Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica EARSUIT イヤホン ブラック ATH-EC707 – 品質問題がある

音質全域でクリアと商品説明にありますが、クリアというより、音圧というかパワーをクローズドのヘッドホン並みに感じます。クリアな印象は自分の感覚だと無いですね。はっきり言って音質は3000〜4000円相当かと思います。オーディオテクニカぽいもっさりした音質です。着け心地は良いです。収納が面倒です。.

オーディオテクニカのイヤーフック型ヘッドホンはお気に入りです。このタイプはイヤーヘッドが可動なので気に入っています。以前のモデルは固定されていたので壊れましたがこのタイプでは大丈夫でしょう。肝心の音ですが、相変わらず高音域の伸びが良いので気に入っています。.

私は耳が小さくてイアホンが付けられないのですが、この形を見て購入しました!!もちろんデザインも気に入っています^^ただ、付け慣れるまでちょっとかかりそうなので、星4つです^^音も気に入っています^^.

当機の先代モデルに当たるec700tiは購入以来、大変気に入って愛用していました。今でも、あれほど端正美麗な音を鳴らすイヤホンはないと考えていますし、生産停止になった時には非常に残念に思いました。そんなところ、後継機種としてec707が発売されて、コレは聴くしかないと購入いたしました。当機は700tiと比べると、随分と音の印象が異なる面もありますが、他面ではよく似た音色も見せてくれるところもあります。当レビューでは両機種を比較しつつ、ec707の音についても詳しく言及したいと思います。非常に長くなったので、必要らしい箇所だけ読まれるのが良いかと思います。≪デザイン≫デザインは見ての通りですが、cg画像では分かり辛い部分があるので説明しておくと、ec700tiはパーツの殆どがチタンで構成されており、大変質感が良かったのですが、当機はハウジングこそアルミで出来ていますが、縦に伸びたアームの部分、これはプラスチック製です。先代に比べて太くなったのは強度的にこれだけの太さが必要だったからでしょう。装着すると少し目立つ感じがするのは、あまりイタダケナイです。個人的に先代の細い金属アームの方が、好みです。またこのアーム素材のおかげで、現物比較すると、どうしてもこちらのが安っぽく見えてしまいます。しかし、巷の他のイヤホンに比べるとずっと高級感があると言えます。≪装着感≫これは明らかに先代の方が良いです。全体的にこちらはアームが太くなったのと、稼動回転軸の位置の問題で、ハウジングの上下調整が行い難くなりました。当機はアームを少し斜め前に倒して、「く」の字型にして上下をあわせる必要があります。また先代は耳にかける部分が細かったので違和感が少なかったですが、こちらは耳に掛かる部分がゴムのようになっており、少し太く、駄簿ったいです。安定性は寧ろ、こちらの方が良いかも知れません。激しく首を振っても全くズレません。ジョギングなどでも十分使える安定性の高さです。≪ケーブル≫これは全く改良がないばかりか、改悪と言わざるを得ません、個人的に。先代もそうでしたが、分岐後がやたら長いのに、分岐後の長さを調整する”ケーブルスライダー”がないために二本が絡まり放題です。この点は買った時についているケーブルタイを巻きつけて何とかなりますが、そんなことしなくても良いように改良して欲しいものです。分岐の長さも不可解に長い―45センチ、30センチもあれば十分でしょうに。(長いのが「オシャレ」であるとか考える人がいるのでしょうか?全く理解できません)つづいて改悪の部分ですが、これは延長ケーブル自体のことです。本体ケーブルが60センチと短くなったのは人によっては良かったかも知れませんが、120センチ派には不幸が待っています。なんと付属の延長ケーブルは社外品らしく、接続してもイマイチ一体感がありません。本体側のケーブルよりも若干太く、デザイン的にもとてもマッチしたものとは言いがたいです。接続部前後で見た目の雰囲気が異なって見えます(泣)また、接続部が重く垂れ下がるのも非常に不愉快です。こんなことならば、120センチの方が万人向けであるといえます。(長いのは単に巻けば済むので)≪音質≫ここまで不服満々という感じで書いてきましたが、音質は決して悪くないばかりか、先代と同じく決して悪くはありません。●音域特性・低域先代に比べ、膨らみっぽく、若干音の輪郭がボヤッとした感があります。背面にポートが付加されたのが原因のようです。音に弾みがあり、この型としてはパワフルな部類の音に感じます。最近流行っている密閉タイプのイヤホンと比べると、100hz以下の落ちが顕著な感じですが、私個人の感想として、この方が自然な再生音であると感じます。ブーミーでなく、ハウジングの剛性も効いており、非常にカッチリしたドライな打撃表現が特徴です。・中域ミッドハイの表現が先代の700tiと傾向が似ており、非常に明るく、エレキやボーカル高音が伸びやかに聞える感じです。擦音の刺さりなどはありません、少し上がり気味で刺激的ですが、聞き辛いことはないです。背面ポートの影響か、ミッドローの表現が700と異なり、少し音場に膜を張る印象が付与されています。それ故、明瞭度的には先代の方が少し上な印象ですが、こちらの方が、ボーカル表現がまだ温かです。(このシリーズなりに)・高域可もなく、不可もなく、だけどなかなか延びが良いかと。思った程もシャリシャリせず、聴き易いです。ハウジング素材と相性が良いらしく、シンバル系の音が非常に乾いた、空き缶に入れた砂鉄を振るような印象の音がします。ここら辺はプラスチックのイヤホンでは全く得られない音触で、新鮮に感じる人もいるだろうと思います。・全体音色的に音域表現に一貫して、確かにアルミハウジングというものが姿を見せているように感じます。打撃音がもっとも顕著に反応するのですが、全体的に非常に乾いた印象の音色だといえます。低周波が出る割に音が温かでないというのが特徴でしょうか?ec700と同じく大変端正な音ですが、煌びやかさは少し劣り、無機質な印象が強い音に感じます。●音場ec700に比べて、ポートのあるコチラは外へ広がりの点で自然な感じがします。ec700は閉鎖音場としては大変良いものでしたが、音の分離がよろしくありませんでした。対してコチラは割と音像の端っこの分離が良い感じがします。耳への押し付け具合にも拠りますが、当機はこの型ですので音の頭外定位が基本で、頭内の密度は最近の密閉型イヤホンよりも薄く感じます。密閉型イヤホンに慣れた人の耳には、少し間の開いた薄い音に感じるかも知れません。それ故、激しい音楽を濃厚に楽しみたいという人は同社のcks90辺りをお勧めしますが、より自然な音場で落ち着いた音楽を聴くにはこちらの方をお勧めします。●解像度解像度の純粋評価は難しいので、軽く済ませますが、音の透明感/滑らかさという点で当機は何ら不足はありません。音楽を楽しむには十分に高い解像度があります。≪総合評価≫ ☆☆☆☆★個人的に先代のec700tiの方が好みです。こちらは音色の無機質な印象が強く、またec700特有の艶やかな音の印象が薄れてしまった感じがします。ハウジングのポートが音の癖を減らして、代わりに低域を弾みが高くなっています。音の煌びやかを捨てて、低域の量感を増やしたckm70/77と同じ関係が当シリーズにも見られるようですね。なんだかちょっと、最近のオーディオテクニカは好きになれませんね(笑)価格が安くなり、音の端正さも失っていないようでその点は評価したいと思います。.

Ath-ec700が壊れた後、同じものが見つからないので、こちらを購入しました。音とか不満はないのですが、形状は明らかに使いにくくなりました。耳かけ部分も安ぽくなってしまいましたし、眼鏡をかけて耳かけ月という点ではあの細さが抜群の使い勝手でした。ath-ec700の形状に戻してもらえないだろうかと切実に思ってます。.

購入のポイントはイヤーフック型である点でした。その装着感は十分満足できます。それ以上に満足な点は音質です。慣れるとそれが普通になってしまうのが残念ですが,最初に使った時は,音のクリアーさに驚愕しました。今まで使っていたのは何だったのか,と。願わくは価格とコードが長さ調節を改善してもらいたいと思います。.

アコースティックダクトのお陰で、非常にクリアなサウンドです。音漏れはしますが、カナル型イヤホンで耳が痛くなる人にとっては、非常に楽な装着スタイルかと思います。カナル程ではないものの、それなりに低音も出ます。どちらかと言えばフラットな感じで、モニターライクに感じます。バランス重視の人には良いかも知れません。.

私は、音楽を聴くときはスピーカーから!と、ずっと思っていましたが、EC707を購入し聞いてから、一変しました。ソニーのMDR-10RCや、XBA-A1も興味本位で購入し「音」と、しては、素晴らしですが、すぐに飽きました。EC707は、オープンイヤータイプのアルミハウジングの恩恵か、低音は締まりが良く、中、高音は、聞いていて心地よい硬さの音です。最近支流の密封タイプとは違い、晴れ晴れとした広がりのある音と感じました。ですが、私の耳でのベストポジションを、探しだすのに少しだけ大変でした。.

利点と欠点

メリット

  • 形状はATH-EC700に戻して欲しい
  • 個人的に大満足
  • 耳の違和感がなく、澄んだ音を楽しんでいます

デメリット

今主流になっている差込式のイヤホンを使うと、どうしても耳から落ちてしまい、何度も付け直す必要があったのですが、このハンガー付きのイヤホンを見つけて購入してみました。耳に差し込むタイプではなく、穴の部分だけ覆う形になるので全く違和感がなく、ハンガーがしっかりと固定してくれて何度も付け直す必要もなく、音楽に集中することができ快適です。ヘッド部分がメタルでできてるため、音質もクリアでとても心地よい音楽が楽しめます。購入してよかったです。.

開口一番、「つけられない!」大きくなったフックは、眼鏡使用者の立場は全く考慮に入れてはおらず、これで聞くときはメガネを外せということらしい。しかもひねりで角度がつけられず、「最適な位置に軽く装着」が不可能。アコースティックダクトに関しては、塞ぐと出ない開けるとこもってくる低音。素直な低音は籠るのとはちがいます。そのあたりは先代の700の勝ち。中高音と広がりに関しては流石発展版、以前の頭の中で鳴っていた感じは相当に改善されています。イヤホンで「頭の外で鳴っている」が体感できるのはうれしいですね。このあたりは大きく引き離して707の勝ち。最後に一番困った点。メーカーからしたら改良ですがユーザーからしたら改悪以外の何物でもないハウジングとドライバの接着。粘着の強いものでつけてるだけですが、少し手が加えたいときにドライバが外せない。つまり700のフックとの2個1ができない。やろうとすればかなり高確率でコイルラインを切ります。最後は蛇足ですが、眼鏡使用者の私は星2つ、無駄にした1本考えると星1つですが眼鏡未使用の方で好みの音だと思う方やカナルで頭が痛くなる私と同症状をお持ちの方には良い製品です。.

低音の物足りない感はあるけど、中高音はとても気持ちいい。周囲の音も聞き取れるのもいい。.

今では希少なインナーイヤータイプと言うことで買ってみましたが、音の濁りがひどく聞いててイライラしました。あとコードのくせが悪くぐちゃぐちゃして絡まりやすいです。.

前の型のを使っていたんですが、かなり使い込んだものでボロボロになってしまい早急に、必要だったので助かりました。.

眼鏡をかけているリスナーにとってイヤーフック型のヘッドフォンは難しい選択でした。私もいろいろ買い込んでは試しています。現在使用しているのがこのec-707とクリエイティブのaurvanaです。音質はさわやかであり解像度も優れています。コストパフォーマンスも購入価格からすれば優れていると言えるでしょう。一番の問題は私の耳の形にはしっくり来なかったという事です。正確には眼鏡をかけた時のフィットがもうひと頑張りでした。イヤーフック型はフィットするかどうかが音質よりも優位に立ちます。素晴らしい音質でもフィット感が悪ければ長時間、音楽を聴く事はできません。クリエイティブのイヤーフック型と比較すると、音質や本体の仕上げはこの707のほうがはるかに私の好みです。とくにハウジングの仕上げやスイングアジャストハンガーの設計などはさすがにオーディオテクニカの製品といえます。(ハウジングの切削は見事の一言に付きます!)しかしながら実際の使用はクリエイティブのほうが多くなりました。要するに自分にフィットするかどうかが音質より優先したのです。結論からすると、自分にフィットすれば絶対にお勧めですがそうでなければ他の選択もあり得るという事になります。.

犬の散歩の時に使ってます。音は良いし軽いしデザインも良く重宝してます。.

昨今カナル型のイヤホンが主流ですが、電車に乗る時やちょっとした買い物時に外の音があまり聞こえなくなるのと、装着感が個人的に苦手で、カナル型以外で外でも着けててかっこ良いし音も良いイヤホンを探していましたそんななか電気屋でこの製品を発見し、デザインに惹かれてamazonで購入するに至りましたec7やec700の後継機にあたる製品ですが、デザインに関しては先祖筋の2機よりかっこ良いと思いますec700より高級感が減るし金属部分がゴツいという意見を目にしますが、ガンメタのec700より、色合いの洗練された艶消しシルバーのec707の方がシンプルかつスマートといった印象を受けます金属部分も、細身なものよりこれぐらい厚い方が装着時に見た目のバランスが良い気がします同じようなデザインの他社製品と比べても個人的にはベストですコードの長さにも60cm+延長コード60cmが不便で付属の延長コードの本体とのバランスが悪いと不満の書き込みを目にします今回自分はiphone/ipod用の同社製アンプpha31iも一緒に購入しました延長コードは使わずにこのアンプを使えば、見た目のバランスの悪さとapple特有の音質の微妙さも同時に改善出来ると思います元々この製品は、このアンプとセットで使うように60+60のコードにしたのかもしれません自分は音に関してはそこまで詳しくありませんが、クリアで洗練された音のように思いますipodに付属するイヤホンやこれまで購入したes33やcks50よりも断然音がクリアで高音の伸びを感じます細部の楽器やコーラスもはっきり聴こえるようになり、大変満足しています.

購入してその日に聴いてみて「あれ?」となる音質だったため、一ヶ月のエージングの後、一年程使用してみました。結果、はっきり言って使えません。中低音域は濁り、聴きとり辛い為、オープン型の売りである音域の広さもあまり感じません。しかし、中低音域の悪さが霞む程に高音域が酷い痛い耳に当たる部分が固くて大きいため、更に痛い長時間の使用はできません。ちなみにこの耳に当たる部分の輪の形になったゴムがよく取れました。勉強代にしてもこの値段は高すぎます。同じオーディオテクニカさんの低価格帯のほうがコスパが良いですから、そちらにしましょう。.

特徴 audio-technica EARSUIT イヤホン ブラック ATH-EC707

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:100 mW
  • 重量:12 g

突然音が出なくなりました。半年しか使わないものなのに、壊れってしまうなんか信じられないです。.

カナル型は嫌いなので少ない選択肢の中から選ぶとこれ以外はありません。音質も十分満足です。しっかりボーカルが聞こえるし、低音もこもらずに良い感じ?.

CM707を1年ほど使用して来ましたがうっかりなくしてしまい、こちらに買い替えました。使ってみての感想ですが、CM707よりも不満がない…というか低音も感じられるし、フィット感もいい。低音、中高音の細かい表現するほどイヤホンにこだわりがないので参考になるかわかりませんが、耳かけがあるぶん音が外に漏れず、ロスなく伝わる印象です。また無理に音を強調する印象がないので、聴き疲れは少ないと思いました。.

甥っ子からカナル型じゃないものをと言われて選びました。スゲーカッコいいありがとう!と感謝されました。.

ベスト audio-technica EARSUIT イヤホン ブラック ATH-EC707 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.