AUSDOM Bluetooth ヘッドホン 密閉型 apt-x Low Latency対応 ワイヤレス ヘッドホン bluetooth4 – 軽い!安い!ドン勝ち!

夜中のテレビ用に taotronics tt-ba09とaptxll対応のこのヘッドホンを買いましたほかのブルートゥースイヤホンやスピーカーでは若干の遅延が出ていましたが、流石aptxllと謳っているだけあって遅延は全くないと言っていいほど素晴らしいものでした電源とボリューム以外 ボタンは無く、音質なとば変更出来ませんが、どこかを強調した感じではなく聞き取りやすく疲れない音質だと思います taotronics tt-ba09との相性もよくすぐに繋がりました軽いしいい音質だし安いからあまり気を使わずにすむしで最高です遅延がなくシンプルな操作ボタン、長時間つけてても疲れにくい重量などテレビ用に特化したヘッドホンだと思います.

音質は金額相当のものだと思います。残念なのは左右で音質が違います。ジャックの差し込み口と充電用のマイクロusbの穴のせいで真空度合いが違います、穴を指で塞ぐと良くなります。どう塞ぐか、もしくは右側に穴を開けようか考えてますしかしながら!apt-x low latency技術は素晴らしいと思いました、動画やゲームでの音ズレは感じず、全く気になりません私の用途として音楽をがっつり聞くより、もこちらの機能の方が重要でしたので満足してます。付け心地は良いです。長時間つけたままでも私は問題ありません、つけたまま寝落ちして朝までつけていても大丈夫でした。.

【音質】使い始めは音のボワつきが気になりましたがエージングで少し良くなりました。高音にはシャリつきはなく刺さりもありません。中音は十分に出ているようですが若干埋もれることがあると感じます。イコライザーでちょっとだけ低音を下げてみたところかなり良くなったので、やはり低音に負けているようです。低音強化モード(電源onで無線使用時に電源ボタン2度押し)では確かに低音が強くなりますが、楽器演奏が入っているとボワつきが出やすいです。打ち込み系なら低音がドシドシ来て悪くないと思います。低音強化モードoff状態でも低音が控えめというわけではありません。私はモニター系(開放型)か全体的にバランスの良いタイプの有線ヘッドホンしか持っていなかったので、比較するとこのヘッドホンのbluetooth接続時が一番低音が強めなくらいです。しかし強すぎるというほどではないと思います。細部の聞こえ具合はイマイチです。一度にたくさんの音が鳴っている場合の聞き分けもしづらいです。しかしこれは1万円前後の有線ヘッドホンと比較した場合なので価格的には普通なのかも。他の方のレビューでジャックの差込口の穴のせいで左右の音に差があると書かれていたのでシリコンの栓を買いました。テクノベインズ 3. 5Φイヤホンジャック用キャップ(黒)つまみなし 6個/パック mj35dck-b0-6【有線接続】有線接続時は電源を切らないと変な音になります。忘れずに切りましょう。私は【改良版】ixcc 3. 5mmケーブルを使っています。試した範囲ではbluetooth接続時の音に一番近いです。【レシーバー性能】bluetoothレシーバーとしての性能は良いようでホワイトノイズ(サーッという音)は感じません。通信距離も十分で、bluetoothイヤホンと比較するとより遠くまでブチブチ言わずにつながっています。送信機はリビング→木のドア→廊下→木のドア→トイレまで問題ありません。電波干渉はある程度はやむを得ませんが、所有しているbluetooth受信機器の中では少ない方です。【装着感】イヤーパッドは柔らかめで長時間使っていても痛くなりません。側圧は、痛くはないのですが長時間使うと若干疲れそうな雰囲気がしたのでエージングしながらティッシュ箱を挟んでおいたところジャストサイズになりました。ヘッドバンドは長さ調節が可能ですが私にはちょっとしか余裕がないので、ヘッドホンの高さがいつもギリギリだったり足りないかったりする人は小さく感じるかもしれません。【遅延】apt-x llなら遅延はさほど気にならないと思いますが、全く感じないというわけではないのでタイミングがシビアなゲームだとやっぱり厳しいのではないでしょうか。ちなみにnintendo switch(送信機はbt-w2)でゼルダの伝説botwをプレイしてみた感じではさほど違和感はありませんでした。【まとめ】総合的には「こんなもんかな」と。安いヘッドホン+bluetoothレシーバーと考えると妥当なところではないでしょうか。初bluetoothヘッドホンでしたが特別コスパが良いわけでもお値段以上の音がするということもありませんでした。しかしハズレと言うほどでもなかったし、apt-x ll対応ヘッドホンはこの価格帯の上は1万円台後半なので、選択肢としてはアリだと思います。.

取説がとても小さく見にくいが日本語も書いてあり良かった。今回、ipadを新しくした為イヤホンジャックが無い為安く良い物を探していたので気に入っています。.

価格に対して、機能は十分。コストパフォーマンスは◎。ただ、購入後1ヶ月で電源が入らなくなりました。1年間保証があるので、業者様にすぐに対応いただき、現在は新しい物を使用しています。たまたま購入した物がダメだったのか、今の所、壊れてはおりません。すぐに壊れましたが、迅速に対応していただけたので、総合評価は☆4です。普段使いには『買い』かと。.

Pubgで使用する為に購入僕の感覚では全く問題なく使用できます!人によっては有線よりも聞こえるのが遅いといってますが、僕は全く問題ありません軽くて5時間ぶっ続けでも耳が痛くたありませんでした!.

Aptx low latency に対応しているのが欲しくて購入しました。発振器側が同じ規格に対応していればほぼ遅延を感じません。テレビを見るのに購入しましたが良かったです。充電できなくなってしまいサポートに連絡するとすぐに対応していただけました。.

2だと5m+ドア2,3枚程度なら安定して音楽が聴けるので、ながら作業も捗ります。bluetooth4. 0だと5m離れた時点で結構ノイズも多くなってストレスが溜まりましたが、こちらの商品だと安定していてました。使わないときはコンパクトに折りたたんでおけるのも良いです、但し頭が大きい人?顔の幅が17㎝以上有ると頭頂部分が気持ち心配ですね。各メーカーさんできれば顔幅で  l(顔幅17~24㎝位) みたいなもの作ってくれるとありがたいです。低音を求める方には若干音圧が低いと思うのでその辺は留意した方が良いかなという感じはあります。見た目は結構格好良くて好きです。.

利点と欠点

メリット

  • コスパ的には妥当&要エージング
  • テレビ用としては最高
  • 用途次第で

デメリット

Tv・pc使用に息子に依頼されて購入しました。接続は簡単に出来て二度目からは電源onで接続され再生時間も長く音質も高音・低音それなりに出ていて価格からも満足している様子でした。有線でも利用でき便利に使い分けしながら使用していました。.

街中でヘッドホンを掛けてる人がかっこいいなぁって思ってて普段からbluetoothイヤホンで音楽を聴いているので思い切ってヘッドホンを購入してみました。ヘッドホンというと少し高いイメージで比較的安い商品なので音質だったり付け心地は大丈夫かなと不安になっていましたがどっちの問題も気にならないくらいいい感触でした。普段から重低音だったりうるさめの音楽を聴くので音質には少しこだわりがあったのですが問題なく非常に良好だと思います。音ズレなども今のところなく低音も高音もバッチリです。付け心地に関しても耳を覆うように付けれるので動いててズレてきたり痛かったりはしないのでこれも問題ないかなと思います。充電待ちはまだ今のところわかりませんが性能に関してはこの値段の割には得した気分になりますね。首に掛けていても重くないので疲れないですし外を歩くときなんかにオシャレでかけていてもいいかなと思います。色も赤と黒でクールな色でかっこいいですね。個人的には白が欲しかった…笑安価な値段でヘッドホンをお探しならオススメできる商品だと思います。.

手頃な値段で密閉性の高いオーバーイヤーヘッドホンがないか探していたところ、ちょうど良い値段、質の製品が見つかりました。ワイヤレスヘッドホンデビューの私には十分な性能であったと思います。電池がなくなっても有線で繋げられる点が充電を忘れがちな私にとって素晴らしい部分でした。ただ長時間着けていると、その重さから若干首が疲れます。重量の点で星ー1です。また電源コードの抜き差しが意外に硬くて、壊れないか少々不安ではありますが今の所問題ないので目を瞑りましょう。総じて悪い製品ではないと私は思いますが悪い点もあることを踏まえご検討ください!.

こちらの不手際で壊してしまったにも関わらず、修理対応の問い合わせをしたところ、再送もしくは返金で対応とのご返答を頂きました。サポートの厚さに感動し、再送をお願いしたところ、翌日に送られてきて更に感動しました。性能に関しても、rpg等の比較的動きの少ないものしかやりませんが、ゲームで使用しても音の遅延も殆ど感じられず、バッテリーの持続時間も長いので不満はありません。余程の高音質を求めるという方でなければおすすめできます。.

音質は、かなり綺麗です。最大音量にしてもしっかり聞こえます。音量は 70%から80%の音量だとほとんど音漏れもありませんし、かなりクリアに聞こえます。付け心地については全く違和感がなく、ソフトで心地良いくらいです。耳もすべて包み込んでくれていてヘッドフォンの音が出る内側と耳が触れたりしない為、耳への負担がありません。また、フィット感もあり少々動いてもずれたり、落ちたりしません。大きさとしては、普段持ち歩くにはちょっと大きめですがバッグに収まらない大きさでもないのでいつももち歩いております。甥っ子のためにもう1つ購入しようかと現在検討しているくらい満足しております。.

Aptx-ll対応のイヤホン、ヘッドホンを探して本製品にたどり着きました。denon等の有名メーカーの製品の半額以下で、「安物買いの銭失い」が怖かったのですが、思い切って購入してみたら、これがなかなか良いです。ノイズキャンセリングについては微妙な感じで、体感としては効いているのかどうか怪しいですが、音質は悪くない印象。耐久性についてはすぐには分かりませんので、様子を見て行こうと思います。(折りたたみ機構の部分が心配です)総合的には、コストパフォーマンス良好の、オススメ商品です。欲を言えば、カラーバリエーションとして、赤色が入っていない物があればもっと良かったです。.

この価格でこの音質と操作性は素晴らしいと思います。生憎スマホが古く低遅延は確認できませんが、夏に買い換えるので楽しみです。さて特質すべきは18ヵ月保証です。実は自分の不注意で地面に落として右側が破損してしまいました。恐る恐るサポートに連絡しました。修理でどのくらいかかるのか?正直買い直した方が安いと思いつつもです。そしたら土曜日の連絡にも関わらず、その日に返答いただけました。写真送ってほしいと。こちらの落ち度100%って念を押して写真を送ったところ「○○%引きで新品をご提供できますよ」これは担当者のかたの機転かも知れません。それでも、本当に感動モノでした。「ぜひ」と二つ返事で回答してからの対応も迅速で、3時間後に有効となるクーポンコードを送ってもらえて、翌日には新品が到着です。それが昨日のこと。いま新品を装着して帰宅中です。bluetooth快適です。低音が心地よいです。本当にありがとうございました。末永く大事に愛用させていただきます.

評判の良いこの商商品を購入しました。特に強いこだわりはなかったのですが思った以上に音質が良かったので満足しています。重低音はあまり効果がないように感じました。また、ノイズキャンセリング機能は通話時のものです。一般的な周りの音を相殺するアクティブノイズキャンセリングとは別のものですので購入するときは注意してください。.

TVゲーム(ps4)で使用する為に「CREATIVE BT-W2」とあわせて購入しましたbluetooth 4.1(送信側)と本製品4.2でしたが問題なく接続できました。説明にあったとおり、遅延は感じません。(レースゲームがメイン)音質は可も無く不可もなくストレートって感じですかね。低音のブーストですが、2度押しで変化は感じます。通信距離は5~6Mくらい離れてもまったく問題なかったです。耳も完全にすっぽり収まり満足です。.

特徴 AUSDOM Bluetooth ヘッドホン 密閉型 apt-x Low Latency対応 ワイヤレス ヘッドホン bluetooth4.2 高音質 軽量 ステレオ ヘッドフォン マイク内蔵 有線可能 折り畳み式 ブルートゥース ヘッドホン TV テレビ最適 【技適認証済】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 重要:商品は届いた後、何か問題がございましたら、お気軽に[email protected]にご連絡ください。絶対問題を解決するように全力を尽くします。ご連絡いただければ、本当に嬉しく、心より感謝致しております。♬ 音声遅延無し♬ 最新の音声伝送技術CSR Bluetooth V4.2チップセットを搭載しています。AUSDOM ワイヤレスヘッドホンはapt-x Low Latency技術をサポートし、動画やゲーム使用時でも音声と映像のズレを最小限に抑えます(40ミリ秒内)。スマホやタブレットでのスポーツ観戦時など、普通のBluetoothヘッドホンだと遅延が気になってイライラとしがちですが、apt-x Low Latencyヘッドホンはバッチリ遅延無くお楽しみいただけます。
  • ♬高音質&重低音 ♬ 40mmのドライバーユニットを搭載した密閉型ヘッドホンで、電車や航空機などのリスニング時に、走行音などさまざまな騒々しくて混雑した環境でも、Bluetooth接続によるノイズ、音切れ音飛びなどがなくてワイヤレス再生を実現し、お気に入りの曲が豊かでクリアな音質で楽しめます。ワイヤレス対応デバイスと 10 メートルまで離れても通信できます。
  • ♬心地よい装着感♬ 人間工学を基づいて高級レザ―を採用することでイヤーパッドはソフトな感じを与え、側圧が程よく体に触れる頭部や耳周りも違和感ありません。加えて軽量設計 (205g)は、頭に対する負荷を感じさせなく、長時間装着してもメガネを付けた状態で装着していても圧迫感は少なく、折りたたみ構造で持ち運び易いです。
  • ♬有線·無線両用可♬ 低消費電力設計、400mAh充電式バッテリーが内蔵しています。一回フル充電されたら、バッテリーで約最大20時間再生出来ます。有線接続での利用も可能で万が一充電環境がない時でバッテリーが切れても、緊急時には有線式として使えます。
  • ♬日本国内一年間保証と迅速なサポート♬ 技適マーク取得済、AUSDOM 一年間製品保証、30日間返金保証、日本語説明書。本製品は国内でお買上げ日より一年間の保証をご提供し、ご安心ください。何か問題やご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。迅速に対応させて頂きます。

★★★重要:商品は届いた後、何か問題がございましたら、お気軽に[email protected]にご連絡ください。絶対問題を解決するように全力を尽くします。ご連絡いただければ、本当に嬉しく、心より感謝致しております。音声遅延無く、高音質で装着感がとても良く、有線·無線両用可能な密閉型Bluetooth ヘッドホンをご購入頂きたい場合、チャンスを捕まえましょう!♬♬簡単に使えますよ!♬ ☆電源オン☆ ヘッドフォンがオフの状態で 電源ボタンを 2 秒間長押しします。LED が青く点滅し、「Power on」という音声が聞こえてきます。その後、1 秒ごとに青く点滅します。 ☆Wireless デバイスとのペアリング☆ ヘッドフォンがオンのとき , LED が青色と赤色に交互に点滅するまで、電源ボタンを約 4 秒間押し続け、ペアリングする「AUSDOM AH3」を選択します。 1.SBC デバイスと組み合わせると、青色 LED が点灯します。 2. APTX デバイスと組み合わせると、青と赤の LED が点灯します。 3. APTX-LL デバイスとペア設定すると、青色と緑色の LED が点灯します。 ☆電源オフ☆ ヘッドフォンがオンの状態で 電源ボタンを 2 秒間長押しします。LED が赤く点滅し、「Power off」という音声が聞こえてきます。 ☆聞く際の操作☆ 音量を上げる:音量大 (V+) ボタンを押します。 音量を下げる :音量小 (V-) ボタンを押します。 メディアの再生 :電源ボタンを押します。 メディア再生の一時停止 / 再開 :電源ボタンを押します。 次の曲にスキップ :2S 用の V+ ボタンを押したまま 前の曲にスキップ :2S 用の V- ボタンを押したまま ☆電話に出る☆ 電話が来たとき ,LED が 1 秒ごとに 2 回赤く点滅します。電源ボタンを押して、電話に出ます。LED が 1 秒ごとに 2 回青く点滅します。 電話を切る :電源ボタンを押します。 ☆ベースサウンド効果☆ 音楽を演奏するとき , 電源ボタンを 2 回押して低音効果を開始し、もう一度電源を 2 回押して戻ります。ご注意:

  • 音量が最小または最大に達するとアラート音が鳴ります。
  • 音楽を再生するためにユニットをオンにすると、デフォルトで最後のサウンドエフェクトになります。

apt-X Low Latency技術採用♬  対応コーデックはSBC、aptXに加え、超低遅延技術の「aptX Low Latency」をサポートし、このテクニックは可聴周波数の輸出スピードをアップして(40ミリ秒内の延び)、ヘッドホンからの音がメディアと同調になります。動画やゲーム使用時でも、音声と映像のズレを最小限に抑え、快適なワイヤレス再生を実現します。 apt-X Low Latency 技術って? aptXは、ADPCMの学術研究をベースとした広帯域ステレオ・低遅延コーデックアルゴリズムとして、1990年に英国ベルファースのクイーンズ大学で誕生しました。元々は放送業界やプロオーディオ機器で採用されており、1993年に登場したDTS社の5.1ch技術にも採用されています。 「aptX Low Latency」はaptXの最近のハイライトとしては、低遅延で送信を可能とする40ms以下の低遅延を実現した最新バージョンです。 aptX Low Latencyは、レイテンシーを40ms以下に抑えた最新コーデック。他のBluetoothコーデックのレイテンシーが、通常のaptXで70ms(±10ms)、AAC(128mbps)で120ms(±30ms)、SBCで220ms(±50ms)であることと比較すると、特に低い遅延を実現していることがわかります。

【Bluetooth4.2】♬ Bluetooth4.2 イギリスCSR社製チップ採用で、ワイヤレス対応デバイスと 10 メートルまでの範囲に通信できます。【ワイヤレスでも高音質】♬ 40mmのドライバーユニットを搭載した密閉型ダイナミックなヘッドホンで、Bluetoothによるワイヤレス再生を実現し、お気に入りの曲が豊かでクリアな音で楽しめます。【長時間連続再生可能】♬ ワイヤレスヘッドホンはバッテリー持ちも約20時間ですので、1度フル充電されたら、その日は困ることはありません。【有線使用可】♬ 万が一充電環境がない時にバッテリーが切れても、付属の3.5mmオーディオケーブルで使用できます。【心地よい装着感】♬ AUSDOM社標準の装着感で、人間工学を基づいて、高級レザーを採用することでイヤーパッドは人にソフトな感じを差し上げ、長時間装着してもメガネを付けていて装着していても圧迫感と痛みがないです。【技適マーク取得】♬ 技適マークを取得しているのでご安心ください。

製品仕様♬♬♬

独特なメリット: ●apt-X Low Latency技術採用(40ミリ秒内の延び) ●ノイズキャンセリング機能搭載 ●CSR Bluetooth4.2 ●NFC搭載 ●ハンズフリー通話 ●無線&有線両用 ●大型40mmドライバー ●軽量&快適な装着感 ●折り畳み式 ●技適認証済:技適マーク付き ●1年間安心保証 ●日本語取扱説明書付き

●Wireless の仕様: Wirelessバージョン:4.2 伝送周波数:2.402GHz-2.48GHz 対応プロファイル:HSP/HFP/A2DP/AVRCP 伝送フォーマット:SBC, apt-X, apt-X Low Latency ペアリング名:AUSDOM AH3 ●バッテリーの仕様: バッテリー タイプ:内蔵型 400mAH 再充電可能リチウム バッテリー 充電ポート:マイクロ USB 5V/1A 稼動時間:音楽再生約 20 時間 待機時間:2000 時間以上 充電時間:約 2 時間 動作温度:-10̊C-45̊C 保管温度:-25̊C-60̊C

●マイクの仕様: マイクユニット:4*1.5mm 指向性:全指向性 S.P.L:-42±3dB インピーダンス:≤2.2KΩ 周波数応答:100Hz-10,000Hz 動作電圧:1-10V●スピーカーの仕様: スピーカーの直径:Φ40mm インピーダンス:32Ω S.P.L:95dB 全高調波歪み:<3% 周波数応答:20Hz-20,000Hzパッケージ内容: AUSDOM ワイヤレスヘッドフォン x 1 マイクロ USB 充電ケーブルx 1 3.5mm オーディオ ケーブル x 1 ユーザー マニュアル x 1(日本語含み)

よかったが、1か月以内でブルートゥースが故障して有線でしか聞けなくなって返品しました。同レベルの他をそのあとすぐに購入しましたが、耳から耳の幅が小さく不満でした。タイムセールでこの商品があり再度購入することにしました。その後して今度はうまくいっておりそれより高い商品よりも使用頻度が増えています。デザインが気に入っているのと折り畳みや耳と耳の幅が他社よりもよいと思います。.

何回かはブルツースの接続がうまくいきました。使用してるのはipadproとiphone6sプラスです。で接続をしようと電源を入れても接続できません。うまく繋がった時は音質には満足していますが、この不都合を解消するためにお店があれば持って行って見てもらえるといいのですが。分かりましたら住所を知らせて下さい。.

Ausdomのヘッドホンはどれも中国製としては、まじめな音作りをしています。今回の製品も、過度な低域のブーストが無くて聞き疲れを起こしません。また、イヤーパッドの圧着力もとても軽いので、長時間装着したままでも耳周りが痛くなるような事も無いです。色は赤と黒のツートンで少し派手な感じなので若いひと向きのデザインです。ペアリングは、電源ボタン長押しで、インジケーターが点滅したときに、スマホのブルートゥースで見つけるという標準方式です。あと内蔵電池の容量がそこそこ多い良いので、一回の充電で長時間のリスニングが可能です。また電池切れの時にはケーブル接続で使用できる事も良い点ですね。良い点1、低音が強いが、過度のブーストは無い2、装着圧が軽い3、有線接続もok要望点1、特にないです。.

ベスト AUSDOM Bluetooth ヘッドホン 密閉型 apt-x Low Latency対応 ワイヤレス ヘッドホン bluetooth4.2 高音質 軽量 ステレオ ヘッドフォン マイク内蔵 有線可能 折り畳み式 ブルートゥース ヘッドホン TV テレビ最適 【技適認証済】 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.