Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica イヤホン ブラック ATH-C320 BK – カナル式イヤホンは合わないあなたへ

この価格ではまあまあです。手元ボリュ-ムは中々便利です.

隣人への音を考慮してヘッドホンやイヤホンを探していたのですが、耳の穴が小さく耳の形が綺麗じゃない自分はどれも長時間つけてると痛い。ヘッドホンは蒸れるし顎が痛くなるし頭皮にもダメージが大きそう・・・かといってカナル型イヤホンは耳の中を圧迫して頭痛がする。耳掛け型はそもそも装着自体できない。とは言え通常型も耳を押し広げるから耳痛いんだよな・・・と思っていたところにコレ。 大変重宝しております。何時間つけてたって痛くない!壊れるまで酷使して、壊れたら即リピ!というくらいにお気に入りです。.

コスパ、音質共に良いです。耳にも良くフィットしました!銃激戦の多いゲーム用に、低音が強調されるこのイヤホンを買いました。長さも1. 2mと長く、画面との距離もばっちりでした。満足です。ただ、さわり心地が安っぽいです(笑).

高音から低音まで問題なく聞こえますが、低音域はやや物足りない感じです。耳からややずれやすいです。手元に音量調節器つまみがついて便利です。.

【デザイン】シルバーとピアノブラックのツートンで、悪くないと思います。少なくとも見た目悪いなとは感じません。【音質】pcでの利用がメインですが、手持ちのcd(j-pop)をmp3(160kbps)で取り込んで再生してみたところ、ストリングスの線が明瞭に聞こえ、悪くないと思います。ボーカルもこのクラスにしては、キンキンせずに比較的柔らかに聞こえますので、同価格帯としては高品位かと。ですが、さすがにこのタイプに量感のあるしっかりした低音再生は無理。ゲームの効果音も軽めに聞こえます。それでも、同じタイプのソニーのヌードシリーズよりはましかなといったところです。【フィット感】耳にスッと入り、装着感が少ないので疲れないです。ただ、小さめなのでたまに顔の向きや姿勢を変えるとポロリと落ちることがあり、若干マイナスか。自分にはもう少し大きくてもよかったなと思います。装着する際、lとrの表示が小さくて見にくい点は改善の余地あり。【外音遮断性】オープンエアタイプですし、外音を遮断して音楽に浸ろうという音質重視派にはそもそも選択肢に入らないと思います。【音漏れ防止】自室内での使用のみですので、あまり気にしていませんが、特に問題ないと思います。【携帯性】くるくると丸めて、ポケットにでもバッグにでも。【総評】最近比較的少なくなったインナーイヤータイプのステレオイヤホンの中では、音質的には良質な部類だと思います。これと併せて、耳にフィットしやすい大きさ、手元でボリューム調整が可能なスイッチ、コードが邪魔にならないようなクリップ付きなど、携帯mp3プレーヤでの利用には適していると思います。自分はpcでのみ使用していますが、小さな不満は1,2点あるものの、何より安いのと、オーバーヘッド型のような圧迫感がなく疲れないので、そこそこの音質と相まって満足しています。.

コスパの良いイヤホン。耐久性でいうと何年に一回は買っているような気もしますが、値段が値段なのでそこは諦めています。.

私はヘッドフォンの方が好きでイヤホンは久しぶりの購入なのですが音質にこだわりがないのであれば普通なのでは?と思います。 使い道としてはスカイプやニコニコ動画・生放送の視聴がメインなので同じような使い方がメインの人なら気になる点はあまりないと思います。 ただ、イヤホンが久しぶりすぎるせいか耳からポロッと落ちてきそうなのが気になります。今のところ気になるのはこれくらいです。.

Ipod用に購入。二代目です。こういった形状のヘッドフォンは減りつつあるが、つくってほしいです。.

利点と欠点

メリット

  • 年々品質が落ちている気がします
  • 耳が痛くならない!
  • 使いやすいです

デメリット

カナルタイプは、耳が痛くなる。普通のイヤホンタイプで音質がよいものがないかと思い、試した。設計はよいのだが、音割れあり(iphone付属の方が優れる)やはり価格相応と言える。.

ノートpcでの音楽再生や動画再生の視聴に使っています。径が小さめなので、長時間使用しても耳が痛くならないのがgoodです。耳の穴が小さめの人、耳が痛くなる人には適していると思います。音質も価格の割には十分なレベルだと思います。若干、スカスカ・シャカシャカな感じもありますが、そもそも用途が上記の通りであり、元々の音源もそれなりなのが多いので、割り切って使っています。重低音の音質にこだわる人は、この価格帯のヘッドホンは選ばないでしょうし。ケーブルの途中にスライド式のボリューム調整が付いており、手元で音量調節できるのは何気に便利です。以前も同じシリーズを使ってたのですが、1年しないうちに片方が聞こえなくなってしまったので買い換えです。引っ張ったりした時の断線かもしれませんが、寿命は短いかも?.

まずイヤホンは耳に固定されて耳の穴に音が出る部分がくるようにされてなければならない。この商品は小さい上に形に何ら工夫が為されていないため重力で耳の下の方に落ちて、耳の穴でない部分に向かって音が鳴っている状態である。せっかく音は悪くないのに耳の穴とずれているため、音はスカスカ。当然である、耳の穴から遠いからだ。絶対に買ってはいけない。.

 通常イヤホンは、pcでyoutubeを見る時のみに使っています。 本品は長さが1. 2mで丁度良い長さであり、手元で音量が変えられるので購入してみましたが、肝心の音がすべての音域でこもったような音となっており、音のクリアな感じがしませんでした(これはpc以外にテレビでも同じ)。 音量は手元で変えられますが、最小にしても音量はゼロにはなりませんでした。まあ、この点は気になりませんし、音量を変えるときに雑音はしなかったので、不満はありません。 とはいえ、比較的安価なイヤホンに音質を求めるのは酷かもしれませんが、こもったような音、その一点のみ少々残念でした。.

さすが小さいだけあって高音質は望めませんがスマホでラジオには十分です。人の声が聴きやすいです。何よりクリップが付いているのが嬉しいです。今までは100均のイヤホンマイクのクリップだけ外して使っていました。音量調整も出来るのでYoutubeなど音量のバラツキがある物にも対応しやすいです。後はプラグがl型なら完璧でした。.

私はこのイヤホンを主にsony nw-13とipad(第6世代)で通勤途中で語学学習と音楽鑑賞に使用しています。通勤途中で使用しており、使い始めや使い終わりなどは雑になります。例えば、電車から下車する直前には、このイヤホンをnw-13に巻き付けるなど・・・。そのため、1年に1回以上の頻度で、断線し使用できなくなります。高価なものだと壊れた時もったいないのでも、私にはこのイヤホンがちょうど良いです。.

ここ数年こちらを使っています!小さめなので私の耳には合っており、他のを使ったら耳が痛くなってしまいました。amazonからの販売はなく、値段の上下が激しいのと、耳の部分が取れたりビリビリしたりと壊れやすいのが残念な点です。クリアな音質のイヤフォンを付けたことがないので(笑)こちらで私は充分です。手元で音の調節が出来るのもいいですね。.

耳が小さくてすぐ外れてしまう息子に。ピッタリで喜んでいます。.

カナル式イヤホンが嫌でこれを長年使っていましたが年々同じ製品にも関わらず質が下がっている気がします。左右の音量が違ったり箱から出した段階で断線しているなど不良品率も上がっていてとても残念です。また買ってこれ以上品質が落ちてるようなら別のものを買おうと思います。.

特徴 audio-technica イヤホン ブラック ATH-C320 BK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:40 mW
  • 重量:5 g

ボリューム部分の作りが雑で、買った直後から接触抵抗が大きく、ボリュームを操作するたびに「ザザザっ」というノイズが入っていた。また、lrどちらも同じ長さのケーブルなので、耳に装着するときにいちいち確認するのが面倒。仕方なくl側のケーブルを玉結びにしてすぐ判るように工夫したが、もちろん見た目は悪くなる。でもまあ、安かろう悪かろう、という範囲内かな。.

単に悪いのを引いてしまったのかもしれませんが、気に入って何度も買っていましたが、つい最近通販で買い直したら音がこもっていました。前に買った3つぐらいはもっとクリアだったのに、これでは正直使い物になりません。カナル型は大嫌いなのでインナーイヤーでクリアな音が欲しかったから愛用していました。臨場感のあるド迫力な音が聞きたいのならあっているのかもしれませんが。.

ベスト audio-technica イヤホン ブラック ATH-C320 BK レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.