Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ ヘッドホン アラウンドイヤー型/ダイナミック Ath-Avc300 – 音質は癖がない。

音漏れするし音もそんなに良くないです。100均のヘッドホンと同じくらいの音質。.

周波数帯域が18〜22khzでハイレゾに対応してません。イヤーパットは薄目で長時間つけてると耳がいたくなります。締め付け具合は緩く頭を動かすと外れることがあります。ケーブルは2芯の安っぽい感じです。長さは長く十分です。cdを聴くには十分でしょう。.

音質は低価格品にありがちな「低音重視で中高音モヤモヤ」とか「さ行が刺さる高音重視」でもなく低音は嫌味なくトン・トンとリズムを刻み中高音も心地よく囀るので、装着感の良さも相まって長時間リスニングでも疲れません低音が弱いともとれるのでクラシックやTV観賞、ながら聞き等に適しているかも音漏れは普通に聴いてりゃ問題なし、というか屋内用ヘドフォンで音漏れが気になるってどんな爆音で聞いてるンだよ(笑 って話ですよ各メーカーが本腰入れて音作りしてくるのは5,000オーバーくらいからだしどんぐりの背比べ状態の3,000円クラスでこれだけ音が出ていれば十分かと.

何度もリピしてる商品です!音質や耳にぴったりと収まる感じは良いのですが、乱暴に扱っている訳でもないのに断線するのが少し早いかな?と思います…(‘・ω・`;)なので、断線が残念な分☆−1で。.

利点と欠点

メリット

  • 個人的にしっくりくる!
  • 音質は癖がない。
  • ヘドフォン入門用にいかが?

デメリット

特徴 オーディオテクニカ ヘッドホン アラウンドイヤー型/ダイナミック Ath-Avc300

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:500mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):18Hz, 周波数帯域(H):22000Hz

ベスト オーディオテクニカ ヘッドホン アラウンドイヤー型/ダイナミック Ath-Avc300 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.