Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型イヤホン ブラック ATH-CKM300 BK – ipodで聴くには十分

ショートコードのイヤホンが欲しく2年くらい前にckm500を使ってたのを思い出し探したが500はもう出品者のしかなくかなり高額だったので300を注文。500より低音が控えめだが高音やボーカルはしっかりと聴こえて懐かしさを感じ安心する音。500がすごく気に入っていて壊れた時は悲しかったがこの300は大事にして長持ちするようにしたい。音の解像度は中々よくこれの後継機であるckrシリーズよりこっちの方が気に入っている。低音は控え目なのでドカドカ大好きな人には向かないので注意、しかしボーカルメインやピアノやバイオリンなどの高音などがメインの場合は中々の再生能力を発揮するのでオススメできます!.

Ckm-33 whを愛用していたのだが、ふとしたミスで片耳のハウジングを踏み壊すドジをやらかし交換。33のラストセールもあり(かなり安い)迷ったんだが出たての割りにお買い得価格と思い購入。で、使用感からだがドライバーなどのサイズは変更されないのに非常に耳のフィッテイング感が向上している。耳介の中で暴れることもなくイヤーチップをlサイズにして(個人的な耳の問題だが、オーテクのこのチップではlサイズの方が音質的に向上するサイズのようだ)キッチリ遮音性も確保できるようになった。エージング無しの音質だがボーカル域の歪感の少なさは33譲りだが、何より増して低音域の量感が増したことがhi上がり!と思い込んでいた33シリーズのイメージをいい意味で裏切った。共鳴箱や能率落としのレジスターで音を捻繰り出すのではなく大きめドライバーを質量で押さえ込む音質の向上のさせ方は好ましいと思えるのでドライバーと音道の配置を細かくチューンしたことが音質向上に繋がったと喜んでいる。オーテクの耳型師と自分との相性がやっと合ってきた感じがする。ただ300が万能ではない所して、多少大きめの音量時にボンつく事と、エージング未了だとまだサ行に引っ掛かりが有るところだろう。空間のエコーや音場感もこの下のランクでは得ることができないが、上には上があるわけで。.

このイヤホン自体がお気に入りで、安かったので黒にしました。カナル型イヤホンの中ではコスパがいい方だと思いますが、そもそも私はそんなに音にこだわりがないのである程度の物として購入しました。商品自体は至って普通の使用感であり、耳に装着する部分も3種あるのである程度までの耳の穴のサイズに対応しているでしょう。ただ、コード自体はそれほど強度が高いものではなく、比較的粗く使えば容易に断線します。商品自体に問題はありませんでしたが、外層は汚れだらけで中もホコリまみれという非常に悪質な状態で届きました。間違えて中古品を購入したかと思う程度には汚れています。商品自体には(新品のはずなので当然ですが)使用感はなく、自分で一度きれいに手入れをしてから使用しています。パッケージなどを保管されたり、外装のきれいさを気にされる方はdcm以外で購入されることをおすすめします。.

元々オーディオテクニカ製を使用していましたが、度重なるケーブルの引っ張りについに片側の音が出なくなりました。胸ポケットに入れたIpodを利用する事が多いのと、携帯電話用の変換ケーブルの長さが有るので60cm程度で手ごろな物を探していました。今は利用していませんが、延長ケーブル付属で思った以上に高音がクリアで満足です。.

低音域から高音域までダイナミックレンジが広く、聞いてて疲れない音質です。.

以前使っていたヘッドフォンのコードが切れたため、購入しました。前と同じ、同社の製品で安価でいいものを求めていたところ、他のレビューを参考に購入。音質、フィット感ともに良好で、とても満足しています。高級品にはかないませんが、とても良い製品だと思います。高音:中  低音:中の上  エージング途中ですが、こんな感じです。.

Bluetoothとの併用で、朝の散歩が英語学習の時間になりました。耳へのフィット感、コードの短さ、全体の軽さ、いずれも満足です.

Ipod専用イヤーヘッドホンより音がよくて活躍しています。長さを調節できるのが良いです。.

利点と欠点

メリット

  • 60cmに価値がある。
  • 素晴らしい!
  • ipodで聴くには十分

デメリット

Ipod用に購入しました。色々、批評があるようですが、安価(\1500)で購入したこともあり、大変満足してます。エージングなんてハナから信じていないし、低音だ高音だと微妙な音の違いなんてわからないド素人です。そんなド素人がipodで使って問題ない、むしろ今までの千円台のイヤホンよりは音も良く聞こえてます。元々、ipodそのものが大した音質ではないので、気にならないのかもしれません。なので、他はわかりませんが、ipod用に購入するなら、何の問題もありません。衝動買いでポチっても後悔しないと思います。他の機器はわかりません。そもそも音質にこだわるならヘッドホン買えよと思いますw.

音の分離に関してはあまり良くは有りませんが、低音~高音迄バランス良く鳴ってくれるイヤホンです。真鍮製スタビライザーのお陰で柔らかい優しい音質で、音量を上げても高音が耳に刺さる事が有りません。本体が小さいので耳へのフィット感も良いと思います。私はマウスコンピューター製のスティク型mp3プレイヤーを庭の芝刈り時に胸ポケットに入れて使用している為、コード長が120cmの物では長過ぎて60cmの物を探していましたが、なかなか無くsonyの mdr-nwnc33を繋いでみましたが低音が強過ぎ高音が弱過ぎで私が使用しているプレイヤーにはこのイヤホンが相性良いです。現在、同イヤホンを使用していますがメーカーのサイトにて「生産完了」と書かれていたので断線した時の為に予備にもうひとつ買いました。徒歩通勤30分時には、ウォークマンのスティク型を使用していてこちらには無論mdr-nwnc33の方が相性良いです。私のようにコード長が120cmの物では長過ぎると思っている方はmdr-nwnc33かこのイヤホンをお勧めします。ちなみにmdr-nwnc33も古いモデルですので、いつ販売終了になるか分かりませんのでこちらも予備にもうひとつ買いました。.

音質も装着感も値段相応ものすごく良いわけでもないですが、大きな欠点もありません。80~85点位で十分合格点です周波数帯域5~24,000hzなのでこの価格帯のイヤホンの中では若干音質は良い方でしょうかやっぱり60cmケーブルは取り回しが楽ですね私はicレコーダーや、音楽端末を首にぶら下げてイヤホンで聞くことが多いので60cmはベストバランスです。今主流の120cmだとケーブルが余って、邪魔で仕方ない。60cmのショートケーブルは端末によってはベストバランスなんですけどね。他社さんにもラインナップを強化して欲しいものです。.

691円のパナソニック製に音質で負けています。ただし利点として、60cmのコード長さは評価します。.

スマホで使用すのに探していました。長さの調節が出来るのでなかなか良かったです。.

音質に拘らない人の高音質ならこのくらいで満足です。カナル初体験の私ですが、以前は耳の中に置くだけの開放型というのでしょうか安い平らのc320を使ってました。まぁ、聴いて慣れないと音質に拘らない人はわからないと思います。.

コード部が服に触っただけで、そのノイズがボンボンとイヤホンから聞こえてきます。音楽を聴いてているどころではありません。音楽を聴くという目的が達せられないので、イヤホンとして機能しません。(あくまで個人の感想です。).

リピート買いです。1つ目のケーブルを引っ張ってしまい、きってしまいました。安いけど音質は悪くないと思います。耳にフィットしないものが多いのですが、これはフィットしたので気に入っています。.

【音質】このモデルより下のものを使っていましたが、そちらの方が音質的にはバランスが取れいていました。悪くは、ないけれどソニーの同価格帯のものと比べると再現性や音の広がりはない感じで特徴もあまりないメーカーだと思います。一言でいえば、消極的と言うか保守的な感じであまり個性がないそつない音です。しかし、このckm300は、下位モデルよりも音質が著しく悪いと感じます。低音は、スカスカで中・高音は、耳が痛くなるようなシャリシャリと言うかバリバリと言うか無骨な音です。ラジオのようなエフェクトがかかったかの様な感じで、空間の広がりもまったくありません。カスカスした中・高音がバリバリに前に出てくる感じです。下位モデルだと長時間使用しても特に耳が疲れる、痛く感じることはなかったのですがこのモデルは、10分位で耳の疲れや耳鳴りがしました。一ヶ月位かけてなじませてみたら、使えなくはないですがやはり下位機種の方が良い音質です。【耐久性】オーディオテクニカのカナル型を4本使ってみましたが、3本は保証期限を過ぎてまもなくハウジングの接着剤が劣化してハウジン部が2つに割れる現象が必ず起きました。また、左右が分岐する部分でどちらかが接触不良になって音がならなくなるものもありました。今回のckm300が4本目ですがこの商品は、非常に劣悪だと思います。買って2ヶ月で右側のハウジングが剥がれ始め、修理に出すのも面倒なので自分でボンドで貼りました。4ヶ月目には、突然左右分岐部分で右側のラインが根元から接触不良を起こしました。skypeでは、片方しか使わないのでskype用にしようと思い左だけ使っていましたが右側が断線して数日後に突然ポロっと左のハウジングが剥がれてパックリ2つに割れました。友人もオーディオテクニカのカナル式を使っていて、購入後半年で断線したと言っていました。正直、こんな短期間で断線やハウジングが剥がれるのは粗悪な接着剤を使っているとしか思えません。【対応】メーカーの対応も最低でした。もう、二度とオーディオテクニカの商品なんて買いたくありません。.

特徴 audio-technica カナル型イヤホン ブラック ATH-CKM300 BK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:200 mW
  • 重量:5.2 g

とにかく高音がシャリシャリする。低音もこもった感じだし、ウォークマン付属のイヤホンとたいして変わりません。それどころか1000円台のイヤホンの方がまともに聞けました。.

流石audio-technicaですね。¥1500で買えたのですごく良かったです。タッチノイズが気になりますがshure掛けしてるので問題なし。.

同価格帯のイヤフォンの中ではトップクラスでしょう。高域・中域・低域、全てに於いて主張が強くなく、ユーザー好みのイコライザ調整で音楽が楽しめます。もちろんフラットな状態での音楽鑑賞にも充分耐えます。.

気に入ってます。音質、装着感、ノイズ等も全く気にならず、とも満足です。.

値段並みかと思っていたら期待以上。ヘッドホンていつ断線するかわからあい。そんな時の予備に最適。.

音質がよく合い気にいっています。価格は手ごろだと思います。ただし左右の表示がもう少し大きい方がよいです。.

以前、使っていたのが、片側が切れてしまったので買い替えです。長さが60cmでY型なのが購入のポイントです。付属の延長コードは別途PCにヘッドホンをつけたりする際の延長に使えるのがいいかも?基本、MP3再生用に使っており、音質に余り拘っていなので満足(価格相応)しております。次回も購入したいと思います。.

このクラスとしては大変良い音質だと思います。低音もしっかりしています。他にも、ATH-CK323を購入して使いましたが、高音は良いレベルですが、低音はさっぱりでした、比べてよくわかりました。ドライバーの径の差でしょうか・・・。.

家電量販店で購入聴き始めて2日あたりなので、まだ耳に馴染んでないかもしれませんが全体的には良いと思います。高中音域はそこそこきれいにでます。低音域は少し弱めかもしれませんが十分聴けます。総合的にみるとクリアでこもった音がなく、音質も3000円以下なら最高峰です。突出した所はありませんが、一つ一つの音が聴こえるので3000円以下のイヤホンを探している方にはオススメです。.

確かに「低音どうしたの?」くらい鳴ってないですが、イコライザー調整次第で、ものすごく良くなります。中温域は芸術的な伸びと広がりで、脳の真後ろからスコーンと音が入ってきて「うわ!」っと声が出ちゃいました。金額以上の音が楽しめるのは間違いないです。素晴らしい!短いコードがちょっと短くて付属コードで延長するかどうか迷う微妙な長さなので☆-1です。.

前からck303mを2本持っていて、壊れたり古くなったので、店頭でck323mと同じ値段だったこのckm300を買いました。フュージョンを今聞いていますが、ソプラノサックスってこんな感じ!というフラットで素直な音に交換が持てます。つまりどこかが過度に強調され過ぎず、オーディオで言うsn比の良い音なので、こういうのは、小音量で長時間聴いて疲れないし、しかも音楽はきちんと聞かせる。この値段でこの水準であれば、あえてこれ以上高い値段のものを云々といわなくても、音楽は十分に楽しめると思います。.

Bluetoothヘッドセットに繋げて使用するので、0. 6mのショートコード、かつy字型のイヤーホンを探して辿り着いたのがこの商品。ボーカルは気持ちこもりがちに聞こえていたが、慣れてくると気にならず。また、思ったより重低音が強調されて聞こえるのが特徴でしょうか?実売価格2千円程度と考えた場合、なかなかバランスが良い商品だと思います。.

某家電量販店で購入しました。前まではcks77を使用していました。エージングがまだですが感想としては、高音  :★★★★☆低音  :★★★☆☆音の分離:★★★☆☆といった感じです。ドンシャリではなくどちらかというとフラットに近いです。価格の割にはかなり性能がいい方だという印象を受けました。高音がやや強めですが、刺すような感じは全くありません。とても気に入りました。.

CKM500を購入ご、余りに良かったのでサブ機として購入。500ほどの素晴らしさでないものの、コスパは最高です。.

最初は全く音がクリアに聞こえません。かなりくぐもった音が聞こえます。なのでエージングをしてみました。ipodを使用し、まず2時間最大音量で流し続け、それからは4時間連続で音楽を普段聞く音量より若干高くして流し、30分休ませるというのを4日間続けました。すると音がかなり変わり、クリアに聞こえ音もよく出るようになりました。曲によっては若干音割れするものもありますが、基本的には大丈夫です。1490円で買ったのでコストパフォーマンスはとてもよいと思います。オススメです。.

まあまあかな。割と音質は良いが、高音がシャリシャリで、音漏れも気になる。.

ベスト audio-technica カナル型イヤホン ブラック ATH-CKM300 BK レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.