Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica EARSUIT 密閉型ヘッドホン ポータブル ATH-ESW9 – ポータブル系最強

高音がきつく、低音があまり出ないイメージが、オーディオ・テクニカのヘッドホンにはあったのですが、このヘッドホンは非常にバランスが良く、長時間聴いても疲れません。ただ、夏は暑くて閉口します。さらに、他の店舗と比べ、価格が安かったので、大変満足しています。.

ポータブルタイプのヘッドホンとしては高めの価格でしたがデザインが気に入ったので購入しました。ハウジングがとても綺麗です。思わず撫でてしまいたくなるようなかんじです。安物ヘッドホンとは雲泥の差ですね。特に高音部分が綺麗な音で気に入りました。基本的に室内でしか使用しませんが、ハウジングを横に向けて少しだけコンパクトになるのも持ち運ぶ人にとっては便利ですね。一度この音を聞いてしまうと安物ヘッドホンは聞けないですね。.

高級感もあり、音も良い、音楽のジャンルを問わず鳴ってくれます。☆☆大満足☆☆.

Made in japanとあるが、外箱に書かれた価格なら、少し高いと思う。2万円ちょっとで買えるなら、アフリカンパドックのハウジングとシンプルなデザインに好感が持てる。音も悪くない。低音も重た過ぎず、バランス良く聴こえる方だと思う。ヘッドバンドの皮の柔らかさに比べると、イヤパッドの皮は硬く感じる。密閉型だが、遮音性は高くない。双方向の音漏れあり。その意味では、室内でのリスニング向きかもしれない。合成皮革のポーチは、高級感は無い。【2012. 22】2年間使用して、本体もケースも馴染んできた。イヤパッドも、ヘッドバンドの皮も、柔らかさも心地よい。音もスムースで、刺激的な感じが無く、聴き易い。.

最高の商品です。低音から高音までバランスよく、疲れません。作りも良く、高級感があります。本当に素晴らしい商品です。.

外出時に音楽を楽しむ為購入。秋葉原へ試聴しに行ってから購入しました。同時に、迷っていたath-esw10jpnと聴き比べしてきました。esw9の方が、中低音の響きがしっかりしている気がしました。好みもありますが、値段の差を考えても、こちらの方がおすすめです。外でもこだわりの音色を求めたい方に♪.

環境はポータブル用なのでipod classic->at-pha31i音質音場狭め。だが狭苦しさは無い。低域寄りのバランス型。程よく出ている低域。中~高域も程良い。刺さり感が無く優しい。レベルの高い万能型。シャープな音が好みな人、音場狭めが苦手な人には不向き。フィット感意外と曲者。しっかり位置が決まれば長時間でも痛くならないし、ラムスキンイヤパッドの肌触りも良く快適だが、強めの側圧、耳乗せ型、厚めのイヤパッドでジャストフィットする位置を見つけるのに手間取り、また、しっかりした位置でないと耳が短時間で痛くなってくる。場合によってはイヤパッドの交換(hp-esw10やhp-es10,hp-esw11等)による厚みの調整や、外側に引っ張って側圧を緩める必要がある。ポータブルヘッドホンの宿命として割り切るべきだが、据え置きメインとして使いたい人は、装着時の煩わしさが無いウイングサポートの機種も考えた方が良い。また、量販店の試着は、いろいろな人が乱暴に引っ張って側圧がユルユルなものもあるので、当てにならない場合がある。デザインシンプルなデザイン、木目しっかり、派手過ぎない赤色でかなり良い。ath-es10等の光沢あるハウジングは、鏡に近いが故の注意点(周りの物の写りこみや光の反射等)があるので使う場所を選ぶが、この機種はそういった注意点が無いので使いどころをあまり選ばない。ポータブル故の煩わしさがあるので、とにかくこれを買っとけとは言えないが、予算2万程度でどのヘッドホンがいいか聞かれたら、ポータブル、据え置き関係無くこの機種がいいと答える。.

皆さんのレビューを参考に、実際に大型量販店に行って音を聴いて決めました。ジャンルを問わず、楽器で云うと先ずはストリングス、生ギター、ピアノ(特にチェンバロなんかは涙もんです)ギブソン335,フェンダージャズベースなんかも素晴らしいです。私はクラシックは殆ど聴きませんが、ポールモーリアの涙のトッカータを聴いたら、感動してなんだか涙ぐんできました。本当に素晴らしいヘッドホンです。ロックソウル系も超ゴキゲンです。かなり昔の曲で恐縮ですが、チャカカーンのアイフィールフォーユーあたりを試しに聴いてみてください…。.

利点と欠点

メリット

  • クラシックにマッチしたヘッドフォン
  • 音が素直
  • 格好良い

デメリット

音質については他のレビューを見ていただければいいと思うのでそれ以外について書きます。耐久性ヘッドホンとしての音的耐久性に問題はなにのですがヘッドバンドの革部分が2年位でハゲてきました。音質上品台なくても見栄えは悪くなりました。バンドの劣化以来つけて外にに出るのはためらわれます。ヘッドバンドだけを部品販売してくれているのか気になるところです。.

ウォークマンの付属イヤホンの故障によりお年玉をはたいてこの商品を手に入れました。 色々なサイトでレビューを読んで決めました。 評判どうりキリのある低音に対してきもちよく鳴ってくれる高音がとても凄いと思います。 また、デザインも落ち着いた感じでとてもいい商品だと思いました。.

価格相応の品質だと思われます。インナータイプと比べると迫力に欠ける感じがします。.

数千円のカナル型のを使用していたのですが、物足りないので初めてヘッドフォンに奮発してみました。皆さんのレビューを参考にこの商品にしてホント良かったです。音が一つ一つ別々に聞こえてくる感じが体験できます。大げさに言えば、今まで聴いていた曲か?って思えるほどです。いい買い物をしましたね。.

実際使ってみるとちょっと違う思ってたより耳が痛いです。。tへt.

 岩井喬著「新・萌えるヘッドホン読本」でこのヘッドホンのイラストを描いているpon ponさんは「手にしたときの満足感がハンパないです。」とコメントされていますが、まったくそのとおりです。 ウォークマン等を使って電車内などで音楽を楽しむ際に、カナル型でなく普通のオーバーヘッドタイプのヘッドホンを使うには、オジサンとしてはそれなりに気合が要ります。 その点、このヘッドホンは音質も明るくて素直なもので良好だし、なんといっても造りが良いので、デザイン的にも使っていて満足度が高く、背中を押してくれるでしょう。 多少、圧着感はありますが、それほど長時間連続使用しなければ、個人的には特に問題ありません。 このヘッドホンを使って、通勤時にも高品位のサウンドを楽しみましょう。.

ハウジングにアフリカンパドック無垢材を惜しみなく使用した木製ハウジングならではの厚みとふくよかさを伴った濃い低域と、esシリーズならではの艶のあるボーカルで中高域のクリアで伸びのある両面を併せ持った傑作ポータブルヘッドホン。2007年発売以来販売され続けているのが多くの支持を得ている証拠です。前から気にはなっていたヘッドホンですが購入のきっかけは2011年11月18日のオーディオテクニカ50周年記念のath-ckw1000anvを購入してガッツリ木の醸し出す低域の厚みと豊かさにハマったことでした。ckw1000anvも音傾向は似ていて厚みがありつつしまった低域と、艶のあるクリアな中高域という点はほぼ同じ。ヘッドホンでも同じような音を、よりダイナミックに味わいたかったのでesw9をチョイス。ハイファイ系オープンエアの超クリアなポータブルヘッドホンはヤマハのhph-200を持っているので密閉型に。以前大型ヘッドホンで木製ハウジングを使用したath-w1000xを所有していましたが、esw9ほどの木の個性は持っていなかったように覚えています。あえて耳乗せサイズのポータブル機にしたことで濃い成分が凝縮されいい方向にいったのではと思います。試聴ですがフルデジタルアンプs-mastermx搭載ウォークマンa867に音源はatracロスレス、イヤホンジャック直挿しという環境で行っています。popな曲からロックなどほぼオールラウンドで心地よい低域と艶のあるボーカル、中高域のクリアさがベストマッチします。エフェクト類は全てoffで聴いていますが無圧縮か非可逆音源でストレートにヘッドホンを聴くのが良いかと。最近のプレイヤーなら音的にも良い機種が増えていると思うので素の音を楽しんでもらいたいです。.

歌声や楽器(特に弦楽器やピアノ)の音楽的表現をとても表情豊かに伝えてくるヘッドホンです。これだけ表現にゾクっとしたり、ハッとする感じを受けるヘッドホンはなかなかないと思います。ath-es10にもこれ以上を期待して購入しましたが、レンジ感や解像感といった機械的な性能は高いものの、音楽としての表現力はesw9の方が遥かに上だと感じます。すでに使い始めて3年以上になりますが、未だにインドア、アウトドアでメインで活躍している最高のポータブル機です。追記:音のほかに特筆すべきは、装着感です。es7が一時間も使っていると耳と頭頂部み痛を感じますが、本機は数時間でも継続して使用できます。使い始めの耳当たりのソフト感は薄い合皮のes10に部がありますが…。厚めの本革を使っている本機は、使っているうちにパッドが耳の形に合ってきて装着感、密着感がどんどん良くなるのも本機の良さかと思います。あと耐久性に関してですが、ath-es7は合皮のイヤパッドが2年でボロボロに、ケーブルやプラグのゴム部分が2年でベタつき出し(溶け出している?)、3年で頭頂部のゴムがベタつきだし、5年近く経過した現在は使用に耐えられない状態になっていますが、本機はエージングが進んで良さが増していくものの悪い意味の劣化が全く発生していません。音の素晴らしさも含め、大事に使えばビンテージになりえる可能性さえ感じるヘッドホンです。.

食わず嫌いだった訳ではありません。いろいろ食べてみて、(主力と思われる商品で八本食べてみましたが、全て里子にだしました。)このメーカーの音創りは私とは合わないなぁと思っていました。しかし、(衝動買いしてしまいました。)この商品は別物でした。素晴らしいヘッドホンです。音質については他の方にお任せいたします。テクニカ嫌いの人も試してみる価値アりです。私としてはhd25と比肩しうる存在感を持つ唯一のポータブルヘッドホンだと思います。(限定モデルを除く。)ただし、ポータブル一発だと魅力をフルに発揮出来ないという一面もありますので注意が必要です。 これで前後の音場表現が少しでも巧くなればポータブル最強になれるのだが… 素晴らしいヘッドホンだけに限定以外でのバージョンアップに期待します。.

特徴 audio-technica EARSUIT 密閉型ヘッドホン ポータブル ATH-ESW9

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:1000 mW
  • 重量:170 g

想像していた以上に音が良いので、びっくりしている生産終了前にもう一つ購入したい。.

こちらは耳に乗せて装着するタイプですが、耳が小さい人ならイヤーパッドが耳をすっぽり覆ってくれます。同じオーテクのfc700と同じくらいの大きさです。音はすばらしいの一言です。この音を外に持ち出せるところにこのヘッドホンの価値があると思います。.

思えばこの3年間、このヘッドフォンには何かと乱暴な扱い方をしてきました。意図せずコードを引っ掛け引っ張ってしまったり、そこらの床に投げ出すように保管していたり、そしてやっぱりコードを引っ掛けてみたり・・・。けど、そんなことがあっても変わらず音質は綺麗に、そしてフォルムは美しく働いてくれています。素晴らしい音質に耳が慣れてしまって最近は中々高額な物なんだということを忘れがちですが、このレビューを何かの記念として、また買ったばかりの頃を思い出し大事に使っていきたいものです。.

今まで聞きなれていた曲なのに、「こんな音もしてたんだ!」と新たな発見があります。コンパクトなのに低音がしっかりしていてしかも安心の日本製♪奮発した甲斐がありました。が、めがねとピアスをして装着していると耳が痛いです。なので、そこだけ☆ひとつ減点しました。.

サムネイルのヘッドホン画像に一目惚れして購入してしまいました。実際に見てみると、ポータブルという小さい商品ながら、とても高級感が溢れています。木目も綺麗ですし、落ち着いていて格好良いです。金色の文字は他の方のレビューを見ると好き嫌いが激しいようですが、個人的には結構好きです。音質については、知識があまりないので分からないです。ただ、クラシックなどの生演奏ジャンルを聴く時、他のヘッドホンで聴こえた雑音というか、生演奏だから生じるような音みたいなものが、上手く吸収されている気がしました。それから、非常に軽い音(悪い意味でなく)が出ます。長時間使用しても、疲れない音なのが良いです。正直言って、デザインと携帯性の良さだけでも☆5つです。また、側圧が少し強い感じがしましたが、一晩ティッシュ箱に挟んでいたら大分弱まりました。.

個人的にデザインがいいと思う。飛行機とか列車内で着用していても格好がつくw木材ハウジングで高音、低音ともにベター。つけ心地も耳に優しく、長時間使用していても痛くならない。ただし、丁寧に使用していてもヘッドホーンコードとジャック が柔でありすぎ、付け根部分で切れてしまう恐れあり。もう少し丈夫なものにしない限り、同じような苦情が寄せられると思う。.

主にバイオリンの無伴奏、ピアノ曲などを好んで聴いています。演奏者の息継ぎなどがはっきり聞こえ、とても良いヘッドフォンだと思います。以前使用していたのは1万3千円程度のパナソニックのヘッドホンでしたが、雲泥の差があります。ロックも聴きますが、安いからと言って低音が弱いわけではないです。.

まず、このヘッドフォンは他の方が書かれているように、ピアノの音が素晴らしい。 jazzやピアノを外で聴くのには最高のヘッドフォンだと思う。 音場は狭めだけど一応立体的だが、ここで注意が必要なのが walkmantやipod直差しでは出力が足りなすぎて平べったい音になってしまう。ライン出力でそれなりのポータブルヘッドフォンアンプを繋ぐ必要がある。 家にあるポータブルオーディオプレーヤーで唯一直差しで立体的に鳴らしてくれたのは20mw+20mwもある、alneo v のみだった(walkman、xシリーズが5mw+5mw) また、傷がつきやすいのでオーディオテクニカのヘッドフォンケースの購入をおすすめします 自分は今までオーディオテクニカのヘッドフォン、イヤホンを6個買ってきましだか、他の5個はすぐお蔵入りでしたがこのヘッドフォンはかなりお気に入り。 また、2年使ってますが断線もしていません.

ポータブルヘッドフォンとしては最高の一品だと思います。木材のハウジングで低音がものすごく心地よいです。自然な音の広がりと響きです。木だからこそ味わえるといった感じでしょうか。表現するとしたらバスドラムが「ドン」だとしたらこのヘッドフォンの場合「トンッ」といった柔らかい感じです。中域の音も絶妙でしっかり鳴ってくれています。クラシックや、アコースティックギターの曲などによっては聴いてて眠くなるような暖かいサウンドですね。ロックやポップなどでも低音が出る曲ならしっかり出してくれますし、曲のキャラクターを素直に出してくれます。部屋などでは若干音漏れが気になるかもしれませんが、外ではほとんど感じません。ただ、満員電車などでは「若干」音が漏れているのが聞こえてしまっているかもしれません。注意しなければならないのが外した瞬間、外であろうとかなり音が外に漏れ出すので大音量で聴いてる時は少しボリュームを落とすか、停止して外したほうがいいです。以前装着していて耳が痛くなると記載していたのですが、ヘッドフォン部分を耳に合わせて調整してみたら気にならなくなりました。心地よい付け心地です。イヤーパッド部分がラムスキン革なので装着感と耐久性は良いのですが、夏などは若干蒸れそうで心配かもしれません。恐らくポータブルヘッドフォンでは高価格帯にして最高の品だと思います。装着してると他の人のヘッドフォンなどを見て優越感に浸れたり(笑)外でも良い音で聴きたいという方には是非オススメです。視聴してから購入を検討してみてはいかがでしょうか?価格の変化が激しいようです。私は19000円台で購入しましたが、2万円を超えることもありますので少しでも安くなったら買いですね。あと保証ですが、三年です。国産だけあって信頼できますね。.

愛用のヘッドホンが故障し、修理に出している間用プラス好奇心で購入。デザイン:あまり安っぽくなくて良い付け心地:若干窮屈か音質:どちらかといえば低音の良評価が多いですが、イコライザ等色々いじってみると    高音もよく通ると思う。    ただ、悪くはないが値段以上のパフォーマンスであったり、    べた褒めするほどのものではない。    他の方があまりにいい評価が多いので、あまり期待し過ぎも注意かと.

今さらですが購入しました。イヤホンはいくつか持っていましたが、ヘッドホンはこれが初めてでした。用途は室内用として購入しました。私はピアノソロの曲が大好きなので、ピアノの音がいいと評判でしたので悩みに悩んだ結果これに決めました。ちなみに秋葉原の某店で約2万円ちょっとで買いました。実際に使ってみた結果、皆さんのレビュー通りピアノの音は絶品でした。よりリアルなピアノの音に近づけました。このath-esw9は軽くて非常にコンパクトできており長時間の使用、特に映画鑑賞などにも持ってこいだと思いました。そして、なんといっても独特の高級感がある外見でしょう。ちょっと渋いですが。使い込めば使い込むだけ馴染むような造りになっていると思います。遮音性については若干低く感じましたが、ath-esw9特有の「木の響き」を犠牲にしては意味がないので遮音性についてはこれでokだと思います。持ち運びも非常に楽です。思わず外に持ち出したくなるヘッドホンだと思います。割りとスタンダードな性能なので、ヘッドホン初心者の方や、そのシンプルな造りとお洒落な外見を生かして女性の方にもオススメしたいです。.

購入し半年が経過、私的に感じたことをまとめてみました。メリット・無垢材使用で落ち着いたデザイン、なお且つ他の人とかぶらない・一つ一つの楽器の音が丁寧に聴こえる(特にピアノ音が美しい)・パッドの部分が稼働し、コンパクトにまとめられ(ヘッドフォン自体が平らになる)、バックに収納しやすい・コードが絡みにくく、ストレスを感じないデメリット・少し音漏れが気になる。ipod classic(160gb) 音量ゲージ半分くらいで、アイドリングストップしたバスの中だと、若干音漏れが気になるので、調整してます(音量調整次第で全然問題なし)素人の意見としては、本当に買って良かったです。ヘッドフォンは、毎年のように新機種が出る為、目移り、耳移りし、頻繁に買い替えてましたが、この機種を購入し、もう高音質探しの旅は辞め、こいつとずっと付き合っていきたい。.

高音域や解像度には多少不満が残る部分もあるにはあるのですが、この価格でポータブルヘッドホンであることを考えると、贅沢すぎるでしょう。見た目や手触りは高級感がありとても満足できます。見た目はいろんなヘッドホンを家電量販店で見てきましたが一番好きです。ウッドハウジング部は、意外に気づ付きにくいです。もちろん気をつける必要はありますが、私が今まで使ってきてもほとんど傷は付いていません。そこまで丁寧に扱ってきたつもりはないのですが。音質は中低音にかなりの厚みがあり、それぞれの音に丸みを感じます。sonyのような金属的な音とはまったく正反対で、穏やかな音に聴こえます。この味付けはウッドハウジングの影響によるものなのでしょうか?私は雑食でメジャーなジャンル(metal,rock,hiphop,,r&b,jazz,classic,countryなど)はほとんど聴きますが、とくに苦手とするジャンルの音楽はないように思います。ただ、特に極端な刺激を求める人には物足りないかもしれません。.

まさかポータブルで木のハウジングのヘッドフォンを作るとはオーテクの時代もまだまだ終わってはいないですね。デザインは素晴らしいです!!上品で、落ち着いた感じです。でもちょっとプラスチッキー。また、頭頂部のクッションやラムスキンイヤパッドの肌触りもよく、装着感もとても良いです。音ですが、何でもこなせる万能機って感じですね。オーテクらしからぬ低音の量感に、艶っぽさのある中音、そしてオーテクならではの美しい鮮やかな高音。ジャンルを問わず素晴らしい響きで音楽を聴かせてくれます。特に美しい表現で魅了してくれたのは弦楽器やピアノの微細な表現。それ以外にもアコースティック系には強いですね。この値段になるとインドア向けのいいヘッドフォンも買えますが、高級ヘッドフォンに遜色ない音色を持ち運べるという点で、値段分、いや値段以上の価値があるのではないでしょうか。また、家で使う分にも十二分にその性能を発揮してくれます。モニター的な音ではないので楽器のミキシングなどには使い辛いですが、音楽鑑賞用としては前述のとおり高級ヘッドフォンにひけをとらない性能なので、インドア、アウトドア問わず愛用してあげてください。.

今まで使っていたヘッドホン(hp-rx500)が壊れたため、ヘッドホンのランクアップも兼ねて思い切って購入しました。ポータブルという触書ですが、他の方もかかれれているように、ほとんど室内向きの製品であると思います。たぶんこの製品を屋外で使用される方は殆どおられないのではないでしょうか。結果…良い。他のレビューにもあるとおり、良くも悪くも低音を鳴らしてくれるヘッドホンです。ただ値段だけあってその他の音域もサボらず、心地よく表現してくれます。私の場合は満足ですが。オーテクらしい高音の抜けを求める向きには少々不満かもしれません。音質についてはこれ以上のことは他のレビュワーにお任せします。私が一点気になったのが、装着感についてです。私は結構耳が大きいのですが、ヘッドホンのパッド部分が(室内用のものと比較して)少々小さいので、長時間装着していると耳たぶが痛くなります。音質は聴き疲れしない、高いレベルのものだけに少し残念でした。できれば、店頭で試着等することをお勧めします。.

オーディオテクニカの「earsuit」シリーズの上位機種。 木製のハウジングを採用し、ハウジングに採用されている木材は「アフリカンパドック」と呼ばれる木である。 「アフリカンパドック」はマリンバやシロフォン等の鍵盤打楽器として多く利用されており、 素材特有の強靭なばね性を生かした音色を奏でるのが特長。※オーディオテクニカホームページ参照。その名の通りアフリカで育った木である。 赤と茶色の中間の色合いで、光沢があり、かなり上質・高級である。 ポータブルヘッドフォンという設定であるため、サイズはやや小型だが、小型である分、重量が軽く、装着感は軽くてよい。 またイヤーパッドにはラムスキン、ヘッドバンドには本革を使用しており、質が良い。 そして何よりも木製のヘッドフォンの中では入手しやすい機種である。 現在、様々なメーカーが木製ヘッドフォンを開発・販売をしているが、いずれもなかなか手が出ない価格であることが事実。 そのため木製ヘッドフォンは間違いなく高級機に分類されてきた。 ところがこの「ath-esw9」はポータブルタイプのヘッドフォンであり、サイズが大型ヘッドフォンに比べて小型であるため、コストを抑えることができる。 その結果、高級木製ヘッドフォンにして、大型木製ヘッドフォンの半分以下の価格実現。多くの人々にいきわたりやすくなった。そのサウンドは木製ヘッドフォンならではの美しく、自然な音色が特徴。とくに弦楽器やピアノ演奏が美しい。 全音域を表現するピアノは、非常にシビアな再生性能を要求するが、esw9から奏でられるピアノ演奏は実に自然であり、美しい。 弦楽器の再生も得意で、必聴である。バイオリンなどの響きも自然であり、癒される。 ヘッドフォンの見た目通りか、木製&弦楽器との相性がかなり良いと感じた。 それ以外の楽器の音源も淡々とこなす実力がある。 素材が木であるため音の反響が良いためであるかもしれない。 ただロック系など派手な曲には向かない点が惜しい。でも悪いというわけではない。密閉であるため音がこもってしまうからだ。 大型ヘッドフォンにも引けを取らないサウンドが家でも外でも楽しめるという設計だから最高だ。ただ心配な点をあげるとすると、素材が木であるために衝撃に弱いという欠点がある。もちろん割れてしまったらショックだ。 そのため屋外での使用は控えてしまうかもしれない。※普通に使用していれば問題ありません。 また音漏れは密閉型にしては多く、電車やバスでの使用には注意が必要。 もう一つ、デジタルオーディオプレーヤーで使用する場合、音量を上げ気味にする必要があるためプレーヤーのバッテリーが気になるところ。 ですがかなりオールマイティに使えるヘッドフォンで、高価な大型ヘッドフォンと音がほとんど同じであるため、 予算を考えるとこちらのほうが得かもしれません。ぜひともオススメしたい。.

評判が良いから、買いました。しかし、手元のk701と比較すると、音質に凄く残念でした。結局、オークションで売りました。.

本日製品が到着し、我慢できずに音楽をすぐに視聴wwすでに1年使用している同社のath-ad2000と聞き比べしちゃった大馬鹿者です。音質やらなにやらは、私なんかより遥かに素晴らしい耳をお持ちの方がレビューしているので、素人ながらの単純な評価を。初回稼動のくせに、とんでもない音質。一つ一つの音がしっかりと聞こえ、繊細でありながら迫力がある。ただし、空間の広がりは期待できない。まあ、迫力は増すかなと。ath-ad2000に比べるとさすがに耳障りだが、個人的にはath-esw9の方が好みの音を鳴らしてくれる。ad2000買わないでコレだけでもよかったなと今さら思う。エージング終わる頃にはad2000よりも良い音を出してくれそうだ(高級ヘッドホンは高いけど、ちょっと欲張ったヘッドホン欲しいなーという方には最適。値段は少し高めだが、高級ヘッドホンに比べれば半分以下。これを安いと見るか、高いと見るか。しかし、中身は間違いなく数万する高級ヘッドホンに匹敵。もしくはそれ以上の物。.

Sonyのpha-1とセットで買った。良い組み合わせだと思う。音は柔らかめだが音像がすっきりしていて、低音も十分。じつは、このヘッドホン、2個目。staxよりいい音かもしれない。.

Denon製ヘッドフォン(購入価格約1. 2万程度)が経年劣化で壊れたために本製品に買い換えました。(音質については満足していました)購入価格が2. 5万なので音質はさらによくなるかと期待していたのですが、個人的にはそうでもなかったです。(フィット感については可もなく不可もなくでした)可能なら試聴して本当に自分にあうか確認した方がよいかと思います。.

量販店やオーディオショップなどで、いろいろ試聴させていただいて決めました。細かいレビューは他の方がしっかり書かれているので簡単に印象を書きます。高級機種は正直どれも、どの音域もしっかり音作りがされていて、甲乙の付け所は好みの問題(だけじゃないですが)のような気がします。が、これは、ハウジングが木製のせいか、高音域の無駄な金属的響きをうまく吸収してして、長時間聴いていても疲れにくい音になっている気がします。ath-es7 や ath-es10 とも比較しましたが、es7はやや高音域の金属的響きを耳障りと感じ、es10は良く出来たモデルと感心しましたが、どちらかというとロックなどの方が向くかな? 主に聞くジャンルがクラシック 特にピアノ曲なのでこれに決めました。ath-w1000xは残念ながら試聴できなかったですが、他の方のesw9のレビューでみた、フィット感についても、僕の耳や頭とのフィットで問題が無いし、もともと持ち歩く前提があったので、これで良かったと思います。他にも ボーズ、オルトフォン、ソニー、デノン(旧デンオン?)なども聴きましたが、僕にはちょっとピンと来なかったです。.

傾向としてはドンシャリですが、今流行りの派手で不自然な音色では無いですね。木製という事でウォームな音を想像していましたが思った以上に硬質な音でした。ただし金属的なキラキラした物ではなく備長炭の様な堅さかな?音の一粒一粒はいやらしく無い程度にしっかり主張しています。低音も適度に締まっていて深い音ですが、自分的には前に出過ぎかな?もっと裏方に徹して欲しい感じがします。ただ、全体的には流石の音です。今の相場の価格からするとかなりお買い得感はあると思います!.

低音やピアノの音がとてもきれいにでます。クラシックとかにもいいも。自分はこれでジブリの曲とか聞いて楽しんでいます。.

ベスト audio-technica EARSUIT 密閉型ヘッドホン ポータブル ATH-ESW9 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.