Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホンaudio-technica SOLID BASS ATH-CKS1100X – 音は最高、

本当ですこれが音悪いという人は何かしらの偏見あり最高とか言いませんこれがスタンダードです!.

音を大事にすると仕方がないことですが、大きさが音に対してですが良く分かりません、まったく不満も無いです。使用に対して半月ぐらいエージングしました。i podで聞いてるからイコライザーの変更等で良くなるかも。.

音は最高ですがイヤホンの接続部分で良く静電気が発生するので耳朶に静電気が良く当たります笑うまくゴムを使って接続部分を隠さないとせっかく最高の音楽を聴いていても不快な気分になってしまいます。.

低音厨でダイナミック中心にイヤホンを買い漁ってきました。cks1100xは暫く前に買って、放ったらかしにしてたんですが、久しぶりに引っ張り出して聞いてみたら・・・凄くイイ!バランス接続にしていますが、低音は曇りなくゴリゴリしてるし、中高音もクリアなのに刺さらない。ロック、pops中心ですが、音量上げて浸っていると、本当に気持ち良くて時間を忘れます。難があるとすれば装着感ですが、lr逆にしてshure掛けすれば問題なし。随分値段も下がっているみたいですが、低音好きの方は是非試聴してみてください。.

音がほとんど生音の近いです息のもれる音も忠実の再現していますこのイヤホンが今のところ最高です。.

利点と欠点

メリット

  • いまのところ最高級のハイレゾイヤホンです
  • 音は最高、
  • 少し大きかった。

デメリット

特徴 オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホンaudio-technica SOLID BASS ATH-CKS1100X

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 曇りのない重低音を再生する過渡特性に優れた  φ11mm SOLID BASS HDドライバー 磁力を高める高精度設計の磁気回路によりドライバーの駆動力と制動力を高め、重低音再生を実現します。
  • 極まる高解像度再生でハイレゾ音源を鮮明に再現 本体導管の内径やイヤピースの高さを調整し、より多くの高域成分を伝達可能に。
  • 不要な共振を低減する切削無垢アルミニウムエンクロージャー採用
  • L/Rch独立のスタッカード撚り線コードでクロストークの少ない信号伝送
  • ノイズへの耐性とメンテナンス性に優れたオーディオ専用設計の  着脱式コネクター(A2DC*)を採用

曇りのない重低音でハイレゾ音源の全てを描き出すシリーズ最上位モデル

◆曇りのない重低音を再生する過渡特性に優れたφ11mm SOLID BASS HDドライバー磁力を高める高精度設計の磁気回路によりドライバーの駆動力と制動力を高め、重低音再生を実現。◆極まる高解像度再生でハイレゾ音源を鮮明に再現本体導管の内径やイヤピースの高さを調整し、より多くの高域成分を伝達可能に。◆不要な共振を低減する切削無垢アルミニウムエンクロージャー採用◆L/Rch独立のスタッカード撚り線コードでクロストークの少ない信号伝送◆ノイズへの耐性とメンテナンス性に優れたオーディオ専用設計の着脱式コネクター(A2DC)を採用

【仕様】型式:ダイナミック型 ドライバー:φ11mm 出力音圧レベル:106dB/mW 再生周波数帯域:5~45000Hz 最大入力:100mW インピーダンス:11Ω 入力端子:A2DCコネクタージャック コード長:1.2m(Y型※) ※左右のコードの長さが同じです。プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ(L型) 質量:約9g(コード除く) 付属品:着脱式コード1.2m(φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ L型)、ケース、イヤピース(XS、S、M、L)

ベスト オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホンaudio-technica SOLID BASS ATH-CKS1100X レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.