Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ アクティブノイズキャンセリングワイヤレスステレオヘッドセット Ath-Bt08nc – おすすめです

語学学習用に、ウオークマンと一緒に使うために買いました。とても気に入っています。良い点:・ノイズキャンセルが、通勤電車で使うのに丁度いい。エアコンの音や車輪のガタンゴトンがかなり消える。人の声には効果が薄い。・音質がいい。ウオークマンに付属していた有線イヤホンよりちょっといいかも。・軽くて、着けていても気にならない。ネックバンドの重心が前にあるため、歩いているときに後ろにずれて行ったりしない。・ワイヤの風切り音などは今のところない。ホワイトノイズはノイズキャンセルon/offともに気にならない。・起動やペアリングが早い。・カタログどおり8時間電池がもつ。・tシャツだとネックバンドの後ろの部分だけが地肌に当たるが、肌触りが柔らか目で問題ない。・スマホとペアリングした場合、電話の通話も問題なし。ノイズキャンセルが効くので、騒がしい場所でも相手の声を聞き取りやすい。いまいちな点:・音飛びしやすい。ズボンのポケットにウオークマンを入れるとかなり音飛びする。ウオークマンのブルートゥースのバージョンがv2. 1で古いからかもしれない。ウオークマンを左手に持って歩いているときは問題ないが、右手だとたまーに音が飛ぶ。ブルートゥースのアンテナが左側にあるからかもしれない。ウオークマンを体の前面におけば問題ない。・電池の残量が30%を切るとインジケータの点滅が変わるようだが、残量がいまいちわかりづらい。以上、使って2日目の感想でした。ちょっといまいちな点もあるが、16500円ならお買い得! だと思います。以下、思ったことを適当に書きます。ウオークマンで語学学習をしているのですが、有線イヤホンだとかばんにしまっていたウオークマンを取り出してイヤホンを伸ばして。。がめんどくさくて、通勤電車の中でついつい他の事をやってるうちに会社についちゃったりしてました。このイヤホンはいつも首にかかっているので、やろうと思った時にすぐに学習を始められてかなりはかどっています。買って良かった (~^ ^)vノイズキャンセルの効きは、ウオークマンのnw-s774やnw-s14の有線イヤホンでノイズキャンセルレベルを+4にした時と同じくらい。電車内ではかなり騒音が消えます。ただし説明書にも書いてありましたが、話し声など300hz以上の音には効果がほとんどないようです。音飛びが少し気になりますが、電車の中でウオークマンを手に持って体の前面で常に操作するような環境では全く問題なしです。が、秋葉原の量販店y*で試聴したところ、ブルートゥースv2. 1のウオークマンとペアリングすると、周りにブルートゥース機器がたくさん置いてある環境だとちょっと離しただけで音飛びします。ブルートゥースv4. 1のスマホとペアリングすると音飛びは改善しました。しかしこのイヤホンのブルートゥースはv3. 0でちょっと昔の規格。。バージョンアップしないかな。最後に、量販店y*で他社の機種(ワイヤレス+ノイズキャンセル+ネックバンド型)も試聴してみたので書いておきます。b*s* qc30 : ノイズキャンセル能力はぶっちぎりで高い。値段も高い。音飛び全くなし。展示品の左のイヤホンにノイズが乗っていたのが気になった。j*l エベレスト e*i*e 100 : ノイズキャンセル、音質は本品と同等。音飛びは本品よりまし(ブルートゥース v4. 0 )。ネックバンドの重心が後ろにあるのと、鎖骨に当たる部分のプラスチック感が気になった。電池の持続時間が6時間とやや短い。.

説明が難しいのですがイヤフォンの形状の為、耳の奥まで差し込む事が出来ません。結果、外からの音が聞こえてしまう状態がどうしても出来てしまいます。これでは折角のノイズキャンセル機能も十分にその性能を発揮できないと思います(惜しい)カナル型イヤホンを耳奥まで深く挿して使う方は注意すべきポイントです。私はイヤーピースを変更して比較的収まりの良いものを使うことで問題を解消しています。耳の大きさに依存するため個人差があると思いますが、標準のそれではちょっと遮音性が物足りません。肝心の音質はなかなか良いと思えます。ドンシャリ系ではなく原音通りのナチュラルな音と(私は)思います。iphoneと接続すると充電残量が見えるのもgood。これで適切な充電時期を知ることができそうです。このヘッドセットを使っていると首にかける本体部分がbluetooth接続時に青く光るようで、夜とかは目立つこと請け合いです。ただ、この形状のおかげで歩行時のタッチノイズはかなり低減できていますので一長一短でしょうか。.

Sony カナル型 mdr-ex31bn/bを通勤中に強風で飛ばして紛失しての買い換えです。首にぶら下げる形式の機能性はmdr-ex31bn/b よりずっと向上した使い勝手は良い印象です。ただ音飛びがあり、音質は私の好みではSONYmdr-ex31bn/b が良いです。ノイキャンはどちらも期待外れです。イアピースのフィットにもよるかもしれませんが、ほとんど効果無し?がどちらも正直な印象としてあります。ノイキャンのスイッチの切れ忘れがあり、これは何とかして欲しいです。ですので、値段がこれで1万円前後なら☆は4つです。 ただ、他に優れた製品も見当たらないので、この辺がこの製品ジャンルの限界なのでしょうか。 欲を言ったらきりが無いですし、メーカーさんも必死の作品でしょうからあまり批判もできません。.

ノイズキャンセリングの効きが悪いとのレビューも多々有りますが、個人的には充分だと感じます。電車・バス内のモーター音やエンジン音はちゃんと消えますし、不便の無い程度にアナウンスが聞こえます。これ以上効かせると不便だと思います。nc機能が単独でon/off出来るのも便利。気になった点は、bluetoothの接続性が弱い。電車・バス内では問題ないのですが、駅構内やコンコース、賑やかな市街地だと電波環境が悪いのか途切れ途切れになります。sony製のbluetooth機器では感じたことの無い不安定さが有ります。なので-1点です。.

9ヶ月ほど、ジムでiphoneに繋いで使用。音飛びなし。バッテリの持ちも良いです。音質については十分良いと思います。無線のヘッドホンも試してもいいかも. と思うほどに。ノイズキャンセリングは普段は使ってないのですが、値段を考えたら推して知るべしでしょう。操作自体、ボリューム以外は首元よりもiphoneいじっちゃうんで問題なし。しかし、無線ってほんと楽ですね! 今後、安いのとか高いのとかにも手を出してみようと思います。.

Ath-bt08ncこれは名機です。ネックタイプの走りだったと思います。引っ越しをして通勤時間がふえたので、その時間を有効活用するために語学を始めました。このノイズキャンセラーはかなり有効だったと思います。また、充電を忘れても有線モードで使えたのもかなり良かったです。問題は汗でスイッチ周りの接触が悪くなったり、つい1ヶ月前には、断線しました。同じものを買い足そうかと思いましたが、色々調べて別のを買うことにしました。.

Bluetoothでノイキャンっていうのに魅了されて買いました。が、iphone5sで使用するとハンズフリー操作後、音飛びします。また、bluetoothなので仕方ないですが、ノイズが再生時、常に発生している。音質も微妙だし、ノイキャンもそこまで良くない、音切れもよく起こる。あと、電源をつけてる間ずっと操作部のところが青く光ってちょっとダサい。総じてオススメできません。.

購入前に同じaudio-technicaのath-cks77bt(ノイズキャンセリングなしのwireless headset)を購入して2週間ほど使っていました。それがとんでもなく便利だったため、更にこれにノイズキャンセリングなんてものがついてるモデルがあるのかと飛びつくようにして買ってしまったのがこちらの商品でした。結論から言うと、使い心地はとても良いです。ノイズキャンセリングも他の商品を知らないというのもあるのですが、それにしても環境音がスゥッ…と消え、てあっという間にプライベートな空間が出来上がるような感じで感動しました。 電車の音は完全にはカットされませんが、気にならないレベルまで激減します。 ピアニッシモ(小さな音)で始まる繊細なクラシック音楽やなんかも、これなら電車や街の喧騒の中で聴く気が起きます。音質も凄く良いわけでは当然ないですけれど、思っていたよりもずっと良かったです。 低音が強調されすぎるような事もなく、満遍なく全部の帯域がそれなりに鳴る、という感じで聴きやすいと感じました。悪い点は、ath-cks77btと比べてbluetoothの届く範囲が狭いように感じるところです。 例えばath-cks77btだと部屋にipodなどを置いて、その部屋から出ても家の中ならbluetooth接続が途切れてしまうことはなかったのですが、こちらの商品ですと隣の部屋の、ちょっと遠いところまで行くと途切れ途切れになってしまいます。また、bluetoothのレシーバー兼コントローラーから伸びているイヤホンの線が思ったよりかなり細かったです。 これはもしかしたら、本体の寿命云々の前に断線を起こすかもしれないなぁという不安があります。 外によく持ち出す人の事も考えて、この辺はもう少しだけ丈夫な作りにして欲しかったと思います。以上ですが、基本的には満足しています。ノイズキャンセリングやワイヤレスイヤホンを初めて試そうという人には自信を持ってお勧めします。.

利点と欠点

メリット

  • 語学学習用に
  • 半年弱使ってみました
  • 悪くはないけど物足りない ※追記あり

デメリット

なぜかオーディオテクニカはノイズキャンセリングスイッチがイカれます。そして、ここ数年のモデルはすぐに断線してしまいます。何度も痛い目にあってきて、修理代もバカにならないので同メーカー5個目のこの商品は丁寧に扱ってきたつもりでしたが、1年経過時にノイズキャンセリングスイッチがイカれ、2年経過時に左耳音声が途絶えました。音質が好みだっただけに非常に残念ですが、二度とオーディオテクニカは買いません。.

正直、bluetoothは期待していなかったが、これは一定の音質を十二分にクリアしていると思う。低音がしっかりと出ている音質が好きなので、solid bassのath-cks77btと悩んだが、長時間のリスティングにはこちらの方が疲れなくて良い。空間の広がりも低音もこちらの方が心地いい。肩掛けの構造も後発だからか改良されている感じがする。(ズレたりしない)ノイズキャンセルはboseのquietcomfortとは比べものにならないが、それでも曲を再生すればノイズは充分消える。電車などの普段使いであれば問題無いと思われる。ハンズフリー(iphone6使用)は、音を拾い過ぎるくらいにマイクの感度が良く相手にも聞こえやすいとのこと。ワイヤレスはまだまだ発展していくかもしれないが、5年は使えると感じられる程に満足度が高い。.

ブルートゥース型のイヤホンで、電車に乗った時のキャンセリングはしっかりしています。音もいいです。しかも軽いので持ち運びにも便利。ただコードが細いので、イヤホンと本体との接続部分のところが耐久力があまりありません。私の場合、中の線が見えてきたので、慌ててセロテープでカバーしておきました。以前に買ったオーディオテクニカの製品も断線したので、ここは改良の余地があると思います。.

屋外で向かい風の際、風切り音がうるさい。ノイズキャンセリングをoffにすると、かなり改善される。秋葉原(特に電気街口北側の広場)通過時に、bluetoothの接続が断続的になる。それ以外の通勤圏では概ね問題無し。ipod touch 5th とペアで使用ipodをリビングに置いたまま、玄関に行くとbluetoothの接続が切れる。ノイズキャンセリングについては、効果は完ぺきでは無く、高音系は漏れこんでくる。音楽が鳴って居ると電車の車内のアナウンスは何か言って居るなーと言う程度。空調の音や走行音はかなり抑えてくれる。充電でマイクロusbの端子カバーを開け、向きを確認して差し込むのが面倒。qi (ワイヤレス給電)とかに対応してたら便利だが、サイズからして無理だろうか?.

一ヶ月ぐらいノイズキャンセル機能は壊れました。そして半年で片側接続不良になりました。.

最高だね〜すぐ電池が切れるのは?あと音切れはたまにまります。.

半年ぐらいで充電が出来なくなりました。そもそも充電プラグの差込口の形状が悪いためかうまく充電できないことが購入当初から多かった。形状も携帯に向かない。バッテリーの持ちも悪い。今はこの製品の三分の一くらいの値段のbluetoothイヤホンを使ってますがそちらの方がよく出来ています。.

実物を見てから購入したのですが、やはり日常的に使うと、接続を確認するライトやそのものが結構目立つなと感じました。また、音漏れが気になってしまい、朝の電車などの混雑した状況での使用が躊躇われたため使わなくなってしまいました。.

ノイキャンの効きは確かにboseほどではないですが、機内でも何ら問題なく実用になりますね。コードから解放される方を選ぶならこっち、絶対的なノイキャンの効きを優先するならbose、です。ウォークマンとのbt接続も、ウォークマンを胸ポケットにいれてあれば、音切れはほぼないです。勿論過度に無線が飛び交っているところでの、ある程度の音切れはbtの性格上やむを得ないので、そこは突っ込んでもしょうがないでしょう。.

特徴 オーディオテクニカ アクティブノイズキャンセリングワイヤレスステレオヘッドセット Ath-Bt08nc

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:10mW
  • タイプ:ネックストラップ(カナル), ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:Bluetooth, インターフェース:Bluetooth
  • 周波数帯域(L):20Hz, 周波数帯域(H):24000Hz

メーカーより

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

新装着スタイル・先進機能を備えた革新的なBT/NCイヤホン

オーディオテクニカのノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothイヤホン「ATH-BT08NC」は、同一カテゴリの他製品とは違うポイントが随所に見られる、実にユニークな製品だ。

まず、装着方法だ。「ウェアラブルネックバンドデザイン」とネーミングされたそのスタイルは、丁度ヘッドホンを首にかけるように、緩やかなカーブのネックバンドを首元に載せるかたち。ネックバンドの両端にあるBluetooth送受信部/電源部から左右のイヤホンが伸びる。

左手側には電源ボタンや音量調整、NC機能のON/OFFスイッチなどが設けられており、首にかけたままスッと操作しやすい配置。ハンズフリー通話利用でも首もとにマイクがあり音声を拾いやすく、よく考えられた構造であると分かる。

ケーブルも付属しており、バッテリーがなくなっても通常のイヤホンとして使うことが可能だ。

そしてATH-BT08NCは、イヤホンでは珍しいノイズキャンセリング対応モデルでもある。マイクは左右イヤホンのハウジングに内蔵。ハウジング外側に集音マイクを配置するフィードフォワード方式を採用しており、騒音カット率は90%にものぼるという。航空機用変換アダプターも付属するので、出張時などにも活躍してくれるだろう。

iPhone 6とペアリングしてBluetoothのワイヤレス接続で試聴してみた。ダイナミックドライバーの特性を活かしたスタンダードな高音質。空気感を持たせて響かせる豊かな低音に、高域までしなやかに伸びるナチュラル志向のサウンドで、例えば宇多田ヒカルの『Automatic』では空間のスケールを出しながら重低音の量感を出しつつダイナミックに鳴らす。楽器やボーカルのアタックの優しさは実にオーディオテクニカらしく、アニソンやJ-POPは男性/女性ボーカルとも癖なくフラット。繊細な音再現性も持ち合わせるため、クラシックやジャズは大得意だ。

そして、ノイズキャンセル機能をONにしても、OFFの状態と比べて音質差が極めて小さいのは本機の美点だ。

実際に電車に持ち出して使ってみた。走行時に響く重低音の騒音をカットし、静寂空間を作り出す効果は十分。音楽リスニングはもちろん、スマートフォンで映画やアニメを見るのにも、セリフが聞き取りやすくなりオススメだ。

  • このレビューはPhile-web所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事URL:http://www.phileweb.com/review/article/201504/17/1603.html
  • 文:折原一也
  • 執筆日:2015年4月17日

買った当初から弱そうなコードのイヤホンだとは思っていましたが、二年(購入が2016年1月、破損発見が2018年2月)してとうとうゴムに亀裂が入りました。生活仕様での屈曲に耐えられなかったのか、素材自体の問題か分かりませんが、なかなか高い買い物です。そうならなければ悪くなかっただけに、残念ですね。.

もともと遮音性が低いのも理由かもしれません。音はワイヤレスではよい方だと思います(低音は控えめ、出力大きすぎ)。ノイキャンの電源と本体の電源が別にあるので、消し忘れがよくありました(過去形なのはもう持っていないからです)。.

使用して2週間くらい。主に電車通勤で使用。単にコードレスのイヤホンがほしいと思ったけど、そういえばncってどーなんだろうと思ってまあ、値段的に許せるこのイヤホンを購入。ncは意外にイケる。通勤中、こんなに静かになるんだと正直驚いた。会社の昼休みの昼寝にもncのみ使用している。音も全然悪く無い。携帯がaptxに対応しているのでそのお陰かもしれない。アームは肌に直接付ける内径っぽい。襟の上からって感じじゃない。まあ、服の上からだと夏や冬でおかしな事になるからよく考えれば首に直接という感じになるのだろう。別に問題ない。たまに鞄に入れている携帯と接続できない事があるので-1だが、それ以外、不満はない。まあ、イヤホンは消耗品等で3年くらいもってくれれば十分。.

ケーブルのタッチノイズは色々工夫しましたが、やはり気になります。アダプタはピッチ変えられます、堅いですが。全体的には、概ね気に入っています。.

ワイヤレスは初めてなので不安でしたが、でも線が邪魔でオーディオテクニカが好きで、買ってみました。分かんない事だらけだったので感じが良いテクニカさんにtelして聞きました。凄く音質が良いです。音質が良いのは有線も無線も変わりません。.

音質かまぼこ。いくら何でも中音域強すぎませんかね、、、僕自身かまぼこ派なのですが、流石にイコライザーで中音域を落としました。まあ最低限の低音と高音は出てるんでいじれば何とでもなります。追記:色々いじってみましたが、音の傾向としては1khz以下が盛り上がっているのに1. 5kから3khz辺りが小さいようです(測定はしていないので聴覚だよりですが)そこを大きくすれば結構クリアになりました(個人の感想)ドンシャリやフラット好きではないので参考程度に、、、有線音量が大きすぎる、、、無線で使うために抵抗を小さくしてるのかもしれませんが、スマホだと音量最小+音量調整アプリで限界まで音を小さくして少し大きい音、と感じました。無線切れることはなく電池持ちも悪くないので十分かと。田舎なので干渉する電波がないせいかもしれませんが。ノイキャン遮音性がかなりひどい、、、イヤーピースの問題というよりは、イヤーピースの後ろに広く空間が出来てしまうのが問題。対策として自作イヤーピースを試してみようと思っていますがまだ確かめられていません。アクティブノイズキャンセリングはそこそこの力。独特の嫌なノイズが少ないので耳は痛くならず良いと思います。が、boseのようにそれ単体で活躍できる程の力はないのでパッシブのサポート程度になるんではないでしょうか。音楽を邪魔する様子はありません。追記:イヤーピースをはめる部分の後ろ辺りにある通気口を塞ぐと遮音性が大きく上がり、音質が変化します。音量自体も大きくなりますが、特に低音が大きくなります。装着するときにドライバの変形する音であろうクチャという音がすること以外は気に入りました。外部にテープを貼るだけなので電波法違反にはならないでしょうし。しかしこの状態では遮音性が上がりすぎてノイキャンが逆効果になります。使わなくとも低音域における遮音性は十分ですが、使うならマイク部分を覆う等、ノイキャンを弱める工夫が必要そうです、、、総合欠点を多く言いましたが、長所もたくさんあります。そもそもnc+btがついてそこそこの音質で有線にも出来て15000円ってめちゃくちゃ安いんです。総合的に見て、音にはこだわらないけどとりあえず普段使いにそこそこのものがほしい人、全部のせに魅力を感じる人にはとてもコスパのいい買い物になると思います。逆に、ノイズキャンセリングに期待をしてる人は大人しくboseやsonyの30000円くらいのを買った方が良いと思います。オーテクらしい、尖ってもないけれど丸すぎもしないイヤホンになってると感じました。.

時々音が途切れる(つなぎ直すと直る)分マイナス1だけど、bluetoothの中では音質はかなりいい方だと思います。ノイズキャンセリングも思ったより効いてる!.

購入してしばらく経った感想を述べたいと思います・高〜中音域がハッキリ出る感じなので、「低音域の響くような音を感じたいねん!」という方にはちょっと物足りない気もします。そんな私は低音域大好き人間なので、物足りませんでしたiphoneのイコライザを変えてもあんまり変わらなかったので、イヤホン自体に機能がないのだと思います・有線、無線どちらにも対応してるのはとても便利ですたとえば、飛行機の中などはbluetoothの使用が原則禁止なので、有線にすることでフライト中も音楽を楽しむことができますただ気になるのは、この有線にするためのコードが壊れた時にどこで買えるのかということですねメーカー問い合わせになるのか市販されているのかはよくわかりません・ノイズ除去機能があるのですが、これは素晴らしいほど力を発揮してくれてますただ欠点としては、ノイズ除去を起動させているとアプリによっては音自体が出なくなったりもするので、なんだかなあと感じました・値段は相応か少し高いかなと思います12/16 追記断線のような症状が出てきましたこのイヤホン、メインの部分は左側にあるので、そちらのイヤホンの根元あたりが千切れかけてる感じですかんぜんに断線するのも時間の問題かと思います耐久性がそこまでない商品なので購入される方は気をつけてください.

買って3週間のインプレッションです。まずbose q20iに比べノイズキャンセルが弱いと思いきや飛行機の中ではこれの方が圧迫感が無く気持ち良く使えました。今の所唯一の問題はバッテリーが30%以下に落ちるとブツブツと bluetoothが途切れる音が聞こえ始めるのが不快です。欲を言えば0%近くまでしっかり使いたいです。今の所トータルで7割ぐらいの満足度です。.

三年前34000ほどで買いました。音は聞きやすくなってはいるもののbluetoothなので有線のイヤホンの音には負けます。iphoneの画面に充電残量が出るのもgoodです。でも30000円払うんなら他のイヤホン買えばよかったと思っています。今の値段ならお買い得だと思います。.

”ノイズキャンセリング機能付き”プラス”bluetooth付き”のイヤフォンというのは結構あります。それらと決定的に違う便利機能が”有線接続が出来る”という点だと思います。これは本当に便利です。bluetoothのイヤフォンは充電する必要がありますが、イヤフォンの充電が無くなってしまった時、これを使って接続できます。また、飛行機などのbluetooth接続を禁じられている空間での使用も可能になります。飛行機に乗るまではbluetoothで、飛行機では有線でという使い方ができます。飛行機もノイズが多いので、ノイズキャンセリング機能が非常に効果を発揮しますよ。しばらくオンにしたあとオフにすると、飛行機ってこんなにうるさいのか!?とびっくりします。つまり・・・普段電車に乗ることが多く、飛行機にも乗ることがある、という人には最適なイヤフォンということです(^^).

航空旅行用に購入。ノイズキャンセル機能と音質についてマイナスポイントです。ノイズキャンセル機能についてはちょっと効いてるという程度です。音質は軽く低音はあまり感じられない。注意深く聞くと低音があるかなという感じです。.

正直高い買い物でしたが、低音もしっかり鳴るし音質もいいので、それに見合うものではあったと思います。首周りもすっきりしていて全く邪魔になりません。ノイズキャンセリングは、効果としては中の中という印象。遮音効果に重視を置くなら普通に遮音効果の高い設計をされている有線イヤホンを買われた方がいいと思います。ただ、一回無線でこれだけのクオリティを体験すると、なかなか有線イヤホンには戻れないと思います。jaybirdx2と同時購入しました。軽さや装着感を考えるとx2に分がありますが、音質の差を考えると、圧倒的にこちらの方をオススメします。.

夏場、ヘッドフォンじゃ暑い。コードの短いヤツじゃバッテリーの持ちが良くない。丁度その中間に位置するような形なので試しに購入。tシャツだと首掛けのところが肌に直接触れます。慣れるまでちょっと違和感があるかもしれません。首の太い方だと、締め付け感も否めません。私の場合、ポロシャツの襟に本体を隠して使用するスタイルが気に入っています。ネックバンドが細いので、ネクタイしているyシャツでも使えると思います。私はネクタイをしない生活なので保証はできませんが。コードが首掛けの中間あたりから出てたらいいのになと思ってましたが、上記の理由から先端から出ている方が良いですね。もっとダラッと垂れて邪魔になるかと思ってましたが、なりませんし。本体から伸びているコードですが、垂らしたナリで耳につけると頬に干渉します。イヤホンを耳に持っていくときにクルッと一回転、各外回りに回せば大丈夫です。イヤーチップさえ合えば低音も十分ですし、耳から出っ張る部分も非常に少なく装着感は最高。操作方法は左本体に集中していますので、心臓に右手を当てるような格好で操作します。一番大きな丸ボタンはオーディオの電源&ペアリングボタン。電源on/offが少し時間かかるかな. 一瞬アレ?壊れた?って思います。左本体の外側のスライドスイッチがncのon/offスイッチ。大きな丸ボタンとは無関係にncを起動させることができます。ですので逆にオーディオの電源を落としてもncが起動したまんまという場合もあります。ncは比較的緩い方かな…低いうなるような騒音は綺麗に消えます。飛行機や列車内のあの音や、業務用空調機のごーって音あたりが消えますので、音楽を聴かずともncの電源だけonして熟睡できます。左本体の内側にオーディオ操作のスイッチ類があります。音量上げを長押しして曲送り、音量下げを長押しして曲戻し。小さいボタン単独で再生/一時停止ボタンと3ボタン方式です。音質は、けっこうやんちゃな音を出します…中低音よりのドンシャリです。そこそこ解像度はありますけど、高級機種ほどの広がりはありません。しかし有線と飛行機で使用するアダプターも付いていますのでお得感で帳消しです。最後になりましたが、軽いです。首にかけても重さは気になりません。マイクの感度も良く、電話もsiriも問題なく使えます。ただ音飛びが少し多いかな. 繋いですぐのタイミングとか、忘れたころにふと途切れます。マルチペアリングにも対応していますが、二機種繋げているとよく飛びます。受信距離も特殊な形状のせいか、少し短いような気がします。2万前後という微妙な価格設定に対して、安いとも取れますし高いとも取れます。機能、操作的にはコスパは非常に良いと思いますが、躯体の質感から見たら少々お高いかな. しかし通勤通学、出張などの移動の際にはとても重宝すると思います。.

他のオーディオテクニカのヘッドホンと比べて、solid bassの機能が無いので、重低音が拡張されてなく聴きやすい。iphoneの画面に電池残量が確認できるのも良い。ただ、コントローラの一番いい場所にペアリングと電源の入り切りの時だけ使うボタンが鎮座しているのが欠点、そのためよく使うと思われる再生とボリュームのボタンが端にあります。.

耳あてパッドは飛行機内でも音外部の音漏れを防ぎ良かったです。しかし、首元の操作パネルの操作がしにくく改善が必要。手探りでの操作難しい。.

癖のない音質で、とてもいいと思いますが音に拘る人には物足りないかと思います。(そういうマニアの方は購入しないかも?)他の方もレビューでbluetoothの音飛びを指摘されているように、最初は「使えない!」というレベルでしたが我慢して使っているうちに安定して繋がるようになりました。ノイキャンは確かにユルいですが、安全性を考えるとこれ位がいいと思います。(別にs社のmdr-nwbt20rを使用しているので比較ですが)使い勝手はこちらのほうが使いやすいのでこの頃はこればかりを使用しております、個人的な感想を勝手に書きましたのであくまでもご参考程度に・・・.

おもに、通勤電車での使用ときどき電波が途切れるときもあるが、おおむね良好。いままで普通のカナルヘッドフォンだったのでワイヤータッチの際のゴソゴソとした音が気になってたがこの製品だとそれはほとんど解消されたし、電車内の騒音もノイズキャンセルでかなり軽減されるもうちょっと低音の迫力、高音の切れがあるとうれしいが日常使いなら十分かと.

耳にちょうどフイットし、コードもじゃまにならず、とても使いやすい.

充電できずの故障で入院中です。bt/ncヘッドフォンは、4台目ですがこんなに早く故障したのは、これが初めて。断線なら取り扱いと思うが、充電機構が故障するのはおそまつ。ncは、バスで凸凹道の振動や飛行機の離着陸で、バタバタという音がしてかえってやかましい。ncのダイナミックレンジ不足で基本性能に問題あると思う。.

装着感は悪くないが、肝心のノイズキャンセリングが期待外れだった。空調の音は弱くなったが、電車の騒音や車内アナウンス等は、ノイズキャンセリングをオフにした時とほとんど変わらなかった。.

通常はbluetooth で接続、飛行機内では有線で接続できるノイズキャンセリングヘッドホンということで航空機搭乗時のために購入したのに、付属の航空機用2極プラグアダプターのギャップが航空機仕様と全然違うではないですか。使えません。ana便の一部は単極ステレオ接続ができますがjal便はほとんどが2極仕様なので、モノラルでしか聞くことができません。オーディオテクニカさん正しいアダプターを付属してください。追記:後日カスタマーサポートからの返信は「すべての飛行機が同じ規格ではないので合わない飛行機も存在します。プラグの変更対策等はありません」という返事でした。このath-bt08ncに付属のアダプターは2極間ゲージが 0. 7inch でした。ちなみに同社の他製品 ath-anc23 には機内で使用できる2極間ゲージ 0. 5inch のアダプターが付属されています。 参考までに日本航空、全日空、タイ航空、シンガポール航空で両方を試したところ、そのすべてが 0. 5inch ゲージでした。つまりこのath-bt08ncには一般的航空機では全く使えないプラグが付属しています。 あるいは私が購入した製品に間違えて混入していた可能性もありますがカスタマーサポートでは門前払いでした。このため変換プラグだけ別途購入して使用しています。.

タイトルの通りです。機能としては満足ですが、こういったものを試聴せずに買ったため、有線等に比べると音質は若干不満でした。オーディオ初心者なので表現が分かりませんが、低音があまり出ない感じです。良い製品だと思いますが、普段使い出来ていないため、星4とします。ノイズキャンセルはそもそも環境音が無くなることが気になってしまって使ってません。.

ベスト オーディオテクニカ アクティブノイズキャンセリングワイヤレスステレオヘッドセット Ath-Bt08nc 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.