ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ カナル型イヤホン Eph-200 ハイレゾ音源対応/高精度アルミニウム Eph-200 – 気軽に使える。

ヤマハのイヤホン、ヘッドホンの魅力といえば音の解像レベルが高いことだ。このイヤホンも例外ではなく、非常にクリアで特に女性ボーカルやシンバルなどの高音域に違いが現れる。もちろん低音域に不足があるわけでもなく高音域の美しい音を汚さない程度で出ている。ただ、dapが安物だとその解像度を生かし切れないと思う。ちゃんと良いdapで聴こう。.

 イヤフォンを耳道内に深く入れることにより耳道内の反射の影響を低減することを謳っていて、興味本位で購入しました。実際に使用すると、そう簡単には使いこなせません。イヤピースを適切に選択しないと耳道への収まりが適切にならず’期待した音質とは全くなりません。また、耳道内でのイヤフォンの角度が少しでも変わると特性が変化するため、イヤフォンの装着角度のよいところを左右それぞれで探す必要があります。あれこれ試行錯誤して何とか一番よいところを探して使用していますが、低域は薄めで、中高域側が厚めに感じます。ドライバのサイズを考えれば仕方無いかなと思います。低域側に音圧を合わせてボリュームを調整すると高域側が歪み易いのでイコライザで調節するとよいでしょう。コードは細いのですが少し堅めです。私は自作のバランス型に交換してしまいました。 外観が魅力的(?)なので気に入っていますが、使いこなしに工夫と慣れが必要で、個人性との相性もあり、購入前に試聴することを強く勧めます。.

Shanling m0 と組み合わせで使用中。他のジャンル音楽では低音が弱く正直価格に見合わないと思います。でもクラシック音楽を聴くと一変します。特にショパンなどピアノ曲は臨場感に驚き感動すらしました。付属の数種類のイヤホンピースも独特な形状でサイズが合えば音が逃げません。耳の左右で違うサイズを必要としている私にも合いました。個人的な感想ですがクラシック音楽家やクラシックを聴く方のイヤホンとしては選択肢として外せないと思います。.

Eph-100が評判良いのでその上位機種であるeph-200を視聴することなく買ってみました。個人差はあるかもしれませんがフィット感は凄く良いです。私の場合は標準で付いてたイヤーピースでピッタリでした。iphoneseでaacプラスの音源を聞いていますが、音質については概ね低音が強めのドンシャリ傾向にあると感じます。ただし、比べるものではないのかもしれませんが、もっと低価格帯のba型に比べても解像度が低くて、高音は粒が際立ちませんし、低音は量も多い為に粒が立たずかなりボワつきます。中域の音に関しては艶やかで柔らかみもあるので、低音強めのドンシャリであるにも関わらず、聴き疲れはしないイヤホンかと思います。音質に関して、好みはあると思うのでコスパが良いか悪いかは正直わかりません。同じ形状でヤマハのba型を聞いてみたくなりました。.

Great clear sound, solid construction, comfortable wearing experience.

イヤーピースは5種類あるため、耳に必ずフィットしますタッチノイズについては普通レベルなので、シュア掛けをおすすめします。eph-100と比較して悩んでいる方が多いかと思いますが、eph-100よりボーカルがよく聞こえるようになったという印象です。解像度も上がっています。癖のないモニター系イヤホンです。高音域に強く、音がクリアに粒立って聞こえます。価格の差ほど性能が違うか、という悩みどころはありましたが、同価格帯の他社イヤホンよりは確実にコスパが良かったので購入しました。.

普段使っているie800との比較になります。特にドラムの音で顕著ですが他の方も書いているようにドンシャリです。音は広がるというより、耳に向かってくる感覚です。中高音のボーカルや主旋律は豊かにクッキリ聞こえます。eph-100のころからヤマハのモニタースピーカーのような音作りを期待して購入を続けていますが目指す方向が違うのかもしれませんね。次も楽しみです。.

イヤホンの音自体は全音域でかなりクリアただ低音中音高音全てが平均的な出力特性の為か特徴は無し迫力があるかと言われればハッキリ言ってこれも無しジャズやクラシック向けかな?ただ新品を注文したはずなのに箱が爪で引っ掻いたような傷が. 中を開けて見ても同じような傷が所々これほんとに新品?と疑いたくなるレベルで注文を確認した程ですイヤホンはいいがこの箱の状態で新品ってちょっと.

利点と欠点

メリット

  • 音質
  • クラシック音楽に特化したイヤフォン
  • Great Earbuds with a very reasonable price tag!

デメリット

Ipodでは、無難なつまらない音。アンプ搭載のdapならクリア感が凄過ぎる音になります。コードが硬く歩きながらでは、タッチノイズがうるさく感じます。リケーブルでは、uncommonのケーブルがカチッと決まりました。音がクッキリ・ハッキリしているので、音場が狭く感じてしまいます。その代わり音のクリア感は、なかなかな物です。.

特徴 ヤマハ カナル型イヤホン Eph-200 ハイレゾ音源対応/高精度アルミニウム Eph-200

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 試聴を繰り返し、吟味された2つの素材を組み合わせた高剛性メタルボディ採用。
  • カスタマイズにより、ハイレゾ音源の再生に対応した超小型6mmドライバー搭載。
  • MMCX端子を採用した着脱式(デタッチャブル)ケーブル。
  • ケーブル表面に、セレーション加工を施しタッチノイズを低減。
  • ケーブルとボディの接続の向きを4段階で変えることができる独自機構により、装着スタイルに合わせた快適な着け心地と美しい装着スタイルを両立。
  • 独自の2ステージイヤピースが優れた遮音性・装着感を実現。
  • 収納や持ち運び時の“もつれ”や変形を防止するスマートケーブルホルダー(特許)採用。
  • ケーブル長/重量:1.2m/17.4g

ベスト ヤマハ カナル型イヤホン Eph-200 ハイレゾ音源対応/高精度アルミニウム Eph-200 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.