載しても良いではないかと思います。. Bluetoothイヤフォンはいくつか使いましたが、明らかに音が良いです。ネックバンドタイプのものははじめて使いましたが装着感が良く非常に快適。長時間のリスニングにも適していると思います。【音】低音に力を入れているというだけあって良い音です。ワイヤレスでここまでの音を楽しめれば大満足です。【デザイン】落ち着いた良いデザインだと思います。主張しすぎていないdenonのロゴもおしゃれです。バンド部分が細めのデザインも良いと思います。【装着感】ネックバンドタイプははじめてですが、軽くて良いですね。ちょっと耳から外す時も首にかけたままにできるのが便利です。磁石でくっつけてぶらつかないようにもできます。【操作性】ボタンが大きく押した感じもしっかり感じられ操作性は良好です。【携帯性】携帯用ポーチが付属しますが結構嵩張ります。ネックバンドタイプなのでこれは仕方のない事。【キャリングポーチ】かなりしっかりした作りです。高級感はありませんが、落ち着いたデザインが好印象。丸いデザインの為かジッパーが少し開け閉めしにくく感じます。【8台までのペアリング】なんと8台までペアリングの設定ができるそうです。そんなには使いませんが、複数設定できるのはうれしいです。. Ah-c820はお気に入りのイヤホンで、通勤時のお供でした。最近、ブルートゥース化されていたのを知って他機種を含めて検討を開始、ah-c820wとwi-1000xとmomentum true … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on デノン(Denon) Denon ワイヤレスイヤホン ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー搭載 AH-C820W – 見た目も中身も優秀イヤホン

TIANZZ iPhone イヤホン – 右から音が出ない

付け心地が良いのでまた購入。私はこちらのイヤホンしか使った事がないので他のイヤホンとの比較が出来ませんが、安い上、音も飛んだりしないので大満足です。仮に壊れても安いので雑に扱っても大丈夫なのも良いところです. 欠陥品です。音質もよくありませんが、それよりもbluetoothへの接続がとにかく相性悪いです。なんどやっても検知されず。そもそもワイヤレスでない時点でのbluetoothへの接続とは、、、完全なる失敗でした。値段に妥協せずに良品を購入する事をオススメします。. 偽物はやっぱりダメですね。簡易的なら使えますが、すぐに壊れました。. 購入して2ヶ月しないうにに片方は聞こえなくなりました。保証期間対応などはないのでしょうか?. 音も濁ってるし、相手の声が途切れ途切れ聞こえる。使いづらい。. 音質最悪です。値段が安いのでしょうがないことなのでしょうがそれでもひどすぎます。百均のイヤホンの方がマシなくらい特に低音は雑音にしか聞こえないです。レビューがよかっただけに残念です. 満員電車の中で1時間ほど音楽を聴く為に購入しました。騒音の中で聴くので??音質はある程度度外視して遮音性を考慮しての選定でした。とくに問題はないですが???後は、耐久性がどの位あるかが、期待しております。. 通話中にイヤホンを接続してもbluetoothへ接続なかなかしない。ぶっちゃけ他のbluetooth接続しないタイプを購入した。使えない。. 利点と欠点 メリット すぐ壊れました。 音質がひどい 性能悪すぎ デメリット Iphone8用に購入したが左耳しか音が出ない。うっかり外箱を捨ててしまったので返品も出来ず仕方なく使ってます。. 聴いてみると良い音質で、耳に差し込む角度やイヤーパッドの大きさについても文句なし。マイクもついていてハンズフリー通話にも対応してくれます。耳にしっかりはめ込むことで様々な屋外などでの活動に適しています。迫力ある重低音から繊細な中高音までリアルに再現していて、臨場感溢れるクリアな音質を実現できてます。いい買い物ができたと喜んでいます。時間のある限りこれで聞きたいと思います。思っていたよりも音がいいです。. 買って1ヶ月経ちましたが片耳がプツプツと途切れ聞き辛いです、日に日にプツプツが多くなっているのでもう少ししたら聞こえなくなるのだろうと思います、それ以外は音質も良く気に入っています. 商品の到着等はとてもスムーズでありがとうございました。使用感は、今まで使っていた純正のものよりも、音がこもった感じで少し違和感があります。. 本当に買わない方いいですよ。1ヶ月もたたないのに壊れました。やっぱり、安いのは良くないですね。. 音はともかく1週間で壊れました。来てから気づいた偽物。壊れ方もこれまでの接触不良とかではない見たこともないところが外れ勝手に操作が切り替わりもう使えないと。息子がお小遣いで買ったのにありえません。. 音が良いとレビューに書いてありましたが全然良くなかった。1週間くらいで勝手に音量が下がったりし、ポケットに入れたら破損し中の線が剥き出しになった。やっぱり安いものはダメですね。買わなければ良かった。. Iphone本体がこのイヤホンを認識しなく何度抜き差ししてもiphone本体からしか音が出てこないです!本体設定しなおしたら音出ました. これは、bluetoothに接続する必要があるヘッドセットです。最初に設定する必要がありますが、次回に再設定する必要はありません。. イヤホンのコネクタがしっかりしている。挿入後もゆるむことなく音質が良い。耳障りがない。いい音だ。携帯に便利です。ズボンの中。財布の中に入れてもいいです。. 前のが壊れてしまったので、すぐに手に入ってよかったです。. 音質悪く、音割れし、途切れ途切れになる。何故高評価なのか疑問??? 正直、評価だおれで失敗しました. 通話に使った所、こちらからはちゃんと聴こえましたが相手には雑音だらけで全然聴こえないと言われました. 2回でパーツが外れて壊れました。音質は普通だと思います。. ヘッドホン製品品質缶私はそれがとても好きです。全体的に、価格はまだかなり良いです。. Iphoneの音楽を聴く為に購入しましたが、あっという間にイヤホンジャック付近の線が断切してしまい、聴けなくなった。3ヶ月ともたなかった. 使い始めて1ヶ月も経たずにフロントキャビティといわれる所が取れてしまいました外れてもカチッと付ければまた問題なく使えるのですが少しの衝撃ですぐに取れてしまいます外でフロントキャビティが取れてしまい無くしてしまったのでもう使えません…残念です. ベース音が割れるのが悲しい、、、リズム感の強い曲は、とにかく不快です。. 何故か有線なのにbluetoothやしイヤホン抜こうとしたら壊れて中身見えるしめっちゃ不良品. これは良いヘッドセットです、価格は安いです、品質は良いです、私はそれがとても好きです。. 音もよくてとってもいいです。2~3ヶ月使用していますがまだ壊れなくて頑丈です!もり壊れたらリピート買いします!. 完全に騙された。音質クソすぎてしんどい。しかもなんかiphoneに挿し込んだらbluetooth繋がなあかんの意味わからんし。繋ぐ時の音うるさすぎて耳壊れる。普通のapple純正イヤホンを期待してる人はマジでappleで買ってください。. イヤホンをiphone本体に差し込んだだけではイヤホンから音が出ない。やり方は商品の説明欄を見てほしい。二股接続(イヤホンと充電同時にできるやつ)ではいくらbluetooth接続しててもイヤホンから音が出なかった。音質は気にならなかったが機能的に使えない。ただでさえbluetooth接続で充電減るのに二股が使えないなんて!!!!!. 不良品?が届いた。何故一々ブルートゥースをオンにしなきゃいけない。最悪。. 有線接続なのにbluetoothを要求してきますケーブルは給電用かな‍?あと根元がすぐに壊れます。イヤホンを買い換える間の繋くらいにはなるかも. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on TIANZZ iPhone イヤホン – 右から音が出ない

SHURE 【国内正規品】 プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン Srh1440 – 高音綺麗!

高音がかなり綺麗でした低音はアンプで補えます店で聴いてよかったのでamazonにて購入しました満足です. [デザイン]普通。太くガッシリとした作りですが、こめかみ部分の可動部がちょっとだけ不安。縦長の形状なので、横になっても枕に当たらなくていいです。開放型にしては音漏れが少なめ。[装着感]ヘッドバンドのクッションがコブタイプですが、厚い上にやわらかく、k701よりはだいぶマシ。それでも頭頂部への圧迫感はそれなりにあります。私の頭は恐らく平均より大きめですが、側圧はもうちょっとあってもいいかなと思いました。パッドが丁度いい柔らかさで、耳をすっぽり覆うタイプなので、耳への物理的な負荷はとても少ないです。[音質]まず高音が耳に飛び込んできます。量感があり輪郭が明瞭で、高い解像感があり音が太いです。サ行の刺さり等は、ギリギリのラインですがほぼありません。クリアでヌケも良く、このあたりは開放型の特性を十分に感じられます。繊細というよりはマッチョな高音です。人や音楽によっては聴き疲れするかもしれません。中音は高音程特徴はありませんが、篭ったり引っ込んだりする事無く綺麗に出ています。女性voは伸びやかで美しいですね。低音はタイトで、開放型の割に頑張っている方だと思います。沈み込むような低音は厳しいですが。高音よりのフラット〜微ドンシャリといった所。[音場]開放型にしては狭めです。解像度が高く、篭りも感じないのに狭めなのは中々奇妙ですが、特に違和感はありません。[まとめ]全体的にシャッキリエネルギッシュな音が出てくるヘッドホンです。ポップスやテクノ等の打ち込み系がベストマッチだと思います。シンセでトリップできます。逆にクラシックやジャズといった音楽を、リラックスして聴くような用途にはあまり合わないです。音量はかなり取りやすく、他に所有しているイヤホン・ヘッドホンよりも据え置き機器とdapの差が出ないように感じました。ケーブルやパッド等、交換用の付属品が豊富でお得感があります。箱、ケース、デカイ。. シュアーがヘッドフォン分野でこれほどの高い評価を受けているとは驚いた。高音の抜けの良さが高評価なので気になって購入したが、まさに往年のオーディオファンとしては、カートリッジのmk. ⅢやⅣを思い出す明快なサウンド。youtubeでの名演をダウンロードして、低価格のdacとfoobar2000の組み合わせで聴いてみたが、確かにシャリシャリ感はあるものの、それはyoutubeの音質の問題であろう。ヘッドフォン独特な閉塞感のある音とは思えないクリアで抜けの良い音だ。特にピアノの表現力の高さには目を見はる。高音部の細かなパッセージ、林立した連続和音をこれほどクリアに表現できるとは。高音にありがちな痩せた薄っぺらい音がまるでない。ふくよかな中音域、図太い低音。どれをとっても超一流の表現力になっている。オープンエアとは名ばかりで、高価な割に鼻の詰まったような曇った音ばかりの製品が多い中で、これほど価格と音のバランスがとれた機種は希だろう。この上を目指すとすればstaxしかないのではないだろうか。それと比べれば遙かにコストパフォーマンスの良さに驚かされる。ただひとつ問題があるとすれば、着けているのを忘れてしまうので長時間使用して難聴になることくらいか。. 購入してから2か月が経ち、そろそろエージングも完了したようなのでレヴューを書かせて修正します。実はこれと同時にSENNHEISER HD650も購入したのですが正に正反対な音といえる。HD650は密度が高く量感たっぷりの低音に、張りのある中域、そして柔らかく優しい高音ですが、こちらはシャープでかっちりとした音です。高域はかなり伸びていますが、ソースによってはボーカルのサ行が少し気になる。でも決して粗いとか金属的ではなく、切れ込みの良い音です。特にハイハットのブラシのトリミングは絶妙だ。ドラムのスネアは軽快でキレが良く、分解能は全域に渡ってかなり高い。スタジオで鍛えられたSHUREらしいモニターサウンドといる。そして低域は伸びてはいるが、量感はあまりなく引き締まった音だ。HD650とは対照的に、歯切れの良い低音は一つ一つの音が非常にハッキリしていてピアノのペダルの音まで聞こえる。ギターの高音弦のリアリティーは見事だ。ピックが弦と当たる音や、ボトルネックが弦の上をスライドして行く様などが見えるようだ。もしゼンハイザーのHD650のような密度の高い厚みのある音に満足できないのであれば本器の音は最高かもしれない。音場の広さと解像度の高さはこの価格帯ではトップクラスだ。. ほかにath-ws1100を所有してましたが、夏は暑く蒸れるので元々興味のあった開放型で良さげなこちらの商品を購入しました(田舎のため、試聴できる店がない)最初に聴いた時は、まず最初に癖がなく聴きやすいと感じました。特に女性ボーカルの響きは感動の一言でした 中音や低音などもしっかり聞こえ違和感のない音楽が楽しめました!イヤパッドもつけ心地が良く高級感がありました重さはそれほど重く感じませんが、ちょっとサイズが思ったより大きいかなとはおもいました。3万円台で迷ったらこのヘッドホンが良いと思いました. 音は外部に漏れるけど、高域が綺麗。低域は歯切れよく全体にシャープ。. まず一聴して感じるのは、高音が素晴らしい。全体的に量感があり、引き締まった張りのある低音と、中・高域もクリアで良く伸びていて爽やか。篭りや眠い感じ、偏りなどは全く無く、音の輪郭がはっきりしていて、極めて高解像度で情報量が多い、音の回り込みなどの表現は素晴らしいです。akg k702を持ち合わせていますが、聞き比べるとk702が色あせて聞こえてしまうほど、本機の表現力は素晴らしい。上位機種のsrh1840は、本機よりさらに繊細で、表現も豊だが、全体的に線が細く感じられ、音質的にも好みに合わず、本機との音質差も金額的な差と見合わないと感じたので本機を選択。実に聞いていて楽しいヘッドホンで、つい長時間聞き入ってしまう毎日。今はこれ1本で楽しんでます。購入に際し聞き比べ、私個人の独断指標: 本機srh1440と比べて・・・。ゼンハイザー hd650  これ、本機とは真逆の性質ゼンハイザー hd598  解像度、情報量、音の輪郭、際立ちなど本機の方が上akg k701・702    音の際立ちと音の量感がもたらす表現力が本機の方が上beyerdynamic dt990 良く似た鳴りだが、dt990の方がドンシャリ?音の表現力は本機が上。価格面でdt990は安いので検討の余地あり。. ロックしか聞きませんが、200時間ほど経過しています。a-977としd-302eで聞いてますが、今迄気が付かなかった音が感じ取れてます。私はボリユムを半分以上回すので、ハイハットの音が気になります。音を少し下げればいいのですが、全体としては感激しています。srh840もありますが、好みが違いますが1440はアンプを選びません。. 利点と欠点 メリット 好みの音かな バランスが良く、とても聴き心地が良かったです いい音鳴らすなー デメリット 全体的に低音は弱めで中・高音傾向の音ですね。刺激がある低音が好きな方々には選択されることはないかも知れないがボーカルや伸びる高音が好きな方ならお勧めですね。特に女性ボーカルがいい感じですね。. いいヘッドホンが欲しくなり色々検討しました。ロック中心ですが、それ以外も聴きます。使用環境は、室内でケンブリッジオーディオのユニバーサルプレーヤー650BD、オンキヨーの907というAVアンプになります。どのくらいのヘッドホンにしようか?ヘッドホンアンプはいるのか?とけっこう検討しました。検討するって楽しいんですよね!amazonのレビューを参考にゼンハイザーhd598、オーディオテクニカの1000Xを候補としてヨドバシ秋葉原で何回も試聴しました。どちらも、いいヘッドホンでした。でも決めかねて、一度は店をあとにしました。今度は、もっと時間をかけて決めようと再び試聴。そこで目にとまったのが、この1440試聴したときに流れていたクラプトンのティアーズインヘブン。これがいいんです。アコースティックギターは、爽やかに鳴っているし、クラプトンのしゃがれた声も、切なく響いて一発で気に入りました。ipodも持参して同じ曲を聴きましたが、まあまあ許せる感じです。これなら、AVアンプ直差しでも大丈夫と判断しました。あくまでも私の好みではありますが、持ち帰って早速聴きましたが、やはり大正解でした。ちなみに、買った時の第一印象は、箱がデカイ!でした。クリスマスケーキを買ったみたいでした。キャリングケースは立派で、ケーブルとイヤーパッドの予備が付属していて、得した気分です。ただ、ケーブルの長さが2. 1メートルかな?少々短くオヤイデさんの延長ケーブルを手配しました。. 特徴 【国内正規品】 Shure プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン Srh1440 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホンSRH1440はなめらかで魅力的なデザインを備えた、マスタリングやクリティカルリスニング用に開発されたヘッドホンです。 精緻な高域と豊かな低域を伴ったフルレンジオーディオを提供します。 プレミアムパッド入りのスチールフレーム・ヘッドバンドにより長時間の使用でも快適性を提供します。 保管ケース、交換用ベロア素材イヤパッド1組、交換用ケーブルが付属しており、長期に渡りヘッドホンをお楽しみいただくことができます。 メーカーより 精緻な高域と豊かな低域を伴ったフルレンジオーディオを提供する、なめらかで魅力的なデザインのオープンバック・ヘッドホン … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on SHURE 【国内正規品】 プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン Srh1440 – 高音綺麗!

Skullcandy(スカルキャンディ) Skullcandy Riff Wireless ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 VICE GRAY 【国内正規品】 S5PXW-L635-A – ダメ

装備すると軽くて長時間装備しても疲れません音質はフラットで可もなく不可もなくです。. 軽いのがいいと思って買ったけど三ヶ月で壊れた。いつも通り普通につけよう思たら可動部の付け根部分がバキ!、、え、、弱すぎ。オススメしない。. 見た目が良くて安いので、お遊びで買ってみたが値段の割に音が良かった。音楽メインというよりもpcに接続して動画メインで使っているが、今のとこ満足感高い。やっぱりskullcandyなので低音がよく出ていて、それが逆に動画とかだといい感じなのかも。あと全く想定してなかったのだが、skullcandyのヘッドホンは初めてだけど充電しながら使えたのはありがたかった。. 音質は良かったです!重低音は余り出ないです。しかし、音漏れが凄く、そこまでうるさくない音でも周りの人が気になるレベルです。家の中とかでは良いと思いました。. Sounds just great and no bass distortion. 購入して1ヶ月。いつも通りヘッドホンを着けようとスピーカー部分を少し広げたところ、伸縮部分がボッキリ折れました。かなりショックです…。サポートセンターは18:00までやっていると記載があったのですが、17:15で営業終了しているとアナウンスされました。もうこのメーカーのものは買いたくないです. 利点と欠点 メリット 軽くて楽 折れました…。 Great headphones. デメリット 特徴 Skullcandy Riff Wireless ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 VICE GRAY 【国内正規品】 S5PXW-L635-A モデル番号を入力してください これが適合するか確認: クラスを超えた品質を求めるトレンドセッターへ Riff Wirelessは初めてワイヤレスヘッドホンを手に取る人の期待を超えてゆきます。 トレンド感、携帯性、軽量、耐久性、高音質など本当の使いやすさを追求し、どこへでも連れて行きたくなります。 12時間バッテリー 急速充電 :10分=約2時間 ベスト Skullcandy … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Skullcandy(スカルキャンディ) Skullcandy Riff Wireless ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 VICE GRAY 【国内正規品】 S5PXW-L635-A – ダメ