Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Usbヘッドホン Ath-D900usb – good

安いですね2014のヘッドホンですが、今まで値段が安いです、とても割りに合って、個人のも好き、鉄三角ヘッドセット、好評.

光デジタル(トスリンク)接続のath-d1000を所有していますが、アナログ接続できなくて不便なので本機を購入しました。他店購入です。現在、各通販サイト、処分価格なのか1万5000円程度、ポイント考慮すると1万2-3千円相当になっています。ゲーミングノートpcのセット売りおまけにもされているようです。この価格ならこのヘッドホンと数千円レベルの中古パソコンでもあればかなり良い音が手に入るのでおすすめです。欲しい人はとりあえず有るうちに買いかもしれません。型番は900ですがa900xやa500xよりも音圧レベルが低い事から、恐らくマグネットをグレードダウンしている事が予想されa900xと同等ではなく500xと比べても下だと思います。windows以外での動作は、手持ちのスマホso-04fにusb接続してみると一応作動しましたが、しばらくするとデータバッファが空になるのか音が途切れ途切れになり、実用的ではありませんでした。音が途切れるのはデータ転送の問題で電力不足が原因では無いと思います。usb接続による音質向上も感じないのでバッテリー持ちを考えてもスマホではアナログ接続の方が良いです。ath-d1000との比較を記述します。d1000の音は恐らくイコライジングされており、低音と高音が若干多め、中音が若干少なめになっています。こう書くと悪いように聞こえますが、実際には素晴らしいチューニングです、わざわざオーバーサンプリングしている理由だと思います。。小出力のアンプで駆動するためか、出力音圧レベルが他のアートモニターより高く、恐らくマグネットは相当強化されていると考えられます、そのためか低音が心地よく締まりかつ豊かな感じがします。僅かにホワイトノイズが有る事が残念ですが、音質は極めて良く解像度が高いのにサ行が耳に刺さる感じも殆どありません。型番1000は伊達ではないと感じます。ハウジングは非常に美しく塗装されており高級感があります。欠点は重い事、電池持ちが悪い事、アナログ接続(ユニット直結)が出来ない事、標準パッドが駄目な事(a1000用に交換可能)使用開始時少しの間若干音がこもる事です。d900usbはまだエージングが進んでいないので使い込むと変わるかもしれませんが、サ行が耳に刺さります。d1000も新品時は多少耳に刺さる感じはあったので、エージングで多少改善するはずです。usb接続時、ノイズは殆ど無く、解像度が高い感じです。アナログ接続時は、接続機器によりますが、まあ、アートモニターの音です。音のバランスはフラット、音がクリアな為、高音が少し強く低音が少し弱めに感じます。安物ヘッドホンでは聞こえなかった音が聞こえるようになります。欠点は仕上げが安っぽい事、及びこの機種に限りませんが、現在のアートモニターはスピーカー部のヒンジが無い為、フィット感がd1000や初代アートモニターシリーズ(密閉型)よりも数段悪い事です。ヒンジ省略はやっぱりコストダウンなんでしょうか、削っちゃいけない所だと思うのですが。手軽に低コストで高音質環境が完成するし、アナログ接続もできるのでおすすめです。買って良かったです。.

過去にはmacでも使えていたようですが最近のmacosではノイズが酷く使えませんwindowsでは特に問題なく快適です.

192キロのDAC内蔵ヘッドフォーンというアイデアは、なかなか斬新だと思います。  使い勝手が大変よろしい。  この点で、大拍手です。  とても魅力あるヘッドフォーンです。  オーディオテクニカ社の意気込みを十分に感じるような商品です。ということで、便利に愛用していた矢先のこと、大変な不都合があることに気が付きました。 具体的には、このヘッドフォーン自体の消費電力がかなり大きいようで、使用にあたってパソコンのusbに接続した場合、これでパソコンusb端子としての供給許容電力いっぱいか、あるいは、許容量をややオーバーしているような感があるやに思われます。 それで、使用にあたっては、パソコンからすべてのusb接続を切り離して、ヘッドフォーンだけの接続にしておかないと、供給電力超過なのでしょうか、パソコン自体の動作が不安定になってフリーズ状態に陥ってしまいます。 別にdcを給電するタイプのusb端子を使ってみたのですが、どういうわけか、やはり、同様にパソコンがフリーズしてしまいます。 どうもこのあたりの事情/理由が素人にはよくわかりませんが、ともかく、このヘッドフォーンはパソコンusb端子から所要電力を得ること自体、無理があるようにも見えますが、いかがでしょう?   メーカー側は、気が付いておられるのでしょうか?     製品としての着眼が優れているだけに、メーカーとして、状況の深刻さに早く気が付かれて、早急に改善してほしいと思います。  少なくとも、既に購入してしまったユーザーのためにも、この種の不都合を早い機会に周知してほしいものです。 ハナから完璧な製品なんて、めったにあるものではありません。 ステップバイステップでよい製品に仕立てあげてゆく、こういうことが凋落気味にある日本の製造業にとっては大切なのではありませんか。.

専用ドライバ不要でmacosx, linux, windowsいずれでも動いたat-ha40usbからの買い換えです。音はよく、頭にあたる羽の部分がギシギシと音を出すことも無く、耳にあたる部分が耳たぶを圧迫することは無いのですが、mac os x yosemiteではノイズだらけで使い物になりません。linuxではalsaで普通につかえます。メーカーのウェブサイトにはyosemite対応予定とかいてありますが、最終更新から日付がたっていますので、あまり期待できそうにはありません。.

利点と欠点

メリット

  • macでは使えません
  • Linuxまたはwindowsでのみ動作
  • 現在の価格ならOKか

デメリット

特徴 オーディオテクニカ Usbヘッドホン Ath-D900usb

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:2000mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:USB/ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):5Hz, 周波数帯域(H):35000Hz

ベスト オーディオテクニカ Usbヘッドホン Ath-D900usb 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.