Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ダイナミックヘッドホン ATH-W1000 – 国内密閉型ヘッドホンの中でも屈指の性能

購入当初はここのレビューで読んだとおり 低音がないなーと思ってましたしかし使っているうちにこの音の軽快さ!いいな!と思うようになり 、聴いているのが気持ちよくなりました(笑)女性ボーカルが綺麗で、響くので聞くのに没入できますね 長く使っていきたいと思います。.

密閉型とは思えない音場と、高い解像度、分解能には本当に驚かされました。スピーカーが好きでヘッドホンはあまり…って方にお勧めしたいです。中音域重視で、上下ともに深く、高音のキラキラとした感じを除けば極めて原音に忠実だと思います。(高音の問題点もエージングが進むにつれ、随分収まってきましたが)スピード感、堅さなどはあまり有りませんが、艶があり、「麗しい」という形容詞が極めて良く似合う感じがします。クラシックやピアノ曲などに極めて向いていると思います。逆に最近のj-popなどを聴かれる方にはあまりお勧めしません。付け心地も非常に良い、欠点が見当たらないようなヘッドホンですが(仕方が無いとはいえ)少し重く感じたので★引かせてください。.

社会人してました(月の手取りは18万ぐらい)が、辞めてニートになりました。求職活動してるんですけど不採用の連続で、社会人現役中に貯めたお金が底をついてきました。これを実質45000円で買った時はすぐ再就職できると思ったのにー . こんな私がこのヘッドフォンを買おうと思ったのは、周囲に音が漏れず、かつ最高の音を鳴らすヘッドフォンを探そう、ということでした 。お金は自分としては最高上限額を50000と決めて電器屋で購入。密閉で一番高値(50000円以下で)なのがこれでした。 ワクワクしながら家で聴いてみたら、低音のズンズンした迫力が無いし、何かスカスカした感じ。家族にも音がうるさいと怒られるし、音漏れ杉 。色んなサイトで情報みたら、みんな低音が弱いって言ってるし 。大金出したのにー。低音のズンズン響くのが好きなのにー 。 しかし、エージングというものを信じて半年以上使い続けました。使い始め当初よりも低音が出るようになったと思います。私は専門的なことは全然分かりませんが、上品で締まりがあり良く伸びる低音を出してくれます 。聴く曲によっては今まで出会った事のないような低音が心地よく耳を刺激します。ですが曲によっては前に使ってた安物のヘッドフォンで聞いた低音のほうが良かったなあと思う事もあります。 高い買い物です、低音好きな人はよく考えて買いましょう。シンバルやギター音や叩く系の表現は素晴らしく、新しい音の世界を発見できました 。 色々語りましたが、これからもずっと愛用していきたいな、と思ってます。そんな愛嬌がこのヘッドフォンにはあります 名前は、「千ちゃん」です 千ちゃん、これからも、よろしく.

デザインが良い。音は良くも悪くもオーテクって感じ。探せばもっと安く買えるところもあるが、この値段でも満足できる。.

漆塗り、木製ハウジングの高級感溢れるヘッドホン。音にの響きに艶があり、ドコの誰でも音楽に浸れるまったりさ加減が最大の特徴だと思います。独特の味と深みのある低音を奏でるので、ヘッドホンを知らない人にでも分かりやすくお勧め。ただ、プラグの形状が標準ステレオプラグなので、できれば、せめてミニコンポ以上の機材に繋ぎたいところ。本当にもっと活用したい場合はヘッドホンアンプのath-ha2002と一緒に活用するといいと思います。.

この価格帯は、趣味の世界。想定外な音が響くことはなく、清涼で明快な演奏を聴くことができる。w5000に比べて明るめの音質のように感じる。カラーリングも明るめ。桜材なので、日本人の心を表わそうという意図で作っているにちがいない、と一人合点。無垢素材を磨いたみやび、かな。好みと感じる方は沢山いらっしゃる。これからも、きっと。.

このヘッド・ホンの一番のセールス・ポイントはなんといっても高音。煌びやかなシンバル音が堪りませんその他良い点を挙げてみると。  ・適度に締まりのある質の良い低音 ・密閉型に特有の籠り感が無い ・解像度が高い ・音場は狭めだが、音場定位は良い ・明るく、暖かみがあり、しかも非常に鮮やかな音を鳴らすといったところでしょうか。次に、悪い点というより好みの問題で、合う、合わないが分かれそうな点も挙げておきます。  ・低音の量が豊富ではない   低音大好き、といった方には、量が不足しているように感じ、不満を持たれるかもしれません。私個人は、必要量は出ていると思いますし、妙に低音を膨らましていない分、むしろ自然な感じがするので、好ましいと思っていますが。ちなみに、私はロック、ブルースを中心聴き、ジャズも少し聴きます。クラッシックは聴きません。  ・耳の近くで鳴っているように感じる   迫力があり臨場感を感じると思う反面、合わない人は不快に感じるかも知れません。実は、私も慣れるまで、苦手でした。特に、オンマイクで録っているソースなどは、こそば痒いというかなんというか気持ち悪かったです。我慢して聴いているうちに、なんとか慣れることが出来ましたが。  ・原音忠実性が低い   この機種は、いわゆるモニター的な音の対極の鳴らし方をします。音域のバランスはフラットで自然な感じがしますが、音色自体は、かなり味付けされている音だと思います。いわゆる原音忠実性は低いと思います。人によっては、不自然な音と感じるかもしれません。 私にとっては、デザインも含めて個性的で魅力のある機種であります。質感も高級感に溢れ、所有欲も満たしてくれます。 ただし、かなり個性的な機種だと思うので、好き嫌いが極端に分かれそうです。高い買い物ですので、できれば試聴してから購入することをお勧めします。.

 主にクラシック音楽を聴いており、他には、ゼンハイザーhd570(symphony)、スタックスのsrm-001mk2、ソニーのmdr-z600、mdr-cd900st、ノイズキャンセリングとしてソニーのmdr-nc22、オーテクのath-anc3などを使っています。 まるでコンサートホールの臨場感を自宅で味わうために開発されたのではないか、と思われるような木製ハウジング、アコースティックな楽器の良質な録音ならば、硬質の木に跳ね返る響きを感じることが出来ます。まるで板張りの部屋で聞いたときのような、独特のすばらしい響きです。 私は、昔に量販店で試聴した、この木製ハウジングの響きが忘れられず、いつか買おうと狙っておりました。ただ、コンパクトなモノが欲しかったので、なかなか踏ん切りがつかず、数年前、コンパクトなath-esw9が発売されたときは「これぞ、自分が求めていたヘッドフォン」と勇んでお店に行って何度も試聴しましたが、ドライバーの大きさ(?)か、木の材質か、形状か、どうしても自分には木の響きが広がる感じが不足気味で納得できず、その後の限定版(ath-esw10)も含め、購入しませんでした。 オーテクの木製ヘッドフォンは、現行(2009年10月)、この上にath-w5000と下に耳掛け型のath-ew9がありますが、w5000は個人的な予算の問題から除外、ew9は音は好みでしたが、その形状から音漏れが凄いので自分の用途では外れました。 そんな訳で、もし、このath-w1000がesw9のように耳の部分を90度回転して収納可能か、ソニーのz600のような折りたたみ式で、ステレオミニプラグが標準ならば即買っていたと思いますが、やはり嵩張るだろうなと、ずっと躊躇して時間が過ぎ、いつのまにか後継機が発表され…後継機も大きさなど、変わらないようなので、少々消極的な理由でしたが、アサダ桜の響きが忘れられず、購入に至りました。 予想通り、すばらしいヘッドフォン。確かに中高音寄り、どっしり感はありませんが、よく聞くと「これでもか」というぐらい色々な要素を丁寧に再現しているのが分かります。低音は少ないというよりは、余計なものをそぎ落として必要十分な音をきっちり再現している印象、高価なヘッドフォンでも時々、電気的で不自然に強調された低音に出会うことがありますが(個人的にはゼンハイサーのhd570など上位機種の気持ちの良い、立ち上がりが好みです)、この機種は、プレイヤーとアンプの能力以上に頑張らない感じが好印象です。元の再生がしっかりしていれば、音源に応じてイコライザーで好みに調整すればよい訳ですし、自分には全く問題なしです。 「少々近くで鳴る感じ」、これは好みの問題かもしれません。極端な言い方をすれば、オーケストラのcdを聞いて、自分の目の前で一人一人の奏者がソロを演奏する感動を得たいか、2階席の一番後ろで、全体の響きを聞きたいか、ということにつながるかもしれません。本機種は、密閉型なこともあり、どちらかというと前者寄り。 ただ、そもそも、木に跳ね返った独特の響きと音場感(幅広さ、奥行きなど)が、ヘッドフォンという「限られた」条件下で、どのくらい両立するのか、とも思います…音場感を求めるならば、外の空間(空気)を最大限利用できる開放型タイプが有利だろうし、開放型にすれば木の響きの良さを十分に生かせそうにない…この辺りは、使い分けで対応するのが良さそうです。 まぁ、このヘッドフォンには、そんなことを吹っ飛ばしてしまうだけの独特の世界があります。要は、その「独特」を魅力と感じるか否か、という辺り… 新品の音と量販店などで何年も毎日鳴らされている音は全く違う印象でした。なので、是非、試聴なさって気に入ったら購入することをお薦めします。弦楽器や歴史あるホールを見れば明らかなように、木の響きは時間の経過、その間どのような振動を加えるかで、大きく変わります。このクラスの木材がどの程度変わるか微妙ですが…理由はともかく、だいぶ違うので、良く鳴らされたヘッドフォンの音で判断なさることをお薦めします(購入後は、良く鳴らされた音を目標に、初めは少し多めにイコライザで調整し徐々に減らす、あるいは、がんがんエージング、その辺りはお好みで…)。あと、このシリーズは、モデルチェンジの度に幾分高くなる印象、木の材質も度々変わるので、(特にアサダ桜の製品は)タイミングを逃すと手に入りにくいことも注意点かもしれません。 自分の聞くジャンルの音楽で聴き比べて、この独特の響き(木の残響など)を気に入るならば、満足度が高いヘッドフォンになると思います。.

利点と欠点

メリット

  • 木製ハウジングの独特の残響を感じられるヘッドフォン
  • 音の深さを感じます。最高!
  • 圧倒的透明感

デメリット

クラッシック、ジャズなんかにおすすめです。よく言われているように低音があまり鳴りません。向いているものとしてバイオリン、ピアノ、人の声、ギター、パーカッション、フルート、などがとても綺麗。個々の楽器の音を一つ一つ聞かせるようなものに向いています。意外な所で手をたたく音がとても本物っぽく聞こえます。逆に向いていないものとして大編成のオーケストラ。空間的に広がって聞こえず、頭の中で鳴っているようで違和感大です。なぜか音源の数が増えるといまいちです。それから期待してたのにがっかりしたのが、チェロ。低音は鳴りません。.

ピアノ歴27年の私が認めたピアノ音をより美しく聞かせるヘッドホンはこれです。夜間電子ピアノを練習するため、ヘッドホンをずっと探していました。使用しているのはr社の電子ピアノですが、ヘッドホンなしで弾くより、本物に近いピアノ音を再現し、より美しい音色を響かせます。着け心地もよく、値段以上の価値があるとおもいます。半信半疑で買いましたが、当たりの逸品、前者の方のレビューを信じてよかったです。.

Ath-a700を4年ほど使用し、ath-w1000に買い換えました。やはりath-a700とは良い意味で違う音がします。購入候補は、ath-w1000xと迷ったのですが、長年同じモデルを生産していたath-w1000に決めました。北海道産アサダ桜というのにも魅力を感じました。新しいath-w1000xの見た感じより、個人的にはかなりの高級感を感じます。コスト削減をまったく感じない機種。そして音質の方もath-w1000x、他社の製品に比べてもまったく衰えるところは無いと言えます。初めに出る音は、高音重視、低音出ない感じは確かですが、毎日使用していると、低〜高音までかなり深い音が出てきます。使えば使うほど、音が良くなってくる、音が広がっていく、感じが分かる機種だと思います。生産完了しましたが、この機種より良いよというのは、同じ価格帯、もしくはそれ以上の機種でも、有るとしたら数少ないと思います。まったく古さを感じさせない機種だと思います。新製品が出ても、ath-w1000のが良かったな〜と感じれる、買って後悔はしない機種だと私は思います。これからこそ、このath-w1000がどれだけ素晴らしいヘッドフォンだったかが分かると思います。これからも色褪せることは無いでしょう・・・と私は思います。これからも長年愛用していきます。.

低音域が弱いことと高音域のきらびやかさが、この機種の音質的な特徴でしょう。ドラムやバスなどの打ち込み系は苦手ですが、クラシックなどの管弦楽系はとても綺麗に鳴らしてくれます。真空管式のヘッドホンアンプとの組み合わせが合うようで、さらに温かみを増します。外見としては桜無垢材ハウジングが美しく、保持欲求を満足させてくれます。音質から判断すると、総じてアンバランスなヘッドホンには違いありませんが、それを補ってあまりある魅力がこの機種にはあります。それは、温かみのあるきらびやかな高音域と外装の美しさで、他のヘッドホンでは換えが利かない美点です。.

現在使用中の密閉型ヘッドフォンはath-a500、ath-a900と、このath-w1000だけですので比較してみたいと思います。ath-a500刺激的なところがなく、低音、高音ともに良く出ていて、バランスも良い。ともかく長時間聴くのに向いているので、毎日パソコンで作業をするときに使用しています。ath-a900高級ヘッドフォンの音がする。伸びのある低音、大変につややかで美しい中高音。高音域も良く出ています。ath-a500と比べると明瞭な音です。これ1本あればオールマイティといえるかも知れません。ath-w1000このヘッドフォンはすごいです。なんといっても、解像力が抜群で、なおかつ密閉型なので、必要な音を逃がしません。見た目も美しいアサダ桜のハウジングとゴールドのプラスチック部分も丁寧な仕上げとなっています。購入当初は高音がきつすぎましたが、普通に聴く程度のエージングで徐々に自然な音になっていきました。audio-technicaのヘッドフォンはどれも装着感が良いですが、このath-w1000がもっとも楽です。ソフトな側圧とパッドの柔らかい素材(クラリーノ)のためだと思います。すばらしい解像力、美しい外観を考慮して、コストパフォーマンスは高いと感じました。.

アパート住まいということで、大音量で聴きたくなった時のために購入。 いやぁ、素直にいい音だと思います。 スピーカーは木製が一般的なのに(とはいっても最近のミニコンポはプラスティックの場合もあったりしますが)、どうして同じ音を出すシステムのヘッドホンには木製のが少ないのでしょうか(持ち運ぶ時に強度的に問題があるせいでしょうか…)。やっぱり木製だと響きがいいですねぇ。 装着感もいいです。イヤパッド(耳の周りに当たる部分)には人工皮革のクラリーノを使っているそうですが、大きいヘッドホンの割に長い時間付けていても疲れません。フィット感も普通の頭の大きさの人なら問題ないと思いますよ。付けている時は疲れない、というよりもむしろ気持ちよいです。 このヘッドホンには十分満足しているのですが、もう少し安価な木製ヘッドホンもあって欲しいなというささやかな願いを込めて星を一つ減らさせていただきました。.

誰でも一度は理想として考えた事のある一切の篭りがないボーカルそれがこのath-w1000であると思います。高音が金属質で煌びやかでありながらエッジはキツくなく澄み切った空間から出てくる艶のあるボーカルが素晴らしい低音は量が少なく柔らかい質感イヤーパッドのふわふわした感触、布巻きコードの肌触り高級機を購入したと確信させてくれる美しい外観と質感も大きな魅力の一つです。メーカー保証が3年なのも魅力欠点があるとするならば、専用のケースと標準からミニへの変換プラグが付属していない点.

私はクラシックギターを弾きますが、このATH-W1000はまるで木製楽器のような面があります。ギターで高級と言えば表板にジャーマンスプルース、側・裏板にハカランダでしょう。このW1000のアサダザクラはカバの木の仲間だと思いますが、コレすばらしい鳴りです。かつてP社のF30と言う2ウェイのでジャズを聴いたことがあります。そのとき以来の感動が、このW1000にはありました。音像がくっきりした、パワフルで深みのある音です。いろいろなジャンルの音楽をかけて鳴りをさらに良くする楽しみが、このヘッドフォンにはあります。.

音の傾向はやや中高音寄りで、特に木製ハウジングによる柔らかでぬくもりのある音と、艶の乗った中音域、さらによく伸びる繊細な高音域が特徴です。音の解像度、分解能も高く、この価格帯のヘッドホンとして申し分ありません。本機は低音域が弱めとの指摘をよく受けるようですが、私はそう感じませんでした。低音もよく伸び、クラシックやポップスを聴くのにも物足りなさを感じることはありません。木製ハウジングのヘッドホンでありながら、幅広いジャンルの音楽をカバーできると思います。このヘッドホンの魅力は、ピアノの音を聴くときに最大限発揮されるように思います。弦楽器や打ち込み系の音との相性もなかなかです。中音域に艶が乗っているので、女性ボーカルものとの相性もよいと思います。高音域がキラキラしすぎて味付けのある感は否めませんが、それを差し引いても素晴らしい性能のヘッドホンだと思います。音質もさることながら、北海道産アサダ桜の赤色ハウジングと金色のカラーリングも豪華で、所有欲まで満たしてくれる完成度の高いヘッドホンだと思います。.

特徴 audio-technica ダイナミックヘッドホン ATH-W1000

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:2000mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:標準プラグ
  • 周波数帯域(L):5Hz, 周波数帯域(H):40000Hz

装着間:ごつい見た目以上に装着間は軽く、付け心地がいい。音質:フラットな音質で非常に解像度が高い。   密閉型にしては音場が広くて俗に言う密閉型らしい音ではない。   ダンピングが強くドラムが非常に気持ちよく聴こえる。   間違いなく国内密閉型ヘッドホン中でもトップクラスの音である。   コストパフォーマンスにも非常に優れているので、買って後悔することはほとんどないと思う。   .

ベスト audio-technica ダイナミックヘッドホン ATH-W1000 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.