AKG セミオープン型ヘッドホン スタジオモニター K240s【国内正規品】 – 締まりある低音域

以前より興味があり、この黒とゴールドのデザインが良くて、mk2よりstudioを選びました。既に生産していないものと思っていたのに、新品で販売されているのが不思議で、偽物感が強かったが、聴いてみて良い音だったのでまずは安心しました。音質としては当初から良い音で鳴ってはいますが、エージング後と比べると低音少な目で高音もきつめ、全体にクリアではあるが中音も近く固まり感が強いです。エージングが進むにつれ、解像度がぐっと上がり繊細な音も表現してくるようになり、低音が思いのほか増加、高音も角が取れクリアーで滑らかになった。全体的には低、中、高のバランスが良く、なにより音場が絶妙に良い。定位もしっかりしており掴みやすく、モニターとしての使い勝手には十分。さらに音に艶もあり、リスニング用途にも使える気持ち良い音になりました。結果的にはこの価格で、ここまで鳴れば偽物だったとしても充分だと思います。.

 クラシックを聴くなら一度は経験しておくべき機種という評判から試してみた。中国製。製品自体は軽量で、手縫いのイヤーパッドは耳を覆う大きさで、着け心地は快適と言える。装着は片手では無理だった。 再生能力については…まず50-100hz近辺の低音の膨れや濁りに遮られる要素が、少なくないようだ。分解能は(これまで使って来た倍の価格のモニターヘッドフォン群に比べれば)ほどほどで、録音現場ではマイクを寄せよう/離そうという気付きに乏しくなるかも知れない。ノイズ除去作業には不向き。ヴァイオリンやピアノのソロは悪くないがテレビ・映画は合っているとは思えない。電圧を感じさせるシンセもダメ。ただ音圧アップが目的でリミッターを多用した楽曲はピークの潰れと歪みがはっきり判るように鳴る(クラシック専用と言われる所以か、それともセミオープン型の傾向か)し、バスドラムの低音に音程があると気付かせてくれたり、高圧縮の音声で歪みっぽさやギラつきを出して来るので、単純に「再生能力が低い」と断じる事も出来ない。 支障を感じにくかったのは低音を欲張らず中高域の美しさや元気の良さが持ち味の盤。知名度の高いものを挙げれば、オルフ:カルミナ・ブラーナ、r. シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」他、ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」といった、ドルビー無し+初期のステレオ録音とは相性が良かったように思う。メロディア時代のスヴェトラーノフやムラヴィンスキイ指揮による高域がキツ過ぎた録音は、おとなしくされ上品さがグンと上がる印象。またこれまでの機種同様ステレオミニ接続なのに本体側がminixlrだからなのか相当な中抜けになる。ステレオ感に乏しい音源も広がりがあるように聴こえる。ジョイントステレオ音源は酷い事になりそうだが、セパレーションが狭まるレコード鑑賞では効くだろう。 サントラでは低音だけコンプレッサーで持ち上げないと面白くなかった「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」、「エイリアン2」やバカラックの「カジノ・ロワイヤル」(いずれも旧盤)などが、支障が無いどころか見違える程良くなった。これに限らず多くサントラ盤の多くに恩恵がありそう。手持ちを全て聴き直せば、見えていなかった魅力に気づかせてくれるかも知れない。とはいえ、選り好みが激しくストライクゾーンの狭い機種と言える。.

約7年前にオーストリア製のk240sを所有していました。使用用途は、主にゲーム音声再生です。過去に使用していた印象がゲームにも向くのでは?と思い、購入しました。今回の商品は中国製でした。箱を含めたデザインは、以前のオーストリア製と差は無いと思いました。音質に関しては、現在エージング中なので評価は控えさせていただきますが、第一印象としては、値段の割にとても良いパフォーマンスを発揮してくれそうな印象です。こちらに関しては、後程改めてレビューさせていただきたく思います。少々問題がありました。外箱が、半壊している状況で届きました。この手の商品は、箱を含めてとても繊細な商品です。今のところ商品には問題無さそうですが、不具合があった場合はそれなりの対応を要求させて頂きたく思います。最近のアマゾンの梱包は、とても質が低くなったと思います。箱等の付属品にこだわる方は、アマゾンでの商品購入は避けた方が良いかもです。k240sのレビューでは無くなってしまいましたが、梱包状態がひどすぎたので、この評価とさせて頂きます。k240s本体の評価は「★★★★☆」です♪【国内正規品】akg 密閉型ヘッドホン スタジオモニター k240s【国内正規品】akg 密閉型ヘッドホン スタジオモニター k240s.

口径がでかく耳朶挟まないので良いです 音はオーラトーンの5cのようにフラットで普通ですこんなのが欲しかった.

サブベースがど真ん中で締まるように聴こえるし高音域もウワァアァアアアアっととにかくいい買い物した.

こちらで購入してから4年が立ちました。 当時8800円ですが、今の値段は高めです。では使用した感想を書いていこうと思います。使用感akgのヘッドフォンは昔から海外音源の物差しとして非常に良いので当時使っていたソニーの900stと別れを告げました。まず900stはプロ用にしてはパッドのヤレと表面のボロボロが出るのに対してこちらの240stは同じように使用してもボロボロにならない。但し、国産機の良いところは部品単位でドライバからヘッドバンド、替えのはんだ付けするケーブルもバラバラにあるので補修のしやすさが良いところですね。海外品はパッドやケーブルはあってもドライバとイヤハンガまでは揃えられないです。唯一の欠点があるならラバーループ(頭の調整ゴム)が3年位すると伸び切ることですかね。ケーブルも湿度によっては被覆がボロボロになる場合もありますが、付属のケーブルでそういったこともなく素晴らしい!音の感じについて国産機で海外の音源を聞くとどうしてもその音の遠近感や奥行きが分かりにくいので海外のレファレンスモニタはこれがよい。ステージを広く見せる音に聞こえるので普段遣いのヘッドフォンとしても優秀で、dawやビデオ編集にも使えると思います。どうせなら国産機と2つ持ってれば同じようにソースを書き出して鳴らしているかどうかの見極めに使うっていう考えもいいですね。daw用と普段のリスニングに使うインターフェイスは、scarlett6i6の2世代目を使用してますが、特別ヘッドフォンアンプを通さなくても十分、55Ωの抵抗値に屈することなくドライブしてくれてます。最後にプロ用にはプロ用のインターフェイスで使えばきちんと書き出してくれるので色付けのない音の計りとしてこのヘッドフォンは良い仕事をします。ノイズからほしい音まで聞き分けられてこそモニターなので、良い相棒として迎えられてください!.

さすがakg、素晴らしい。とにかく、音像がクリア。今は高音がややシャリシャリしており、低音の出音も迫力に欠けてますが、ここはエージングに期待でしょう。なんにしても、原音に変な脚色をしないので、ミックス作業には最適だと思います。もちろん、リスニングの普段使いでも十分満足できるのではないでしょうか。よくこの価格帯で、という感じです。.

全音域ニュートラルに再現している感じで違和感は無い。特に中音域から上では実に自然で些細な音も拾ってくれます。ただ個人的には低音にもう少し力が欲しいですかね。オーストリア製時代には低音も良かったらしいですが生産していないのでしょうがないです。価格は少し前に7000円代で買えたので良いときに購入できたと満足しています。.

利点と欠点

メリット

  • AKGのヘッドホンはやはり良いと思います。
  • 締まりある低音域
  • 総合的な完成度の高いヘッドホン

デメリット

夜にベースなどを弾こうと思って買ったし、音楽プレイヤーで音楽を聞こうと思って買ったのもあって今は、両方に使っていますとても音質がよく世界が変わったような感じでした!!!とてもいいヘッドホンです!!オススメします!!.

とてもバランスが良い。かなり低い低音から高い高音まで自然に聞こえるし、音の定位置が非常に分かりやすい。ボリュームはそれほど大きくはないけれど、小さい音でも確実に全ての情報が耳に届くようなヘッドフォン。注意したいのが低音の音質。非常に聞き取りやすいすっきりしたまとまった感じに仕上がっているので、それが気に入ればかなりお勧め。宅録やシンセなどにつないで使う場合は、これぐらいすっきりした音質の方が最終的な出音がイメージ通りになりやすくてしかも迫力が出るので正にそのために作られたヘッドフォンだと思う。リスニングに使うならば、クラシックやジャズなどに最適な音質。繰り返すようだが、選ぶポイントはこの機種の低音の質感が好きかどうかだ。この手のヘッドフォンは、何十種類も視聴が出来る大型家電店などの環境で次々試していると素通りしてしまいがちなので、自分の中で基準になるヘッドフォンと交互に聞き比べてじっくり性質を理解したい。装着感については、耳に軽く、すっぽりと耳に被さるタイプ。ズレは無い。遮音は中の上程で、演奏者が被るよりもコントロールルームでのモニタリングに使う方に適していると思う。耳パッドは革タイプで、頭から外した時に汗が気になる。涼しい環境で作業する分には問題ないが、暑いところだと蒸れるし、おそらくスピーカー部にも良くないと思う。.

エージングでかなりこなれてきます。高音域から中音域は抜けが良く鳴らせて、低音域には締まりが増します。コストパフォーマンス抜群です。.

Akgヘッドホンを初めて手にしてから、30年ほどの愛好者です。私は、基本的にクラシックとジャズを聴いていますが、akg独特の柔らかさというか、ヨーロッパのメーカーとアメリカのメーカーで、基本的な音に対する作り方のスタンスが違うということを、30年前から思っていて、やはり、今でもそうだなと思っています。アメリカンサウンドは、メリハリがあり、一つ一つの楽器が明確に分かるというのがあると思うのですが、ヨーロッパメーカーの製品というのは、数多くありますが、全体の音の響きというものをベースに置いていると思います。聴いていて、何となく「あぁ、いい響きかたしてるなぁ」という感じですかね。昔のことを思うと、1万円くらいでこんなakg製品が、手に入る時代っていい時代になったなと思います。もし、まだakgは知らないという方は、一度使ってみる価値、コストパフォーマンスは高いと思います。.

今までいろいろなヘッドフォンを買ってきましたが、一番着け心地がいいです。届いてから一日中つけてましたが、締め付ける感じもなく軽いので首にもそこまで負担がなくていいです。音も最初こそ重低音が目立つ感じで、違和感はありましたが、徐々にいい感じに高音も鮮明に聞こえるようになりました。聞きなれただけかもしれませんが今持ってる中で一番いいような気がしますあと届くのがかなり早くてよかったですまたヘッドフォンがほしくなったらここを使おうかな.

オーディオ関係はあまり詳しくないですが、同じようにあまり詳しくない人の参考になれば幸いです。■つけ心地つけ心地、最高です。私はあたまが大きいほうだと思いますが、サイズ調整してぴったり付けれています。また、何より「長時間使用」で全然疲れません。かなり軽いです。休日は1日中ヘッドフォンを付けていますが、ほとんど疲れは感じませんし、耳の痛みもありません。■音質iphoneのイヤホン、安物のスピーカーなどを今まで使用していました。もう、圧倒的に細かい音まで聞き取れます。クラシック、ポップス、ダンスミュージックを聴きますが、どれも違和感なく聴けます。迫力があるというような感じではないので、「細かい音を楽しみたい」という人におすすめです。ボーカル:少し遠くで歌っている感じに聴こえます(聴こえにくいわけではありません)低音:低音を普段あまり意識して聴かない人でも耳に入ってくるので、音楽の楽しみ方が変わると思います。中音:自然な感じに聴こえます。高音:はっきり聴こえてる感じがします。全体的に「この音域が強調される」みたいなのは感じませんが、全体的に音がきちんと聴こえるので、どんなジャンルの音楽でも音を繊細に聴ける楽しみがあります。■総評購入してよかったです。次に買うヘッドフォンも絶対これにします。良い点ばかり書いてますが、正直に言って私には悪い点が見つかりません。.

世界的に有名なメーカーが製造コクヲ変えた事で音質が凄く変わってしまう事はあり得ない事なんで実際に中華とオーストリア製を聴き比べても殆ど違いは有りません違いはオーストリア製を持っている自己満足でしょうか(笑)eイヤホンにk240 studio の買い取り価格を問い合わせすると、中華オーストリア共に同じ価格でした。.

モニター用としても用途は狭いです、セミオープンなのでレコには不向きかもです。ちなみにオーテクからの乗り換えです。使用感は良いです、適度なホールド感で意外と軽いです、ただ付属のコードはかなり長めで使い難い。音のほうは分離が良く変な脚色無しの音ですが、けして退屈な音ではありません、フラットで落ち着いた音ですが、モニターとしてだけじゃなく、リスニング用としても自分の好きな音かもしれません。正直コンプ気味の音になっちゃうヘッドホンはもう要らない、音圧より分離や定位、スッキリした音、そういうの好きな人にオススメします。.

オーディオに詳しい友人にakgのヘッドフォンを勧められ、人生初のヘッドフォンを購入しました。友人はk702を勧めてきたのですが高校生にそんな金があるはずもなく(笑)スタジオユースのk240sを購入しました。それまで全くヘッドフォンに触ったことがなかったため、鵜呑みにして大丈夫かと不安にもなりましたが聴いてみてびっくり!素人でも安物イヤフォンとの違いを実感することができました。(ホームオーディオのアンプに直結)まず装着感がめちゃくちゃいいです。つけていたほうが落ち着けるくらいに(笑)側圧といい、パッド部の肌触りといい、最高です。そして肝心の音ですが、最初は低音がこもっていて偽物か?と思ったくらいです。しかし3日ほど聞いているとかなり化けました!(ホワイトノイズ等は使用してません)フラットによく鳴らしてくれますが高音域が特に綺麗で、何時間でも聴いてられそうです!エージングはプラシーボだとか言われる方もいらっしゃいますが、僕は信じてます!書きたいことは山ほどありますがきりがないのでやめておきますw唯一の不満といえば、made in chinaではないほうが良かったです。確かに図面通り作れば中国でも同じ物が作れるのかもしれませんが、接着剤の均等さや裁縫の丁寧さなどでは雑になってしまうと思います。昔のモデルはすべてオーストリア製だと聞いたのでそこだけはがっかりです。長文失礼しました。.

特徴 Akg セミオープン型ヘッドホン スタジオモニター K240s【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカーより : K240S
  • 細部まで磨き上げたプロフェショナルな再生能力。最新デジタルソースの正確なモニタリングを実現。

私のものは昔のmade in austria製のものですが、今のmade in china製も変わらないと思いますので参考なればと。このk240studioの良いところは、やはりリケーブルだと思います。今の今までデフォルトのケーブルで聴いていました。それで特に気にならなかったから。でも、インコにガジガジに噛まれ続け、とうとう音が聞こえなくなったので、最初は買い換えを考えましたが、1,2万円の価格帯では特にk240studioを超えそうなものは見当たらず、リケーブルしようと考え直しました。リケーブルもいろいろと言われていますが、ケーブルの柔らかさを考えてノイマン製のものを購入しました。(プロケーブルさんで購入)ケーブルだけで6000円(3m)ほどしますので、今度はガジガジ噛まれるのは御免だということで、アマゾンで購入したケーブルプロテクターでカバーしました。そして聴いてみたら・・・!!!音が全く違います。これか。そりゃなるほどみんなが言うわけだ。と思いました。特に弦楽器を聞いてみると、それはそれは生音みたいな響きを楽しめます。私のPCスピーカーはタイムドメインですが、それでもこのk240リケーブルの音がとても気に入ったので、ついついヘッドホンで音を楽しむようになってしまいました。ちなみにヘッドホンアンプはamulech 9628dを使用しています。(現行機種だと38432dqですね)ちなみにmk2もありますが、このstudioリケーブル版の方がいいとのことなので、迷っている方はstudio+リケーブルでの購入を考えるのが一番かと思います。また、メーカーのサポート体制もしっかりしていて、補修部品も全て単品で入手できますので、古い私のヘッドホンでも新品とはいかなくても、細かいパーツの破損も直せて、末長く使うことができますので、そういう意味でもお買い得だと思います。.

今までヘッドホンは何回か購入しましたが全て失敗。ダメモトでk240を購入。開封後チョット??感はありましたが、実際音楽(自分のコレクション)を聴きだすとstudioの意味が理解出来ました。初めて良いヘッドホンに出会いました。因みに黄色いイヤーパットのドイツメーカーさんより良いです。そのメーカーと比較すると物凄いコスパです。.

買ってから傷つかないように言いますが.k240sは本家austria製とchina製の2つが存在します.これは「made in china」 です.性能は恐らく変わりません.(耳で判断する技術がありません)違いは上の部分のakgの文字が金色か灰色かくらいだと思います.ちなみに中国製は灰色です.性能に違いはないので問題はありませんが,形から入りたい人には注意です!更に言うと,国内正規品のほうも中国製っぽいです,,,.

ギターを夜間でも弾きたいと思い、akgを買いました。ヘッドホンを買うのも始めてだったのでドキドキしまがら待っていました。初心者の感想ですが、最初耳に付けた感じとしてしては、耳全体を覆ってくれるので気持ちいいなと思いましたが、長時間付けていると蒸れてくるので気になります。夏なんか冷房のない部屋で使っただけで・・・w。音のほうは、最初は音がこもっていて音が聞きづらかったが、時間がたつにつれ高音、中音、低音とも程よくなっていき聞きやすくなりました。高音は高すぎずナチュラルな感じです。低音は重くも軽くもなく気持ちがいいです。ただ重低音やドンシャリ系の音を求めてる方にはこの商品は合わないと思います。自分は購入してよかったと思っています。こういうものって一回買ってみないと分からないものだと思うので、近くの電気屋さんなどで視聴することを進めます。しかし、この商品は生産が中止になってるそうなので難しいかもしれないです。へたくそな文ですが、だいたいこんなもんか?って思ってくれたら嬉しいです。.

マークが金メッキでした。銀メッキが出回っているそうですがこれは本物です。欲しかったのが安く手に入ったので喜んでいます。音はやはりいいですね。良い買い物をしました。コードが交換できるので色々変えて楽しんでいます。.

Mdr-1aも比較しなければ音は良いと思いましたが、100回以上聴いているヒッキーの新曲だとk240sのヒッキーの声の方が自然で生々しいと自分は感じました。ヘッドフォンで音楽は殆ど聴きませんが音の基準としてあるとスピーカーで聴いた時のバランスの確認などに1本あって損はないでしょう。.

サウンドハウスで購入し、一年ほど使用しています。初めてのヘッドホンなのでほかのヘッドホンと比較は出来ませんが、安物のイヤホンと比べたら全然いい音してます。c200にリケーブルし、dac-x6jと繋いで毎晩音楽鑑賞してます。着け心地も良く、今のところ不満はありません。.

Made in オーストリア製からの買い替えです。聞き比べるとハッキリと違いはわかりますが、オーストリア製は良くも悪くも劣化しています。空気感は新しい方が素敵に感じます。私は比較するべきではないと思いました。.

ベスト Akg セミオープン型ヘッドホン スタジオモニター K240s【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.