Aftershokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5 – 耳をふさがない

今年初め購入したに別メーカーの骨伝導からの買い替え。アマゾンやyoutubeで高評価だった本品を思い切って購入。・音漏れなし(前の商品)「ベストな音量だと音漏れ激しい」という骨伝導の『現実』を突きつけられ、自室専用に。(本品)自室で試したら音漏れなし 職場の休憩室で同僚に聞いてもやはり音漏れなし これだけでも本品は「マスト」ですもっとも、「ベストな音量」「音漏れのレベル」には個人差がありますが…。・音声案内が日本語(前の商品)英語。さらに音量が大きく周囲に丸聞こえ、調節も不可。(本品)日本語。これは想定外 これも高評価の理由です。・バンドが柔らかい(前の商品)表面が金属か硬めの樹脂で力を入れたら壊れそう。持ち歩きには不向き。(本品)柔らかい 限度はあるけどコンパクトにできる(写真参照:もう少し小さくできます) スマホ充電器などを入れたポーチに入れて持ち歩きできるように。なお付属品のケースではなく百均のモバイル向けケースに入れ、さらにポーチに入れています。前の商品は音漏れに加えて3ヶ月でイヤホンの振動部が脱落(内部断線による)、無償交換後に約5ヶ月で電源系のトラブル(電源が入らない&充電が完了せず)と1年持たなかったことが買い替えを決断させましたが、その間に本品が登場したので逆に幸いしたかも。とにかく、「音漏れ」を中心に骨伝導に対する認識を一変させた逸品 これは本当におすすめです.

選べるサイズがなく調整もできないので、とにかくキツい人にはキツいと思われます。顔を上に向けるなどすると耳が後ろに引っ張られ、外した後もまだ耳の周りに圧迫感を感じる程でした。重量感や音質がどれほど良いとしても、痛みと圧迫感しかなかったです。次からこういった挟み込むタイプのサイズや調整がない物は購入しないようにします。本当に高い勉強代でした。.

前世代機から順当に進化しており、製品自体は素晴らしいです。ただサポートの製品登録があまりに面倒です。二年保証で釣って、製品登録で挫折させる戦略とすら思えます。代理店が無能だと製品の価値まで落とす典型例ですね。.

職場の同僚に勧められて、ポチッと購入。これまでairpodsを常用しており、十分満足していましたが、これはイィ! 耳の穴に装着することから解放されることが、こんなに楽だとは。airpodsが外れて落とすことを恐れていたので、その点でも良いです。骨伝導は初めてなので、音質の比較はできませんが、自分の基準では合格点です。本体またはスマホのイコライザで調整できるので、自分好みの音質に調整すれば良いかと思います。値段は高めだけど、久々に買ってよかったと思えるモノです。(^o^).

これは、流石に音質も品質も骨伝導では最高です. 価格と同様に思っていたより良いグレードの高い商品でした。少し前に5000円位の骨伝導商品を手に入れましたがノイズが常に乗り音質を悪化してました。aftershokz aeropex の品質の高さと 耳に装着した時の感覚も軽く、他人から見られた時も耳もとに違和感を感じさせない小さなボディーに技術力が詰まっているなと思わせる商品でした。 但し、オーディオマニアの高性能ヘッドホンの比較は、構造的に無理です。オープンエアな耳に心地よく聴けるベストアイテムです、高価ですが買って良かったです。.

Trekz titaniumを購入して一年弱、肌に触れる部分のシリコンゴム?が剥がれたため買い換えました。airという製品は試していないので1世代飛ばしての比較です。まず価格が倍になり、パッケージも数万円台の腕時計の外装のようなオシャレ感が出ました。黒い箱のbe openと書かれているところや、同梱のシリコンポーチの蓋にはマグネットまで仕込まれていて高級感を感じました。尚、専用充電コードはご丁寧に2つも入っていました。ただしコンセントへの差込み部分は同梱されていないのでusbポートが必要です。サイズは、軽く細くなったのが実感できます。比較写真の左側がaeropex、右側がtitaniumです。着け心地はかなりソフトですが、走ったりしても外れる感じはしません。特に私はメガネとの併用なので圧迫感がかなりなくなり快適です。肝心のサウンドですが、ピアノソロ曲とピアノスリーピースjazz曲で比較したところ明らかな違いに驚きました。流石に間に1世代存在するairは比較できておりませんが、明らかに音が鮮明になり、高音域と中音域は感動する仕上がりでした。ダブルベースのサウンドなど低音域はやはり骨伝導のため感じづらいのですが、中音域がはっきりしたことでベースラインの輪郭は以前より確実に聴き取れます。イヤホンをした時にも以前と比べてコモる感じが減り、新幹線での移動など楽しみです。(追記)プラスとマイナスのボタンを同時に長押しするとイコライザが変更できますが、耳栓をした時は変更モードにするととても違和感の無い聴き心地になります。(追記終わり)正直、アフターショック製品のファンなので私は払えましたが、普通に骨伝導イヤホンを購入するなら2万円近い価格はいかがなものかと思います。尚、製品登録は私が掲載している画像の通り、amazonには記載がありますので参考になさってください。製品の2年保証書も付属していますし、これだけあれば十分かと思われます。.

Aftershokz aeropexは以前他メーカーの骨伝導イヤホンとは違ってこめかみへのフィット感は素晴らしいです。また、ボリュウムをmaxぐらいまで上げないと音漏れも周りにはあまりないみたいです。周りの雑音もきにならないし車内アナウンスや病院での呼び出しにもいちいちイヤホンを外して確認をすることなく使えそうです。私にとっては大満足です。ポタフェスで紹介していただいた社員の方に感謝です。.

購入後1ヶ月で故障。どこかのボタン(多分音量マイナス)が入りっぱなしになったようで、その内電源も入らなくなった。輸入業者のサイトでやっと修理依頼のフォームにたどり着いたけど、修理の依頼に「購入証明書(レシート、明細書等)および保証書」の添付が必要。保証書はあるけど、購入証明書なんてついていたかどうかすら覚えていない。(多分無かった)もう捨てるしか無い。他のレビューに書かれている通りですわ。フォーカルポイントってとこで扱ってる商品は二度と買わない。.

利点と欠点

メリット

  • ぐはっ!! めっちゃ良くなってるっ! ※追記あり

  • 『骨伝導』への認識が一変した逸品!!

  • ※製品登録簡単!  モデルAS600 TITANIUMからの買換え

デメリット

Aftershokz airからの買い足しです。airの高音だけが強調されたラジオ音質感が無くなり聞き比べると高中低とバランスが取れ、聞き取りやすくなっています。(イコライザーon時)音漏れもかなり改善され、スマホの中間程度の音量では隣の人に聞こえる事はない?と思います。骨伝導初装着で外に出ると、雑踏音の方が遥かに大きい音と言う事に気付きます。付属シリコンポーチの封は、ファスナーからマグネットに変更されました。惜しいのは、数ある骨伝導ヘッドホンの中で後発の新製品なのに、aptxにすら対応していない事。それが星-1の理由です。.

Aftershokz3台目となります。今回は耳あての部分の軽量化と防水性アップといったところでしょうか?耳に当たる部分が小型化されたことによって前作よりフィットしやすくなっていると思います。また今までで空いていた穴がなくなったことにより防水性も増しているとのこと。音質は以前よりクリアになっていると思います。ただ、低音がカットされているか振動板が弱くなったのかで本体の震え方が穏やかになっております。(ブルブル震えた方が好きだった派です笑)音漏れについては前作より20%くらいカットされているような気がします。日常使いでは周りに聞こえるレベルではないと思いますが、静かなところや電車の中での使用には向かないでしょう。あと気になる点は充電プラグが独自仕様になったためケーブル破損時の代替が面倒になったのと、接触面がむき出しなのでサビや汚れなどで充電できなくなることが心配です。総評としては概ね満足ですが、新作のたびに価格が高くなっていきますね…汗.

外の音がなるべく聞こえるイヤホンを探していて、骨伝導も候補に入れ、どうせなら一番いいものを買ってしまったほうが結果安上がりだろうとこちらを購入。音に関してはあまり期待していなかったのもあって予想以上で、ラジオを主に聴いている自分には充分でした。操作は、もうちょっとボタン数を増やしてほしかった。音量+のボタンが電源オンオフも兼ねてるので、オフにしようと押した瞬間音量が1段階上がってしまう。前の曲へスキップするのも3回連続で押すのが大変、一つのボタンに色々機能を割り振りすぎだと思う。.

各世代のアフターショックを所持していますがどんどん進化していきますね。titaniumからairになったときは進化はこれで十二分だと感じていましたが、音質はさらに進化していますしデザインも洗礼されたと思います。titaniumからairほどの進化ではないと言ってしまえばそうかもしれませんが。音漏れも50%軽減されているようですが、漏れてるものは漏れているので電車内だと使用するのは気を使ってできない感じです。完全に一方向で音を伝えられることができたらいいのですけどね。音質の進化ですが、airとの比較で考えると音が豊かになったなと感じます。今まで聞こえてなかった音が聞こえてきたのかなぁ、左右の音の分離感もいい感じ。充電端子がmicrousbではなくなり専用の充電端子になりましたが、2本付属しており家用と持ち歩き用と分けて使用できるのは親切。おまけのウエストポーチも極力薄めのポーチがほしいと思ってる方には朗報ですね。そしてイヤフォンを入れておくケースも各世代でどんどん進化して使いやすくなってるのもポイント。あと電源を入れたりするときの通知音声が英語ではなく日本語になったのも素晴らしいです。何世代先になるのかわからないですが音漏れがほぼゼロになるのを期待しています。.

初骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。ワイヤレスイヤホン(カナル型)からの買い替えの為、購入しました。買い替え理由は、ワイヤレスイヤホンが防水で無いので、汗や雨降りで使えない。カナル型で周りの音が聞こえず、スマホ見てる車に、はねられそうになった。安全の為片耳イヤホンにしたら、ステレオサウンドの不自然なのに耐えられない。(良いところ)防水で軽くズレない、周囲の音もちゃんと聞こえる。中高音も綺麗でとても音がいい。鼓膜が圧迫や振動しないので聴き疲れが少ない。耳の中も蒸れない。使ってるワイヤレスイヤホンに比べて音が途切れない。(同じ場所でいつも途切れるが、この商品は途切れない)お風呂でも音楽聞けてリラックスできます。ふき取りも簡単でラクチンです(ダメなところ)早送りがボタン3回押さないとダメ、前の曲に戻ったり、ポーズになったり使いにくい。独立選曲ボタンを付けてほしい。スマホの音量が半分位から音漏れする、まあこれはイヤホンも同じだが、カナル型イヤホンと比べると周りに少し気を遣う。更なる改善を望みたい低音が少し不足気味です。イヤホンに負けてます。多分振動が小さくなったのと引き換えでしょうか?メタルとか聞くのでちょっと不満です。イコライザー本体とスマホで補正したけど不満のままです。付属のポーチの出来は良いのに、サイズが小さく出し入れしにくい。もう少し大きくして下さい。色々不満を書きましたが、次の商品に反映されるのを期待しています。総合評価では大変満足しています。2万円近いので購入を迷いましたが、買って良かったです。.

Titanium1年半ほど→air1年半ほど→aeropexという感じです。(前代の二つは不良の事故で無くしただけです。)airは、大汗をかいたときにほぼ水没状態にしてしまい壊しました。aeropexは水没対応と聞いていて気になっていたので即断で買うことにしました。付け心地が洗練されてきており、titaniumのときにあった締め付け感、重量感はすっかりなくなり、airでも改善されましたが、さらに改善されたと感じています。titaniumが捕まれてる感じ、airは摘ままれてる感じ、aeropexは触られてる感じ とでもいいましょうか。。。ただ軽量化したためでしょう、重低音がtitanium、airよりも軽い感じがします。個人的には、軽量と完全防水のメリットを考えると音の軽さのデメリットは気にならないほどですね。当たり前ですが骨伝導に音質を求めるのはおかしいと思うし、まったく支障の無いレベルで音は聞こえます。電話については相手にどれくらいで聞こえてるかは不明ですが普通に会話が出来るのは確認済み。.

灰色のカラーも非常に美しく高級感がありました。写真よりも全然かわいいです。骨伝導イヤホンを使用するのは初めてですが、 思っていたよりもずっと使いやすいです。良い点は三つありました。第一に、着けている時も結構快適です。 フレームが非常に軽くて柔軟で、 一日中使うこともできました。第二に、音は私が予想したよりもかなり良かったです。 骨伝導イヤホンの音質には多少の偏見がありましたが、これは音も悪くなく、私が試した他のイヤホンよりも、はるかに優れています。また、これを使っている時、 非常に近い距離、もしくは非常に大きな音量でない限り、周りからは聞こえませんでした。第三に、イヤホンの音と周囲の音の両方を聞くことができました。 仕事をしているときも使いやすく、この点が最も評価が高いです。.

骨伝導ってどんな感じなのか気になり購入しました。はっきり言って、自分のイメージとは全然違いました。音質はあまり期待してなかったですが、その通りの音質でした。低音が聞こえにくいです。骨伝導は耳を塞がないというのが〝唯一〟の良点ではないでしょうか。2万を出して、これを購入するのは勧められないです。骨伝導って名ばかりで、耳元にスピーカーが付いてるだけでは?.

これまで、いくつかの骨伝導を買って比較してみてましたが、この商品については今までのものよりも音質・重さ・音の大きさ等どれもよかったです。また、操作する際は日本語のガイダンスなのも良い点でした!この商品に対する他のサイトのレビュー等みて心配な点はありましたが、個人的には買って損はないと思いました!ちょっと残念だったのが、通話時においてこちら側はちゃんと聞こえてるのに対し、相手側からは声が遠く聞こえてしまうのがあるのでそこがマイナス点ですかね。.

特徴 AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 ソーラーレッド

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • アマゾンAfterShokz Official Store JPオンライン限定ウエストポーチ付き-またポータブル収納ケースも含まれています。現在の市場の骨伝導の技術からは想像できないほど、並外れた音質。防水防塵性能 IP67、ホコリや雨、汗に濡れる心配いらず、丸洗い可能、運動をもっと快適に、アウトドアスポーツには最適なイヤホンです。Bluetooth5.0搭載し、自動ペアリングさらにマルチポイントも提供します。
  • 【耳を塞がないイヤホン・より健康&安全】骨伝導技術により、AfterShokz Aeropexは空気ではなく骨を振動させて音を伝えります。通話/音楽聞きながらでも周囲の環境音(車の音や信号の音、緊急車両のサイレンなど)をしっかり聞き取れます。オフィスで仕事をしながらお気に入りの音楽を聴く事ができます。同僚に話かけられても気づくことができるため、仕事の円滑化に役立ちます。小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、音楽を聴きながら料理や洗濯を行い、子供の泣き声にも注意することが可能です。耳を塞がないオープンイヤーデザインのため、痛みや伝染病、難聴のリスクも下がります。
  • 【バッテリー長持ち・快適な装着感】 1回の充電で8時間の連続再生/通話が可能。僅か26gの超軽量ボディーがヘッドホンを装着している事を忘れるほど軽い。イヤホンには柔らかい素材を採用し、長時間つけていても顔に圧迫感を与えにくい設計。眼鏡やサングラスを利用する方でも干渉せず骨伝導ヘッドホンを楽しめます。激しい動きがあってもしっかりフィットし、スポーツ、トレーニング中脱落心配いらずに楽しめます。
  • 【アフターサービスと2年間長期製品保証】 購入した後二年間以内商品が故障した場合には無償修理を行います。国内正規総代理店の専任者による製品サポートも行っています。 ※フォーカルのサポートページにより製品登録が必要です。 その際、製品AEROPEX ソーラーレッド につきまして JANコード:4512223688584 モデルナンバー:AFT-SP-000005 でご記入ください。フォーカルでお問い合わせ手続きできない場合、アマゾンの注文履歴ページから「出品者に連絡」ボタンを押し、AfterShokz Officail Store JPまで直接ご連絡ください。
logo

近年、骨伝導技術を用いたヘッドホンは、家電量販店やスポーツショップ、ECサイトなどにさまざまな製品が並んでいます。

AfterShokzは、2011年にニューヨークで設立され、骨伝導技術においてAfterShokz製品は、世界中で300の特許を取得/保有しています。

日々の努力により、私たちの製品は世代を重ねるごとに進化を続けてまいりました。そして、TitaniumとAirは、広く消費者に愛される製品になるまでに至りました。

しかし、まだまだやるべきことはたくさんあります。私達は、将来的に骨伝導ヘッドホンが普通のヘッドホンと同じくらいの音質になると信じ、イノベーションと開発を続けていきます。

これからも「Be Open」を目指して邁進してまいります。

pic1

·PremiumPitch+2.0+ステレオサウンド

Aeropexは前世代Airより音漏れを50%減少した上、気になる振動を最低限に控えることを達成しました。「PremiumPitch+2.0」を搭載し、現在の市場の骨伝導の技術からは想像できないほど、並外れた音質。

·AfterShokzで、耳を塞がないセーフな社会を

交通社会において、ヘッドホンを装着することが社会問題となっております。耳を塞がないAftershokzを使えば、耳をふさがないので、ジョギングなどのエクササイズで使用する場合でも、環境音を聞き取ることができ、車や歩行者の接近に気がつくことができます。

·従来機種よりコンパクト、より軽い

Aeropexは前世代Airより更に30%小さく、15%も軽くなりました。顔面に対して30度リフトアップするように設計され、この特殊構造により、従来機種以上に繊細な低音の再生を可能としながら、中音域から高音域の再生クオリティを向上させ、人間の声がさらに聞き取りやすくなりました。

·防水防塵性能 IP67

AeropexはAirにあったLeakSlayerの穴をなくし、スポーツにより強い防水性能を実現しました。水深1mの水中に30分の水没にも耐えられます。雨中のランニングでも、お気に入りの音楽を楽しめます。

※濡れている状態で充電しないでください。セーフティーの考慮で、濡れている状態で充電される場合、充電の代わりにアラームがなる設定です。

·装着していることを忘れるほど軽い&フィット

柔軟性と耐久性に優れたチタンフレームで、激しい運動している時でも優しいフィット感。わずか26グラムの超軽量ボディに、前世代より持続性能33%アップしたバッテリーを搭載しています。1回の充電で約8時間Bluetooth 5.0で音楽及び通話を楽しむことができます。バッテリーの残量はiPhoneの画面上で確認することができます。

pic2

同梱物 ・シリコン製ポーチ ・マグネット充電ケーブル ・飛行機搭乗時など騒音のある環境下で使用するためのイヤープラグ(耳栓) ・ユーザーマニュアル ・保証書 ・ウエストポーチ

(上)耳穴は塞がず、適度な側圧で耳穴近くにあてがわれる形で装着。先端部分に振動板が内蔵されている (下)音楽を自然体で楽しむことができるのが、骨伝導イヤホンの醍醐味だ

(上)耳穴は塞がず、適度な側圧で耳穴近くにあてがわれる形で装着。先端部分に振動板が内蔵されている (下)音楽を自然体で楽しむことができるのが、骨伝導イヤホンの醍醐味だ

logo

Presented by PHILE WEB

PHILE WEB(ファイルウェブ) プロによる商品レビュー

耳を塞がなくてもクリアな高音質!スポーツにも使える骨伝導イヤホン

Aeropexは、AfterShokzの持つ様々な骨伝導技術を搭載した最新モデル。今作では内部構造を見直して、より歪みの少ないサウンドを実現。さらに小型軽量化も実現し、スポーツ向けに最適化されている。

実際に装着すると軽量化のありがたみが分かる。前モデルとはわずか4gの差だが、ランニングを始めて5分も経たずして先端部分がズレにくくなっていると気づく。スポーツ用として大金星だ。

音質も着実に前進している。情報量が多く、ギターのカッティングなど輪郭が滲むことなく鮮明だ。中高域の解像感は一般的なイヤホンの方がやはり優位だが、Aeropexも十分な水準に到達している。

なんといっても開放的なところは、一般的なイヤホンを上回る部分だ。自分の息づかいもナチュラルに感じられ、また自然体で音楽と付き合えるのは、骨伝導イヤホンの醍醐味であり、新しいイヤホンの楽しみ方といえるだろう。一般的なイヤホンでは味わえないサウンドだ。

屋外のランニング時に安全に音楽を聴きたい、耳から入る情報も損なわずにスポーツを楽しみたいという時には、Aeropexは唯一無二のイヤホンとなるはずだ。

  • 文:海上 忍
  • 執筆日:2019/8/8

前作airからの買い増しですが各部が改善された非常に良い製品です(以下airとの比較です)・音質中高音(ボーカルからそれ以上の高域)の音がよりクリアになりました、ギターの音等が非常に分かりやすいです。逆に低音は控えめに、しかし耳を防いだ状態で聴くと逆転します。イコライザー等で調整すると良いでしょう・装着感振動がかなり改善されました。そしてスイートスポットは若干狭くなったと思う程度。サイクリングでサングラスをしながら50km/hを越える走行をしても付け直すような必要は前作同様全く無いです・操作性マルチファンクションボタンが押しやすくなりました。airは少し気合いを入れないと3回プッシュが成功しませんでしたが今作は気軽に曲戻しが出来ます。それでも進む・戻るボタンが有った方が良いとは思います・電池関連専用充電ケーブルになった点はデメリットもありますが防水性の向上、接続しやすさを考えるとアリです。2本用意しているのも当たり前といえば当たり前ですがちゃんとやっているのは評価出来ます。まだ電池切れまで使ったこと無いですが再生時間の向上も期待です・通話前作同様サイクリングしながらでも通話できてます、多分(相手から聞き取りにくいとは言われて無いため問題はない?).

2つ目の骨伝導ワイヤレスイヤホン。最初に購入したのは音声案内が英語から中国語に急に変わってしまったり、大きくて固かったので耳やコメカミが痛くなったり、ズレたりしました。しかし、aftershokz aeropexは本当に快適です!小さくて柔らかくて軽い!しかも日本語音声で最高です!一応、他の骨伝導ワイヤレスイヤホンと比較できるように写真貼り付けときます。.

Aftershokzのairという前作もその素晴らしさに即買いした。今回は約2万円とやや値段が高くなったものの、発音機のサイズが非常にコンパクトになっており、装着時の邪魔さがさらに良くなった。繰り返すが前作のairでもほかの骨伝導イヤホンとは比較にならないほどの完成度だったと思う。今回の製品は完璧だと思います。とにかく装着時に邪魔にならない自然な装着感が、これより良い製品は無いはずです。音質ですが、例えばランニングで信号待ちしているとき、音漏れで周囲の人に振り向かれる?ことが以前はあったかもしれませんが、今作aeropexでは音漏れはかなり低減していますのでその心配は少なくなりました。ただし電車内では使用できないレベルの音漏れはあるので、それはダメですよ。それから、楽曲を流してみてすぐわかるのは前作ではややヒステリックに高い感じに鳴るだけだったサウンドが、今作aeropexでは複雑な小さい音も聞き取れるよう表現が改善されています。細かい小さい音もちゃんと出力されていて、それが耳の穴をふさがず不思議に聞こえてきて、ほかのイヤホンとまた違ったリスニング体験が心地よいです。ランニング時の着地の振動などで質量のある発音機ではズレてしまう気がするところを、このaeropexは軽いのでフィットし続け、ずれてしまう心配が非常に少なくなっていて、実際の使用時の良さが格段にアップしています。さらに、バッテリーも改善されて持ちが良くなったようで、6時間が8時間に延長されていて、これも非常に実用度を高くする効果的な改良だと思います。バッテリー容量が増えたというのではなくおそらく省エネ設計に改善されたのだろうと思います。まだあります。今作ではbluetooth5. 0を搭載のため接続が非常にスムーズで、無線接続の無駄な時間が省かれストレスフリーになりました。これだけの改良がしっかりなされており、もはやどこに文句を言えばいいかわからないため満点の商品と評価します。唯一、独自充電コネクターはどうなんだよ。。。汗で腐食しないんかい。。。と思いますが、それはまだ評価できる時期じゃないでしょうね。次の夏でどうなるか、、、あと、独自規格の電源ケーブルがもし壊れたらどうするんだよ、と思ったら2本付属しており、この点も隙が無い。現状で、スポーツイヤホンとしてこれを上回るものが見当たらないため、aeropexは買ってよかったと思うし、前作airがまだ現役で活躍しているので信頼性もあった。ちなみにですが、汎用規格のマイクロusb充電ですと、まず小さい蓋を開けて、usb接続部分を露出させ、そこにマイクロusbを差し込む、裏表を気にしながら、という動作が毎回クソめんどくさいことに気づかされた。例えばusb-cなら裏表を気にしなくていいが、だとしてもフタは必要だろうからそのめんどくささは残る。aeropexの独自規格コネクターはそういうストレスも無くなっていて、素早く充電できるし、バッテリー持ちが良くなったのでそもそも充電頻度も下がって、本当に製品の改良が素晴らしいレベルで行われていると思う。.

2年保証は故障修理の受け付けはあるがユーザー登録は無い質問: 箱のなかにqrコードのカード入っていません登録はどうすれば良いですか答え: focal. Jp >サポート >サポート受付ホーム(サポートページ下にある横になっている長い青色ボタン) >記入2年保証はトップレビューと異なりパッケージが必要でシリアルナンバー、janコードについて記述なしです注意してください。無駄に時間を費やした。良い点商品はコンパクトで良い。いままで2機種3台購入したが、小さい。頭は大きい方だが締め付けは気にならない。付属の厚めのシリコンポーチに入れれば破損の心配も減る。他社2機種3台かったが1台目は一年後に片方断線、同機種2台目は1週間で破損、2機種目は1週間で破損、アフターショックは小さくてフレームが柔軟なのでたぶん壊れない。悪い点他社製品と比べるとbluetoothの接続距離が短い、他社製品が見通しで5m位飛んでいたのに、3mで音飛びする事がある、他社より確実に短い。音質については他社とかわり無いように思う音漏れは6000円くらいのを3台買ったが変わりなしxperiaをxz-premiumよりxz2-premiumに替えたところ繋がらなくなった スマホからは今まで通りカーナビ・bluetooth送信機等他のモノには繋がる、ヘッドセットからはガラケーに今まで通り繋がるxz2-premiumのみ繋がらない.

耳を塞いでないのに音が普通に聞こえてくる…あれ?環境音の一つ?と錯覚しそうなブツ。音量設定次第ではカーオーディオ側で何もしなくても運転しながら音楽を聞けるという優れものとも言えます。実際運転しながらコレ使ってる時もあるし。bluetoothデバイスとしてはマルチペアリングには対応してるけどマルチポイントには対応してないので、音楽デバイス(ipod touchやwalkman等)で曲を聴きながら電話の待ち受けをするのは不可。多分デバイス側で片方のhfpともう片方のa2dp(+avrcp)を切って無理矢理接続って方法も無理かと思われ。ヘッドホン(a2dp)デバイスとしては超が付くレベルの開放型なので、基本的には音楽としての主旋律が聞こえるといった感じかと。普通のヘッドホンと違い付属の耳栓をするなり指で耳を塞ぐなりすれば聞こえてくる音楽の解像度が上がるというのも不思議な感じ。あとavrcpのクリック猶予時間が意外とシビアなので、自分がトロいと自覚してる方は要注意。トリプルクリック(巻き戻し)をしくじって早送り+プレイ(またはポーズ)と取られる事が何度かありました(‘a`)hfpデバイスとしては…とりあえず相手側からの音声は普通に聞こえます。こちらからの音声も、とりあえず相手に「聞こえねぇよ」と言われた事は無いので多分普通に聞こえてるかと。総論としては…環境音が気になる時は超開放型+それなりにボリュームを絞って音楽を楽しみつつ、環境音を気にする必要が無ければ耳栓をして(それなりには良い)解像度も含めて楽しむって感じですかね。まぁ器用貧乏でどっちつかずと言われればそれまでだし、hifiなどと比較されると太刀打ちできないとは思いますが。あとは費用対効果の部分とか。外でのジョギングとかカーオーディオを使えない時の代替試聴といった感じである程度使用用途は絞られそうな気はしますが(‘a`).

3年使ったアンカーのbluetoothイヤホンの電源ボタンが反応しなくなったため購入。ランニングでスマートウォッチ使用したところ最初は接続が不安定でビープ音が5秒毎になっていたが、しばらくたつと安定しました。大量の汗をかいても耳を塞がないため不快になりません。交通量が多い道では音楽が聴こえづらくなるものの音が途切れることもなく音質も満足です。.

こんな人にオススメ・イヤホンやヘッドセットで装着疲れが気になる方・asmr作品などを寝ながら聞きたい方(首後ろのバンド部分が思ったより硬いので使い方には慣れが必要)・耳を防がずに音楽を聞きたい場面が多い方(流石に大音量だと耳がふさがってなくても聞こえなくなります)・ワイヤレスを活かして音楽を聞きながら運動や家事をしたい方オススメできない人・音質にこだわる方(低音が弱いので心音などは聞こえにくいです)※追記:耳栓と併用する事である程度音圧をブースト可能で低い音も聞こえるようになります・耳が遠い方(最大音量があまり大きくない)・敏感肌で振動で痒みなどを感じてしまう方(音量が大きいと結構震えます)個人感想私は催眠asmrを聞きながら寝る事に使用しています。耳を防がないので自然に囁かれている感じを味わえますし、ワイヤレスで装着感がとても軽く異物感がないので睡眠の妨げになりません。このイヤホンのおかげで睡眠時間がとても楽しくなりました、感謝しています。.

音質を求める方にはオススメしません。決して悪い訳ではないですが少し物足りないです。しかしこの商品はすごい。感動物です!ジムのトレーニングやサイクリング、車の運転中など最高です!汗や突然の雨など気にせずガンガン使えます。.

ランニングする時に、今までのイヤホンだと耳からすぐ落ちることがあったのと、周りの音が聞こえず危ないなと思ったので骨伝導を探していました。走りながらでもズレることはなく、長時間つけてても違和感や痛みを感じることもなく快適でした!また周りの音もしっかり聞こえるので、自転車や車の音にも気づくことができるので安心して使っています。汗にも強いですし、2年保証もついてるのでこれからも使い続けたいと思います。.

ランニングでも使えます。嫁も家事をしながら使ってます。ずれもなく、汗をかいてもいいし、bluetoothなのでコードがないのがいいです。星4なのは、メガネやサングラスをかけて使用するとイマイチなところ。使えないことはないはないですよ。.

他メーカーの骨伝導イヤホンを試したことがありますが、フィット感と音質が気になって結局iphoneについている普通のイヤホンを使っていました。しかし、同僚のものを試させてもらったところ良い感じがしたので購入しました。実際使ってみてやっぱり良いです(笑)軽いですしめっちゃフィットします。音質も問題ないです。あと、ほかの方のレビューで製品登録できないとのことで心配していましたが、入っていたqrコードから普通にできたので、心配いらないと思います。.

ワイヤーのヘッドホン4つ、ワイヤレスのヘッドホン3つ、ハンディタイプ2つと次から次へと購入しました。それぞれ良い点、そうでない点がありますが、全部に共通するのが、多少なりとも耳をふさぐこと。外で仕事しながら、周りの音も聞こえてこないと困る、そんな条件をかなえるのは、これだけです。 そして、私はメガネをかけていますが、干渉しません。軽くて、つけているのを忘れてしまうこともあります。寝ている時には、頭の後ろに当たります。顔の前からはめても聞こえますよ!ほんと。  音質は、悪くありません。でも、高音から低音まで求める場合には、少し違うかもしれません。耳栓すると、また違った音になります。これは体感する方が分かりやすい。 迷っている人には、お勧めします。こんなにスポーティだし、第一オシャレです。さりげなく装着してますよ。ブルーもいい。これから、外に出たら、使います。.

長時間でも痛くならないとの噂を信じて購入しましたが、振動部分では確かに痛くならないが、その手前のユニット(音量調節や電源のボタンがあるところ)が耳の裏を押さえつけて痛くなり、長時間使用てきません。使う人を選ぶんでしょうね(頭の幅?形?に影響される)※ここを重視していたため、総合評価は2とさせていただいてますだたしモノ自体は軽くて、バッテリー持ちも良いので良い商品だと思います。音に関しては、質を求められないのを前提に使っているので気にしてませんが一般的なイヤホンやヘッドホンと比べるとイマイチですがトレーニング中や通勤中の使用には問題ないです。.

骨伝導をあまり信用してなかったが仕事でどうしても耳を塞がないで音が聴けるモノを探していたため、その中で1番イイものを選んだ。骨伝導なんてどうせモノラルみたいな感じなんだろうなー、なんて勝手に思ってたけど使って驚いた。あまりの音の良さと性能に(耳栓が入ってて、はめて聴くと更に衝撃の音質)小さく軽く防水も完璧なモノです。高いけどイイものを探してるなら絶対これ一択!!.

Aftershokztitaniumを2年近く使っているので操作方法や、ボタンの位置など何も迷わないで使えました。titaniumも★5つにするほど超お気に入りなので、買い換えるというよりも買い足した感じです。(titaniumを使い続けてすっかりaftershokzが好きになってしまいました) え〜と、まずtitaniumと比べて~、その軽さに、装着した瞬間驚いちゃいましたね。形もあるのだろうけど10gってこんなに変わるんだな〜って。同じ音量で聞き比べたときの、音漏れも少なくなってました。あと大音量にしたときの、低音で肌がブルブルってするあの感じがかなり減ってます。⚠全く無いわけではありません。(え?あ、いや、でも別にあのブルブルが嫌いって言ってるんじゃないんですよ?でもちょっと、くすぐったいっていうかかゆいかな。汗)音質はtitaniumより低音がマイルドにおさえられていて、特に中低音から高音がすごくキレイで、クリアに聞こえるようになってます。(逆に言うとtitaniumの方が低音を感じて楽しい音かも。ただしtitaniumは、少しこもって聞こえますし、音量を上げるとブルブルも増し増しです。だから···な〜んていうのかなぁ。百歩譲って···あ、百歩譲る必要ないや。。つまり〜その〜、こっちのほうが、つけてないような自然な響きがあっていいんです。)付属のシリコンポーチ(スポーツバックじゃない方)も今までの巾着袋よりコンパクトになって、かさばらず使い勝手がとてもよきです。(titaniumも入るのでこれからこっちを使っていこうと思います)titaniumの方にも書きましたが、イヤホンと違って耳を塞がないから蒸れがなくてマジ快適なのと、外で聞くとき外音を取り込めるからマジマジ安全。濡れることも全然気にしないで済むしね〜。あと、ワイアレスイヤホンみたいにバッテリーケースを持ち歩かなくていいから結局こっちのほうが軽くてコンパクトじゃないかな?(あっ、だ、だと思います。たぶん。)だから···だから?あっ、いや、なんかね、鼓膜をショートカットして聞いてるみたいな感覚だし、(イメージね、イメージ。)これって相変わらず中毒性高めで最高だな〜ってさ。うん。ほんとに。あとはtitaniumもaeropexも交互に使って耐久性や使いやすさなど、もっと良いところがあったら(たぶん良いところしかなさそうだけどさ。)レビューしたいと思いますね(^o^)※追記※あーーっあと、レビュー見てくれてるみたいだからコレは書いとかないとね。ダメだね。製品登録は箱のなかに入ってるqrコード(製品登録してくださいって書いてあるカード入ってたでしょ?あれあれ。)を読み込んでアカウント登録して、janコード:4512223688553 モデルナンバー:aft-sp-000002 ↑(コレは両方ともみんな共通みたいだよ)を入力して製品登録したら、簡単に出来ましたよでは bye bye.

主に歩きながらの通話や、ジムのトレーニング中に音楽を聴く時に使用しています。長時間つけていても耳が痛くならず、着け心地はとても快適です。周りの音を拾いながら安全に音楽を楽しむことができ、とても気に入ってます。音漏れは、エレベーターのような密室の静かな場所だと気になるかな?という程度です。日常使いではあまり気にならず、快適に使用できています(^^)また、商品登録ですが、私は全く問題なく登録できました。付属のqrコードを読み取り、amazonの商品ページに予め書かれているjanコードとモデルナンバーの入力で完了です。ネット購入ということで少し心配していましたが、説明書に日本語表記があり、システム音声も日本語なので安心でした。少しお値段は張りましたが・・・初めての骨伝導イヤホン、音質・使用感ともにかなり満足しています♬.

骨伝導ってこの事。安いのも有りますが、耳元スピーカーでした。(中には本物も有るのでしょうが怖くて買えません)「真に骨伝導とはどういうものか?」という基準が明確になると思います。音質云々に期待するのは酷ですが、bgmのように聞こえるのは「会話しながら」「走りながら」「歩きながら」の用途には極めて重要です。用途が非常に限られますが、そのシチュエーションに遭遇した場合は替えが効かない程の特化性能発揮します。使い手を選びますが、合う人にはこの上なくマッチするというニッチな商品です。自分は日々のトレーニング必須だと思い購入しましたが非常に重宝しています。耐久性はまだ検証中です。.

スマホにつないでもすぐにビープ音が鳴って音が出なくなるというかなんですかこれ?スマホにbluetoothで繋ぐ → 繋がったという音声と、スマホにも繋がっている旨の表示 → 音楽や動画を再生しても流れないどころかシークバーが止まって動かない前に買った中国製ワイヤレスイヤホンと全く同じ現象で笑えないです。以前、「やっぱ安物の中華製イヤホンは駄目だわ!」と思ってたら、2万の製品で同じ体験をする事になるとは…。もうこれはワイヤレスイヤホンとはこういう挙動をするものということなのか、やはり有線が最強…。と思ってたらソニーのワイヤレスイヤホンではこういう現象は発生しないんですよね。nfcのおかげ?ウォークマンもしっかり繋がるし、やっぱりソニーは信頼感があります。というかソニーが骨伝導イヤホンを出してくれたら…。ですがまず、骨伝導イヤホンについて自分が勘違いしていたことがあります。「骨伝導イヤホンなら、電車の中でも快適に音楽が聞こえるはず!だって骨に響くから!」と思っていたのですが、全くそんなことはありませんでした。普通に周りの音が煩くて音が聞こえない。音量上げたら上げたで本体の振動が耳の上の骨にじわじわダメージを与える。電車内で音を聞くためには、指で耳を塞ぐか、付属の耳栓をつけなければなりません。(音質は超こもる)「当たり前だろ馬鹿」という人もいるかもしれませんが、私の中の骨伝導のイメージは、「うるさい工場でも使えるもの」という感じ。そう、スマホのtorqueで言っているようなあのイメージだったわけです。それにですよ、骨伝導イヤホンを買う人の中には相当数、「今流行の耳栓型イヤホンつけてると頭が痛くなるんです…」という自分みたいな人間がいるはずです。それなのに耳栓つけなきゃいかんというのは本末転倒。なんの解決にもなっていません。しかもその結果得られるのがこもった音ではさらにどうしようもない。ぶっちゃけノイズキャンセリングヘッドホンを2万で買えば最高に幸せになれるわけです。電車の中だろうが一瞬で静かな空間になります!…デカイけども。結論としましては、これは部屋とか静かなところで使う製品だと思います。たしかに耳の穴には何かを入れないので、鼓膜には優しいはずです。耳の寿命も伸びるでしょう。しかし、それならば既にあるソニー製の耳の穴に入れないイヤホンがあるんですよ。(xperia ear系)更にあれなら耳たぶ側に付けるので、本製品よりもメガネに干渉しません。nfc対応ですから製品接続もスムーズ。それを考えるとこの製品はどういうメリットがあるのだろうかと思ってしまうのです。唯一いいかもと思ったのは、ps4で運送屋ゲームをしていた際に、本製品を接続したウォークマンで骨伝導の音楽を聞きつつ、更に普通のイヤホンを耳に挿してps4の音を聞いていたときの新感覚というものですが…まあこんなものは自分の置かれているような変な居住環境じゃなければやらないですかね。みんなテレビのスピーカーから普通に音出すでしょうし…。あと音質も別に良くないという。そんなこんなで☆2です。残念ながらこの製品では、「耳栓型じゃないのに、電車で音楽が聴けて、超コンパクト!」という自分の目的は達成できませんでした。いま自分が陥っている接続関連の問題が解決されたとしても、評価は☆3くらいですね。でも商品のパッケージがすごくおしゃれな感じで、ゴム製収納ケースやら、防水ポーチやら、充電ケーブル(2本入り!)やら色々ついてましたし、バッテリーもなかなか多いらしい等、そういうところは非常に好印象です!.

良く聞こえます、ボリュームをかなり上げるとビリビリ感も出ますか中位では全く違和感がありません、今まではワイヤレスイヤーフォンを片側だけ使っていましたが、こちらに変えます、もう少し安いと良いのですが、防水性も高そうなので持つでしょう。.

この一つ前のモデルのairの右側の根本にヒビが入ってしまったので同商品を買い直そうと調べてたら新モデルが出てる事を知りこちらを購入しました。airで自分が常々不満に思ってた点が二つあります。一つは防水、一応airは防水ではあったんですけど耐えられるラインと言うかどれ位まで濡れたら壊れるのかがよく分からなかったので傘などを所持してない時に雨が降り出したら怖くて原則使用中断してすぐしまってました。もう一つは側圧、airを2時間位着けっぱなしでいると側圧が強いので締め付けが徐々にきつく感じ西遊記の悟空の頭の輪っか見たいな感じで痛みがでてきて着け続けるには結構我慢しないといけませんでした。aeropexでは防水は前より神経質にならずに使用出来そう、側圧も前と比べればほぼ感じず長時間着けてて締め付けられる感じがなくなったので煩わしかった点が改善されてて非常に満足です。後ボタンを押すだけでバッテリー残量を日本語で教えてくれる様になったのも改善されたと感じました。唯一前のモデルの方が良かった点はボリュームのボタンを押したら耳に取り付けたり本体を見なくても振動で電源が入ってるかどうか触覚で判断出来た点だけ新モデルは振動しなくなったので電源の切り忘れなどの確認が一手間多くかかって個人的に少し不便に感じてます。私の使用用途は移動時や作業時にラジオなどを聴いたりするながら目的が大半なので音質に関してはそこまで強いこだわりがありませんが不満に感じた事は前モデル含め特にないです、重視してるのは装着感なので常時使用しやすくなったのはありがたいです。後骨伝導ヘッドホンを使用しだして自分なりの一番の発見は食事でした。私は咀嚼音が頭に響いて気持ち悪くなるのでイヤホンなどを付けたまま食事が出来ません。骨伝導だとそれが全くないのは驚きでした(このメーカー以外のは使用した事ないんで断言出来ませんがおそらくどのメーカーでも)元々目的には全く含まれてなかったんですが今では快適に一人で外食などする際にも大変重宝してます。私は購入して概ね満足してますが、製品登録に関しては悪意すら感じます(面倒だしきちんと登録出来たのかどうかも判別不能)購入検討してる方はご注意を。.

インナーイヤホンで耳に湿疹ができ始めたので、骨伝導イヤホンを検討。初めてなので手頃な値段のもので検討しましたが、安いものは「音もれがひどく、単なる耳の近くで鳴るスピーカー」と評されているのを見て、やはりしっかりした品質のものを、と思い、こちらのaftershokz aeropexを購入。届いてさっそく使ったところ、思った以上に音質が自然で驚きました。生活音のある空間で普通に聞こえるレベルに音量設定をした場合の音もれは、5cmくらい近づかないと聞こえませんので、通勤時などには周りの迷惑になるようなことはないと思います。(大音量で聞きたい人はそもそも耳を塞がないタイプは不向きだと思われますので)本体もすごく軽く、ヘッドフォンのような重さや耳をふさぎ、付けている感がなく、聞きながら人と耳で会話もできるので、通勤・職場でのbgmや、家庭内でながらをする時にすごく便利です。後頭部をまわるワイヤー部分は、頭につかないように浮いているので、頭がフリーなランやバイクなどのワークアウトには向くと思います。私の場合、ベンチをよく使うウェイトトレーニングですと、頭をベンチに付けた時にはこのワイヤーが邪魔になってしまいますので、ジムでは残念ながら活用し難いです。ワークアウト時には、左右独立した耳に挟むタイプの骨伝導イヤホンも考えたいと思います。しかしこんなに音もれなくクリアに聞こえると思っていなかったので、今後は常に骨伝導イヤホンが優先選択肢になると思います。素晴らしいです。.

骨伝導ヘッドフォンとしては高額の部類ですが、音質が「普通のイヤフォン並み」で驚きました。ただし、ある程度以上にボリュームに上げると、周囲の音は打ち消されて聞こえなくなり、低音は強めの振動を伝えてくるので、あくまで小さめ~普通の音量で使うもの。音漏れもあるので、人混みや電車移動には向きません。本体はかなり軽量ですぐに馴染むため、装着位置を何度も確認するようなことはありませんが、後ろ側のアーム(後頭部側)がシャツのエリやパーカーのフードなどに当たると、雑音が響いたり、装着位置がズレるので、何かをくぐる、見上げるなど頭が上を向く動作が多い人、よく壁などに寄り掛かる人には向かないかも知れません。商品には概ね満足ですが、同社製品でたくさんのレビューで挙げられている「保障」の問題が気になるところですが….

箱出しの音質は皆さんが仰るように褒められる音質ではありません。しかし、質量の大きな振動板をダンピングするためのダンパーは少し硬すぎなのかもと思いエージングを実行不思議なくらい化けました。結構高価なイヤモニでしか聞き取れない低音になると流石に無理みたいですが、実用上問題ない音質だと思います。特筆すべきは、3dで聴こえるところですかね。外音か出力された音か判断できない時があるほど自然な3d音が楽しめますただ、通話に関してはもう少しがんばって頂きたい。アイデアはあるけど、ここで論じては拙い話しなので割愛騒音環境下では、少し相手に伝わりにくいみたいです。.

ベスト AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 ソーラーレッド 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.