ファイナル(final) ファイナル オーディオ ダイナミック型イヤホン Adagio V FI-AD5DSS – クリアで上質な音

ゲーム用のイヤホンを探していてここのメーカーにたどり着きました。この機種の感想ダイナミック型らしく、リズムゲームの迫力をそのままスピーカ−に出したような迫力を見せつけてくれます。ドンシャリと耳に気持ちよく刺さってくれます。高音がきついというのはありますが、それが逆にリズムゲームのストレスを解消させ爽快感に変化させてくれています。ジャズとかjpopとか、テンポのいいやつだとものすごく合うと思います。逆に、伸びのある緩やかな曲だと物足りないかもしれません。pianoforteだと、これに奥行が広がります。自宅で聞いている音源をでっかいスピーカーに出して聞いているのがadagio。そのスピーカー音源を、音響ホールで稼働させて座って聞いているのがpianoforteだと思ってください。だいたいこれくらいの差がありますが、おおむねゲームとかスマホとかで聞くのであればこちらでも十分満足できるものとなっております。だいたいのイヤホンがba型となっており、補聴器などに使われるba機が入っていますがこれは全く別のものとなっておりますので一度ダイナミック型聞いてみてください。迫力が違いますadagio3と5の違いについて3は、低音が響く仕様となっておりますが、音の帯域は狭いようで若干というかかなり落ち着いた音に聞こえます。ba型にあるような落ち着きといえばいいのでしょうか。5は、トランペットを吹いたようなといえばわかるでしょうか、ものすごくはっきりとキレのある音を出してくれています。音域も広いです。.

これまで使ってきたものと明らかに音の質が違うという印象です。例えるなら、解像度が違うという感じ。遮音性が非常に高いので飛行機等では重宝しそうですが、街を歩きながら使うのはちょっと怖いくらいです。.

高級オーディオで知られる、ファイナルオーディオデザインが開発した「アダージョ」シリーズの上位モデル。最大の特徴は、1万円クラスにしてハウジングにステンレス削り出しの筐体を採用し、不要共振を抑え、自然な響きを実現している。振動版は8mm・ダイナミック型で、大口径というわけではないが、スリムな見た目からは想像がつかないサウンドを奏でる。これまでステンレス削り出し筐体といえば、あの高級機「dc1601ss」や「piano forte」に採用されており、いずれもかなりの高級品であり、なかなか手付かずなイヤフォンであるが、「アダージョ V」は1万円クラスにもかかわらず、「ステンレス筐体」を採用している。同じくステンレス筐体を採用した高級機の「piano forte」のステンレスモデルの原価が10万円近くするのだから、この「アダージョ V」のコストパフォーマンスはかなり抜群である。装着感ハウジングの形状がスリムなので装着感は良好だが、イヤーピースのサイズが耳に合わないとなかなかフィットしない。本体をひねりながら耳に装着するとフィットさせやすい。デザイン・質感鏡面仕上げのハウジングは,同じ鏡面仕上げの「dc1601ss」と違って洗練され,スリムに仕上がっている。※形はオルトフォンの「e-q5」に似ている。とても1万円クラスとは思えない高級感と質感で好感が持てる造り。※dc1601ssより重量はかなり軽い。さらにそれぞれのハウジングにレッドとブラックのラインが施されており、レッドが右耳用・ブラックが左耳用となっており、一目で左右の判別可能な親切な設計となっている。ただ、ケーブルは低価格帯の製品にも見られる様な安っぽい(細い)造りで少々残念。丁寧に取り扱わないと断線の恐れがある。音質購入直後は高音ばかりが響いており、迫力はないものの、1日ほどエージングしたところ、ガラリと変わった。一見すると大人しい音に聴こえるが、全体域にわたって変な強調感がなく、端正な音質である。そのためデジタルオーディオプレーヤーのイコライザでの音質調整がしやすい。低音も重厚なのに人工的な感じではなく、やはり自然な感じで鳴る。高音の響きも素晴らしく、ゆっくりと余韻を残しながらするするとほどけていくような感じで静かに、そして自然に消えていく。金属製なのに、決して金属的ではなく、極めてナチュラルな響きに驚かされる。音楽のジャンルは選ばない、オールジャンルに対応でき、あらゆる音楽をリアルな音で再生できるのが凄い。さすがに高級機の「piano forte」のステンレスモデルの音質にはかなわないが、他社のメーカーの2万円以上のイヤフォンといい勝負をするくらいの音質。そう考えると1万円ではかなり買い得。総合評価1万円クラスのイヤフォンとしては完成度がかなり高いイヤフォンといえるだろう。なんといってもその値段以上の音質に驚かされた。本来この音質を体験するには、他社のイヤフォンで、2〜3万円のイヤフォンでないと体験できないのだが、この音が1万円で手に入るのだからコストパフォーマンスがかなり高い。実に完成度が高いイヤフォンである。是非ともオススメしたい一品だ。※参考にならなかったら申し訳ありません。仕様型番:fi-ad5dss形式:ダイナミック型ドライバー口径:8mm感度:100db/mwインピーダンス/16Ωケーブル長:1.

使い始めて12時間程度で、変な音がしなくなりますが、感覚として200時間程度エージングをした辺りから音のバランスに満足しています。比較対比はUM社10PRO,オーデオテクニカckm99などです。モニター系に近い音楽を楽しめる高音のすばらしいイヤホンだと思います。.

このシリーズはadagioiiで劇的な低音を体感し、adagioiiiではiiと同じドライバーを搭載しながらもクリアで味わい深い中高音に満足しています。今回iiやiiiとは一線を画すステンレス切削ボディを身にまとったadagiovを入手し、あまりの音質の違いに感動すら覚えました。若干重みを感じるステンレスボディから繰り出される音は、低音から高音までブレがなく、クリアで上質な音の波として耳に届いてきます。その波は優しくもあり、時に力強く気分を高揚させてくれる懐の深さを感じます。楽曲によっても印象は異なりますが、個々の楽曲が持つ雰囲気をひたすら忠実に再現してくれるような気がしてなりません。特に澄み渡って聴こえるヴォーカルは秀逸です。また、特定の音域に偏らない比較的フラットな出力特性により、聴くジャンルを選ばないリスニングが楽しめることと思います。.

これを使用して、1年ちょっとになります。また、音にはあまり詳しくないので、参考程度にして下さい。前は、オーテクのck90proを使用していましたが、音質低下を感じて買い替え。ba型からのダイナミック型への買い替えでしたが、音質は概ね満足しています。ba型に比べ、多少クリア感に欠けますが、ダイナミック型として考えれば十分でしょう。楽器単体(アコースティックギターのソロ)とかは、綺麗に鳴ってくれます。余韻も結構いい感じです。逆に楽器が多い曲の場合は、音が混ざってしまい、ゴチャゴチャした感じです。また、高音が刺さる感じがします。特に、女性ボーカルのサ行、シンバルは刺さります。(後期スロットでは、フラットになっているようです)ただ、この機種の問題は、装着の仕方です。装着を色々試さないと、この高音質を体験することが出来ないと思います。イヤーピースが3種類が付いていますが、 lサイズ→大きすぎて低音がスカスカでダメ mサイズ→軽く挿すと少し良い感じになるが、まだ少し音が抜ける sサイズ→奥の方にねじ込んで、角度を何度か調整するとやっとイイ音が・・・と、結構苦労しました。(未だに、一発で装着できない・・・)他のメーカのイヤーピースも試しましたが、結局、付属のsサイズに落ち着きました。人によって耳の形状が違うと思いますので、色々試してみてイイ音が鳴る所を探して下さい。それでも、1万チョットでこの音質が手に入るので、かなりコスパは良いと思います。1年以上使い続けてることを考えても、かなり音質面でも満足な製品です♪.

高い評価ですけど、私の耳には合わなかったです。装着感が悪すぎるので、他のヘッドホンを購入しました。.

詳しい皆様が詳細なレビューを沢山載せていますので、セールにて即買いしました。素人レビューですが(1)良い点ストリングスをはじめとする細かな音をバランス良く再生します。この価格帯で二社使いましたがベストです。どのジャンルにもオススメです。チップは複数サイズ付属で自分の耳に合うものが選べます。 (2)注意非常に華奢な製品です。屋外でラフに使うと簡単に断線しそうです。キャリングケースも大柄で、持ち歩きは今ひとつかもしれません。.

利点と欠点

メリット

  • 解像度が違う
  • 装着の仕方で音質が大きく変化する
  • 本当にダイナミック型?

デメリット

特徴 ファイナル オーディオ ダイナミック型イヤホン Adagio V FI-AD5DSS

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : FI-AD5DSS
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応

ベスト ファイナル オーディオ ダイナミック型イヤホン Adagio V FI-AD5DSS 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.