Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava500 – 手頃な価格で使い勝手の良いヘッドフォン

音は値段の割にかなりいいと思う。以前使ってたヘッドホンはシャカシャカ音がかなり目立ってたので(笑)欠点はコードがちょっと長すぎるかなwあと締め付け感はほぼなく耳に優しいけど頭の上に当てて調整するタイプなので人を選ぶかな。.

家電量販店で確認してから購入したので、最初から自分に合っている商品なので特に問題無く使っています。音もバランス良くオールマイティーに聞けるので、これ以上の価格の商品は私には必要ありません。.

テレビにしか使ってないのですが、音は満足でしたただ耳が締め付けられすぐに痛くなりました1回買えば何年も使う物なので、残念ですが半値で処分しad500xを買い直しました。音は悪くないので耳が痛くならないなら買ってもいいと思います.

4000~8000円の価格帯でビッグカメラで試着を繰り返してこれに決めました。自分では初めてヘッドホンを買うので専門的な事はわかりませんが、同価格帯で一線を画す音質だったので購入しました。高音、低音に偏らず、均等に音楽を綺麗に聞けるのでストレスを感じません。音も曇らず広がって聞こえます。ちょっとだけヘッドホン自体が重く感じますが、部品それぞれに頭の負担を減らすような仕組みが施されていますので、大きな問題にはなりえません。今後このヘッドホンでどんどん音楽を聞いていきたいです。.

ポイントで他のサイトにて購入!着いてすぐ装着したところ、着け心地がサイコーに気持ちいい!!耳が痛くなったなどとレビューしている人がいますが、多分この商品じゃないと思います。それほど、耳は痛くありませんでした。音は、それほど詳しくありませんが、低音はよく聴こえている気がします。ここまでは完璧なのですが、ケーブルが3mってwwww外にはつけていけませんねwwwwwww電子ピアノ等に使うのでしょうかね?なので⭐-1です。それ以外は私の中で買ってよかったと思いました!.

素直な聞きやすい音で気に入ってます。頭の装着感がちょっと好きでない。音は大変気に入ってるのでokです。コストパフォーマンスばっちりです。.

田舎の店頭デモでもよく見かけるほどの機種ですが、初めて耳にしたとき素直に「良い音」だと感じた数少ないヘッドフォンの一つです。良し悪しの概念は人それぞれとは言え、このヘッドフォンが実に自然なフラット感を醸していることは多くの方が感じているのではないでしょうか?手元の機材で調べた結果もやはり、他機種に比べてもかなりフラットに近い(可聴範囲の大部分においてdレンジ差が小さい)特性であることが示されました。ただ強調するような癖がないためにパワフルでもなければ特別な伸びやかさもないので「味気ない」といった意見も出てくるわけですが、しかしそれもまた列記とした個性だし、変な癖がないので聴き疲れもありません。また音源をありのまま限りなくフラットに出力ができることこそがオーディオ機器の究極の目標であって、知り得る限りそれに最も近いところにあるのがこのごく安価なヘッドフォンだという事実に驚嘆しないではいられません。出音比較参考動画https://youtu. Be/wl8_nphk8uk欠点を言えば若干残念な装着感でしょうか。旧adシリーズ系譜のソフトなイヤーパッドも一回り小さいため、オンイヤー型のような装着感で耳へのあたりや暑苦しさが否めません。また頭頂部サポートの押さえ込みもadシリーズなどで採用されるウイングサポートに比べて明らかに強いので、そちらに慣れていると少々違和感があります。しかしそれを差っ引いても十二分に買いの一本だと個人的には思います。構造変更なしに名称を変えながら実質的なロングセラーとなっているのもそうした良さが買われてのものだろうし、かの業界定番モニター機同様、リファレンスとして手元に置いておきたい一台です。.

これまで密閉型のヘッドホンしか使ってこなかった者ですが、開放型という特性を活かしサラウンドスピーカーでゲームの音を聴きながらヘッドホンで通話するという用途で購入しました。通話用って割り切っていたのですが音が良く開放型なので高域の抜けが良いです!モニターチックなフラットな音です。装着感も非常に軽く圧迫感が無いので長時間装着出来ます。しかしイヤーパッドが若干浅いのかドライバーに耳が若干当たってしまうのが難点です。(耳を傷めてしまうことも)コストパフォーマンスはとても優れていると思います。.

利点と欠点

メリット

  • ATH TAD500 renamed (ATH AVA500)
  • 手頃な価格で使い勝手の良いヘッドフォン
  • 家電量販店で確認して購入

デメリット

これまではゲーミングヘッドセットを使用したり5000円未満のヘッドホンを使ってましたがこれはこれで満足していました。そして今回このヘッドホンを使ってみて、こもり具合もなくスッキリとした音質、4時間近く装着しても疲れない使用感、このヘッドホンには自分の求めるレベルを簡単に超えてきました。ホントにコスパが良く大満足です!ゲー厶用に適した音質ではないので迫力感は少ないですが、着け心地、少ない疲労感、クリアで聴き取りやすい音質。そういうものを求めている方には満足行く商品かと思います。.

まずこのヘッドホン選んだ理由なんですが、「長時間つけて視聴していられること」を目的に家電量販店で片っ端から開放型ヘッドホン狙いで装着して聞いていったところ、これが個人的に・掛け心地がほぼ全く気にならない・音がそこそこ良い・見た目が無難に良い感じでした。具体的に言っていくと、・掛け心地に関して、側圧はほぼ全く気になりません。優しい感じです。ただ頭頂部は最初若干気になったりしたことがありました。ここに関しては、使ってない時に何時間か上の輪っかみたいなとこにつくぐらいバンドを押し上げて、その状態で中央をタオルかスーパーの袋か何かで縛って固定して放置したりしてバネのテンションを柔らかくするようにしてました。最近はそんなことしなくてもあまり気にならなくなってきたので全くしてません。・音に関して、自然で良いと思います。誇張しすぎた低音や高音などはなく、それでいてそれらや色んな音をそれなりにちゃんと鳴らしてくれて聞き取りやすい感じです。箱に表記されてる通り、確かに映画視聴用にいいと思います。コードが長めなんで実際テレビに直差しで夜中に映画とかtv番組を見たり、ゲームするのに使ったりしています。特に大自然溢れる絶景番組とか見るのにいい感じです。ただ、最初少し音にうざさがある部分を感じたんで、テレビに直に差して、ヘッドホンからそこそこ音漏れするぐらい音量上げて、エージングみたいなことをしてたんですが、ある日音がそこそこ良くなってました。見た目に関しては、落ち着いていて悪くないです。最終的に、値段が安いしなかなか良いヘッドホンだと思いました。.

The ath tad500 was renamed the ath ava500. This headphone is a good value for the money. Don’t be fooled by the low price as being cheap sounding. It is an audiophile sounding headphone which has the “art” ad 500x driver installed and the same ath ad500x sound signature. It is a flatter and balanced sounding headphone than the ath m50x. You can see in graph #3 that this driver has the same signature as the ad500x, ad700x & the ad1000x.

Tv鑑賞やゲーム用に買いました(すみません、ポイントが余っていたので某量販店で買いました(笑))。他の方が書かれているとおり、装着感に独特のものがあり、好みの分かれる製品だと思います。というのは、頭に当たるヘッドバンド部にかなり分厚いクッションが付いており、これが頭を締め付けるように感じる方がいるのだと思います。また、大きさも写真で見た感じよりも小ぶりで、少し頭が大きめの私だとちょうどぎりぎりぴったりという大きさです。音質的には、この値段では申し分の無い良い音だと思います。私は普段オープンエア型で音楽鑑賞をするときはゼンハイザーのhd650を使っているのですが、それと同等とはいかないまでも、値段を考えるとものすごく頑張っている製品だと思います。以下、hd650と比べた点を書くと、・音の広がり感:これが一番の違いです。hd650はヘッドホンよりも外側で鳴っているかのような広がり感がありますが、この製品はヘッドホンのところで鳴っている感じです。ただしこれは、名機と言われるhd650がものすごく素晴らしいのであって、この機種が一般的に劣っているというわけではありません。オープンエア型特有の音の抜けの良さや開放感は十二分に味わえます。・音の解像感:これもhd650より若干劣ります。しかしこれも、名機と言われるhd650が(以下略)。・音の特性:hd650は極めてフラットな特性ですが、この機種はややドンシャリ気味(高音に比べて低音が少し弱いので「ドンシャリ」というより「トンシャリ」?(笑))です。とは言っても、あくまでhd650と比べての話で、一般的にはフラットな特性の部類に属すると思います。総じて、音楽観賞用としてはhd650には劣りますが、値段が一桁違うのですから当然と言えば当然です(笑)。むしろ、hd650と聴き比べてみようという気になるくらい音が良いと言える、素晴らしいコストパフォーマンスの製品だと思います。主にゲーム用にと思い買いましたが、ややドンシャリ気味で派手目の音質は期待通りゲームにぴったりです。数千円で買えるオープンエア型の製品としてはとても素晴らしいと思いますが、前述の通り、装着感によって評価が分かれる製品だと思います。私はこの包み込まれるような装着感がむしろ気に入りましたが、買って後悔しないためには、一度実店舗で着けてみてから買うことをお勧めします。.

音は良くも無く悪くも無くこんなもんか~って感じでした。少し高い旧型のath-ad500xの方が音が良いです。新型の方が良いかなー、5000円ちょいで安いしな~と思ったけど値段なりでした。「ヘッドパッドの頭頂部1ヶ所に重量負担が集中し、違和感を感じ」と記載されてる方がいますが、同じです。違和感があって頭の頂上だけで支える感じになるので押さえ付けられてかなり痛いです。もっと緩くしてくれたらいいのにと思いますね。頭に形や大きさによるのかな?.

アラウンド型で長時間使える解放型って実はあまりないんですね。ipadで聴くのに手頃で良いです。音は値段なりかな。惜しむらくはケーブル長過ぎ。.

主に電子ピアノ用として利用するため、大人も子供も事前の調節なしに装着出来るフリーアジャスト機構を備えたオーディオテクニカのヘッドフォンの購入を検討。当初は評価の高いath-ad500xを第一候補としたものの、以前に比べ値上がりしているうえケーブル直出しのため耐久性にやや難が有るとの話しも耳にしたので短いスパンでの買い替えも考慮し、同じ53mm径のドライバを採用しながらも幾分手頃なこちらを選択。使用開始直後は高音が若干キンキンしていましたが、少しエージングしたら落ち着きました。オープン型で聞き疲れしにくいうえ肌触り抜群なベルベット調のイヤパッドは蒸れも少なく長時間使用しても苦になりません。側圧もソフトで付けていることを忘れてしまうほどの優しい付け心地ですが、こればっかりは人それぞれ感じ方が異なるので購入を検討されている方は店頭で試用してみることをオススメします。電子ピアノ等楽器で利用するにはケーブルが少しばかり長すぎる感があるので耐久性と使い勝手の向上を図るためにもオーテクが積極的にリケーブル対応してくれたら…とか、付属のステレオ変換プラグアダプタがねじ込み式だったら良かったのに…などの要望はあるものの、変な抑揚や味付けが施されていない素直な音で使い勝手の良いヘッドフォンだと思います。.

通常使用ではそれほど評価する音ではないですが、イコライザーやトーンコントロールにて、隠れていた真実の力が出てきます。多分多くのもので低音を下げて高音を上げると良いと思います80時間程度エージングにかかりました高音質で評価が高いヘッドホンは高解像度であって、最初聞いたときは解像度の高さに驚いたりしますが、同社であればart monitor ath-a2000zなどー高解像度・音の分離・適度な残響など評価すべき点は多いですが・聴き込んでいけば現実の人の声や楽器の音とは違うことに気付きます人は高解像度であり人工的といってもいいような音のほうが、音が良いと感じやすいようですこのヘッドホンはイコライジングが必須ですがリアルな音を再現できます現実の人の声に聞こえますstaxなど非常に評価の高いオープン型の機種を聞けばわかるように、人工的な音・金属的な音・高解像度すぎる音とは違い、現実の声・楽器とは、かけ離れた音はしませんやたらと高い解像度で現実とはかけ離れた音によるものではなく、リアルな楽器の音を求める人に向いてると思います。上流を調整すればath-ad1000x とほぼ同等の音がしますただ残念なのは装着感がやや悪いです写真はイコライザーの一例です人それぞれ上流は違うので参考程度にしてください.

休日前はよく夜更かして溜まったビデオを見ますが、結構重宝しています。音もそれほど悪くないです。.

特徴 オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava500

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:700mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:開放型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):15Hz, 周波数帯域(H):27000Hz

音質を語れるほどの耳は持ち合わせていませんので装着感のみのレビューですが、オープン型・ベロアーパッド・ケーブル片出し価格は抑え気味に・・・・私の好みで以上の条件により検討結果、本機種を購入イヤーパッドの形状が耳上部に重量負担のかからないテーパード型側圧は弱め・・・タイトルの通り耳にはやさしいと思います。しかし、私の頭が尖っている方だとは思いませんがヘッドパッドの頭頂部1ヶ所に重量負担が集中し、違和感を感じ長い視聴に苦痛を感じます。もう少し奮発して、ヘッドパッドが左右に分かれているath-ad500xにすれば良かったかなと思っています。頭や耳の形等は千差万別なので、実機を装着してみてから購入しなおしたいと思います。.

まず付けた瞬間のフィット感が心地よい。肌に当たる部分の素材が良い。長時間つけていても外すまで違和感を感じない。よくある合皮的なすぐボロボロになるあれとは比べ物にならないほど心地よい。店頭で装着感と音、価格で一番満足できるのがこれだった。フリーアジャストも使い勝手が良い。頭頂部気になるという意見もあるが私は気にならない。コードの長さも付けたまま行動できるので丁度よい。コードレスのように充電を気にしなくて良い。音質もこの価格なら納得、充分です。買って1ヶ月ですが、たいへん良い買い物をしたと今日も装着した瞬間に満足する。.

まず、ボーカル音が遠くから聞こえるように感じられます。そして全体的にバランスが良いです。ただ、個人的にはもう少しだけ低音があると良かったなぁと思います。耐久性は、ケーブルがリケーブルできないので少し怖い。デザインはもちろん良いっすね。装着感は人それぞれですが、自分は良かったです。.

ベスト オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava500 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.