Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ATH-CKR7 – iPhoneのmp3の再生で使用した感想です

愛用していたckm77がヘタってきたので後継とされる本機を購入。ckm77の特徴であるバランスの良さはそのままに、染み入るように響く中音域は更に磨きがかかったように思える。低音・高音のメリハリもckm77と比較すると向上しており、後継機として文句なしの出来栄えとなっている。これからも長く付き合っていきたい逸品である。.

以前からオーディオテクニカのイヤホンを使用しています。2、、3年で必ずと言っていいほど断線して買い替えているので、今回はいつもよりグレードの高いのみしました。低音から高音まで全てのレンジで音質がよく満足です。秋から春の間は、ヘッドホンのsennheiser momentumを使用していますが、以前のイヤホンですと余りにも音質の格差がありましたが、ckr7はそれに近い音なので不満はまったくありません。.

この製品はヨドバシカメラで購入したのですが、高音と中音域はなかなか解像度も高くよく伸びているなあと感じました。ただ低音域の音に関しては若干ですがこもりがあるような印象を受けました、また、高音域と比べて力不足だと思ったので低音を求めている方はこのモデルの一つ下のath-ckr5の方がそのへんしっかりと出ているのでそちらをお勧めします。しかし、このイヤホンは弦楽器の音を綺麗に鳴らしてくれるのでお勧めです。.

いままでckm99を愛用しており、モデルチェンジに伴い同価格帯のckr7を購入しましたが、全体的に音がこもりがちで、ckmシリーズにあった刺さりがほとんど無くなってしまっています。いままでのテクニカのイヤホンとはまったく違う音になった印象を受けました。ckmシリーズの強い刺さりが苦手な方には合うかも知れませんが、私は物足りなさを感じました。また、低音はしっかりしていますが高音域が伸びず、中音域は引っ込みがち。とてもckmシリーズの後継には役不足であると感じました。.

Amazonでの購入ではないのですが、電気屋で試聴し、一番気に入ったので購入しました。以前もオーテクの同価格帯イヤホンを使っていたのですが、低音がこもりがちでイマイチ気持ち良さがありませんでした。ckr7は、こもる事もなく、全体的に音がクッキリ聴こえ、今まで聞き取れていなかった音も自然に入って来ます。ただ、高音が少しキツく、高音が鳴り続けるような音楽を聴いていると耳が痛くなるのが難点です…主に重低音の響くロックや、ポップスなどを聴く私には完全にマッチしたイヤホンです!大切に使おうと思います。.

皆様のレビューは参考になりました。コードの接触音が耳障りですね。エージングにだいぶかかりましたが、思った通りmetalica 聴くのにいい感じになってきました。女性ボーカルの艶っぽさとか中高域の解像度がもうひとつ。オーディオテクニカのラインナップでは、最近は高級品も中国製になってしまい、悲しいです。つい買ってから気づいた.

音が固く、低音が支配的。高音もシャリ付くほど出る、所謂ドンシャリサウンドですね。中音は艶がなくボーカルが引っ込んでいます。.

Cksを紛失したので当時気になったこのシリーズを購入。他にもlmシリーズや99シリーズの同価格帯もってるので価格帯比で。低音がブーミーで質量が多いのでややのっぺりした印象。中音は、伸びきらず女性ヴォーカルより男性ヴォーカルの響きがよい。高音はクリアで繊細。まるで箱のswanみたいによく届く。が低音が邪魔をするのでイコラサで低音を押さえるとワンランク上の響きが甦り箱のswanをセンターで完璧に定位させたみたい。だが箱swan同様若干低音が偽物になるのが難点か。.

利点と欠点

メリット

  • とても良いです。
  • CKM系の正統後継者
  • ジャンルを選ぶかもしれません

デメリット

このシリーズの一つ前のイヤホンを使用しており、気に入っていたので今回はこちらの商品を購入した。値段が前のものより安くなっているが、品質は全く劣らないように感じる。.

使用していた同ブランドの中ランク?(買値3000円くらいだった気がします)のものが、3年使用して片耳故障したのを機に買い換えました。残ったもう片方と、本品を片耳で聞き比べましたが、全然違います音音痴な私でも違いが分かりました。諸先輩方レビューととおりですが、こもった感がなくなったのとヴォーカルがはっきり聞こえます。決して安くはないですが、後悔はしないと思います。.

ウォークマンに使うために購入しました。これならウォークマン付属のイヤホンでいいかなぁという感じです。低音が非常に弱く高音が強い印象。聴く曲によると思いますがロックが多い人はやめたほうがいいと思います。低音はウォークマン付属イヤホンのほうが圧倒的に綺麗です。かといって高音がとてもすごいというわけでもないので、5000円~のイヤホン持ってる人にはおすすめしません。.

コードが細いです。携帯で使うのに適していますが、あまり長く使えませんでした。音も特筆するほどでもなく可もなく不可もなくです。今なら新しいものを選んだほうがいいのかなと思います。.

以前から使っていたath-cks99が壊れそうだった折に、この機種を家電量販店で見つけたので購入しました。結論から言うと最低です。低音が全体の音を支配し、中高音域は全くと言っていいほど伸びを感じず。その低音もモッサリとしており元の音の美しさを見事に損なっています。結局ものの数分で前機種に戻してしまいました。この値段で買うものでは絶対にありません。.

 これまでath-ckm500を使用していました。そろそろワンランク上のイヤホンに変えようと思い、様々な機種を比較検討し、結果この機種を買うことにしました。 まずckm500とは音の傾向は似ていますが、この機種は音の質が別次元です。同じ曲で高音、低音を聞き比べたところ、ckr7では4K映像を見ているような感じの精密な音の表現であるのに対して、ckm500ではフルhdのテレビでフルhdでない地デジ放送を見ているような、雲というか霧が少しかかったような音でした。やはり上位機種だけあってその違いは歴然です。また、低音と高音とバランスが非常にとれており、素晴らしいイヤホンです。サ行もckm500では若干刺さり気味であったのがckr7ではあの解像度を保ちながら全く刺さっておらず、とてもマイルドな感じです。本当に自然な音です。自分の求めていた音そのものです。ダイナミック型でこの解像度であれば、もうBA型はなくてもいいと思うぐらいすごい解像度が高いです。BA型も試聴しましたが自然な音というよりかは音を作り出しているような感じに聞こえてあまり自分には合いませんでした。 音には本当にこだわったほうがいいと思います。音ひとつで世界が変わります。ワンランク上のイヤホンがほしい方、そしてその中でも低音と高音のバランスと解像度を重視する方にはath-ckr7は非常にお薦めです。このアルミとステンレスの質感もとてもいいです。ぜひ試聴し、購入を検討してみてください。.

Sonyのスマホで音楽聞いてます。前は3000円ぐらいのイヤホンでしたが確実にいい音なのが素人の私でもわかりました。.

ウォーキングやランニングの時にウォークマンを聞くために購入しました。以前は、jvcのha-fxt90を使っていましたが、2年半でハウジング外れてしまい、もう少し音の良いものがほしいと思いaudio-technica ath-ckr7にしました。本当はckr9が欲しいと思ったのですが、屋外で使うのでckr7の方にしました。届いてすくにウォークマンで聞いてみましたが、とても解像度の良い音にびっくりしました。特にドラムの音の良さに驚きました。ha-fxt90も良い音だと思っていましたが、比ではありません。価格の差と言ってしまえばそれまでですが、一つ一つの音のメリハリの良さ、締まった低音、とても良いです。ただ、高音の伸びが今一つ物足りない、というか、中音部が出すぎて高音が隠れているようです。エージングで何処まで良くなるか楽しみです。今のところ☆4個、しばらく使って再評価したいと思っています。2カ月使用しての再評価 +1☆やはりエージングは大事ですね。とても良い音になりました。最初のうちはピアノの音が何故か良くなかったのですが、今は良い音で鳴っています。締まった音で聞きたくて、いろいろイヤーピースを試してみましたが、シリコン製のものよりも、固めの低反発のものが良かったです。弦も管も、低音も高音も締った良い音で聴けています。ただ、ハウジングの形が私の耳に合わないのか、長時間使用していると耳が痛くなります。.

電気屋で視聴しただけの感想ですメインイヤホンはckm99を使っていますが1万円を切る値段でこの音の良さには驚かされました。コスパがとても高いですckm99と聴き比べても大差が無いと言っても過言では無いと思いました.

特徴 audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ATH-CKR7

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : ATH-CKR7

音楽を聴いた場合、声も聞き取りやすく高音も耳に刺さらないのでいいですただ、低音は人を選ぶイヤホンだと思います。少しブーミーでタイトで小気味良く鳴るのとは違います。映画やゲームでの爆発シーンなどは迫力があってよかったです。しばらく映画やゲームで使っていこうと思います。耳にピタっとハメるのが難しかったので星は4つにしておきました。.

そんなに幅広く音楽を聴く方ではないけれど、洋画のサウンドトラックやボーカルはすごく良く聞こえます。逆にjpopはこもった音で聞こえることも。ゲームミュージックも以前使っていた安いイヤホンの音のほうが良かった気がします。.

ベスト audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ATH-CKR7 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.