Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica アートモニターヘッドホン ATH-A900 – 世界が変わった・・・

私の場合、近くの店でath-a500のデモがあり、試聴をしたところ、好きな音だったということと、様々なレビューも見て、決めました。購入しようと思った直接のきっかけは、下のページです。「電子ピアノを10倍活用する」-ピアノが上手になる・超簡単ヒント集[. ]主に電子ピアノの音を聞くのに使用していますが、気持ちいい音です。音楽を聴くのにも適していると感じており、満足しています。聴いているcdの世界に旅立ってしまいそうです。具体的に、どこがいいのかは、うまく言いあらわせません。購入を考えている方は、電気店などで、同じメーカーの違う機種でもいいので、実際に聴き比べてからがいいと思います。.

「audio-technica ath-a900」は、音の立体感が最高のヘッドフォンです。音は、クリアかつバランスのとれた印象です。原音を忠実に表現しながら、そこに立体感を加えることによって、臨場感を味わえます。今まで、聞こえてこなかった音までが、くっきりと微妙な位置から聞こえてきたりして、音の楽しさを知ることができる1品です。この値段でこのパフォーマンスならば納得がいきます。コードは布製です。絡みにくくひじょうに使いやすくなっています。装着館は、やや重いので、3時間以上装着していると首が痛くなってきます。そして、イヤパッドが固めなので、もう少し素材を考えてほしいなあと思いました。製品名のとおり、モニターするためのヘッドフォンですので、メーカーは、長時間使用することはさほど重視していないのかもしれません。とはいえ、値段に見合った音のパフォーマンスが充分発揮されています。そこは、さすが老舗です。.

2ヶ月前に買いました。 高低音バランスがとれていて良品です。偶に見かける評価で「ヘッドホン初心者にオススメだが、後にさらによいヘッドホンを買った場合出番が少なくなる」というものを見つけますが自分はそうは思いません。これほど音源に忠実なヘッドホンは音源のありのままの姿を届けてくれます(高音または低音を強調せず)。なのでこれでヘッドホンにハマり、さらに新しいヘッドホンを買った場合でも「真面目である」性質ゆえに重要なポジションにあり続けるはずです。楽曲を聴くとき、a900→他のヘッドホン a900→また別のヘッドホン という使い方が出来ます。なので音の変化を確認しやすく よりそれぞれの機種を楽しめます。安心して買える商品だと思いますよ。.

優れた振動板や堅牢なアルミ製のハウジングによるものなのでしょうか、とても良い音質です。特に軽やかな低音に魅力を感じます。軽やかな低音といっても、薄っぺらな低音という意味ではなくて、反応の良い低音という意味です。ヘッドホンのコードにもひと工夫があり、布巻きのために絡み合うこともありません。このヘッドホンは密閉型ですが、実に軽~くて自然な装着感です。私は、これまでは開放型のヘッドホンしか使用したことがなくて、密閉型ヘッドホンは「食わず嫌い」だったのですが、このa900を使用してみて、密閉型への印象が180度変わりました。a900の音質の良さや軽い装着感、密閉型でありながら閉鎖的な感じにならないところに満足しております。.

ヘッドホンに詳しいわけでは無いが付け心地は良いと思うし音も問題を感じる点は無い。.

 皆さんの評価のとおり、確かなフラットさが最大の特徴。 微細な音まで拾ってくれ、今まで聴いていた曲にも新発見があります。 女性ボーカルの『サ行』が厳しいものの、高音の伸びは良く、低音も耳障りにならない程度に響きます。中音域を過不足なく聴かせてくれるのが素晴らしい点で、ジャズを聴いていると細かな息遣いによる音の変化まで楽しめます。 全体的に素晴らしい音を鳴らしてくれますが、打ち込み系は音の伸びしろがない分、余計に単調に聴こえるかもしれません(本格的なテクノだと、話はとたんに変わるのですが)。 普段からテクノを聴くのでath-m50が最初の選択肢でしたが、ジャズやフュージョンを考えてこちらを選びましたが、正解でした。 ipodなどの音楽プレーヤーだとやや音の伸びや響きが弱いものの、自宅のアンプにつなげたところ、大化けしました。このヘッドホンを使うなら、そこそこ出力のあるアンプがないと、性能が活かしきれないようです。 特に強く鳴る音域もないため、音酔いすることもなく、リスニングに非常に適しています。 ボーカル曲、生演奏を楽しむならこのヘッドホンはこの価格帯ではベストチョイスなのではないでしょうか?.

電気店で聞き比べ、すっかり気に入りました。他の方も言われてます様に、聞きやすい音です。高音がクリアだと気持ちよく感じますが、それが強すぎると聞き疲れてします。a300は、どの音域もバランスがとれている(くせがない)感じがします。装着したときの圧迫感が少なかったのは意外でした。長時間装着すると、やはり少し蒸れる感じがしますが 不快ではありません。購入して正解でした。.

ヘッドフォンにも高い安いがあり、音質や装着感などで差があります。当然高いほうが総合的な満足度は高いですが、支払う対価も相応になってきます。その点、本製品は高い部類のヘッドフォンではありませんが(14000円位ですし)、安物には無い、高級品の片鱗を十分味合わせてくれるヘッドフォンに仕上がっていると思います。3万円台以上の高級品を買えば十分満足できるでしょうが、ヘッドフォンは商品ごとに個性が強く、音の鳴り方にかなり差があるものだと思います。なので、高いものでも自分の好みに合わなかったりすると悲惨です。(だから試聴が大切)その点、この製品は値段もそこそこですので失敗が少ない。その割に装着感は凝ったつくりをしていますし、意匠にも十分気を配られています。肝心の音ですが、オーテクお得意の高域寄りでボーカルを持ち上げたような鳴り方です。耳の近くで鳴っているとか、その辺は他の皆さんが散々レビューしているとおりです。しかし、上位のw1000と比べると音は雑味を増す分、a900の方が低音が出ており、ある意味バランスよく鳴っているとも言えます。本機は密閉型なのでオープン型と比較するのはどうかと思います。他のメーカの密閉型と比べた場合、女性ボーカルのサ行の音が綺麗で明瞭、伸びもそれなりにある点は、そういった音が好みの人にとっては価格クラスを超えた実力を持っていると思います。音に関してはバランスのとれたヘッドフォンではありませんが、フラットすぎるヘッドフォンは私を含めた初心者にはつまらないかもしれません。音に個性があって、つくりがしっかりしている本製品は、高級ヘッドフォンの入門用として、選択肢に入れる価値が十分にあると思います。.

利点と欠点

メリット

  • いいです!
  • Excellent Headphones
  • まさに評価通りの音。

デメリット

音は良いですが一日中つけているとさすがに耳がいたくなります。音は良いです。.

性能に関する詳しいレビューは他のレビュアー諸氏に譲るとして、オーディオ初心者としての目線で評価したいと思います。まず、初めに感じたことは「でかい、重たい」ということです。装着した感じはそれほど圧迫感はないのですが、正直、首が疲れます。密閉性は優れていて、そこそこ音量を上げても外部に漏れることはありません。私は夜間に音楽を聴くことが多いので密閉式にこだわりました。リスニング環境としては、pc→hud-mx1→ath-a900で、ソースはitunesからダウンロードしたものやcdをインポートした音楽ファイルです。プレーヤーソフトはitunesを使用しています。これまで、boseのtriportを使っていましたが、こちらは低音重視の音作りに徹しているのに対し、aht-a900はバランス重視の音作りをしていると思います。特に前者は、低音が強調される半面、全体的にぼやけてしまう傾向があるのに対し、後者は音の輪郭がはっきりしていてキレがあります。同クラスの中ではかなり優秀な部類に入るのではないでしょうか。私は主にフュージョン、リラクゼーション、ジャズを聴いていますが、低音から高音までしっかり音場が広がっており、十分納得のいく本格派ヘッドホンだと思います。.

因みにエージング50時間、使用200時間を越えた後のレビューです。尚、使用環境はpc→onkyo se-90pci→audio-technica at-ha25d→ath-a900となっております。音 質:非常に美しい音を出してくれます。特に高音域〜中音域の分解能がすばらしく、細かい音まで艶やかな表現をしてくれます。     低音域に関しては量こそ控えめではあるものの必要量の低音は出ており、クリアな低音が楽しめると思います。verygood!装着感:非常に優しいです。3dウィングの効果もあるでしょうが、長時間の使用に特に問題を感じません。見た目の割りに軽いのもgood!     パットの部分も柔らかくて良い感じです。流石です・・・good遮音性:音楽を聴いていると周りの音は余り聞こえません。音の入力の無い場合でもしゃべり声が聞き取りづらくなります。good音漏れ:通常使用をしていて音が漏れていると言われた事はありません。good見た目:かなり大きいですが家での使用を前提としているため、この辺りは問題なし。青いハウジングは写真よりも高級感がありgood耐久性:寝ながら音楽を聴いたりもしますが壊れたりは特にしていません。good総 評:買って損をしたと感じるなら使用環境に問題があると思います。後は低音バリバリでないと聴けない方にもお勧めはしません。     しかし高級ヘッドホンの実力を感じ取れる良い物だと感じました。これはロングセラーで売られる訳です。verygood!です!(笑.

今までは1500円程度の安物ヘッドホンを使っていました。それからいきなりこんな高級機に手を出してしまったわけですが、後悔はしていません。なぜなら、とにかく安物とは音の良さが違うからです。音がかなりクリアに聞こえる!音が割れずにしっかり聞こえる!などなど。安物ヘッドホンで何度も聞いた曲もまた違って聞こえ、曲を聴くのが楽しくなってきます。布巻きコードは絡みにくく、イヤーパッドもやさしくぴったりフィットします。初めのうちは側圧がきつい、耳の裏のメガネのツル部分が痛い、と思って30分くらいしかつけていたくありませんでしたが、そのうち慣れてきて2時間でも3時間でもへっちゃらになりました。ヘッドホンは安物も高級機も大して変わらないなんて考えが見事打ち砕かれました。.

まず、装着感が良い。 ぴったりフィットして軽く、密閉型なのに長時間使っていても疲れません。そして、音。 ひとつひとつの音がくっきりと鮮明に、耳で聴いているのに身体全体に柔らかく響いてくるような不思議な体験に、ちょっとした感動さえ覚えました。 高尚な音楽を聴くわけでもない私には贅沢品だと思いつつも、思い切って購入した甲斐がありました。これまで散々聴いて新鮮味がなくなっていた曲でも、こんなにいい声&曲だったっけ?と感じられるから不思議。 ヘッドホンでこんなにも違うものだとは知りませんでした。たいして滑れず苦手意識さえあったのに、北海道の広大で上質な雪質のスキー場で滑ってみて、スキーって楽しい!と初めて思った体験にちょっと似ています。 ある意味、初心者にこそふさわしいのかもしれません。推薦してくださった皆さんのレビューに感謝しております。 .

I have been using these for two years. I listen mostly to jazz, classical and dance/soul. For all these different types of music i find the sound quality excellent. Crisp, clear with no areas of distortion. The range is also extremely good with no weaknesses either with music with deeper bass to music in the upper range. Their all round comprehensiveness, dynamic ability, and quality is therefore excellent. Similar to other reviewers, the original pads were problematic and shed little bits of black plastic all over my face. I switched these out and had no other problems. They are big headphones but are not heavy; i can wear them comfortably for many hours. There is some leakage, people can hear what i am listening too quite clearly so if this is a problem you may need to review your options. Overall, these are an excellent product and i can’t really see a reason to spend more on a pair of headphones.

ヘッドホン自体に興味がなく、いつも、スピーカーで大音量で音楽を聴いていた自分でしたが、子どもが生まれ、どうにもヘッドホンが必要となりました。家にあった、¥1000くらいのテキトーなヘッドホンを使っていたのですが、フラッと立ち寄った電気店でこのヘッドホンを試聴してみたところ、まるで別世界…。スピーカーで大音量で聴くのもいいですが、このヘッドホンで音楽を聴くと、音の細かいところまで聴こえて「あぁ、このアーティストはこんなにも音にこだわっていたんだ…」と改めて音楽の楽しさに気づかされました。ド素人なので、もう1ランク上の機種と聞き比べても、違いがわかりませんでしたが、とにかく、別世界なんですよ。安物のヘッドホンとは。音に詳しくないのでうまくは言えませんが、そのお店で試聴した、同じ価格帯の別のメーカーのヘッドホンと比べると、音がとてもクリアで、低音もしっかりしている感じを受けました。買おうかどうか、迷っている方がいましたら、ゼヒ買ったほうがいいと思います☆最近、音楽を聴くのが楽しみで仕方ありません♪.

ほぼ60%以下になっていたので合い方ように2台購入しました。当方の用途は深夜の映画鑑賞(家族に迷惑がかからないように)や、料理中の音楽鑑賞です。今まで3千円~5千円のイヤホンを使用していましたが、低音の響き、高温の広がり、映画でのセリフの聞こえ方が全然違いました。またイヤホンでは拾えなかった音がよく拾えました。いわゆるドンシャリのイヤホンとは違いシンバルの音やさ行のつき刺さりが無く優しい音の響きで聞き疲れが無いです。おそらくはこれ以上のレベルの製品だとパワーアンプが必要になると思われこの辺りのレベルが無難であると思われます。★がー1なのは作りが意外とちゃっちい点です。2台中1台は頭の部分を支えるパッド部分が壊れてプラスチックがむき出しになって痛いです。このヘッド部分のパーツは良く取れちゃうのでいつか壊れるだろうなあとは思っていましたがあっけなかったです。この部分がもう少し頑丈だと★5つなんですがね。.

音はクリアで高低ともに問題なくでます。しかし、耐久性に難があるようで耳のスピーカ部分と上の頭にかかる部分をつないでる場所が薄いプラスチックで1年とたたずに割れてしまい使用不可になりました。特に荒い扱いで割れたわけでないと思うのですが、1年もたたずにアームの接続部分が割れてしまうのは残念でした。.

特徴 audio-technica アートモニターヘッドホン ATH-A900

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:2000 mW
  • 重量:350 g

もう4年ぐらいこれを使ってますイヤパッド以外ではなんの問題もありませんイヤパッドは1年ぐらいでボロボロになってしまいました。オーディオテクニカのサポートさんは音が変わってしまうと嫌がりますが、どうしてもとath-a1000のイヤパッドを注文して交換するのがおすすめです。ath-a1000のイヤパッドがちゃんとはまりますし、ath-a900のと比べると頑丈でボロボロになりません。.

音は低音高音ともにバランスよく暖かみのあるものになっています。とくに高音部は高級ヘッドフォンを彷彿とさせるところがあります。よけいな味付けがなく、気持ちよくリスニングができるのも魅力。原音重視派にはかなりおすすめできるヘッドフォンです。それゆえ、パワフルな低音を求める方には不向きです。用途に応じて購入してください。音質、コストパフォーマンスそれらを総合するとかなり良い1品です。.

率直な感想、タイトルどおり「多くの人は十分満足できるはず」・・・です。はじめに言っておきますが、私は(認めたくはないが)高精度なオーディオ的音の良さは判らないと理解しています。そこのところを押えた上で、以下のとおり。30年前にヘッドホン病を患い、知ったようなことを言っていた過去。「はしか」のようなもので、病は1〜2年くらいでケロっと完治し、以後ヘッドホンなど見向きもせず・・・。数年前にATH−A500を手に入れたのが、病再発の兆候でした。年甲斐もなく感動するくらい、良い音だと思ってしまった。良い音というものを知らないまま年を重ねていたんだな。あまりにも。その後、30年前に憧れたゼンハイザー(中級機)とかも購入してしまい、経済力にまかせてヘッドホンアンプ(中級機ですよ)なども購入してしまい、知らず知らずのうちに、とんでもない泥沼へ歩みを進めていたのかもしれない。ATH−A500は中三の愚息がPCで使用していたのですが、突然「こいつ(A500)を使っていると頭が痛くなる」と言い出し、ヘッドホン買ってくれと。コヤツの使用目的にはA500でももったいないが、父ちゃんはA900がほしかったので、A900を購入。父ちゃんにも、ちょっと貸せよと使ってみたら・・・。これがイイ。ヘッドホンなんて好みだな。イイと思ったらイイんだな。このクラスで(そこそこ)評判がいいモノは、本当にいいモノなんだなと思った次第です。A500とは明らかに値段なりの差があります。愚息から時々貸してもらって、私の今一番のお気に入りです。それと、何故かHPの泥沼にはまりそうな自分に、はっと気づいたのでした。自分には、これで十分てことですか。.

今までは¥3000程のヘッドフォンを使っていたのですが高音域があまりにひどかったので買い替えることにしました。以前にテクニカ製のヘッドフォンを使っていたこともありテクニカの物にしようと決めていました。オープンエアー型と密閉型で迷ったのですが…オープンは使ったことがなく視聴も出来なかったので今まで通り密閉型にしました。a900にしたのは1万弱で考えていたのでちょうどいいだろうと思い購入しました。 使ってみてですが…まず高音域はとてもいいです。今までのがひどかったのもありますがとてもいいと思います。低音域なんですが…今まで使っていたのもが低音重視だったので聴いた時に低音があまり聴こえないなぁと思ったのですがアンプで少し低音を増やすとバランスがよくなりちょうどよくなりました。.

このヘッドホンの装着感の良さ、まとまりのある聴きやすい音であることは他の方のレビューのとおりですが、アダプタなしでipodなどの機器に接続できることが決定的な利点だと思います。このヘッドホンはミニプラグが基本で、一般のヘッドホン端子の大きさにするにはアダプタをねじ込むようになっています。この製品は2wayプラグを採用している製品の中では最高のものです。.

今まで1000〜2000円ほどのヘッドホンを使ってたのですが意を決してこのヘッドホンに手を出してみました。コレはとにかくすごい。今まで聞いてきた曲の雰囲気がガラリと変わりました。たかがヘッドホンでそんなに変わるもんか、そう思ってたのですが本当に買ってよかったと思います。安いヘッドホンは装着すると耳が圧迫されて長時間着けていると、どうしても痛くなっていましたがこのヘッドホンはスッポリ耳を包み込むので痛みなんてありません。毎日ヘッドホンを使用しているならばぜひとも購入をオススメします^^.

今までbose-oeを使用していました。boseといえば、自慢の迫力ある重低音と立体音響がウリですが、bose-oeは高音域までなかなかいい感じで出ていました。が、もっとキレイな高音が聴きたいなぁと思い、こちらも購入しました。このヘッドホンはやっぱり全体的な音のバランスがいいです。中音域が少しうるさいと感じることもありますが、特に変なクセがありませんから、すごく聴きやすく(言い換えれば特徴的な音は出しません)音量を上げても音割れしません。高音域のシンバルのような音はすごくキレイに出てくれていて、低音はすごく出ているというわけではありませんが、レスポンスよく出してくれています。詳しい説明は他のレビューを参考にしていただければいいと思いますが、1つだけ気を付けてほしいのは、迫力のある音を求めている方。このヘッドホンはどちらかというと迫力よりもバランス重視の誰でも聴きやすいヘッドホンを狙ったものだと思います。迫力のある音を求めている方は別のヘッドホンをオススメします。.

全ての音楽に相性の良い、そんなヘッドホンです。「それって個性がないってことじゃん」なんて思った人こそ、このath-a900を買うべきだと私は思います。ロック・ポップ・クラシックにアニソンやトランスまで。全てに相性の良いヘッドホンはそうそうないです。それだけではなく≪基本的で何とでも相性が良い≫と言っておきながら、1万円台のヘッドホンからは頭ひとつ飛び出ています。見た目は「ゴッツいなあ」と思う方も多いと思いますが。。。だからこそ安心して使えます。着け心地も良く、リーズナブルで、さらに音も良い。それ以外にはなにも必要ないかと(笑)良くないところも書きたいのですが、自分的には、良くないところなんてないんですよねえ。。。.

Rx700から乗り換えました。 素人目線からで恐縮ですが、高音が綺麗とか低音が綺麗とかよりも各楽器が本当に良く聞き取れることの方にに感動しました。(もちろん高音も低音も綺麗です。)聞いた音楽のジャンルはギターロックやシンセ、ピアノ、クラシック、映画ゲームテレビサントラです。携帯で録画したムービー、ワンセグ録画などの粗め(?)な音源も雑音含めてかなりクリアに聞こえます。重く感じる人と軽く感じる人がいるみたいです。 私は軽いと感じます。音漏れは普通に聞く分には問題ないでしょう。 家族に聞かれたりはしないはずです。最後に 興味がある方、このヘッドホンはいい商品ですよ。 いい音楽をいいヘッドホンで聞くことはそれだけで幸せになります。真っ暗な部屋で、このヘッドホンでクラシックを聞きながら寝るのがとても落ち着きます。というか音色綺麗すぎて泣きます。あとはお財布と相談ですね。.

定番と言って良いような商品ではありますが…普通の耳の人であれば、音質に不満は出ないと思います。装着感も重過ぎず、締め付けすぎず、個人的には大満足です。選択するかどうかは、予算と用途と好みの問題になるでしょう。正直のところ、それなり以上に音への拘りが無いのであれば、この値段をヘッドホンに出す必要は無いかもしれません。また、完全に耳を覆うタイプのヘッドホンとしても決して小さい方では無いので、室内でもおいておく場所は考えておく方が良いかもしれません。ヘッドホンスタンドが理想かもしれませんが、ヘッドバンド部分はフック等に掛けることも可能だと思います。ケーブルは太く長いので、携帯用途には向かないでしょう。音はクセが無く、低音から高音までクリアな印象の音で、ヘッドホン自体の特徴を書くのが難しいです。音楽のジャンルは選びませんが、解像度が高いため、普段聴きなれた曲であるほど新鮮に聞こえるようです。ただし、その性能ゆえに、接続して使用する機器によっては不満になるかもしれません。音楽信号だけでなくノイズも鮮明に聞こえてしまいますし、出力する側の機器のクセも明確に表現されます。試しに家にある携帯オーディオプレーヤーに繋いでみたところ、勿論他のヘッドホンより良い音で聴けますが、かなりホワイトノイズが気になってしまいました。同様に、現在pcで使っているサウンドカードでは実力不足に感じてしまい、pcでの使用の前に他の機器に買い替えたくなってしまいました….

You tube の聴取のほかにコーラス練習を電子ファイル化してメンバーに送り、そのファイルをPC上で聴くために使用。 古いが現役のARTモニターATH−A9Xと聴き比べると、高音域が少し強く、自然さが減じたように感じた。その他はぬけの良さ、中音域の自然さなど、オーデオ社の特長は維持される。スピーカーより負担なくよい。.

Audio-technicaらしい、フラットで原音重視のヘッドホン。タイトで引き締まった低音を鳴らすので、私の好みにぴったりの音でした。やたらに膨らみ過ぎず、絞るところは絞ったというか抑制の効いた上品な鳴り。こういうの好きですね。はい。外観は結構しっかりした作りで存在感ありますが、その割に軽く装着感は良いです。耳が痛くなることもありません。長時間リスニングにも適した見事な設計ですね。出力音圧レベル:101dbということで高能率な点も助かります。前使っていたdenonの安いヘッドホンは音量をかなり上げないとまともに聴けなかったので。この金額でできる最高のパフォーマンスを実現している印象です。高級ヘッドホンの入門、基本形として長く付き合っていけそうです。.

今まで1万円以下のヘッドフォン・インナーイヤーを使っていたので,ちょっと上を試してみようと思い購入。以下,素人のレビューです。●音質モニターヘッドホンというだけあって,低音域から高音域までフラットかと思います。高音域の落ち込みが少ないと言ったほうがいいかもしれません。とは言っても以下のように癖があるように感じました。・低音域カタログスペックでは 5 ~40,000 hz となっていますが,100 hz あたりから下側は -3db/oct. くらいで落ちているような…。キックドラムのビート感はあっても,重量感や圧力感が無い感じです。40 hz くらいでは, fft の表示と実際の聞こえ方が乖離してきます。このあたりは,普段カナル型ユーザの方が聴くと“低音が弱い”と感じるかもしれません(私も同様)。慣れてくると,こんなもんか…と感じるようになりますが。ミニコンポとかのヘッドホン端子に刺して聴くと顕著です。安くても良いのでヘッドホンアンプを使うと良いかと思います。私はusb接続のオーディオifに刺して使っています。・中音域何となくですが,ボーカルがちょっと遠くにいるように聞こえます。女性ボーカルの曲で特に感じました。おそらく 1~4 khz あたりで -2~-3 db くらい(q=1. 0くらい?)下がっている雰囲気,と言えばよいでしょうか。・高音域カタログスペック通り, 20 khz 以上も出ていると思われる煌びやかな聞こえっぷりです。ハイハットが細かくチキチキ鳴っているのもしっかり聞こえます。聞き始めてしばらくは,高音域が聞こえすぎて耳が痛くなってくるほどです。チューニングしているエンジニアさんの耳を疑いたくなってしまいました(高音が聞こえにくい耳になってませんか?という意味で)。しかし,最近のポップスやロックなどは 10 khz 以上にもたくさんエネルギーがある(おおよそ -48 db 以上)ので,それをちゃんと再生しているが故に高音が耳に付くんだろうなぁと思います。●装着感大型の割に軽いので,首が疲れる感じはありません。イヤーパッドも大きいので,耳の周りが締め付けられる感じもなく良好な装着感です。下にずり落ちるのを,ウイングサポートが押さえているのでしょう。このウイングサポートのおかげで髪型が変になるのは仕方のないところ。●メンテナンスイヤーパッドの交換が非常にやりにくかった。。。あの説明書の記述はさすがに適当過ぎると感じましたが,コツを掴むとすぐにできました。●その他コードが太くて絡みにくいのは助かるのですが,ちょっと長すぎませんか…?おそらく,ラックに載っているアンプに繋いでソファとかで聴く想定なんでしょうけども。このヘッドホンで30分くらい音楽を聴いて,今まで使っていたカナル型に戻したら,高音域がだいぶ聞き取れませんでした。。静かなところでゆっくり構えて,音楽をじっくり聞きたいときに出番ですね。クラシックとかジャズとかに向いていると思います。電子系音色やコンプレッサを多用している曲だと,高音がうるさく低音が物足りなく感じるかもしれません。.

私は耳の穴の形が非常に悪く、インナーイヤー型がすぐに取れてしまうしまうために耳掛け型(5000円クラスの物)を使用し続けてきました。 しかし、長年の使用により片方の音が出なくなってしまい、仕方なく新調する事にしました。当初は耳掛け型を購入しようと思っていたのですが、ある家電屋で見慣れないヘッドホンを見つけ興味を持ちネットで調べたところますます興味が湧き初めてヘッドホンが欲しくなり、購入に踏み切ったのですが…最初に聴いた感想は「あれっ?」でした。特別な驚きもなく『こんな物なのか』と思ってしまうほどでした。ですが、使って行くうちにこのヘッドホンの実力が分かってきました。何より自分の耳が証拠です。大音量で安物の音が聴けなくなってしまい、音質にもこだわるようになりました。結果としては、最初にこのヘッドホンを購入して良かったと思います。ただし、うるさい位の音量で聞いていた方は最初疑問を持つかも知れません。「良い音」に慣れるまでは物足りなさを感じるかと思います。とらえ方は人それぞれですが、音楽をじっくり楽しみたい方にお勧めです.

ヘッドホンが欲しくなりちょっといい物が欲しいと思い物色していてこちらのレビューが良くて、近くにヘッドホンを試聴出来るところも無かったのでレビューを信じて購入しました。今まで数千円のヘッドホンしか聞いた事はありませんでしたがこんなに違うのかと驚きました。主に聞いているのはjazzと動画等の音声ですがレビューには低音が足りないとおっしゃっている方もいましたが、自分には全く問題ありませんでした。装着感も見た目ほど重く無く慣れれば気になりません。☆が4つなのは自分にとっては環境が許すならスピーカーの音の方が好みだからでこのヘッドホンが良くないからと言うわけでは無いです。ただ、これを買うともっといいのはどんな音なんだろうという興味は湧きますね。高級ヘッドホンの入門用というのはその通りかも知れないです。.

安いどこぞのイヤホンと使っていた私ですが、このヘッドフォンを使ってみて音の違いにビックリ素人でも明確にわかりました。動画や音楽の鑑賞をしてみて、音のクリア差の違いで世界が少し変わった感じです。ヘッドフォン入門してみて良かったなと思います^^付け心地も抜群です。装着しても違和感がありません。耳元がムレることがありますがこれは仕方ないですね。みなさんがレビューで言っているように購入で迷っている方は買って損はないと思いますよ。.

新機種が出たので今更この機種を買う人は少ないと思いますが、ご覧になられれば幸いです。アートモニターということですので、もちろんフラットなのは言うまでも無く、ここまでアンプの差を感じさせない高級ヘッドホンも少ない。walkmanx+pha10という出力環境でも、ちゃんと聴かせてくれます。親が所持しているデノンの20万円ほどの高出力アンプでは、たしかに低音のパワーは上がりますが価格差を感じさせません。またイコライザーの影響は強く受けるので、気分で音質を変えられる点は楽しいですね。音場は狭く、広がりはありませんのでクラシックには不向きですがポップスやジャズには向いているでしょう。特に弱点は感じない丁寧な作りは流石にヘッドホン専門メーカーの意地と誇りを感じます。なかでも、装着感はアートモニターシリーズでトップの重さとは思えないほど体感で軽く感じ、ずれ落ちもありません。音質に次いで注目する点です。これはテクニカさんの大型ヘッドホンに共通する点ですね。新型機種にも大いに期待を感じさせる素晴らしいヘッドホンだと思います。高校生というのもあって財布を空にしてアマゾンさんで購入しましたが、損を感じません。買って本当に良かったです。しかも型落ち商品だったので安かったです(笑)。客に損を感じさせないメーカーは、思うほど多くありません。テクニカさんにはこれからもそんな数少ないメーカーであって欲しいと切に思います。.

僕はみなさんのように専門的な視点からは言えないんですが、今まで聞こえなかった音がすごい聞こえて来て、コーラスとかもすごく綺麗に聞こえてきます。ただし低音は弱いかと思います。でもそれを補う、いや、それ以上の音を出してくれるのでこれはかったほうがいいですよ.

なかなか良いヘッドフォンではないでしょうか?音はスッキリしていて特に強調された音ではありませんので、聴いていて疲れることはそれ程ないようです。装着間に関してはイヤーパットは柔らかく耳が痛くなるようなことは無いと思います。3Dウイングパットにより、頭の大きさや形に関わらずフィットする事も良い事です。ただ、重さが350g程ありますので、暫くすると3Dパットの頭を押さえている部分が痛くなるかもしれません。私は定期的に位置をズラしながら聴いています。コードは3mですが、絡まないように布を巻き付けてあります。全く絡みません。この点は非常に便利で、ストレスを大きく減らしてくれます。この価格帯のヘッドフォンとしてはお勧めだと思います。.

A900を使い始めて4ヶ月になりますが、エージングが進んでいるためか日に日に透き通った音になっていきますね。それでいて高音はキンキンしない。px200と比べてみると、低音もちゃんと出ていてなおかつ高音もしっかり鳴らしてくれて、非常に心地よいサウンドを出します。遮音性に関しては耳をイヤーパッドが覆いこむためほとんど外音が入りません。ただ難点を挙げるとすれば、頭を支える部分とイヤーパッドに圧迫されて髪型が変になる。音が耳のすぐそばで鳴っている感が否めないことでしょうか。しかし、上の難点2つなんて帳消しにするくらいに聞かせてくれるので☆5です。.

良いヘッドフォンに買い換えたい、でもそんなに高い物は無理だし…。ヘッドフォン買いたいけど、どんな物を買えばいいのか解らない…。とりあえず中級クラス以上の手頃な値段の物が欲しい。という方にオススメしたいです。曲種を選ばす、万能的に良い音を出してくれます。流石に3万超クラスなどには敵いませんが、この価格帯ではトップの実力を持っていると思います。但し力強い低音が欲しいという方には不向きです。装着感は良好です。長時間聞いても首が疲れません。少々側圧が弱い気もしますが個人差の範囲でしょう。.

今までhp-rx500を使っていたのですが、ヘッドホンに興味が出ていろいろ調べてるうちにこのヘッドホンを買うことに決めました耳に装着してみて付け心地がすごく良いと思いました密閉型なので仕方がないと思いますが長時間付けてると蒸れてきます音はhp-rx500とは比べものにならないくらい綺麗な音を出すと思いましたath-a900は僕みたいに初めて高いヘッドホンを買う人にはおすすめだと思います.

他の方のレビューを見て高級ヘッドホンの入門にと本機を購入しました。値段もそこそこで購入しやすかったですね。聴いてみると、やはり皆さんの評価どおりに音のバランスがよく、音楽が非常に楽しく聴こえてきます。いままでの安物ヘッドホンで聴いていたときとは、音楽の半分しか分かってなかったぐらいに違います。それにしても、ヘッドホンの世界も奥が深いですね。このヘッドホンでは物足りなくなりそうで、自分が心配です(笑.

ベスト audio-technica アートモニターヘッドホン ATH-A900 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.