日立マクセル ツインドライバ搭載 カナル型ヘッドホン – 面白いがもうちょっと!

安くなっていたので、衝動的に購入してしまいました。箱出し直後は、低音ブワブワで失敗かと思いましたが、しっかり耳の奥まで入れれば大丈夫でした。低音強めとの評論もあったのですが、高音も良く聞こえます。解像度も思ったより高いようで、細かい音も良く聞こえます。少し低音よりのフラットのように思います。普通に良いと思いますが、普通過ぎてもう少し特徴があっても良いのでは。イヤーピースは、ノズルが太いので合うのが少ないですね。今は中華フォームチップに変えています。フラットケーブルは好きではないですが丈夫そうなので良しとします。コードスライダーが無いのは残念でした。購入時は3800円。この値段なら、とても良いと思います。.

一ヶ月使用。1日2時間程度の使用です。baイヤホンとしては3本目ですが、まだまだエージングの効果が出てないようで、本領発揮はいつなのかな?って感じです。全体的にモッサリとした感じて、低音感はあるが、本物の低音はまだまだ出ない感じです。ボーカル、コーラスも上下感がなく、マスキングされてるような感じです。ユニットのエージングに時間がかかるタイプと思って、気長に使ってみます。追伸2ヶ月で、プラグのつけ根が断線。。。酷い商品ですね。音は良くなってきてたのに、残念です。一応保証期間内だから、交換等していただけるのかな?amazonさん?.

シングル/デュアルと色々と使っていますが、改めてハイブリッドの面白さを体感できました。・シングルBAは高音域の繊細な表現が得意なものの、レンジが狭く迫力がない。・シングルDAは迫力があり勢いが良いものの、繊細な表現が苦手。この特性をお互い活かした、斬新なイヤホンです。<音>baの解像度の高い中高音と、daの厚く引き締まった低音。音の分離は素晴らしいですが、お互い自分の仕事を坦々としていて、協調性がない印象でした。その理由は、baの音を丸くしているせいだと思います。せっかくbaの得意な高域を伸ばさないは、宝の持ち腐れに思いました。ボーカルは少し硬すぎるかもしれませんが良く伸びます。daは斜めに配置されていますが聴こえ方に違和感はありません。<聴きこんでの感想>メーカー説明では「ダイナミックドライバは、ドライバ同士の干渉を避けるため後方斜めの位置にあり、直進性のある高音を抑えて迫力の中低音を担う」とありましたが、混ざりが不十分でbaの硬さが抑え切れてない感じです。遮音性はとても良い。ケーブルのタッチノイズも小さめ。ハイブリット型は初めてですが、面白いイヤホンでした。さらに進化していって欲しいと思います。.

重低音特化型のイヤホンを聞き比べて此方を使用して半年が立ちます。ロック系やアニソンなどを主に聞くのですが重低音も迫力があって素晴らしくかつ高音域もある程度しっかり出るのでこれ一つで低音曲➡高音曲といった再生をしてもイコライザー機能なしで音が物足りないなと思う事なく聞けるので良い品だと個人的には思っています。ただコードを引っ張ったりせず外す時もジャックやイヤホン本体をしっかり持って外す、本体に巻き付けずケースにしまう、など扱いにはかなり気をつけていたのですが僅か半年の間に二度の断線を起こしました。色々なイヤホンを使いましたが今まで一度もイヤホンを断線させたことがなかっただけに他の製品よりちょっと断線しやすいのではと思ってしまいます。.

利点と欠点

メリット

  • お買い得
  • 根気よく待ってみます(残念な結果に)
  • 面白いがもうちょっと!

デメリット

ベスト 日立マクセル ツインドライバ搭載 カナル型ヘッドホン(イヤホン) (ブラック) Mxh-Dba900bk レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.