Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)audio-technica ATH-CKR7TW-BK – Good sound good stability of connection

需要先換成comply 耳塞(原廠沒附)後才能展現應該有的音場、細節,人聲及樂器定位清楚,低音淺不會暈染,燒機一陣子後應該會更好。.

装着感は確かに個人差が顕著に出る方だとは思います。私は右が少し不安定でしたがイヤーピースを低反発の物にしたらマシになりました。痛くなるということはないですがスポーツには向かないです。音質については過去最悪と言ってらっしゃる方がいますが、完全ワイヤレスの中ではかなり頑張っている方だとは思います。私はイヤーピースを低反発の物に変えてイコライザーを少しいじったらかなり良い音を鳴らしてくれるようにはなりました。完全ワイヤレスの中で音質は割りと上位には食い込むんじゃないんでしょうか。接続は以外と安定しています。jabraのe65 activeを使っていましたがそれと同等かそれ以上です。galaxy s8と繋いで梅田を歩いていても滅多に切れないです。またイヤホン本体で曲の停止、再生、音量の上げ下げ、次の曲にスキップができるのでこれは便利だと感じました。他には携帯にアプリを入れることで最後に接続した場所を記録し紛失を避ける機能などもあります。バッテリーは1日三時間くらいの使用時間だと2日から3日は持つと思います。ケースに付いてはマグネットがついているので落とす心配も減るので安心です。また結構ゆとりのある作りなのでイヤーピースを選ぶということはないと思います。しかし音質特化なので防水や音声アシスタントなどは無いので他のワイヤレスと比較したら機能面では見劣りするかもしれません。イヤホンはケースからだすと両側の下がチラチラ光ってホタルみたいになるし本体がかなり大きいので目立つしで見た目を気にする人には向かないかもしれません。遅延もかなり目立ちます。ゲームなどがワンテンポ遅れてくるので結構気持ち悪いです。何故かはわからないのですがgalaxy s8に繋いでyoutubeを見たら遅延が少なくなりました。初めてでこれを選ぶのはあまりおすすめはしません。.

家電量販店で購入しました(^^)やはり数千円のイヤホンとは格が違いますね音楽とボーカルの声が鮮明に聞こえるのは気持ちがいいです!ヘッドホンに比べるとライブのようなその場の空気感は少し薄いですがイヤホンですし十分ではないでしょうかsolid bassシリーズのような響く重低音は弱いと思います。透明感のある曲やクラシックが好きな方にオススメします!ノイズキャンセリングで雑音が殆ど聞こえないのでとても集中出来ます!タイトルに書きましたが、遅延しますiphone8 plusで音楽と動画を流しましたが0. 5秒ほど遅れて聴こえてきます。音楽を聴くだけなら支障はないとおもいますが、動画は結構ズレるのでストレスかもしれません気になる方は必ず実物を試聴し納得してから購入した方が良いです。私は音楽用とその他用と無線有線を使い分けようと考えてます٩( ‘ω’ )و最後に星4の理由は同封されてた説明書が分かり辛く設定に時間がかかった事とイヤホンとケースを取り出す際に使われてた梱包材が異様に固くて「本体を壊してしまうのでは」と思うくらい力が要りました。正直怖かったです。決して安い物ではないので厳重にしてあるのかもしれませんが、もう少し柔らかい梱包材の方が良いと思いました。.

今までaudio-technicaで有線タイプを使っており、ケーブルが邪魔になるのでワイヤレスをと考えこの商品を購入しました。【使ってみての感想】あーこんなものかというのが正直な感想です。個人的にはaudio-technicaの重低音の感じが好きで購入していたのですが…まったくそれは感じられません。言うならシャラシャラ音、shareとかpioneerの1万前後のイヤホンと同程度かと…まぁワイヤレスなら、この程度と納得できる人ならオススメしますが、bassシリーズなどをお使いの方にはおススメできません。遅延等に関しては音楽再生時に次の曲に移ったり、早送りなどをしたときに若干のラグが発生します。.

音はいいです。ただ、ちょっと重いのが弱点かな。コイルのコアに純鉄を使っているからしょうがないか。.

試着できるならしてみたほうが良いと思います。左側が自分には合わないのか、かなり取れやすく下を向いただけで落ちてしまう。どう耳にねじ込んでも、ループサポーターを着けても、イヤーピースのサイズを交換してもダメでした。右側も左よりはマシという程度で、動いているとずるずると抜けてきます。今まで使ってきたイヤホンではそんなことはありませんでした。正直、個人差という点を除いても装着感はboseやsonyなど他社に圧倒的に負けていると思いました。例えるなら1000円くらいのカナルイヤホンの装着感でしょうか。音に関してはフラットでクリアですし好きなのですが、いかんせん上記の問題ですぐ低音が外に抜けてしまいます。ペアリングはすぐ繋がるのでその点は快適でした。音切れなどはわかりません。不満はとにかく耳から取れやすい、これに尽きます。自分にとって装着感は音と同じくらい大事なので、かなりがっかりです。ちなみに初期不良なのか最初左側の音が出なかったので交換していただきました。製品とは関係ありませんが、eイヤホンさんは発送や交換など対応が早くとても良いショップです。.

発売日に某ショップで買いました。とにかく音質が素晴らしいと思います。装着感は付属のイヤーチップではどうにもならなかったのでfinalのeタイプに変えてみたらしっくり来ましたので今後のモデルに期待します。ボタン操作も基本機能が全て行えるtwsが少ない中しっかり考えて作られているように思いましたので自分的にはなんの問題もなく快適に使用できているので星5つです。.

サイズは中々大きいと感じましたが、実際使ってみると特に問題なく使用出来ました。音質も良く、満足です。まだ、長時間使用はしてないのでバッテリーの持ちはよく分かりませんが、仕様では6時間らしいので十分だと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 自分には装着感が全く合わず、すぐに取れる
  • 最悪の音質
  • Sound quality quite dependent on music; needs firmware update for audio lag fix

デメリット

自分には装着感が全然でした。どのイヤーピースをつけてもしっかり耳にはまらなかったので、結局使えませんでした。やはりこういったものは装着感が重要なので、実際に店とかで試着してみてから購入をするほうが良いと思います。(自分の場合は試着とかせずに購入してしまったので失敗しました。).

長年オーディオテクニカのヘッドホンを愛用してきたが、最悪の音質。bluetoothヘッドホンではath-cks990btを愛用し、満足していたが、今回ath-ckr7twを購入した。まず、低音域が弱く高音域のシャリシャリ感にはまいった。イヤーピースが耳にあっていないためかと付け替えてみたが全然改善されない。.

音は良いし、付け心地も問題ないし、バッテリーも長い。ただ無線なので少し音が遅れることと、値段が高いだけが少し残念。でも気にいってます。次回作にも期待してます。.

有線でオーテクをずっと使っていたので、左右分離型の発売を待ってこちらを購入しました。装着感は、他の方が書いている通り人を選ぶと思います。私は、左だけ外れやすく感じましたが、とはいえ歩いていて外れてしまうような事はありませんでした。音質も、低音が弱いと言われればそうなのですが、個人的には満足しています。ただ、音のズレが本当に致命的です。約0. 5秒ほど遅れて聞こえます。youtubeなどの動画をみると、完全に口パク状態になります。正直、これだけ遅れて発売開始したにも関わらず、この現象は致命的だと思いました。カスタマーセンターにも問い合わせましたが、この状況がアップデート等で改善する予定は今の所無いそうです。音楽を聴く専用にして買う分にはいいのかもしれませんが、普段使いを検討されている方は、一度動画を視聴してからの購入をおすすめします。.

まず、ワイヤレスイヤホン自体の性能は高く問題なかったです。中域〜高域の高性能でした。問題はイヤーピースでこれは製品が少し重いのもあって落ちそうになるというか、フィットするしないで使用感がまるで違います。試着することをお勧めします。私の場合は同時期に出たスポーツモデルの方が圧倒的にイヤーピースが合ったのでそちらを購入しました。音質の差はそれほど感じませんでしたが、スポーツモデルはフラットな音質でした。安いものではないので1度試着することを勧めます。.

音質がすごく良いですが、満員電車の中に、接続不良がたまに起こります。.

【音質】消費電力を犠牲に搭載したbluetoothチップと独立のdac/ヘッドホンアンプである旭化成ak4375と11mm大ドライバーの力の貢献はおそらく大きく頭ひとつ抜けた音。比較視聴すると明らかに差のある分解能の良さが目立ちます。一瞬低音は少な目に感じるが細かな音が埋もれないためtwsにありがちなもこもこ低音ブーストは不要で迫力、臨場感が感じられます。ボーカルは近目。【接続安定性】電源オン時の接続安定性はrhaとは同程度。m3ietwが一番悪い。接続後の安定性はどれも最新モデルなだけあって充分。【遅延】twsでは避けては通れない映像との遅延については本機も独立dac/ヘッドホンアンプ分のせいか?遅延が多め。通勤やランニング用途なので個人的には問題ないがもし後継が出る際には、無理してノイズキャンセリングや防水はなくてもいいが対応コーデックとしてaptx low latencyに対応して欲しいところ。【装着感】最初はえっ…っと思うサイズ感と他と比べたフィッティングのしにくさ。付属の3dループサポートは装着安定性に必須。イヤピースのフィット感もイマイチ合わず交換推奨。そこまでやった上で合うか合わないか。3dループサポートは付けた状態で店頭に視聴機を置かれた方が良いと思います。【デザイン】本体もケースも安っぽいプラスチック感。価格上乗せでもゼンハイザーを始め同価格帯を見習ってほしい。グレーカラーのピンクゴールドのリングは良い感じだったが本体としてはブラックが良かったのでブラックを購入。tws界隈においてはもう少しドライバーをコンパクトに抑えてもらって装着感に重きを置いた方が良かった。総評としてはデザイン・機能性等twsとしては比較すると欠点は多いものの、やはり音を聞くことに関しては本機の後では他が霞むのも確かで通勤やランニング等、リスニング専門用途では活躍間違いなし。.

It surprises that true wireless can have a such beautiful sound and the connection is stable is varies environment.

イヤピースを安物の低反発素材製に変更して使用していますが、特に問題なく自然な音で鳴ってくれます。.

特徴 オーディオテクニカ 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)audio-technica ATH-CKR7TW-BK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 【CKR7TW専用設計のドライバーを搭載】DLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板と純鉄ヨークを採用したCKR7TW専用設計φ11mmドライバーを搭載。非常に正確で忠実なオーディオを提供します。
  • 【AKM製DAC「AK4375」を搭載】低歪でS/N比に優れたHi-Fiグレード、AKM社製DAC&ヘッドホンアンプ「AK4375」を実装しています。モバイル用途としては業界最高性能のTHD+N=-99dB, SNR=110dBを達成しました。
  • 【長時間の再生に対応】内蔵バッテリーはフル充電で約6時間連続再生が可能です。付属の充電ケースを併用して最大約15時間の使用が可能です。
  • 【スマートフォン専用アプリ「Connect」対応】初めてBluetooth製品をお使いの際にも安心の各種ガイド機能や、製品をより使いこなしたい方にぴったりのカスタマイズ機能を用意。本製品をより便利にお使いいただけます。

メーカーより

ATH-CKR7TW.jpg

(上)ATH-CKR7TWを装着したところ(下)4サイズのイヤーピースに加えて、3Dループサポートが付属する

logo

Presented by PHILE WEB

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『PHILE WEB(ファイルウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

PHILE WEB(ファイルウェブ) プロによる商品レビュー

Bluetoothであることを忘れる音。完全ワイヤレス新時代へ

従来の完全ワイヤレスとは、設計コンセプトがひと味もふた味も違うのだ。特筆すべきは「独立したDAC/ヘッドホンアンプの搭載」である。また振動板にはDLCコーティングが施され、真鍮スタビライザーを装備するなど、完全ワイヤレスだからと妥協しない姿勢が見て取れる。

試聴は、スマートフォン(Xperia XZ2)でコーデックにaptXを指定して行った。宇多田ヒカル「俺の彼女」(FLAC 96kHz/24bit)は、オープニングのベースが印象的。ベースという楽器ならではの微妙なうねりまで丁寧に描写され、しなやかさと密度感にリアリティを覚える。中高域にかけての情報量も多く、音場の広がりも自然。完全ワイヤレスであることを忘れる、というよりBluetoothイヤホンであることの意識が飛ぶと表現したほうが近い。

完全ワイヤレスイヤホンは、耐水能力やノイズキャンセリング機能などユーティリティ面が注目されがちだが、より深い満足を与えてくれるのはやはり「音」。本製品は、設計の斬新さと通信設計の確かさから、今後の完全ワイヤレスイヤホンのあり方を示すひとつの手本となりそうだ。

  • このレビューは PHILE WEB 所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事URL:https://www.phileweb.com/review/article/201811/28/3257.html
  • 文:海上 忍
  • 執筆日:2018/11/28

These are my third pair of audio technica earphones. The sound quality after 2 days seem to be on the bright side compared to the older im70 (v-shaped) and im03 (more neutral) earphones. The vocals are especially bright, i. The vocals on some tracks can become tiring if played at higher volume. Paak’s tints sounded balanced, but ariana grande’s voice on sweetener is brighter than i would prefer. Kamasi washington is on the bright side, as is classical.

Ath-ckr70を利用していたのですが、bluetoothタイプも利用したいと思い購入しました。普段は、女性ボーカルしか聴かないのと音楽の知識が無いので、どうかは分かりませんが、まず装着感はckr70の方が良かったと思います。音質は、ckr7twの方は、スカスカ?カラカラ?感があり、音楽に重みが無いような感じでした。2万円台も出して購入する様な物では無いように感じました。.

鮮明なサウンドです。でも、低音の迫力は物足りない。装着感も不安定。.

ベスト オーディオテクニカ 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)audio-technica ATH-CKR7TW-BK レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.