Daily Archives: August 9, 2019

JVCケンウッド JVC HA-FXT100 TWINシリーズ カナル型イヤホン Hi-SPEEDツインシステムユニット採用 ブラック – かっこいい

音は2000円やそこいらのものとは大違い。fxt200でも良かったかな。ただし、初期不良があって、メーカに問い合わせが、対応に不満。結局、amazonが即交換してくれました。amazonで買ってて良かったって感じです。. ハイクラスのオーバーヘッドタイプを探してたら高グレードイヤホンタイプを知りましたイヤホンタイプは数十年ぶりの購入になります試しにと、1万程度を考えてましたが、外れだと嫌なので本製品を選択耳にキッチリとフィットするのには驚き…浦島太郎?音質は中高域は良いです、ギターの弦をこする音もいい表現で聞こえます私的には、低音域が、弱い気がしますコスパは良いと感じました。ケーブルか体に当たるとノイズとして入ってくるので、歩きながら使う場合は要注意かと。. Bass ok i use a mobile phone samsung galaxy j. 1年以上使ったソニーのex650が古くなってきたことと、amazonだと店頭より3000円以上安かったので気分転換に買ってみました。 最初、ipodと組み合わせた時はex650と同様に低音が目立つばかりのモヤモヤな音で値段なりのイヤホンなのかなと思いました。 しかしその後別件で買い替えたウォークマンa16にハイレゾではなく既存の圧縮音源(mp3やaacの256kbps)を入れ、fxt100で聴いてみると音場の広さとひとつひとつの音の解像度の素晴らしさに感動してしまいました。個人的にはウォークマンのイコライザーで高音をすこし持ち上げると非常にいい雰囲気になるとおもいます。 それでも、そのまま使うと高音がいまひとつなところ、ボーカルの質感もex650と比べて物足りなさを感じますが、そこは上位機種のfxt200を選べばいい話ですね。6000円台という値段を考えたらとても満足のいく買い物となりました。壊れるまで愛用したいと思います。. 最短記録の買ってから2ヶ月半で壊れました音がいいのにもったいないです. イヤーピースが少ないので合う人はよいが合わない人はちょっと厳しいかな。. 音質に関してはこの価格帯では到底出せない音で、素晴らしいの一言です。しかし、使用4ヶ月ほどで先のカナル部分が取れてしまい、保証で交換しました。さらに新しいものも使用二週間ほどで全く同じ壊れ方をしました。ちょっともろいのかなと思います。ただ修理は驚くほど迅速な対応だったので満足です。2016/5/4追記修理だしてからまたひと月くらいで同じ壊れ方をしました。やはり耐久性に難があるようです. 評価が良かったので購入してみましたが、低音と高音が伸びがあり、聴きやすいです。. 利点と欠点 メリット 耳にフィット とてもフラットで聴きやすいチューニング 音のメリハリが最高です。 デメリット 商品が届いて、初めて聴いた時グルーヴ感という表現がピッタリでした。高音から中音域は鮮明に、低音域は不必要な伸びがなく、心地のいい切れ味です。確かに、聞き慣れた曲に新しい音の発見があります。sony製とは違う…スタジオの原音に近い印象です。特に、スネアドラムの音がはっきり聞こえるのには驚きました。普通の曲でさえ臨場感が味わえるなんてさすがjvcだと思います。. 全体的バランスがよく、ボーカルもきちんと出している、外で使うのにちょうどいい。この値段でこのパフォーマンスはかなりいい買い物だったと思う。すこし気になるところといえばケーブルのチープさかな。. 外出用として購入しました。フィットサポートが付いており、装着感は上質です。上手く耳にはまって、外れにくいのでランニングにも使えるかと思います。また、音質ですが購入当初はあまり良い音が出ません。ですが、購入しておよそ一ヶ月の現在では、割と好印象な音に変化しました。6,000円にしてはなかなかクリアで、解像度があります。バランスは思っていたよりもフラットで、若干ドンシャリであるとも言えます。高音は僅かながら刺さります。低音は邪魔にならない程にしっかり出ています。中音は結構前に出ています。また、全体的に音圧があり、アタック感があります。あと余り音場は広くないです。聞き取り易いとも言えますが、まあそこは値段相応でしようか。このモデルはグルーヴ感や引き締まり、スピード感を重視したものですので、オーケストラは向きません。あと、高音が特にドライな感じがあり、ざらざら感があります。でも、このお値段でこの音であれば、装着感を含めかなりコスパが効いてるかと思います。. 今までイヤホンはいくつも試してきましたが最後に落ち着いたのはer-4pでした。5年ほど前に買ったとき3万円ぐらいしたと思います。2年ほど使ったのですが調子が悪くなりヘッドフォン(akgのq460)に移行してしまいました。夏の暑いときなど時々イヤホンを使いたいときがあったので国産の評判がいいものを買ってみたりしましたが、装着時の安定感がないし音もer-4pには到底適いませんでした。今回このha-fxt100を入手してすぐに感激してしまいました。まず装着がとてもいいです。カナル型といっても耳にギューギューと入れる必要もなくちょっと押す程度できちんと固定されます。「フィットサポート」の効果が絶大です。それから音も分離がよく低音も十分に出ますしバランスがいいです。上位バージョンも聴いてみたいとは思いますがこれで十分です。音の奥行きとかはヘッドフォンには適いませんので実際に使うことは限られますが夏場やジョギングのときには出番が多くなると思います。. 賛否両論であったha-fxt90の正当な後継機です。シリーズとしてはエントリークラス、これより数千円高い上位機種があります。外形デザインは縦2ユニットの独特なもので、好き嫌いが分かれそうですが、何か一個性を感じ個人的には◎ケーブルは今流行のきしめんタイプではないものの柔軟性があり質感は良い。音質に関してはa10、直、ハイレゾ音源での評価となります。まずレンジに関しては上下狭い感触、ただ今後のエージングによっては良くなるかもしれない。これは前作が結構上下好き勝手に音を鳴らしていたところをバランスを取り直した結果か。やや個性的ではなくなって残念ポイント。空間表現もややイマイチ、クリアさも劣っている。ただし、聴きやすさという点においては優秀で長時間のリスニングに向いているかもしれない。jvcは低音域のドライブ感が価格に見合っていないほど良いのがウリだと思っていたが、こちらもやや良い感触に留めている。総じて、プレーヤー付属のものからの1度目のステップアップには丁度良いが、他のイヤホン類も所持しているならば、それほど気になる存在ではないかなと思う。個人的にはjvcは安価で良い商品を出しているメーカーさんで非常にお気に入りなので推す意味を込めて☆4つとした。. 毎度、重低音をメインとしてビクターのイヤホンを購入していましたが、今回のha-fxt100は広がりのある中高音域を持っています。特にアコースティックギターの弦の響きはとてもいいと思います。しかしクラシックにはあまり向いてませんでした。あと、イヤーピースのドットの凹凸が音質に影響すると言う点はすごいと思いました。そして何よりビクターの製品は耐久性に優れています。. 某家電量販店にて5000円〜10000円の複数のイヤホンを試聴してみて1番音質が良かったです。グルーヴ感あふれるキレのあるサウンドを楽しめます。. まず自分が1番感心したのは低音ですねー、他のイアホンは低音が少ないかな?っていう感じでしたがこれに関しては全然思いませんでした。試しに曲を編集しバスブーストかけて聞いてみましたがしっかりドンドンなってくれました。中高音域の方なんですがややもの足りません。どこが物足りないのかと言いますと、オーディオテクニカの3万程度のイアホンと比べると曲の最大に上がる高音が出きってない、そしてエージングかけてないと非常に汚い音質でした。このイアホンに関してエージングは必須と言えるでしょう。他かくとすれば誰の耳でもフィットしてくれる大きさってところですかね、エレコムのイアホンなんでデカすぎて辛かったですがこの商品は非常にコンパクト、ただそこで問題点があり、小さいということは線も細い ということは断線の恐れあり?って思える商品ですね、取り扱いは注意が必要となります、ただ値段が7000円台まで落ちてこの音質なら文句はないと思います。. 2ヶ月程使用したら急に音が聞こえなくなりました。jvcのイヤホンに対する信用を完全に無くしました。. 特徴 JVC HA-FXT100 TWINシリーズ … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on JVCケンウッド JVC HA-FXT100 TWINシリーズ カナル型イヤホン Hi-SPEEDツインシステムユニット採用 ブラック – かっこいい

GLIDiC 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ホワイト) Sound Air TW-5000 SB-WS54-MRTW/WH – 開封済み

毎日使ってる!たまにすぐ接続されないときもある。すっぽりハマって操作も簡単でいい!コードがなくてスッキリする!!!!!. 箱から取り出すさい透明シールや本体の保護シールも外させた開封済みの商品が届きました!?販売店はどういう事なのでしょうか!?. 新品で売り出しているのに、既に開封済みでした。本体には傷もいくつかついており、ペアリングもできませんでした。がっかりです。. 中華系の安いbluetoothのイヤホンを何個か試してこの製品にたどり着きました。初めて見つけたのはロフトだったので胡散臭い商品ではないな、と判断。実際使ってみてもスマホをいじらなくても音量調整や早送りなどの操作ができるのがポイントが高いですね(他の中華ブランドのはそれができず、スマホでそれを操作しないといけなかったりとまじでクソな使い勝手なのに星4以上をつけてるやつがいるけど、あれは絶対サクラなので注意が必要)音質はちょっとこもった感じがします。耳につけた時の感覚はかなり密封感がありますので周囲の音があまり聞こえないので注意が必要です。. ワイヤレスのつながりもよく、満足しています。電池の持ちも気にならない程度です。(通勤1時間20分程度)音質を語れるほど良い耳はしておりませんが、音質が悪いとは感じません。コストパフォーマンスが高い一品ではないでしょうか?. ケースに入れておくと少し音がして不安ですが、基本的に満足して使えております。. 購入してから2カ月で充電時に白い煙と異臭!問い合わせると初期不良以外無理だと!安いからと言って買えば、その分損しました!二度と買いません!. 最高です。音質もいいし、可愛いし、邪魔にならないし、充電も三時間以上連続で聞くことないので十分に足りてます。箱の方の充電がコンセントでできるタイプにしてくれるとありがたいですが、携帯の充電機を充電するやつでできるので私は困っていません。. 利点と欠点 メリット 周囲の音があまり聞こえないので注意が必要 満足です 異音あり? デメリット 毎日使ってみた感想として、表示されている継続使用時間よりかなりに短いです。音量はスマートフォンのゲージで半分ほどでの使用です。これひとつ持って出掛けると帰りの電車ではきけないので、やはり以前から持っているコードタイプのイヤホンを同時に携帯しています。イヤホンとしては中級品でそれなりに高価だったため、使わないともったいないし、持ち歩くとなると二つ持ちでかさばる。なんだか複雑な気分. 接続の安定性が良いとの評判なので買ってみました。家の中やオフィース内は大丈夫ですが、電車内、駅中、街頭では音が度々途切れて実用には耐えませんでした。sonyのwalkmanとの相性なのかも知れませんが、残念な結果でした。左右分離式の完全ワイヤレスは当分諦めてお蔵入りとします。尚、接続自体は大変簡単で早いです。ここはポイントが高かったのですが・・・. ◆音もカラダも自由になる。完全ワイヤレスイヤホン◆再生周波数帯域:20~20000Hz◆音圧レベル:104dB/mW ±3dB/mW◆ドライバー型式:ダイナミック型※初期不良も含め、故障等の際は、お客様から直接メーカーにお申し込みいただく事となります。あらかじめご了承下さい。 ベスト GLIDiC 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ホワイト)GLIDiC Sound Air TW-5000 SB-WS54-MRTW/WH (ブラック) レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on GLIDiC 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ホワイト) Sound Air TW-5000 SB-WS54-MRTW/WH – 開封済み

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica アートモニターヘッドホン ATH-A900 – 世界が変わった・・・

私の場合、近くの店でath-a500のデモがあり、試聴をしたところ、好きな音だったということと、様々なレビューも見て、決めました。購入しようと思った直接のきっかけは、下のページです。「電子ピアノを10倍活用する」-ピアノが上手になる・超簡単ヒント集[. ]主に電子ピアノの音を聞くのに使用していますが、気持ちいい音です。音楽を聴くのにも適していると感じており、満足しています。聴いているcdの世界に旅立ってしまいそうです。具体的に、どこがいいのかは、うまく言いあらわせません。購入を考えている方は、電気店などで、同じメーカーの違う機種でもいいので、実際に聴き比べてからがいいと思います。. 「audio-technica ath-a900」は、音の立体感が最高のヘッドフォンです。音は、クリアかつバランスのとれた印象です。原音を忠実に表現しながら、そこに立体感を加えることによって、臨場感を味わえます。今まで、聞こえてこなかった音までが、くっきりと微妙な位置から聞こえてきたりして、音の楽しさを知ることができる1品です。この値段でこのパフォーマンスならば納得がいきます。コードは布製です。絡みにくくひじょうに使いやすくなっています。装着館は、やや重いので、3時間以上装着していると首が痛くなってきます。そして、イヤパッドが固めなので、もう少し素材を考えてほしいなあと思いました。製品名のとおり、モニターするためのヘッドフォンですので、メーカーは、長時間使用することはさほど重視していないのかもしれません。とはいえ、値段に見合った音のパフォーマンスが充分発揮されています。そこは、さすが老舗です。. 2ヶ月前に買いました。 高低音バランスがとれていて良品です。偶に見かける評価で「ヘッドホン初心者にオススメだが、後にさらによいヘッドホンを買った場合出番が少なくなる」というものを見つけますが自分はそうは思いません。これほど音源に忠実なヘッドホンは音源のありのままの姿を届けてくれます(高音または低音を強調せず)。なのでこれでヘッドホンにハマり、さらに新しいヘッドホンを買った場合でも「真面目である」性質ゆえに重要なポジションにあり続けるはずです。楽曲を聴くとき、a900→他のヘッドホン a900→また別のヘッドホン という使い方が出来ます。なので音の変化を確認しやすく よりそれぞれの機種を楽しめます。安心して買える商品だと思いますよ。. 優れた振動板や堅牢なアルミ製のハウジングによるものなのでしょうか、とても良い音質です。特に軽やかな低音に魅力を感じます。軽やかな低音といっても、薄っぺらな低音という意味ではなくて、反応の良い低音という意味です。ヘッドホンのコードにもひと工夫があり、布巻きのために絡み合うこともありません。このヘッドホンは密閉型ですが、実に軽~くて自然な装着感です。私は、これまでは開放型のヘッドホンしか使用したことがなくて、密閉型ヘッドホンは「食わず嫌い」だったのですが、このa900を使用してみて、密閉型への印象が180度変わりました。a900の音質の良さや軽い装着感、密閉型でありながら閉鎖的な感じにならないところに満足しております。. ヘッドホンに詳しいわけでは無いが付け心地は良いと思うし音も問題を感じる点は無い。.  皆さんの評価のとおり、確かなフラットさが最大の特徴。 微細な音まで拾ってくれ、今まで聴いていた曲にも新発見があります。 女性ボーカルの『サ行』が厳しいものの、高音の伸びは良く、低音も耳障りにならない程度に響きます。中音域を過不足なく聴かせてくれるのが素晴らしい点で、ジャズを聴いていると細かな息遣いによる音の変化まで楽しめます。 全体的に素晴らしい音を鳴らしてくれますが、打ち込み系は音の伸びしろがない分、余計に単調に聴こえるかもしれません(本格的なテクノだと、話はとたんに変わるのですが)。 普段からテクノを聴くのでath-m50が最初の選択肢でしたが、ジャズやフュージョンを考えてこちらを選びましたが、正解でした。 ipodなどの音楽プレーヤーだとやや音の伸びや響きが弱いものの、自宅のアンプにつなげたところ、大化けしました。このヘッドホンを使うなら、そこそこ出力のあるアンプがないと、性能が活かしきれないようです。 特に強く鳴る音域もないため、音酔いすることもなく、リスニングに非常に適しています。 ボーカル曲、生演奏を楽しむならこのヘッドホンはこの価格帯ではベストチョイスなのではないでしょうか?. 電気店で聞き比べ、すっかり気に入りました。他の方も言われてます様に、聞きやすい音です。高音がクリアだと気持ちよく感じますが、それが強すぎると聞き疲れてします。a300は、どの音域もバランスがとれている(くせがない)感じがします。装着したときの圧迫感が少なかったのは意外でした。長時間装着すると、やはり少し蒸れる感じがしますが 不快ではありません。購入して正解でした。. ヘッドフォンにも高い安いがあり、音質や装着感などで差があります。当然高いほうが総合的な満足度は高いですが、支払う対価も相応になってきます。その点、本製品は高い部類のヘッドフォンではありませんが(14000円位ですし)、安物には無い、高級品の片鱗を十分味合わせてくれるヘッドフォンに仕上がっていると思います。3万円台以上の高級品を買えば十分満足できるでしょうが、ヘッドフォンは商品ごとに個性が強く、音の鳴り方にかなり差があるものだと思います。なので、高いものでも自分の好みに合わなかったりすると悲惨です。(だから試聴が大切)その点、この製品は値段もそこそこですので失敗が少ない。その割に装着感は凝ったつくりをしていますし、意匠にも十分気を配られています。肝心の音ですが、オーテクお得意の高域寄りでボーカルを持ち上げたような鳴り方です。耳の近くで鳴っているとか、その辺は他の皆さんが散々レビューしているとおりです。しかし、上位のw1000と比べると音は雑味を増す分、a900の方が低音が出ており、ある意味バランスよく鳴っているとも言えます。本機は密閉型なのでオープン型と比較するのはどうかと思います。他のメーカの密閉型と比べた場合、女性ボーカルのサ行の音が綺麗で明瞭、伸びもそれなりにある点は、そういった音が好みの人にとっては価格クラスを超えた実力を持っていると思います。音に関してはバランスのとれたヘッドフォンではありませんが、フラットすぎるヘッドフォンは私を含めた初心者にはつまらないかもしれません。音に個性があって、つくりがしっかりしている本製品は、高級ヘッドフォンの入門用として、選択肢に入れる価値が十分にあると思います。. 利点と欠点 メリット いいです! Excellent Headphones まさに評価通りの音。 デメリット 音は良いですが一日中つけているとさすがに耳がいたくなります。音は良いです。. 性能に関する詳しいレビューは他のレビュアー諸氏に譲るとして、オーディオ初心者としての目線で評価したいと思います。まず、初めに感じたことは「でかい、重たい」ということです。装着した感じはそれほど圧迫感はないのですが、正直、首が疲れます。密閉性は優れていて、そこそこ音量を上げても外部に漏れることはありません。私は夜間に音楽を聴くことが多いので密閉式にこだわりました。リスニング環境としては、pc→hud-mx1→ath-a900で、ソースはitunesからダウンロードしたものやcdをインポートした音楽ファイルです。プレーヤーソフトはitunesを使用しています。これまで、boseのtriportを使っていましたが、こちらは低音重視の音作りに徹しているのに対し、aht-a900はバランス重視の音作りをしていると思います。特に前者は、低音が強調される半面、全体的にぼやけてしまう傾向があるのに対し、後者は音の輪郭がはっきりしていてキレがあります。同クラスの中ではかなり優秀な部類に入るのではないでしょうか。私は主にフュージョン、リラクゼーション、ジャズを聴いていますが、低音から高音までしっかり音場が広がっており、十分納得のいく本格派ヘッドホンだと思います。. 因みにエージング50時間、使用200時間を越えた後のレビューです。尚、使用環境はpc→onkyo se-90pci→audio-technica at-ha25d→ath-a900となっております。音 質:非常に美しい音を出してくれます。特に高音域〜中音域の分解能がすばらしく、細かい音まで艶やかな表現をしてくれます。     低音域に関しては量こそ控えめではあるものの必要量の低音は出ており、クリアな低音が楽しめると思います。verygood!装着感:非常に優しいです。3dウィングの効果もあるでしょうが、長時間の使用に特に問題を感じません。見た目の割りに軽いのもgood!     パットの部分も柔らかくて良い感じです。流石です・・・good遮音性:音楽を聴いていると周りの音は余り聞こえません。音の入力の無い場合でもしゃべり声が聞き取りづらくなります。good音漏れ:通常使用をしていて音が漏れていると言われた事はありません。good見た目:かなり大きいですが家での使用を前提としているため、この辺りは問題なし。青いハウジングは写真よりも高級感がありgood耐久性:寝ながら音楽を聴いたりもしますが壊れたりは特にしていません。good総 評:買って損をしたと感じるなら使用環境に問題があると思います。後は低音バリバリでないと聴けない方にもお勧めはしません。     しかし高級ヘッドホンの実力を感じ取れる良い物だと感じました。これはロングセラーで売られる訳です。verygood!です!(笑. 今までは1500円程度の安物ヘッドホンを使っていました。それからいきなりこんな高級機に手を出してしまったわけですが、後悔はしていません。なぜなら、とにかく安物とは音の良さが違うからです。音がかなりクリアに聞こえる!音が割れずにしっかり聞こえる!などなど。安物ヘッドホンで何度も聞いた曲もまた違って聞こえ、曲を聴くのが楽しくなってきます。布巻きコードは絡みにくく、イヤーパッドもやさしくぴったりフィットします。初めのうちは側圧がきつい、耳の裏のメガネのツル部分が痛い、と思って30分くらいしかつけていたくありませんでしたが、そのうち慣れてきて2時間でも3時間でもへっちゃらになりました。ヘッドホンは安物も高級機も大して変わらないなんて考えが見事打ち砕かれました。. まず、装着感が良い。 ぴったりフィットして軽く、密閉型なのに長時間使っていても疲れません。そして、音。 ひとつひとつの音がくっきりと鮮明に、耳で聴いているのに身体全体に柔らかく響いてくるような不思議な体験に、ちょっとした感動さえ覚えました。 高尚な音楽を聴くわけでもない私には贅沢品だと思いつつも、思い切って購入した甲斐がありました。これまで散々聴いて新鮮味がなくなっていた曲でも、こんなにいい声&曲だったっけ?と感じられるから不思議。 ヘッドホンでこんなにも違うものだとは知りませんでした。たいして滑れず苦手意識さえあったのに、北海道の広大で上質な雪質のスキー場で滑ってみて、スキーって楽しい!と初めて思った体験にちょっと似ています。 ある意味、初心者にこそふさわしいのかもしれません。推薦してくださった皆さんのレビューに感謝しております。 . I have been using these for two years. I listen mostly to jazz, classical and … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica アートモニターヘッドホン ATH-A900 – 世界が変わった・・・

ゼンハイザー(Sennheiser) Sennheiser イヤホン CX400-II – 安物に注意

I had the cx300ii and after years of use i decided to switch to the cx400ii. I thought it was a small difference but the package comes with lots of accessories and for the price it worths it. Great sound … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) Sennheiser イヤホン CX400-II – 安物に注意

AIKAQI ワイヤレスヘッドホン 密閉型 NFC搭載 Bluetooth 4 – Windowsで

Bluetooth目当てで買って音質はあまり期待していなかった予想通りあまり音質はよくなかったiphoneの純正イヤホンの方が迫力がある音が出てるだけどbluetoothだから持ち運びは◎. Ever since i got my first bluetooth headphones, i’ve never wanted to buy anything else. The freedom from cables is pure bliss. The first thing that attracted me to these headphones was the cool looking style. After reading the … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on AIKAQI ワイヤレスヘッドホン 密閉型 NFC搭載 Bluetooth 4 – Windowsで

Tribit [進化版Bluetooth 5 – 防水、Bluetooth、過不足なし!

大きさ、耳にフットして1日中落ちない。ランニング中も落ちない。両耳接続良い、今まで購入してきた物より、ダントツ良いのに、低価格、ありがとうございます。. 自分自身で完全ワイヤレスイヤホンを拘って購入した事はないので、正直善し悪しはあまりわかりませんが、ただ、私は低音が響くものの方が好きなので、音質については概ね満足と言った感じです。様子やデザインやかっこいいと思いますので、かなり満足です。また、イヤホンには特別な差し込む角度があるので、激しい運動でも簡単に抜け落ちる心配もありません。充電は本体ケースにイヤホン入れると充電されるので非常に手軽です。また、充電ケースは小さくて、軽くて、携帯するのにすごく便利です。価格もお安くそれなりに満足の音質とデザインでいい商品と思います。. これを購入する直前に、やはりタイムセールで3000円程度で購入したのが余りにも音質、音量共にダメな製品で、“やはり1万円程度は出さないとまともなものは買えないのかな?”と思いながらも性懲りも無く再度同価格帯のこの製品を購入。結果は十分に満足できる性能でした。とてもコンパクトな充電ケースなのでポケットに入れても邪魔になりにくく、音量もタップリ。満員電車などでは試していませんが、接続が途切れる経験も数日使った今の時点では経験していません。音質ですが、忠実度の高いクリアな音質であるものの、説明にあるような重低音とは感じません。一般的な低価格ヘッドホンの平均的なレベルか、ちょっと良いかという感じで、音楽を大音量で長時間聴くと疲れる感じです。なので、マイナス1させて頂きました。でも、3000円クラスの製品でも十分に満足出来る製品がちゃんとある事が分かって、特にコンパクトさを重視する自分には買って良かったと思える良い製品です。ぶっちゃけ、amazonのレビューってどうなっているのか、逆に不思議になりました。. 完全ワイヤレス型を妹にプレゼントで購入しました!かなり気に入ってもらえており満足してます。音質は値段の割にかなりよくコストパフォーマンスが高いです。. 友人のプレゼントに購入しました。イヤホン最先端な無線イヤホンが高音質低音強化機能を搭載し、完全ワイヤレスイヤホンは磁石式でカチッと充電できる収納ケース付きで軽量で充電も簡単なので、とても喜んでくれました。. 良い点は・小さくて使っていても全然耳への違和感がない・自動ペアリングや充電ケースなど必要最低限の機能が揃っている。・bluetooth5. 0でだいたい対応している。注意点として・18時間連続再生と書いてありますが、これはイヤホンケースで充電をした時に使える合計時間ですのでお気をつけください。. 初のワイヤレスで試し購入でした。ケースから外し耳にセットした際に片耳ずつ、電源が入ったアナウンスが流れるのは良し。. ケースも含めてすべてサイズがすごく小さくて使いやすいです。イヤホン自体も高音質で満足です。とにかく持ち運びが便利な小さいサイズで満足してます。ありがとうございました。. 利点と欠点 メリット 満足です。 イヤホン コンパクトで満足度の高い性能 デメリット ケースも含めてサイズ感がすごく小さく使いやすいです。イヤホン自体の音質も満足いく感じです。とにかく持ち運びが便利な小さいサイズで満足してます。. ほぼ満足です!自分の耳にもしっくりきます。ランニングでの振動などでポロリと落ちることはありません。クルマの運転の時に大きなトラックが横並びされたとき、トンネルのときに、それぞれ一回だけ音が飛びましたがそれ以外は全く問題なしです。値段が安いのでいいですよね。ブルートゥース5. 0なのでクオリティは申し分なしです☆彡.   大好きですイヤホンはもう5日前に届けました!感想は:一番気に入ったのは品質感がある見た目、コンパクトなケースところです!!綺麗なものが大好きの私にとって、イヤホンの見た目が一番重要なもの。本当にかっこいいです!!満足です!!電車通学なので、ある程度外の音をシャットアウトしてくれることも嬉しいです。初めて左右独立タイプを使用しましたが、耳から落下せず音質もよかったです。また、ハンズフリーも問題なく通話できました!全体的にはめっちゃよっかたと思います。. ワイヤレスイヤホンを購入しました。クリアな音質でしたので、快適に集中して音楽を聴くことができました。また、モバイルバッテリーとして携帯電話へ充電するもできます。一度充電した場合、3時間連続再生できるので満足です。. 取扱も簡単で音も聞き疲れないと思う。ボコボコした低音が好みの人は物足りないと思う。ps. わりと頻繁に左右のどちらかが音切れします。気になるけど面倒なので返品しないで使ってます。. 妻へのプレゼントで購入しました。満足しているようです。ボタンをタッチして、携帯と自動接続しました。使いやすいです。軽いしコンパクトで収納しやすい。. 音も良し。取り回しが良く、特に、私の耳とぴったりだったので、良い買い物となった。音飛びも、ほとんど無いようです. 評価変更です。電車の中とかては、頻繁に音飛びや左右音ずれが生じます。自宅とかでは、あまり生じないので、ノイズに弱いのではないかと思われます。返品検討中です。クルマ用のhimboxというものを使っており、使い勝手がよかったので、同じメーカーものを買ってみました。結果、今のところ好調です。まず、つながりが早い。(というか日本製のつながりが悪い)片耳でも使えるので、片耳のイヤーレシーバーを買うくらいなら、こちらの方がいいかと思います。装着感もいいです。途切れは多少あるかも…。まぁちょっと気になる程度です。. 母へのプレゼントでmp3プレーヤーと一緒に購入しました。最近、ジムにも通ってるとの事なので、安価ながら汗をかいても大丈夫なこちらを選びました。設定も簡単で良さそうです。購入金額から$1募金されるのにも好感がもてました。. 特徴 [進化版Bluetooth 5.0] Tribit X1 完全ワイヤレス イヤホン 超小型 Bluetooth イヤホン 高音質 防水設計 18時間連続再生 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Tribit [進化版Bluetooth 5 – 防水、Bluetooth、過不足なし!

Audio Technica(オーディオテクニカ) エヴァンゲリオン新劇場版:Q 鷺巣詩郎 Produce インナーイヤーヘッドフォン A – ベースモデルの面影はない。

Ckm99がベースモデルと言う噂を聞き、丁度それをなくしてしまったので購入。eva大好きなのでサントラやbdを見るととても良い感じ。エージングは未だそれほどしていないけれども、サントラ以外にはやや難ありかも知れない。重低音に振りすぎている為か、やはり中高音が微妙な感じ。重低音が出ている方が好みなので良いけれども、バランス重視や伸びやかな中高音を楽しみたいと言う方には厳しいかも。尤も、そうカスタマイズされていると分かっていて購入すると思うので大丈夫だと思いますが。付属しているイヤーピースは3つのサイズしかなく、非常に安っぽい作りなので、手元に余っているイヤーピースがあればそれを使用することをオススメします。最後になりますが、自分は tm. ねっとshop さんで購入しました。安かったですがevaのホログラムが付いていたので、正規品だと思います。. 価格が安かったので購入し、音質については、少しあきらめていましたが、このイヤフォンは、音質も最高です!クリヤーな音で気に入っています。エヴァンゲリオンのコラボでデザインもとてもかっこいいです。お勧めですよ!唯一の欠点は、コードが固く少し短いですが問題無しです!. 格安で購入できました!エヴァンゲリオンのファンとして、あらゆるアイテムを購入させて頂いています(^^)最初は値段的にどうなの?って思っていましたが、音質品質は抜群ですし、見た目もok!今回は保存用と使用用で2個買いました~(笑). 5千円以下で買えるなら究極のコストパフォーマンス!エヴァンゲリオン新劇場版:Qのコラボモデルの売れ残りということで定価20,000だったaudio-technicaのath-ckm99相当品が5千円以下で売られてる。音質に関しては1万円クラス以上と比べるべきで、他の5千円以下で変える物とは比べることが失礼なくらいの差があります。値段の安さと音の良さに惚れ込み、6個プレゼント用にも購入し、贈った人達に大変喜ばれました。一応書いておきますが、古いモデルなので昔はやった0. 6mのy型コードタイプで、0. 6mの延長コードが付属してます。あとath-ckm99に付いているケースは付いてません。. スマートフォンで音楽を楽しむ為に購入。bluetoothのヘッドフォンは、プレイ時間(バッテリースタミナ)の問題や商品トラブルも多く、敢えてアナログ式のコードタイプを検討し、エヴァファンなのでエヴァに因んだ商品をと考え、購入に至りました。音楽を手掛ける鷺巣さんモデルという事で期待していましたが、お恥ずかしながら凡人の私ではこのヘッドフォンの性能が価格相応のものなのか理解できていないです。但し、こちらで購入した商品は他社と比較してもお安くなっているので、その点では高く評価しています。後は中身については、画像で得られる情報が乏しく感じました。ヘッドフォン部分のデザインは画像があったので分かっていましたが、コード部分も含めた全体像がわかるともっと消費者側は安心感を得られるんじゃないかと思います。(妄信的)エヴァファンにはオススメしますが、一般的な方なら他商品でもいいと思う。エヴァファンである私でもフィフティフィフティといった所でしょうか。【追記】購入後、使用していて全く以て後悔無しです。やはり音質が良いのがわかるのと、エヴァグッズであるというファン心理からくる安心感(安堵)、カラーリング(デザインも含め)も落ち着いていてとても愛着が湧き馴染みました。. 低域がものすごく強調された作られた音。エヴァのためだけにチューニングされたらしいのでそれ以外の事を望むのは筋違いなのかもしれない。実際、エヴァのサントラやクラシックを聴くと最適とは言わないが悪くはない。コレクターズアイテムなのでどこまで音質を求めるかは難しいが色々な音楽を聴きたいなら個人的にはこのイヤホンはお勧めしない。. 値段に対して良い音が出てよかったです。この価格でこの品質なら是非オススメしたいです. エヴァコラボ商品ですが、品よく仕上がっていて高級感があります。ベース機種であるckm99は発売はちょっと前ですが評価の高い機種で、本機も解像度の高いいい音を聴かせてくれます。何より最近では珍しくなったy字のショートケーブルなのが個人的には大満足です。スーツやワイシャツの胸ポケットにdapを入れるのでちょうどいい長さです。久しぶりに邪魔なケーブルワインダーから解放されました。. 利点と欠点 メリット ちょっと高値かな(でも…) 最高です こんなイヤホン個人的には初めてヽ(*’∀`*)ノ デメリット 実用性ないですねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww. ダイナミックな音響にただただ驚きです。コードが長くも短く出来るため、状況に対応できるからすごく便利です。少々値段が張りますが、納得できる品でした( *’艸`). 高音質でとても綺麗に音が聞こえるので本当に買ってよかったちょっと高いかなって思ったけどエヴァンゲリオンのファンなのでたまらなくたりかってしまいましたでも、買って正解でした!. ベスト エヴァンゲリオン新劇場版:Q 鷺巣詩郎 Produce インナーイヤーヘッドフォン A.T. EVA HQ-3.0 レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) エヴァンゲリオン新劇場版:Q 鷺巣詩郎 Produce インナーイヤーヘッドフォン A – ベースモデルの面影はない。

ソニー(SONY) ソニー SONY イヤホン h – 1つ1つの音がとてもよく聞こえます。

スマホ用に購入しました。音はとてもいいです。googleのプレイヤーだとリモコンが使えるようですが 普段聞いている ドコモのdヒッツは対応しないようで残念。音量調節だけでいいのでできるとよかったかなぁと。 . あまりこだわりはないが、携帯を買い換えたので、どんなものかと思い買ってみました。他のイヤホンと比べると、音量設定が小さくてもハッキリ聞こえる感じがします。結構いい感じてす。ちょっと値段が高いかな. 私はスマホで主に音楽重視なのですが、はじめはハイレゾ対応ってそんなに違うのかと思っていましたが実際に使ってみると一目瞭然でした。音楽重視の人にはおすすめです。. 音質、フィット感はいいが、時々ノイズが走る。買って1~2週間ですがもう使ってません. とても中音域が伸びます!ボーカルがクリアにに聞こえます。また高音域も綺麗に、低音もこもらずにどちらも程よくでます。今までの3000円のイヤホンとは大違いでした。オールマイティーなイヤホンなのでポップスやロックはもちろん、クラシックもいけました。かなり万人受けする無難な作りになっていてバランスがとれています。なのでドンドンならす低音重視の人にはおすすめできません。ただ、2000~3000円の普通のイヤホンを使っている人にはとてもおすすめです。もう戻れません。. 利点と欠点 メリット 1つ1つの音がとてもよく聞こえます。 いいかも! 音がいいです デメリット メーカーより 圧縮しない、この快感。ハイレゾリューション・オーディオ対応インナーイヤーレシーバー 拡大表示 拡大表示 拡大表示 小型高感度ハイレゾリューション・オーディオ対応9mmドライバーユニット 広帯域再生が可能な新形状の振動板を採用し、振動板を駆動する磁気回路を外磁型にすることで駆動力を向上。小型ながら高感度のドライバーユニットが色鮮やかな音楽を再生。 アルミニウムハウジング採用 剛性が高く、軽量なアルミニウムをハウジングに採用。不要な振動を抑制し、明るく澄んだ中高域を実現。 快適で落ちにくい装着性 装着時に耳の奥に重心をつくる小型ドライバーユニットが、快適で落ちにくい装着性を実現。 拡大表示 拡大表示 拡大表示 からみにくいセレーションケーブル ケーブル表面の細かい溝によりからみの原因である摩擦を低減。リスニング時や持ち歩きも快適。 ケーブル長アジャスターとキャリングポーチ付属で持ち運びに便利 ケーブルの長さを調節できるアジャスターを付属しているのでケーブルが邪魔にならない。また、キャリングポーチに収納すれば、持ち運びの際に傷や汚れがつくのを防げる。 ベスト ソニー SONY イヤホン h.ear in MDR-EX750AP : ハイレゾ対応 カナル型 リモコン・マイク付き … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on ソニー(SONY) ソニー SONY イヤホン h – 1つ1つの音がとてもよく聞こえます。

AirBlue Bluetoothイヤフォン T890ワイヤレス V4 – 変

マニュアルが直訳過ぎて初心者の私には理解できません。開封してしまったので返品も出来ず接続も出来ず困ってます。. 初めは安いという理由で買いました。1年使って新しい3000円の物を買いまいしたが期待はずれでした。これはいい商品です。. コスパがすごくいい!!素人には音質は充分です。磁石で無くさないのも悪くない。. 特に理由もなく、安いイヤホンの性能はどれほどの物か気になり購入させて頂きました。説明にはバッテリーが音楽を聴くだけなら6時間持つとは書いてるのですが、実際には30分も持ちません。ですが、1000円の割にはノイズが酷かったり音質が特別悪くなることは無かったのでいいと思いました。. 購入時1,099円でしたが、この値段でこの音(ヘッドフォンとして利用)は大満足イヤープラグを押し込んで密閉させるとこがポイントでしょうか他の方も書かれていますが、イヤープラグが合わない状態で使っていると非常に残念な音に感じるかもしれませんちゃんと自分に合ったものに変えましょう使いやすさはケーブルがもうちょっと長い方が好みなので☆を一つ減らしました利用法特に機能で問題になるところはありませんでした因みにノイズリダクションはよく分からないので評価外にしました. 利点と欠点 メリット この値段で 値段相応 これで充分! デメリット 特徴 Bluetoothイヤフォン AirBlue T890ワイヤレス V4.1 マグネチックヘッドフォン スーパーベース ステレオ ノイズキャンセリングイヤホン 防汗防水 快適で安全性 マイク内蔵 (Silver) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 【完璧なデザイン】 – 運動用のために設計されているこのスポーヘッドフォンは、走ったり、自転車に乗ったり、或いはジムで運動をしたり、装着感なくぴったりで安全にフィットする。 【マグネチック付き】 – 磁気付きのこのイヤホンは首の周りに簡単に収納できます、ポケットを検索することなく、いつでもすぐにイヤホンを着用できます。 見た目もクール! 【ノイズキャンセル技術】- CVCノイズキャンセル技術により外来のノイズを抑え、よりクリアな通話体験をもたらす。そして、同時に2つのブルートゥースデバイスに接続することができます。Bluetooth 4.1 + EDR APT-Xオーディオデコード技術と内蔵マイクは、安定的な信号と完璧なステレオサウンドを提供します 【大容量バッテリー】 – 大容量バッテリーを備えて、一度のフル充電は最大5時間の音楽連続再生、または200時間の待機時間を提供することができます。そして、最大10メートルの範囲で安定な信号を伝送できます … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on AirBlue Bluetoothイヤフォン T890ワイヤレス V4 – 変

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オープンエアヘッドホン ATH-AD1000 – 個性が強いのとエージングが必須

Wav or mp3(320k)→foobar2000→hud-mx1→ad1000で聴いています。今までa900を愛用していましたが、大手家電量販店にてw1000xの視聴をしたところ、もろに好みの音だったためすっかりa900が色あせてしまいました。とはいえw1000x…高過ぎます(泣)そんなことでa900に変わる後継機を探していたところ、開放型未体験だったことに気づきw1000xの前に試してみようと高レビューのad1000に注目、視聴もせずに購入してしまいました。a900との比較ですが、開放型の特徴はよく出ています。空間表現が上手で、のびやかな高域と艶っぽい中域、タイトでありながらふくよかな低域。主に聴くのは、ブルースロックやハードロック、プログレ系のエレキギターが中心ですが、音が固まらずに上手に分離している印象です。SRVやGムーアー、ギルモアのギターを気持ち良く鳴らしてくれます。スタジオ盤でありながらライブな空気感を感じさせてくれるHPです。低域も十分出ていますが、こういうHPにズンドコを期待される方はいないと思いますので必要十分かと思います。クラシックやJAZZも聴きますが…レビューが被るので止めときます(笑)音漏れは…a900とは比較出来ません!ただし聴いてる音量ほどは外に漏れていないと思います。まぁ…何を聴いてるかはバレますね(笑)ad2000はより繊細な音表現らしいのでクラシック好きな方はそちらをどうぞ。ad1000はもっと万人向けな、ジャンルを選ばないHPかと思います。買って損はしない、間違えの少ないHPです…いい買物でした。<追記>毎日小1時間聴いておりますが、徐々に低音も出てくるようになりました。とはいえベースラインやスネア辺りの低音で、バスドラは遠いです(笑)オープンエアでそこまで期待するなら本機を選択する必然はないかと思います。オーテクにもお買い得価格帯で低音モデルがありますので。とはいえここら辺の変態さんモデルを愛好される方でオーテクを選ばれる方は、オーテクの中域に惚れてるのだと思います。そういう意味ではad1000も中域に特化したモデルであるのは間違いないところ…むしろ高域よりも中低域に強みがある感じです。ad2000と比較したいなら…ad2000を買った方が健全です。ad1000の倍の価格…僕ならw1000xを買いますね(笑)内部パーツが耳に当たる…の話もまったくありませんでした。とはいえ個人差ですので当たるものだという話ではないです。密閉性・遮音性は期待しないで下さい。同じ部屋で家族がTVを観ていればなんとなく聴こえますし、当然逆もあるわけで(笑). いままでは密閉型を使っていたのですが、音がこもっていて女性の声がクリアに聞こえてこないので思い切ってオープンエアーのath-ad1000にしてみました。最初に聞いたときは正直高音が効き過ぎていて耳が痛くなりましたが徐々に慣れていって、前のヘッドホンと比べてみた所、驚くほど音がクリアになりいままで聞こえなかった音が聞こえていることに気付きました。また、イヤパッドが自分的には最高に気持ちが良いです。この気持ち良さには虜になります本当に。それとオープンエアーなので夏にヘッドホンをしても密閉型より蒸れない所もいいと思います。初めて買ったオープンエアー型ですが、高音が好きな方にはとてもオススメしたい一品です!逆に低音が好きな方はやめておいたほうがいいかも・・?好き嫌いは人それぞれだと思いますので一度買う前に自分の耳で聞いてみるのが一番だと思います。. 音質は確かに良かったです、と、思います。他には同額の商品は持っていないので比較のしようがありませんが、少し荷重をかけたら根元から「ボキッ」、アルミのダイキャスト製だと思いますが何しろちゃちです、値段の割には安っぽいです。夏は暑いので汗をかきますが耳当ての部分がすぐに駄目になり、交換など対策をメーカーにメールで打診しても、応答なし、まだ購入してから一年経っていません。音質がいいとか悪いとか以前の問題です。一年も使ってないのですからそうとしか言いようがありません。. 実にオーテクらしい音を出すヘッドホンだと思いました。音は全体的にフラットですが、やや高音寄りだと感じています。しかし、高音が耳に刺さることはありません。低音はしっかり出ており、不足気味と感じることはありません。個人的にはもう少し低音の厚みが欲しいですが、開放型ならではのこもらない低音は好印象ですね。中音域の充実ぶりには本当に驚きました。聴いていて実に心地よいです。ボーカルも埋もれることなく、しっかりと出ています。解像度は普通だと思いましたが、分解能はかなり高いですね。開放型ですが、小さい音もしっかりと聞き分けられます。音場感について、オーテク製品としては広めだと感じました。装着感は、イヤパッドの肌触りもよく、本当に快適です。長時間つけていても全く気になりません。注意が必要なのは、アンプの性能やソースの粗がもろに出てしまう点です。逆に言えば、アンプの性能をしっかりと受け止める力があるヘッドホンですね。. 家に居ることが多いので、家でipod付属イヤホンは飽きてきたのでこれを購入。さすがに聞こえてなかった音がたくさんありました。感動します。無理なく低音〜高音が鳴っていて、音がつぶれてしまうことはありません。ただ透き通るような音を過剰期待していた私には普通じゃないかと思ってしまいました。きっとipod直結だからです。そうなるとオーテクのヘッドホンアンプも欲しくなってしまう…。. 頭頂部から鮮明な声、フロントスピーカーから異なる楽器のセッション。出しゃばらずさりとて控えめでもなく良いバランスで音声がコラボし臨場感が味わえる。欲を云えばきりがないが、もう少し重低音(個性)がうなれば最高なのだが!?・・・。オープンエアのメリットは外部遮断することなく適度にドアの開閉や呼びかけ等気配を感じられる事。デメリットが音漏れかと思いきや、夜間音量上げて聴いてもほとんど漏れず外部に気を取られることなく安心してハイクオリティな音質を独占出来る。装着感はイヤーパットが柔らかく快適、さらに軽く長時間聴いても違和感がほとんど無い。今回は知人の紹介もあって思い立ったが、価値のある購入であったと満足しています。. オープンエアー型は、圧迫感が無く、ヘッドフォンに引きこもってしまう感覚も無いので、気に入ってます。アンプなどを通す事なく、テレビからでも新しいiphone からでも信じられないくらい良い音が聴けます。ボーカルも、弦楽器もピアノも美しいです。このヘッドフォンのお陰で、ステレオシステムを使う事がなくなりました。音源の違いも良く分かり、良い音源を良い音で鳴らしてくれる感じですね。. オーディオに拘りは特になく、この手の物のスペックも実はちゃんと理解できている訳ではありません。素人が素人の視点から書いたレビューです昔から使っていた5000円位のヘッドホンが壊れたのでヨドバシを一日ウロウロして試聴して決めました。いい音を聞き分ける耳もなく試聴に利用した曲もiphone3gsから直で出力した葉加瀬太郎さんのワイルドスタリオン当初買うつもりだったのは同じ価格帯のヘッドホンなのですが、価格ってそんなの音に影響するのかしらと20〜数百万くらいの高級オーディオコーナーで試し聞きしたのが運の尽きというか. 年単位で何百回とリピートしたはずの曲が別物でした、知らない音がなっている、今まで存在しなかった楽器が急に現れました自分のcdも利用できるらしいので一度家に帰り、cdを持ち込み同曲で色々ヘッドホンを試した結果、1-4万位のレンジだとsonyのxbassやmonster?、boseの物はズンと重いものが得意で細かい音も拾ってくれるけどその分高音が抜けきっていないようなもにょっとした物が残り最終候補は1〜2万前後のakg、ゼンハイザー、オーディオテクニカの物. こっちは逆に前者に比べてお腹に響く感じはないのですが高音がしっかり聞こえる. 気がするw何より自分でも手が届く価格帯でもしっかり音が聞き分けられる物が多い. 他の物に比べて高音がキンキンしている感じがあったのですが初めて触れた「今まで聞いた事のない音」をどうしても手放しにしたくなく一番自分の耳で音をたくさん拾えたオーディオテクニカが残り後はオープンエアーは試した事がなく興味本位でath-ad1000に決めました。あまりに様々な値段、味付けのヘッドホンがあり知識不足なのでadh-ad1000を一ヶ月使ってみての感想のみ他との比較は無しですポジティブ装着感:非常に軽く頭に当たる部分も締め付ける感じはしません、大抵新しいヘッドホンを買うと耳やこめかみの痛みを数週間耐える事になりますが、これが驚くほど快適でした音:かなり満足しています、色々なcdを聞き直していますがその度に新しい発見があります、特に高音は今まではそこで途切れていた音に続きがありしっかりなってくれるので楽しいネガティブ装着感:イヤーパッドは肌触りは良いけれど長い時間つけていると蒸れるのと形が着きやすい取り回し:ワイヤードなので妥協が必要です、ヘッドホンに慣れている方は問題ないのかもしれませんが安物ヘッドホン、イヤホンから移行した私には太めのコードが扱いにくい音:音にそれなり以上の解像度を求めようとするとそれなりの音量を出力してあげないといけないようでオープンエアーな事もあり深夜や同居人等配慮しないといけない事がらは多い今回☆−1にした理由はお金を出し惜しみしなければ明確にさらに上があったからのみ、ネガティブに指定した項目も製品の特性上購入前に明確な部分が多く、非常に満足度の高いアイテムでした。まだまだエージング?が足らないのかpcに取り込んだ音源だからかアンプが悪いのか家電の音に及びません、当分はあの音が目標です。自分が触れた事のない分野なので何から手を付けて良いのかわかりませんが弄りがいのある楽しい買い物でした。しかしタイトルにも書きましたが踏み込んではいけない世界だった気がします。. 利点と欠点 メリット 素晴らしくバランスの良いヘッドホン 長時間のクラシック音楽鑑賞に最適のヘッドホン! 解像度が高くて音のバランスが良い デメリット 主にpcにx-fi経由で繋げて使用しています。それの第一印象・まず第一に感じたのは音が非常に大きい(感度が凄すぎる?)・あと耳元が涼しく夏場に優しい・オープンエアなのは理解してますが音漏れというより筒抜けすぎる感言い換えればヘッドホンつけてないかのような自然な音です使えば使うほど耳が慣れてきて安いヘッドホンにつけかえた時に違和感を感じるほど音質が素晴らしいです低音はかなり弱く音圧はほぼ感じられないと思いますがこの製品の特徴はとにかくクリアな音質なので音圧部分はあまり重要ではありません問題は修理代です半年で壊れて(片方からしか音が出なくなって)しまったのですが修理代で4万しますので使い捨ての消耗品ということで購入は検討してください. 家電量販店にて、視聴済みみですが、オーディオテクニカのこのシリーズは、とても装着感がよいので、音質は、そこそこでもいいので、装着感重視ということで、この製品に決めました。製品が到着して、聞いてみたら、その素晴らしい音質にびっくりです。視聴したのは、700と900でしたが、それほど音がいいとは感じませんでしたが、それは、再生しているソースのほうに問題があったのかもしれません。とにかく音がいいです。今までヘッドホンで、これほどの音質のものを聞いたことがないですね。低音も高音もよく出ます。たまたまテレビで、歌うまい女王決定戦をやっていたのですが、歌っている方の息遣い、歌声の空気感までも伝わってきます。モニターヘッドホンとしての性能も十分に備えていると思います。ただ、録音状態のあまりよくないライブdvdなどでは、録音の粗さが、もろに出てしまうので、聞くに堪えがたいものもありました。いろいろなcdを聞いてみましたが、他のものは、素晴らしく良い音が出ているので、間違いないと思います。コストパフォーマンス的にも、一般人に、ギリギリ手の届く範囲ですので、いろんな意味で、とてもバランスの良いものだと思います。映画鑑賞にもいいですよ。臨場感あります。. 自分はipodに直に挿して聞いています。mp3の192kbpsをメインに聞いているので、たぶんコレより上のヘッドホンは宝の持ち腐れなのでしょう。3000円ヘッドホン→10000円ヘッドホン→20000円ヘッドホンと進化していきました。解像度と言いますか、今まで聞いていた曲の新たな発見を促してくれるヘッドホンです。低音は弱いと言うのも分かりますが、オープン型でコレだけ出るのなら十分です。ちなみに「こんなにいいヘッドホンだからきっとipodで192kのmp3とロスレスやwavの違いが分かるはず!」と試したものの、素人耳の私には断言できるほど違いなんて分かりませんでした(笑)。. A700→ad700→そしてad1000という順番での買い替えである。a700は旧型故か頭の固定部品の強度が弱く、また耳当ての合皮もぼろぼろになりやすかった。ad700は装着感音質伴にすばらしく、買い替えの時期もあってかa700よりも安い約一万円でコストパフォーマンスに優れていた。故障もまったくなかった。そして今回のad1000だが、ad700よりも耳の締め付けが強い。これは頭が小さくad700では若干緩めだった事に難点を感じていた私には非常にありがたい事だ。かと言って強すぎる事は決してなく、長時間の使用に耐えられるすぐれた装着感だ。オーテクはこの点が大変優れていてついここの製品に偏って購入してしまう。次に音質だが、既にad700での中高音域の再限度に満足していた私だが、ad1000では更に音がクリアになっていた。結果空間の広がりのようなものを700よりも感じるその影響からか低音はad700のほうがちょっと強調されていてここで多少好みがでるかもしれない。だがトータルバランスで考えてもやはり値段通りなのかad1000の方が良い。買ってよかった。正直ここまで来ると次のad2000にも興味が湧くが、購入基準としてコストパフォーマンスに重点を置いている私にはさすがに2000以降の高級品群には手がでない。. 重量が軽く、オープンタイプで長時間使用に向いているので、主に映画鑑賞に使用しています。音の再現性も、申し分ない出来です。価格も手頃だと思います。. 秋葉原で視聴しまくり、ad900と1週間悩みぬいて、やっぱりad1000を購入しました。900とのデザインの違いがやっぱり大きいかと。。実際に手に取った時に高級感も有り、こちらにして良かったと実感。装着感はもちろん良く、長時間でも気になりません。音質については素人ですので余りうまく言えませんが、いわゆる低音の力感をヘッドホンに求める方でなければ、期待を裏切ることは有りません。良い音源はさらに良く、そうでない音源もそれなりに鳴らしてくれる気がします。オープンによる音漏れを気にする方で無ければこの価格は買いだと思います。(この値段で通常のスピーカーを購入してもこんな満足は得られないですよね)ついつい音量を上げて聴いてしまいますよ!次は早くもこれにマッチするヘッドホンアンプに悩んでおります。. 僕はウォークマンに直結して聴いています。本来はアンプと組み合わせるのがいいのですがね・・・。※インピーダンスが高すぎるわけではないので、一応ウォークマンでも聴けますw。でもこの聴き方はオススメはしませんw。それはさておき、音なのですが、とにかくを音が響きます!アンプに接続していないのに!音は全体的にフラットで、どんな音もきれいに出してくれます。特に中音域〜高音域がかなり響く!曲によっては高音域が重視されますが、高音が耳に刺さることはありません。従来のヘッドホンやイヤホンでは耳に刺さるような超高音域も見事なまでに、すばらしく再現してくれます。低音は曲にもよりますが、やや控えめです。しかしこもらないため、きれいに奏でてくれます。それでも低音が足りないならば、デジタルオーディオプレイヤーのイコライザーを調整したり、もしくはアンプで補えます。ただし、アートモニター(密閉型)の低音にはかないません。しかし、密閉型に比べると、こもりがなく、かなり音が広がるため、まるで生演奏を聴いているほどの臨場感があります。オーケストラの演奏曲を聴くと、まるで自分がオーケストラを演奏している会場にいるような感じです。空間表現が上手いです!ただし音が繊細なだけあって、音源にも細かいヘッドホンなので、お粗末な録音をした曲や圧縮音源では、雑音や粗末な音も見事なまで(?)に再現してしまうので、自分でウォークマンやCDに音楽を取り込む場合はできるだけ、高音質のフォーマット(wavなど)にして取り込むことがオススメ。※圧縮音源と非圧縮の音質の差をかなり明確にするため。また、アンプの性能も結構影響するので、アンプはできるだけ、純正品やちゃんとしたものを購入しましょう。安ものは駄目、やめておいたほうが・・・。安物だと逆に音がスカスカになります。素晴らしい音を奏でてくれるヘッドホンですので、自信を持ってオススメしたい一品です。ハウジングが網上になっており、音はもろに漏れますので注意!外出しながらの使用にはオススメできません!そもそも大型なので室内使用が当たり前!アンプなどそれなりの環境を整えて、聴いてほしいです!個人的にこのヘッドホンの性能を7段階で表すと以下の通りです。※あくまで個人的な評価であり、実際は個人差があります。わかりにくかったらすみません(+_+)。★評価★                低音域      ★★★★☆☆☆ 4  中音域      ★★★★★★☆ 6  高音域      ★★★★★★☆ 6                 ボーカル     ★★★★★★☆ 6  ピアノ       ★★★★★☆☆ 5  管楽器      ★★★★☆☆☆ 4  弦楽器      ★★★★★★☆ 6打楽器系    ★★★★★☆☆ 5オーケストラ   ★★★★★★★ 7ロック系     ★★★★☆☆☆ 4音としては中音域〜高音域を得意とする。低音は密閉式と比べると、迫力が足りないかもしれないが、キレが良い。ボーカルもAD2000ほどではないが、かなり美しく再現する。楽器はバイオリンなどの高音を出す弦楽器の音を得意としている。ピアノの音もなかなかきれいに奏でる。管楽器や打楽器系は迫力に少々劣るかもしれないが、クセがなく聴きやすい。オーケストラは、生演奏なみの臨場感があり、このヘッドホンの本領を発揮するところかも。ロック系はやはりオープン型ということであり、低音が逃げやすく、迫力に欠けるところだが、音はクリアでよい。聴きやすく、耳にやさしいサウンドだ。. 使った感じ、軽くていいです。イヤパッドは肌触りがいいです。オープンらしく全域クリアです。程よい低音です。低音命の方はやめたほうがよろしいかと. 。その分高音がかなり伸びます!!解析度はかなり高くて、全体の中で小さく紛れてる音も聞き取れます。その代わりアンプ等の影響をモロに受けるので、そこはちゃんとしたものを使うことを強くお勧めします。ヘッドホン用にアンプを購入する方はヘッドホンアンプを買ったほうがいいです。ちなみに今はc. 8とつなげてますが、お勧めです。. オーディオテクニカらしい音作り。中高音が美しく解像度も高い。低音は弱いが十分満足できるレベル。聞こえなかった音を再発見できるし、開放型なので音の広がりを感じる事が出来る。重さは270gと超軽量。装着感も良く長時間でも耳への負担は少ない。素直に音が良いヘッドホン。でもipod直挿しはad1000の力を発揮できないので注意。. 特徴 audio-technica オープンエアヘッドホン ATH-AD1000 モデル番号を入力してください … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オープンエアヘッドホン ATH-AD1000 – 個性が強いのとエージングが必須