Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン ATH-AD900X – 音は良いですが、やはり長すぎるケーブルがネック

購入したのは2014年7月でしたが、取り外しのできない長いケーブルの取り回しが面倒でいつの間にか使う機会が激減していました。久しぶりに聴いてみた所やはり音は良く、またしまい込んでしまうにはもったいないので、ケーブルを取り外しできるようジャックへの付け替えを行ないました。おかげで取り回しも楽になり、常用ヘッドホンのひとつとして無事復帰。これまで他のヘッドホンでもリケーブル対応の改造をいくつか行なっていますが、このヘッドホンは内部に小さなパーツもあってジャックや配線を収めるのも少々手間がかかりましたので改造のお勧めはしません。.

少し前にオンキョーのgx-100hdとkorgのds-dac10をハイレゾリスニング用に購入しましたが、家庭内騒音問題解決のため、新たに購入したものです。今まで密閉式のヘッドホンか、カナル式のイヤホン、耳かけ式の(しょぼい)オープン式ヘッドホン?しか使ったことがなかったので、レベルの違う音質にびっくりしました。高音がキンキンせずに、気持ちよく抜けていきます。家で使う分には音漏れも無きに等しいと思います。これ以上は財布に厳しく、音質的にも納得できるので自分にとってはベストだと思います。ただ、自分の環境ではケーブルが長すぎるので、次期モデルではケーブルのチェンジができると良いと思いました。.

とにかく軽い。そのためか、フレームそのものの耐久性にやや難ががあるものの、最大のメリットである軽さによって、付け心地はヘッドフォンというカテゴリでは最高クラス。長時間つけていても首への負担もないので、長時間使用にはもっとも向いている.

一個上のランクが欲しかったのですが、生憎予算がなくて、これにしました。型落ち&在庫落ちを狙って値段を下げて買いました。僕はポータブルヘッドホンしか持ってないですが、それとは格が違いますね、頭につけてても疲れないし耳も痛くららない。開放型だから、音もこもらないし厚みがある。(アンプを使用してるからですがケーズデンキに売っているので、興味があれば視聴してみてください最高だったので☆は5つです!.

このヘッドホンはエージングが必要です。購入時はいわゆる「かまぼこ」サウンド(中域が厚くモコモコする)でしたが、cdプレーヤーのヘッドホン端子にさして、最大音量で2時間程度を日をおいて3回行ったところ、エージングするごとに、伸びやかで艶のある、当初あまり出ていなかった高域と低域もバランス良く出るようになりました。ボーカルは瑞々しく、クラシックは癖のない伸びやかな音です。ただしモニター型のような周波数特性フラット、低域がゴリゴリというサウンドではありません。オープン・エア型なのでエージングのときは毛布で包んで押し入れにいれ戸をぴったり閉めて行いました。また、家族には音漏れが不評なので、この点は注意が必要です。現在はエージングも落ち着き、使い込めば結構、ワイドレンジで伸びやかななサウンドに満足しています。.

これまで密閉型のヘッドホンだったので、開放型にチャレンジしてみました。主にパソコンにつないで動画や映画、音楽、あとゲームで楽しんでます。ベース音もハイハット音もボーカルも心地よく聴こえますねぇ。開放型の気をつけないといけないとこ。密閉型だと自分の周りの音がまったく聴こえませんから、臨場感はあるものの、提供されている音源なんですよね。でもこの商品(開放型)を着けるようになって、エアコンの音がうっすら聴こえながら提供された音源が聞こえるので「今この場所に展開される」んです。これでホラー映画観たら、思わず叫んじゃいますよ!!(笑.

良いですねー!オーディオテクニカのusbヘッドフォンアンプにつないで使用していますが…。家電量販店で視聴した時よりも更に良いです。オーディオには到達点は無いでしょうが、聴きこむほどにい~~~~サウンドです。  まだハイグレードや,ゼンハイザーやsonyなど、まだまだ良いと言われているヘッドホンはありますが、気持ちいーーー装着感と音をあなたにあたえてくれる1本です!いかがですかあなたも?  ふふふ…。.

良い音です。私はそこまでオーディオには詳しくないのですが、ちょっと良いヘッドホンに手を出そうとしてこれを購入しました。皆さん言っていらっしゃるように自然な音です。オープン型ヘッドホンの特徴らしいので当然かもしれませんが、長い間聞いていて疲れないのは魅力だと思います。コードも3メートルと長く、pcなど専用のものにしたとして裏に配線を隠せるくらいにはあります。逆に外で使うにはオープン型で音漏れしやすいことや長いコードのため不向きになると思います。私は仕事の都合上深夜に自由な時間が来るので室内用ヘッドホンとして大いに重宝しています。デザインという点については個人の好き嫌いによるとは思いますが、個人的には好きです。.

利点と欠点

メリット

  • 音は良いですが、やはり長すぎるケーブルがネック
  • これで良いのでは?
  • 開放型ヘッドホン

デメリット

新しいオープン型ヘッドホンが欲しくて、今回ath-ad900xを購入してみました。結論から言いますと、音質に優れたとても良いヘッドホンでした。まぁ、いつも愛用しているオープン型ヘッドホンが旧式(ath-ad300)な為、良く感じてしまうのも無理もないのですが…。(*゚∀゚*)なので、取りあえず友人にath-ad1000も持ってきてもらって、300と900xと1000で聞き比べてみることに。まず、私が愛用するアンプ(at-ha26d)で聞き比べてみました。(因みに、900xはある程度のならしはした状態です)ath-ad300(やや低音強め?:音圧感度は低めだが、全体的にバランスは良い)(最大入力300mw:再生周波数帯域20hz~25khz:ドライバ口径40mm:重量250g)ath-ad900x(高音重視?:女性ボーカルの歌などに向いてる感じ)(最大入力1000mw:再生周波数帯域5hz~35khz:ドライバ口径53mm:重量265g)ath-ad1000(高音重視?:全体的に柔らかくバランスが良い感じ)(最大入力1000mw:再生周波数帯域5hz~40hz:ドライバ口径53mm:重量270g)その結果、1000>900x>300でした。(…まぁ、カタログスペック通りってヤツですね!)900xは1000や300と比べると、少し尖った印象があります。たぶん、ad900x専用設計の53mmドライバーが影響しているのかも知れません。となると、通常設計の500xや700xは旧300や500と似た音質なのかな?900xは…、高音の歌や歌系のリズムゲームに向いているのかも?私のヘッドホンアンプ(at-ha26d)だと、1000と900xはほぼ互角っぽい音質で変わらなかったのですが、友人が持参してきた格上のアンプだと、分かるレベルの差がありました…。詳しいことはよく分からないので下手なことは言えないのですが、再生周波数帯域が900xより少し多い分、多少音が柔らかいような感じでしたね。(ひょっとすると、900xももう少しならせば、匹敵する音になるかも?)私のアンプだとほぼ似たような性能だったので、ひょっとしたら勝ってるんじゃないかと一瞬期待しただけに、ちょっと残念…。(*’∀`*)まぁ、旧タイプとはいえ、そもそも金額が違うし、使われているパーツも各上ですから、当然といえばそうなのですが…。おっと、300のことを忘れてました!流石に900xと300とでは音質が全く違っていたので、比べるのもアレでしたね…。上記のことから、900xは上位機種にも匹敵する、噂通りの性能を持っていました。私のような、比較的低価格のアンプを使っている分には、ほぼ1000とも変わらなかったので、高級アンプを使用していなければ、900xでも十分と言えるでしょう。旧1000や700xから、この900xへ買い換えることは正直余りお勧めしませんが、下位の300や500からの買い換えなら、十分に満足できるレベルだと思うので、そういった方にはお勧めしたいですね。勿論、今まで1000~2000円程度のヘッドホンしか使ったことのない人にもお勧めです!たぶん、圧倒的な音質の違いにかなり感動すると思いますよ!ただ、この900x…。ちょっと気になる点もあります。それは少し耳を挟み込む力が強くて、長時間使用していると耳が痛くなることです。とは言え、旧版より挟み込む力が強い分、シッカリと固定されるので、動きの激しいゲームには向いているんですよね…。アクションやfpsって、そもそも集中力が必要な分、長時間のプレイはしませんし…。ただ、旧版のようなほんわかした柔らかい感じではないので、ずっと挟んでいるとやはり耳が痛くなってしまう…。因みに旧版は、どんなに長時間つけていようが、耳が痛くなったりはしません。私が300を捨てられず、ずっと修理しながら使用し続けている理由も、一番つけ心地が良いからです。蒸れないエアータイプで、更にどんなに長時間使用しても全く負担がかからない旧シリーズは、本当に素晴らしいものがあります。(私の300の修理代は、既に500xを買えるぐらいお金がかかってます)なので、300、500から買い換える方は、絶対に以前のヘッドホンは捨てずに、サブとして取っておくことをお勧めします。後は、900xに使われているケーブルが電話コードのようにクセが強く、旧版のように使用している内にまっすぐになったりしないことですかね。色々と書いてしまいましたが、上記のことは、あくまで長時間(5~6時間)耳につけていた場合の話です。1~2時間程度で耳が痛くなるわけではないので、その辺りは安心してください。良い点①旧版の上位機種に匹敵する程の素晴らしい性能②旧版よりシッカリ固定してくれるので、ズレる心配が無い悪い点①長時間つけていると耳が痛くなる②ケーブルが旧版より堅く、クセが一向に取れない③旧版より丈夫になっているが、ヘッドバンドの留め具が脆いように感じる.

The audio-technica ath-ad900x is a good and amazing value of price, and its really a piece of work i must say. It wears very comfortable, dose a littel presure on your ears and part of your face round the muffles, but“ its cool. I bought it from oversea but it says made in china and still worth the low price. ~any way, i am not sure how they stabilize it on head because it seen like a small problem to me. I am giving it 5 stars, and please don’t judge my english, i know it‘s bad but i want to tell this to whoever is looking for.

付け心地、音質ともに必要十分でした。最初はath-ad500xを考えていましたが、店頭で聞き比べて圧倒的にこちらの方が好みでしたので即決しました。音楽鑑賞と映画鑑賞に使用しています。文句を付けるとしたら、ケーブルの丸まる癖が取れないことと、ケーブルの出口の位置かなぁ。.

私は今まで密閉型のヘッドフォンばかり使ってきました。このヘッドフォン自体私のようなオーディオ初心者にしては結構高いので、結構迷って買いましたが今では本当に買って良かったと思っています。(あまりオーディオに詳しくないので間違っている場合もあるかもしれません)-音質-まず、開放型なので音が凄くクリア。それと、低音の厚みがいい感じ。多分エージングの影響もあるとは思いますが高音/中音のクリアさを邪魔しない程度に低音に厚みがあって非常にいいです。しかし、密閉型のような迫力はないので注意。-装着感-air dynamicシリーズの特徴である”3dウイングサポート”が結構いい感じなのですが、私は耳に覆いかぶさっている髪型なのでヘッドフォンが滑ってしまいます。なので、”3dウイングサポート”に開いている穴にヒモを通して自分の頭の大きさに合わせると他のヘッドフォンとは比べ物にならないくらいフィットします。しかし重量が結構あるので長時間(3~4時間)つけていると結構疲れます。-その他-この価格帯だとリケーブルが可能なものもありますがこのヘッドフォンはリケーブル不可なので買う場合は気をつけてください。それとコードの癖が全然取れない。耐久性に関しては結構あると思います。 何回も落としていますが大丈夫そうです。長々と書きましたが結論としては買う価値は十分あると思います。.

ずっとこのような音を求めていました。初めはヨドバシでなんとなくごつい見た目に惹かれて聞きましたが、周りがうるさいせいでこいつの魅力が分かりませんでしたが、大阪まで電車でeイヤホンに行き視聴してみたところ、その音の違いに驚きました。マジで全然違いますよ!こいつは高音が多い印象の開放型の中で、ひときわ低音と迫力がありかつ解像度の高さ、開放型ならではの広がり、きらびやかだが不思議と刺さらない高音が楽しめます。開放型にしては珍しくこのジャンルしか聞けないというものはあまり感じられず、基本どのジャンルでも、曲の空気感を忠実に再現してくれます。僕はこいつの出すアコギとドラムのサウンドがお気に入りです。使用していて少し気になる点はモニタではないはずなのにやたらコードが長いところくらいです。下手すると10万円クラスでも僕は買うかもしれないというくらいお気に入りのヘッドホンです。是非電気屋なんかじゃなく、こいつの真骨頂が発揮出来るeイヤホンとかで視聴して欲しい!環境次第で全然音違います!.

装着感が良い、ヘッドバンドの調整が不要でいつでもジャストフィット、軽い、蒸れない、音量取りやすい、音抜けが良くて解像度や分離もお値段相応、プラグを付け替えれるので接続端子を選ばない。密閉ヘッドホンやカナルイヤホンを普段聞いてると低音が出ていない様に感じるかもしれませんが、開放型のフラットの割りに出る方だと思います。mp3のアニソンを聞き聞き流したりvcしながらfpsしたりする分には十分だと思います。以下駄文ですが、ad1000xは予算があっても手を出さないほうがいいです、ad900xと比べ装着感が若干悪化するのと解像度の差がad2000xと比べ感じづらい事と、ad2000xが気になりだすから精神衛生上悪いのでad900xか2000xの2択だと思います。.

初めて高価な室内用ヘッドフォンを買ってみました。色々事前に調べて開放型がいいと思いこれを選びました(レビューが一番良さそうで尚且つ予算とほぼ同価格だったか。)音質としては比較対象があまりないので確かなことは言えませんが、前まで使っていた同じaudio technicaの2000円ほどのイヤホンよりははるかに音質はいいです(当たり前かw)オープン型なんで音漏れは勿論です。でもよほどの大音量で聴いていない限り室外にはもれないでしょう。一つだけ気になるのは装着感。顎の付け根にパッドが当たるので、長時間つけていると結構疲れます。あるyoutubeのレビューを見てみるとその人は何の問題もないそうなので、自分の頭の形に相性が悪いのかと。頭の形によって疲れる人と疲れない人がいると思うのでもしかしたら店頭で試着(?)出来る店で試してから買うか否かを決めたほうがいいかもしれません。コードが3mと長い上、リケーブルができないのでコードの取り扱いが少しネックかも。ですが非常に気に入ったので☆5です。.

オーディオに詳しくはありませんが、ゼンハイザーhd598と聞き比べて自分は900xの方がクリアに感じこっちの方が断然良く思えました。ただ付け心地だけは、hd598の方がはるかに上に感じましたがコスパ合わせて迷わず900xを選びました。以前の6000円くらいのヘッドホンから見れば音楽はクリアになってbru-rayを見れば音の奥行きの広がりがすごいと感じました。ハイレゾを聞かない自分としては、性能的にこれで最高峰ではないかと思います。音楽は問題ないですが、bru-rayを見る時にオープンタイプなので低音不足を心配してましたが本体側でbassの切り替えをしてやれば迫力のある音が出てなんの問題もありませんでした。自分的にはとても満足しています。追伸これで映画とか聞くと周囲から音が聞こえてくるようで感激しました。.

これ買ったのが二年前くらいなのでもう何の目的が買ったのかを忘れましたが、ゲームに使用するにしろ音楽を聞くにしろ良い感じです。ただ見出しに書いたように、買って間もないときはちょっと違和感が気になると思うので、そういう感触が嫌な方は購入を避けた方が良いです。.

特徴 audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン ATH-AD900X

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : ATH-AD900X
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:1000 mW
  • 重量:265 g

ひとつだけ気になることがあります。それは長い間聴いてると耳が痛くなることです 笑自分も迷い、音質の良いこちらのほうを選びましたが、500xの方が全体的にマイルドな音質で音楽を楽しめるとおもいます。ただ900xだっていい音質ですよ~!!!.

今まで使用していたヘッドホンが軽かったので、当初は重たく感じましたが、しばらく使用してみと使用感もぴったりで、音質も大満足です。.

この値段帯のヘッドホンを買ったのは初めてなので他の商品がどうかは知りませんし、正直このヘッドホンを手に入れたので他のモノには興味はありません(笑)そのくらい感動した!視聴環境cd→アナログアンプ→ath-ad900xcd→デジタルアンプ→ath-ad900xpc→usb-dac→アナログミキサー卓→ath-ad900xpc→usb-dac→ath-ad900xipadpro→ポタアン→ath-ad900xipadpro→ath-ad900x色々聴きました。j-pop女性ボーカル(30曲位)j-pop男性ボーカル(10曲位)アニソン(20曲位)重低音気味の洋楽(2. 3曲)何を聴いても良い。オープン型のヘッドホンは初めてなので他がどうかは知りませんが重低音もしっかり出ます。(当たり前か。再生周波数帯が5-35,000hz何だから(笑))ただ下品な重低音が好きならこのヘッドホンはダメだと思います。安物のクローズ型を買えば希望が叶います。ーダメでは無いが注意点がありますー・音源が大切です。【cdなどの原音?なら問題無いですが、 mp3などの圧縮ファイル音源は明らかに劣化していると分かります。比較するまでもありません。】・アンプなどの増幅装置次第【下手に安物のアンプなどを噛ませるとかえって音が悪くなる。 インピーダンスが低めなのでiphoneなどに直挿しの方が良い】・買ったまま使うと耳の下辺りが痛くなる【自分で上部の部分を調整すれば解決する。調整する時は上部を持って調整しましょう。 ユニット部分を持って伸ばすと折れる可能性大】ゲームプレイに使う場合ですが、自分はfps系が好きでプレイしてますが、3万位のゲーミングヘッドホンではお側に寄れない感じです。(友人宅での視聴経験あり)まぁマイクが要る人は別ですが・・・。何よりゲーミングヘッドホンでゲーム以外の音質はダメダメです。室内だけで使用するとしてゲーム・音楽鑑賞・動画鑑賞を一台で賄うならこの商品がオススメです。※ath-ad900xの性能をちょっとでも引き出すならイコライザーでの調整が必要な場合があります。 最終的に人間の耳が音を感じるので千差万別です。 このコメントを含めてあまり信用し過ぎない方が懸命です(笑)あとこれは自分も勘違いしてましたが、オープン型だからと言って周りの音が凄く聞こえる訳ではありません。無音状態のクローズ型と比べれば聞こえる程度の音です。音が鳴っている状態で普通に後ろから話しかけられても聞き入ってる状態では、まず気づきません。凄く個人的な感想になります。これを買うまでは「スピーカー最高!!」でしたが、この商品を買ってから思ったことは・・・「下手(安物)なオーディオ機器(ミニコンポ・アクティブスピーカー)を買うなら このヘッドホンを買った方が断然安上がりです。(今までの総額100万以上は使ってる人です・・・(笑))」アンプ一台に20~30万円以上出せる人はもっと上位機種や別の高級ヘッドホンを買えばより良い音が楽しめると思いますが、自分を含めて出せて数万円のアンプなどが精一杯の人はath-ad900xで十分だと思います。多分自分も今の機材環境では100%の性能は出せて無い感じがします。.

装着感は700より軽い感じで楽につけられて良いです。ずっとこのシリーズ愛用しているので今後も続いていくことを祈っています。.

・音質低音に関しては少し物足りない感じはするだが、全体的にバランスは取れていると思います。クリアな感じで私は好きです。音抜けもいいです。・形状室内用なのでやはり大きいです。室内でしか使わないので気にはなりませんが。頭抑える所と耳周辺は髪が崩れるかと. ちょっと重い感じなのであまり長時間つけていると首が痛くなるかもしれないです。コードは太めなので丈夫そうです。ウォークマンやpcでも使えました。.

主にハロプロのライブ視聴用に使用しております。boseのスピーカーやdenonのヘッドホンなど数々試して来ましたが、低音が効き過ぎ、意外と音の詰め込まれているハロプロ楽曲では低音が目立ち過ぎてしまい、私には合いませんでした。また、8畳の部屋で一人暮らしをしておりますが、mc(音が小さく聞き取りづらい)と曲中(突然音量up)でいちいち音量の操作をしなければならず、面倒に感じておりました。こちらであれば、音漏れはするものの、それなりの音量にしても近隣への迷惑にはなりづらく、音の開放感も得られます。ケーブル長も3mあり、テレビに直繋ぎしてソファで寄りかかって視聴するにも何とか届く範囲です。長時間の視聴にも疲れにくい付け心地(これは個人差あるかも)で、かなり重宝しています。ハロプロのライブを楽しむには、やはり音の抜け・開放感・女性ボーカルの伸び、が最優先と考えておりますので、それらを全て満たしてくれるこちらの商品は、文句なしの星5つでした。もし、こちらの金額が高いと感じる方は、ath-ad500xでも十分楽しめると思いますので、そちらからお試し下さい。.

音のことは詳しくないので、他の方のレビューにお願いするとして、装着感について書きたいと思います。当方、メガネを掛けており、その上からの使用になるのですが、箱から取り出してそのままの状態では、メガネのツルが当たる部分の耳と頭の両方が痛くなり、「ちょっとこれは・・・」という感じでした。で、何か方法がないか?と探したところ「パッドを回転させて位置を探る」というのがあったため、少しづつ回しながら確認していったところ、調度良いところが見つかり、それからは気になるほどの痛みも出なくなりました。側圧については、最初は少しキツイかな~と思ったのですが、半日も使用しているとだんだん緩んできました。逆に緩みすぎてウイングサポートだけでは支持力不足・ずり落ち気味になってきたため、今度も何か方法を、と探していると、「ウイングサポートの左右に輪ゴムを掛けて輪ゴムの張力を利用する」というのがあり、試したところ、ちょうど良い位置でキープできるようになり、それからは快適です(こんな方法でいいのか?というはありますが)。田舎のことですので、試せたのは、下位機種のath-ad500xまでだったのですが、以上の工夫をした上でならソフトな装着感は比較にならない感じです(当然でしょうが・・・)。これから長く使っていきたいと思います。.

購入約2ヶ月後での感想です。昔のオーディオ時代は密閉型で頭が痛くなったものだったけど、ン十年振りで購入したこの製品は開放型なので圧迫感がなく疲れが少ない。こんなに音が鳴っていたのかと思うほど情報量の多さにびっくり。音源の位置や距離感も感じられるよう。全体のバランスが良く自然な鳴りっぷり。楽器やボーカルは軽快で心地良くサラッとした印象で重厚さは薄い。集めたMP3の曲をPCで聴くために購入。xonar essence stx/aのサウンドボードと組み合わせてます。ずり落ちそうで不安な方は、どなたかの感想にあったようにウイングサポートの左右に輪ゴム1本掛けるとOKです。.

開放型のヘッドホン🙂開放型という特性上、結構音漏れしてしまいますが、自室などで使う分には問題ないでしょう。しっかりと音の広がりも感じられ、低音もそこそこカバー出来ているので音質は良いです。重量も普通に使っていても重いとは感じない程度です。値段はやや貼りますが、少し良いものを使ってみたいという方にはおすすめします😀.

イヤホンとは一線を画する音だと思います。オープン型なので暑苦しくないです。でも携帯世代には受け入れられないでしょうね。.

リケーブルできないとわかってて購入しましたが、やはり三メートルコードは使いづらいですね。音はボーカルがはっきりしていて、広がりもある程度あると思います。全体的にハイレベルかと。.

フルートを演奏しながら多重録音するときは 開放型でないと自分の演奏の音がよく聞こえない。これは 良さそうです。.

お店で試聴したときは密閉型とオープン型とで悩みました。確かに密封型のスペックの方が上回っており、音の響きが滑らかに感じました。しかし耳に当たる感触がこちらの方が気持ちいいことと、まわりの会話もある程度聞こえた方が生活のうえでは有意義かと思いこちらにしました。結果は大正解でした。なんとく音楽を聴きたいけど家族の会話にも加わっていたいときには最高のツールだと思います。音質もとてもいい感じです。.

とってもいいです音の広がりがやはりオープン型なのですごいです音楽鑑賞用というよりは映画鑑賞用と言った感じなので音楽を聴きたい方は他のやつを検討してもいいかもしれません自分はこれでゲームをしてますが、迫力もすごいですし、なにより音それぞれの位置感が自然なので世界に没入できます最後にこれは 家で使う用 として購入した方がいいと思います当然ながら大きいので持ち運びも難しいですし、なによりオープン型なので音漏れします。ですが家で使う映画鑑賞用等として購入するなら他のちょっと高めの音楽用のやつより断然おすすめ出来る商品です.

軽くて音もよく大変気に入っている。難点を挙げるなら、装着した時、少し緩い。でもきついよりはいいと思う。.

今までat製品を多数使ってきたけど、これほど自然に聞ける製品には当たらなかった。大抵、高音サラサラ、低音不足がat社のスタイルのように感じていたが、この商品はすごくバランスがいい。心配なのは、イヤーパッドの材質が早期劣化しそうな気がするところかな。ウィングパッドも問題なし。.

1万7千円で買えました。田舎の家電量販店にあるヘッドホンとイヤホンを全部試聴した結果、これとmdr-1am2を買いました。僕の耳は中級リスナーという感じです。1万から3万以内のヘッドホンやイヤホンをこれ合わせて5,6つくらい持ってて、それ以上の価格のはまだ持ってない感じです。総論を言えば「家電量販店で買えるヘッドホンの中ではベストな選択の一つだったなと思う。もっと高いのには良いのあるのだろうか?知らないからとりあえず今知ってるヘッドホンの中ではベストな選択の一つ」です。■これを使って「あくまでも自分の耳」が感じたものを書きます①今まで試聴したことのあるヘッドホンの中の最高レベルで音質が良いし他のと段違いだった②低音は少し弱いのがマイナス2点って感じで、各楽器の聞き取りやすさがプラス5という感じでマイナスよりもプラスがかなりでかい③低音については「確実に少し弱さはある」「だけど別に強烈に弱いわけじゃない」という感じ④各楽器の聞き取りやすさについては「ハンパないぞなんだこれ…」「なんだこれは…すごい…」という感じ(星を4つにしたのはこの通り低音の少しだけ物足りないからで、それがあったら星5でした)■なぜ低音が少しだけ物足りないと感じながらも買ったのかの理由を書きます①「本当に、別に気になるレベルではない」というくらいの少しの弱さにすぎないから(いわゆる「必要十分」な分はギリ出てるという感じ)②それ以上に、各楽器の聞き取りやすさが強烈で驚いて惚れたから③そして「これは編曲を聴くのに絶対便利だろうから欲しい」と思ったから■例えば各楽器の聞き取りやすさが強烈というのはどういう感覚を書きます・ネオ渋谷系(=使用楽器が多いジャンル)の曲の各楽器が今まで使ったことある再生機器じゃ聴いたことないくらいいろんな新しい音が聞こえた・渋谷系(=使用楽器が多いジャンル)の曲の各楽器が今まで使ったことある再生機器じゃ聴いたことないくらいいろんな新しい音が聞こえた・でも特に高音がうるさいわけじゃない(例えばソニーの1万弱の青いモニタリングヘッドホンよりシンバルの音量は全然低いと思う)・サ行の音が刺さる感じは「2000年台以降辺りに制作された曲ならたまにある。それ以前の曲なら、自分が聴いた曲では全くもって無い」です。僕的には「気になるレベルじゃない。それよりもここまでいろんな音が聴こえるメリットのほうがでかい」です。しかも上記したとおり、何故か別に「特に高音がうるさいってわけじゃない」んです。(でも2000年以降の曲がメインで好きならもしかしたら気になることも多いかも。以下で例に出してますが初期capsuleは全然サ行うるさくありませんが、例えばカジヒデキの甘い恋人のサ行とか、モー娘。のそうだ!we’re aliveとかは僕の耳的には多少来る感じがあります。東京事変の遭難は気になる程度ではないけどたしかに刺さる感じは無くは無いという感じですがまだ全然聴けます。これよりも1am2の方がサ行刺さること多い)・例えばですがcapsuleのsweet time replayのaメロのボーカルが入ってきてシンバルがシャーンって鳴る瞬間、だいぶ高音がシャーンとうるさくなってますが、右側でエレピ(ローズ?)が全く潰れずに鳴っているのが頑張らずとも普通に聞こえてくれます。高音が潰れずに普通に分離して聴こえているのが今まで味わったことなくて感動しました(高価格帯にはこれよりより良いのがあるのでしょうが、家電量販店で聞けたやつの中ではこんなものはこれ以外無かったです。あとソニーの青いモニタリングヘッドホンとか3万くらいのer4sというモニタリングイヤホンでもそういうのは無かったです。er4sはかなり評価高いイヤホンですが、それよりもこっちのほうが普通に音質が良いと僕は思います)・そういう風に、中~高音部分が他の近い音域の音にマスキングされて潰れたりせずにちゃんと分離して鳴っているのが頑張らずとも聴こえるのがすごく新鮮でした。特にcapsuleの初期の曲だと分かりやすいです。すごすぎます。あらゆる初期capsuleの曲で「こんな音が鳴ってたのか…すごい…」となります・同様にネオ渋谷系の曲だとすごくわかりやすいです。いろいろな曲のいろんな楽器の音が頑張らずとも普通に鳴ってるのが聴こえます。潰れずに普通に存在しているのが頑張らずとも分かります。・今までいろんなレビューで「楽器の分離感が良い」みたいな文字列を目にしてきましたが、その言葉はこのヘッドホンを聴いて「これこそその言葉が似合うだろ…たぶんこのヘッドホンの方が明らかに今まで見てきた「分離感が良い」というレビューされてる再生機器よりも分離感良いんだろうな」と思いました(※褒めまくりましたが、僕自身3万前後以下のヘッドホン・イヤホンしか使った経験が無いのと、その範囲内の価格帯だけどゼンハイザーみたいな田舎の家電量販店で聴けないし試聴無しで買うには賭けになってしまう系のやつも聴いた経験が無いので、これ以上の価格帯、またはこれ以内の価格帯だけど家電量販店に置かれてない機種の方がこれより良い可能性はあります。分離感とやらも、音質とやらも。)■低音の弱さについて言葉で書いてみます・楽器数が少ないロックとかは、低音がかすかに少し弱く感じるであろうのと、別に元々聴こえない音なんて存在しないほど楽器数少ないのとで、別にこのヘッドホンでなくもっと良いのあるのかなと思う。・例えばバスドラの「ボスッ」「バスッ」という音の、音は聴こえなくはないけどその時の音圧が明らかに少し弱いなと思う・例えばいわゆる「ブリブリのベース」みたいな音から音圧が少し抜けるので、楽しみづらくなるかなと思う(安いなんかのイヤホンが壊れてから青いモニタリングヘッドホンやer4sに変えた時もそのブリブリ感が消えてしまって全然その感覚を楽しめなくなってしまいました。特にer4s使ってた時は完全にそういうブリブリ(笑)なベースの感じが無くなってしまって悲しかったです。悲しかったのと壊れたのとで、いろいろ試聴してmdr-1am2を買いました。1am2はブリブリ感すごい出ますが、ちょっと高音がうるさくて悲しくて、このヘッドホンも数日後に買いました。今はmdr-1am2とこれの両刀で楽しんでます。しかしどちらも上記の通り少しずつウィークポイントを残していて完全体ではないなと感じるので、完全体と言えるものはまだ探しています。ですがこの2つは普通に満足です、満足する一定ラインをだいぶ越えてます。ウィークポイントより良いポイントがでかいんです)・でもベース「ライン」はなぜか普通に聴こえます(むしろなぜか少し聴き取りやすい気すらする)。たぶんそのラインを感じる周波数はちょっと高めの所にあるからだと思います。なのでベース「ライン」が好きな人はこのヘッドホンで音楽聴いてもそこまでがっかりしないのかなと思う■その他感想・オープン型という構造だからか音漏れがハンパないので外で使えません。電車でヘッドホンを使うイメージでこのヘッドホンを買ってはいけません。どのくらい音漏れするかというのは、ヘッドホンって音が出る面と出ない面あるイメージありますが、これは「どちらもほぼ同じ音量で、音が出る面」って感じです。ヘッドホン外し、耳に当たる側を手で抑えてみても、逆側から音が普通の音量で出てきます。・コードが長いのは個人的にはすごく好きです。よく足を引っ掛ける(そして壊してきた)のでこのくらい長いと安心です。ヘッドホンつけながらパソコンから離れられますし。[追記]後で気づいたのですが、両耳の外側の部分から両手をかぶせると低音感と臨場感がすごい増します…手に振動が伝わってくるので半分ライブみたいです…。試してほしい…。低音の若干の弱さが吹き飛びます…[追記2]細かく書きすぎたので補足しますが「それぞれの耳の聴力や外耳の形などの差のせいで、僕が書いた上記レビューどおりには聞こえない場合」というのがあると思います。そこは大前提なので一度視聴したほうがいいと思います.

これは優れています。ただし、アンプが欲しくなるほど表現力があります。.

今までath-a900を使っていたのですが壊れた為、初のオープン型にこちらを選びました。良い点・・・音に深みがあるので、ジャズやオーケストラなどを聞く際にとても心地がいいです。いまいちだった点・・・深みがある分、クリア感が無くゲームや各動画サイトでは、こもった感じに聞こえました後は、慣れだと思うのでこのまま使用して行きたいとおもいます。.

自宅でアコーステック楽器中心の音楽(クラシックやジャズなど)を楽しむことを考えると、最近の低域強調タイプの多いヘッドフォンには辟易しています。ヘッドフォンに「重低音」?などありうべくもなく、ベースの音が好きならばともかくも、私がヘッドフォンに求めたのは装着感に優れ、片出しコードで側圧が適度なことでした。テクニカのこのタイプはその意味でも申し分なく、解像度、ウッドべースの自然なノリ、録音の良いフル・オーケストラの録音状態の違いまでわかること、そしてなによりも「音」を聞くというよりは「音楽にのれること」でこれを選びました。これ以外にも同じ900の密閉型と2000も所有していますが、目下一番出番が増えたのはこの機種になっています。ほかの方のレビューにある「ウイングアームが弱い」?については、本体が軽いがゆえにこのタイプではずり落ちの心配はありません。大きめの耳でもすっぽりとカバーしてくれます。密閉タイプのこのシリーズは前のタイプにくらべて装着感が落ちたことが残念ですが、オープンエアタイプではまったく使用感は変わりませんでした。なお、テクニカの密閉タイプ、オープンタイプともに一番コスパの高いのは700シリーズだと思っていますが、予算の制限があるなら、700シリーズでも十分だとも思います。ただし、ロックなどを低音バリバリで聞きたい方には向いていないと思います。逆にジャズやクラシックなどのアコーステックを中心に楽しむならこれが目下コスパの面でも最強ではないか?とさえ思います。家庭でオーディオにこり始めると色々とキリがありませんが、それと比べてヘッドフォンならいくつか違う傾向のものをそろえて楽しむのもいいですよね。逆に自宅でハイスペックのデスクトップpcなどに1万円程度のヘッドフォンアンプで[email protected]320やflacファイルを中心に楽しむ私のような者には「気軽に楽しめる」と言う意味でも過不足なく十分すぎるヘッドドフォンです。家で構えることなく気軽に音楽を楽しむならこれか、ひとつ下のクラスのオープンタイプの700がお気に入りです。.

期待していた程の完動は無かったが、悪くないと思う。開放型なので疲れも少ないようだ。ただ、装着のフィット感がないのが残念。.

電子ピアノを購入して付属のヘッドホンを使わないでath-ad900xを使用しています。グランドピアノに似た余韻が残る素晴らしい製品であると思います。装着感も快適でピアノ練習に集中できています。.

 10数年使っていたヘッドフォン、さすがにパッドが傷んできて買い換えを考えていたところ、たまたまamazonに出ていて評判が良いので購入しました。今使っているのが同じメーカーのath-ad7、品番・形・音の傾向から見てath-ad900xは後継機種かと思われます。パッドの耳当たりもソフトで、音質も迫力あるというよりも心地よい感じです。オープンエアタイプなので若干音は漏れますが室内では問題ないでしょう。私にとっては今までの延長線で安心感がありました。.

ベスト audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン ATH-AD900X 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.