Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Sound Reality ATH-CKR70 BK [グラファイトブラック] – 高槻モデル

店頭で10種類以上聞き比べ、こちらの機種にしました。低音が出過ぎず程よいため選びました。バランスを好む人にオススメです。逆に低音重視の方は選ばない方が良いと思います。色々なレビューと音を聞くと、ほんとに好みが大きいモノだと思うので、機会あれば実店舗で聞き比べることをオススメします。.

Ckr5よりは高音が出るようになり、こもった感じが解消されてる。それに負けないくらいの低音が出ており、買って損することはなさそう。しかもハイレゾ対応ということなのでこれから人気が上がりそう。ckrはcksに比べて低音の主張が弱いがこれは結構低音が響く。この最上位機種になると、更に良くなる。.

高槻かなこさんも愛用中!色はシャンパンゴールド(cg)のようです。.

以前はsonyのhearinmdrex750を使っていましたがこの価格帯ではこのathckr70のほうが上だと思いました。sonyのnwa845で聞いてるのでハイレゾやflacには対応していない為上位のckr90と悩みましたがこちらにしました。mdrex750と比較すると音場は此方のほうが広く音も力強くてかつ繊細だと思いますよ。ただハイレゾ対応のdapを鳴らすには非力だとは思うのでzx1を買うまでの間に使おうと思ってます。.

音質はこの価格で十分気に入るものでした。メリハリがありしっかりと音か個人的にどこかを強調した音は好きでな解像度が高く、メリハリがある音がしっかり鳴るので聞いてて楽しいです。私としては、こういった原音重視が好きで、今回の思い切った高級機イヤホン?(低所得庶民目線)は嬉しい買い物でした。強いて言えば、ケーブルを絡みにくい様にもう少し工夫が欲しいですが、音質を劣化させないためなのか…そこは−1でした。.

Se215から沼にハマり色々なイヤホンを経て現在ayaをメインに使っている者ですまず典型的なサ行が刺さるイヤホンです。また他の音も全体的にボワつく印象、正直これよりも低価格帯にクリアな音を出すイヤホンが多々ある状況でこの価格では他の人にオススメする気にはなりません。恐らく最近流行りの中華イヤホンを数本漁った方が幸せになれると思います.

主にipod touchとmacbook proで使用。外観、質感はなかなか良い。つけ心地も悪くない。メーカーの謳い文句どおり中音域が豊かだが、だからと言ってモコモコしたところはなく、高温や低音もそれなりに出ている。ボーカルものの表現力と一発録音モノのソースでの臨場感はなかなかのもの。ハイレゾ対応のなせる技?同社の上位機種と比べると、タッチノイズが少し大きいのが難点。☆ひとつ減点。.

この価格帯の中ではかなり音が良い。デザインもシンプルで万人向け。普段、低価格のイヤホンを使っている人へのプレゼントに最適でした。.

利点と欠点

メリット

  • いい買い物
  • タッチノイズが酷い
  • 値段の割には良い

デメリット

音質は及第点と感じましたが、タッチノイズが酷く外で使用するにはちょっと厳しいです。.

Ipod touchで使用外観は良い 安っぽい感じはないイヤーピースはサイズがそろっていて装着感は良いハイレゾ対応を謳っているとても明るくきれいでクリアーな音であるipodの音ってもともと中低音が出ていないが残念ながら、この欠点を補うことはできていないいや、もともと出てない音を出せというのが無理な注文だこの性能で、この価格はちょっと高いと思う.

ボーカル等の中音域が強調されていて、歌謡曲全般に良い。高効率φ11.8mmドライバーを搭載 細密なデザインでハイレゾ音源までクリアに楽しめる洗練の音。◆音と装着のベストバランスを追求したφ11.8mmドライバーを搭載。◆軽量かつ強靭なアルミニウムハウジングにより不要共振を抑えて高レスポンスを実現。◆ミクロンオーダー(1/1000mm単位の精度を持つ緻密な設計)による新設計ドライバーで高精度な振動板の前後直進運動を実現し、ハイレゾ音源まで高解像度再生。◆新ドライバーをフルドライブする新設計ボディで快適な装着性と高い密閉感を両立。■仕様■型式:ダイナミック密閉型ドライバー口径:φ11.8mm再生周波数帯域:5~40000Hz最大入力:200mWインピーダンス:19Ω出力音圧レベル(感度):108dB/mW質量:約8g(コード除く)プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)コード長:1.2m(Y型)付属品:ポーチ、イヤピース(XSSML)

ベスト オーディオテクニカ Sound Reality ATH-CKR70 BK [グラファイトブラック] レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.