Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica STREET MONITORING 密閉型ポータブルヘッドホン ワイヤレス ブラック ATH-S700BT – 色々と無難

「bluetoothにしては」という但し書きはつきますが、思っていた以上に素直な音で聴きやすいと思います。クセ、特徴のないフラットな音質なので聴く音楽を選びません。締め付けもなく、装着感も良いので長い時間、ゆったりと聴く方にお勧めです。とはいえダイナミックな音質やパワーはありませんし、「いい音」を求める人にはもの少々足りないでしょう。価格を考えるともう少し高級感のある仕上げでもいいかと思いました。.

初めてのヘッドホンです。pcで音楽を聴いたり映画を観るのに使っていて、決して悪い音じゃないがどうしても高音や低音に物足りなさを感じています。装着感は、眼鏡をかけてなければ痛くなることもなく(掛けても1時間ほどは大丈夫です)音漏れもなく遮音性もそれなりにいいです。一瞬音切れすることもありますが、問題ないレベル。部屋を移動しても聴けます。リピートする予定はありませんが、比較的安価の割には良い品だと思います。.

Bluetoothだから仕方ないですが、音楽によってノイズが入るものがあります。付属のコードをつなげば多少良くはなりますが、そうしてしまうとbluetoothの意味が無くなってしまいます.

一本300円のワインと一本数万円のワインの味を一般的な人はその違いを分からないものだ。音の世界も同様であろう。ワイヤレスヘッドホンを使う以上、外のそれなりの雑音下での使用が前提であるはず。それなら、一本300円のワインならず一万円以下で買えるこのヘッドホンはコストパフォーマンスは必要十分。音楽を聴く他、語学学習等の別の目的で使用というなら全く問題なし。.

同価格帯のJBLj56btblk(オンイヤーで耳が痛い)→フィリップス shb7000bk(すぐに故障)→こちらの製品(色々不満あり)→2万円台のソニー製品mdr-10rbt/b の順に購入しました。オンイヤーだと耳が痛くなるのでフィリップス、オーテク、ソニーの3製品はオーバータイプのを選んでます。どれも主にPCで動画等の音声再生に使ってました。音質は普通というかドンシャリっぽく長く聞いてると安い感じがします。電波の飛びはそこそこ良いので室内なら切れることもありません。不満は連続の接続で6時間程度しか電池が持たず、PCがサスペンドになっても省電力になるようなのも無いようで朝電源入れると夕方前に電池切れのアラームが出てしまいます。6時間持たない感じです。あと、PCが起動している状態でヘッドフォンの電源を入れても自動ではつながらないので毎回PC側で接続する(アプリを開いて接続のためのボタンをクリックする)ようにしなければなりません。PCがサスペンドするとまた手動で繋がないといけません。 JBL、フィリップスやソニーの製品は電源を入れればほぼ自動で繋がります。以上これらが不満で買い換えました。音漏れはフィリップスが漏れやすく、ソニーのが最も密閉性があり外の音もあまり聞こえませんし蒸れます。軽さは装着感も良いフィリップスが軽いと感じました。そのかわりボディはその分薄いようで音漏れや外部の音が聞こえます。あとちょっと大きいです。パットはこちらの製品が一番安っぽい感じがしますが生地がボディと共に丈夫そうで荒っぽい取扱いでも破れたりすることも少ないでしょう。ボディも傷を気にするような感じの仕上げでもないのでカバンに入れる機会が多い人は良いかもしれません。(平らに折りたためます)音や電池寿命、密閉感ならJBLか2万円台のソニー、若干の音漏れ気にしない、軽さではフィリップス、こずかいで買えて畳めてカバンに入るドンシャリ好きな中高校生ならこちらの製品かな。  .

Bluetoothということもあり、さすがのaudio technicaでも高音質とまではいかなかった。充電もちょっとしにくいかな。本体についてるふたみたいなのをあけて充電するのですが、そのふたが若干あけにくいし、閉めにくい。そこらへんが改善されれば、星3か4くらいです。音質に関しては、やはりbluetoothなので、期待はしない方が良いと思います。.

見た目がいいです!外で使う場合ヘッドホンは見た目が命じゃないですか。これはいい感じです。収まりもいいし。音はレビューの皆さんいろいろ言ってますが、普通にオーテクのイヤホンと変わらないです。まずiphoneのbluetoothをオン(画面下から引っ張ってくるやつね)してヘッドホンの電源ボタンを押す。と簡単につながる。.

音に関しては素人ですがびっくりするぐらい良かったです!まークソイヤホン使ってたのですが…Σ(・□・;)初心者には十分過ぎます。 ただ、外装はオールプラなので剛性がなさそうです以上、参考までに….

利点と欠点

メリット

  • decent quality
  • 本体傷だらけ、付属品欠品
  • 剛性…

デメリット

箱から出すと、本体傷だらけです。プラスチック部分が白く焼けてるのか変色あり。電源が切れたときに使用するイヤホンジャックコードが入っておらず、充電用のusbコードも金属部分が白く粉をふいた状況。ペアリング方法など記載がどこにもなく、説明書もなし。これが新品とかちょっとありえない.

音はクセがなく、フラットな音が好みなのでとても気に入っています。個人的には充電ケーブルの差し込み口が閉じにくいのが唯一の欠点です。電源ボタンをダブルクリックで曲送り、トリプルクリックで曲戻しといったiphoneのイヤホンのリモコンのような操作もできて非常に便利です。.

派手さは無いですが、音質は高音も低音も妙なエフェクトが無く、聞き易いです。重量も軽くバンドの硬さも適切だと思います。流石オーディオメーカー。bt の音量操作はヘッドフォンにもありますが、早送りや巻戻しはありません。無い分、軽量なんだなと、妙に納得しています。マイクも良くできていて、マイクが飛び出してない割に良く拾ってくれます。ただし bluetooth の操作については、一時停止が上手くいかない事があったり、マルチポイントができたりできなかったりする事があって、すごくストレスになるので接続先を変更する場合は、ペアリングからやり直すぐらいが良いかも知れません。電池の持ちはあまり期待できず、毎日充電して使っています。充電しながら bluetooth を利用できないのは、充電ケーブルを挿している時点で、ワイヤレスじゃないから良いのですが充電しながら有線で聞くとノイズが乗ってしまい頭が痛くなります。.

It’s decent considering its price.

全体の造りはプラスチッキーで、質感はややチープ。ただしそのため装着しても非常に軽いのは長所と言えます。側圧はある程度強いのですがキツイ程ではなく、音漏れも少ない方です。音質は良く言えば素直でフラット、偏ったピーク感がなくジャンルを問わず聴きやすい。聴き疲れしない爽やかなトーンです。逆に強いて意地悪い言い方をすれば、鋭い立ち上がりやパンチ力が弱くややメリハリに欠けるとも言え、重低音や力強さは期待しない方が無難です。ただ、全体的な印象としては決して悪いものではありません。音質のクラスとしては、オーディオテクニカで実売価格がこの商品の半額程度の製品群と同等とお考え下さい。有線接続でも音質キャラクターはほぼ一緒です。むしろややドンシャリ気味に聞こえるので、(bluetooh時の)内蔵アンプはチューニングが上手なのでしょう。あまりエイジングしていませんので使い込めば若干印象は変わるかもしれませんが、いずれにせよ、このクラスの製品が劇的に良くなることはないので、あまり気を遣う必要もないでしょう。ただし有線コード途中のボリュームは安物で、すぐ接触不良(いわゆるガリオーム)を起こすので、片チャンネルが聞こえない?と思ったときは、何度も動かしてみましょう。リモート操作はワンボタンで電源・ペアリング・選曲操作のすべてをこなすタイプです。選曲操作は多くのワンボタンタイプと同じ(1回押しで再生・一時停止、2回押しで1曲送り、3回押しで1曲戻し)ですし、スライドタイプのスイッチだと方向が感覚的に合わないこともあるので、私はこちらの方が好みです。ただし電源を切る操作が2秒長押しなのですが、ペアリング操作の4秒長押しになってしまう場合があり、ledを見ながら(もしくは操作音に違いがあるので、それを覚える)確実に電源が切れたことを確認するクセ付けをお勧めします。正直、電源on/offだけは別スイッチにすべきだったと思います。総合的に見て、私はps vitaのゲーム用が主目的ということもあり、必要充分で満足です。.

特徴 audio-technica STREET MONITORING 密閉型ポータブルヘッドホン ワイヤレス ブラック ATH-S700BT

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ドライバーの性能を活かしきる音響設計で高音質再生。Bluetooth対応ワイヤレスステレオヘッドセット。
  • 最大8台までの機器とペアリングができるマルチペアリング対応。
  • 本体の電池残量が画面で確認できるiPhoneバッテリー表示に対応。
  • ハウジング内の音響部と電気部の部屋を分けたアイソレーション設計を採用。空気の流れを妨げずにクリアな高音質再生を実現します。

ベスト audio-technica STREET MONITORING 密閉型ポータブルヘッドホン ワイヤレス ブラック ATH-S700BT 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.