Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン メタリックレッド Ath-Ckr50 Rd – 自分の好みの音

期待以上の良さです。奥行きのある音色が印象的。ピアノソロではピアノの音の一つ一つがしっとりしているかのよう。アクション映画などスケールの大きなシーンではイヤホンとは思えない振動感のあるダイナミックな低音が鳴ります。他のレビューの通り、高音はキンキンして、かなりキツいものがあります。スマホのイコライザで対応しました。高音の欠点を差し引いても後悔しない、高級な音です。※追記 他のレビューにある通り、数日で高音のキンキン感はかなり薄れました。エイジングの効果なのかもしれません。.

正直ドンシャリです。が、解像度は高く楽器一つ一つがクリアで、こもった音とは無縁です。好みに寄ると思いますが、私好みの音で★五つです。色々聞き比べしましたが、この値段域では最も良いです。ケーブルはねじれやすいのが欠点。但し、耳には嵌めやすくフィットします。.

それぞれ自分の好みはあると思うのですが、じぶんが電気屋で視聴を繰り返して見つけた自分の好みの音の出方のするものです。ただ、個人差なのか、製品差なのか、気持ち左右で音量?の違いなのか若干ですが、音の中心が右に寄っているように聞こえる。.

Ckm500からの乗り換えです。購入は量販店ですが、どうしても伝えたいのでここでレビューをさせていただきます。ckr50もckxシリーズらしい高い性能に加え、シンプルながら質感のいいデザインがあります。長いのは面倒でしょうし、まず総論①といきます。【総論①】買いです。ckr70より買いです。ckr70は数字での性能にステータスが寄っていて実際の音は実は微妙です(※個人の意見です)。サブとしても使えそうな値段ですし、メインとしても耐えうるチカラを持っています。視聴コーナーで「さとうきび畑」がたまたまプレイリストで流れてきたのですが、本当に感動しました。音質どうこうっていうのではなく、再現度とかそういう次元でしょうか、昔見た風景が脳裏に浮かびました。airですらここまでの感動はなかったです。探していたイヤホンにドンピシャでした。【高音】オーディオテクニカのイヤホンとだけあって高音が非常に得意です。とはいえやはりckxシリーズにあるような、主張の強い高音です。【中音】高音・低音に比べると少しお留守ですね。ただ不自然なほどボリュームが小さいなんてことは無く、一応のまとまりがあった上での音量です。イコライザで調整してあげるとよく聞こえるようになりますが、音自体は結構クリアで芯があるかなーっと思いました。【低音】こちらもオーディオテクニカらしくしっかりした低音。迫力があるんですが、ただでかい音がなるだけじゃなくて、ボリュームの中に繊細さもあります。【音場】イヤホンなのであまり音場の広がりは求めていませんでしたが、低音の広がりにすこし欠ける面はあるかもしれませんね(イコライザーの影響もあります)。実際に聞いていただいた方が早いとは思いますが、無くはないけどんー?って感じかな。イヤホンとしては充分ですが、普段オーディオテクニカのairで音楽を聴いている人間からするとちょっと物足りなかった。音性能はかなり好みが別れると思います。総論としては「非常にオーディオテクニカらしいイヤホン」です。いわゆるドンシャリ系の代表格とでも言えましょうか。まあ無理に高音と低音が強い訳では無いので、イコライザでちょっといじってあげると素直に聴きたい音を出してくれるようになります。【デザイン】デザインに惚れて即決しました。私は赤が好きなのですが、ckr50の綺麗な赤を見ているうちに購入を決意しました。ハウジングは樹脂か何かで出来ているようですが、金属感があり安っぽさは微塵もないですね。ただやはりここで好みが別れるのがハウジングの大きさです。12mmドライバは音質には非常によく貢献してくれるのですが、いかんせんインイヤーレシーバー用のドライバとしてはデカいので囲いであるハウジングが大きいです。特に女性はハードルが高いと感じる方も多いかも。逆にckxシリーズに慣れている人は「ckxシリーズらしい」と感じるかもしれませんね笑【その他】まずすごく嬉しかったのが、収納用ポーチが付いてきたこと。知らなかったので、開封の儀のときに舞い上がってしまいました。まあ所詮付属品なのでそんなにお高いものではないんでしょうが、ノベルティとしては上々です。多分半年くらいは使えるかな。(オーディオテクニカファンとしてはこういうのがあるだけでも本当に嬉しいです)あとあんまり商品には関係ないですが、イヤピースの梱包がちょっと面白くて、パウチみたいな粗野な入れ物じゃなくて、ちゃんとしたプラスチックの入れ物にぴっちり入っていました。持ち運ぶことはないでしょうが、ケースとして自宅での保管にピッタリです。【総論②】これまでのレビューを総括しつつもう1度総論とします。先刻も申しましたが、「オーディオテクニカらしい音」です。これはやはり好みが別れるポイントです。ただ音作りには非常にこだわられているようですし、イコライザにもしっかり応えてくれる素直さがあります。イヤホン選びで迷われている方、ハイレゾもいいでしょう、バランスドアーマチュアもいいでしょう。でもノンハイレゾでダイナミックのckr50も一度試聴してみてください。イヤホンについて、ちょっと考えが変わるかもしれません。.

運動等の時の使用には向いてませんが、音質もろもろ最高ですちなみに受験生なので、受講の際にパソコンの向こうの先生の声がどれくらい変わるかとても楽しみです。おやすみなさい。.

個体差なのか、音の裏にホワイトノイズがする。それは個体差としてギリギリ受け入れることができるけど、音が消えてボーカルだけが歌う瞬間があるような曲だと、そのホワイトノイズが際立ってちょっと萎える。また、少し大きめの音で高音を聞くときに音が割れる。4000円弱の商品にここまでの不備があるのはおかしい。品質管理が杜撰だということはわかった。オーテクはもう買わないかなあ。音に関しては解像度低めかなと感じた。総評としては値段ほどの価値はないが、デザインを重視して気に入ったのであれば購入すればいいと思う。イヤホンとして4000円弱の価値は無い。.

これは中音がとても気に入っています。中音だけでなく高温も低温もいいです。.

1個目が片方音が聞こえなくなり(6カ月)買え変えたがちょっとのストレスで切れた(3カ月.

利点と欠点

メリット

  • 高級な音質の良コスパ商品!
  • 良き買い物でした
  • 音はいいが

デメリット

ベスト オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン メタリックレッド Ath-Ckr50 Rd レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.