Daily Archives: July 10, 2019

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型/折りたたみ式/Apple iOS用リモコン・マイク付 HD 2 – かっこかわいい!

通勤用に購入しました。コンパクトで、デザインも好きです。解像度こそ値段なりですが、バランス良くタイトな音で、音の分離が良く、クリアに鳴る印象。濃い音を好む人には物足りないと思うけど、薄味で音作りのセンスいいなあ と、私は思います。このクラスのヘッドホンを実売7500円で買えると考えるとかなりお得に思います。ノイズキャンセルや、ブルートゥース機能で値段が釣り上がることなく、シンプルにいい音が鳴るリーズナブルなヘッドホン。好感持てます。. 可愛い、かっこいい外でも着けて歩けるヘッドホンを探してこちらにたどり着きました。amazonさんが最安値でした!お得にいい商品がてにはいってとても満足しています。耳にフィットして音も良いです。. 今日の午前中に届いたばかりでまだあまり使用していませんが感想など。外観はコンパクトで軽量、ヘッドバンドはプラスチックですが上品な色合い(黒とグレー)でカッコいいです。バンドの内側はラバー状のもので良い感触です。イヤーパッドの当たりもソフトでこれなら長時間使用も苦にならない感じ。ヘッドフォン側のプラグはhd598系と同じ規格で、598系の純正ケーブル等が使用できます。(実はここが狙い目、後述。)ただ、手持ちのヘッドフォンhd598srが左からのケーブル出しなのに対して右出し。「統一性が無いぞ!」と吠えたいところだがドイツまでは聞こえないだろうからやめました。(笑)最初間違えて左右反対で聞いてました(笑)最初の音出しで「なんか変な音だな?」と感じましたが、左右逆なら当たり前。アホの極み。8時間程、付属ケーブルでusb-dac(amulech al-38432dq,アンバランス出力)に接続して軽くエージング、短時間のエージングですが、音がこなれてきた感じ、素直な音質で聞きやすい、低域も意外と頑張っている。国産のいわゆるハイレゾ対応のイヤホンやヘッドフォンに比べるとマイルドな音質で「ほっ」とする感じ。あまり「エージング」なんて考えないで普通に使っていれば適当に「こなれてくる」のでそれでいいのではと思う。開放型のhd598srに比べると少し籠った感じはありますが、オンイヤー密閉型と考えれば納得のいく範囲の音の出方なんだと思います。ただ、ヘッドバンドを手でほんの少し広げて側圧をさげるとかなり抜けが良く成るので何とかしたいと考えているところです。まぁコンパクトで軽量なところがこのヘッドフォンの持ち味、あまり音質云々について語っても仕方ないと割り切っていますがね。さて、購入の主な目的は、walkman nw-zx300との接続。(通常は屋外でイヤホン使用)接続にはhd598系用4. 4mmバランスドケーブル(いきなりキワモノの登場、笑)を起用。物理的接続は出来たが、本当にバランス接続で音が出るのか?不安はあったが、結果はあっさりと繋がりました。sennheiser. 恐るべし(汗)(公式にアナウンスし、バランスケーブル添付の製品を準備すれば面白いかもと思った。)この4. 4mmバランスドケーブルはamazonで購入したものです。(zx300のエージング用、hd598srを駆動。)zx300でバランス出力を使用するには、ヘッドフォン(イヤホン)+ケーブルにある程度のコストを覚悟しないとできないのですが、このヘッドフォンとケーブルの組み合わせでは\11,300とお手軽なお値段で実現できました。なかなか素敵な組み合わせだと思ってます。(リケーブルやバランスド接続に興味がない方も多いかと思いますが、こんなことも出来るという一つの事例となれば幸いです。)usb-dacとのアンバランス接続に比べると、少し低音域が大人しくなる感じですが、音が団子にならずに分離がよい。分解能はそこそこですが普通に音楽を楽しむのには問題ない。低音域が大人しくなるのはこのヘッドフォンよりは、zx300の出力特性なんだと思います。イコライザーを弄れば、いか様にもと言えますが、とりあえずソースダイレクト状態での感想。自宅内(家事や近所への買い物など)でブラブラしながら聴くにはいいコンビになりそうです。(2019/02/24)追記この1か月、少しエージングを意識して鳴らしこんできました。当初、少し不満だった”籠り”が無くなりました。スッキリ。特にzx300とのバランス接続は大変よい。スマホのレベル(アンバランス)では、イマイチかなと思うところがありますが、usb-dac,dap等で聴くと印象が全く異なります。駆動力の小さい機器では鳴らし切れていない(低音域が出ない)全体のバランスが崩れる傾向かな?. なかなか良い最初若干、耳パッドの圧力が強かったが、使用している内にちょうど良く緩んできてフィットするようになった。掛け心地も軽く、気になりません。音質は強いクセはなく、フラットに聞こえてきます。これまで1万円以下のヘッドホンしか購入したことがありませんが、ノイズ感もなくとがったところもなく、良い音だと思います。. 利点と欠点 メリット お手軽バランス駆動の快感 予想通りの音質 かっこかわいい! デメリット 特徴 ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型/折りたたみ式/Apple iOS用リモコン・マイク付 HD 2.30i WHITE【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 型式:ダイナミック 密閉型 周波数特性:18 ~ 22,000 Hz インピーダンス:22Ω ケーブル:1.4 m (方出し) 3.5mmステレオミニプラグ(ストレート型) 国内正規品保証:2年間 軽量で折畳み可能 メーカーより … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型/折りたたみ式/Apple iOS用リモコン・マイク付 HD 2 – かっこかわいい!

Antimi 【進化版 IPX7完全防水 Bluetooth 5 – コンパクトで使いやすい!

とてもコンパクトなデザインのワイヤレスbluetoothイヤホンです!持ち運びもしやすく、扱いやすくてとても気に入っています!音楽を聴くときもストレスなく、音質もくりあです!いい商品に出会えました!. ペアリングが自動でされるので、ケースから取り出してすぐに使えるのは便利です。昨日うっかり片方を落として水の中に沈めてしまい、慌てて取り出しましたが、特に問題なく使えました。さすがに長時間浸してしまったら故障してしまうかもしれませんが、2、3秒以内に取り出せば無事に救出できます。音質についてはワイヤレスイヤホンとしては標準くらいです。というか、このタイプのワイヤレスイヤホンなら、音質にどれもそこまでの開きはありません。本気で音質求めるなら密閉型のヘッドフォンとかにするべきだと思います。最高に良い、と言うと嘘くさくなりますが、このくらいの価格でこのクオリティならかなり頑張っている方だと思います。. Bluetoothイヤホンを使用していたのですが紛失してしまったので、新しいのを再度購入!今回は防水機能つき!ペアリングもパソコンやスマホ簡単に出来ましたので安心できます。音質ですがこちらに聞こえてくる音は全く問題なく聞こえてきますが、相手と電話する時などは少し騒音などがはいるみたいですただ静かな場所での通話でしたら問題ない音で可能です!1番は防水ですね!正直軽い程度と思ってましたが雨の中でも全く問題なく音楽など再生できるのでかなり耐水性は高いものだと思います!満足です. 少し変わったデザインだったので興味があり購入しました。ペアリングはiphone、androidともにすぐに出来ます。lineの通話も問題なく内蔵マイクで出来ました。音質ですが、若干midが低い印象を受けましたが、loがしっかりと出ているので、聞いていて疲れません。耳へのフィット感ですが、付属のイヤーピースがよく出来ていて、どんな耳の形状にもフィットします。オススメの一品です。. 移動中・運動時・睡眠時など、コード付きのイヤホンだと腕が当たって外れたり、巻きついたりしてストレスを感じ、ワイヤレスイヤホンが欲しいな〜と思いつつ、普通のイヤホンに比べ値段が高いため購入をためらっておりました。色々な商品を検討してこちらの方がレビューの評価がすごく高かったので、期待と不安とありましたが、到着も包装も丁寧でした。(レビューができないエラー?の問い合わせメールの返信対応も速かったです)使用して見ての感想は、とても満足しております。設定も接続も充電も簡単!!ワイヤレスイヤホン感動的です!!!音楽も低い音・高い音しっかり聴こえると思います。携帯画面の上で、イヤホンの充電が確認出来るのも良いポイントです。私は耳が小さい方で、簡単に入れるとスポッとはまらずに出てきますが、角度などを工夫すればしっかり入って落ちません。移動中などは、イヤホンだけだと無くしてしまいそうなので、ケースと一緒に持ち運んでます。ケースも小さくて黒でお洒落なので気に入っております。購入者全員が気にいるかは分かりませんが、私は買ってよかったです!これからも愛用します(^o^)素晴らしい商品をありがとうございました。大満足です。. コードレスで軽くて持ち運びに便利なワイヤレスイヤホンです。コンパクトなので邪魔にもならないので購入して良かったです。. こちらはランニング用に購入しました。安くて防水機能も付いているので雨が降っても気にせず使えますね!そしてフィット感が良いので全くストレス無く使えていて超お気に入りです!!. 利点と欠点 メリット 音質はそこそこ。値段の割に頑張っている。 Bluetooth防水最強! コンパクトで使いやすい! デメリット ベスト 【進化版 IPX7完全防水 Bluetooth 5.0】Bluetooth イヤホン Antimi 完全 ワイヤレスイヤホン Hi-Fi 高音質 [メーカー1年保証] マイク内蔵 防水防塵 CVC8.0 ブルートゥース イヤホン Bluetooth ヘッドホン 自動ペアリング 充電式収納ケース付き iPhone/Android適用 左右分離型 Siri対応 (ブラック) レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Antimi 【進化版 IPX7完全防水 Bluetooth 5 – コンパクトで使いやすい!

NICEHCK DT600 バランスドアーマチュア6基 MMCX カナル型イヤホン リケーブル 中高音重视 3 – 前半:DT600 後半:DT300Pro

12000円で5ba、shureのようなシェル形状という事で買ってみた。箱出し直後ですでにいい音。ウォーム系で刺さりは皆無、コンプライ風のイヤピが装着されているためか高音少し弱めに感じる。音場はbaにしては広め。ステムが細いので手持ちのイヤピは付けれず。baらしい音で聴き疲れはしないのでずっと聞いてられます。. Dt300(片側ba3基)のグレーを購入し実際に使ってみての感想となります。※dt500のレビューではないのでご注意を!私は過去にwestone pro30という約40000円するイヤホンを使っていてそのチューニングがとても気に入っていたのですが、耐久性に問題があり壊れてしまったので見た目と性能が似たこのイヤホンを購入してみようと思いました。結論から言いますと、約10000円でこの音はとんでもないと思います。中華イヤホンもここまできたかという印象でした。音の好みは人それぞれですので断言はできませんが全体的にフラットで解像度も高く、ボーカルの艶も感じられます。さすがに前述のpro30に比べれば若干低音が劣りますが芯のあるタイトな低音が楽しめると思います。まあ10000円代でこのレベルのイヤホンは国産、その他の有名ブランドのメーカーでも絶対にありえないと思うので買って損はないと思います。騙されたと思って買ってみて正解でした笑. ウォーム系のまろやかなサウンドがウリの「dt300pro」のレビューです。個人的に夢中になって聞けるイチオシです。【音質】傾向として【高音の一番上】と【低音の一番下】を削り落としたような音が鳴ります。音の輪郭に欠ける面はあるものの、【中域の音の厚みと濃さ】に絶対的な良さがあります。個人的には屋内でゆったり聞いて欲しい音です。【装着感】中華製品では珍しいshure/westone形状。本家と同じ装着感が得られますし、イヤーピースも流用可能。装着感についてはほとんど文句がつけようがないですね。【ケーブル】シンプルで高級感があり、音の傾向もイヤホンとマッチしているのでそのまま使ってます。(ケーブル次第で派手なサウンドに寄せることもできます)【その他】付属品は可もなく不可もなく。最初から緑のフォームチップが装着されているので、手持ちがない人はひとまず使ってみると良いです。ケースは割と丁寧に作られていて使い勝手も良いです。プラスチックのハウジングはあまり厚みがないので、雑に扱うには向かない仕様です(westoneなんかも案外脆いのですが)。【結論】「心地よいサウンド・装着感・価格」を考えれば是非オススメしたいイヤホン。この濃密な音がクセになる人は多いようです。他レビューと合わせて読んで、音の傾向を踏まえた上で購入して下さいね………………………………………………………………………………………………………………※ショップとamazonの対応について:雑記実は最初に購入した際、初期不良に当たっている。(左の中低域ドライバが死んでた)ショップに連絡したところ、amazonに返金申請をすることになり、着払いで送ったら後日全額帰ってくることになった。(ここまでに要した期間は3日、amazonすごい)音の傾向が非常に好みだったので買い直そうとしたが、購入時がセール中だったため価格が戻ってしまっている。ショップに「セール価格で買い直したい」と連絡したところ、割引きクーポンを発行してくれた。結果、今手にすることができている(ここまで不良報告から5日、ショップの対応も早い)amazonとショップの対応が、碌でもない国内サポート(s◯nyとか)より良いので驚いた(オーディオ製品の利益率の高さも一因な気がするが)。個人的にかなり好感が持てる取引だったので記しておきます。. Shureのイヤホンのように装着性・遮音性は良いです。中高域がとても濃密なイヤホンでゆったりとした音だと思います。se535とは似てない音ですがとても聴きやすいサウンドのイヤホンです。. Dt600のレビューです。2019/1/10 dt300proのレビューに追記しました。※アマゾンって同じページで販売してるものだと、違う商品でも別々にレビュー書けないんですね。dt100から始まったdtシリーズ、いずれも低~中音域が多め&高音域が控えめな牧歌的なサウンドだったように思いますが、今回は方向転換を図ったのでしょうか?帯域バランスが弱シャリくらいになっています。元々の強みだったメロディーラインの音の良さはそのままに、メリハリがプラスされ、ロックや激し目なポップスなんかもノリ良く楽しめる、優等生的なバランスの良いチューニング。のほほんとしてたハズの友人がいきなり資格勉強バリバリ始めたみたいな感じでちと驚きです。いずれの帯域も、「ワタクシbaでござい。繊細でしょ?クラッシュシンバルとか玉が鳴っているかの様な音するでしょ?」って感じの音ではなく、「鮮明だけど線が細いわけじゃない」っていう、結構美味しいところを突いてきています。強めのアタックを持っていて、発音はどの帯域も明瞭です。音を聴き逃すってことは、恐らく滅多にないんじゃないかな。例えがヘッドホンで申し訳ないのですが、オーテクのws1100の音が好きな方なんかは結構気に入るの傾向の音ではなかろうか。このままですと褒めるだけで終わってしまうので、重箱の隅をつつくようではありますが気になる点も。○高能率・高感度 音量も簡単に上がり、ホワイトノイズも乗りやすいです。 この点から、音量の目盛が細かくないスマホやブルートゥースケーブルなんかでの運用は難しそう。○残響が長め 特に付属のシリコンのイヤピにおいて顕著です。 細くて長い音道にしちゃうとどうしても残響乗っちゃうんでしょうね。(だから他のdtシリーズは高域控えめにしてたのかも?) そういう意味ではモニター的な音が好きな人にはお薦めしにくいかも。 付属のウレタンイヤピの方は気持ちよくリスニング出来る範囲の残響だと思いますので、こちらのイヤピの方が個人的には好きです。若干、気になる点も挙げましたが、音質だけを観ても結構良いイヤホンです。そこに装着感と遮音性に優れた筺体がプラスされるわけなので、このイヤホン、遮音性が欲しいと考えている方に幅広くアピールするのではないかと思います。移動中やスポーツをしている時、あるいは楽器の練習中などで、「ながら聴き」だけれど、しっかり音楽全体を捉えたいという要望にはきっとマッチするはずです。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■以下、dt300proのレビューです。予想どおり抜群の装着感で、温かみのある音色も相まってずっと音楽を聴いていられます。帯域バランスとしては、低中音が強めです。メロディーライン、特にボーカルやギターは魅力的に聴こえます。また、どんな楽曲でも見失うことが無いほど、ベースラインも前に出てきています。ベースの中でもコントラバスは音の自然な減衰が伝わってくるので、音を追っていてとても楽しいです。また、このdt300。特筆すべきは音場感ではないでしょうか。音場自体はメロディーラインやベースが前に来るため、決して広いとは感じません。ですが、場の空気感やサスティンの再現に優れており、音楽が寄り添ってくれているような感覚を味わえます。ゆったりと音楽に和ませられていく感じが幸せぇぇ・・。低中音強めということもあり、基本的にのほほんとした音源が合うイヤホンだと思うのですが、中でも、ボサノバ/スローサンバは一聴の価値アリと思います。良い日和だからまったりしたいな、ってときに傍らに居て欲しい。そんなイヤホンでした。. 普段はer4s、se215などでロック、アニソン等を聞いています。dt500はba5発との事ですが、解像度が低く何を聞いてもボワつきます。常に耳が詰まってエコーがかかったような感じで大変質が悪いです。ケーブルもショボすぎで装着感は常に違和感があります。なんの感動も得られなかったし、使おうとも思いません。. ウォーム系の音でハマる人にはとことんハマる音だと思います。ただ、ウォーム感が強すぎて合わない曲にはとことん合わない気がしました。例えば…大抵のアニソンなどは様々な楽器・音が混じりあって出来ています。そのようなアニソンにとってはウォーム系の音は全体的にモヤモヤして曇ったように聞こえます。ここはウォーム系の弱点と私は考えていますが、こちらの商品は確かにアニソンを聞くと曇ったように聞こえますが、まぁ普通かな…と。ただ、ピアノ演奏の静かな音や女性ボーカルが主体となった楽器数の少ない音。これについてはウォーム系のイヤホンは最高にポテンシャルを発揮できます。実際、uruさんの音源を聞いていると「あぁ…素晴らしい」って感動するくらいです。グダグダですがまとめますと「アニソン系を聞くならやめた方が良い」「インストゥルメンタルの音源や大人しい音源・女性ボーカル主体の音楽を聞くならばオススメ」です。. Kzシリーズは特にzs6が気に入っています。そのうえでこちらのdt300を聴くと、非常に女性ヴォーカルが艶があり耳に近いところで歌ってくれるので陶酔感に浸れます。音も厚く分離もいいと思いますが、どこか一部の音域に少々くもりを感じるかな?と思っていました。購入から2か月が経過した最近はそのくもりも消えて、スッキリと見晴らしがいいのみ濃密な音を聴かせてくれるいいイヤホンだと思います。dapによって結構音が変化するので、dap好きで複数使い分ける方も楽しみが増えるのではないかと思います。私はx5 2ndやshanling m2s walnut v3などでは非常によい響きだと思いますし、opus #1だと電気的な音に過ぎるなという印象を持ちました。. 利点と欠点 メリット 全体的にウォーム系の音です。 DT-300であえて有線を見直す! モニター的ではないけれど、艶っぽいヴォーカルを聴きたいときはこれ デメリット オーケストラ、モノラル時代のジャズ、ロックからアンビエントまで破綻なく聴こえます。もっとも当方は2万円以上の製品は買ったことはないユーザーですが、その範疇でコストパフォーマンスは高いと思います。強いて言うなら、リモコンが欲しいところですが、きっとそのコストよりケーブルの材質を優先したのかな。ブルートゥースが全盛の今、あえて有線タイプの入門に推奨します。aawのaccessportとiphone8側でubioを使用しています。参考まで。. 特徴 NICEHCK DT600 バランスドアーマチュア6基 MMCX カナル型イヤホン リケーブル 中高音重视 3.5mmプラグ 銀メッキOFCケーブル付属 高音質 高遮音性 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on NICEHCK DT600 バランスドアーマチュア6基 MMCX カナル型イヤホン リケーブル 中高音重视 3 – 前半:DT600 後半:DT300Pro

Meze(メゼ) 99 Neo(ネオ) 密閉型ヘッドホン M99n-Bs –

特徴 Meze(メゼ) 99 Neo(ネオ) 密閉型ヘッドホン M99n-Bs モデル番号を入力してください これが適合するか確認: コールブラック(漆黒)のテクスチャが目を引くシンプルでモダンなデザインのヘッドホン あたたかく、自然でバランスの取れたサウンドシグネチャ マンガンスプリングスチールのヘッドバンドは装着するだけでぴったりとホールドされるセルフアジャスタブル機構を採用。本体重量はわずか260g 40mmダイナミックマイラードライバー ケブラーOFCケーブル(マイクリモコン付きケーブル)1.2mとケブラーOFCケーブル(リモコンなし)3.0mを同梱 欧米で多くのアワードを受賞。日本でもVGP2018ライフスタイルで金賞を受賞 ソフトPUレザーとメモリーフォームによるイヤーパッドで柔らかな着け心地 メーカーより 拡大表示 拡大表示 エントリーモデルとして最適なヘッドホン 99 NEOはポータブルオーディオやスマホで新たなオーディオ体験をしたいユーザーに最適なエントリーモデルです。欧米でも多くのアワードを受賞しています。 ヘッドホンアンプを使わなくてもスマホやポータブルプレーヤーで楽しめるよう、インピーダンスを低く設計してあります。 流行に左右されないシンプルモダンなデザインで長くお使いいただけます。 99 NEO. ALL YOURS. 拡大表示 拡大表示 拡大表示 漆黒のイヤーカップが目を引く99 NEO 99 Neoは、漆黒(coal black)テクスチャー加工されたイヤーカップと鋳造亜鉛合金のハードウェアで作り出されています。この最先端のデザインはオーディオファンを魅了するでしょう。欧米や日本でも既にいくつものアワードを受賞しています。 上質な音を知っている人のために設計されたサウンド ナチュラルでバランスのとれた歪みのない、鮮やかでクリアなサウンドをお届けします。99 Neoはまさに現代のHi-Fiヘッドホンです。あたたかく、自然でバランスの取れたサウンドをお楽しみください。 時代に左右されないシンプルでモダンなデザイン その漆黒のイヤーカップには一瞬で目を奪われます。バターのように柔らかいイヤーパッドに触れてみてください。 … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Meze(メゼ) 99 Neo(ネオ) 密閉型ヘッドホン M99n-Bs –

JBL E35 ヘッドホン 密閉型/オンイヤー/マイク付 ブルー Jble35blu 【国内正規品】 – 満足してます

それほど音にこだわりがある訳ではないのですが、よくある低音がやたら響くという事もなく、普通に綺麗な音だと思います。ウリとなっているファブリック素材は肌触りがよく、ゴツゴツ感を和らげてくれます。自分は頭が大きい方ですが、サイズ的には一先ず大丈夫という感じで、ゆったりではないです。気軽に楽しむには良いと思います。. 音質は最高〜スマートフォンに繋いだら、ビックリの音質。ただ、少しパッドが小さいの服など擦れるとガサガサする。でも良い買物です。. 30時間ほど使った頃から良い音を出すようになります。安いヘッドホンなので音も大したことないと思われがちですが、慣らしをしっかりやってから評価しないとアンフェアですね。. 見た目のサイズ的にかけてみると軽い耳あての部分が布ぽい感じなので長い時間付けていても熱くなったり汗ばんだりしないこの値段のヘッドホンには珍しくケーブルが着脱式なので断線しても容易に交換など出来てコードも絡んだりしないで収められる折りたためるので持ち歩き前提のヘッドホンにはありがたい機能かも。デザインもここ最近どこの会社も力入れている見せるヘッドホン流れを継承していて野暮ったくないおしゃれな感じ。音に関しては値段相応の品質レベル万単位のものと比べるのは酷だがこの値段帯と考えればスマートホンと使う前提のヘッドホンだと思うターゲットとしてbeatsを買いたいけどちょっと高いなと思う層の商品なのかもしれない. なにかにケーブルが擦れる度にザーっと不快な音がします。. アピール感まるだしですけど、音質はいいです。もっぱらジャズをききますが本当のウッドベースの音がしてます。中間スイッチにもう少し多機能があればと思います。. 有線式・マイク機能付きで小型・軽量な折り畳みの4極型端子のヘッドホン。モバイル機器に対してはbluetoothによるワイヤレス接続が主流の今、何気に希少なものです。スマートフォンやタブレットなどモバイル機器への接続の場合、イヤホン端子に接続します。自分の手元のスマートフォンやタブレットではskypeによる通話が問題なくできました。イヤパッドの内側にLR表示がありますが、着脱式ケーブルを接続する側が右となります。ケーブルは折り畳んだ時には取り外す形です。折り畳み時の形状を考えると、むしろ外さないと断線の原因になるので要注意です。この小ささにしては密閉感が非常に高く、音漏れも小さいですが、裏返しとして装着感は結構きつめ。帽子・ヘルメットでxlサイズ(頭囲61~62cm)の人が上限かなあという感じ。xxl(63cm)の自分には若干きつい。音質は比較的ナチュラルですが軽め。重低音や高温の強調はほぼありません。これは材質などよりも用途や音作りに対する製品コンセプトによるものでしょう。ヘッドホン本体の小型・軽量な作りや、密閉感が高く音漏れが小さい特徴、ケーブルが着脱式である事(※万一持ち運びなどで断線が起きてしまっても、同じ仕様のケーブルと交換すれば直せる)も含めて、本品は可搬性と電車の車内・屋外などでの音楽リスニングを最重視したモデルです。コンセプト通りに、電車の車内や移動中に聞く事を考えたら、この軽い音質と本体の軽量さ、密閉感の高さはむしろ好適だと思います。移動中・電車内での使用など、用途に合って有線式が欲しいなら、十分にお勧めできるものです。なお、逆に自室でのヘッドホン兼用のヘッドセットとしての使用に限定するなら、同価格帯でもっと重低音のはっきりした、音の意味で滿足できる有線ヘッドセットは色々とある(※ヘッドセット用変換アダプタを介せばパソコン向けのヘッドセットも選択肢に入る)ので、色々と比較検討した方がよろしいかと思います。. 中学生の子供へ購入しました。主にスマホで音楽や動画に使用しています。使用頻度が激しいのでソニー→パイオニア→jblと次々に購入して使用していますが、jblが一番音が良いと言っています。. 利点と欠点 メリット ワイヤレスを条件から外せる方には是非一度聴いてもらいたい良バランスモデルです ちょっとばねが強い 満足してます デメリット まずハウジングが小さいのに驚きヘッドフォン側のプラグが通常のミニではないのに驚きまだエージングが終わっていないので音質云々は言いたくないのだが中音域が盛り上がったかまぼこ型 聴きやすい反面凡庸と思われるかもこの価格帯のヘッドフォンに高音質を求めるのは酷なのでこれに納得がいかない人は数万円のヘッドフォンをお買い求めになった方がいいオンイヤーの意味がよく分からないが 耳ははみ出す耳を包み込まないからオンイヤーなのかな?それでも密閉式なので 時代は変わりましたね最後に ミニプラグより一回り小さいプラグをヘッドフォンに差すのだがこれって汎用品なのかな?あんまり一般的じゃないとしたら 断線が怖いね. 小型なので移動時に向いていると思います。が・・・、良いフィット感と密閉型の為、電車などでは乗り過ごす危険があるかも。集中していると、本当に外の音が聞こえません。実際、ワイヤレスに対応していない機器で利用するには十分だと思います。音質も個人的には満足です。ただ思ったより小さいので、頭の大きい人には向かないかも・・・です。. 専門的なことはわかりません。通勤中に音楽を聴く分には問題なく良い音です。耳の部分の外装が少し安っぽいというかプラスチック丸出しではありますが、その分軽いのかな、と。締め付けも程よく、オススメできます。. 手軽に高音質を楽しめるヘッドフォンです。本製品を、walkmanで試した所、まず、walkmanから高音質を引き出せた事にビックリしました。と言うのも、最近はずっと利便性最優先で、bluetoothイヤフォン(jabra rox wireless )で聴いていた為です。このroxwirelessは、利便性だけでなく、音質も気に入って使用していたのですが、本製品との音質の差はあまりに歴然としていました。本製品では、厚みが感じられ、低音から高音までバランス良く響きます。ただ、密閉型なので、抜けはあまり良くありません。音漏れは殆どありませんが、電車では車内アナウンスがちゃんと聞き取れる位なので、遮音性は高くありません。その為なのかもしれませんが、上記で驚いた程の音質の良さは感じられません。従って、使用環境等によっては、評価の分かれる製品のような気がします。自宅では、pc → usb-dac/ヘッドフォンアンプ → ヘッドフォンと言う構成で聴いています。ヘッドフォンには、主に、sennheiser hd580、beyerdynamic dt 990 pro、akg k612 proを使用しています。本製品の音質は、流石にこれらのヘッドフォンと比較すると見劣りします。ただ、少なくとも室内では、価格に見合った音質は十分に感じられます。本製品を、標準ジャック用及びミニジャック用のusb-dac/ヘッドフォンアンプで試して分かったのですが、4極プラグの本製品を3極ジャックに刺すと酷い音しか出ません。さらに、故障の恐れがありますから、本製品の使用に当たってはご注意下さい。【ご参考】・e35(本製品): オンイヤー、有線のみ。・e45bt: オンイヤー、有線+無線、「e35+bluetooth」相当。・e55bt: オーバーイヤー、有線+無線。. 私は同社のワイアレスのe25btが気に入っており、現在日常使いしております。この製品はワイアードですが、同じ会社の製品ですので期待を込めて使用しました。その使用感です。1. 音質は、(形状が異なりますが)基本的にe25btと同じで音量を上げても低音が邪魔にならず”音楽”として響きます。また再生周波数が20khz迄ですがそれを気にさせないような良い音を奏ででくれます。屋外とかでカジュアルに使用するなら十分この辺で十分ともいえる音質で、その辺が気に入ってます。2. 重さも約168gと軽くて軽快です。またスピーカーの所にl,r表示があるので、他の製品のように小さな文字を探す必要がなく、またファブリック製ヘッドバンドも、コードもべたつかずに快適です。3. サイズですが左右の中心から(最長で)40cm位です。私は頭が大きい方なので、このサイズですと頭頂にほぼついてしまいます。なので、これが気になってしまいこの点は快適とは言えませんでした(もっとも、女性や普通の方ではほぼokだと思われますが・・)。折りたたみは便利ですが、ただスピーカー部が曲がるだけでバンドが半分になるわけではありませんの、そういう意味では完全にコンパクトではありません。4. 音量ですが、注意書きにあるように96db/mwとやや小さめです。日常的にこの製品を使う場合は問題ありませんが、ワイアレスとか他のヘッドフォンを使い分ける場合はその都度音量を上げる必要があり、この点がやや面倒な気がします。総合的な印象ですが、価格帯からも推測できますが、音楽とじっくり向かい合うようなシチュエーションには他の高価格帯の製品が合うとも言えますが、軽くてコンパクトな方でかつ音質もそこそこで、更にそう高い物ではありませんので、屋外でカジュアルに(周りのノイズや、傷つくとかを気にせずに)音楽を楽しむ場合には十分使える優れものだと思います。. 耳当ての部分が左右に可動して、なおかつヘアバンド部分の強度があるので、しっかりと耳を塞いでくれます。外部の音は聞こえにくくなるためスピーカー音はしっかり聞き取れます。. … Continue reading

Posted in オンイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on JBL E35 ヘッドホン 密閉型/オンイヤー/マイク付 ブルー Jble35blu 【国内正規品】 – 満足してます

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica SONICSPORT カナル型ワイヤレスイヤホン 防水仕様 スポーツ向け レッド ATH-SPORT4 RD – 今まで使ったイヤフォン中で最悪でした。

残念ながら初期不良で、マイクが使えなくて返品した。それと「シュアがけ」のためか耳にフィットしない。肝心の部分が耳から浮いて低音が出ない。指で耳に押し付けると低音は出るが、離すとダメ!低音が伝わらないので、高音が目立って不快だった!このタイプではbluesimのイヤホンがコスパ最高!. 半年使いましたが・・・フィッティングが最悪でイライラする。バッテリーは最初の頃は良かったが、3ヶ月くらいからすぐにもちが悪くなる。今まで色々使いましたがworst1. いつもはshure se215を使っていますが、ランニング用のイヤホンは理想形がまだ見つかっていません。これまではランニング時はソニーのws623を使っていましたが、存在感がデカすぎるのとペアリングに時間がかかりすぎるのが難点でした。このsonic sportは、ペアリングも早く、音も並以上、シュアがけ可能でタッチノイズ無し、イヤーピース交換可能で、防水で、私のニーズにかなりマッチしていて、悪く無いと思います。他のレビューにあるように、付けづらい、充電端子の蓋が閉まらない、の2点は、ヘビーな不具合だと思います。しかし、付け方も蓋の閉め方も要領が分かれば何とかなります。音質はse215には及びませんが、オーディオテクニカの安いイヤホンは本当に音がいい。コンプライのウレタンイヤーピースに交換して使っています。遮音性も抜群でタッチノイズも無いので快適です。あとは防水能力がどの程度かが問題です。. かなりの汗が出ても、壊れません。夏場のルームトレーニングに最適だと思います。. 音はオーテクらしい迫力がある音です。特徴と言えば、それだけです。オーテクファンなら運動用に買っても損はしません。しかし. 慣れを要します。耳かけ方はよくありますが、これはコードが扱いにくい。癖がつきやすいというか、自己主張がきついというか。最終的な格好まで装着してしまうと、外したくなくなる。ちょっとした時に外すことってようあるじゃないですか。でも外したら最後、また着けなきゃいけない. それが面倒。周囲の音が聞こえやすいイヤーチップというのが付属していますが、これは低音を犠牲にして成り立つ代物で、音漏れも多少ある。私的には好みではありませんので、遮音性の高いチップで聴いています。あとはスイッチの位置と操作性. ハッキリ言ってよくないです。装着の最終形にすると、左耳の後ろにスイッチが来る。しかもコードについているスライダーをスライドしてフィットさせるので、コードが後頭部に張り付く格好になります。見た目はそんなに悪くなく、フィット感も得られますし、運動してもズレたり、外れたりしないんですが、スイッチ操作に難が出ます. つまめないというか、左後頭部を指圧するような操作をしないと反応しません。個体差かもしれませんが、電源オンオフの反応も悪い。音量調節、選曲、一時停止などのレスポンスもいい方ではありません。同時にbackbeatfitも購入、使用していますが、音質以外、操作性や装着方法の手軽さは負けます。backbeatfitのほうが使いやすいですし、〇〇しながら聴くという点ではこちらに勝ち目はありません。メガネとの相性も悪いような気がします。ツルが細ければ問題ないとは思いますが. 前述のとおり、着け外しの面倒さが浮き彫りにされます。デザイン、色味、音質、など決して悪い商品ではありませんが、気軽さという点では、なかなかの曲者であると思います。何度も言いますが、オーテクらしい迫力ある音ですので、嫌いではないんですが. 使用機会はbackbeatfitにかないません。ということで、贔屓目に見て星3つです。. イヤホン部分が大きくて重たいです。慣れてしまえば気にならなくなるのですが、それでも耳の形にフィットしません。個人差というよりも、重量のバランス的に耳穴に刺さり込んだ状態を保てないようです。そのため、装着感はある程度緩いものになります。その点を妥協できるのであれば、ある程度動いても取れたりはしないので、想定されたスポーツ用という用途は満足すると考えます。キチッと装着できないので、音も妥協が必要です。耳穴に押し当てればある程度の音質はあるようですが、中途半端な商品なので、あくまで入門用です。コードが絡まる、装着状態で何かに引っかかるなど、有線特有のストレスからは解放されるので、そういった使用感が好ましければ、さらに上位機種を購入した方が良いのかな、と思います。. 音や付け心地は問題ないが、充電口のフタが何回かの充電で壊れました。防水仕様なのにフタが無くては防水になりません。処分しました。. The earphone is really nice. On instruction it says battery charge takes 4 hours but it is much less in reality. But i found sometimes … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica SONICSPORT カナル型ワイヤレスイヤホン 防水仕様 スポーツ向け レッド ATH-SPORT4 RD – 今まで使ったイヤフォン中で最悪でした。

パナソニック(Panasonic) パナソニック 密閉型ヘッドホン シルバー Rp-Ht560 – キーボード楽器(電子ピアノ)に使っています。

友人に頼まれ購入しました、金額が安かったので期待はしなかったのですが気に入ってもらえました。. 購入して2ヶ月程度でイヤホンジャックの少し上の部分が壊れました。そんなに頻繁に抜き差ししているわけではないのですが、次第に聞こえづらくなり今では右と左での音量差がものすごくあります。. コストパフォーマンスは最高にいい。イヤパッドも、材質がいい。ソニーやオーディオテクニカ、パイオニアなどにも負けていない。ヘッドバンド部分も頑丈だ。ためしにみなさんも使ってみてください。おすすめです。. Victorのhp-rx500が壊れたので、期待もせず、気軽にamazonで購入しました。1984年製のsony cdp-502esのヘッドホン端子に挿して直接聴いています。薄いチリチリのイヤーパッドはすぐにボロボロになるので避けたのも選択の一因です。実は、3倍の価格のオーテク製ヘッドホンも同時購入しましたが、そちらは押し入れ行き。このヘッドホンの方が元気がよく、見事に期待を裏切って主役になってくれました。エレキベース、バスドラム、アコースティックギター、シンバル、女性ボーカルの息づかいまでハッキリ分ります。購入当初は若干コモったような感じだったのですが、しばらく使っていたら、耳が慣れたのか、エイジングなのか分りませんが、厚みがあって、かつ、透明感のある繊細な音になったような気がします。比較的フラットで変なクセがありませんね。低域から高域まで十分出ています。「夏場は耳の周囲が蒸れるかも知れない。」ので星1つマイナスです。音の好みなんて十人十色なんでしょうが、私は大満足です。. 1年間ほど使用しました。音質音場感や解像度は値段なりでほどほど。悪いとは言いませんが期待しすぎないほうがいいかもしれません。音のバランスは良くまとまっており、高音低音とも強すぎもせず弱すぎもせず総じて無難な傾向の音です。使い勝手装着感は良好。なお画像では分かりづらいのですがイヤーパッド表面はやや硬めの素材でできています。ふかふかタイプのものに慣れた人だと気になるかもしれません。ボロボロになりにくいメリットもあるのでこのあたりは好みの問題でしょうか。メーカーが商品特長として挙げている「新・スライド機構」なる機能はほとんど意味がなくまず使いません。見た目を損ねているし無駄なコストもかかっていそうなので減点。他にはこれといった不満点もなく使いやすい製品と言えます。重いわけでもないし片出しコードも便利。総合この価格帯として飛び抜けて優れたところがあるわけではなく地味ですが、弱点のないヘッドホンです。「よくわからないけど、とりあえず3,000円くらいで1台欲しい」という時はいい候補になるのではないでしょうか。. 普段はヘッドホンは使いませんが、今まで使っていたキーボードの付属品が壊れたので、購入しました。イヤーパット部分も柔らかくて使いやすく、長時間使ってもあまり疲れない感じです。音質などについてはこだわらないので、この金額の物で私には十分です。. 当方、音に関しては素人なのでその点に関しては他の方のレビューを参考にして下さい。本品を購入したのは2年前。外には持ち出さず、パソコンに繋ぎっぱなしで使っていたのでそんな乱暴な扱いはしてなかったのですが、にも関わらず、1年以内に2度商品が壊れました。1度目は購入後10ヶ月。アーム部分がポッキリと逝きました。保障期間内だったので新品と交換して頂いたのですが、それも11ヶ月後に左側のスピーカーから音が聞こえなくなりました。ヘッドフォンの中でも高額と言う部類では無いですが、せめて保障期間の1年は最低でももつようにして欲しいと思います。. 私の場合、バイノーラル録音が趣味で、ヘッドホンは再生アイテムとして第一の必需品です。この商品を使ってみて、イヤーパッドの締め付け感や、重さなどの装着感はまずまずと思います。肝心の再生音は普通の値段相応な、可もなく不可もなしと思います。敢えて言えば、低域の弱さが幸いして、低域のグランドノイズが和らいで聴こえる、と言う変なメリットや、260にあった高音域のシャリ感が無いので、鳥の鳴き声の合間に聞こえていた虫の鳴き声が上手く分離されないデメリットもあります。バランス感はよくても聞こえなくなる音があるのに初めて気付きました。. 利点と欠点 メリット 弟分のHT260と比べて音のバランスの良さを感じますが・・・・。 十分な性能でした。 ほどほどに優等生的なヘッドホン デメリット 【rp-ht260】を職場で購入したのをキッカケに【rp-ht360】【rp-ht560】2機種を揃えました。全てを聴き比べられる環境を整え、じっくりと聴き込みました。~ht260 ⇒ ht360での改善~dドライバーが40mmから50mmにグレードupし、ケーブルがグレードupしています。音の深みが増し、ノイジーな高域がクリアに変化しました。音域のバランスはあまり変わりませんが、全体的にクリアで篭りが改善されています。ケーブルが片出し1本でケーブルの取り回しも向上しています。チープ感は260と大差ありません(260と同等に安っぽい外観です)~ht360 ⇒ ht560(本機)での改善~360と同じdドライバーですがハウジング部はアルミカバーで装飾され、イヤーパットも合皮になり、ヘッドバンド部も合皮でパナのロゴが印字され、360のチープさがなくなり、価格以上に豪華に見える仕様になっています。音質面ではハウジング中央にもベントが追加されそこから低域が適度に抜け、中高域のクリア感がグッと上がります。(密閉型ですが音が抜けるベントが多く、結構大きく音漏れします)3機種の中では一番フラットな音域バランスに仕上がっています。さすがトップモデルにふさわしい高音質になっています。但し、音の解像度や立体的な音場などはht360と大差はありません。装着感は3機種とも軽く、側圧もほどほどで良好です。【rp-ht560】を4000円程度のヘッドホンとして考えると外観デザインはコスパ良好、音質は価格相応。3機種の中では所有欲が一番満たされる機種になると思います。ちなみにライバル機種はjvc【ha-rz710】あたりになりますが、個人的にはこちらをお勧めします。3機種の中で総合的にコスパが優れている機種は【ht360】だと思いますが、購入資金に余裕があれば、外観が豪華でクリアな音質の【ht560】をお勧めします。クリアな音質より低域の量感を重視する人は【ht360】をお勧めします。. 夜中に一人でテレビを観る時やパソコンの音が周りにうるさくないようにヘッドフォンを使ってます。それほどシビアな音を聴いているわけではないのでなんとも言えませんが、音は可もなく不可もなくといったところで値段相応です。ちょっと重たいのと耳にかぶさる感じが鬱陶しいのが難点ですが、許容範囲です。. 左のスピーカーから音が聞こえませんでした。期待していたのに残念でした。. イヤーパッドがひびわれてきたので部品注文しました。片方で¥600。高いなあと思いましたが、パッドの箱には MADE IN JAPAN とある。本体は中国製だが、イヤーパッドは日本製のようだ。硬くて汗がつくが、シワが少ないので簡単に拭ける。おすすめです。. 手ごろな価格であり、音質も良好です。又長さ(3m)もちょうどよく使い勝手も良いです。. 購入理由はどこでもラフに聴けるオーバーイヤーの安物が欲しかったから。構造上半開放と見るべきか、鳴りっぷりも密閉特有の閉塞感は少ない。ただし全域にわたってごく薄い靄がかかったような音質のため、若干明瞭さに欠け分解能やスピード感もほどほど。f特は各所でthe平凡やフラットとの評価だが、明らかに低音寄りである。だがしかし全域にわたって取り立てるほどの過不足を感じさせないのはpanasonicらしい。音場は広い訳ではなく、ダンピングをあまり積極的に行っていない印象。そのためか音像は両耳のやや後ろから頭内を通る弛い曲線上に、距離感無く分布し、それでいて閉塞感のない独特の音場を創り出す。低価格のmmカートリッジを思い出すが、却ってヘッドホン特有の音場に悩む必要もなくなるのは目的に適う。原音忠実性は上記音質に加えて高域に少しディップがあるようで、角や粗さに乏しいが、気軽に聞くには良い音質である。側圧は若干強めだが、アームがプラスティックのためいずれ緩んでくると思われる。ただしイヤーパッドとヘッドバンドの当たりは硬めのフェイクレザーのためあまり良くなく、耳周りとヘッドバンド頂点共に若干気になり、この点だけが惜しい。ヘッドバンド軸がイヤーカップの軸より前に傾斜しているため、ヘッドバンド頂部は頭頂よりかなり前になるが寝ホンにはかえって好都合。遮音性は密閉と思ってはならないレベル、同様に音漏れは半開放並である。外出での使用は限ったものになるだろう点も残念。(muze touchが外出専用機になっているので問題無いのだが・・・)作りは価格なりと言っていいのだろうか・・・t2s同等以下に見えてしまうが特に酷いわけではない。聴感上イコライジングしなくても特に支障はないし、大半のポータブルプレイヤーでは良いバランスになると思うが、一応暫定のequalizer proの設定は42hz:-5. 0インピーダンスが若干高めのためかポータブル機ではややボリュームを上げる必要があるかも知れない。クイックフィットヘッドバンド機構は全く無意味。この分を他のコストに回してくれればと思う。素の性能にこれといった欠点がないので買って損はない機種だと思う。. 色々な方のレビューを参考に購入しました。購入時の音は硬く高音低音も全く冴えない代物でした、ここでの評価なら1でした。その後、レビューなどを参考にエイジングを行いました。ピンクノイズで18時間、あと雑多な音楽で10時間程。確かに音が良くなっています、高音低音は突出せず非常に耳通りの良い音です。均質に鳴ってくれます、高低音はやや控えめ。長時間のリスニングにも疲れにくい感じです。装着感はやや軽いのかな、これも疲れにくくていい感じです。二段階の調整ボタンがありますが、自分には合う位置ではないため使っていません。3mのコードは、屋内使用に限った製品と思えばまあこんな物かと。延長コードで3mなら良かったんですが。ケーブルは細めなので、ここは取り扱い注意。. 使って半年ほどで片方のスライドが破損。ガチガチに固定して使ってましたが結局反対側のスライドも壊れました。2年持ったから十分だとは思いますが、それにしても半年でスライド部が壊れるとは……。スライドが壊れると安定感が一気になくなるので星3つで。破損がなければ満点でした。. 他店で購入しました。密閉型とのことなので、dtmの宅録時のモニターヘッドホンとして購入しました。ところが、ヘッドホンからの音漏れがすごく大きくて、録音用のマイクに入ってしまい、使えないことがわかりガッカリです。構造を観察すると、ハウジングの上半分に10個以上の穴(開口部)があり、そこから音が漏れているようです。これでは、密閉型ではなくて、オープンエアー(開放型)と呼ぶべきだと思います。音質も50mmのユニット使用との事ですが、音質としては軽い感じがしますし、何より密閉型と呼べない前述の音漏れが問題ですので、dtm用途での購入は避けた方が良いです。. 特徴 パナソニック 密閉型ヘッドホン シルバー Rp-Ht560 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 大口径50mmの高性能ドライバーユニットを採用した高音質設計 左右同位置にすばやくフィットする新・スライド機構を採用 … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on パナソニック(Panasonic) パナソニック 密閉型ヘッドホン シルバー Rp-Ht560 – キーボード楽器(電子ピアノ)に使っています。

iina-style ノイズキャンセリング イヤホン 【 Bluetooth4 – AAC対応でiOS向け

通勤でバスに乗ります。歩く時は使用していません。普段はソニーのmdr-nwbt20nを使っていますがノイズキャンセリングのレベルは段違いでこっちの方が良いです。bose quietcomfort25も持っていますが体感的には同じくらいです。音もクリアで良く聞こえイヤホン部分もマグネットでカチッとくっつくのでブラブラしません。イヤーピースも3種類あって私は耳が小さいのでサイズを変えられるのは大変うれしいです。聞いた事ないメーカーだったので全く期待していなかったのですが正直値段以上の商品です。ダメは部分がなさすぎて逆に怖いくらい。あとはどれくらい持つかですね。長く持って欲しいなぁ。。. 若干のノイズは気になりますが、それは仕方ないかなと。前にも首掛けのを使ったことがありますが、自分は汗っかきだから、夏場に使うのは難しく、これからの季節に、もっと役立ちそうです。音は凄く良い訳じゃないですが、凄く悪い訳でもなく。なので、もう少しだけ安かったら助かりますが。。. イヤホンはコードは太め、音量とマイクのリモコンとノイズキャンセルとモニタモード切り替えボタンと電源ボタンが付いているリモコンとバッテリーがコードで繋がっていて少し重さを感じます。慣れたらそれ程重さ気になりません。線が太い部分があるのでそこはもう少し細かったら良かった。肝心のノイズキャンセル機能はかなりの効果があります。pc(tv視聴可能)にノイズキャンセルイヤホンを繋いでテレビ音声をイヤホンに流し、androidタブに繋いだbluetoothスピーカーを手元に置いて側で音楽を流した環境で手元のリモコンのノイズキャンセルモードとモニターモード(周囲の音が聞こえるモード)を交互にポチポチ切り替えて試しました。ノイズキャンセルモードでは手元の側から流れるandroidのスピーカーの音楽は聞こえずイヤホンのテレビの音声だけ聞こえるモニタモードに切り替えるとテレビの音声は消えて周囲の音、androidタブに繋いだ音楽がイヤホンを付けたまま聞こえるという感じでイヤホンを耳に取り付けた状態で交互に切り替えて聞けるのでとても便利です。イヤホンを付けたまま色々したい方にはおすすめです. フィット感が実に良く長時間の使用でも苦になりません。首に密着する部分も柔らかくこれも違和感ないですね。本体の重量はスペック通り約36gです。音質ですが艶っぽく落ちつた音といった印象、低音もそれなりに出てます。ノイズキャンセルモードも良く出来ていて周りの音が殆ど聞こえません一番は気に入ったのは装着感かなノーマルモード→ボタン軽く1回でノイズキャンセル→2回でモニターモードですが2回続けて軽く押すことで一気にモニターモードに移行可能です。付属usbの長さは約65センチ気になった点は専用ポーチが少し小さいぐらいかな、、. ノイズキャンセリングが良く出来ています運動公園でウォーキングに使用してきましたが集中できるのでいいですね室内でもamazonビデオ観たり primeミュージックに使用して周りの音気にせずに済みましたし今までノイズキャンセリングに懐疑的でしたがこの価格でこの技術の提供なら体験したいと思いました. 今迄完全にケーブルレスのイヤーフォンを使っていました。今迄はズレて落ちたことはありませんが、混雑した人込みで落としたら厄介だなと思っていました。その点本品は左右がケーブルでつながり、しかもその部分がu字型の樹脂製なのでまず外れて紛失することはないと思います。またイヤホンのあの三角形は見事に耳たぶに引っ掛かり極めて安定感をもたらせます。音質と通話機能は必要十分です。ノイズキャンセラーは単に音が小さくなるだけの機能のように感じます。?色彩は極力目立たないように黒で統一さてていてよいと思います。頂けないのは流れるアナウンスが英語というところでしょうか。. 首の後ろを回すやつが気にいるかどうかかと思います。無くしづらいのはよいのですが。音質は普通で、特に問題はありません。ちょっと太いかな。操作は直感的にわかりやすいですね。ノイズキャンセリングが、マニュアルを見ないとよくわからないのがちょっとマイナス点。性能自体はよく、この価格でのノイキャンつきと思えばよいんじゃないでしょうかね。. 使い勝手がよく作りもかっちりしていてノイズキャンセリングも、周囲の騒音もきになりません!低音高音は少し弱いかな…と。. 利点と欠点 メリット Linner との違いがあるのでしょうか この金額でここまで良すぎて怖いくらい 使い勝手はよし! デメリット 右と左の先端部が磁石でつくので邪魔にならない。音質も悪くは無い。ノイズキャンセル効果もそれなりにある。無名メーカーにしてはそこそこ値段がはるのだけが玉に瑕。. ノイズキャンセリング機能が軽度の耳栓を使用しているみたいで中々いいです(ノイズキャンセリングを使ってみると普段とっても騒音だらけの空間で生活していたのだと気付かされる感じ)読書中や電車で静かに寝たい時など生活の豊かさに広がりが出たとしみじみ感じられますじっくり音楽と向き合うならばこちらよりも音質のよいものは沢山あると思いますがほかに家族がいて物音がうまれる、外出時に環境音がある中で音楽を楽しみたい・・等の場合は生活習慣にある雑多な環境の中で音楽を楽しみたいのであればとても素晴らしい機能バランスをもった商品だとおもえます周囲が気になる時はボリュームの音をあげてかき消すような使い方をしていましたが、ノイズキャンセリングがあれば自分の耳に丁度よいボリュームのまま使用できるので本当に”快適なスマホライフ”になってます(^^♪bluetoothでワイヤレスですが、音の遅延が全く無いので動画鑑賞やリズムゲームなどでずれも生じず品質面でも安心できますよ(販売元は中国企業ではなく、株式会社g. Oホールディングスという大阪に居を構える日本企業です). シンプルでオシャレなコンパクトなスポーツイヤホンです。スタビライザにより、装着感も良好。本体は軽量です。持ち運び等非常に便利であると感じました。bluetooth接続でありながら、音質は頑張っているのではと感じました。全体的にバランスよく鳴らしてくれ、後ろに隠れているギター音やベース音も綺麗に出してくれていました。無名な会社で形状がコンパクトなだけに良い意味で裏切られました。曲送り、戻し、音量調節ボタンと一時停止、再生ボタンがあります。これが非常に便利。スマホで音楽再生する身としては画面を触らずお手軽に操作できます。ランニング時などには大いに役立ってくれるであろうと感じました。ノイズキャンセリングはそこそこ優秀。さすがにトップクラスのイヤホン達と比べると劣りますが、価格から考えて充分だと思います。モニターモードはかなり便利。電車乗車中に今どこの駅かアナウンスを聞く際に使用しています。今までは音量を下げるかイヤホンを外す動作が必要でしたが、ボタン一つで大丈夫になるのは便利でした。価格を考えるともう少し音質は頑張って欲しかったかなと感じましたが、優秀なイヤホンでした。. 音質は可もなく不可もなく。ドンジャリではなくカマボコ寄りで、ヴォーカルがやや前に出てくるような印象。分離度は少し低く、若干明瞭感に欠ける。奇抜さ・新鮮さこそなく感動するような音質ではないものの、堅実な音作りと言えるかもしれない。aac接続で試したが遅延が大きく、aptxに慣れている者からすると結構なストレスで動画鑑賞やゲーム用としては厳しいと感じる。デジタルノイズの類は比較的少ない方。音漏れは全くないわけではないが、大きくはない。ボリュームコントールはスマホ本体等と連動するタイプ。ancはon・offのみで細かな調節は出来ないが、それでも良く効いてはいる。はっきりと体感できるレベルで周囲の雑音が減退する。最大28dbのノイズ軽減を自称しているようだが、妥当なように思う。なお、モニターモードはアンビエントサウンドとは異なり、単に音量を一時的に下げるための機能のようだ。普通に会話が聞き取れるようになる。ボリュームコントロールが独立しているのは少々不格好だが、イヤホンのlrが一目で分かるというメリットがある。ネックバンド部分はグルグル巻けるほど柔らかい。イヤーピースは良好なフィット感で歩いていても外れ難い。マニュアルは日本語・英語とあるが別紙であり、とても見易くなっている。なお、故障時に1年保証を受ける際の送料は自己負担となっている。水没は保証対象外とされている。. 手持ちのlinner bluetooth イヤホン nc50www. Jp/dp/b076j9567sとの違いが全く分かりません。外見に差異はありません。ancの効きも、音質も同じように感じます。linner nc50の方には、aacコーデックの記載が無かったので、今回はiina-style is-btep10ncの方を選びましたが、音質が良くなった感じもありません。linner nc50は6999円、iina-style is-btep10ncは11800円。これなら、linnerをもう一つ買えば良かったと後悔。ancは効きます。その代わり、サーっというノイズが強いことがあります。(そもそも期待してる人が少ないと思いますが)音質は良くないです。ちなみに、linner nc50ですが、汗で1本壊しました。iina-style is-btep10ncも同等でしょう。信用に足るようなレベルの防水ではありません。可もなく不可もなく、これまでに買ったlinner 2本と合わせ、3本目です。安いanc付きbluetoothイヤホンを探している方には、linner nc50をお勧めします。iina-styleの方も使い続けますが、こちらにする理由は無かったという感想です。. 低音、高音ともにこの値段にしてはかなり良いと思う。ボタンの位置も右利きの人(右にすべてボタンが付いているため)には使いやすい。肝心なノイズキャンセル機能はかなり良く、先日航空機で使用した際騒音がかなりあったが、それらの音をあまり気にせずに過ごせた。だが、時々bluetoothの接続が悪くなる時がある。繋ぎ直さないといけなかったりするのは少し面倒。その他の面私はすごく気に入りましたので星4。. これまで数々のノイズキャンセリングを試してきましたが、本製品もしっかり効いていい感じです。ネック部分の形状も悪くなく、一時間弱の自転車&電車&徒歩を組み合わせた通勤で快適に使えています。自転車では片耳で使っていますがノイキャンonだと風切り音がすごすぎて使い物になりません、ノイキャンは徒歩と各種交通機関乗車時に利用するものです。ノイキャン切れば一般的なイヤホンと同じレベルの風切り音でした。(これは耳の形など、個人差があると思います)起動時に英語のアナウンスで電池残量を教えてくれるのも個人的好評価です。全体的に満足のいく品ですが、これを定価で買うかというと悩みます。5000切っていればスタンダード製品になる可能性を秘めたものですね。【追記-20180803-★4→1】数日使用ののち、突然電源が入らなくなりました。充電すればランプは点灯(赤→緑)するしanc/monitorボタンを押せばノイキャン/モニターモードがonになります。がon/offボタンを長押ししても電源オンのアナウンスが聞こえず、ペアリングしていたスマホ側でも接続状態になりません。vineでもらったものなのでノーダメですが、これが1諭吉以上出して買ったものなら致命的です。所詮、無名メーカーですねと言っては辛辣すぎるか。とりあえずサポート行き。【追記-20180806-★1→3】サポートに連絡したところ、本体のリセット方法を教えていただきました。以下引用。※リセット後はペアリングしている端末に自動再接続しないため、手動で削除→再登録する必要あります。–リセット方法に関して下記ご確認ください。1:「充電していない状態」で「on/off」ボタンと「volume-」のボタンを同時に長押しします。2:すると、インジケーターが点灯します。そのまま長押しし続けてください。3:数秒でランプが消灯しますので、長押しをやめます。–上記対応で一旦の解決は見たものの、再度不具合が出ているためとりあえずの★1→3で評価変更いたします。リセット後に発生している不具合。 1.電源offができなくなった 2.操作していないのに関わらず勝手に曲送りが発生するようになった 3.起動時の電池残量アナウンスが中国語になった手動で電源が切れなくなったため音楽鳴らしっぱなしで電池空にしてみたところ、上記のような動作をしています。サポートの方いわく交換も受け付けられるとのことでしたので、二・三日様子見てダメだったら交換対応していただこうと思います。【追記-20180813-★3→4】その後交換対応で新しいものを送っていただき、不具合もなく動作しています。商品自体は良いものですしサポートにも大満足なため、元々の評価に戻したいと思います。※元々★-1なのは定価が高いため【追記-20190708-★4→2】また壊れました。一ヶ月ほど前からvol-upボタンが反応せず電源ボタンもonになったりならなかったりしてたんですが、ついに電源入らなくなりました。前回交換していただいてからほぼ毎日使用していたので頻度は高かったとはいえ、まだ一年経ってないのになぁ。以下症状- 電源がonにならない- 充電するとランプは付く(赤→緑)- anc/monitorボタンは機能する- 教えてもらったリセットは効かない丁寧なサポートと一年弱戦ってくれたことを考慮して★+しましたが、これ自腹で買った製品ならクレーム案件ですワ。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on iina-style ノイズキャンセリング イヤホン 【 Bluetooth4 – AAC対応でiOS向け

ソニー(SONY) Sony フルオープン型ヘッドホン Mdr-Ma900 – 装着感は抜群

Good goodgood goodgood goodgood goodgood goodgood goodgood goodgood good. フルオープン型と言うことで気になって買ってみたけど使ってみてまず始めにその軽さに驚きました。w他のヘッドホンでこんな軽いの僕は知らないです。使って数か月たちますがたまに付けてるの忘れるくらい気にならない感じで付け心地もいいですが、(ここから本題)音に関してはちょいと癖がありますね、まぁ好みもあるとはおもいますが、低めの中音から低音にかけて(eq検証してないから正確にはわからんw)持ち上がり過ぎな感じがします。良く言えば曲中のベースとかキックが強くなるwだから何かの作業中にbgmとか映画鑑賞にはもってこいです♪逆に楽曲制作や正確な音を聞き取りたい方には向いてない印象ですかね。最後にフルオープンってだけあって音漏れは覚悟が必要なレベル♪良い商品に間違いは無いので使用用途が合うならこれはお勧めです♪長文失礼しますた。. しばらく前の話ですが某家電量販系通販で購入しました。amazonでの購入でない点はご容赦下さい。手持ちのヘッドホンとしてmdr-z7,hd598等を所持しています。まず音ですがとにかく素直でクセがなく自然で開放的です。このヘッドホンの外観通りのイメージそのままといったところでしょうか。音自体に特徴があまりない点が特徴とも言えます。迫力や艶、厚みは他のヘッドホンに譲りますが、mdr-ma900ならではの音の解放感は他のヘッドホンには無い物でしょう。音楽を集中して聴くというよりもpcを操作しながら仕事をしながら、といった時の使用に最適です。かと言ってがっつりとした音楽鑑賞での使用も悪くありません。自然な解放感を生かしてのオーケストラを聴くのも一興ですね。インピーダンスも低く扱いやすい点もプラスです。ただこのヘッドホンの一番の魅力はなんといっても、この掛け心地の良さです。195gとのことですが実際の数字よりも軽く感じます。イヤーパッドもジャージのような素材で肌触りも良く、肌との接地面も少ないのでとても快適です。夏場はもっぱらこのヘッドホンにお世話になりました。hd598もベロア素材で気持ちいいのですが夏場はちょっとキツい…。少しだけ気になった点を書きます。・やや音が薄い解放感のある音なので音の濃さがやや薄い印象を受けました。この点はヘッドホンアンプの活用で解決できますし、他のヘッドホンと比較しなければ気にならないでしょう。・ヘッドホンアンプで鳴らしにくいケースがあるインピーダンスが低すぎるためかうまく音量が取れない場合があります。普段より音量を上げなければならないのですが、今でも解決方法がありません。音量を上げれば済む話ですが…。・ケーブルがやや細いケーブルは3mなのですがホームユースを想定して作られたと思うのですが、ケーブル自体が細めな印象を受けます。ちょっと不安な要素です。・ヘッドバンド調整部で髪の毛が挟まり抜ける私の頭髪にそんな余裕はない。不満も書きましたが、やはり掛け心地と音の解放感は唯一無二のものだと思います。音質重視であれば他のヘッドホンも魅力的ですが、いつも使用する物であれば掛け心地も重要視したいですね。余談ですがソニーストアでの販売が終了したようです。気になる方はお早めの検討がよさそうです。. オープン型ヘッドホンは初めてだったが、一人暮らしのため音もれを気にする必要もなく、軽量とそのルックスで購入。主にPCヘッドホンとして使用してますが、長時間の使用にも快適で、パッドの装着感も良好。肝心の音は大型ドライバー搭載で本当に自然に音源の音を再現してくれます。私はこのくらいの低音が好きですね。ギターやベースの耳コピにも十分です。たーだーしー、ipodなどでは音量をmax近くまで上げると盛大に音漏れしますので、近くに人がいると厳しいです。また、ヘッドホンを取る時にサイドのスライドするレール部分で、もみあげの上の髪が挟まり、「ブチッ」と抜けることがあります。超痛いので、それがなければ☆5でした。. 音に関しては全体的にとてもクリアで聞きやすいです。また軽くて装着感も非常に良いので長時間付けていてもなにもストレスなく使えます. オーテクが断線したので買い替えました。夏も使いたいので蒸れないのも選択の理由です。据え置きコンポでcd聞いていますが音はきらびやかで艶があり、高音も伸びます。同じ値段のオーテクでは気がつかなかった微妙な歌声の表現も気がつきましたが、エという声が割れて聞こえるような気がしますし、あるいは録音が初めからそう言うエという声かもしれません。70mmが大きすぎて剛性が弱いのではと思います。ピアノ曲が中心なのであまり低音は気にしてません。十分な音質と思います。このヘッドホンは音の傾向からゲームやテレビに向いているのではないかと思います。これだけ音漏れがあると夏の夜とか近所に気を使い、使いにくいかもしれません。あと、側圧がほとんどないので寝ながらはすぐ頭からずれてしまいます。. 私の耳はすっぽり入ります。でもオープンエアータイプ(この機種はドライバーユニットとその枠の間に計算された隙間があります)なので、~★耳への負担が少なく★~、聞こえる音も~★スピーカーで聞いているような音★~と勘違いする場合があります(就寝時に装着しウトウトすると錯覚します)。それほど~★着け心地が良く★~良い音が鳴ります。壊れた時用にあと2個くらいはキープしていたいです(現在予備数は1)。型番にはma(マルチメディアオーディオ)とあり、普段使いのヘッドフォンとなっており、tv、ゲーム、オーディオ・・・・と多用途に使える設定です。コードも3mくらいあり、室内でつけっぱなし・聞きっぱなしでも(外の音が聞こえるため)充分生活できます。本当に良い商品です。. はっきり言いますがsonyのmdr-1aも持ってて使ってますが…大嫌いです。1aの気圧がかかるような密閉感と狭い音場感と音の分離の悪さにウンザリして開放型を探し、いろいろ聴き比べてma900を選びました。sonyはこの値段でこんなに素晴らしい開放型ヘッドホンが作れるならもっと開放型にも力を注ぐべきでは??マジで!2. 3万円クラスのゼンハイザーやakgの良い面もわかりますが、少し重かったり、スプリングの強さ、蒸る密閉感、装着感がイマイチだったりします。ハイエンドのゼンハイザーの良さもわかりますがあんな重いヘッドホン絶対いりませんよ!ma900の軽さ、装着感、蒸れない解放感、音場感の自然さ、インピーダンス値など他メーカーはマネできない抜群さがあります。音質は完璧ではないでしょうが、中音域が柔らかいですし、低音域も柔らかいです。何より開放的な音場感が素晴らしい!結局耳に優しいヘッドホンが一番音楽を楽しめるんです!誰かも書いてましたがバンドの長さ調節部分に髪が挟まって、髪の毛が一本抜けることがありました。. 利点と欠点 メリット 長時間使っても平気 買って正解でした。 とても良いのですが デメリット 軽い。蒸れない。音も非常に良い。低音がしっかりしていて高音の伸びもいい。値段も安く(2万円くらいで購入)長時間でも疲れない惜しむらくは、なんでこんなに優れたものを生産中止にしてしまったんだろう。生産を再開してほしい、. 期待はずれでした個人的好みはあると思うけどソニーは高音の抜けが悪くこもった音が好きなようで爽やかな感じがしない比較対象ではないかも知れないが密閉型ノイズキャンセリングのmdr-10rncも中音域辺りから下がもわもわして高音を抑えすぎて低音の締まりがないる気がする今回オープンエアーという事でもっとスッキリ爽やかさを期待していたが残念な結果になった低音は期待していなかったがやはり物足りなさを感じるこれなら用途は違うがmdr-cd900stや7506の方が当然だが味付けがなくて素直な気がするboseのqc25のように自然な中高域は出せないものなのかこの価格でコード脱着可能は無理なのか?長いコードを束ねてブラブラさせているのも不快であるこれはたまたまだと思うが自分のメガネのフレームの耳に近い多分金属を樹脂でコーティングした部分との相性が悪く首を動かすだけでもキュウキュウと滑る音がとても気になる何か食べてる時はさらにひどいw付けていることを忘れるようなというキャッチコピーはオーバー過ぎる最後に良かった点だが期待通り蒸れはほとんど起こらない構造と7cmのドライバーユニットの大きさ分のイヤーパッドの直径が耳周辺を離れ大きく囲むので疲れは確かに少ないと思う音質に関しては仕方なくミキサーなどのイコライザーを通して好みのバランスで快適に使用している. カプセル部分に隙間のある構造のためdvd等の視聴で長時間使用しても耳が蒸れなくて助かります。以前同じ用途でmdr-f1を使用していたのですが、いいかげん古くなってヘッドバンド等劣化してきたので買い替えました。mdr-f1と比べて低音が増したように感じます。それでも密閉型と比べるとあっさりしていますが。. とても良いのですが、装着性を追求した結果とは思うのですが、緩いのでずれやすいのが少し難点と思い、☆4つとしました。 . 入院に際して、音楽などを聞くために購入しました。とりあえず、pcでdvd、cdを聞くつもりです。まず、軽さ、次に音質の基準で選びました。音質重視ならば、アンプを挟んだほうが良いようです。家で、pcにつないでdvdなどを聞いてみました。オープンエアタイプのため閉塞感はなく、外から声をかけられれば、よほど音を大きくしない限り聞こえます。広がり感もあり、私には十分と思います。重さは軽いですが、やはりずっと装着していると、耳周りが少々痛くなります。これはなれもあると思いますが・・低音をもっとと思えばアンプを挟んだほうがよいかと思います。5ではなく4なのは、音声コードの扱いがもっと良ければ、と思ったからです。 コードは細くしなやかですが、本体から外せないこと。長さは十分ですが余ったときのとりまとめがうまくできず、そのあたりの配慮があれば5になると思います。. 量販店で処分で2万以下になっていたので飛びつき購入音は限りなくフラットな感じでしょうか、essencestxⅡのヘッドホン出力につないでいますオペアンプの交換した時の音の反応が良く聴き取れて面白いです自分は1日あたり長いと20時間くらいヘッドホンを付けている人なのでとにかく付け心地が最優先ですオープン型ならではの蒸れの無さと適度な側圧による締め付け(当方メガネも付けてます)まったく装着していての疲れがありません耳周りの直接あたる部分にはmimimamoのスーパーストレッチヘッドホンカバー lを付けて数日おきに洗濯しています本来の良さが失われているところもありますがパットをそうそう外して洗濯するわけにはいきませんからねあとパット自体も表面に合皮が付いているタイプではありませんのでそのままでもさらっとした印象を受けると思いますそしてケーブルが3mと長いのもpcに据え置きで使用する自分には合っていましたポータブルによくある1. 2mでは自分の設置状態では届きません、欠点に感じるのはケーブル自体が着脱式でない所ですただそのケーブルも柔らかく服に擦れてのノイズを拾ったりしないので逆に好印象があります(評判がよさそうなmdr-1aを買ったら側圧に疲れ、ケーブルのこすれノイズにウンザリして、首を傾げた程度で可動部がギシギシなりがっかりして30分程度で箱に戻しました)もう恐らく店頭在庫だけだと思いますので処分等で見つけたら試聴(試着)させてもらうと装着感の良さが分かると思います. 映画鑑賞や音楽鑑賞用としてスピーカーで音をだせない時用に購入しました。昔は、モニター用のヘッドフォンで一音一音チェックするような聴き方をしていました。とても疲れました。最近は、ゆったり音楽鑑賞するほうが良くなってきました。このヘッドフォンはそういう人に最適です。とても軽くてかけているのを忘れるくらい快適です。音もあまり刺激的でなくそれでいて低音も高音も出ています。長時間の映画や音楽鑑賞用に良いと思います。. 蒸れにくい冬場の車内で窓がすぐ曇る私です(蒸気の発散多)一度、密閉式にチャレンジしましたが耳が蒸れて不快感が凄く1時間以上の装着は無理でした(密閉式)オープンエアで探しとコレ(本製品ma900)にたどり着きましたが値段が高く. 下位グレードの「ma500」を購入し1年使い気に入ってました先日「ma900」格安の中古をamazonで見つけて購入しました両方聴き比べるまでもなく重低音の厚み(ma500比較)と軽量な装着感、蒸れる気配が無いイヤーパッドに感激買って良かったと思います現在の新品価格「34600円は高すぎ」だと感じますが程度のイイ中古品が1万円代前半なら個人的には買いだと思います. 特徴 Sony フルオープン型ヘッドホン Mdr-Ma900 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ソニー(SONY) Sony フルオープン型ヘッドホン Mdr-Ma900 – 装着感は抜群

プラントロニクス(Plantronics) 【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット – 音も良いうえiPadで音楽を聴きながらAndroidスマホで発着信できます

音質がよいのと、着信時のバイブレーションはとても便利です。また携帯を操作しながら話ができます。イヤホンにマグネットが付いているので使わないときも落としたり失くしたりしません。2台の携帯を繋げていつでも連絡がとれるようにしてます。. 以下の点が気に入りました・イヤーパッドが交換可能・usbで充電できる・同時に2台まで接続可能(!)・首に輪っかをかけるタイプなこと。 単なるケーブルよりもランニング時には安定する(主観です)。 絶対airpodsは走ってたら落としますよね。。。ただ、ボタンを押した時などのアナウンスが英語オンリーなのは、どうにかすれば変えられるのでしょうか?専用設定ソフトplantronics hab(mac版)をインストールしてみましたが、本製品を繋いでも反応しませんでした。対応製品ではないと書いてるので、当たり前かもですが。. まず軽いですね。全く気にならないレベルです。ジョギングしながら音楽を聴いている方にとって、ワイヤレスはとてもいいのではないでしょうか。アナウンスは英語で取説も簡素ですが、シンプルなので直感的に使えます。気になる音質は普通といったところでしょうか。ボリュームが最大でもあまり大きくないので、分かりにくいということもあります。通話については全く問題ありません。またバッテリー残量は電源on時に残り時間がアナウンスされるので、充電タイミングが分かります。使ってみて、やはりこれからはワイヤレスヘッドホンが主流になるんだろうなというのは実感します。. イヤホンの形がシンプルなのでおっこちそうと思いましたが,私の耳にあっていたのか,とてもよくフィットします.くびにかけるタイプが意外ととても安定していて,ランニング時に使用していますが,いままでのように落っことすことがありません.音質は全体的にバランスが良いと感じました.特に低音側がやわらかくて私好みです.単純にこの音質でこの価格だと高めだと思いますが,ランニングしていても落ちづらいという点を考慮すれば,この価格でリーズナブルだと思います.充電残量を教えてくれるなど,こまかな気配りがちょっとうれしかったです.. 首かけ式のbluetoothヘッドセットです。非常に軽く、しなやかなのでとても良い装着感です。電源on時には音声で電池残量を教えてくれる所も細かいですが良い気遣いだと思います。音質は良くも悪くもなく、スマートフォンでの通話や音楽鑑賞であれば十二分に力を発揮してくれるでしょう。一点気になった点として、付属のイヤーパッドがかなり大きく感じたので、使用者によっては別途、自分の耳にあうパッドを用意する必要があるかもしれません。. さすがプラントロニクス!しっかりした素材で、柔軟性のある首まわり。中国製とちがってブルートゥースによる音飛びもなく。まだ通話は試したことがありませんが、振動して教えてくれるのはいいですね!. Jazzをよく聴きますが、音質はどちらかというとドンシャリ系ですが気になりません。むしろしっかり聞かせる感じです。インイヤーということもあり私の耳に合っているのかだいぶ静粛性が高いです。またほかに持っているオンイヤータイプのbluetoothヘッドフォンに比べても音漏れも無いうえ耳への圧迫もないので装着感はすこぶる良いと思います。やはりbuletoothワイヤレスは楽チンです。またネックレスタイプなのでずり落ちもないばかりかケーブルも程よい長さなので変に絡んでしまうことありませんしヘッドフォン部は磁石で左右がくっつきますので外している時に左右が取っ散らかることもありません。ipadとandroidスマホとのペアリングも簡単でこれは私が知らないだけかもしれませんがすごいのはペアリングは2台同時にできること。phome1としてipad、phone2としてandroidスマホをペアリングすると、ipadで音楽を聴きながら、androidスマホで電話発着信ができることです。電源ボタン1秒ほど長押しでpower onの英語の音声案内が流れます。切るときも長押しです。+ボタンと-ボタンは短い一回押しで音量増減、長押しで曲送りと戻しです。電源ボタンダブルクリックでリダイヤルです。電池持ちもスペックでは8時間ですが、通勤での使用のため実質2日以上は持ちますので、総合的になかなか快適です。【2017/1/4 追記】しばらく聞いてみましたが、なぜか音の感じはamazon musicとの相性が良いです。高音低音がしっかり聞こえて広がる感じです。こちらのほうが好きです。方やapple musicはフラットな感じです。ソフトのイコライザーのせいかもしれませんが。. 追加です。他社製品(完全分離型)との比較でこの製品の良さが見えてきたので追記しておきます。接続の安定性はいいです。電源オンの時のスマホとの接続も安定しています。2台までの同時接続が可能です。英語ではありますが、電源オン時にバッテリーの残り容量を時間(最大で8時間です)でアナウンスしてくれるし、2台同時接続の場合などはフォーンワンconnected フォーントゥーconnectedとのアナウンスも流れます。利用中でも音楽を聞いていない時にボリュームのボタンを押すとバッテリーの残量をアナウンスしてくれます。当たり前と思っていたこれらの音声アナウンスは、他社製品ではあたり前では無いことが分かると、より一層この製品のコスパの良さとして再認識させられます。ネック型は、完全分離型に比べると耳から外れて落としたりということも無いですし、個人的には、完全分離型より取り回しにも優れていて良いと感じています。分離型によくありがちな、左耳の接続が不安定という現象もないですしね。音はナチュラルで自分の好みです。ボリュームの範囲がもう一つの他社の製品と比べると狭く、スマホ側を8割のボリュームにしていて、周囲がうるさい環境で、なおかつ大きな音で音楽を聴きたいときに「ボリュームマキシマム」というアナウンスが流れてくることがあります。細いコードが顔に接触するのがランニング中たまに不快に感じるときもあります。お肌の敏感な方は気になるかもしれません。首掛けの部分も、夏場の襟がなく首に直接触れる時期には気になるかもです。. 利点と欠点 メリット 音質 音も良いうえiPadで音楽を聴きながらAndroidスマホで発着信できます 高いだけのことはある デメリット 特徴 【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット (ステレオイヤホンタイプ) BackBeat 100 BACKBEAT100 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 連続音楽再生時間:最大約8時間 連続待受時間:最大約10日間 充電時間:約90分(フル充電) マルチペアリング対応 Bluetooth V4.1 プロファイル: A2DP/AVRCP/HFP1.6/HSP1.2 通信距離範囲:最大約10m … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on プラントロニクス(Plantronics) 【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット – 音も良いうえiPadで音楽を聴きながらAndroidスマホで発着信できます