Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン Ath-Avc500 – 損はないです

値段に見合う商品だと感じております。高音質はとても良いです。.

注意一個人の感想です。付け心地は個人差がありますが、長時間のリスニングするならばいいかな。イヤーパットは柔らかくあまり締め付けもありません。音質ですが、まぁ5000円のヘットフォンに音質を求めるのはナンセンスだと思いますが感想として高音はシャリシャリです。中音は薄くなっていて、伸びもありません。低音は深みがなく軽いです。全体的に音が軽く音響機器としては使えません。その他チューニングバランスがいいと思います、付け心地、音質もふくめバランスがとれていると思います。.

買って2週間ほどで音が聞こえなくなり保障期間内でしたので無料修理して更に8ヶ月で片方が聞こえなくなりました.

以前まだairシリーズを持っていなかったころに買いました。インドア用としては価格が安く、1万円をきるのは非常に魅力的です。【音質】53mmドライバーを採用していることもあり、音には余裕があります。全体的にバランスが良く、低音を響かせながらも高音はしっかり出ている印象です。nw-a30と併用していますが、イコライザーとの相性がよく、設定に素直に従ってくれます。高音の煌びやかさや音場は物足りないですが、同価格帯のポータブルヘッドホンやイヤホンと比べれば全然いいです。値段を考えればかなり満足の音です。【装着感】サイズ調整はバネがやってくれるので、ユーザーはヘッドホンを装着するだけです。初めてこのタイプを使いましたが、らくちんです。ただバネ式としてはバネ圧が強いので、何時間も装着していると頭頂部が痛くなる人もいるようです。こちらは完全に個人差のようですが…53mmなので当然アラウンドイヤーです。夏場は蒸れて心地悪いですが、そういうことでなければ何時間も装着するようなシーンにちょうどいいかもしれません。【外見etc. 】ハウジングはロゴがある面がアルミ製です。そのほかはマッドブラックになっています。さすがに上位機種と見比べたら安っぽさは否めませんが、各所作りはちゃんとしているのでちゃちな感じはないです。あと地味にハウジングが180°回転して外に向けられるので、dj風に使えるのも気に入っています(片耳だけでも聞けるので意外と便利です)この機種を使い始めてもう4年目でしょうか。今ではほかの音響機器をそろえたのでサブですが、コードを1. 2mに切り詰めてポータブルとして使っています(さすがに変な目を向けられることはありますが、インドア用ではましな方です。airで出歩いたことも何度もあります…)言い方が悪いですが、悪い意味はなく音に特徴がないので聴き疲れもしにくいし、ある程度の動画などの編集なら見合っています。ポータブルしか買ったことがない方なら、入門機としてかなり面白い機種です。.

コスパが良い商品ですね、音漏れも少なく重低音が良く反響します!ただサイズが少し小さいかな。.

コスパは通販より、割高でした。8230円(税込)最初は、これも一緒に並べてあったバースのathにしようかと値段を見たところ14500円!?財布に余裕がなく、バースを方は普通に止めました。一応、athはある程度amazonのレビューにて物の良さをリサーチ済みだったので購入までに時間は掛かりませんでした。正直言うと、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンが欲しかったのですが、ノイズキャンセリング付きは高音質目当てとなると一万は越えるので、とりあえずノイズキャンセリング機能付きは、また今度にしようと今回は、とりあえず高音質で聴ける普通と言ったら悪いですが、普通のヘッドホンにしました。イヤホンはcks-550?を使っており、ヘッドホンはjvcを物(2040円)を使ってましたが、行方不明になり、その間はイヤホンで頑張ってました。が、そろそろヘッドホンを新調したい!それでこれを購入することにしました。amazonで買えば、コスパが良く買えたかも知れないですが、買って素早く使いたいと言う欲がコスパを破壊し、joshinに飛びすぐ様購入!音質は安定の高音質。流す音楽によってた奥行きのある音楽が再生され、重低音は完璧!装着時、音量をmaxにしても音漏れなし(頭、耳周辺の形にもよりますが)音漏れなしは家族の協力により、証明させました。1m離れた位置から、聞こえず。2. 5m離れた位置は当然聞こえず。何に使うにせよ、音漏れの心配はありません!(但し、メーカーではないため、責任は負いませんよ!)※エロ動画観賞に良いのでは?wそして、逆にヘッドホン装着時に外の音が聴こえるか?そう聞かれると。音量によっては外部の音は聞こえます。少なくとも4割以上の音量にしておけば、音楽を楽しめます。そして、音割れですが、これは仕方ないですね。ノイズキャンセリング機能がないので…当然、サラウンドもありませんよ。高機能がないデメリットを省けば、値段以上だと思ってます。あとは、貴方次第です!.

音はミドルがガッツリ出る感じです、ボーカルが近くに聴こえます。低域の厚みが割合少ないせいか、少々のっぺり平坦な印象です。ど迫力のドンシャリ的な音を期待すると面食らうかもしれません。しかし、その辺はitunes等のイコライザで調整したところ問題には感じず、クリアで迫力もある音で聴けました。個人的にリスニング用途としてはロック、メタルをよく聴きますが、調整なしでは迫力に欠けると感じました(低音ボンボン系のヘッドホンは苦手な当方でも)素の音は、ボーカルがよく聴こえるのでポップス向きでしょうか。フリーアジャストヘッドサポートですが、装着感は良好ですイヤパッドもソフトで良い感じです。.

他の方がレビューしているとおり、中域が強く、まったりとした音です。ドンシャリ感がもう少しでて欲しかった。.

利点と欠点

メリット

  • 外れクジ引いた可能性大
  • ケーブル付け根の耐久力に問題
  • かなりよい

デメリット

圧迫感なく使い心地よしコードも長くテレビにはもってこいだが使用して30分もすると右耳の奥の方が圧迫されてるのか痛くなる車で爆音でオーディオ鑑賞してる感じ他のシリコン突っ込みタイプのイヤホンやヘッドホンを仕様してもこんな症状にならなかったのに、この商品を買ってショックでした。.

前もテクニカのT500?を使ってたが、頭が当たる部分が禿げてきたので購入。ATH-av500の評価が4点位で、音がどうのこうのと書いてあったので視聴せず購入。前のは少し長時間付けてたら、締めつけがあったがこれはソフト。装着感は良いし固定出来る。少々頭を振ってもズレがない。音質ですが前のより、高音、低音ともに良い。音楽ok。ギターのマルチエフェクターにつないでもいい音。GOODです。.

特徴 オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン Ath-Avc500

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:1800mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):10Hz, 周波数帯域(H):25000Hz

ベスト オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン Ath-Avc500 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.