モンスター(Monster) モンスターケーブル カナル型インイヤーヘッドホンMONSTER CABLE Miles Davis Tribute MH MLD IE – 既に「忘れがたき名機」?

結果からですが、充分エージングを済ませ、しばらく試した上でも私には合いませんでした。1音1音の残響が多くて、純粋に音楽を楽しめないのが原因した。私にはwestone4などの素直なイヤホンの方が向いていたようです。なお、購入の時に出展者の説明にも書いてあり、保証書が付いていないことを承知で購入したのですが、保証書がないことで(amazonではないですが)別な所で買い取ってもらうのが大変でした。なんでも、偽物が数多く出回っていて保証書がないものは買取不可が普通だそうです。蛇足ながらご注意を。.

色々なイヤホンを経て、この機種にたどりつきました。ハイクラスにしては珍しいダイナミック型なのですが、ダイナミック型にしか出ない深く厚みのある低音がでます。かといって、ただ低音の量があるだけではなく、楽器の低音とその音の圧力をうまく表現できています。個人的には低音の質では最強でした。IE8などもダイナミック型の低音イヤホンですが、こちらのほうが質がよく上品で低音自体に艶や味があります。「弾力がある低音」という表現がしっくりきます。高域もよく出ていて、音の拡散具合がたまりません。すごくリアルです。ボーカルなどは確かに少し遠い印象がありますが、すごく色っぽくファンキーな音です。遮音性もダイナミック型にしてはよく、私はSHUREのソフトフレックスのブラックを使っています。吸い付きます。音を忠実に再現するという観点からみると、このイヤホンはその対極にあります。ですが、音楽の表現力というか雰囲気ある深みは、他のイヤホンとは比べ物にならないほどいいです。ムードたっぷりです。このイヤホンで聴いた後はもう度のイヤホンで聴いても、何か物足りなさを感じてしまいます。もうSE535では面白くない、10proは軽すぎる、IE8とは音の厚みと密度・深さが違う。 ケーブルがゴムっぽくて扱いにくいとか、金メッキがはがれるとか言われますが、私は使い込んではがれてきた金メッキがまた、使い込んだ楽器のような味になり好きです。ジャンル的にはJAZZやファンク、ジャズヒップホップ、ソウルなどが相性が良いかと思います。ただし、J−POPメインで聴くような人には全く持って不向きで使いこなせないとおもいます。.

Boseまではいきませんが結構濃いめの味付けです。高音中音低音がそれぞれメリハリ付くように味付けされていますのでイコライザー無しでも楽しめます。また,値段不相応なほどの高い分解能です。総じて非常に完成度は高いのですがいかんせん味付けが濃いめなので一度視聴した方が良いでしょう。低音もりもり,高音もきらびやかに,しかも耳が痛くならないようにうまく丸めた高音です。かといって中音も痩せておらずはっきりくっきりとしたボーカルの音が鳴ります。ジャズ・ポップスなどに最適化された音質です。クラシックやバラード,メタル系には微妙だと思います。あと,最大の欠点はリケーブルできないこと。これさえ対応していれば未だに現役でしたが現在では断線したまま倉庫で眠っています。音質の点数は5つけれますがやや好みが出る音なので4. 5点くらいかデザインは少し派手なので3か4点(アメリカンな配色)リケーブルできないのは大幅マイナス点総じて4点と言ったところでしょうか。ちなみに3. 5万円で買えればの話しです。.

楽しくノリ良く音楽を聞く、という面ではイヤホンの中でもトップクラスと思います。モンスターのフォームチップで完璧に装着できれば遮音性もかなり高く、小さな音量でも大丈夫です。また、小音量でも音が曇る事もなく、明瞭に聞こえます。楽器の質感やボーカルや音場は値段相応にハイエンドです。解像度はba機には負けますが、イヤホンって基本的に外使いだろうからこれだけあれば充分です。何よりこいつの特徴は外音に負けない圧力のある低音。これはba機じゃ絶対でないし、他のメーカーでも出ません。たぶんこれのおかげで楽しくノリ良く聞けてると思います。お奨めです。.

M-audio ie-30を未だに愛機としております。迫力とパンチが欲しくなりダイナミックな一本を探っておりました。主にはクラブミュージックという広い枠で音楽を楽しんでおります。ie-30と比べると、晴々しい音象は欠けますが、低音に埋もれ籠るという事もなく低音機のわりにバランスよく?高域も表現されてます。個人的には解像度も高くie-8より好印象です。低音は言うまでもありませんね。ただ少し癖のある低音(より映える曲もあります♪)が出ますので、たまに曲によってクドイと思う事もありますが、音楽を楽しむという意味では、他では味わえないパンチと迫力を発揮します。残念ながら多種用意されているsuper-tipsはどれも合わず、ソフトシリコン使用ですが他社製をいろいろ試し中です。国内流通価格では、手がでませんので。。(−1★).

中々音質は良いですね 流石はモンスターケーブルという感じ値段も今セールで半額まで落ちて買い時諭吉三枚あればお釣が結構出来ます(^人^;).

【monster 「mh mld ie」】当方が,今までに愛用して居るカナル型製品は・・・・・ba式のshure社製「se535」(brnz. )とdynamic式のatomic_floyd社製の「twist_jax」です。以下は,これらを基準としたレビューとなります。先ず,mld ieからスグに得た印象は:[外観] 意外にも,ボディは小さく,ケーブルが細い    全体的に細かくも造りは豪華[音質] 迫力ある低域と広い音響    抜けは少なくとも艶のある品の良い高域    中域が少々遠い(shure製 se535との比較)> 当方は,shure-se535のシッカリとしたケーブルに慣れている為,  当該製品の細いケーブルに不安を感じて居ます。  本体とケーブルが一体ですので,リケーブリングが不可であり,  尚更に気を遣います。> ボディの質感は,twist_jaxに迫る高品質で,  所有者の満足を充分に満たす仕上がりとなっています。  (twist_jaxのヘヤ・ライン加工とは異なり,艶コーティングである為,  キズ付いた場合は目立つカモ知れません)> 低音は太く,アタックよりも深みが強調されており,  ジャズ等のウッド・ベースの質感を見事に再現します。  高域は,耳に刺さらない程度に,良く表現出来ているのですが,  中域が少々遠い印象です。  ba式のse535と比べると,高域のヌケと中域のツヤが劣ります。  が,逆に,dynamic式ならではの力強さは魅力です。  高域に艶はある為,低域の厚さに負けない均衡を保っている点が  好印象です。(低域が強い割に,品の良いバランス)> 音の解像度は,同じdymanic式のtwist_jaxと比較した場合,  明らかに高いです。  ただし,価格二倍もの違いがあるとも言えません。  (価格の割に,twist_jaxの出来が良い事実もあります)◆ mld ieは,dynamic式の強みは存分に引き出されており,  その上で,ba式の持つ良い点にも近付けてある・・・と感じます。付属品について:  各種イヤ・ピース(super tips)や ポーチ(2種),そしてハード・ケースなど・・・  豊富過ぎる付属品で,梱包がギュウx2です。  マイルスの2cds(スタジオ/ライヴ)も嬉しい・・・のです が,  収録の半分は没テイク(途中で演奏を止め,エンジニアとのやり取りが始まる)  で構成されている物です。  付属品に関しては,コレクターズ・アイテムとしての意味が強いでしょう。◆ 私は,総評として 4★s としましたが,  ケーブルの脱着が可能であれば 5★s にしている と考えます。.

利点と欠点

メリット

  • 既に「忘れがたき名機」?

  • 高い分解能と濃い味付け

  • 残響多し

デメリット

ベスト モンスターケーブル カナル型インイヤーヘッドホンMONSTER CABLE Miles Davis Tribute MH MLD IE 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.