Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Sound Reality ATH-DSR7BT – 30,000円超のヘッドセット。高級品ですが納得の品質です

いいお値段のヘッドフォンですが、お値段なりの価値を十分に感じられる機種と思います。ヘッドフォンの良し悪しって値段に比例するわけではなく、好みによるところも大きいとは思いますが、このヘッドフォンの音が嫌いって方はあまりいないと思います。もちろん音源の録音環境によるところもありますが低音は締まってボヤけてなく、高音は煌びやかで伸びやか。クリアで音の一つ一つが新鮮なイメージを持ちます。購入するにあたり、sonyのmdr-100abnと迷いました。こちらは強力なノイズキャンセリング機能も魅力です。お店に何度も足を運んで聞き比べましたが、音はこの機種(ath-dsr7bt)の方が好みでした。デザインが魅力だったのとノイズリダクションを試してみたかったのが迷った主な理由ですが、私の場合おそらく外で聞くことはないので、家で聞くのに必要?って自分に言い聞かせて迷いを押さえ込みました。利点の方が遥かに勝るので個人的にはあまり問題視していないのですが、気にされる方もいるかもしれないってところをいくつか記載しておきます。1つ目は、bluetooth接続時のホワイトノイズ。音楽が再生されてる時は、音量が極小でも全く気にならないのですが、有線接続の時はないので、できれば改善を望みたいところです。ただ、これを消すために上記の音質が犠牲になるところがあるのなら今のままで良いです。2つ目は、有線接続がusbのみでオーディをケーブルでの接続がない点。アナログ回路を排除することで音質的にもコスト的にも有利になると思いますし、iphoneにもヘッドフォン端子がなくなったので不要な方も多いと思いますが、現行のオーディオ機器で利用できないのは残念な点です。有線仕様のath-msr7の音質がこの機種に近いとのことなので無線が必要なければこちらが良いのかもしれません。思いつくところとしてはこれくらいでしょうか。デザインはヘッドフォンとしてオーソドックスで、重厚感があって見た通り無骨です。前述した通り遊び心があるsonyが魅力的ですが、展示品で酷使されていたからか、くたびれた感じになってて、店頭で見た時は少々おもちゃっぽさを感じてしまいました。当然ながらモノによりますが、オーディオテクニカは派手さはないものの、日本の老舗メーカーとして物作りはしっかりしています。多分次に買い替えるときも優先的に検討すると思います。このクラスの選択肢としては非常にオススメです!.

1つ、良いものが欲しいなぁという感覚で、お値段に悩みながら、思い切って購入。十分です!というより、bluetoothもここまで来たか、という感動あり。音も鮮明、使い勝手も良し。ヘッドホンとかは結局人によって好みによるところが大きいですが、高音、重低音、たいへん鮮明にバランス良く聞こえるかと。大満足です。音響マニアではないので、詳しく書けないのはごめんなさい。逆に、単純に良い音を、と、この価格帯まで求めれるなら買って間違いは無いのかなと思います。たいへん満足しています。.

比較的1万前後のヘッドホンを購入してきましたが臨時収入もあり思い切って購入しました。iphone6s接続にて利用あまり音に関しては専門的な知識、聴力はありませんので普通に感想を全体のバランスが非常にいいです。多少低音が聴いてる感じですが. ^^;それでも違和感無く音の分解も凄いです。側圧(頭部59~60cm)も程よくズレる感じは無いですね。.

一番気に入らないのはmicro usb type bのコネクターを使用しているのだが、付属品以外のコードを使用すると充電以外できません。PCに接続しても端子が奥まっているので、PCが認識できませんでした。付属のコードが不具合を起こしたら、純正の付属品と同じコードを買うしかありません。ユーザーサポートに連絡したら、市販品でも使えるとのことでしたが、実際には充電以外できません。PCで使用しなくて、bluetoothのみで使用するのならいいのですが、この辺が不満です。音そのものはいいですし金属製の部品類は高い耐久性があると思いますが、少し重いです。後、イヤーパットの耐久性がないです。この価格なら、合皮製より布制にしてほしかったです。他の製品との使い回しによるコストダウンはわかりますが、ユーザーファーストではないですね。せっかくの日本製ですから、ユーザーファーストの製品を作ってほしいです。追伸です。肝心の音ですが、非常にクリアーで音場もリアルに見通せます。どちらかといえばアコースティックな楽器再生が向いていると思います。シンプルな録音のソースの方が、いいように思いますがシンセやエレキギターなども良好です。低温は多いというよりは非常に閉まっていて、ベースとバスドラの区別がはっきり出ています。。少しハイ寄りだと感じる方もいるかもしれません。この音でbluetoothは、納得の商品です。.

元々オーテクのmsr7を使用していました。無線のヘッドホンがほしくなり、同ランク帯と思われるこちらを購入しましたが、初bluetoothなので有線と比べるのは誤りなのかもしれませんが、明らかに低音の発音が曖昧でモヤモヤしていて気になります。msr7はしっかり音が出ているだけに非常に残念 3万円でこれだと、満足感より不満のほうが大きいです。.

わりとハッキリ系?な印象。ただ、高音が突き刺さるイメージ。(年寄り耳だからかも)シンバルのような音がちょっとキツめ。周りが静かだと、曲間でホワイトノイズが気になる。mdr-100abnしか持ってないのでそれと比べての印象だが、低音はしまってて好み。全般的にはカチっとしたイメージ。ただ、高音が自分にはキツかった。.

Asus zenfone 3 dXにて使用。冒頭から余談ですがこの機種はandroid 8. 0へのアップデートが公式に発表されており、つきましては当機種ath-dsr7btが対応しているbluetoothの新コーデック『aptx hd』での接続が可能になる予定です。(2017年10月現在)アップデートされましたらまた追記したいと思っております。本機と似たような価格帯のワイヤレスヘッドホンだと、ソニー sony ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン mdr-1000x : ハイレゾ/bluetooth対応 最大20時間連続再生 マイク付き 2016年モデル ブラック mdr-1000x bや、bose quietcomfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン シルバー【国内正規品】などが候補に挙げられると思いますし、何よりも決定的な違いとしては上記の2機種はノイズキャンセリング機能を搭載していることです。その性能も格段にアップしていますし、魅力的な機種であることは確かで、実際評価も良い機種です。本機はncも非搭載ですし、何よりレビューも少ないですし、この価格帯の商品としては今ひとつ「決定打」に欠けるのも事実だと思います。個人的にはノイズキャンセリング機能の素晴らしさも実感しているのですが、実際ワイヤレスヘッドホンを装着している時には常に何かしらの音楽を聴いている状態ですので、あまり必要性は感じておりません。音楽の邪魔になるようなレベルの騒音も、せいぜい飛行機内や地下鉄内くらいで、それだって音量を上げれば済む話でもあります。また、どうしても若干遠くの方で鳴っているような、籠もったような音に感じるのも事実です。対して本機は、ピュア・デジタル・ドライブ・bluetoothで送られるワイヤレスのデジタル音声信号をドライバーまでfull digital伝送。・音響技術に基づく電気回路内にデジタル信号処理技術dnoteを採用。・純度の高いデジタル信号を空気振動で音声へとダイレクト変換し、 冴え冴えとした鮮明な音を再現する。φ45mm“トゥルー・モーション”d/aドライバーdsr7bt専用のφ45mm d/aドライバーを搭載。精緻な一音まで再現する専用の振動板と、レスポンスに優れた音を引き出すショートタイプのボビン巻きボイスコイルを採用。デジタル信号を空気振動へ正確にダイレクト変換し、あらゆる音源を高精細に描写する。音響効果の高い強靭なアルミニウムハウジング内で、電気回路スペースと音響スペースを独立させたデュアルレイヤー・アイソレーション・ストラクチャーを採用。ドライバーの性能を最大限に活用させる、音質を重視した筐体設計。独立した音響スペースの最適なポジションにベントを配置。滞留のない空気の流れをコントロールし、深みのある低域を再生する。ということなので、ワイヤレスヘッドホンでも音質を最重視される方や、自宅での使用を考えている方には最適な機種だと思っております。冒頭に記述したaptx hdもandroid 8. 0からスタンダードになっていくでしょうし、そのような今後の発展性も含めて長く使用できる機種だと思っております。おすすめです!.

ワイヤレスとは思えないと言う言い方がありますが、まさにその通りです。また、20000円辺りの有線とも遜色ないです。確かに音の好き嫌いはあります。低音強めの元気な音ではありません。繊細で緻密。ここが大事。ワイヤレスでこの音が聴けます。外のうるさい環境でも聴くより、静かな環境で聴くと本領を発揮するワイヤレスホンです。なのでパソコンで聴くusbケーブルでなく、ちゃんとした据え置き機で聴けるよう、普通のケーブルにして欲しいです。残念なのは、オーテクは仕上げは良好なはずですが、ハウジングに縞模様のような、ヘアライン仕上げのようなものが見られます。左右共、模様が違いますがあります。サポートに問い合わせると、あると言う意外な回答。販売店で交換してもらいましたが、マシですが、やはりあります。何故?これがなかったら、この上級機も欲しいところです。また普通のケーブル仕上げになれば即購入するのですが。そのくらい魅力のあるワイヤレスホンです。.

利点と欠点

メリット

  • USBコードが付属品以外はpcでは使えません。充電はできます。
  • 思い切って買って良かった。
  • 凄くみずみずしくて新鮮な音です

デメリット

有線のath-m50xを長年愛用しています。iphone7になって、イヤホンジャックがなくなった機会に、bluetoothのイヤホンを色々と試していましたが、どれも音質に納得いかず、思い切って本機をヨドバシカメラで購入しました。肝心な音質。フラットですね。流石というしかありません。m50xとなんら遜色ありません。より音源通りに鳴らしてくれます。フルデジタルになってアナログ変換されずに、直にドライバーでならすので、誤魔化しが効きません。レコーディング環境がモロにでるので、古い楽曲などでガッカリすることがあるかもしれません。それほど巧緻です。打ち込み系なんかはとても気分良く聴けるでしょう。ロックもいい感じです。bluetoothの性能も素晴らしい。iphoneなのでaacコーデックですが、受信機の性能が良いのか、人混みのなかでも今の所、混線はありません。自宅で10mくらい離れてもokです。デザインはm50xを使っている以上、飾り気のない剛質な感じに慣れちゃったのですが、海外ではm50xのデザインは高評価なので、こちらも高評価得られるでしょうね。ホワイトノイズはかなり少なめと思います。というかbluetoothの宿命ですよね。これだけ低減されていたら私は文句ありません。クラシックメインの方は、値をはりますかath-dsr9btに行かれたほうが妥当かな?自分は、パンクロック主体なので、ドンシャリ系大音量で楽しんでいます。onkyoのhf-playerで、自分好みの音を探してみると、面白いかもしれませんね!!!.

店舗にて、sonyやbeatsの同価格帯製品と比較した上で購入。無線はxperia z5とaptx接続し、cd音質flacをpowerampアプリで再生、有線はwindows10 pcとusb接続し、cd音質flacをfoober2000で再生したレビューです。評価は、個人的な印象は星3~4、客観的に見れば星5なので、星4としました。bluetooth aptxで良い音質のヘッドフォンを探している方には、間違いなくオススメです。■音質 bluetoothとは思えない良音質です。 同価格帯のbluetoothヘッドフォンはもちろんのこと、下手な有線ヘッドフォンよりも音質が良いです。 事実、本製品はusbでpcに接続し、無線を介さずにハイレゾヘッドフォンとしても利用できるのですが、 聞き比べないと気にならない程度の違いと思います。 厳密には、aptxよりもusb接続時のほうが、よりザラザラ感が無くなった音になり、 本製品の本来の性能を遺憾なく発揮してくれます。(後述のノイズも原因?)  特性は、どちらかといえば原音忠実です。 勿論、プレイヤー側にイコライザー機能があって、それに耐えうる圧縮率の音源であれば、 ドンシャリを楽しむこともできますので、そのような使い方も良いと思います。  個人的には、本製品は特にギターの音の繊細さや、各楽器を聞き分ける性能が非常に高いと思います。 音量を上げても音の破綻が無いので、それなりの音量で聞くことで、聞き慣れた曲でも、 実は裏でこんな楽器が鳴っていたのか、と新たな発見ができます。  ピアノの音などは重みがなく若干ノッペリした印象を受ける場合があり、 ピアノ曲は低~中音をイコライザーで少し引き上げるとマシになります。  これ以上の質感を求めるなら、同社のath-aシリーズが欲しくなるところです。  ■ノイズ 本製品の最大の問題。  無線で音楽を再生すると、僅かに「サー」という安物のアンプのようなノイズが聞こえます。 屋外でも普通に聞こえるが、コンビニの店内などでは分からない程度の音量のノイズです。  曲を停止すると、2. 5秒ほどで「プッ」という僅かな音と共にノイズが消えます。  このノイズは電源on/off時の効果音がなる前後にも聞こえるので、bluetoothの伝送の問題ではなく 本体回路が原因と思われますが、なぜかpcにusb接続している時は、ほぼ、聞こえないという謎現象。  この現象が気になって折角の良音質が楽しめないので、それならもっと安物の無線か、 同価格帯の有線ヘッドフォンのほうが良かったかな、と思わせられました。  音量が大きければノイズは全く聞こえないので、気になるかどうかは人次第だと思います。 ■操作性 微妙です。 音量コントロールがスライドスイッチとなっており、連続して音量を変更したい場合、複数回、スライドする必要があります。 しかも反応が遅いので、連続でスライドさせても反応しなかったり。 ちなみに”スライドし続ける”操作は「次曲・前曲」なので、一気にボリュームダウン・アップすることはできません。  また、再生・一時停止のスイッチがタッチパネルという謎仕様。 最初、スワイプ操作などにも対応しているのかと思いましたが、タッチの単操作しかできないようで、 タッチパネルである意味が分からない。手探りで場所が分かりづらいので、普通のスイッチで良かったのですが。 ■装着感 値段相応で、良好です。 走ったりしたらズレてきそうですが、そういう製品ではないと思うので。 側圧が強い場合、金属フレームなので、強引に緩めることもできます。 メガネと同時装着も、短時間であれば特に問題はありません。■有線接続 付属のusbケーブルを利用してpcと接続します。 非推奨ながら、他のmicrousbケーブルでも普通に接続できました。  イヤホンジャックへの有線接続はできません。  ちなみに付属usbケーブルには「このusbケーブルは本製品の充電、pc接続専用です。」とのラベルが 巻き付けてあるのですが、ケーブルにオーテクのマークがうっすら入っているだけで、型番は記載されていません。 当方の残念な記憶力では、数年後には「本製品ってどの製品だよ!」となりそうです。 ■ランプ ヘッドフォンの左耳にランプが内蔵されており、光ります。再生中も一定周期で点滅します。 光量は特段まぶしくもなく、良いアクセントになっているのですが、暗い部屋で使う場合は 左側だけが点滅するので目障りな場合もあり、欲を言えば消灯モードがあっても良かったかなと。■質感 マット塗装で部分的にメッキで縁取りされており、高級感があります。 分厚くゴツいので、ファッション的には人を選びそうな感じですが、そういうのを気にする人は デザイン重視のメーカーを選んでおられるかと思います。 辛口に言えば、オーテクのこの価格帯のヘッドフォンなら、この音質は出るよな、といった印象で、それを無線でも実現したのは素晴らしいの一言ですが、ノイズや操作性の詰めの甘さに大きな改善余地を感じました。次バージョンに期待です。.

特徴 オーディオテクニカ Sound Reality ATH-DSR7BT

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 音源本来のクオリティをワイヤレスで再現する革新のBluetoothヘッドホン

音源本来のクオリティをワイヤレスで再現する革新のBluetoothヘッドホン

■[ピュア・デジタル・ドライブ]■Bluetoothで送られるワイヤレスのデジタル音声信号をドライバーまでFull Digital伝送■音響技術に基づく電気回路内にデジタル信号処理技術Dnoteを採用。■純度の高いデジタル信号を空気振動で音声へとダイレクト変換し、冴え冴えとした鮮明な音を再現する。■[ φ45mm「トゥルー・モーション」D/Aドライバー ]■DSR7BT専用のφ45mm D/Aドライバーを搭載。精緻な一音ま再現する専用の振動板と、レスポンスに優れた音を引き出すショートタイプのボビン巻きボイスコイルをを採用。■各音域のバランスを調整するデュアル・アコースティックレジスター■音の歪みを抑えるトップマウントPCB 方式

ベスト オーディオテクニカ Sound Reality ATH-DSR7BT レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.