Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ポータブルヘッドホン – 音は好きなんだけどね

ポータブルでこの音質なら言うことないでしょう。やや高音よりなところはありますが、低音もしっかり出ています。圧縮音源を持ち歩いてこの商品で聴く。なかなかの贅沢だと思います。これより上のヘッドフォンもありますが、ポータブルヘッドフォンとしての全体的なバランスはこちらの方がいいと私は感じました。気軽にどこでもそれなりの高音質を楽しみたい方にとってもおすすめな1品です。.

・音質 非常に響きのあるいい音を出します。購入直後は高音が痛いくらい鋭いですが、エージングで相当改善されて気持ちのいい音になります。 低音は非常に豊かでベースの音の動きがよく分かります。チューニングはややドンシャリ傾向、個人的にはもう少し中音域が欲しかった。 音の分解能が高いので、耳コピをする方には結構オススメです。 音楽ソースとしては、インスト系のジャズ、低音が利いてるのでテクノ系もオススメです。・デザイン ホワイトモデルはipodとの相性が最高。ケーブルの長さもipodを腰あたりにつけることを意識してか少し長めになっているのが非常に便利。 鏡面処理のキャビネット部分は丁寧に扱わないと直ぐにキズが付きます。無印良品の貴金属磨きを用意しておきましょう(笑・装着感 並。それなりに密閉度はあり、音量をあまり上げなくても大丈夫。 結構耳をつよく圧迫するため長時間装着してると耳が痛くなるのが最大の難点でしょうか。ここは改善を要求したいです。 ・その他 フラットに折りたたんで収納できるためカバンなどへ収納しやすいのはとてもgood.

これを長年気に入って使っており、amazonでの購入は2代目でした。audio-technica製品全般に言えることなのですが、イヤーパッドが少し後ろを向いているところが気に入っています。私の耳は大きく、開いて前を向いているため、この形状がぴったりとハマるのです。これまで同社製品は何度も購入してきましたが、es7は、モバイル向けの中では音質と値段がぴったりだと思っています。.

ポータブル機器(ipodなど)で良いヘッドホンを探そうとする人はなるべく低価格帯の海外メーカーの物に落ち着くことが多いのですが、それに我慢できなくなった人は思い切ってこのくらいのヘッドホンに手をだしてみましょう。このヘッドホンはケーブル長1. 2m。ipodなどでデフォルトになっている長さです。明らかにポータブルユース向けです。音質も保証します。末永く使えるヘッドホンと言い切ってもよいです。ハウジング部がやや大きく(ポータブル用としてはですけど)、一応たためますが、それでもコンパクトとはいえない大きさです。しかし、作りはしっかりしていますし、なんと言っても国内メーカーの雄が出した物でしかもmade in chinaではなくmade in japanの品質を味わってください。すこし背伸びしましょう。たぶん後悔はしないと思います。.

悪い点から申しますと、装着したさい、耳が若干痛いです。音は、確かにクラシックには向かないかと思います。私はクラシックは聞かないので、コストパフォーマンスは優れてると思います。一万円クラスでは、ベストです。.

 音を出す部分の面積が広いので当たり前のことですが,音質の良さにはびっくりしました。ipodに付属のイヤフォンに比べると,本当に同じ演奏なのかと思うくらい,音が深く,奥行きが深くなっています。また,低音の響きがすばらしいです。 皮肉なもので,cdにもともと入っていたノイズまで聞こえてしまいます。 なお,pcのジャックに繋ぐと「ブーン」というノイズも拾ってしまいますので,ipodなどのポータブル機器に繋げることをお勧めします。 ただ,納期がかかりすぎです。人気が高いのか,受注生産でも行っているのか,理由は分かりませんが,コンシューマー商品にもかかわらず,発注から40日も待たされるのは,いただけません。 納期だけは改善の余地が絶対にあります。.

家電量販店で色々と試聴して、一番好みの音だったので購入しました約15000円という価格でこれは満足ですただし、他のかたがレビューされてる通り、耳に対する圧迫感が強く、痛くなります。試聴した時点では気がつかず、自分のヘッドフォンデビューがこれだったので、こんなもんだと思っていました。もし次ヘッドフォンを買い替える機会があるのでしたら、もっと装着感がいいものにしたいと思います。.

長い時間を使ったら、ちゃっと耳が痛いです。でも、音質がとてもいいです。大好きです。.

利点と欠点

メリット

  • 2005年発売からもうすぐ10年…
  • かっこいい!!
  • いいですよ(^^)b

デメリット

ポップスやテクノ、ロックしか聴かないのであればこのes7は低音からキレよく迫力のある音を聞かせてくれると思います。打ち込み系のヌケがよいので、ポップスやテクノ系を気軽に聞くにはCP高いと思います。クラッシックも聴くなら無理してでもランク上のesw9が後悔が無いと思います。低音よりとは言え、高音の伸びも悪くありません。ボーカルものはもう少し音が前に来て欲しいかなぁとは思いますが、もともと耳元で鳴っている感じなので、それほど不満はありません。音場は狭めなのですが、それが迫力になっています。カナル型のイヤホンよりは音場は広く、遮音性や音漏れはカナル型に劣りますが、爆音じゃない限り激漏れする訳ではないので、ポータブルとしてもホームユースとしてもけっこう使えると思います。esw9と基本的な音は似ているので、モニター調の解像度が高く硬い音とは対極にあるヘッドホンです。あくまでノリ良く楽しく聴かせる音作りだと思います。低音多めなので、重低音多めの音楽ソースを大音量で聞くと低音酔いして気持ち悪くなりますので、十分お気を付け下さい。密閉型で低音多めなので多少の籠もり感があります。側圧がきつめなので装着試聴して下さい。.

見た目、音などなんら問題ないと思います。が、長時間付けていると側圧で耳が痛くなります。(私の頭がでかいだけかもしれませんがwww)値段は高くなりますがes10検討するのもありかな?と思います。.

音が軽く、立体感あふれる音質でした。軽いといっても、低音はしっかり出てました。.

2005年の時点でこれほどコスパのいいヘッドホンがあったでしょうか。後継機が出て値下がりしたときにいくつか買っといてよかった。あ、後継機はほとんど進化してないように思えますが、まだ他社製品と比較してもコスパはよい方だと思います。.

長年使用していた名機hp-s81fの耳当てがボロボロになった為、急遽購入しました。購入を決定付けたのが「密閉型ヘッドホン」「交換イヤパット可」「42mm径ドライバー」「帯域5~30,000hz」「コードがofc,さらに絡みにくい高弾性で細い」「布製ポーチ,クリーニングクロス付き」でした。ハウジング部分外側は鏡面加工してあるのでポーチとクリーニングクロスが付いてるのは親切でありがたく感じました。装着も10段階に伸ばせてカチカチと止まり調節し易いです。ハウジング部分を90度近く回せるので平べったく収納出来ます。音質はクリアな中高音が体感出来、落ち着いた音の広がりを体感出来ます。今までは、さほど気にならなかった「エンコード失敗気味のmp3」で聞こえなかった部分もクリアに聞こえてくる為、嬉しいやら悲しいやらです。ロスレス変換した曲でもしっかり受け止めてくれるヘッドホンです。「ヘッドホンで高音質を」「mp3よりロスレス変換で聞きたい」方にオススめな逸品です。.

本当は同社のesw9が欲しかったのですが予算の関係でes7にしました。ハウジングの鏡面加工は非常に綺麗です!ですが、指紋やキズが付きやすそうなので大事に扱わなければなりません…。家用のヘッドフォンなら問題無いのでしょうが、外出用のポータブルヘッドホンとしては少々使い難い為に☆-1です。^^;音質は低音が少し強調されてますが高音も中音もキチンと出ております。音が外見に似て鋭いキツメな感じですね。音のキツさや全体のバランスはエージングが進むとかなり良くなります。今までの所有したヘッドフォンの中で一番エージングの効果を感じた機種かもしれませんw聴く音の傾向としてはロック、jpopなどがお勧めでクラッシックには不向きかもしれません。音だけを聴くともう少し選択肢もある様な感じですが、デザインも含めた金額だと考えると十分に満足できる品です。貴方も電車の中で目立ちましょう!w.

少しヘッドホンのグレードをあげたいと思い購入しました。購入当初は少々高音が耳を突くような感じがあったのですが、ある程度使い込むとかなりマイルドで良い感じになってきます。ほかの方も書いていますが、一つ一つの音がかなりクリアに聞こえてくる印象があります。個人的には好きな音質です。広い音域にわたって素直な音だと思います。また、デザインもいいと思います。耳に付けるスーツと銘打っているだけあって、すっきりとした外見はポータブル用としてもぴったりです。装着している限りは遮音性もなかなかだと思います。ただし外した瞬間ほかのヘッドホンより簡単に音漏れするので、その辺は気をつけてください。音質・デザインなど総合してヘッドホンとしての性能は申し分なく、価格相応か価格以上(好みだったので)の価値のある品だと思います。少々不満を申し上げるならば、締め付けが強い。あとは若干ですが重いです。重さはそこまで気にするものでもないのですが、耳への圧迫感がかなり強く、慣らさないとかなり痛いです。全体の印象が良かっただけにこの点だけが非常に残念だったため星は4つです。.

確かに購入時には高音がとても気になります。(以前、ath-pro5 vを使用してたからかもしれませんが。。。。)低音と高音がクリアに出ていてその間が少し曇った印象を受けました。ath-pro5 vと比べると、こちらの方が音域のバランスはとれている感じがします。かなり大きな音で聞いていても音漏れがあまりないことに驚きました。電車で聞く人にはかなりお勧めです。持ち運びを前提に作られているためフィット感は多少犠牲になっている気がします。ath-pro5 vのときはドライバーの大きさがi-podに合わず、無理やり使用してお互いの寿命を縮めた経験があったのですが今回はそういったことも無さそうです。デザイン、密閉感を考えるとi-podユーザーには特にお勧めです。追記:上記のコメントを書いて1年もしないうちに片方のスピーカーから音が出なくなりました。 タフに使用していたこともありますが今まで使用していたヘッドフォンの中では寿命は最短でした。ポータブル性を優先した分ヘッドフォンとコードの付け根の部分が引っぱりに弱い印象を受けました。音には満足していた分余計に残念です。.

ホワイトを使用しています。一度ケーブルが断線してそれを修理してまで使用しています。耳側の接続部分が切れ易いのかな. ?6年以上使ってますね. もしかしたらその間に若干仕様変更とかされてるかもしれませんね。音質等はそこまで詳しく無いので(ザクッと言えば所謂オーテクサウンドのドンシャリでクラブミュージック向けです)他のレビュアーの方々に任せるとして、私は長く愛用していると言う点からレビューさせて頂きます。まずデザインが目を引く可愛さです。白はその当時白しかなかったipodと相性が非常に良かったです。さらに鏡面仕上げのキャビネット部分は独特の存在感があります。ただポータブルサイズなので嫌らしく無く小綺麗にまとまってます。この鏡面部分の面積がこれより大きかったらギラギラし過ぎて抵抗感を持たれる方も居たかもしれませんね。バランスは非常にいいです。周囲のファッション関連の方々にも好評なデザインです。(オーディオ好きな方にはこういう見た目の評価は邪道なのかもしれませんが. )ただし私の様に長く使うとガタがどうしても出て来ます。1. 最初に述べたケーブルの断線2. 鏡面デザインならではの無数の引っ掻き傷3. ホワイトはヘッド部分はグレーのゴム状の素材ですが、ここが経年劣化で黄ばんできます。5. 長年愛用してもヘッドの圧迫力は全く弱まらず(ここだけは何故か非常に頑丈!)、2時間位で頭が痛くなります. (笑)もうこれは元が取れてると言う意味では私自身は納得して使っていますが、気になる方は一度検討してみて下さい。私はホワイトのデザインに一目惚れして、自身が好む曲がクラブミュージックだったので視聴して即購入したクチです。ほぼ使い捨てだったヘッドフォンを初めて修理してまで使っている愛着のある一品です。私はほぼ定価で購入したので値段も高級な印象を持っていましたが、今の9000円前後なら一度試してみる事をお勧めします。他の1万円以上のヘッドフォンと比べてもお得感は高いですよ。付属の収納小袋も可愛くて傷が付かない様に最初は使ってましたが、ここまでボロボロになった今は保護する意味も無く使用してません(笑).

特徴 audio-technica ポータブルヘッドホン(ブラック) ATH-ES7-BK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:1000 mW
  • 重量:160 g

主に、通勤、出張時にMP3プレーヤーを聞くために買いました。当たり前ですが、イヤフォンでは味わえない音の表情が味わえます。特に低音は少し強調されすぎかなと思うほどです。携帯音源用としては全体としてコストパフォーマンスは高く満足しています。ただ、残念な点は装着感が例えばトライポートに比べて悪い事。個人的には許容できる範囲ですがもう少しソフトであれば言う事なしです。.

購入前に店頭で視聴した時は、数多くのヘッドホンの中で一番クリアな音がするという印象でした。実際に使って色々な曲を聴いてみると打ち込み系の音は最高だけど、クラシックのような生音だとイマイチでした。どんな曲を聴くかでニーズが分かれる一品だと思います。装着感は他の方のレビューにもありますが少しキツめな感じがします。コンパクトに畳めて鞄の中に縦に収納できる点は素晴らしいです。.

店頭で試聴した上で購入しました。これより少し高いboseのヘッドホンよりも、こちらの音のが好みです。まだエージングがなされてないので店頭のやつ程の音は出てないですが、これからが楽しみです。音漏れが少なく(大音量でなければですが)通勤通学の電車で使用するのも問題ないと思います。デザインもいいですし。i-pod用なのか白いのもあります。しかし、少しだけ難点が…。側圧が強く、耳が圧迫されて痛いことです。耳が小さい人はあまり感じないでしょうが、耳の大きい僕なんかが長時間着用するのは苦痛かも。まぁ、まだ慣れてないこともあるのですが。装着感はboseのが上かな?なので☆5に近い☆4ってことで。この値段ですので、なかなか手を出しづらいですが、それだけの価値はあると思います。とにかくヨドバシなどで1度試聴してみて下さい。ちなみに、ネットで購入したほうが安いです。.

14年前のヘッドホンですが、ポータブル可能な有線ヘッドホンの中では未だに上位に入るのでないでしょうか。音質は高音域が綺麗に聞こえ、低音域も若干強めにチューニングされてます。中音域はちょっと曇りがちですね。昔からそうですがオーテクのヘッドホンの抑圧は強めに作られていて、こちらのヘッドホンも強い方と感じました。このヘッドホンは断線し易いです。修理に2回出し、3回目断線で買い直し、今持っているes7は3代目となります。今だと中古で安価に入手可能なヘッドホンですが、当たり外れあります。個人的にこちらのシリーズの後継機となるath-es700よりもこちらのes7の方が音質的に好みです。新品で購入予定ならath-es750をお勧めします。リケーブルも出来ますので断線に悩まされません。デザインも良いですので好印象なヘッドホンではありますが、なんせ古いヘッドホンなので、今購入するなら20000円出せばもっと良いヘッドホンがたくさんあると思います。やはり音って人それぞれ好みってありますよね。色々ヘッドホン持ってますが、私は今でもこのヘッドホンの音は好きですのでたまに取り出して聞いてます。.

オーテクの¥2500のヘッドホンから買い換えました。このヘッドホンで2代目です。最初は「おや?」と思ったのですが、エージングをしたら驚くほど変わりました。初代に比べてこもりが無くクリアで、ベース等の低音もよく聞こえます。(まあ値段的に当然なんですが)見た目もなかなかクールですね。作りもしっかりしてます。ロック中心に聞く自分にとってはよいヘッドホンです。ただ、側圧はけっこう強いと思います。耳が痛くなってきます。付け心地は初代のほうがよかったですね。総じて、よい買い物をしたと思います。このままヘッドホン集めにはまりそうです(笑.

 数千円程度までのインナーイヤーやオープンタイプのヘッドホンしか使っていませんでしたが,密閉型でこの値段のヘッドホンを所有するのは初めてです. 今までのヘッドホンに比べて低音が豊かになり,音を細部まで感じる事ができるようになりました. 購入前に当初予算にしていた2‾3千円程度のヘッドホンを視聴しましたが,こちらと比べると見劣りするので近所の家電量販店では1. 5万円程度でしたがamazonでは1万円ちょっとの値段なので,こちらで購入を決めました..

今日(12時過ぎてるので昨日)商品が届きました。地元のビックカメラで1時間半くらい視聴して迷うに迷ってamazonで購入したのですが視聴して感じたとおり、音質が最高です鏡面加工も個人的にとても気に入ってます。(ただ傷つきそうで不安)オーディオ・テクニカは今までイヤホンを中心に使っていたのですが思い切って今回ヘッドホンを買いました。評価↓・音質 高音と中音の域が、とても綺麗に聞こえる。(低音に関してはイコライザの設定次第ですが。)個人的に好みの音で聴けます。・鏡面加工 とても気に入ってます。デザインとしてはとても良いのですが、ただ傷が付きそうで不安です。その他付け心地がとても良くてポータブルヘッドホンとしてはとても使いやすいと思います。 .

多機種には無いアルミ板が全体の雰囲気をいっそう引き立ててくれて、見た目も良いが、電車の中でも周りを気にせず音量を上げられるし、高音域の伸びが良い。MP3の音がCD並みに良く聞ける。このヘッドフォンはアコースティックな音楽などが向いてるのではないでしょうか。片出しコードなら星5つでした。.

自分はsony厨なので今までヘッドホンはsony製をつかってきたのですが、今回初めてsony以外の製品としてこれを買いました。 sonyは値段が高く、なかなか手が出しにくいのですが、これは比較的安価でコストパフォーマンスも最高だと思います。音質は初めは違和感がありましたが慣れれば問題ありません。重低音が若干強調されますが、中高音もクリアで慣れれば気になりません。音質という面では文句なしであと¥10000出しても買います(笑) 装着感ですが、これは他のレビューにあるように最悪です…。圧迫が強く、長時間使用すると耳が痛くなります。イヤーパッドも堅く、違和感アリアリで嫌いです。頭の頂点も痛くなることもあります。装着感という面で見たら半額でも正直要りません。高い金出してでもsony製の方が断然いいと感じましたとてももったいないなぁと思います…。 音質のコストパフォーマンスと長時間使用しないという目的ならかなりオススメです。性能の高いヘッドホンが欲しい、けどあまりお金をかけたくないという人には特にオススメです.

屋外用のヘッドホンはphilips shl9600・akg k518dj、そして当機をメインに使いまわしている。それぞれに固有の長所があり、且つ十分な実力を持っていてどれも気に入っている。ただ、「この中で不満が多いのはどれか」と聞かれたら……当機になってしまう;寧ろ性能面では、他の2機種よりも勝ると思うのだが。題名通り、音質以外の面で不満が多くて…低域が一番強い。ローエンドまでしっかり鳴るし、量や厚みも十分。締まりは今一つか。中域はやや少なめで低域に負け気味になるが、極端に埋もれることは無い。高域は十分な量があり明るく派手、ハイエンドの伸びも良い。その割にシャリつきは少ない。分解能は中々良い。音の分離そのものは勿論、表現力に於いても十分な実力。音場感は今一つ。単純な広さはサイズを考えれば悪くないが、立体感に乏しい。かなり平面的。非常に鮮やかな音だが、低域の強いソースでは曇りが出てくる。篭りもかなり気になる。前述の通り、音域のレンジ・分解能といった性能面ならes7が一番良いと思われる。音場感が唯一の弱点か。とはいえ、他の2機種と比べて大きく劣るという程ではない。兎に角、明るく派手な音。国内メーカーの機種としては貴重なキャラの持ち主。言うまでもないが、ロック・ポップス・打ち込み系との相性は抜群。ノリ良く楽しく聴ける。当然ながら、クラシックやジャズには合わない; k518djの方がまだ何とか聴ける。とはいえ、shl9600よりはマシか。性能面での実力差が、ここで露になるといったところ。さて、ここからは不満の列挙wまず、装着感が悪い。他の2機種も良くはないのだが、長時間でなければ然程問題ない。しかしes7の場合は、かなり早い段階で辛くなってくる。ダイレクトに痛い、という感じ;遮音性・音漏れは特別悪くなく、大音量でなければ電車・バスで十分使えるのだが…遮音性ではk518djより一段劣る。shl9600よりも僅かに劣る。更に音漏れの少なさだとshl9600より一段劣る。k518djよりも僅かに劣る。何より、一番の不満が……この機種のセールスポイントでもある「鏡面仕上げ」。確かにデザインはかなり良い。作り自体もしっかりしていて、流石はmade in japanなんだけど…指紋が目立つのがホントに嫌w 他人の目がどうこうではなく、単純に「うんざり」って感じ;朝夕だと、日光の反射で周りに迷惑を掛けるだろうし。iPodの裏面同様、細かい傷もつきやすい。オーテクさん、是非とも新機種・es55と同じカラバリも追加して下さい;正直これもk518djと同じく、評価を星5つ or 4つで迷いますたwとはいえ性能面の良さ+楽しく聴けるキャラの立った音、を買って5つ星。今後も販売継続して欲しい機種。で、願わくば装着感の改善&非鏡面バージョンの追加を;.

Boseのtriportとの一騎打ちでした。ヨドバシでその他のhpも試聴しましたが圧倒的のtriportの音と着け具合が良く決めかけていました。音質は、低音も良くでますし、主観ですが全体的なバランスも良い感じでしたが、ath−es7に軍配を挙げた訳はやはりcpの高さだと思います。低音もよく出ています。解像度は、主観ですがtriportが上だと感じました。また装着感もtriportが上でしょう。ath−es7は、ipodなどのデジタルオーディオ向きとのフレコミでしたが、デジタルオーディオを聴くならカナル型のイヤーホンの方が、音も良いし携帯性にも優れていると思います。私は、インドア向きに購入しましたがハウジングも耳全体に覆いかぶさる程、大きくなく蒸れの懸念もありませんので、良いと思います。難点を挙げるならば、コードが短いので延長コードを添付して欲しかった事。ミニプラグonlyなので、ステレオ標準変換プラグを付けて欲しい。boseやappleなどの商品は、値崩れを余りしませんがオーテクなど国内メーカーの商品は、値崩れを起こし易く購入後に価格が以上に下がったなど、茶飯事です。安いのは、歓迎しますが同一商品の価格差は買った後『うわ!損した』と声に出して言ってしまいそうな勢いですので、余り極端な値下げは止めて欲しいです。最後に〆る事は、ヘッドホンなどは試聴してからの購入をお勧めします。なるべく沢山の商品を聴き比べて自分好みのhpを探しましょう。音には、人それぞれの好みがありますし聴くソースが違えば尚更です。.

電車の中で聞こうと思い購入。遮音性はイマイチ。よく音漏れするので気をつけるべし。中、高音域ともにgood。細かく音が鳴っている。低音が好きな人にはあまりお勧めできない・・・。なんといってもこの性能につりあわないのが装着間。自分は一時間つけていると耳が痛くなり、イライラしてきます。どんなに良いhpでも着けられなければ意味がないなぁと思い今はティッシュ箱に挟んで矯正中。試着して買うべし。.

店頭に視聴しに行ってから、購入しました。とにかく、音質のよさで決めました。エージング前は、音がこもっていたり、バランスが悪かったのですがとりあえず6時間くらい鳴らしっぱなしにしたら、それだけでも音は格段によくなりました。解像度の高さには驚き!!テクニカは、高音・中音・低音域のバランスが本当に素晴らしい!!聴き比べて素直な感想は、価格が1ランク上のsony mdr-1よりはるかに音はいい。高音域は、楽器の響きまで聞こえる。でも、耳に刺さるほどではなく聴きやすい。テクニカの高音の良さには鳥肌がたつ!!中音域は、ボーカルがはっきり聞こえる。低音域は、ポータブルのなかでは大きいほうだと思う42mmドライバーのおかげで、バスドラのリズムやベースの動きもよく聞き取れる。超低域まで出るので心地よい。引き締まってる。音漏れは、ipod,ウォークマンともにボリューム真ん中だったら全然気になりません。弱点について装着感は締め付けや頭のてっぺんが1時間で痛くなるので、音がいいだけにもったいない!ケーブルが直接切れることはないが、2年でヘッドフォンの中で断線してしまったので、きをつけてほしい。デザインはシンプルで高級感があっていいが、ヘッドフォンケースに入れる際、ミニプラグがハウジングにあたってしまい、傷がついてしまうので、プラグは袋の外に出しておいたほうがいい。レビューは参考にしてほしいが、まずは店頭で視聴してみてほしい。音の良さには感動するはず。正直言って今なら9000円くらいで買えるのでお買い得。他のヘッドフォンと聞き比べて、20000円以上の音はすると感じた。.

ベスト audio-technica ポータブルヘッドホン(ブラック) ATH-ES7-BK 買い取り

This entry was posted in イヤホン・ヘッドホン本体 and tagged . Bookmark the permalink.