Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Ws1100 – 深みのある、曲を引き立てる低音です

商品概要としては低音を売りに出しているみたいですが、低音以外も素晴らしい音を出してくれます。このヘッドホンの特徴としては、弱ドンシャリヘッドホン。ドンシャリの割にはそこまで刺さらないので聞き疲れしにくいです。高域:低域に負けずきらびやかな音、刺さりはあまり気にならない。中域:ドンシャリなので多少の距離感 サ行などの刺さりはあまりない低域:solid bassの売りの低音。素晴らしい。イヤーパッドが分厚く、締め付けもあまりないので長時間使用できます。ポータブルヘッドホンの名の通りアンプなど通さずとも十分鳴ってくれます。ただ、それなりに音漏れするので外での使用は注意が必要です。.

Joshinで税込2万円ジャストで購入しました。自分はこれを買うまでは、ws770を使用していたのですが、一年つかったといことで乗り換えしました。まずですね、ws770とのおおまかな違いは、重低音だけを求めるなら、770のが聞こえはよいと思います。細かな音や全体としての音のバランスを見るなら圧倒的に1100のが上だと思います。770では聞こえなかった音が、1100だと聞こえるかなぁそんな感じです。遮音性は770のが上だと思いますよ。1100はちょっとボリュームあげるとすぐに音漏れするのであまりよろしくないですね。室内で使ったりする分にはこれ1つあれば十分だと思います。.

買って正解でした。ただ、遮音性と装着の際の締め付けはきつかったです。.

家電量販店で試聴して購入に至りました。早速、手持ちのオーディオ・インターフェースにつなぎ、ハイレゾ音源をダウンロードして聞いてみました。正直、音質という点では私の耳でははっきりとした違いは分かりませんでした。ただ、古いcd音源と近年デジタルリマスターをした音源を聞き比べると、その違いは分かりました。埋もれていた楽器の音が分離され、ボーカルの息遣いさえも聞こえてきそうな臨場感があります。ハイレゾにこだわらなくても、ちゃんとした音作りをした音源なら、cdやスマホ直差しでも十分パフォーマンスを発揮するヘッドフォンだと思います。製品名にあるようにソリッドな低音が聴けます。いわゆる「重低音」がお好みの方には物足りないかもしれません。むしろ、オーディオテクニカの中高音が好きな方で、さらに引き締った低音が欲しいと思う方には合うと思います。パッドの形状は耳を圧迫しないように設計されており、長時間着用しても痛くなりません。「聴き疲れする」という意見も多いですが、これは音の分解能が高いことが一因かもしれません。まあ、大音量で長時間聴き続けるとどんなヘッドフォンでも疲れますが。音漏れはしますが、私は室内で使用していますので気にしていません。逆にある程度周りの音が聞こえるので、突然の訪問があっても対応できることがメリットだと思います。ath-ws1100は、音の定位感がはっきり感じ取れる製品。ミュージシャンやエンジニアのこだわった音作りを楽しみたい方にはオススメの製品です。.

Luxmanのda150購入したので再レビュー低音が強めですが他の音が埋もれないのでバランスよくきこえます。jpopやアニソン、メタル、トランスとなんでもいけると思いますがクラシックはちょいと限界感じるなーとなる時はあります。刺さりやすいサ行に関しては曲や録音環境、オーディオ構成に左右されそうです。どうしてもって時はアンプ変えたりリケーブルするなり環境を変えるといいかもしんない使ってるものプラグ→furutech f63s-rヘッドホンケーブル→at-ea1100/1. 3usbケーブル→luxman jpu-150.

中古購入しました。50xからの買い替えで正直不安でした。がっ!rockを聴くと、ベースの『ドゥドゥドゥドゥドゥ・・・』と低音域がこんなに綺麗~♡びっくりしちゃいました。( ゚艸゚;)オーディオテクニカ製品にはある一定の趣味嗜好があるのでもう手放しません!オーディオテクニカ製☆ヽ(最’∀`高)ノ★.

ヘッドホンはいくつか持っていますが純粋に音楽用のヘッドホンとしてミドルクラスを購入したのは今回が初めてかもしれません他に持っているのは3万超えのboseのノイズキャンセリングヘッドホン、sonyのサラウンドヘッドホンなので音楽を聞く用途としてはこちらのが勝ってます、重低音がどのくらいのものなのかと期待して購入したのですが、素人の率直な意見ですが、重低音はすごいなと思うほどのものではなくむしろ中音域や高音域のが綺麗に感じます自分はヘッドホンアンプを所持していなくてonkyoの500hdというスピーカーに挿して聴いていたのですが(ソフトはmediago)最初はイマイチに思っていたのですが時間が経つとともに良い音に聞こえてきて500hdの解像度と伴って大変心地の良い音になっていたのですが、スピーカー直挿しでこれならヘッドホンアンプで聴けばどうなるんだろって思いもありつつ、pcからdacとha機能ついていてusbパスパワーでなおかつ光出力で500hdにつなげれるということでhp-a3を購入しかしどういう理由かhp-a3で聴くよりスピーカー直挿しのが良い音に聞こえるのですhp-a3のがたしかに音にブーストがかかった感じがし音量も大きく取れるのですが、あきらかに500hd直挿しのが音が綺麗で解像度が高く聴き心地が良いのですこれは500hdが優れものなだけなのかもしれませんが、これはアンプはいらなかったかなというのが正直な意見です。ただモニタやテレビ、ps4コントローラー直挿しでは真価は発揮されませんでした自分としてはスピーカー(500hd)直挿し(ソフトはmediagoでイコライザのロック設定)でパワフルで解像度の高い音になるので環境によってはコスパ良く満足度も高いアイテムになると思います。.

《総評》重低音重視の私には低音が物足りない。ただ、低音がしっかり出ていて高音が全然負けてないところは評価すべき。楽器の音がしっかり聴こえる。値段相応。【良い点】・音のクリアさがaudiotechnicaの中でダンドツ。さすがハイレゾといったところ。・どの音域もしっかり出てる。音のバランスが良い。・装着感が良い。密閉型だが頭と耳がそこまで痛くならない。【悪い点】・音が漏れる。普段そんなに音量上げて聞きませんがそれでも漏れます。・サ行の音がかなり刺さる。女性ボーカルのサ行の音が頭にキンキン。慣れれば気にならないと思うが、慣れてない私にはまだきつい。・重低音強めが好きな人はやめた方が良い。音量上げて聞けば低音が響くが、音量上げると他の音域も上がるためうるさい。.

利点と欠点

メリット

  • 最高のヘッドフォンです
  • 半端ない音の分解能が魅力
  • 違いが分からない

デメリット

今までは5000円ぐらいのパイオニア製のヘッドホンを使っていましたが、評判のよいこのヘッドホンを買いました。購入して大正解、大変満足しています。低音の響きや高音の伸びは文句ありません。これ以上いい音を求めるのは音楽を聴くというより音を聞いて楽しむ人たちでは無いかと思います。ただし付属品でついているヘッドホンケーブルは、貧弱なのでaudeo-technicaの別売ケーブルを購入して聞くとまた一段と音質がよくなりました。.

この商品と他に、スタンドマイクを購入しレビューしましたが、どうやら間違えてこちらのレビューに適用させてしまったみたいです。不快な思いをさせ誠に申し訳ありません。[レビュー]ws-77を使っていましたが古くなってきたのでこちらを購入。低音も去る事ながら高音域との絶妙なマッチがすごい。パッドも大きく完全に耳を包み込むのでいくら使っていても何ら疲れません。いいヘッドフォンと巡り会えました。.

ワイヤレスにしようか迷いましたが、ワイヤレスは音質がイマイチだったし、部屋でゆっくりと聴けるもので、かつ重低音の物が欲しかったのでこちらを選択しました。さすが重低音を売りにしているだけあって音に迫力が感じられます。デザインも重厚感があり、大変気に入っております。.

皆様の仰るように、これはすごく特殊なヘッドホンですね。このシリーズのウリである低音は全機種の中で一番控え目だと思います(鳴らないわけではないですよ)低音重視の方にはハッキリ言って合わない、ベント(空気穴)のせいで音も漏れやすい。室内用ですね。外出先で使うときは音を3割り程度にしていないと周りに聞こえてしまいます。一方で音質のほうはと言うと解像度は高めなので音質はとてもよいです。ですがハイレゾの宿命で、音の情報量が多くて聴き疲れがしやすいかもです。低音の主張が強くなく中高音が聞こえやすいバランスが取れたヘッドホンをお探しの方にはぴったりなモノだと思いますね!つけ心地もよくイヤーパッドも柔らかいので長時間使用しても痛みなどはありません。さすが高級ヘッドホンだなと感じました。ただし購入に迷っている人にホイソレとオススメ出来るような代物ではないですが好きな人は好きでしょうねぇ. . 私ですか?私にはピッタリですねッ!.

オーディオテクニカextra bassシリーズのハイレゾが出たということで購入した。聞いた最初の感想は、他のextrabassとはちょっと違い、無理をした重低音ではなく、高音もしっかり鳴らしてくれなました。しかも、オーディオテクニカ独特のクリアな重低音で癖がない感じで良いです。そして、重低音のせいで他の音が潰れるというのも、とくにない気がします。補足、アンプがあるともっとよいでしょう。自分はpha-1をウォークマンに付けて聞いているのですが、アンプを付けると、レスポンスが結構良くなり、重低音のゾクゾク感も上がったように感じました。.

ツイッターのフォロワーに勧められたので買いました 予想以上に良かったです!.

私は頭が大きく福耳で耳も大きいのですがこのヘッドホンは耳たぶや耳の端にあたることなくすっぽりと装着できました。購入前メーカーの方に相談したら細かくいろいろ教えてくれました。相談したときに側圧が少々きついので視聴できるところで試してから購入してくださいといわれました。確かに側圧は多少きつく長い時間使うと少し気になりましたがこの程度なら慣れるかなと思い購入しました。こもり感は無く高音は耳に刺さらず低音も出ていていいヘッドホンだと思います。ヘッドホン自体に不満はありませんが、付属のコードが短すぎます。このサイズのヘッドホンは室内用がほとんどだと思うので3mのコードはつけてほしかったです。ゲーム・音楽・テレビで使用していますがとても満足できたので 星は5個にしました。.

これは間違いなく銘機ですね。sonyの1aなども所有していますが、同じ低音ホンでもこちらの方がキレの良い上質な低音を鳴らしてくれます。少し側圧は強いですが、イヤーパットの装着感などは素晴らしいです。着脱式のケーブルも嬉しいですね。手元に残しておきたくなる1本だと思います。.

単純にズシンズシンと響くサウンドではなく、もっと深みがある全体のトーンを壊さない低音です。普段は解像度を重視したath-msr7を使っているので低音重視はどうだろうかと思っていたのですが、実際に聴いてみると、違う方向性で完成された音作りです。中低音のレンジが広く、少しエコーを効かせてあり、ライブ盤ならば、ホールの臨場感が味わえるでしょう。低音が強すぎて他の音域が犠牲になっているような、安っぽいヘッドホンではありません。.

特徴 オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Ws1100

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:1000mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):5Hz, 周波数帯域(H):40000Hz

私はあまりヘッドホンとかに詳しくなく、とりあえずsonyのワイヤレスヘッドホンが欲しくて、mdr-1abtか100abnを購入するつもりで量販店で試聴をしてた所、たまたまタイムセールで見かけたのがこのヘッドホンでした。正直ワイヤレスを考えてましたし、見るつもりはなかったのですが、どんな音がするんだろうと試聴してみると…もう、一瞬で衝撃が走りましたw音に関してど素人の私が聞いても違いがわかるほどに音の解像度が高い!低音も強過ぎず聞いてて心地良い。「何なんだこのヘッドホンは(°_°)」sonyの音はsonyの音で素晴らしいですが、解像度の高い音が好きな私としてはドストライクの音でした。ワイヤレスの利便性を取るつもりでしたが、この音を前にしてワイヤレスの優先順位は落ち、この商品カードを持ってレジに向かいましたwこのヘッドホンにたまたま巡り会えたお陰で、毎日音楽を聴くのが楽しいです(^。^).

最高の音です。これを一度聴いたら他のヘッドフォンはおもちゃに思えます。高いけど色々買い替えるより、これ一本にすれば安い買い物だと思います。ただ一つ難点は、大音量で聞くと音漏れが大きいです。電車やバスでは小さめの音で使えば問題ありません、それでも音は最高にいいですが。.

開封の儀式からデフォルトケーブルを未使用のまま封印、ケーブルを別のものに換装。そしてアンプを通して出てきた音が凄まじいの一言。問答無用。能書きはいらない。久しぶりに感動できました。極上のローとミドルが聴けます。この上質なミドルというのが再生出来ないヘッドホン&イヤホンが多いです。価格以上のサウンドを提供してくれる。音が派手に漏れるので野外使用は諦めて屋内で爆音で鳴らしましょう。.

期待してたよりももっといい商品だった!耳疲れないしね!おすすめでーす.

いくつかケーブルを変えて音楽を聴いてみたが、付属のケーブルだと、高域は少し平べったく、少し詰まって聞こえる。逆に低域は音圧が強く立体的に聞こえる。音は全体的に軽く、繊細だけれど、各楽器の定位がイマイチで、音場に浮かんでこない。ath-pro700のケーブルに変えると音に厚みが出て、じゃじゃ馬が収まって、音像が定位して音楽になる。また、ゼンハイザーの延長コードはこのヘッドホンの音のバランスを整えてくれる。.

購入した所謂『低音ホン』はこれで6機種目になります。低音ホンはクリアな高音域や音分離の良い中音域の共存がなかなか困難のようで高額帯の高級機でもあまりが設定がありません。その中でもこの【ws1100】はクリアで澄んだ高音域と音立ちの程良い中音域が、『全音域を不足無く表現できる優秀な低音寄りヘッドホン』だと思います。実店舗で24000円程度、ネットだと22000円程度の価格で販売されています。ヘッドホンでは高価な価格帯ですが、『低音がしっかり効く音楽が好きだけど、様々なジャンルをクリアな音質で聴きたい』ならこのヘッドホンは正にベストバイ、低音+バランス型のハイエンド機として考えても問題ないと思います。オーテクの高級ヘッドホン『アートモニターシリーズ』は高~中音域の鮮明さ・解像度が特徴的で支持されています。ソリッドベースシリーズのハイエンドモデルのこの機種にはそのアートモニター系の特徴的な高~中音域をソリッドベース上でいかに再現できるか、低音重視の音質に反映できるかが重要だと思います。本来のソリッドベースシリーズは低音に定評がある反面、高音域や広い音場の表現がやや苦手のものが多い印象でした。ソリッドベースは有名なsony xbシリーズと対を成すシリーズですが(sony xbシリーズは700、950を所有しています)xb950は超重低音特化型、xb700は高音の篭もりを減らした低音型、そしてこの【ws1100】は、低音の圧や量感をあまり損なうことなくある程度維持した状態で高音域から低音域まで広い音域をクリアに表現できる『ハイレゾ化』に挑戦した画期的な【低音ホン】です。低音寄りであっても表現できる音域は上記のxbシリーズの2機種と比べて遥かに広く深いです。高音域はとてもクリアで抜けが良く、解像度も素晴らしく高いです。(音源によってはサ行の刺さりが強いものもあります)抜けの良い高音域のため低音ホンに有りがちな閉塞感はありません。高音域が得意な開放型と比べても篭もりは殆ど感じないほど些細なものです。中音域は低音域に覆われることなく音分離も程良く、音の輪郭もしっかり有り、ボーカルの距離感も不自然に遠くに感じることはありません。この手のヘッドホンでは苦手とされる【音場】に関して、【ws1100】ではもはや『苦手』ではなく『得意』と言っても過言ではないレベルです。開放型か?と思えるほどの広い音場再生力です。←これが一番驚いたところです。(歴とした密閉型です・・・音篭もりを逃がすベントが多数有るため、音はダダ漏れですが)クラシック系、フルオーケストラの深く広い音場表現は密閉型ヘッドホンとしては驚異的です。ゼンハイザーhd700やその他の何十万円もする超ハイエンド開放型と比べるとやはり劣りますがあちらがedmやロック系をこの【ws1100】よりノリ良く元気に鳴らせるかと言えばnoです。そう考えるとこのヘッドホンの価格はコスパが相当良いのでは?と思えてきます。『所詮は低音ホンだし・・・』と嫌って敬遠している人たちのためには機種名『ソリッドベース』でなくても良かったかも・・・と思います。感想をだらだらと書きましたが、レビューのタイトル通り、このヘッドホンは普通の低音重視ではなく、『低音が好きな人向けバランス型ヘッドホン』です。そこそこ高額のヘッドホンですが、上記の趣向に合えばこのヘッドホンを激しくお勧めします。メリハリあるドンシャリ系が好みの方にも満足できる音質だと思います。周りに大きな騒音のある店舗内での試聴では高音域の透明感などは少し感じにくいかも知れません。音抜けのベントが多数有るため、騒音への遮音性も高くありませんので。できれば静かな環境で試聴されることをお勧めします。.

1.結論(1)密閉型のポータブル機で音はいいですが、満員電車等では音量を最小限にする必要がありますので、密閉型のポータブル機として★1つ減の★4つとします。以下は、私の主観ですが参考になればと思います。2.前提条件(1)ある程度の時間(数十時間)エイジングできましたのでレビューします。(2)付属ヘッドフォンケーブルではヘッドフォン本来のパフォーマンスが100%発揮できません。同じオーディオテクニカのat-ea1100にリケーブルしました(音の解像度が一段と良くなります)。3.音の詳細(1)エージングすると高音が出るようになりました。(2)音のバランスとしては低音がやや強く、中音が一番強く、高音がやや弱いといった感じですが、全体の低中高音のバランスが良く、自然で聴き疲れしない感じで(録音状態によりもちろん低中高音の出方に差が出ます)、解像感が高く同価格帯では非常にいい音だと思われます。(3)全体の音の傾向は、音の艶よりも解像度重視の締まった、モニターに近い鳴り方と言えるかもしれません。決して単調な感じではなく、各楽器の音が聴こえ嫌な音ではありません。(4)低音は締まった音でぼわつく感じがありません。(5)中音は充実しているので特にボーカルは聞きやすいです。(6)高音は、録音状態によりだいぶ感じが変わりますが、ほんの少し弱いと感じます。明らかに不足しているとまでは感じません。(7)最終的に装着感と音の聴こえ方は本製品を視聴できる店舗で本人が試すしかありません。ちなみに私は、エバンジェリストやアマゾンのレビュー等を参照して、視聴しないでアマゾンで購入しました。4.装着感大きな問題はありません。イヤーカップはアラウンドタイプで、イヤーパッドも快適ですし、締め付け感はややきつめですが、ヘッドフォン使用経験者であれば長時間耐えられない程では無いと思います。逆に緩すぎてヘッドバンドがずれる事もありません。5.課題(短所)(1)自宅ではあまり問題になりませんが、ポータブル機本来の外出先での使用は課題があります。それは音漏れが大きい(外部の音もよく聴こえる)ことです。これはヘッドフォン本体に同心円状に多数の穴(ベント)が開いていて、それらから音が漏れる(外部音も入る)為だと思われます。(2)ヘッドフォンの低音等の良さを追求すると音漏れが大きくなるという、低音の追求と音漏れの発生という両立の難しい課題だと思われます。(3)相当ボリュームを絞っても音漏れは発生しますので、外出する場合、特に満員電車等では聴こえるか聴こえないか程度の最小限のボリュームにしないと、隣の人から漏れる音にクレームがあるかもしれません。もちろん自宅使用専用であればほとんど問題ありません。(4)メーカーには、次期後継機等では、コストパフォーマンスの高い同クラスの価格帯で、締まった低音の良さと音漏れの発生及び外部音侵入の低減を新技術等で克服していただきたいと思います。(5)満員電車等での本機の使用は、密閉型のポータブルヘッドフォンというより、セミオープン型のポータブルヘッドフォンだと割り切って考えた方が、外出先でストレスが少なくなるかもしれません。.

星1のレビューがなくなったので変えておきます。とても素晴らしい商品だという事はもうほかの方がおっしゃっているので私がいう必要も無いでしょう。.

Youtubemusicなどで2000円ぐらいのイヤホンと聴き比べると良さがわかる。店頭で同価格帯のヘッドホンをいくつか聴き比べると個性の強さがわかると思う。解像度が高く低音だけでなく高い音もクリアに聞こえる。イヤーパッドも巨大なので耳が痛くなるような心配はない。ただ音漏れが半端ないので基本的に室内用。.

かなりいいですね。全音域に渡ってクリアーではっきり聞こえます。しかし、高音は耳につかず、ソリッドベースといいながら、低音は強すぎません。迫力を演出しているのかもしれませんが、聞きやすいです。.

他の製品も30個程視聴してきたのですが、これに決めました。一つはデザイン。自分は性能はよくてもデザインが悪いとつけたくないので、デザインが奇抜ではない、ださくない商品を探していました。二つ目はハイレゾ対応。正直cd音源とハイレゾ音源を聞き分ける自信がないけど念のため40000hzまで出る製品を、と。もっと聞こえる自信があれば50000hzやソニーの100000hzまで出る製品でいいでしょう。三つ目は着け心地。ヘッドフォンをつけている感じの着け心地、これぐらいが良い。5~6万する大型ドライバ搭載のヘッドフォンもあり、デザインもかなり良かったのですが500gもありかなり重かった。この製品は軽くはないが重くはない。4つ目自分には無線機能が必要ないこと。無線機能があればその分高くなるので、無線機能がないものを探していた。性能としてバランス接続ができないので、バランス接続したい人は違う製品へ.

今までイヤホン(iphone付属)を使ってきたのですが、新しい音楽体験をしてみたくなりヘッドホンを購入することにしました。いろいろ調べてみた結果、こちらの ath-ws1100を多くの方が薦めていたのを発見。値段はイヤホンとは比較になりませんが思い切って購入しました。しかし、iphoneやパソコンで聴く普段の音楽鑑賞では全く違いが分からない。どころか、今までのイヤホンの方が迫力がありました。ヘッドホンの楽しみ方が違うのでしょうか。専用の機器などが必要なのでしょうか。しかし、普段使い用で買ったので違いが分からない以上この値段では高評価の仕様がありません。聴覚に異常はないのですが、楽しみにしていた初ヘッドホンだっただけにとても悲しく、残念です。ヘッドホンなんて買うんじゃなかった.

Ps4の光出力→dac-x5→ws1100 で使用中。締め付けも強くなく、パットも深く柔らかく音質よりもまずは装着感でチョイスした。長時間のゲーム、映画にも対応出来ます。ゲーミイングヘッドセットとは違いマイクは別接続になりますがお薦めです。sharkoon 5. 1ch x-tatic digital x-digitalも使用していますが、ws110の方が良く聞こえますね。とわいえ、まずは視聴、試着してみてください‼.

デザインはオーディオテクニカのロゴが大きく、アルミ素材によってかなりの高級感があります。素晴らしいと思います。装着感もふんわり包まれる感じで最高です。夏になったら蒸れるのかなぁと少し心配ですがこの音の良さなら我慢できると思います(‘∀`*)さて、音に関してですがsolidbassということで、低音に期待して購入しました。ですが、良い意味で裏切られました。高音域がかなり前に出てくるのです。低音域重視の機種は基本的に高音域が丸かったり、篭っていたりすることが多いのですが、この機種はそれがありません。ただ、若干刺さり気味なので好みは分かれるでしょう。ボーカル (中音域)に関しては乾いている?ような気がします。色気や艶はあまりありません。淡々とした歌声という感じです。当機種の売りである低音域は、無理に主張してきません。高音域やボーカルを潰さない程度の量感です。しかしとにかく気持ちが良いです。量ではなく質がとても良く、どこまでも深く沈み込むような低音域です。逆に、量を求めるならば1つ下位の機種の方が良いかと個人的には思います。この機種は、空気孔 (ベント)が付いているので、ポータブルヘッドホンにしては外音遮音性に劣り、もちろん音漏れもかなりします。その点に注意すれば、素晴らしいヘッドホンであると言えます。視聴環境据え置きda-3000→同軸デジタルアウト→ud-503→当機種ポータブルdp-x1 直挿しfiio x5 2nd 直挿し.

ソニーの低音とは傾向が違うので好き嫌いはあるかもしれません。.

テクノやedmを聴くにあたって重低音がしっかり鳴るヘッドホンが欲しいと思い購入しました。既に結構低音の鳴る1aを持っていたので比較したいと思います。まず低音についてはさすがにws1100が凄かったです。1aも十分に良い低音が鳴るのですが、ws1100は体感的に言えば、スピーカーと別途ウーファーでしっかり鳴らしているような深い低音です。中高音に関してはどっこいどっこい、もしくは1aが少々上回るかな?という程度でした。好みの問題になりそうですが、ws1100は広い空間で歌っているように、1aは狭い空間で歌っているように聞こえます。解像感で言えば1a、開放感で言えばws1100という感じですね。あとこれが結構問題なんですが、ws1100は結構音が漏れます。友人に使ってもらいましたが、横にいるとドコドコ聞こえました。電車やバス等、人の真横で使うような用途には向かないです。遮音も並といった所ですね。付け心地は大変良いと思います。見た目がゴツいので付け心地が心配だったのですが、適度な硬さと深みのあるイヤーパッドで非常に快適です。また、デザインも私としてはとてもカッコイイと思います。家での使用限定で、深みのある重低音がほしい方には是非おすすめしたいヘッドホンです。.

前に使っていた、テクニカのヘッドホンのイヤーパッドがボロボロになったので新しいのに変えようした時に、見つけた品でした。.

購入したてで聞くと篭りがあったので1時間エージングして聞いてみました。sony系の鼓膜を揺する重低音と違い、聞ける重低音という感じです。dac+hpaオーディオアクセサリー低音重視の環境で聞いていますが重低音のキック力は抑え気味ですが重低音〜高音綺麗に鳴っています。さ行の刺さりはオーテクならではの音ですね。追記ivanky aux ケーブルにリケーブルし20時間エージングした感じですが高音やサ行の刺さりは刺さるギリギリまで落ち着きました。音より蒸れと耳の痛みが気になる感じですね…。押さえられてる痛みがします…。さらに追記20. 時間ほどティッシュ箱につけ伸ばしていると側圧弱まりつけていても痛くなくなりました!おまけオペアンプをmuse02→muse8820に変えると音が聞きやすくなり刺さりも減りました。またeqでの変化も大きくいろいろとカスタム可能な面白みのあるヘッドホンですねぇ更に追記スピーカー等購入してみましたがこのイヤホン…すごいのはサブウーファークラスの重低音を聞き取れます。.

遮音性が他の子の値段のものと比べると低いと感じた。音も少し漏れるし外の音はあまり遮ってくれない。密閉型としては不満が残る.

デザインは完璧 売りの重低音は少し物足りなさをかんじる。前使ってたソニーのmdr-1aが重低音が響いたかなー.

音が鮮明で今まで聴いていた音楽が別物になりました。今まで聴けなかった音が聴こえてきます。低音重視とのことでしたがあまり低音は利きすぎておらず私にはちょうどよかったと思います。高音は音量上げすぎるとキンキンして耳がいたくなるかも(笑)着け心地はまあまあですね長時間の使用はだめかもしれないです。少し値は張りますが買って損はしないと思います!.

最近アニソンばっかり聴いており今ハマってるのがオーディナル・スケールの主題歌のcatch the moment 。このヘッドホンでこの曲を聴いたら映画館にいるような気分を味わえます(マジで)これしかヘッドホンを持ってないので比較は出来ませんがかなり音質も良くデザインもカッコいい良いヘッドホンだと思います!.

Ath-ws770からのグレードアップ?で買いました。他にも仰ってる方がいますが、ws770よりも低音の主張は少ないです。ただ全体的にクリアな音になりとても綺麗に聞こえます。ゲーム、音楽鑑賞どちらにも使っていますがとても良いです。私が持っている価格帯が15000~20000円のヘッドホンの中では重量が軽く疲れにくいのもよいです。.

ベスト オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Ws1100 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.