Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Cks550bt Wh [ホワイト] – 使い心地良くなく、買い替えました。

正直低音はそんなにない気がします。あとイヤホンの部分が長いです。リモコン部分と電源部分がカチカチぶつかります。.

オーディオテクニカのブルートゥースイヤホン(両耳)は2種類使っていますが、低中高音域とも自分は非常に満足しています。ただ、バッテリー交換が自分で出来ないようなので少し残念に思いますが、時期相応にまた新製品が出て買い替えるのかなぁ~何て思っています。.

最近発売されたiphone7ではワイヤレスイヤホンが必須になってきました。そこで少しbluetoothイヤホンに興味を持って店舗にて購入したのでレビューします。まず、1万円というワイヤレスイヤホン系にしては安い価格帯です、もともと色んなイヤホンを買ってみましたがその中でも良いと思える音質でした。ワイヤレスのイヤホンも進歩していると実感がありますもともとはsonyのxba-a3のイヤホンを使用していますが、音質ははっきり言ってこちらの商品よりあちらのほうが上で、違いははっきり分かります、しかしながらワイヤレスとい物が余りにも楽だということを考えると、音質はそこそこでもこちらの商品の方が使い勝手が良いです。音質については重低音重視で、音楽を幅広い音域で聞いているという感じてはありません、が重低音が好きな人はわざわざ高いのよりこれ位が丁度いいのかもしれません。いわゆる音質がそこそこ良く、重低音重視、とりあえず安価でワイヤレスイヤホンがいいという方にはコスパもよくいい商品なのではないでしょうか?.

他の方ができないと言っていますが、曲送り、曲戻しはできます。ちょっとコードが長いかなという印象。.

ネックホルダーから伸びたケーブルが少々長すぎて頬に触るので、着け心地がよくありません。ケーブルを1回転ねじれば頬から大きく離れますが、今度は装着した見た目が格好悪くなります。また、首にかける受信機本体は、最近の小型化されたbluetoothイヤホンと比べるとハッキリと古臭い見た目です。取って付けたような四角い箱なので首の後ろで悪目立ちして格好悪いです。イヤホン本体は空気の抜けが悪い作りで、耳にはめこむ際に、鼓膜を圧迫される感じになり、不快感や不安感があります。音質は有線タイプで言えば2,3千円クラス。とがったところがなくマイルドと言えば聞こえはいいですが、重低音モデルと自ら名乗るのは誇大広告ではと言わざるを得ない程度の低音量です。期待して大きく肩透かしを食らいました。また音量調整は、iphone本体音量を直接変えるのではなく、二次的な調整なので、はじめに本体側を大音量に設定しておかないと、イヤホンリモコン側のみでは充分に音量が上りきらない点がかなり煩わしいし、完成度が低いです。全体的に使い心地がしっくり来なかったので、1/3の値段しかしないsoundpeats q12を試し買いしましたが、使い心地も、音質も高音域低音域問わずq12の圧勝。まさかの思いでしたが、cks550btはもはや使う機会がないだろうと、下取りに出しました。日本ブランドだから期待してこの製品を買ったのですがこのような結果になり、非常に残念な思いです。日本を代表するヘッドホンブランドのひとつとして、こういった低価格帯も手を抜かず、もっと頑張って欲しい。.

たまに音飛びがしますが、概ね満足です。.

利点と欠点

メリット

  • 見た目はいいのですが、、、
  • 凄い気に入りました。
  • 悪くないです

デメリット

●オーディオテクニカ ATH-CKS550BT-WH ワイヤレスステレオヘッドセット (ホワイト)●発売日:2016年07月22日●SOLID BASS専用φ9.8mm“デュアルマグネティックフィールド・ドライバー”●向かい合う二つのマグネットが磁力を最大化させる磁界の融合点を創出。●高まる磁力がドライバーの駆動を飛躍的に向上させ、豊かな低域を表現します。●重低音再生専用マルチトランジション振動板●三次元解析により特定の不要な共振点を分散。●有効振動面積を最大化することで、ドライバー径を超えた重低音再生を実現します。●エアフローベース・ベンティングシステム●ドライバー特性に応じた最良の位置にベント(空気孔)を配置。●筐体内部の空気のバネ性を最適化し、低音の出力能率を向上させます。●装着時の一体感にこだわった新形状ウェアラブルネックバンドを採用●着けていることが気にならない自然なコード配置と、軽やかなフィット感を追求した新たなネックバンドを採用しました。●直感的に使えるマルチファンクショングリップで快適操作●電源のON/OFFや再生・停止、ボリューム調整や通話…

ベスト オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Cks550bt Wh [ホワイト] レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.