Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica エアーダイナミックヘッドフォン [ATH-AD700] – 標準使用のヘッドホン

若干大型ではあるものの,圧迫感がなくオープンエア特有の音質のヌケのよさと歯切れ良さが生きています.低音のこもりもなく音の分解能も良く,オーケストラのストリングがみずみずしく再生できます.

家のみ使用なので、色味や音漏れは特に考えませんでした。イヤーパットの感触良好です。疲れません。音質は低音側が若干弱いかもですが、高音好きなので気にならず。.

他メーカーのワンランク低いヘッドホンにしようか迷いましたがこれを買いました。大満足です。確かに低音の迫力はないですが. それを補って余るほどの臨場感があります。特にボーカルの音が透き通るような音で、とても心地良いいです。どのヘッドホンを買おうか迷っている方,是非試聴してみてください。ただ音の上げすぎには注意して下さい,自分はそれで耳から血が出ました。.

かなり前にath-ad400を購入しもうさすがにぼろぼろになったので買い換えました。sonyのモニターヘッドホンにしようかとも思いましたが、フィット感、あと長時間これから何年も付き合うことを考えるとやはりこれしかないです。最初はモヤモヤした音が出ます、エージングが進むとともにオープンエアー特有の空間がすっきりと現れてきます。僕は楽器を吹き生音を聞きながら使用することもあるのでエアー型でないとちょっと不便です。低音は出ていないわけでなく構造上もれて広がってしまうので仕方ないと思っています、アンプを良いものにした時もちゃんと低音の出方の違いもモニタできますよ。これまで長年このシリーズを使ってきたのですが不満を感じたことはありません。.

少し良いヘッドホンを初めて購入しました。とても良い買い物をしたと満足しています。ドライバーが大きく、とにかく音がクリアーです。音の広がり違いますね。皆さんコメントしている通り、ソフトな装着間は申し分無し。耳にあたる部分の生地が柔らかくて良いですね。主にクラシックを鑑賞していますが、期待していなかった低音も自分には十分なレベル。コントラバスや打楽器の再生も問題ありません。弦、管、打楽器、声楽、演奏会場の空気感、ん〜ん、演奏の隅々まで聞ききとることができます。目をつぶればホールで聞いている気分、心地良い、、、つい、長く聴き入り夜更かしに。好きな方は、一度電気屋さんで視聴してみると音の良さが分かると思います。.

コードが長く捩れにくく、耳当てパッドは柔らかくフィット感も良いですが、ヘッドバンドの調整ができず長時間の視聴でずれてくることがあります。 音質はクラシックには向きませんが、ドラマ、ドキュメンタリーには十分すぎるくらいです。 クラシックは最初は良いと思って聞いていても、徐々に粗が耳についてきます。 ヴァイオリンの音が鋸の目立てのような音になったり、フォルテ時に分解能が悪くなることがあります。.

装着感、音の広がり、リアリティ感、どれをとっても文句なし。難をいうなら、大きさ? まっ、それは贅沢な要求でしょう。.

初のオープンエア購入でした。長時間使用を考えて購入しました。程よい低音とクリアーな中高音で気に入っています。コストパフォーマンスは最高と感じています。.

利点と欠点

メリット

  • リケーブルで10万クラスヘッドホンに匹敵するとても繊細な化け物
  • 音が良いです。
  • 音質、着け心地共に良し

デメリット

私は、普段イヤホンに2000円ぐらいしか使わず、そんなに違いがわかる耳を持ってるとは思えないし本来はヘッドホンに諭吉を使う人間じゃないんですが・・電器店でたまたま、これより一ランク下の一万円ほどのものを試聴した際に感激しまして更に、アマゾンでは、これが一万円弱で買えるとわかったので購入を決めました。まず大きさにびっくり、音漏れにもびっくり、そして音質にびっくり。今まで全然聞こえなかった、いろいろなバックグラウンドの音が聞こえてきて楽器の音色、声色や息遣いが生き生きと、はっきり聞こえるようになりました。真っ黒な分厚いヘッドホンは重そうで嫌だったのですが、これは紫色とゴールドの組み合わせで軽い感じが私は大変気に入っていて、何かとても特別な高級品をつけている気になります。付け心地も抜群で、大変気に入ってます。.

とにかく音が良いです。高音(特にシンバル等)の抜けが良い!ボーカル(特に女性)の声が際立ち、楽曲全体が広がる感じがします。お勧めです。.

5年ほど前に購入しました。今でも現役でバリバリ動いてます。良い点は、何と言っても着け心地ですね。イヤーパッドがふんわり耳を包む感覚は素晴らしいです。次に音質ですが、高音から低音までバランス良く鳴る印象です。素人なので、完全に主観での感想ですが所謂ドンシャリと言われるような一部の音がしっかり聞こえるのではなく、柔らかい音がやさしく鳴ってくれます。全体の感想としては、このヘッドフォンに出会えてよかったと思える商品でした。.

密閉型のath-a500からの買い替えです。a900が順当なのですが、オープンエアーを経験してみたかったのが大きいです。ゼンハイザーのhd515と悩みましたが、近場で現物を見れないので、a500と大きさが同じこの商品にしました。オープンエアーで中高域重視とのことで、もう少しクセがあるのかと思いましたが、私は普通にしっくりきました。主にクラシックの室内楽やジャズボーカル、ピアノトリオを聴いていますが、シンバルが気持ちいいというのには同感です。また、ロックやポップも私は特に不満はありません。十分です。ただ、重低音が響く特性ではないことは確かなので、好みかどうかは分かれそうです。音の解像度は評判どおり1ランク上で、a500に比べて空間的な広がりがはっきり感じられます。ただし、張り詰めていてユルさがないので聴く側もつい分析的になってしまいます。例えると、録音のわずかなひずみやブツっと入るノイズ、ピアノの打鍵(アタック)音、イスや呼吸の音といった、楽曲以外の要素が分離して気になる感じです。ですから、聴かせるという意味での面白味には欠けるかもしれません。でも、手持ちの機器とのバランスはこの位が上限ですし、音場の開放感ときらびやかな高域に満足です。.

Ath-ad300が不注意で破損してしまったので、どうせ買い換えるなら上位機種のath-ad700に新調した。 音質はシリーズでは最もリーズナブルなad300とは比較にならない程の高音質でビックリad300ではモヤモヤしていたところも明晰に聴こえる。ただし、低音域はオープン・エアー式の欠点でもあるが、かなり控え目で質・量とも不満が残る。audio-technica製品ではいつも言われるが、高音域重視の傾向がある。高音域は多少角が立ち、エッジがきついが明るく鳴ってくれる。高音域重視だが、クラシックの弦楽器も特に「キンキン」響かずに全体的にフラットに聴かせる。反対にトランペットなど金管楽器はメタリック傾向で主張が強いかな‥?ボーカルも明晰に聴こえるが、声のツヤとか表現力はイマイチな出来ばえだが、高音の音の抜け方はやはり爽やかでイイ感じだ。オープン・エアー式の特に素晴らしい特色をよく出して好印象装着感は非常に良いと思った。280gと決して超軽量ではないが、頭上の両側を押さえるウィングサポートと両耳のイヤパッドのおかげで締め付けが上手く分散され思ったほど重さも締め付けも強くない。側面のズレには強いが、代わりに前後にズレやすいのが欠点だ。クラシックは長時間使用が前提なので、装着感は重要。このシリーズの不快感の少ない装着感は評価していい。ad700は独特のカラーリングで好き嫌いが分かれると思う。本体をゴールドからシルバー、ハウジング部をパープルからブラックにすればかっこ良かったのにな‥。ad700はクラシックを聴くのに最適だと思うが、テクノなど(perfumeとか‥)のボーカルもうるさくなく爽やかに聴ける。低音域が弱いのでジャンルで印象が「ガラッと」変わってしまう可能性もあるので、購入時は是非とも試聴をして下さい‥。.

この軽さと装着感はとてもいいですね。長時間使用するので他のヘッドホンより大分楽です。音質はこの値段ではかなりクリアだと思います。今まで聞こえにくかった音もクリアに再生されますので元の音源が良いものでないとノイズもしっかり聞こえてしまいます。自分は楽器を趣味としていてロックバンドの音源を好んで聞いているのですが高音がクリアと言うか目立ちすぎで自分には耳障りですね、特にドラムのシンバル音が聞こえすぎてしまい全体的なバランスが崩れてしまっている印象です。低音は他の皆様も多く書かれていますが抑え気味な印象で音質に色付けされますので、オールラウンドな使用を目的としているのであればそれなりのeqもあったほうがお好みの音にできると思います。密閉型ではないので公共の場では音量は控えめに。.

長時間使用しても頭部を圧迫しない為、痛くなりません。只、ヘッドフォンの周りが合皮かゴムの為、長年使っていると劣化してボロボロと崩れてきます。.

音質、装着感は満足してます。ただ、ヘッドホンから1mほどのケーブルが固くなってきました。(それ以外は柔らかいままです)よくさわる部分に皮脂がついたので硬化したのでしょうか?ちょっと使いにくいので、そろそろ買い換えを考えています。.

残念で仕方ない一品です。長時間かけても疲れない、オープンエアなので、音をどれだけ大きくしても逃がしてくれる構造からか耳が辛くならずに迫力あるサウンドを聞くことができる等々気に入っている箇所はたくさんあります。実は10年近く前に購入、愛用していますが終売と知って、予備で購入するべきか迷っていました。後継機も出ているので、実際に、後継機も売り場で試してみたのですが、何故か後継機のがかけていると重く感じるという結果になり、これは予備で買っておくべきだと思い購入。すぐに使うわけではないですが、愛用品として長く使いたいので、今のが壊れたら切り替える予定です。.

特徴 audio-technica エアーダイナミックヘッドフォン [ATH-AD700]

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:500 mW
  • 重量:280 g

他の方のレビューにもたくさん書かれてますが、装着感が本当に素晴らしいです。長時間装着しても痛くなりません。自分はメガネを掛けてるのですが、全く不便なく使用できます。私は音響マニアではないので詳しくはわかりませんが、オーテクの得意な中高音もバッチリですし、低音だって十分に堪能させてくれます。普段はスマホで音楽を聴く時に使用していますので、eqアプリで好きに音質をいじればそれにきちんと答えてくれます。ヘッドフォンひとつとっても数百円〜数十万円までありますが、いい音で音楽聴きたい人には決して高くはないと思いますよ。ただ、密閉型ではないので音漏れは覚悟の上で使用しましょう。.

装着感は抜群です。音質もテクニカ特有のハイ上がりですが数時間の放置エイジングですぐに解消されました。注意していただきたいのは音色ではなく本体の色です。画像ではシルバーに見えますが実際はゴールドがかったシャンパンゴールドというイメージ。黒メッシュに見える所は紫っぽいです。この画像はメーカーサイトの物のようですからメーカーの責任ですが、イメージがかなり違いますので外観を気にされる方は要注意です。.

厚みのある布製パッドと、オーテクお得意のウィングサポートがもたらす装用感はまるで羽のようです。非常に自然に扱うことができ、つけているのを忘れるぐらい。イヤーパッドの部分が上級機に比べ厚いため、その点ではむしろ勝ります。しかし音となると、やや物足りない。解像度、繊細さといった音! を求めるなら、ath-ad1000以上にした方が良いでしょう。……正直購入してちょっと後悔。他のあらゆるヘッドフォンにも言えることですが、視聴してから購入するようにしましょう。.

2010年初頭に学生の身分でこのヘッドホンを購入し、オープン型特有の籠らない開放感のある音を体験しとても良いヘッドホンを購入したと喜んでいた。(この時点で★5気分)が、2017年頃に自分の名のブランドを持つオーディオアンプ爺の勧めでリケーブルを敢行、同時に3本線から4本線4軸ジャックへ付け変えて7年の歳月を過ごしエージングし切ったこのヘッドホンの真価が発揮される。オープン型特有の籠らない音からさらに、まとわりついた錆びを落とし曇った汚れが落ちたかのような澄みきった鋭くも繊細な音に変わった。雑誌の付録についてきたusb-dacで十分に印象の変化を聴きとれるこのヘッドホンのポテンシャルは凄まじい私の独断と偏見にまみれた個人的意見に過ぎないが、ゼンハイザー10万~クラスのヘッドホンに匹敵すると断言する。大変素晴らしい。本当に買ってよかったと心から思っている。まぁ、10万~クラスのゼンハイザーを10年エージングしてリケーブルしたら勝てないと思うが(苦笑)このヘッドホンは使い込まれた果てにリケーブルをすると凄まじい化け方をする代物なので、購入者で長年使い込んでいるものは必ずリケーブルをして聞き比べることを強く推奨する。.

私は眼鏡をかけてヘッドホンをつけるとすぐに痛みを感じてしまいずっとイヤホンで我慢していました。知り合いにすすめられ思い切ってこの商品を購入しました。ヘッドホンをつけ3時間4時間…。驚くほどに疲れや痛みはありませんでした。私もこれには驚きました。いい買い物でした!.

つけ心地がすごく軽いので疲れにくい。色も好きです。ただ耳の部分のカバーがメモの画像と異なっていて黒だった。頭上にある輪を、画鋲型のフック(100均)に吊るせて便利音質もいいと思うよ!1万円で購入したけど、8千円になってる!.

眼鏡ユーザーにとって、オーバーヘッド型のヘッドホンを購入する際の最も重要なポイントは装着感です。オーバーヘッド型は基本的に外側から押し付ける構造となっているため、装着した時に如何に眼鏡の存在を意識させないかが大事です。その点で言えば本ヘッドホンは同価格帯の中でも非常に優れています。私は購入に際して店頭で色々と試したのですが、本ヘッドホンの装着感は群を抜いており、ヘッドホンで映画を観る事が多い人間からすればこれ以外はありえませんでした。何せ装着するだけで気持ち良い位だからです。音質についての評価は素人なので差し控えますが、本ヘッドホンは「オープン型」でありスピーカー並みの音量で音漏れがするため、その点については十分に検討した方がいいと思います。.

最近はビートルズ、モンキーズ、マイケル・ジャクソンなどのCD、DVDを聴くことが多くAVアンプには、これが繋がっています。特に誇張されている部分もなく聴きやすいと思います。無理なく高音も伸びています。低音は薄く感じますので重低音を求める方には向かないでしょう。.

自宅での使用、クラシックなどアコースティック楽器と女性ボーカル鑑賞、予算一万円強の条件で、この製品に辿り着きました。この製品の装着感は、最高です。長時間のリスニングにも応えてくれます。音質は、単に音が良いのではなくて、リスナーの感性に訴える高い音楽表現性があると思います。(ゴリゴリとした低音を期待するのは、無理ですが・・・)今までは、関心がなかったのですが、「高級ヘッドフォンの世界も覗いてみたい」。そんな気持ちにさせる高CP機種です。ヘッドフォン入門機として、最適ではないでしょうか。.

TBSクリスマスの約束(小田和正)やライブDVD等を聞くときに使ってますエージングが進めば装着感と聞き疲れのしない程よいスカスカ感とボーカルの明確さに全体的に柔らかい優しい音ath-ad1000やath-esw9も使ってますが、帰る場所はココって感じですズンボンズンボンといった音は出しません。でもチェロなどの弦楽器の厚みは録音ソース次第ではしっかり表現してくれますそれを欠点とするもしないももちろん個人の自由です。でも横浜アリーナや、さいたまアリーナでの生の演奏ではズンボコ低音なんてのは存在してないんですよね.

音質などのこまかいことはわかりませんが、2万前後のヘッドホンをいくつか買ったなかではこれが一番長持ちしてます。買ってから一年くらいですが、一番いままでのヘッドホンと違う部分はヘッドホンからのびるコードが太く太くつくられてあって、何かの拍子に引っ張って買って半年で片側しか聞こえないといってトラブルのリスクが少ないことですかね。ヘッドホン関係でいつも思うのはいくらお高いヘッドホンを買っても、値段に釣り合った丈夫さがない商品はいい加減うんざりだという点です。その点に関してだけは、この商品は当たりだなーと断言できます。.

視聴した印象が良かったのと手頃な値段だったので買いましたが届いたその日から楽しく気持ち良く聴けました。他にモニター系のヘッドホンは複数持っていますが手持ちの中では鑑賞ならダントツでこれが一番楽しく聴き疲れなく聴けます。音漏れがあり大きいので室外使用には向きませんが開放型ならではの臨場感と分離の良い音、過不足なく鳴る低音で中高域に被る事もなく軽快にビートが走る。ジャンル選ばず良く鳴りますし(自分の場合はポップ、ロック、エレクトロ/ハウス系、dvd鑑賞)装着感も軽くこの値段でこの性能はとても満足。☆10個!.

AD500から乗り換えちょっとグレートアップしました。コードが細く、しなやかになって、オーディオテクニカ製のラインケーブルの「art link」の印字がされています。ケーブルからバージョンアップしています。プラスチック製外装プラグからメタル製の外装プラグに強化されてます。付け心地も良く、とても軽く、何時間でもつけていられます。音もさらに綺麗に広がりました。オーテクエアー好きならAD500から初めて徐々にグレードを上げていくのも音楽鑑賞の楽しみだと思います。.

ベスト audio-technica エアーダイナミックヘッドフォン [ATH-AD700] レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.