Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava300 – とにかく楽チン★

それ程音質は気にしてないですが、夜間のtv、ゲーム用に充分な性能だと思います。軽さ、耳当ての質感が気に入りました。コードが片出しなら、尚良かったですね。.

レビューの評価の高いsonyのヘッドフォンを購入しましたが、すこし装着していると耳が蒸れるのと痛くなるほどなので、耳の部分が楕円構造のこちらの商品を購入してみました。 オープンエアー構造ということで、低音は期待すべくもありません。また、装着感も実際の店舗で実機を装着して決めたのですがやはり少し耳がいたくなります。 これは、個人差があると思いますのでぜひ店舗で試してからの購入をお勧めします。.

この価格で十分な音質があります❗大きいジャックに変換するピンも付いています。.

今ウチにあるのが2代目です。正直、音に関しては値段相応か他のより少しマシ位だと思います。ですが、オープンタイプだし軽いし締め付けも厳しくないので映画一本くらい見てもほとんどストレスを感じません。音の編集などでも使用するのですが、ちょっとした音の確認や長時間の作業がかなり楽なので、サブのヘッドフォンとして使えます。耐久性は、私のようにコードを踏んづけたまま引っ張ってしまったりしなければそこそこ長く使えるでしょう。それでも初代のヤツは2年間かなり役に立ってくれました。それなりの頻度でヘッドフォンを使う方なら、楽で気軽に使えるサブとして1台買っても損はしないと思います。.

以前ath-tad300を使っていたんですが甥っ子にあげてしまい、なんかまた欲しくなって楽天でポイント使って3000円で買っちゃいました。エージング前ですが非常に軽い音(重低音がごっそり削られているような)なのにベースもキックもはっきり聴こえて、中音も高音も痛い音が一切なくて、非常に楽に楽しく音楽が聴けます。tad300はなんかちょっとプラスチックのチャカポコした音が気になりましたがそれが無くなってますね。本体が軽くてイヤーパッドがやわらかい布で装着感は最高に楽です。気合入れて音楽聴くときじゃなくて、疲れたときに気楽に音楽きいたりdvdで映画みたりとかには最高です。耳に優しい楽しいヘッドホンです。でもデザインはすんごく悪いよ。.

ゲーム・曲を聴くときに使用してます。購入経緯fps(ps4のシージとか?)をする目的に購入しました(副次的に曲)。格安ゲーミングヘッドセット(kotion each)より性能の良いヘッドホンを求めて約2万円するゼンハイザーの購入を考えていましたが、値段が高額などの不安より代表的なメーカーの格安を試しに購入することにしました(汗)。色々あってathヘッドホンに出会い購入しました。良い点・悪い点‣良い点 アンプ(blasterx g5)に接続してaと同等の音質でプレイできる点 コントローラー直差しでaよりかなり良い音が聞ける点 開放型のため外の音を拾いやすい点 iphone付属のイヤホンより音がいい点 閉塞型のイヤホン(ehp-bs100sv)より重低音の感じ?がいい点‣悪い点 音量調節ができないためps4など本体から調節する必要がある点 マイクがついてない点 髪が潰れるため、予定前に使用したくない点 ケーブルが非常に長い(3m)点 イヤーパッドに埃が付きやすい点 ピンが3極なので反応しない本体もある点出かける予定がなく、曲を聴きたいときは重宝してます。値段もお手頃だし試しにヘッドホンを使いたい方にオススメです。.

愛用していたaht-a900が接触不良を起こしたので繋ぎとして買ってみました。音楽鑑賞、tv視聴、エフェクターにつないだギターのモニターとして使っています。密閉型との比較で参考にならないかもしれませんが、aht-a900と比べたら装着感も音の抜けは悪いですが、4000円以下でこれなら十分満足です。低音が目立つ印象です。ハウジングの反転機能もついていて便利です。もっと上位のオープン型が欲しくなりました。.

値段の割にパットが良い商品なので、二つ目です、オープンエアなので耳に優しいのですが、周りの騒がしい場所では不向きです。.

利点と欠点

メリット

  • 耳でかい人は要注意。
  • コスパも良いし不満ない製品。
  • ゲーム・曲を聴くときに使用しています。

デメリット

最安の『開放型ヘッドホン』を購入し使い始めて価格に反した異常な音質の良さに気づき、安価な同価格帯の『密閉型』を引っ張り出し、聴き比べてみました。2000~3000円程度の密閉型にありがちなマイナスの症状『音の篭り・塞がり、低音過多』がこの機種にはほぼ無い・・・開放型の恩恵をダイレクトに感じました。高価格帯の【密閉型】と【開放型】では、音質の差がここまでハッキリ出るものは少ないため、低価格帯の密閉型と開放型の音の差には驚きました。【ath-ava300】は安価で高音質でデザインも優れたヘッドホンとして大変お勧めできる機種です。ヘッドホンのタイプは2種類、密閉型と開放型に分かれていますがこのヘッドホンは開放型(オープンエアー型)です。オーバーイヤーヘッドホンとしては、他社製の密閉型も含め、最安の2000~3000円クラスの機種ですが安価でも音質は十分に開放型特有の奥行きのある音響で高音が篭ることもなく抜けの良い広がりがあり、且つこの【ava300】では低音もそこそこ厚みが出ています。これまで開放型は高価な機種をメインで使っていたため低価格の開放型をかなり侮っていました(低音はスカスカであろうと)音域のバランスは高音~中音に偏らず低音も十分出ます。音の分離や解像度は同価格帯の密閉型よりは遥かにマシですが、高価で高音質の開放型と比較するとあまり鮮明ではありません(当たり前ですが)本体デザインは格好良いハニカムパターンのハウジングでイヤーパットも低価格ヘッドホンには見えない高級感のある布製のメッシュパットが使われています。ケーブルはヨレやすく絡みやすい、価格相応なものでテレビ鑑賞にも使える3mのケーブルが付属します。最安の価格帯2000~3000円のヘッドホンを購入する人はヘッドホンを初めて購入する人が多く、購入動機も『プライベートに音楽やテレビを鑑賞するため』などから音が大きく漏れる『開放型』を選ぶ人は少ないと思います。初めてヘッドホンを購入する人でも低価格ながらも『音質を最重視』したいなら激しくお勧めしたいヘッドホンです。.

2015-11-05(木)デオデオで4298円で購入(この時点でamazon価格¥ 4,080)ヘッドフォンやイヤホンは故障率が高い製品なので、メーカー保証期間が1年もあるこの商品は安心して購入することができます。頭にちょうど良いか店舗で実機を確認してから購入するのがおすすめです。.

耳の設置部分が汚れやすいのと、眼鏡をかけながらの長時間使用が少しつらい。音質は値段の割に、十分使えます。.

今まで1万以下のヘッドフォンをいくつか購入しましたが、この製品が一番合っていました。低音を強調しすぎたものは聞きづらいですが、この製品は低音の不足がなく、かつ高域までバランスよく出ていると思います。質感も値段以上に感じられ、装着感も良好でした。低価格のpc用として候補に挙げてよい製品だrと思います。.

今、使えるヘッドフォンとして、5台持っているが、私の耳にフィットするヘッドフォンは、この製品とソニーのMDR-XB700とパイオニア製のSE-M531。でもやっぱりオーディオテクニカ製のこのATH-AVA300がお気に入り。ソニー製は値段が高く、パイオニア製は安い。その中間の製品が何故かお気に入り。買って損はないと思います。以前はやっぱりオーディオテクニカ製のATH-TAD300を使っていて気に入っていたのだが、頭に乗せるアームが折れてこのヘッドフォンを購入。電話で、ヨドバシカメラにATH-TAD300を購入しようと思ったのだが既に製造中止。店員さんが言っていたのだが、ATH-AVA300の方がもっと音が良いと言われた。そこで、このヘッドフォンをアマゾンで購入。なかなか良い音ですよ。買って得をした。.

文字通り密閉されていないので、ヘッドホンを付けているのにテレビや電話の着信音が聞こえるという不思議な感覚を味わえます。音は余程大きくしないと迷惑をかける程漏れませんのでご安心を。かけ心地は、外側のアームがプラ素材なのである程度の締め付け感がありますが、密閉型に比べれば軽いです(眼鏡の方は要注意。出来れば試着をお勧めします)。肝心の音質ですがフラットな感じでくせがありません。その分低域が弱いような気がするので、私はイコライザーで調整しています。当然高価なものはもっといい音がしますが、パソコンで音楽を聴くとか、圧縮音源で聴く程度のライト層ならこれで十分だと思います。.

オープン型が欲しく購入しましたが音が少し籠っていて正直もう少し良いやつを購入した方が良かったと思いました、ただし着け心地はかなり良く長時間使用しても痛く為りにくく、オープン型の為、外部の音が良く聞こえるので楽器の練習用などには良い物だと思います.

開放型で価格の安い物を探していて、これを見つけました。オーディオテクニカというところで安心して購入しました。.

音とか装着感は良かったのですが アームのスライドが不良で動かなかったので返品しました 残念でした.

特徴 オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava300

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:300mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:開放型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):20Hz, 周波数帯域(H):22000Hz

コスパ最高〜!私はstaxの予備機として使っています。ヘッドホン購入に迷っている人はまずはこれを聴いてみた方がいいです。音場がいいですね。お金にゆとりが有ればava500でもイイ。好みも有りますが…あくまでも家用です。オープンエアーなので。.

ローランドrh-5を電子ピアノ用として長年使用しておりましたが、いい加減イヤーパッドのところがボロボロに剥がれてきたので買い換えました。形や大きさはごっつく見えますが、rh-5に比べてクリアーな音になったと思います。値段も安いので早くこちらを使用していればよかったと思いました。耐久性は使い始めたばかりなので分かりませんが、長く使えるといいなと思います。.

物凄く音質が良いとかそういう事はないでしょうが、値段にしては十二分かつオープン型で周囲の音も聴きやすいまた、装着もキツくはなく長時間の使用も慣れれば問題なし。耳との接着部分もムレが完全にゼロとは言いませんが風通しもそこそこ良く、心地よく使えます。高級品は必要ないが、それなりのオープン型が欲しい・・・そんな方にはおすすめできる良コスパの一品だと思います。.

頭に当たる部分が2重になっているせいか、長くつけていても頭が痛くならずに快適でした。電子ピアノので使用するには最高です。星が3つなのは、残念ながらアダプタがすぐに壊れてしまい、返品することになってしまったからです。不具合があるのはアダプタだけなのに、一度全部返品しなければならないのは、そういうシステムだとはいえ、その間ピアノが弾けないので不便ですね。返品手続き後、すぐに同じものをオーダーしました。次は壊れないものが届きますように・・・。.

今まで使っていたものが壊れたので購入しました。装着しても蒸れることが無く気に入っています。.

音質は普通ですでもフィット感と涼しさは他にないほどかとただ冬は寒いですコードがちょっと長いかなってくらいです.

 長時間、ヘッドホンをつける用途として購入。 ath-ad700xを持っていたので、これも同程度のパッドだと思ってたら、一回り小さい。 ただし、耳当たりは柔らかいので、悪くない。 けど、ADシリーズと同程度の感触を求めている人には、ハズレ。  長時間作業しながら、ヘッドホンで音楽を聴く人は、 音の良さは程々でよく、耳当たりの良さが超重要なので。。。。 という事で、ADシリーズの代用品にはなりません。 密閉型の圧迫するような感触ではないのが救い。 という事で、★は2つとしました。.

耳に程よくフィットして付け心地がいいです音質は値段相応かとしかしこれで十分音楽など楽しめます.

軽くて音漏れも少ないオープンエアー型で、低音が強いとこともなく聴き疲れしないです。語学の練習のため、音楽を聴いたりしていますが、コードの長さも十分あって3000円で買えるヘッドフォンとしては良いと思います。コードが各耳に2本線で固定式で交換できないタイプです。.

オーディオテクニカで何個か試しましたがこれが一番低音と高音のバランスが良かったです音楽ライフが更に楽しくなりました。満足です.

ベスト オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava300 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.