ファイナル(final) final E1000 カナル型 イヤホン – 安物買いの銭失い?

エージング前は不鮮明でこもった感じでしたが、エージング後は低価格の割に変な癖がなく素直な音で聴きやすい。コスパ良好。.

ハイレゾも聴かないし、音質にこだわっていませんので、細かいところはよく分からないですが十分良いです。綺麗です。一番気に入っているのは細身な所です。私の耳穴は小さくて、大抵のイヤホンは耳に入らない部分が太くてそれが当たってすぐ痛くなるんですけど、こちらは細いのでそこまで気になりません。イヤーピースはしっかりしている分、厚くて私には一番小さいサイズを着けても少しキツく感じます。耐久性などはまだ不明です。.

カナル型の良いところはイヤーチップがいい感じに嵌ることだと思っていて、これまで色々2000円程度の安物の範囲で試しましたが、あまりのフィット感に少し驚いています。音質はうまく言語化できる技術がないので、一言でいうと素直でいい音です。疲れにくい。タッチノイズも比較的小さいです。耳の奥が痒くならない。.

音質について詳しくないので細かく伝えられないですが、満足のいく物でした。ですがrとlの見分け方が大変わかりにくく、暗い中で使おうとすると困る時がたびたびあったことが一つ下げた理由です。.

試聴記事の評価が高かったので、購入してみました。いいですね。素直で聴きやすい音です。聴き疲れしなくて済みそうです。いい買い物でした。.

中高生向きに、良い音の初物として作ったとのことで、コストパフォーマンスが高いとのことなので、高校生の息子ように購入し、慣らしの期間、使用した感想です。フラットで、かなり精細な音再現がされているように感じました。特に、女性ボーカルがかなり近めに聴こえ、気持ちよく聴けました。ベース音が強調はされていないようで、ベース音が主体の音楽は、ちょっと迫力に欠け、軽く聴こえます。慣らしが終わり、息子に譲って感想を聞いたところ、これまでakgのy20を使っていたのですが、かなり良いとの返答でした。若い人の繊細な耳には適しているようで、開発者の狙い通りのイヤホンに仕上がっているのだな、流石、finalと思いました。.

2000円ちょっとのイヤホンにしてはよく出来ていると感心させられました。特別に音質が良いとか、これといった特長がある訳ではないのですが、そう思わせるくらいにすべての点でギリギリですが合格点をクリアしていると思います。長時間聴いていても疲れないのも良いです。ただ音源に得手不得手があるようで、どちらかというとアコースティック系が得意のようです。.

コスパめっちゃいい。ドラムの音がとてもはっきり聞こえます。軽快な曲にぴったりだと思います。.

利点と欠点

メリット

  • なんで評価されてるのか分からんレベルで悪い音

  • 狙い通りの中高生向きの高音質イヤホン

  • コスパは良い。

デメリット

大雑把に言うとfinalという元々高額なイヤホン、ヘッドホンを中心として作っているメーカーが比較的安価にイヤホンを作って多くの人に聞いてほしいと始めたのがeシリーズです。e5000/4000はリケーブル可能モデル、3000/2000/1000が不可でありその中でも1番手頃な価格で買えるのがこのe1000になります。2千円という価格は一般の方向けの有線イヤホンのボリュームゾーンではないかと思っていますが音質そのものは価格を考えるとかなり良いです。どこかの音域が強調されていることもなく不快感が無いという点で文句はありません。聴き疲れのしにくい優しい音だと思います。最初からeタイプイヤーピースがついていることで装着感もよく、私が今までに買ったfinal製品は断線に強かったのでこちらも頑丈であると思います。よって適当にイヤホンをネットで買うとか、他人に予算内でプレゼントするのにはいい製品だと思っているのですが、個人的にはe2000の方がコスパが良いと感じます。(約1. 5倍の価格差があり、finalとしてもe2000が買えない層に向けて後からe1000の販売を始めているので、ここでe2000を勧めるのは何か違う気もしますが)こちらは樹脂製筐体、e2000はアルミ製であるためなのかe2000の方が音の抜け感がよく音質もクリアで楽しく聴けるのではないか、その音質差に比べたら価格差は大した問題ではないかなと思います。もし今使っているイヤホンからのステップアップであったりサブ機としてイヤホンを探している方はe2000含め他のeシリーズの試聴を勧めます。.

2000円前後のイヤホンの中では最高ランクだと思います。ボーカルがとても近く臨場感もあり聞き疲れしません。前に使用していた8000円位のイヤホンと比べてもあまり変わらないような気がします。2000円前後のイヤホンで悩まれている方はおすすめだと思います。.

初心者が購入される商品としては、失敗がありません。ABS樹脂の本体で、この音質を聞けるなんて、finalさんの技術には感服いたします。音質については、基本的な中音~高音の音質は2000円代の商品としては、あり得ないです。低音はいろいろ好みがありますがバランスのとれた超絶コスパイヤホン材質が金属で低音をチュ-ニングされるといいなとおもいます。いずれにしろ、聞いてみてくぢさい。.

低価格帯で中学生でも手が出せるという所謂中高生向けの製品なのですが、音質的には値段相応です。確かにiphoneなどのスマホに付属しているイヤホンよりかは遥かにいい音がしますが、5000円以上のイヤホンを持っている方からしたら敢えて手を出すような製品ではありません。まず音の広がりがなく、ボーカルが引っ込みがちです。高音・中音はかなり安っぽい音でかなり籠った音です。低音もなんとも貧相で、ボワンボワンと貧弱な低音を吐き出し、聞いていて違和感を持ちます。やはり「値段相応なのかな」と言った感想です。本来ならば星4なのですが、やはりe2000やe3000などハイコスパを誇るイヤホンを市場に出したfinalのイヤホンとなると今回の製品は非常に残念なものだと感じました。安物買いの銭失いです。中高生はお金を貯めてe3000を買いましょう。.

まだ購入したばっかりで、エージングしている最中なので、音質の評価はあまりしない方向で。まず、l、rの文字があまりにも小さく、ちょっと周囲が暗くなると全く判別できなくなります。そこだけはどうしてもいただけないなぁ。って思います。音質の方なのですが、あけぽんで少し使ってみた感想なのですが、なんだかこもってるなぁ。鮮明さ感じないなぁ。っていうのが率直な感想。普段から、ソニーのxba-c10を使用しているので、全く性格が違いますね。もともとソニーのやつは低音がまるで出ないモノだったのですが、こちらは対照的に低音ドスドス出ます。鮮明さがちゃんと出ればもっと高評価するのですが。。。。。。。。エージングで何とかなるのかなぁ。。。。。.

高音は綺麗です。低音が好きな人にはオススメできません、.

リアルな音が聴こえてきていいけどもう少し安くしてもっといい大人して欲しい。.

E-2000や3000に比べるとヴォーカルが近いチューニングかと思いました。その他は低域から高域までバランスよく聞こえます。音の広がりは 上位機種には1歩及ばないかも?まぁ、この価格ではコスパ高いですね( ‘-^ )bpop、ロック、テクノ系と相性は〇かと(個人的感想)バラードやjazz、クラシックなどを楽しむなら上位機種の方が良いでしょう。.

ここのレビューで100均のイヤホンと同レベルって言ってた人がいるけれど大げさでも何でもなくマジでそれ。ほんとそれ。しばらく使えばよくなるのかもしれんけどそれは多分耳がマヒしてるんじゃないかなぁ・・・.

特徴 final E1000 カナル型 イヤホン (レッド) FI-E1DPLRE

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • イヤホンを替えるだけで、大好きなアーティストが耳元でささやき、飽きるほど聴いたイントロが全く違った音楽に聴こえる。そんな心を揺さぶられる経験を若い方々にして欲しい、もっとオーディオを面白いと思って欲しい。そのような思いを込めて、E1000の製品化に踏み切りました。
  • 最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえ、音質設計を行いました。ある部分を強調させるのではなく、サウンド全体を滑らかにする事で高い解像度を実現しました。
  • ライブ会場といってもそれほど広くなく、全体に響く音というよりは楽器から伝わる直接音を中心に聴くような音色です。低音から高音まで、クリアでバランスの良いサウンドですので、特にジャンルを選ぶことなく、楽しく音楽を聴くことができます。
  • イヤーピースを左右に振ることができる、スウィングフィット機構により、耳道の傾きにジャストフィット。イヤーピースの開口部が耳道にあたる事による変形を防ぎます。音がダイレクトに鼓膜に伝わり、クリアな音を実現しています。
  • 断線を防ぐ為に、柔軟で太めのケーブルを採用しました。

メーカーより

final E1000

final logo

final

finalは1974年創業の日本のオーディオブランドです。

私たちのコンセプトは創業当初から変わらずシンプルです。

「原理的に正しいことを徹底的に追求する」

日本に新たな工場を立ち上げ、開発と製造チームを一つの場所に集め、コミュニケーションを密にする事で、高い品質を追求しています。

私たちの製品のどこかに、そのこだわりを感じて頂けると幸いです。

はじめての本格イヤホンとして、finalが提案する新しいエントリー機。

final E1000

イヤホンを替えるだけで、大好きなアーティストが耳元でささやき、飽きるほど聴いたイントロが全く違った音楽に聴こえる。そんな心を揺さぶられる経験を若い方々にして欲しい、もっとオーディオを面白いと思って欲しいという思いを込めて開発を行いました。低音から高音までクリアでバランスの良いサウンドで、ライブで生演奏を聴いているような臨場感と音の広がりを実現しています。

  • 筐体:ABS
  • ドライバー:6.4mmダイナミック型
  • 感度:102dB
  • インピーダンス:16Ω
  • 重量:15g
  • ケーブル長:1.2m
  • 付属品:イヤーピース

E1000 award

E1000 housing

E1000 swing-fit

E1000 driver

オーディオビジュアルアワード『VGP 2019』にて受賞

日本最高権威のオーディオビジュアルアワード『VGP 2019』インナーイヤー型ヘッドホン部門で受賞。

音響工学、心理学に基づいた音作り

最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえ、音質設計を行いました。

高域に鋭いピークを持たせ、強調するという一般的な音作りの手法を使うと、一聴して鮮やかさを感じさせるのですが、そのピークによって、前後の帯域がマスキングされて聴こえにくくなってしまいます。

Eシリーズでは周波数特性のカーブを全体に滑らかにする事で、マスキングされる帯域を作らず、高い解像度を実現。

独自のイヤーピーススウィングフィット機構

イヤーピースを左右に振ることができる、スウィングフィット機構により、耳道の傾きにジャストフィット。

イヤーピースの開口部が耳道にあたる事による変形を防ぎます。音がダイレクトに鼓膜に伝わり、クリアな音を実現しています。

6.4mmφダイナミック型ドライバ—ユニット

音の要、ドライバーユニットは、部品と組立の精度が最重要です。

今回採用した小口径6.4φダイナミック型ドライバーユニットは、この価格帯としては異例の高い精度を誇ります。

E1000 earpiece

E1000 cable

E1000 color

選べる5サイズのオリジナルイヤーピース

音導管部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる 2 種類のシリコン素材を採用。

音導管部分には、耳に触れる部分に比べて硬度が高めのシリコンに溝加工を施すことで強度と柔軟性を両立。

耳に触れる部分には柔らかいシリコンを採用し、快適な着け心地と高い遮音性を実現しました。SS/S/M/L/LLの5サイズを同梱。お好みによってお選び頂けます。

断線に強い、柔軟で太めのケーブルを採用

断線を防ぐ為に、柔軟で太めのケーブルを採用しました。

3色のカラーバリエーションを展開

RED、BLUE、BLACK、3色のカラーバリエーションをご用意しました。

個人的に1万円以下のイヤホンはどれも大差無し。1万円を基準に考えてます。小中高生ならこんなもんで良いのかと?多分、音質が分からないと思うから。後は、自己満足の世界。.

わたしは音の違いなどがよく分からないタイプで、160kbpsのmp3と192kbpsのmp3の違いがかろうじて分かる程度です。かつて高いイヤホンを購入したこともありましたが、購入後わりとすぐに壊れてしまい(わたしのイヤホンは何故かよく壊れてしまうのです、乱暴に使っているわけではないのですが……)、それ以降は高いイヤホン・ヘッドホンを買うことに抵抗があり、また「音」への情熱もそれほど無く、「悪くなければ良い」程度で、そんな自分からすればこの商品はとてもありがたいです。いま使っている e1000 が壊れてしまうようなことがあれば、またリピートしたいと思います。まあ、そもそもわたしのような人間には、イヤホンやヘッドホン、スピーカー等の「音」に関する商品レビューをする資格がないような気もしますが、まあ世の中にはこういう人間もいるということで……。.

【概要】e2000/3000の廉価版モデルのような感じで発売されたイヤホン。【付属品等】非常にシンプルでイヤホン本体に5種類のイヤーピースが付属のみ。【音質について】初聴ではありますが特にすげえとも悪いとも思わない至って普通の音。高音に天井があるイメージ。【使用感】ケーブルは癖が付きにくく好きです。 エージング後に良くなるっていうのはe2000で経験済みなのでまだまだ期待してます。【総合的に】e2000でもコスパはいいと思ってましたがこれもいいですね。ただメイン機に使うかといえば微妙。アルミハウジングから、プラスチックに変わって、デザインが向上したのは非常に良いことだと思います。年齢も低めを対象にしているんだなと思いました。.

私の耳には合いませんでした…それとちょっと音漏れが気になりますね…!(汗).

開封直後でのレビューです。同価格帯の中華イヤホン(kz es4など)と比べるとやはり音の解像度や分離感、定位感などは劣っていると感じます。ただ、デザインや装着感ははなかなか良いため、外出先で気軽に使えるイヤホンを探している方にはいいんじゃないかと思います。.

この製品を購入した理由は、友人より「お前、final買わないの?」と聞かれたから。前に友人のfinal e5000を聴かせてもらって、いい音だな…と思っていましたが、価格は高いし、価格と比べたらお得感を感じないし…価格的にこれくらいの性能は…ねぇ…で、スルーしていました。安価なモデルがあるのは知っていましたが、私にとって、基本的に2000円以上は高級品なので購入していませんでした。たまたま、某家電量販店のポイントが3000ポイント近くなり、何かイヤホンを買ってみるかと選んでいる最中に言われたのが上記の一言で、じゃあ、final e1000にするかと購入することにしました…amazon購入品では有りません。使用した感想は「低価格イヤホンが好きな方に一度は聴いてもらいたい名品…だと思う」です。製品を見て思ったことは、硬めのイヤーピース、小さくて軽いプラ筐体に太い平行ケーブルと、微妙に外れているなぁ~でしたね、どことな~くチープさが漂うというか…この値段なら仕方がないかな。付属品は、イヤーピース5種類、ケーブルバンド…徹底的にコストダウンを図っていますね…いや、イヤーピースがたくさん入っているだけすごいのか?さて、いつもの調子でポップス、ロック、ジャズ、クラッシック、独唱といろいろな曲を聴いていきますが…「なにこれ、思ったよりいい音じゃない」と少々吃驚。癖の無い音の鳴り方をしていて、何を聴いても大きな不満は出ません…ただ、この曲はこのイヤホンじゃないとダメといった特別感もありません。聴いた中ではポップス系が割と似合うと思いましたね、電子楽曲にちょっと低めの女性ボーカル、または、割と高めの男性ボーカルといった組み合わせは結構良かったです…中性的な声が合うといった感じでしょうか。友人からは「中高生向けに作られたモデルだよ」とのことでしたが、中高生向けというより、最初の1本向けでしょうね、中高生だって高級機を使う人はいるだろうし。ほかには低価格イヤホンが好きな方には一度は聴いて欲しいですね、イヤホン沼にはまり込んでいる人、一杯いますしね。それに、ビンボーな私にとっては中~高級機ですから、癖の無い鳴り方をするのは本当に良いですね、太いケーブルも断線防止の為らしいので普段使いにピッタリです。スマホ直挿しで聴いても大きな不満が無く聴けますし、ポータブルアンプを間に入れても良いですし、walkman直挿しでもちゃんと聴けますね。pc直挿しだとちょっと音が小さく感じましたが、usb-dacを使えば問題ありませんでした。悪いところは殆ど無いと言えますね、値段を考えたら満点です…不満を言い出したらキリがありません…できれば一般市場での売価税込み2000円以下なら…とは思いますけどね。黒赤青だけでなくもっと明るい色のカラーバリエーションがあればオシャレな子にウケるのではとは思いましたが、おじさんの発想ですね…。初めての1本を探している人、少しだけ良い物を使いたいという人にはお勧めできます。ですが、高級機を普段使っている人には向かないと思います…e5000等の方が圧倒的に良い音ですしね。e1000はあくまで価格に対して予想される音の良さを超えている程度です。評価としては、迷わず5です。値段とのバランスを考えたら5以上だと思いますね、なんでもっと早く買わなかったんだろうと思ってしまった一品でした。.

全然駄目的なレビューもありましたがそう感じるのも仕方ないかな!解像感が少ないとのレビューは高域の出が少なく聴こえてるのでしょ〜〜高域が足らない様に聞こえますけどバランスも悪くないと思いますよでも少し高域は不足気味でモワッとしてるまっ!!高域が多くて刺さるよりはリスニング用途ではこれで問題ないです低音再生能力の低いios端末でも問題なく聴けますけど全体的には前に音が出てこない感じで音量を上げ気味にして視聴する結果なので耳には良く無いないかもね!!追記結局バランス的に馴染めず返品しましたこれでfainalは2個購入しましたけどどれも私には合わない機種でしたfainal自体の音の作りは万人ウケしないね.

厳しい意見もありますが、凡人にはこの価格帯で一番じゃ無いかと思える。へんな中華製でギャンブルするよりずっと良い。結構楽器の音分けて聞こえる。そりゃ高いのに比べれば聴き劣りするけど、この値段ならね。ただし左右の判断が見た目でできない。イヤーチップの軸色が違うほうが右か?でもチップとったらわかんなくなった。だから星⑶。.

同じ価格帯のイヤホンのとの違いを特に感じるのは、まず、高域が耳に刺さらず、シンバル、ハイハット等の音がつぶれずに表現できているところ。これが出来ているイヤホンは現状かなり少ない。そして、音場に立体感があるところも良い。低域から高域まで、ほぼ全ての楽器・人の声が自然な響き方をする。普段使用しているwestone w40と比較しても、音色にほとんど違和感がない。音の精細さは、baドライバのw40と比べれば明らかに劣るが、ダイナミック型としては決して悪い方ではないと思う。音量をしっかり上げて聴くことで、実力が発揮される。逆に言うと、音量を上げても不快な音が出ないので、しっかり音量を上げられる。これが良いイヤホンの証。また、イヤーピースを選ぶ時は必ず大き目のものを試すべき。ぴったりフィットさせないと低音が抜けがちになるので。中学生の息子が1日使った感想は、「今まで聴こえなかった楽器パートが聴こえる」でした。.

E1000はとてもバランスが取れていて聴きやすいし、ずっと聞いてられます。ヴォーカルの奥行き感もうるさすぎ引っ込みすぎずちょうどいい。そして解像度はそこまで高くはないが、奥行き感があって臨場感がある。低音域はやや弱めだが、十分すぎる。なんでこんなにも安いのかがわからないが、ケーブルの柔らかさも格別。しかも絡まらなくてすっごく使いやすい!!音質の値段的にいうと1万円とかするイヤホンとかとは気をとらないレベル。e4000も所有しているが、ヴォーカルの奥行き感はe1000のほうが好き。ただ解像度はe4000の方がハッキリしていて、またそれも良きって感じです。これを買って損することはほぼないと行っても過言ではありませんねぇ〜finalさんよくこの値段でできました!すごいですよ!!.

耳の穴の形が悪いのかなかなかフィットするイヤホンがないのですが、これはしっくりします。この価格でこの音のクリアーな感じは有難いです。.

Xperia xz1compactで試した感想です。見た目は値段相応。悪く言えば安っぽいというか…あとちょっと耐久性に不安を覚える感じがします(耳から行き良いよく外したらケーブルが千切れそう)あとlとr区別するものが印字しかないので暗いところで使う時不便かなぁと。音質に関してはこの価格帯ではとても良く、高音も低音も程よく綺麗に出ているのが分かります。xperiaやwalkmanで使う場合はclearaudio+かdsee hxオススメですね。公式さんも言う通り初めてのイヤホンに!ってのがno. 1と思います。「音楽を聴くのが趣味」な方は上位のe2000ore3000を選ぶのが賢明かと。.

Kz zsnからの乗り換えでこちらを購入しました。同価格帯にしてはどちらも頑張っており、甲乙つけがたい音質です。重低音はしっかりと音の広がりも感じられる密閉型なのに開放感のあるイヤホンです。イヤーピースも複数付属しており、自分に合うものを選べる気遣いが良いです。友人にも勧められるような良い商品です。.

耳が痛くなったりはしませんし音もすごくいいです.

3週間ほど使用した上でのレビューです。まず、この価格でイヤーピースが5サイズも付属しているというのは特筆すべき点でしょう。必ず自分に合うサイズが見つかります。また、独自に搭載されたスウィングフィット機構がまたすごい。耳に入れてねじるように動かしていると、あ、ここだ!と思う瞬間があります。耳にフィットして聴きやすいし落ちにくくて最高です。音質に関しては、柔らかい、というのが第一印象です。近頃のイヤホンによくあるような極端なドンシャリではなく、控えめながらもハッキリした粒揃いの音。色々な曲を聴きましたが、個人的には高音の男性ボーカルの聞き心地が気に入りました。一つ問題点を挙げるとすれば、タッチノイズがかなり大きいです。コードが長いので尚更のこと。歩きながら使う時は手でコードをまとめないと気になって仕方ありません。.

最近高コスパと言われている中華イヤホンの1つであるzsn pro、e1000の上位機であるe2000、e3000と聴き比べてのレビューです。再生機器はウォークマンnw-a55を選びました。このイヤホンは癖が無く聴きやすい音です。音のエッジのチューニングの仕方が上手く、この点ではzsn proを上回っています。ソースによっては多少ボーカルが聴こえにくくなりますが、個人的には大きな問題では無いと思います。帯域バランスはやや低域が少なめで中域重視な印象です。低域に関してはe3000はshure se215等のモニターイヤホンに近いバランスと考え、それを基準としています。高音域の伸び価格相応という感じで特筆すべき物ではありません。問題点は、ウォーム傾向でありながら音のクリア感を出そうとチューニングがされていない点だと考えます。私は十分に聴けるレベルだと思っていますが、e1000を聴いた直後にzsn proを聴くと驚く程クリア感に差があると感じます。これが音が悪いと感じる人が多い原因だと思います。音響心理学を盛り込んだと言うのであれば、e2000の様なクリア感を感じられる音で出しても良かったのではないかと思います。e1000が生い立ちからして若者向けであることは明白ですし、若い世代が好きな音はもっと明瞭度が高い音だと思います。低価格の商品に対して辛辣な意見を書いてしまいましたが、全体的な仕上がりのレベルは高いと思います。最近ではコンビニでもイヤホンは売られていますが、低域ばかり目立つ物や高域がキンキンしているだけで低域が聴こえない物といった「音楽を聴く気になれない音響機器」が販売され、多くの人がそれを身に着けて音楽を聴いているのが実情だと思います。e1000はそういった商品と比べると明らかに優れています。少々厳しい評価ですが、finalのeシリーズの中では多少出費が嵩んでもe3000を、同価格帯の中ではパイオニアのse-ch3tかzsn proの様な評価の高い中華イヤホンをお勧めします。エレコムの様な不人気のメーカーの値引きされた売れ残りを狙うのも面白いと思います。私は2300円でehp-ch3000を購入しましたが、元値が15000円超えだけあってドライバーの性能の高さを感じられました。e1000は決して悪くないのですが、一度試聴をしてみて自分の好みだったら購入する、という位の気持ちで良いと思います。.

発売日にblueとredを購入致しました。プレゼント用と試聴用です。finalのイヤフォンは実際に購入したのは初めてです。finalがまじめに作った入門機の音質に興味があったので大変楽しみに、そして所詮、2000-3000円のイヤフォン、期待せずに聴きはじめたのですが、、おっ素直に良い音と感じる事ができました。小型のダイナミックドライバーとしては十分なチューニングがされています。finalの狙い通りに、スマホ付属のイヤホンからのステップアップにも最適ですし、finalや他社のイヤフォンも含めてイヤフォンスパイラルの入り口としてもオススメできます。。『スパイラルに陥ることが良いことか悪いことかはさておき』ちなみにdapは、iphone6sとsonyのwm1a でおこないました。普段は、キンバーケーブルにshure se846 とxelento remoteを使用しており、その他多数のイヤフォンを所有している当方イヤフォンマニアです。『ただのイヤフォンスパイラル中かも、、』解像度もそこまで悪くありません。全体的にバランスよく鳴ります。あくまでアンダー10000円レベルですが、、.

Iphone付属のイヤフォンが壊れたので買い替えです。最初は中低音がこもって高音部だけがシャカシャカする印象だったがボリュームを大きめにするとバランスが取れてくる。全体的な音量も大きくなるが、すなおな音が楽しめる。ついでにイヤーパットも取り去って耳奥深く鼓膜の直前まで本体を突っ込んで大音量で聴けば目からうろこのクリアーでダイレクトな音を楽しむことができる。しかも値段も安いp. 約100時間、馴らしをしたところ、音のバランスがよくなった。値段を考えると、これはかなりのお勧めだ!.

最近バイノーラル用のイヤホンで人気のあるe500と間違えて買ってしまいました。しかし、値段なりの性能はあると思います。これでバイノーラルを聞いてみたのですが意外と悪くなかったです。e500はもっとゾクゾクするのかと思うと楽しみです。音楽鑑賞をするとなると低音や全体的に音の厚みなどが全然足りていないと感じました。(値段を考えれば当たり前ですが)それでもエントリーモデルにしてはよく出来ているなあと思いました。.

下手なメーカーの買うなら、このイヤホンをお勧め致します、そりゃ高価なものに比べればですけど、この価格帯でこの音なら、これだけで良いんじゃないでしょうか….

忠実な音の再現と言われたらそのとおりなんだけど、根本的に解像度が足りない。ただ、ダイナミクスが崩れてない辺りは評価できる。それだけ。100均で似た音質の探せばあるレベル。なんでこんな評価高いのか不思議。.

そこまで悪くはありません…ですが絶賛とはいきません。格安で高音質のイヤフォンが群雄割拠する中…特別とは感じませんでした。数年前の発売ならもっと評価は良かった?と思います。というのも、昨今は格安で高音質の中華イヤフォンもネット販売で多く出回り、店頭でもeイヤホンとアルペックスの共同開発の格安高音質の機種も幾つか発売されていてそれらと比較してしまうとやや解像度が緩めでモヤが掛かった音質と感じてしまいました。音響表現も平面的な鳴り方です(音場や音分離を求める人が買う価格帯でもありませんが)中音域はそこそこメリハリ良く、ボーカルものには相性が良いと思います。高音が刺さらず篭もる感じもないため、安心して長くまったり聴ける音質ですが、やや地味で特徴に欠ける音質です。【e1000】は『音質が気に入って買う』というより、ブランド名【final】の安心感でイヤフォンで選ぶ感覚でしょうか。本体は完全樹脂製、専用ケースは付属していません(←ココが残念)イヤーピースは5種類付属し、r/lで色識別ができるのは2000円クラスでは驚きの配慮です(←ココは素晴らしい)イヤピのみの嵌り込みで装着を保持するタイプですが本体の軽さもあり保持力は十分です。個人的には高価なdapでは音がクドく(暗く)なる印象がある反面、スマホとの相性はそこそこ良い機種だと思います。純正から音質のステップアップとしてfinalのイヤフォンを買うならもう1000円足して【e2000】の購入を強くお勧めします。おそらく【e1000】ではモヤッとした音質にすぐ不満が出て買い換えることになるのではないでしょうか。厳しい評価ですが、この【e1000】は『安物買いの何とやら』に陥る機種かもしれません。.

ベスト final E1000 カナル型 イヤホン (レッド) FI-E1DPLRE レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.