Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-BT02T BK – クリップが貧弱。2日で落とした。

2010年1月に購入、コードが長すぎる点(せっかくのコードレスの意味が減殺される)以外は、特に不満なく使っていました。接続状態も悪くなく、音も通勤での使用には問題ないレベル。ところが、1年目ころから電源が入らなくなることが数ヶ月に一回発生。ネットを見るとこれはこの機種特有の問題で、再ペアリングで対応できていましたが、先月、左側から音が出なくなって、観念して買い換えました。どうも、前者のトラブルは設計上の問題点のようです。新しいバッファローのbshsbe07asv ( buffalo ステレオイヤホン bluetooth 2. 1対応 acアダプタ付 シルバー bshsbe07asv )との比較では、ath-b202tのほうが圧倒的に音が良いです(bshが貧弱すぎるだけかも)。バスブーストしなくても(するとクラシックでは異様な音響に)、けっこう低音が出る(もちろん、コード式のそこそこに比べてはかわいそう)。新しいタイプが、上記弱点を克服しているものであれば、次はまたatに戻ってくるかも。.

正直言って改善の余地が多数ある製品です。特にipodとの愛称は悪いです。walkmanや携帯電話とは相性が良いので特に問題なく使用できると思います。ipodはosのupdate次第で改善されるかもしれません。本製品の問題点は次の3つです。イヤホンのコードが細くて壊れやすそうである。本体とイヤホンを取り外すことができない。ipodでは音量調節しかできない。.

もうね、音質の良さとかそんなのを感じる以前の問題。クリップがすかすかなんだもん。落ちそうだなー、落ちそうだなー、ほら落ちた!てな具合で、もうパッケージしかない。悲しいね。.

Sonyのdrc-bt30を無くしたので購入しました。大きさも重さも100円ライターくらいで、イヤーピースも一通りのサイズが揃ってます。iphone3gにて使用しました。以下、気になった点等々・・・【良】*bluetoothイヤホンの中では音質が良い方だと思います。*ペアリングボタンがあるので登録が簡単でした。【悪】*他のレビューでも書かれている通り、使用後2週間で電源ボタンが戻らなくなりました。保障が切れるのでお勧めしませんが、カッターで隙間を空けてからpowerボタンを外して、中の小さなスイッチと下の金属とのプレートの間に小さく切った画用紙を差し込むと改善しました。*クリップが少し弱いです。*コードの長さがやたらと中途半端で服の裾には付けられないし、胸ポケットに付けるとコードが邪魔です。エフェクトボタンは押すと高音が割れるので使ってないです。環境にもよりますが音切れは少ない方だと思います。イヤホンの取替えやバッテリーの持ち、電源ボタンの異常がちょくちょく報告されていることを考えるとソニエリのhbh-ds205mkの方が良いかと・・・.

利点と欠点

メリット

  • 悪くはないけど、1年半で壊れました

  • 初のBluetooth

  • クリップが貧弱。2日で落とした。

デメリット

特徴 audio-technica ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-BT02T BK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:Bluetooth, インターフェース:Bluetooth
  • 周波数帯域(L):20Hz, 周波数帯域(H):24000Hz

ベスト audio-technica ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-BT02T BK 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.