AKG スタジオモニターヘッドホン K240mkii 並行輸入品 – 価格以上のパフォーマンス

モニター用のヘッドフォンを初めて買いました。スゴイですね。びっくりしました。.

頭に長く時間付けってでも全然痛くない、中高音域は素晴らしいが、低音のほうはややゆるい、その価額なら、文句ない。.

中古だからか普通のボリュームだと聴力検査並みの音量、音質もsonyに比べればチープ。以前sonyを使っていたが唯一コードが短いのが個人的に難点だった。なのでゲームをするのにコードが長い方がいいと思い購入したが、やはりスタジオモニター用でゲームには不向きなのか、レビューに踊らされた感は否めない.

とてもいいですね!音の分離といい、低音の出方もいいし音場感も素晴らしいです!まさにコンサートホールの最前列で聞いている感じです!レビューを見るとやや脆いらしいので大切に使いたいですねおそらくダメになってもまた購入すると思います新しく出てきている上のグレードの物も選り取りみどりなのでその時は迷うかもしれませんが。。。.

知人の勧めでakg製を選択、価格もリーズナブルなk240mkⅡを入手。深夜にラウドspのb&wの替わりに使用。真空管パワーアンプでattを通してドライブ、音量不足を指摘されている方もいましたが、全くその懸念は無く実にパワフルに中高音域の響きはb&wスピーカーと甲乙つけ難いほどの分解能と表現力を持っている価格以上のパフォーマンスを発揮、長く飽きずに使用できそう。.

このヘッドホンは、ずば抜けて素晴らしい仕上がりです。高音域から中音域はクリアで抜けが良く鳴らして、低音域には上品な締まりがあります。半開放型ヘッドホン、最高の仕上がりです。驚きました。.

ソニーmdr-cd900stよりもいいという他の方のレビューを見てサウンドハウスさん直で購入しました。(当時送料有料)dtmのモニターとしてfa-66というオーディオインターフェースのヘッドホンoutからcd900stとk240を交互に使用したのですがヘッドホンoutの適性音量がcd900stで時計にたとえると12時の位置で適性、k240だとmax(5時)でちょうどいい音量と相性があまりよくありませんでした。(聴き比べは30分休憩後に)なのでk240mk2は、別売ヘッドホンアンプが必須になると思います。ということで☆-1※お使いの機器で音量が足りない場合は別売りのヘッドホンアンプをご購入を・・・(ローマ数字が文字化するためmk2表示です。)しかしヘッドホンアンプを介せばベースとバスドラムの分離はよくスネアのアタック音も歯切れがいいかんじで個人的にはベース、ドラムのモニター用には良いと思います。(マイク録音時はオープンエアーなのでメトロノーム等の音を拾わない様に注意)マイクを気にしない個人練習用にはいいかも・・・リスニングではクラッシックやジャズにはお薦めでヘヴィなギターでは歪がチョイ物足りない感も・・・ただ音像定位感や音の粒のそろい具合は他社の同価格帯のヘッドホンよりもすぐれていると思います。あと付属品でカールコードのステレオミニプラグと交換用?のイヤーパッドが最初から付いているのはありがたいです。ちなみにmade in chinaです。———————————————————————————-ベリンガー社のx1204usbをお持ちの方ならばミキサーのヘッドホンoutからの音量レベル的にはヘッドホンアンプは必要ないです。(2012/12/13追記)ヘッドホンアンプ(別売)はbehringer ヘッドフォンアンプ ha400を使用しております。.

長時間使っていても辛くないですねセミオープンタイプなので圧迫感がありません.

利点と欠点

メリット

  • 価格以上のパフォーマンス
  • 装着感とコスパが素晴らしい逸品
  • 視聴しないでレビューを見て購入しました。

デメリット

Dtmに使うために購入。音の輪郭などは綺麗に聞こえます!その点はかなり評価がたかいのですが、個人的にボリュームを結構上げた際の音割れが少し気になった為に星三つ。まぁ普段そんなに上げる必要はないんですが、大きい音で聞いた時の感じも欲しい場合があるので。音質はかなり高い方だと思います。.

音の傾向は賛同できるレビューが沢山ありますので割愛します。 使用環境:自作pc→kaf-a55→k240mk’2(使用50時間程度、ベロアパッド換装済、中国製)主スペック:デカ頭+メガネ常用私は基本的にはスピーカー派で、リスニング用途のスピーカーにはサイズ的な事よりも音質を求めます。予算もそこそこかけます。pcオーディオのようなニアフィールド環境にはサイズ的な制約があるため小型ブックシェルフスピーカーとヘッドホンを併用しています。が、こちらは低予算でと考えています。この環境を安価で構築するためkaf-a55を導入しました。本当はdac+アンプがいいのだが予算が…私はゆったりと音楽を楽しむ時も音を確認する時も、そのどちらの場合も長時間の装着が基本になりますので着けて痛いものはどんなに高音質でもng。故にヘッドホン選びは音質よりも装着感を重要視しています。しかし装着感の良い物を探すとどうしてもそれなりに高価なヘッドホンに行き着きます。私的には1万円のヘッドホンは十分高価だと考えているのですが、この価格帯に満足できる装着感のものがほとんどなく、少しでも合いそうなものを買っては手放すを繰り返していました。現状手元にはath-ad1000とq701が残っていますが、今回このakg240mk2を購入した理由は、懲りもせず1万円以下で装着感の良さげな以前から気になっていたコイツを見てただの物欲での購入です。そしてこの並行輸入品にたどり着いた訳なのですが、非常に満足しております。装着感では最高だと思うath-ad1000は高音が個人的にはきらびやか過ぎ、音質的に好きなq701はコブの違和感に加えて手持ちのkaf-a55では低能率ヘッドホン相手のドライブが苦しい。と、それぞれに不満な点があります。さて、このk240mk2は手持ちの2台と比べて、装着感ではath-ad1000に及ばず、音質的にはq701よりベールに包まれた音ではある。しかしその差は小さく、比較対象が格上の上記機種に比べても装着感もかなりいいし、音量もkaf-a55でも十分取れる、音の傾向は好みど真ん中。結論、k240mk2は安価でありながらも、それぞれの不満点をハイレベルに補ってくれる超優等生です。低音に特化した音楽を除けば、j-popからクラッシックまで苦手なジャンルがない印象です。半開放タイプの良さでしょうか。1万円以下でこんな優良ヘッドホンが存在したとは…正直、このk240mk2だけで私の用途は全てまかなえます。今までの散財を悔やんでしまうレベルの高さです。並行輸入品ですので正規販売品より保証の部分がアレですが、この価格でこの音質、そして何より装着感、1万以下ではこれ1択でいいでしょう。装着感も好みの音質も人それぞれですが、コスパ最高のk240mk2には星5つ進呈です(私的にath-1000もq701も星4つの評価)。もちろん音漏れと携帯性を度外視した室内使用限定のお話ですが。.

特徴 Akg スタジオモニターヘッドホン K240mkii 並行輸入品

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 豊かな低域、正確な中域、クリアな高域を出力し、極めて自然でバランスのよいサウンドを獲得。
  • ダイヤフラムの厚みを調節したAKG独自の“バリモーション・テクノロジー”を採用。
  • 長時間装着していても疲れにくいアラウンドイヤータイプ。
  • ヘッドバンドは安定した装着が可能なセルフアジャスト式。 ベロア製のイヤーパッドが標準で付属。 装着感により選択可能 。

ベスト Akg スタジオモニターヘッドホン K240mkii 並行輸入品 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.