AKG K845BT Bluetoothヘッドホン 密閉型 ブラック K845BTBLK 【国内正規品】 – 大満足の音

・音質大変良い。他メーカーに比べ音圧が弱いように思えるが、jblほど尖って聞こえず全ての音域が満遍なく聞こえる。(そのためボーカルは弱め) ヘビーメタルでも音が全部聞こえ干渉し合っていない。・デザイン写真で見るよりかなりごつく見える。ヘッドホンしてるぞ感というか。シンプルなぶん逆に目立つ。・遮音性かなり高い。電車ほどうるさい環境では人の声又アナウンスが曲の邪魔になるが住空間・外では雑音は感じない。ノイキャンなしとは思えない。・接続ボタン1回押しで自動接続・解除になる。いつの間にかつながってるし突然ブチッと切れるので、デバイスでちゃんとつながってるか見た方がいい。・残念なところ特にこれといった衝撃を加えた覚えはなかったが、側面の銀色の塗装が禿げた。傷っぽくなれば別によかったのだが、粘着物がついたように見えてしまう。.

K845bt white ホワイト:白モデルも売って下さい!今 akg(アーカーゲー)をふたつ所有していますが、クラシック音楽を聴くにはakgが最高だと思われます。akgはさすが音楽の都ウィーン生まれのブランドだけあって、音に不自然な色付けがなく、取って付けたようなボン突きもありません。.

実物は写真より高級感があります。今まで、ヘッドホンは安物買いの銭失いのような失望を味わったのでこれは流石です、今まで手を出していた物の2倍相当の価格なので当たり前かwヘッドアームは頭蓋の大きな頭囲58cmの私には、丁度良いです。.

Bluetoothヘッドホンが欲しく、ノイズキャンセリング別にいらないと思い、評価が高いこれにしました。買ってよかった。.

以前からakgのヘッドホンが欲しくて今回このヘッドホンを買ったのですがもう最高ですね!!まずこのヘッドホンの特徴とも言えるワイヤレスなとこですが、このヘッドホンにはnfcと言う機能がついており端末がNFC に対応していれば簡単に素早くbluetoothをつなぐことができます。あと買ってから気づいたのですが、このヘッドホンは有線にも対応しておりラグなしで音を聞くこともできるのでゲームなどラグがあると困るという方にもおすすめです。まぁ無線の意味がなくなるんですが……w音の方は…………他の方のレビューを見てください(^_^;).

スマートフォンで音楽を聴いています。低音がイマイチであったり、こもって歯切れが悪く中高域が延びなかったりする物が多いなかで、これは素晴らしい。しかも、bluetoothです。このクラスの物は、満足できるものがありますが、bluetoothなので、持ち歩きにもトレーニング中にも使用しています。スマフォも徐々にデジタルサウンドができるようになって来ていますが、その時も、直接接続もできるので、楽しみです。.

ん十年振りに高音質ヘッドフォンを買いました。どこまでもひたすら素直な音質で大満足です。低音域も素直な響き方で、音源を忠実に再現してくれます。音の広がり方はヘッドフォンとは思えない程です。最近の他のヘッドフォンの事をあまり知りませんが、他の物もこんなに良いのでしょうか?長時間聴き込んでも全く疲れない音です。ただ、やはりバッテリーを持っているので、重量がちょっと重いですね。あと、不都合はまったくありませんが、bluetooth での使用時は音量がやや小さくなる事に気が付きました。大事に長く愛用したいと思います。.

音質はかなりよく長く使いたいとは思いましたが、使い始めて1ヶ月で、接触不良が起きるようになりました。bluetooth接続をおこなうとLからは音が出るのですが、rから音が出なくなりました。イヤホンジャック接続では両方聞こえるのですがこちらも少しでも動かすと接触不良が起きてrの方の音だけがおかしくなることがありあんまり線に触れないようにしないといけないという事がありました。中が気になり見たところ線がすごく細い部分と線を固定するために固定されてた線が潰されてたりと荒い部分もあり断線しやすいのかもしれませんその点ふまえて3点とさせていただきます。音を聴くに関してすごくいいと思います次はbluetooth機能なしのを買うか検討中です。.

利点と欠点

メリット

  • ハーマンの対応が・・・
  • コンポーネントは要らないくらいの音質
  • AKG無くならないでね

デメリット

2年持たずに音が出なくなって壊れた。もうakgは買いません。.

初めてのワイヤレスヘッドホンを購入しました。おとはすごく満足してします特にいい具合に高音が出ていて、とても聞きやすいです!だがある問題に発覚特にノート pcで無線使っているとルーターが2. 4ghzだった場合音がちょくちょく途切れます。5ghzに変えると改善されます2. 4ghzだと電波の干渉によって音が途切れることがあるみたいですノートpcで接続するときは基本有線で接続することにしました総合的に少し重く感じたが、すごくいいヘッドホンです.

Bluetoothとしては、音質はいいと思う。ただし、据え置き型のアンプに開放型のヘッドホンを普段使用されているかたは、たとえ、flacなどの音源を使用して聞いても不満が残るかと。コードがないということは、室外のみならず、室内でもその便利さを実感できると思います。そのことを考えると、十分妥協できる音質ではないでしょうか。外観は質感が高く、フィット感も良好で頭がいたくなるようなこともありません。.

音は良いです。凄く良いです。でも頭頂部。申し訳程度にクッションが付いてますが、効いてません。まんま鉄板です。痛いです。とても長時間使用は無理です。我慢できないほど硬くて痛いです。しょうが無いのでタオル巻いて使ってます。.

音質は良いけど、やたら頭のてっぺん痛くなる。あと付けた時の見た目が宇宙人。.

音質は、好みでした。ただ長時間聴くと耳が疲れます。後バッテリーが、もう少しもつと良いな.

音は素晴らしいと思います。akg k545のワイヤレスモデルです。545より少しウォームかも。残念だったのは他のレビュワーの方もおっしゃっているように有線接続では問題ないのに無線接続だと左右で音量バランスが崩れる(みなさん右が小さくなるみたいですね)不具合が多々見られることです。自分は開封直後からそうだったので、ラス1だった白を返品し黒を買い直しました。音はいいのにね….

Iphoneのbluetoothで問題なく使えます。さらにパソコンにbluetooth機能が無くても線が付属されているので、有線接続が可能です。そして自分は眼鏡を掛けていますが、特に問題なく使えています。.

Akg K701との比較になってしまいますが、低音に関してはこちらの方が大きく感じました。さすがに長時間使用していると、汗でむれます。買って損はないと思います。.

特徴 AKG K845BT Bluetoothヘッドホン 密閉型 ブラック K845BTBLK 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ご好評を頂いているポータブル・オーバーイヤーヘッドホンK545のワイヤレスモデルが登場。
  • PINコード自動入力の簡単設定で、すぐにワイヤレスで音楽再生を楽しむ事ができます。
  • NFC搭載スマートホンであればハウジングトップにワンタッチするだけで簡単にペアリングします。
  • ヘッドホン本体にマイクロホンを内蔵。スマートホンとのワイヤレス接続時にハンズフリー通話ができます。
  • 遮音性を高め音質の向上にもつながる適度な側圧を低反発性クッションがソフトなフィッティングで吸収。
  • 着脱式のケーブルにより、バッテリー切れの時でも通常のワイヤードヘッドホンとして使用できます。
  • AKG独自の技術が凝縮した大口径50mm径ドライバーを搭載。
  • ドライバー本体や内部ハウジングの空気の流れを調整するポートを装備し、振動板の振幅時に発生する背圧を最適化。

メーカーより

NFC対応 Bluetoothワイヤレスヘッドホン

PINコード自動入力の簡単設定で、すぐにワイヤレスで音楽再生を楽しむ事ができます。NFC搭載スマートホンであればハウジングトップにワンタッチするだけで簡単にペアリングします。

ハンズフリー通話&リモコン搭載。

ヘッドホン本体にマイクロホンを内蔵。スマートホンとのワイヤレス接続時にハンズフリー通話ができます。リモコンも搭載しており音量調整、再生、一時停止、ハンズフリー通話の着信応答、終話に対応。

遮音性が高く快適な装着感の低反発性イヤパッド

イヤパッドに低反発性クッション素材とプロテインレザー※を採用。遮音性を高め音質の向上にもつながる適度な側圧を低反発性クッションがソフトなフィッティングで吸収。そして優れた吸放湿性のプロテインレザーにより不快なムレを軽減することで、さらに快適な装着感を実現します。

※プロテインレザーは出光テクノファイン㈱と小松精練㈱の共同開発した合成皮革生地です。

ケーブルは着脱式を採用

着脱式のケーブルにより、バッテリー切れの時でも通常のワイヤードヘッドホンとして使用できます。

大口径ドライバーのポテンシャルを引き出す独自の技術

<ベンチレーション・システム>

ドライバー本体や内部ハウジングの空気の流れを調整するポートを装備し、振動板の振幅時に発生する背圧を最適化。

<インナー・バスレフ・エンクロージャ>

ヘッドホンハウジング内にバスレフ・エンクロージャの役割を持つバスポートを装備した内部ハウジングを装備。ベンチレーション・システムと合わせて、振動板のよりスムーズな振幅に効果を発揮します。振幅の大きい低音再生時も安定したドライバビリティを実現しています。

スタジオクオリティサウンドを可能にする 大口径50mm径ドライバー

K545と同様に、AKG独自の技術が凝縮した大口径50mm径ドライバーを搭載。大口径の迫力と高いリニアリティがもたらす正確且つ精細な情報量の共存により、躍動感のあるワイドレンジ再生を可能にします。

K845BT Y50BT Y50 Y45BT
タイプ 密閉ダイナミック型(オーバーイヤー) 密閉ダイナミック型Bluetoothワイヤレス(オンイヤー) 密閉型ダイナミック型(オンイヤー) 密閉ダイナミック型Bluetoothワイヤレス(オンイヤー)
カラー ブラック、ホワイト ブラック、ブルー、シルバー ブラック、イエロー、ティールブルー、レッド ブラック、ホワイト
周波数特性 20Hz ~ 20kHz 17Hz ~ 20kHz 16Hz ~ 24kHz 17Hz ~ 20kHz
感度 102dB/mW(有線接続時) 105dB/mW(有線接続時) 100dB/mW 105dB/mW
インピーダンス 32Ω(有線接続時) 32Ω 32Ω 32Ω
対応プロファイル A2DP,AVRCP,HSP,HFP A2DP、AVRCP、HFP、HSP A2DP,AVRCP,HFP,HSP
入力プラグ φ3.5mm 4極ステレオミニ(ストレート型) φ3.5mmステレオミニプラグ(L型) φ3.5mm ステレオミニ(L型) φ3.5mm ステレオミニ(L型)
Bluetooth Bluetooth対応 バージョン3.0 バージョン3.0
重量(ケーブル含まず) 292g(本体のみ) 245g 211g 173g
付属品 <ケーブル着脱式> ヘッドホンケーブル(φ3.5mm 3極ステレオミニ ストレート型1.2m)×1 充電用ケーブル 1.3m キャリングポーチ ヘッドホンケーブル、充電用USBケーブル、キャリングポーチ 4極プラグ対応スマートホン用マイク付1ボタンリモコン搭載ケーブル 変換プラグ(φ3.5mm→φ6.3mm) キャリングポーチ ヘッドホンケーブル、充電用ケーブル、キャリングポーチ

本機は折りたたみできないが、ハウジング部をフラットにしてスペースを取らないようにはできる

拡大表示

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

Bluetoothだけど本格的なサウンドが楽しめるワイヤレスヘッドホン

iPhone 7シリーズが発売され、噂されてきた「iPhoneからイヤホン端子がなくなる」は遂に現実になった。今後その他スマートフォンでもイヤホン端子廃止は増えてくると予想される。

だがどちらにしても既存のイヤホンやヘッドホンを使い続けるには変換アダプターや変換ケーブルが必要になる。面倒だし、取り回しもよくはないだろう。

そこで改めて注目が集まるのがBluetooth(以下BT)だ。製品の世代的にも今は、BTヘッドホン/イヤホンの買い時として好機と言える。各社が作り慣れてその特性を加味した音作りのノウハウを蓄積できたからか、コーデック等は数年前と同じでもトータルのサウンドは数年前より明らかによいという製品が増えているのだ。

そこで今回は、メジャーブランド、AKGのBTヘッドホン現行ラインナップから「Y45BT」「Y50BT」「K845BT」の3モデルを紹介する。本稿ではK845BTについてお伝えしよう。

本機は、同社密閉型ヘッドホンを代表するハイエンド「K550」、それをコンパクト化した「K545」、そしてそれをワイヤレス化したモデル。

大柄な上に折りたたみ機構を備えない。また、リモコンでの音量調整は、他モデルではiPhone本体の音量設定を直接操作するが、本機はヘッドホン側のみの音量を調整。iPhone側が小音量だと本機側でもその音量を超えては大きくできない。

…と使い勝手の面では一歩譲るが、「いやヘッドホンは音で勝負でしょう!」という方にはぜひとも「だったらこのモデルでしょう!」と答えたい。

ブーミィに広がることなくスパンッとタイトに速く抜けてキレる低音は、まさにK500番台のあのサウンド。音の感触も、ややクールでソリッドな描写が持ち味。歌の息遣いであるとかリズムの微細な間であるとかまで伝える、遊びの少ないシビアな描写傾向だ。BTもここまで来たか…感がある。BTなんだけどサウンドはガチ系。そういうモデルを望む方にはこれがイチオシだ。

  • このレビューはPhile-web所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事URL:http://www.phileweb.com/review/article/201609/27/2240.html
  • 文:高橋 敦
  • 執筆日:2016年9月27日

Mk2は分かりませんが、生産終了した方のk550と比べると低音が強いです。恐らく外での使用を想定いているためであり、外で使用するぶんには低音の強さは気になりませんでした。他のレビューに嘘があるので、訂正します。ハイレゾ対応と他のレビューにありますが、スペックも見ても分かる通り、ハイレゾには対応していません。ただハイレゾを聞き分けられるだけの解像度はあると思います。解像度と言っても周波数的な解像度ではなく、クリアな音だとか空気感みたいな数字に出ない解像度です。あと、aptxに対応してないともありますが、ウォークマンと接続するとaptxで接続しますし、色々調べてみてもaptxに対応しているようです。.

Boseのヘッドホン故障・修理中なので購入。 中音の抜け矢張りいいですね。 クラシック・ボーカル共満足しています。 ちょっとイヤパッドの堅さがきになりますが許容範囲です。 AKGの音といった感じです。 全体で透明感があり、ヨーロッパ調といえると思います.

良かったと思います。私が音マニアというわけではないので、詳しく言えないのですが他の方のレビュー通りに、いい商品だと満足しています。一つだけ、私がメガネをかけているので長時間使用していると、痛くなってくるのが残念でしたね。.

Comから購入しましたが、ゴツ目な外観なこともあり、ホワイトでも十分にイケてます。イヤーパッドは耳をすっぽりと覆うタイプで、合皮ではありますが、吸湿作用もあるプロテインレザーなので、蒸れも無く、指紋ベタベタも無く、本革のようで、しかもクッション性も最高です。akgのコンパクトなタイプのような側圧の強さもなく、あくまで柔らかくしっとりと、でも、ズレることなくしっかりとホールドしてくれています。最高の装着感です。 首の後ろから装着する格好でも、ズレることなくピタッと装着できヘアスタイルを気にする場合でも使えてしまうk845bt。 3d-axis構造を採用したコンパクトタイプのような極小折りたたみはできませんが、イヤー部分をくるっと90度ひねってフラットにできる2d-axis構造のおかげで厚み6cm程度になるので、カバンにもすっと収めることができます。 さてさて、肝心の音質ですが、50mmの大きなドライバーと密閉型からくる正確な再現性は特筆ものです。楽器が精密に分離し、正確に定位し、安物では埋もれて聴こえなかった音がすっと浮かび上がるさまはまるでモニターヘッドホン。それでいて、神経質なところは全く無くて、ちゃんと楽曲全体を聴かせてくれる。音楽の楽しさを聴かせてくれる。 とにかく繊細で、かつ、きらびやかな華やかな高域は、同じように繊細で、なのに元気、かつ正確な中域と一緒にハーモニーを奏でボーカルの息遣いもそれは鮮明に再現します。ピアノのアタック音も飽和することなく、ギリギリのところで踏ん張りシンバルやハイハットの余韻も尻切れトンボになることはありません。低域を盛る安易な音作りの安物に慣れてしまった耳では、一瞬、足りない?と勘違いしてしまいそうな低域は、高域中域から自然につながるフラットなもので、ヘッドホンとは思えないほど下まで伸び、密閉型ならではのタイトで引き締まった音です。十分なドライブ感と迫力で、音楽に包まれる感覚です。 分解能が非常に高いためか、一見、音場の広がりが足りないように思えますがよく聴けば、さっと前後左右に広がる音場と、楽器ひとつ一つがしっかりと分離し目の高さよりやや上方にすっと定位するさまはさすがakgの本流だと思わせてくれます。目をつぶって大好きなbillyjoelのアルバムthestrangerを聴いてるとまるでyamahaのns-1000mを前にしているかのよう。音楽の楽しさを存分に聴かせてくれてます。  apt-xで接続するので、ケーブル接続と遜色ない音質ですし、youtubeでも遅延なく、いつかバッテリが死んでも、ケーブル接続してk545として使えばいいしで、いま、生産完了品となり在庫限りの販売となっているようですがおかげで、米国amazonでは送料込みで170ドル程度となっており、お買い得感が半端ないです。私は追加でもう1台注文しました。一番安い送料ですが、また、10日くらいで届くと思います。通勤時は、よりコンパクトに折りたためるharmankardonのsoho wireless。室内ではakg k-845bt。 ここ当分は、この2台でいけると思います。ヘッドホン難民ともサヨナラです。.

サイバーマンデーを利用して購入。さらにプライム会員向けの5%割引が適用され15000円を切る価格で購入できた。amazonにまず御礼がいいたい。旧製品ではあるが、akgはakgである。製品のマテリアルの見た目、触感は最高に近い。では音は?決してウオームな音ではないが、クリアな音質は何を聴いても疲れない。低域及び高域の伸びも心地よい。これだけの音質をコンポーネントで揃えようとすれば、何百万円の世界である。amazon ミュージックの音源で多数試聴したが、amazonミュージックをこれだけの音質で聴けるならば、まずcdは必要ない。アナログ音源をこれで聴くのが楽しみである。もちろんその場合は有線で聴く。.

以前ブラックを購入したのですが、bluetooth接続時のみ右側の音が出ない為修理を依頼しました。ところが下記のような回答があり結局買いなおしました・・・「症状の方、確認致しました。ヘッドバンド内部の断線の様です。当該破損個所は分解修理が不可能な為に、本体交換させて頂きたいのですが、宜しいでしょうか。費用につきましては、以下の通りです。 本体代金;19,130円   送料;500円  消費税; 1,570円  ∴ 計;21,200円※ 保証期間につきましては、3か月とさせて頂いております。」とのことでハーマンの対応にはがっかりでした。.

These sound better than any headphones i have ever used. The bluetooth function works great with iphone 5s, too.

身長が181cmで顔が大きく眼鏡使用なので、家電量販店で試着して一番合っていた事、bluetoothが最新(経験上スカイプと併用する場合上手くいかない)、一音一音がはっきりと感じられるのが気に入りamazonで値段が下がったのを機会に購入、購入時の想いとしてはskypega使えなくてもOK何十年振りにあるグループにはまっていて音優先としました。基本的にマニュアルを読まないので、最初は音が思ったより小さいのが不満でした。ボリュームスイッチをスキップ・バックと勘違いが原因(マニュアルは良く読みましょう!)嬉しい事にスカイプ問題なく使えます。音は低めのほうがマイクの音割れが防げます。これで、マイクがスピーカーの音を拾ってしまう事が無くなりました。.

1年半前に購入しました。音質は満足でしたが、急に充電できなくなり、修理依頼をだしたところ、「部品交換不可->全交換->20,000円」との回答。充電ができない原因は、li電池の寿命か、電源回路(こちらの可能性は極めて低い)のはずで、部品交換不可能な理由は「技術力不足か、やらずボッタクリ」以外に考えられません。製品その物よりも、保守体制・サービス体制に★一つです。.

どれにしようかとさんざん悩んだ末に、このヘッドフォンに決めました。結果的に、間違ってなかったと思います。中音~高音にかけての伸びがよく、とても素晴らしいです。ただ、低音を主に聞きたいんだっていう人は違うものの方がいいかもしれないです。ヘッドフォンでどれを買おうか悩んでる方がいるなら、値段以上の価値のあるこれをお勧めします。.

大きさは少し大げさな感じですが非常に気に入っています。iphone6 plus とbtですぐにつながりますし、特に不満はありません。.

今まではbeatsのsolo hdを使っていましたが長時間の使用で耳が痛くなってしまうので完全に耳を覆い隠すタイプが欲しくて購入しました。その結果耳が痛くなるのは解消されました。音はどうかといいますとbeatsに比べると低音が少ないですね。しかし聴きやすいのでいいです。ここは好みだと思います。ワイヤレスはかなり便利ですね。デザインもいいですし文句なしの商品でした。.

今までインイヤータイプの物ばかり使っていてどうしても低音か高音寄りに妥協しながら聴くことが多かったのですが今は上から下まで全ての音域がハッキリしていてなおかつ十分な容量を再現をしてくれています。トランス系の曲を試しましたが低音の力強さで頭がクラッとする位でした。今後もこれをきっかけにオンイヤ-タイプのヘッドホンをチェックしていこうと思います。.

家電量販店で試聴し、amazonにて購入。xperia z5でapt-x接続を確認。一聴していい音と感じます。しかし購入後しばらく聞いていると、頻繁にブツとノイズが出ることに気づきました。接続が切れる音というより、ノイズという感じでかなり大きい音。場所を変えても生じるため、環境要因とは考えにくい。相性問題かもしれませんのでなんとも言えませんが、とにかく長時間移動での使用を考えていた私の用途には合わず、返品しました。一瞬でいい音と思ったのですが、もう少し長く試聴すべきでした。有線での使用は正常。同価格かもう少し上の価格のものと比べても、好みの音だったので非常に残念です。.

音はとても良いです。ナチュラルだし、それでいてメリハリもあるしただし、固定がしっくりこないつけているとづれてきて、前か後ろに倒れる。付けた状態で動くことを想定してないんだろうけど、もうちょい工夫が欲しかった。あと、電源や充電中のランプの表示がよくわからないし、マニュアルも不親切.

私はペルソナ5の佐倉双葉が使っていたので買いました(できればsakura futaba editionが良かったが)。なのでスペックや使いやすさはあまり重視しませんでしたが、実際に使ってみると予想以上のものでした。本来bluetoothは音の幅が制限されたりし、あまり良い印象はありませんが、このk845btはbluetoothとは思えない音質を発揮します。(nfcに対応しているからかと思われます)さらにプラグを使用すればもっと良い音が出ます。オーストリアのメーカーなのでバランスが取れていて、ジャズ系に向いているかと思われますが、どんなジャンルの曲にも合うと思います。サイドについているボタンもそれなりですが、押しやすいかと思います。ただマイクが残念な感じかと思いますが、私はマイクとして使用することはないと思いうので評価の基準には含めません。(マイクとしても使う方はぜひ検討を)他にもイヤーパッドが低反発素材なのでそこまで疲れません。ただイヤーパッドではなくフレーム部分が硬いので圧迫感はあります。全体的にみてバランスが良いものです。あまり低音や高音に特化したわけではありませんが、全音域伸びが良いと思います。持ち運びには向きません(結構ずれてきます)あと、ハイレゾ対応と言ってる方がいますが、このヘッドホンは20hz〜20khzなので40khz以上のハイレゾとは違います。気をつけてください.

3万円近くするヘッドホンを購入したのは、このakgが初めてで、正直、音楽を聴くだけでこの値段は高すぎるかなと購入当初は思っていました。しかし、実際に届いたものを見てみると、見た目がカッコいい上に高級感もあり、装着感もゆったりとしていて、つけていて全く苦しくありませんでした。さすが高いだけのことはあるなと思い、いざ聴きなれた音楽を聴いてみると、驚きました。全くいままでの音楽機器とは聴こえかたが違いました。演奏の音が楽器ごとにきちんと分かれて聴こえるのです。これが俗に言う「ハイレゾ」なのかと感動しました。ですので、原音に近い、よりクリアな音を楽しみたい方にはこのヘッドホンは大変お勧めです。重低音を特に楽しみたい方にはこちらの商品より、boseやbeats by dr. Dreの製品が向いているかもしれません。星を一つ減らした理由は、この製品がaptx対応ではないからです。bluetooth対応でワイヤレスで使えるのは大変便利なのですが、どうせならより高音質な規格であるaptxに対応して欲しかったというのがあります。.

この価格帯のヘッドホンを数台持っておりますが、このヘッドホンも初めて聴いたときの音に感動した一台です。低音に品があり、物凄く極端に言えば映画館で聴くサウンドに近い(あくまで個人的な感想)気がします。ただ問題点として一つ気づいたのは、一度パッドを外したり、分解した人にはわかるかと思いますが、ドライバ周りに薄いビニールのような素材が使用されており、これが傷んだりすると出力音に影響するということです。購入してまだ一カ月程度ですが、このビニールが痛み、片方の音が小さくなる問題が発生しました。結構荒く扱っていたため、衝撃でビニールに穴が開いてしまったようです。修理はamazonで購入しましたが、注文履歴のページを印刷したもので対処していただきました。外見は頑丈そうなんですが、ドライバの耐久性に問題があるように感じました。音は5点ですが、耐久性を考えて-1かなという感じです。.

音質はakgサウンドそのもので綺麗なサウンドです。不満な点はbt機としてはボリューム、再生一時停止の操作感がいまいちなのと操作したときの信号音がない。「曲飛ばし」が出来ないのは不便。装着感は申し分ないが顔を下に下げるとヘッドレストが下がってくる。無線で音さえ聞ければイイよ、人向け。ああ、でもサウンドはねホントいい!.

ブルートゥースで聞きましたが高音と低音部で一部おとがにごり割れました。あわててヘッドフォンのせいかと疑いましたが、あわてて延長コードを買いに走り直接つないだところクリアな音でしたので安心しました、トランスミッターのせいみたいです。性能がよく安いトランスミッターがありましたら教えてください。音が割れるのはすべてのcdではないので、ある一定の音域のようです。.

ベスト AKG K845BT Bluetoothヘッドホン 密閉型 ブラック K845BTBLK 【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.