Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オープンエアヘッドホン ATH-AD1000 – 個性が強いのとエージングが必須

Wav or mp3(320k)→foobar2000→hud-mx1→ad1000で聴いています。今までa900を愛用していましたが、大手家電量販店にてw1000xの視聴をしたところ、もろに好みの音だったためすっかりa900が色あせてしまいました。とはいえw1000x…高過ぎます(泣)そんなことでa900に変わる後継機を探していたところ、開放型未体験だったことに気づきw1000xの前に試してみようと高レビューのad1000に注目、視聴もせずに購入してしまいました。a900との比較ですが、開放型の特徴はよく出ています。空間表現が上手で、のびやかな高域と艶っぽい中域、タイトでありながらふくよかな低域。主に聴くのは、ブルースロックやハードロック、プログレ系のエレキギターが中心ですが、音が固まらずに上手に分離している印象です。SRVやGムーアー、ギルモアのギターを気持ち良く鳴らしてくれます。スタジオ盤でありながらライブな空気感を感じさせてくれるHPです。低域も十分出ていますが、こういうHPにズンドコを期待される方はいないと思いますので必要十分かと思います。クラシックやJAZZも聴きますが…レビューが被るので止めときます(笑)音漏れは…a900とは比較出来ません!ただし聴いてる音量ほどは外に漏れていないと思います。まぁ…何を聴いてるかはバレますね(笑)ad2000はより繊細な音表現らしいのでクラシック好きな方はそちらをどうぞ。ad1000はもっと万人向けな、ジャンルを選ばないHPかと思います。買って損はしない、間違えの少ないHPです…いい買物でした。<追記>毎日小1時間聴いておりますが、徐々に低音も出てくるようになりました。とはいえベースラインやスネア辺りの低音で、バスドラは遠いです(笑)オープンエアでそこまで期待するなら本機を選択する必然はないかと思います。オーテクにもお買い得価格帯で低音モデルがありますので。とはいえここら辺の変態さんモデルを愛好される方でオーテクを選ばれる方は、オーテクの中域に惚れてるのだと思います。そういう意味ではad1000も中域に特化したモデルであるのは間違いないところ…むしろ高域よりも中低域に強みがある感じです。ad2000と比較したいなら…ad2000を買った方が健全です。ad1000の倍の価格…僕ならw1000xを買いますね(笑)内部パーツが耳に当たる…の話もまったくありませんでした。とはいえ個人差ですので当たるものだという話ではないです。密閉性・遮音性は期待しないで下さい。同じ部屋で家族がTVを観ていればなんとなく聴こえますし、当然逆もあるわけで(笑).

いままでは密閉型を使っていたのですが、音がこもっていて女性の声がクリアに聞こえてこないので思い切ってオープンエアーのath-ad1000にしてみました。最初に聞いたときは正直高音が効き過ぎていて耳が痛くなりましたが徐々に慣れていって、前のヘッドホンと比べてみた所、驚くほど音がクリアになりいままで聞こえなかった音が聞こえていることに気付きました。また、イヤパッドが自分的には最高に気持ちが良いです。この気持ち良さには虜になります本当に。それとオープンエアーなので夏にヘッドホンをしても密閉型より蒸れない所もいいと思います。初めて買ったオープンエアー型ですが、高音が好きな方にはとてもオススメしたい一品です!逆に低音が好きな方はやめておいたほうがいいかも・・?好き嫌いは人それぞれだと思いますので一度買う前に自分の耳で聞いてみるのが一番だと思います。.

音質は確かに良かったです、と、思います。他には同額の商品は持っていないので比較のしようがありませんが、少し荷重をかけたら根元から「ボキッ」、アルミのダイキャスト製だと思いますが何しろちゃちです、値段の割には安っぽいです。夏は暑いので汗をかきますが耳当ての部分がすぐに駄目になり、交換など対策をメーカーにメールで打診しても、応答なし、まだ購入してから一年経っていません。音質がいいとか悪いとか以前の問題です。一年も使ってないのですからそうとしか言いようがありません。.

実にオーテクらしい音を出すヘッドホンだと思いました。音は全体的にフラットですが、やや高音寄りだと感じています。しかし、高音が耳に刺さることはありません。低音はしっかり出ており、不足気味と感じることはありません。個人的にはもう少し低音の厚みが欲しいですが、開放型ならではのこもらない低音は好印象ですね。中音域の充実ぶりには本当に驚きました。聴いていて実に心地よいです。ボーカルも埋もれることなく、しっかりと出ています。解像度は普通だと思いましたが、分解能はかなり高いですね。開放型ですが、小さい音もしっかりと聞き分けられます。音場感について、オーテク製品としては広めだと感じました。装着感は、イヤパッドの肌触りもよく、本当に快適です。長時間つけていても全く気になりません。注意が必要なのは、アンプの性能やソースの粗がもろに出てしまう点です。逆に言えば、アンプの性能をしっかりと受け止める力があるヘッドホンですね。.

家に居ることが多いので、家でipod付属イヤホンは飽きてきたのでこれを購入。さすがに聞こえてなかった音がたくさんありました。感動します。無理なく低音〜高音が鳴っていて、音がつぶれてしまうことはありません。ただ透き通るような音を過剰期待していた私には普通じゃないかと思ってしまいました。きっとipod直結だからです。そうなるとオーテクのヘッドホンアンプも欲しくなってしまう…。.

頭頂部から鮮明な声、フロントスピーカーから異なる楽器のセッション。出しゃばらずさりとて控えめでもなく良いバランスで音声がコラボし臨場感が味わえる。欲を云えばきりがないが、もう少し重低音(個性)がうなれば最高なのだが!?・・・。オープンエアのメリットは外部遮断することなく適度にドアの開閉や呼びかけ等気配を感じられる事。デメリットが音漏れかと思いきや、夜間音量上げて聴いてもほとんど漏れず外部に気を取られることなく安心してハイクオリティな音質を独占出来る。装着感はイヤーパットが柔らかく快適、さらに軽く長時間聴いても違和感がほとんど無い。今回は知人の紹介もあって思い立ったが、価値のある購入であったと満足しています。.

オープンエアー型は、圧迫感が無く、ヘッドフォンに引きこもってしまう感覚も無いので、気に入ってます。アンプなどを通す事なく、テレビからでも新しいiphone からでも信じられないくらい良い音が聴けます。ボーカルも、弦楽器もピアノも美しいです。このヘッドフォンのお陰で、ステレオシステムを使う事がなくなりました。音源の違いも良く分かり、良い音源を良い音で鳴らしてくれる感じですね。.

オーディオに拘りは特になく、この手の物のスペックも実はちゃんと理解できている訳ではありません。素人が素人の視点から書いたレビューです昔から使っていた5000円位のヘッドホンが壊れたのでヨドバシを一日ウロウロして試聴して決めました。いい音を聞き分ける耳もなく試聴に利用した曲もiphone3gsから直で出力した葉加瀬太郎さんのワイルドスタリオン当初買うつもりだったのは同じ価格帯のヘッドホンなのですが、価格ってそんなの音に影響するのかしらと20〜数百万くらいの高級オーディオコーナーで試し聞きしたのが運の尽きというか. 年単位で何百回とリピートしたはずの曲が別物でした、知らない音がなっている、今まで存在しなかった楽器が急に現れました自分のcdも利用できるらしいので一度家に帰り、cdを持ち込み同曲で色々ヘッドホンを試した結果、1-4万位のレンジだとsonyのxbassやmonster?、boseの物はズンと重いものが得意で細かい音も拾ってくれるけどその分高音が抜けきっていないようなもにょっとした物が残り最終候補は1〜2万前後のakg、ゼンハイザー、オーディオテクニカの物. こっちは逆に前者に比べてお腹に響く感じはないのですが高音がしっかり聞こえる. 気がするw何より自分でも手が届く価格帯でもしっかり音が聞き分けられる物が多い. 他の物に比べて高音がキンキンしている感じがあったのですが初めて触れた「今まで聞いた事のない音」をどうしても手放しにしたくなく一番自分の耳で音をたくさん拾えたオーディオテクニカが残り後はオープンエアーは試した事がなく興味本位でath-ad1000に決めました。あまりに様々な値段、味付けのヘッドホンがあり知識不足なのでadh-ad1000を一ヶ月使ってみての感想のみ他との比較は無しですポジティブ装着感:非常に軽く頭に当たる部分も締め付ける感じはしません、大抵新しいヘッドホンを買うと耳やこめかみの痛みを数週間耐える事になりますが、これが驚くほど快適でした音:かなり満足しています、色々なcdを聞き直していますがその度に新しい発見があります、特に高音は今まではそこで途切れていた音に続きがありしっかりなってくれるので楽しいネガティブ装着感:イヤーパッドは肌触りは良いけれど長い時間つけていると蒸れるのと形が着きやすい取り回し:ワイヤードなので妥協が必要です、ヘッドホンに慣れている方は問題ないのかもしれませんが安物ヘッドホン、イヤホンから移行した私には太めのコードが扱いにくい音:音にそれなり以上の解像度を求めようとするとそれなりの音量を出力してあげないといけないようでオープンエアーな事もあり深夜や同居人等配慮しないといけない事がらは多い今回☆−1にした理由はお金を出し惜しみしなければ明確にさらに上があったからのみ、ネガティブに指定した項目も製品の特性上購入前に明確な部分が多く、非常に満足度の高いアイテムでした。まだまだエージング?が足らないのかpcに取り込んだ音源だからかアンプが悪いのか家電の音に及びません、当分はあの音が目標です。自分が触れた事のない分野なので何から手を付けて良いのかわかりませんが弄りがいのある楽しい買い物でした。しかしタイトルにも書きましたが踏み込んではいけない世界だった気がします。.

利点と欠点

メリット

  • 素晴らしくバランスの良いヘッドホン
  • 長時間のクラシック音楽鑑賞に最適のヘッドホン!
  • 解像度が高くて音のバランスが良い

デメリット

主にpcにx-fi経由で繋げて使用しています。それの第一印象・まず第一に感じたのは音が非常に大きい(感度が凄すぎる?)・あと耳元が涼しく夏場に優しい・オープンエアなのは理解してますが音漏れというより筒抜けすぎる感言い換えればヘッドホンつけてないかのような自然な音です使えば使うほど耳が慣れてきて安いヘッドホンにつけかえた時に違和感を感じるほど音質が素晴らしいです低音はかなり弱く音圧はほぼ感じられないと思いますがこの製品の特徴はとにかくクリアな音質なので音圧部分はあまり重要ではありません問題は修理代です半年で壊れて(片方からしか音が出なくなって)しまったのですが修理代で4万しますので使い捨ての消耗品ということで購入は検討してください.

家電量販店にて、視聴済みみですが、オーディオテクニカのこのシリーズは、とても装着感がよいので、音質は、そこそこでもいいので、装着感重視ということで、この製品に決めました。製品が到着して、聞いてみたら、その素晴らしい音質にびっくりです。視聴したのは、700と900でしたが、それほど音がいいとは感じませんでしたが、それは、再生しているソースのほうに問題があったのかもしれません。とにかく音がいいです。今までヘッドホンで、これほどの音質のものを聞いたことがないですね。低音も高音もよく出ます。たまたまテレビで、歌うまい女王決定戦をやっていたのですが、歌っている方の息遣い、歌声の空気感までも伝わってきます。モニターヘッドホンとしての性能も十分に備えていると思います。ただ、録音状態のあまりよくないライブdvdなどでは、録音の粗さが、もろに出てしまうので、聞くに堪えがたいものもありました。いろいろなcdを聞いてみましたが、他のものは、素晴らしく良い音が出ているので、間違いないと思います。コストパフォーマンス的にも、一般人に、ギリギリ手の届く範囲ですので、いろんな意味で、とてもバランスの良いものだと思います。映画鑑賞にもいいですよ。臨場感あります。.

自分はipodに直に挿して聞いています。mp3の192kbpsをメインに聞いているので、たぶんコレより上のヘッドホンは宝の持ち腐れなのでしょう。3000円ヘッドホン→10000円ヘッドホン→20000円ヘッドホンと進化していきました。解像度と言いますか、今まで聞いていた曲の新たな発見を促してくれるヘッドホンです。低音は弱いと言うのも分かりますが、オープン型でコレだけ出るのなら十分です。ちなみに「こんなにいいヘッドホンだからきっとipodで192kのmp3とロスレスやwavの違いが分かるはず!」と試したものの、素人耳の私には断言できるほど違いなんて分かりませんでした(笑)。.

A700→ad700→そしてad1000という順番での買い替えである。a700は旧型故か頭の固定部品の強度が弱く、また耳当ての合皮もぼろぼろになりやすかった。ad700は装着感音質伴にすばらしく、買い替えの時期もあってかa700よりも安い約一万円でコストパフォーマンスに優れていた。故障もまったくなかった。そして今回のad1000だが、ad700よりも耳の締め付けが強い。これは頭が小さくad700では若干緩めだった事に難点を感じていた私には非常にありがたい事だ。かと言って強すぎる事は決してなく、長時間の使用に耐えられるすぐれた装着感だ。オーテクはこの点が大変優れていてついここの製品に偏って購入してしまう。次に音質だが、既にad700での中高音域の再限度に満足していた私だが、ad1000では更に音がクリアになっていた。結果空間の広がりのようなものを700よりも感じるその影響からか低音はad700のほうがちょっと強調されていてここで多少好みがでるかもしれない。だがトータルバランスで考えてもやはり値段通りなのかad1000の方が良い。買ってよかった。正直ここまで来ると次のad2000にも興味が湧くが、購入基準としてコストパフォーマンスに重点を置いている私にはさすがに2000以降の高級品群には手がでない。.

重量が軽く、オープンタイプで長時間使用に向いているので、主に映画鑑賞に使用しています。音の再現性も、申し分ない出来です。価格も手頃だと思います。.

秋葉原で視聴しまくり、ad900と1週間悩みぬいて、やっぱりad1000を購入しました。900とのデザインの違いがやっぱり大きいかと。。実際に手に取った時に高級感も有り、こちらにして良かったと実感。装着感はもちろん良く、長時間でも気になりません。音質については素人ですので余りうまく言えませんが、いわゆる低音の力感をヘッドホンに求める方でなければ、期待を裏切ることは有りません。良い音源はさらに良く、そうでない音源もそれなりに鳴らしてくれる気がします。オープンによる音漏れを気にする方で無ければこの価格は買いだと思います。(この値段で通常のスピーカーを購入してもこんな満足は得られないですよね)ついつい音量を上げて聴いてしまいますよ!次は早くもこれにマッチするヘッドホンアンプに悩んでおります。.

僕はウォークマンに直結して聴いています。本来はアンプと組み合わせるのがいいのですがね・・・。※インピーダンスが高すぎるわけではないので、一応ウォークマンでも聴けますw。でもこの聴き方はオススメはしませんw。それはさておき、音なのですが、とにかくを音が響きます!アンプに接続していないのに!音は全体的にフラットで、どんな音もきれいに出してくれます。特に中音域〜高音域がかなり響く!曲によっては高音域が重視されますが、高音が耳に刺さることはありません。従来のヘッドホンやイヤホンでは耳に刺さるような超高音域も見事なまでに、すばらしく再現してくれます。低音は曲にもよりますが、やや控えめです。しかしこもらないため、きれいに奏でてくれます。それでも低音が足りないならば、デジタルオーディオプレイヤーのイコライザーを調整したり、もしくはアンプで補えます。ただし、アートモニター(密閉型)の低音にはかないません。しかし、密閉型に比べると、こもりがなく、かなり音が広がるため、まるで生演奏を聴いているほどの臨場感があります。オーケストラの演奏曲を聴くと、まるで自分がオーケストラを演奏している会場にいるような感じです。空間表現が上手いです!ただし音が繊細なだけあって、音源にも細かいヘッドホンなので、お粗末な録音をした曲や圧縮音源では、雑音や粗末な音も見事なまで(?)に再現してしまうので、自分でウォークマンやCDに音楽を取り込む場合はできるだけ、高音質のフォーマット(wavなど)にして取り込むことがオススメ。※圧縮音源と非圧縮の音質の差をかなり明確にするため。また、アンプの性能も結構影響するので、アンプはできるだけ、純正品やちゃんとしたものを購入しましょう。安ものは駄目、やめておいたほうが・・・。安物だと逆に音がスカスカになります。素晴らしい音を奏でてくれるヘッドホンですので、自信を持ってオススメしたい一品です。ハウジングが網上になっており、音はもろに漏れますので注意!外出しながらの使用にはオススメできません!そもそも大型なので室内使用が当たり前!アンプなどそれなりの環境を整えて、聴いてほしいです!個人的にこのヘッドホンの性能を7段階で表すと以下の通りです。※あくまで個人的な評価であり、実際は個人差があります。わかりにくかったらすみません(+_+)。★評価★                低音域      ★★★★☆☆☆ 4  中音域      ★★★★★★☆ 6  高音域      ★★★★★★☆ 6                 ボーカル     ★★★★★★☆ 6  ピアノ       ★★★★★☆☆ 5  管楽器      ★★★★☆☆☆ 4  弦楽器      ★★★★★★☆ 6打楽器系    ★★★★★☆☆ 5オーケストラ   ★★★★★★★ 7ロック系     ★★★★☆☆☆ 4音としては中音域〜高音域を得意とする。低音は密閉式と比べると、迫力が足りないかもしれないが、キレが良い。ボーカルもAD2000ほどではないが、かなり美しく再現する。楽器はバイオリンなどの高音を出す弦楽器の音を得意としている。ピアノの音もなかなかきれいに奏でる。管楽器や打楽器系は迫力に少々劣るかもしれないが、クセがなく聴きやすい。オーケストラは、生演奏なみの臨場感があり、このヘッドホンの本領を発揮するところかも。ロック系はやはりオープン型ということであり、低音が逃げやすく、迫力に欠けるところだが、音はクリアでよい。聴きやすく、耳にやさしいサウンドだ。.

使った感じ、軽くていいです。イヤパッドは肌触りがいいです。オープンらしく全域クリアです。程よい低音です。低音命の方はやめたほうがよろしいかと. 。その分高音がかなり伸びます!!解析度はかなり高くて、全体の中で小さく紛れてる音も聞き取れます。その代わりアンプ等の影響をモロに受けるので、そこはちゃんとしたものを使うことを強くお勧めします。ヘッドホン用にアンプを購入する方はヘッドホンアンプを買ったほうがいいです。ちなみに今はc. 8とつなげてますが、お勧めです。.

オーディオテクニカらしい音作り。中高音が美しく解像度も高い。低音は弱いが十分満足できるレベル。聞こえなかった音を再発見できるし、開放型なので音の広がりを感じる事が出来る。重さは270gと超軽量。装着感も良く長時間でも耳への負担は少ない。素直に音が良いヘッドホン。でもipod直挿しはad1000の力を発揮できないので注意。.

特徴 audio-technica オープンエアヘッドホン ATH-AD1000

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:1000 mW
  • 重量:270 g

オーテクのこのタイプのヘッドホンの一番良いところは何より装着時の付け心地です。オープンエアの開放感と、オーテク独自のホールド方法により、やさしく包むように耳を覆います。イヤパッドが古くなると少し硬くなりますが、家電量販店で注文可能。変更後はまた最高の付け心地が戻ります。3時間以上聞くときは本当強い味方ですね。音もいいです。オーテクと言えば密閉でしたが、このクラス近辺は頑張ってると思います。エージング前は若干尖った音が頭の上で鳴ってる感じでしたが、自然に包み込まれるような感じになりました。この性能でこの価格は割とバリュー値段では無いでしょうか。とりあえず試着&視聴を!ヘッドフォンは音質だけに目がいきますが「長時間つけられる」というのも立派な性能ですよ.

音の傾向は、基本的にフラットで若干低音少なめ、高音クリアといった感じです。それまでsennheiserのhd595を使っており、まったりした音に飽きていたのでad1000を購入しました。ある意味hd595の対極に位置するヘッドホンだと思います。hd595が低音に主体を置いたヘッドホンであるのに対し、ad1000は高音に主体を置いたヘッドホンです。低音は控えめでいいので高音がクリアで爽やかな音のヘッドホンが欲しいと思っている人にピッタリかと。ただaudio-technica特有の平面的な鳴り方なので、その辺をどう感じるかはその人の好みだと思います。平面的なのは決して悪いわけではなく、打ち込み系やロック等ではむしろ相性が良いです。装着感はウィングサポートのおかげで概ね良好だと思います。ただ、個人的には耳が押さえ付けられる点が残念でした。パッドが薄いため、耳がドライバーに当たってしまい長時間使用は辛いです。見た目はさすが国産らしく素晴らしいものがありますね。黒一色で質感も良く、所有する満足度は高いと思います。.

オーテクのヘッドホンはいくつか持っていてランク下のa900はドライバー?って言うの斜めになってて耳の後ろのほうが当たらないような気を使った仕様になってるけどこちらはフラットで耳の上のほうが当たって長時間つけてるとイタイパッドを一つランク上で厚みのあるad2000のもの4000円で購入それでもやっぱり当って痛くなる音はいいのに持ってるモノの中で一番高い機器でコレは残念他のみんなは大丈夫なのかな?.

これまでaテクニカのオープン・エアタイプばかり数台使ってきました。家族が増えた現在、自宅でも自分だけのスピーカーでの鑑賞も許されなくなり(笑)思い切ってこれを購入しました。値段に少し躊躇しましたが、スピーカーで大きな音がだせなくなった代わりの「自宅でのメイン視聴機」と考えての購入です。。決め手はなんといっても装着感です。デザイン的にはこの前のシリーズが気に入っていましたが、これはこれでガマンできる範囲です。(洗練度が落ちたと思っています。無骨になって少し興ざめです。)好みはあるでしょうが、はじめて手に取ったときに、そのスケ具合(白く見える中のパーツです)が「チープ」?に思えました。前のシリーズのほうがデザイン的に完成度が高かったと思います。また、装着感も以前のシリーズにくらべたら少し「重さ」を感じます。「線から面へ」と宣伝にありますが、これも前のシリーズの完成度に比べたら少しマイナスに感じました。おそらく野外での使用も考慮した?のかも知れませんが装着してみて以前より窮屈に感じます。音はいつものテクニカサウンドの生真面目さがあり、好感しています。さまざまなジャンルを楽しむので、下手なクセのあるタイプよりはこのタイプのほうが聞きやすいと思っています。自宅などで1日2時間程度の集中リスニングの場合、側圧の強めな密閉型などでは、その「苦行」とも思える耳の痛みに、ついつい敬遠してしまいますが(笑)このタイプでしたら2時間程度は十分気にせずに済みますね。「所詮はヘッドフォンではないか」という割り切りリスニングで望むなら、最低ムリしてもこのクラスにして良かったと思っています。それと、最近のヘッドフォン・レビューで気になるのが「オープン・エア」は低域がでない、とのコメントですが、ドラムンベースのような音が好みならともかくも、アコーステックの楽器の音でくらべれば、この機種も十分過ぎるほどバランスの良い低域が楽しめると思います。日頃「低域」をブーストしまくって楽しむのが好きな方はこのクラスのヘッドフォンでなくともコト足りる?と思うのは自分だけでしょうか?(笑).

Iphoneを購入して付属のイヤホンのチープさに我慢出来ずに購入。5年も前の製品なんだね〜まあほぼ半額くらいにはなっているが…まず、最初に感じたのはiphoneの(ipodも多分)ヘッドホン出力では、これはとても鳴らし切れないと言う事。ヘッドホンアンプの購入も考えたが、大して違わないだろうと…やはり、携帯音楽プレイヤーの限界というか、wavでもロスレスでもコーデックされた音は所詮この程度なのかも。10年も前のdiscmanの方が良い音なんだから(笑)まあ、容量の問題はあるが…今はもっぱらプリメインのヘッドホン出力から聞いているが、特にsacdの再生域に合ってるのでは?特に室内管弦楽には良い。このクラスのヘッドホンならばどれがベストというのはないだろう、個人の好みなのかな。ただこの装着システムは他の機種にはない優れモノ。.

 この軽さは、オープンエア型ならではの素晴らしさ。他のレビューにあるように、密閉型がどんなにいい音でも、長時間はめていられなければ、論外なのである。  実は、私も4年前に同じくオーディオテクニカのath-a1000を、音を聴いた上で購入したのである。他の安いヘッドホンには比較できない充実した音だったが、ムレてしまう様なキツさ、長い間に重く感じられる圧迫感で、30分も聴いて疲れていたが、使用頻度も低く、諦めていた。今回夜間にヘッドホンを使用することになり、レコ芸2005年2月号で好レビューの載っていたこのヘッドホンを購入した訳である。 価格も、これならば、コストパフォーマンスの高いath−ad900の正価より安いので、超お買い得。5年前の製品だが、未だにこのクラスのヘッドホンは同社から出ていないので、これがオープンエア型の最新ヴァージョンであり、安心して購入。 ath-ad2000は、価格が倍であり、しかも両耳からケーブルが出るタイプ(昔ながらでうっとおしい!)なので、今回の購入対象検討外だった。とすれば、この製品がベストチョイスである。 開発者の小澤博道氏は、今回ヘブラーのモーツァルト・ピアノソナタと、ノイマンのドヴォルジャーク交響曲を音質チェックに使用していたという。 自然で、風通しの良い音。つまり、繊細で、低音が厚ぼったくならない、爽やかな音が特徴です(レコ芸のレビューと同じ褒め言葉になってしまいました・・)。  .

大亀のオーディオコーナーで勤務していた頃に、遮音性がウリのイヤホンから8万クラスのヘッドホンまで品定めして1番気に入ったのがこのヘッドホンとath-w1000xでしたサックスの艶と伸びがハンパなく、このヘッドホンでなければ出せない音ですね職場環境が劣悪だったのでそこで買うという選択肢は無かったですけど。(ath-w1000xも昨年に秋葉原のe店で買いました)とは言っても営業時間鳴らしっぱなしでcdウォークマンを使ってる売り場と、購入したばかりで単品コンポで聞くのとでは同じ型番でも大きな隔たりがあり埋まるのに3年の月日を必要としました。イヤーパッドを取替えなきゃいけないかな?と感じ始めた頃にようやく中高域の刺さりが無くなり低音が下を支えてくれるようになってきますただ、あくまで中高域の刺さりはj-popでの話なのでjazzやクラシックでは最初から出しません。音作りに想定している音楽がj-popではないよと言われればそれまでの話です時を得て思い切って買ったath-w1000xをメイン機器に使い、このヘッドホンをテレビ用に変えた事で使用時間が増えテレビのアンプで中高域が表現できなくなってきた事から、メイン機器に挿してみたら求めていた音が既に訪れていました音楽のバランスを崩すような屑低音はオープンエアで逃がすので一切出しませんフルレンジ自作スピーカーの音が好きな方は間違いなく買いだと思います最初は中高域の表現力の弱いヘッドホンアンプに使うのもアリです音質が糞のリンゴさんのダメダメな所を補正してくれますよ.

もしもあなたが私と同じように音へのこだわりを始めたばかりの人ならこのヘッドホンはすごい衝撃を与えてくれます。今まで聞いていた同じ音楽が別のものになります、いつも見ていた同じ風景に土の臭いや雨の臭い、今まで感じとれなかった様々なものがあふれていることに気づかせてくれます。専門的なことは苦手なので軽く使用感を書きますとヘッドホンの付け心地は他のものより緩めで2時間くらいなら耳周辺が痛くなりません、音は高音低音どちらかに偏るタイプでもなければ音を作るタイプでもなくとても素直な音を出してくれています。.

初の開放型hpを探していて、予算に調度良く、装着感(ウィングサポート)が良いのでは・・?と、考え購入しました。サポートはとても良いのですが、耳あて部分のスポンジが薄く、長時間の装着で、耳が痛くなってしまうことが問題だった。音の方は、他の方が書いているので割愛.

〜1万円クラスのインナーイヤーを愛用していましたが、ある日レコード店でjpopの試聴をしてみたところ、店頭にあったそのオーバーヘッドホンの中音域の厚みや迫力に圧倒されました。これをきっかけによりよい音を求めて、家電店でいろいろなタイプのヘッドホンを聞き比べ、オープンエアという形式のヘッドホンがあるということを初めて知り、ad-1000の購入に至りました。オープンエアというとゼンハイザーのhdシリーズが真っ先に上がるのでしょうが、快適な装着感とクールでクリアな音質の方が自分の好みに合っていたので、こちらを選択しました。音漏れと遮音性が犠牲になっていますが、この開放感と音場の広さはすごいです。音質はオーテクらしい高音寄りで、ひとつひとつの音にキレがあり、解像度も高いです。低音側は開放型なのでボンボン鳴らすタイプではありませんが、ひきしまった音で気持ちがよいです。ダイナミック型に比べて中音の厚みや迫力にかける面がありますが、低価格帯のイヤホンやヘッドホンではこれまで聞こえなかった音がはっきりと聞こえるようになります。音楽を聴くということの楽しさを教えてくれる、いいヘッドホンだと思います。.

ヘッドフォンとしては今までは他社のものを使っていたのですが、そちらは音は好きなものの重量が多少重くて長時間使うのには向かないって事もあり「装着感、使い倒せるお手頃感」を目安にいろいろ試聴した結果、一番好みの音が出てるように感じたため購入しました。 使用して半年程経過してますが、不満が全くありません。全ての点で予想を上回ってくれてます。 装着感は軽くフィットし重さや窮屈さはなく、何時間でも苦痛になりません。 音は高音に重点が置かれてるようで軽くて透明感があるという印象でロック等聞くにはとても気持ちよく耳に入ってきます。 このクオリティをこのプライスで買えるというのは本当に驚きです。 引越してから今まで愛用してたスピーカーが環境上使えなくなってヘッドフォン生活を強いられてしまいましたが、やっと使い倒せる常用のアイテムと出会えて非常に満足です。.

15000円でこの音を手に入れることができた私は幸せ者です。.

まず装着感は、なかなか良いです。3d方式ウイングサポート(頭を押さえる羽)が、かなり良いです。また、耳がすっぽりと入ります。次に音質ですが、好みにもよりますが、低域がドンドンと鳴るタイプではありません。低域を強調したタイプが欲しい場合は、お奨めできません。従来のダイナミックホンや、アートモニターホンをお奨めします。オープンエア型ですので、逆にナチュラルな低域の再生となります。高域に関しても、シャカシャカと鳴ることもなくバランスがとれています。一昔前のロック(ジョンレノン等)をソースとして再生した場合が、なぜか心地よく聞こえます。そういった方にお奨めの1品ですねこのヘッドホンは、オール日本製です。.

オープンエアヘッドホンにありがちな低音の不足感が少なく、バランスの良い音が楽しめます。耳障りな音を出さないので、相当な音量で鳴らしても気になりません。但し、外部に対しての音漏れが相当にありますので、電車での使用は控えたほうが良いでしょう。ゆったりした環境で落ち着いて聴くのに向いています。装着感が良く耳の圧迫感も少ないです。特に耳に触れる部分の布が気持ち良い位です。.

ベスト audio-technica オープンエアヘッドホン ATH-AD1000 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.