Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン オレンジ Ath-Ckl220 Or – リピしました!

低音はあまり出ず、全体的にバランス良く聞きやすいのかなと思います。自分は以前使っていたイヤホンではedmなどの曲を聞いていたのですが、このイヤホンでは低音のパンチに物足りなさを覚えました。が、こちらのイヤホンはオーケストラなどが聞きやすいという印象です.

デザイン…最高音…ごみくず。二度と買わね。これで「オーテク最高」だとかいうやつに言いたい。ベースがはっきりしていない音に最高と言うお前は音楽的にくずだと。他のオーテクはいいだろう。.

以前、店舗で購入したんですが故障してしまい違う物購入。2種類くらい違う商品を使用したんですがやはりこれが音質が良いのでまた購入したくて店舗に行ったんですが売り切れてたのでアマゾンで購入しました(^ ^)この値段で1番良い音質だと思います(*^^*).

色が可愛いし、コスパ良しなのでリピート買いしました。.

良い点は耳にフィットする所と、左右の色が違うから右左を間違えないこと。それだけです。音はペラッペラで、どのジャンルでもダメです。そのうちイライラしてきます。これなら百均のほうがましです。.

以前使用してたイヤホンが、片方の音が出なくなり、同じのを購入しようとしたが、何故が定価より倍になっていて、買うのを断念した。同じメーカーのこちらをお店で購入。形は違うが、今まで使用してたイヤホンと音がそんなに変わらず、良かった。しかし、長さが1. 5m)と余りにも差がある為、当然ながら短く感じる。また、度々、耳に合わないのか、イヤホンが耳から外れてしまう。慣れる迄、時間が必要だ。【追記】このイヤホン、コードが絡むと、固結びみたいになり、中々、解けず、解くまでに、時間が掛かってしまう。やっぱり、いつものにしよう。.

いつも使ってるイヤホンのサブとして買いました。音が悪いとか言っている人はいるけれど、そこまでは悪くないと思います。でも良くもないです。とくに低音は…まぁサブぐらいなら良いかなって感じです。低音を気にしない人にはデザインも沢山あるし良いと思います!.

他のイヤホンとの併用で半年以上使ってますが断線してないので耐久性はいいと思います。音質は正直酷いです。音楽を楽しみたいならあと1000円でも出していいやつを買った方がいいです。シャカシャカして聴こえるし低音が綺麗に聴こえません。通話目的とか音楽聴くこと以外に使うなら十分だと思います.

利点と欠点

メリット

  • 値段が安い割に1番良い音質だと思います(^ ^)
  • 良い
  • リピしました!

デメリット

子供に買ったのですが、色がとても気に入ってるみたいです(*^o^*).

毎月のように某家電量販店に通いつめて、一番好きだった音がコイツ。たかが1500円のイヤホンだが、スネアドラムの音の跳ね返りがとても効いてて楽しい音。バスドラムやベースの音は小切れよく、ボーカルは艶はないが聴いてて嫌味のない音。高音、特にシンバルの音は情報量が多く強調された感じだが、汚くなくクリアでしびれる(?)音。要するに安物に多いよくあるドンシャリサウンドだが、私の好きな音。デザインも、塗装が剥げるような素材を使っていないので、長く使っても見栄えは劣化しなさそう。大したことない値段だったので即購入。色は一番ネオン感がある(と思った)ライトグリーン。満足です。.

音質は極めてフラット。でも低音域もしっかり出ます。解像度も高い。音が酷いと思われる方は「キカイ」を変えて試すこともしくは「耳鼻科」に行って下さい.

お値段以上の価値だと思います。旅行の時に手元になくて慌てて適当に安いという理由だけで買いました。フラットですが、細かい高音部も聞こえます。低音部も優しいですが、弱いというわけではありません。ボーカルあたりの周波数帯も解像感低くありません。派手さはありませんが想像以上の音質、と言えます。低音重視、ズンドコ大好きな方にはオススメできませんが、akgの702とかモニター用途のヘッドフォンの音が想像できる人には分かる音のバランスです。安い割に良いです。.

音質がヤバイです。悪いなんてものじゃありません。昔のラジオで聴いてるような感じで絶望しました。デザインが可愛かったのですが、非常に残念です。.

価格が安いのに、ほかのイヤホンと比べると音質がとても良く音が透き通っていました。 1年半ホワイトクレイジーを使ったのですが、色に飽きたのと、コードの部分が汚れてきたので今回ブラックを購入しました。結構気に入っています!安いのを探している方にお勧めです!.

カラーもイメージ通りでしたし、値段の割に音も良かったので満足です。.

耳にキンキン突き刺さる感じでまともに聞いてられないです。こんなに酷いのは初めて。.

子供の使っているのを借りてみた印象です。先ずは左右のバランスが悪い。自分の耳が悪くなったのか?ユニットの中に何か詰まってるのか?もしかしたら片側を壊して断線しかけているのかも知れません。シャカシャカして聞き難い。モスキート音が聞こえないオッサンの耳にも突き刺さる高域。しかもドライバユニットの小ささのためか?中低音が弱いので、さらに高域が突き刺さり聞いていて疲れます。たぶん、色が気に入って買ったのだと思いますけど、この音質が普通だと思われたら問題です。.

特徴 オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン オレンジ Ath-Ckl220 Or

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:200mW
  • タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):20Hz, 周波数帯域(H):23000Hz

以前使っていたのがデザインだけを重視したものだった為か価格にも、デザインにも満足しています。セーラームーンヘッドホンよりは格段に音がいいです….

Ath-c505からカナルに乗り換えようかと思って購入しましたがシャカシャカ音だけが物凄く強調されて重低部分は全てカットされているような感じでした。おそらくパッケージに記載されている「カラフルなサウンド」という表現はこのシャカシャカ感なのでしょう。シャカシャカが大好きな人にとってはコスパ共に非常にいいとは思いますがバランスが欲しい人や重低も多少欲しいなら選択肢としてはやめておいた方がいいでしょう。新しいものに目移りせずにath-c505しておけばよかったと勉強になりました。.

シャリシャリな音です。たぶん音が出るところの穴がy字に開けられてるので音量も他のイヤホンより若干小さめだし、音質は良くないのでしょう。単色もありますが、いつもlとrがわからなくなるので左水色、右ピンクとわかりやすいのは◯それだけで買ったようなものなのであまり音質にこだわらない人向けですね.

最初聞いたとき、しゃりしゃりした感じで今ひとつかなと思ってましたが、イヤーパッドを耳穴に合わせると、低音もよくなり、満足した音になりました。イヤーパッドを自分に合うようにするだけで結構違うので、そこは十分気をつけたほうがよいと思います。.

まあ、オーディオテクニカだし、当たり前かな?安くて音がいいのは。.

音は悪くないですが、容易に断線します。消耗品と割り切れる方向けです。.

英語のリスニング学習用のイヤフォンを探して、大型家電店で聴き比べて購入しました。低価格帯のイヤーフォンですが、さすが音響メーカーの老舗オーディオテクニカの製品で品質に手抜きがありません。音がとてもクリアで解像感が高いです。ほとんど消えて聞こえにくい語尾まで聴き取れ、音声に艶を感じるほどです。低音はそれほど出ないようですが語学学習では全く問題なし。(低音を強調しないので音楽も聞き易い用に私には感じます)。低価格にもかかわらず語学の学習用には充分以上の性能で、大満足。デザインもシンプルで好感がもてます。.

ベスト オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン オレンジ Ath-Ckl220 Or レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.