パナソニック(Panasonic) パナソニック 密閉型ヘッドホン ワイヤレス 7 – 大満足

他の方も書いていますが非常に折れやすいです購入してから1~2ヶ月でスピーカー部分を支えるアームがが折れてしまいました当然落としたり強い衝撃を与えているわけではありませんサポートに電話しいろいろ不満だらけではありましたがなんとか無償修理を受けることができましたしかし修理後1ヶ月ほどでまた同じ箇所が折れましたサポートも不親切なのでもう修理に出すことなく、接着剤で使えなくなるまで使って他メーカのものに買い替えます購入時で2万円くらい、現時点では5000円ほど安くなってますがとても値段の価値があるとは思えません.

他の購入者の方も書かれてましたが、買って半年で二度もスピーカーの支えているプラスチックが割れました。一度目は接着剤で補修出来ましたが今回はどうやら無理なようです。最初の補修部分が外れてしまったのかと思いましたが、同じ側の違う部分が割れてました。材質や耐久性のコストカットとしか思えない造りです。.

前のバージョンも使用してましたがアームが折れ、今回の後継機も改善されずあっというまに折れました。検討してる人は買わないほうがいいでしょう。.

 私にとってのメリットは、bdrの1. 1chaac音声が2chpcmに変換されても、aacデコードからドルビープロロジックサラウンドに切り換えることで、夜間にヘッドホンで気軽にサラウンドを楽しめることです。 サラウンドavアンプは多彩なサラウンドを楽しめますが、スピーカー接続が前提なので、夜間にヘッドホンをつなぐと2ch再生に限られてしまうのです。 音声入力は、bdrからavアンプまでのhdmi接続の間に、hdmiスルーできるタイプの音声分離機を接続して、音声分離機から光出力でデコーダーに入力しています。.

現在使っているのは古い型番のrp-wf7-kですがモノは同じだと思われるのでこちらにてレビューします音とワイヤレスでの使い勝手については割愛皆さんのレビューの通り私のヘッドフォンも右側のアームが折れました、瞬間接着剤では強度が足りないと思いエポキシパテにてアームを繋ぎ合わせて補強して今現在も使っています、構造上の欠陥と言ってしまえばそれまでですが素人修理でもその後は問題なく使えています。その弱いアームという欠点を抱えているにもかかわらずこの製品を選んだのはワイヤレスヘッドフォンで単3形(aa)乾電池をバッテリーとして使える現行製品がこちらしかない為です。リチウムイオンバッテリーを使用したワイヤレスヘッドフォンは高級機に至るまで市場に溢れているのですがバッテリーパックを用意している製品は本当に少数派ですし基本的には交換出来ないものが殆どです、充電しながら使うくらいなら初めからワイヤレスなどでなく有線式のヘッドフォンを使えばいいと考えバッテリー交換の容易さ、入手のし易さを考慮してこの製品を購入しました。今後の新製品で乾電池駆動するワイヤレスヘッドフォンが発表される可能性は低いと思いますのでその一点に置いてこの製品の価値があると思います。.

増設用を注文してしまい、面倒なやり取りがあり大変な思いをしましたが何とか解決して今は問題なく使用しています。.

このヘッドホンは、bluetoothのような面倒な設定がなくすぐ使えるのが良いので前モデルから使っています。特に、テレビに使う場合は比較対象となるであろうbluetoothの送信機のように、テレビのヘッドホン端子に挿したり外したりの作業が無くなるので非常に助かります。イヤーパッドが本体から外せないようですがパッドが破れたら交換できないのでしょうか??そこだけ不安だったので星3です.

価格を考慮すると音質は悪くなく、購入直後の満足度は良好です。しかし半年程度普通に使っていて、ヘッドホンのスピーカー部をおさえているパーツが折れました。とりあえず瞬間接着剤で騙し騙し使っていましたが、程なくして逆側も同様に割れました。その後また違う場所が割れ、瞬間接着剤ってスゲェんだなーって思ってたところ、とうとう本日4カ所目が割れる記念日となりました。アロンアルファ、凄いです。これ、肉抜きしないパーツにするとか中に軽めの真鍮通すとかしないとダメなんじゃないかなぁ。普通に負荷かかる部位はしっかり耐久性付けないと。耐久テストあまりしてない気がする。あと、頭をフィットさせるプレート(?)も1年くらい使ってるとゴムがダレてきてガバガバになります。音には満足しているだけに残念。.

利点と欠点

メリット

  • 耐久性に問題あり
  • 使い方が荒いのか、ヒンジ部分が弱いせいか、1年間で壊れました。
  • オススメできない

デメリット

以前使っていた安いワイヤレスヘッドホンからの買い替えです。価格、機能、音質のバランスがいい、今まで聞こえなかった低温やバックの音が聞こえる!。入力種類が多くヘッドホン側で切り替えができる。ただ、惜しいのはドライバー部を支えるu字型の根元が脆く気を付けないとすぐ折れます。一度折れると反対側も直ぐに折れ使用不可に、(ヘッドホン部買い替えました)これは致命的なのではないでしょうか。ですのでマイナス1としました。.

購入して2ヶ月でアームが破損メーカーに新しいのと交換してもらいましたがそれも2ヶ月かからず同じところが割れましたこれの先代のを使っててアームの同じ所が割れて買い替えたのですが先代は一年以上使えたのに後継機で一切改善せずより壊れやすくなるとは大したものです修理対応した人も安くない商品なんだから負荷のかかるところに金属使うとか出来ないのかと当たり前のことを言ってました.

本当に買って良かった!と思ったのは1ヶ月だけでした!ヘッドフォン耳上の配線が入ってるプラスチックの耐久性がなく折れました!普通に耳にセットして使っていてジワジワヒビが入っていき、おれたのでアロンアルファで止めるも一時しのぎで意味なし、音質にとても満足て訳じゃないですが、私の持ってるヘッドフォンはsonyサラウンド7. 1ですが、sonyと比べると音質に差がありすぎるので比べるとpanasonicが負けてしまいます!私が気に入ったのは電池交換ができる点だと思いました!普通の乾電池から充電用電池が使えるのがとても便利です!配線も光で繋ぐとヘッドフォン側でも音量を調節できますが、テレビ側のほうも音が出ているのでテレビ側の音量を下げる必要があります!それがいやなら赤と白のアナログでテレビ側のイヤフォンジャックに指せばリモコンで音量を変えられますので、光とアナログ両方繋いでもヘッドフォン側のボタンでアナログと光の変更ができるので、同時に配線を設置している方が便利です!普通にテレビの音で見たいときはリモコンでテレビの設定で音質設定でイヤフォンのみからテレビを追加したらテレビがわから音が鳴るのでとても便利です!サラウンド設定も低音設定もヘッドフォン側で全て出来るので助かります!!音質もソコソコですし、操作性と設置も簡単なんで機械音痴の方にもってこいの商品だと思います。ライブやシネマなど色々と選べますが、見るものによっては映画でもサラウンドも音的にライブが合う場合もありますが、それは個人によります!本体も小さくコンパクトで軽すぎて大丈夫?て思うほど軽いですが、最初の音質設定である程度、赤いランプが4つ全面に有りますので慣れればヘッドフォンからの操作だけで全ていけます!それにヤマトの5年保証と同時に購入したので安心して使えます!amazon販売発送にしか5年保証がないのですが、全てにおいて安心して購入出来ました!値段は20800円程のヘッドフォンで決して安い買い物じゃないですが、買って損はないと思いました!でも音質にこだわる人はsony製品のサラウンド9. 1を買われた方が良いと思います。値段はこのパナのヘッドフォンの2倍はするかと思いますが、音質に関しては確実だと思います。その代わりバッテリーなので、panasonicの用に電池交換が出来ないです!隣近所の迷惑等のりゆうで頻繁にヘッドフォンを必要としている方にはpanasonicのこのヘッドフォンの方が良いと思います。追記音、云々以前の話です!panasonicに連絡するも販売店に連絡したのか等、してないならしろとのことで、対応も最悪でした。結果から言うと買わない方がよいかと思います。ワイヤレスヘッドフォンを何個も使ってきましたが、ここまで耐久性がない物は初めてでした!音云々の問題ではなく、もしそれでも購入される方は、予備のヘッドフォンの購入をお勧めします!使用して個人的には、これに二万円はあり得ないと思います。買って後悔してます。パーツの耐久性が良ければオススメしますが、これから検討される方は十分に気をつけて下さい。二万円出して壊れやすい物より多少費用を足してsony製やその他のヘッドフォンを個人的にはオススメします!下の写真にもありますが、電池が入ってる方の同じ位置が折れてしまっており、電源ボタンのある方はヒビが入っており、同じ箇所がひび割れて折れるとかあり得ないです!落としたりしてないのに、もし落としたとしても不自然な折れかたです!折れてしまった箇所には配線が入ってるのでこのまま使用すると配線が切れてしまうことが目に見えてます!結果、個人的にはオススメ出来ません!これから検討されてる方は十分に考えられた上で購入されることをオススメします。上記にもありますが、7. 1とありますが、音もsonyの7. 1と比べると、普通のヘッドフォンでサラウンドではないように個人的には思います。これらの内容は悪まで一個人の意見なので参考迄に書かせて頂きました!皆様が失敗されないことを願っております。本当にpanasonicの修理担当の電話の幾度と対応してきましたが、もう2度とpanasonicで高い買い物は控えようと心底思いました!設計ミスを認めることもなく、amazonさんに何度、ヘッドフォンを交換して貰っても耳上の同じ箇所が、全く同じようにヒビが入り折れてしまいます!本来なら強度に関して非を認めるべき話を会話途中で私は耳を疑いました。気に食わなかったら電話を切っていいですよ!との内容でしたので、上席に電話を代われとの此方からの申し出に出来ないの一点張りでしたが、これがpanasonicの最終決断との内容で上席に代わって何を言うつもりですか?とたずねてきたので、貴方に言う必要性はなく、上席に代われない理由を問いただしましたが、この無能なやり取りに時間の無駄だと思い。またもやamazonさんに助けて頂き本当に感謝しております!ちなみにpanasonicは商品販売後の責任は一切、認めず販売したお店に委ねてきます!本当にpanasonicの社内体質には幻滅しました!このヘッドフォンに関してだけは言えます耐久性がないので必ず折れます!折れた隙間に配線が入ってるので壊れるのは目に見えてますし、これ程の金額を出すなら、もっとちゃんとした商品を調べて購入をされることをオススメします!悪まで個人的な見解ですが私のように失敗しないことを願います!.

5年ぐらい前に家電量販店のホームシアタールームで、音の迫力に衝撃を受けて、他社の10万円ぐらいのシアターセットを衝動買いしました。実家から独立した時に、新居が手狭だったので置いてきまいました。この商品もその時と同じぐらいの衝撃を受けました。それもヘッドフォンで・・・ただ私は音に拘りは余りないレベルです。置き場の関係でホームシアターは・・・と言う方にオススメします。.

手軽・値段もお手頃・そこそこの音場、音質、何より軽さが売りでは無いでしょうか良かった点◎とにかく軽い!ワイヤレスは大抵重いのに◎接続や取り回しが簡単○7. 1chのシステムと同様はありませんが価格なりの臨場感が味わえます。○高音が伸びないけど中低音はよく出ています、分解能は中の上くらいです。悪かった点×2. 5ghz系なので近くにwifiがあるとノイズを拾います。 置く場所には注意して下さい。?家にある光ケーブルを使ったら認識せず、付属の光ケーブルでは認識しましたもしも同様にハマった方がおられましたら、付属の物を使って見て下さい。置く場所さえ考慮すれば快適に使えます。電信レンジ使用時は…うん、それは我慢して下さい。ワイヤレスの宿敵ですから。.

アンプとの入力はもう体が、覚えてしまったので、説明書なしで、登録出来ました。凄いすべて全くの新品です。今回は充電器、usbコード、充電の電池まで付いていました、どうも有り難う御座いました~。感激!.

長年sony製ワイヤレスヘッドホンmdr-ds7000を愛用していましたが、約10年前の商品と比べても一長一短といった感じでした。ヘッドホン部分のバッテリーは充電式単4電池を採用しており、付属の電池はヘッドホンに入れたまま充電が出来るなど利便性は高く、市販のアルカリ乾電池なども問題なく使えるので、急な電池切れにも直ぐ対応出来るようになっています。ヘッドホンは非常に軽量ですが音圧も申し分なく、映画なども満足に見れる品質で、電源・ボリューム・ブースト・入力切替なども右のヘッドホン部分で行えるようになっています。入力端子はhdmiではなく、光デジタル端子のみなので、hdオーディオには対応していませんが、音質的に気になる部分は特にありませんでした。ヘッドホン部分の電源を入れると同時にトランスミッターの電源が入ったり、入力信号がない状態が10分間続くと、どちらも自動で電源が切れる所も手軽で良かったです。ただ、ワイヤレスの7. 1chヘッドホンとしての基本的な作りは悪くなかったのですが、sony製の物と比べると気になった点も多いです。・ヘッドバンドがスイッチになっておらず、頭から外しても音は流れっぱなし・アダプタが一つしか入っていないので、付属の充電池を充電するためにはトランスミッターのアダプタを転用しないといけない・電池を抜き、ヘッドホンとコンセントをケーブルで直接繋いだ有線状態では起動しない・ヘッドホン部分からトランスミッターの電源は切れない・ヘッドホンの電源が切れる時に「ピー」という信号音がする・伝送距離は30mとあるが、近距離でも偶に音飛びやノイズが入ることがある現時点で最新のゲーム機である、ps4 slimやnintendo switch等は、光デジタル端子自体が省かれてしまっているので、この商品の対象者はps3・旧型ps4・ps4 pro・dvd、bdプレーヤー・pc・tvを主に使う方になると思いますが、映画の視聴が主な利用目的の場合では、hdmi端子付属の上位機種を買った方が満足度は高い様な気がします。特に低音や高音に特化しているわけでもなく、良くも悪くも無難な出来なので、映画視聴は極稀にしかなく、5. 1ch対応のゲームやtv音声をワイヤレスで楽しみたいという方には大きな不満は無いように感じます。コンパクトな外形が幸いし、psvrとの同時利用は違和感なく行えたので、有線のバーチャルサラウンドではなくワイヤレスリアルサラウンドでpsvrを楽しみたい方にはオススメです。.

 たかが、ヘッドホンじゃねーかなんて、この50代半ばのおっさんは思っていた。大体きちんとセットをそろえなきゃいけないよね、でも、それにはスペースもお金も必要、今の私には出来ないなんて思っていた。 が、それは大きな間違い。技術の進歩ってすごいもん、というか、私の世間からの取り残されがすごいものんなのか。ヘッドホンがここまですごいもんだとは思ってみなかった。 デフォルトのサラウンドでもよいがさらにサラウンド感を出すようセットするといや、もう、ホント感動ですよ。おまけにこのずしりと来る低音。へ、へ、ヘッドホンでしょ!?という感じ。 これなら、スピーカーを並べる必要もない。夜でも大音量で平気。というか、一軒家なので、音もそんなに気にしなくて良いのだけれど、夜どころか昼もこれで聞く気になる。というか、元のテレビの音声とは全く物が違うので、いや、もう、やみつきです。 それに、今どきのこういうのってすごく軽いんですね。すごい音に感動しているからだけでなく、あまりの軽さ圧迫感の無さにつけているのを忘れてしまう。 「超」がつくぐらいのお勧めです!.

周りに音が聞こえないので、夜でも大迫力で映画を見ることができます。英語の発音もはっきり聞こえて、わかりやすいです。他の製品と比べてどうかまではわかりません。これを購入して映画を見る頻度が格段に上がりました。.

特徴 パナソニック 密閉型ヘッドホン ワイヤレス 7.1ch ブラック RP-WF70-K

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • テレビにつなぐだけで、深夜でも映画やゲームが7.1chワイヤレスで楽しめる
  • ソフトイヤーパッド、レザー調フリーアジャストバンドと軽量設計による快適な装着感
  • 付属の単4形ニッケル水素充電式電池に加えて、充電式EVOLTAやeneloop、アルカリ乾電池も使える
  • 時間帯や周囲を気にせず満喫できる大迫力サラウンド
  • 快適な長時間視聴が可能

メーカーより

時間帯や周囲を気にせず満喫できる大迫力サラウンド

コンパクトにサラウンド空間を楽しめる

スピーカーの設置が不要で、省スペースを実現。

・対応音声フォーマット

ドルビーデジタル、DTS、MPEG-2 AAC

同時に楽しめる

RP-WF70H(別売)を増設すれば最大4人まで同時に楽しめる。

※ご使用の環境により異なります。

コンテンツに合わせたサラウンド効果が得られる

映画・音楽・ゲームのコンテンツに適した音場をヘッドホンのSurroundボタンを押すごとに再生。

快適な長時間視聴が可能

ソフトイヤーパッド

軽量設計(質量約235g 付属充電式電池含む)と、ソフトイヤーパッドやレザー調フリーアジャストバンドにより、長時間の視聴も快適。

レザー調フリーアジャストバンド

さまざまなバッテリーが使える

付属の単4形ニッケル水素充電式電池に加え、市販の単4形アルカリ乾電池やパナソニック製充電式EVOLTA(BK-4MLE)・ニッケル水素充電式電池eneloop(BK-4MCC)が使用可能。

充電式電池はヘッドホンに装着したまま充電できる。

今までに2回同商品を購入しましたが、数か月使用するだけで、耳当ての部分の根本がすぐに折れて使い物にならなくなります。.

私の場合は約1年半もったのでよかったと思いますが、他の方のおっしゃられているとおりアームが部分が折れました。特に落としたり乱暴に扱わなくても装着するときの持ち方によって簡単に折れます。軽量で気に入っていたのですが、やはり軽い分強度が極端に低いようです。運よく壊れなければとても良い製品に思えます。.

やや華奢で価格相応の作り、全体に剛性がなく少し不安を感じる。音質は低音がやや弱くもう少し欲しいところ。.

この商品を10ヶ月程前、家電量販店で購入し。半年前からヘッドフォンの根本の部分が折れる事3回、その都度、接着剤で補修してきたが、もう限界だと思い、買い替えようかと、こちらを覗いて見たわけなんですが、同じような事になっている例がこんなにあるとは思わなかったです。この商品のセールスポイントの一つは、充電池を使用すれば何度も使用出来ると言うものなのに、本体の耐久性が低いのであれば、意味が無いでしょう。付属のトランスミッターとセットの専用ヘッドフォンですから、仕方無く買い替えるか、ほかのメーカーの商品に乗り換えるか、どうしようかと迷っています。.

半年でアームの部分が大破しました。ゲームや映画にはもちろんpcにも多目的に使用しワイヤレスなこともあり在宅時は比較的使用していたと思いますが、片側のアームが折れ接着剤で補修しては反対側が折れを繰り返し接着不能な状態になりました。音質的にもさほど良いとは思いません。良かった点は軽くて四六時中つけていても疲れないって点のみです。.

デジタル音声の入出力端子(入力は2つ)がトランスミッターユニットに付いているので、avアンプなどのレシーバーにps4や各種プレーヤー、pcなどをhdmi接続していても、接続のやり直しなどせず、テレビとの間にトランスミッターユニットをかませるだけで、テレビの音声と各種プレーヤーやゲーム機の音声が全てワイヤレス化できヘッドフォンで聞くことができます(テレビとアンプを光デジタル音声で接続していた場合)。音質はまさに映画館級の迫力で、セリフも効果音も音楽も臨場感があって非常に満足できます。この7. 1chのサラウンド感、これがワイヤレスということを本当に忘れさせてくれます。野球中継などでも、打球音の「カチっ」という音がまさに耳元でハッキリ聞こえてビックリしてしまったほどです。もちろん球場の色々な音が聞こえてきて迫力も臨場感もすごく味わえました。夜間のメディア鑑賞では間違いなく活躍するアイテムです。軽量設計なので、つけ心地、フィット感、疲れにくさなども合格点で音漏れもそこまで酷くないです。電池もフタを開けて市販のエネループや充電エヴォルタと取替え可能で、そのままヘッドフォンに専用コードを挿せばusb給電出来るのも便利。(ヘッドフォンにミニusb端子は挿せないです)avアンプなどのレシーバーにhdmi接続しているps4やpcの音声を聞くには、この製品→テレビモニター(入力切替)→レシーバー→ps4やpcなどの機器、という順番に電源を入れます。そうしないとavアンプに繋いでいるスピーカーから音が出ます。(トランスミッターユニットの光デジタル音声出力端子とレシーバー、入力端子にtvを接続している状態).

欠陥品レベルです。普通に使用してるだけで写真の箇所が折れてしまいます。半年満たないで折れたので子機を買いましたが同じ部分が再び折れました。アーム部分を脆く折れ易い作りにして、子機を買わせる戦略だろうと思います。ワイヤレスで性能自体は良いだけに残念です。.

総合的に満足できる商品です。まず一番は、操作が簡単でヘッドフォン自体が軽いです。音質は、最近のハイレゾタイプにはかないませんが、奥行き間があっる音で高音は伸びるというわけでありませんが、透き通った音で気持ちよいです。ヘッドフォン付けた状態で、室内を普通に歩けるのはこれうくらいでしょう。外の製品も買いましたが、頭が重くて長く付けていられないです。パッドも1500円くらいで交換できるし、汎用性ではぴか一でしょう。私が買った時は、25000円だったと思います。まだ売っていたので驚きました。.

4ghz通信で遅延のなさバッテリーの融通がきく所は非常に良いのですが、9ヶ月弱(ほぼ毎日の使用)でヘッドホンの耳あての部分のパーツが左右とも折れました。前の機種も1年位でヒビが入っていたのですが、今回の機種も同様に耐久性は低いようにかんじます。不格好ではありますが、セメダインppx接着剤で修理し運用しています。もう少し耐久性をあげてくれると嬉しかったです。次の新機種があるのであれば耐久性の強化と電源を消す時の音を無くしてくれる等の改善があると良いと思います。ただ、最近bluetooth系のワイヤレスヘッドホンが多い中2. 4ghzの物は貴重なので耐久性が低いとはいえ、それ以外の部分は非常に良いので現行で買える商品の中ではオススメな商品です。.

以前、panasonicのrp-wf5500を使用していました。3年ほど使用していたら、ヒンジのところが割れてしまい、片方だけ壊れたときはテープで固定していましたが、その後両方壊れ、装着することができなくなったので、修理せずに安価なステレオタイプのワイヤレスヘッドフォンを購入し、最近までそちらを使っていました。rp-wf5500は価格コムやamazonのレビューでもにも割れたとの投稿が多数あり、かなり壊れやすかったようなので、これがどうなのか心配ですが、新しくなったこれはヒンジの部分が可動式じゃなくなっており壊れにくくなっているようです。・付け心地も良い頭は大きい方ですが、付け心地も良いので3時間使用していても耳が痛くなることはありませんでした。さすがに3時間以上ゲームをして使用し続けたら痛くなりましたが、そんなにぶっ続けで使用する人もあまりいないと思うので、大丈夫だとは思います。rp-wf5500はヘッドフォンの角度を軽く変えることができたので、痛みが出てきたら角度を変えて調整することで、痛みが軽減できるような設計でしたが、その可動部分が壊れやすく問題だったので、この改良は良い点もあれば悪い点もありますね。ただrp-wf5500と比べて素材も軽くなってますし、電池も単3から単4になってさらに軽くなっているので、負担は軽減されています。・素晴らしいサラウンド5. 1chサラウンドの映画や、ps4のサラウンド対応のゲームなどをプレイすると迫力がスゴく、普通のステレオサウンドでも擬似的にサラウンドにしてくれる機能もあるので、楽しめます。音楽ライブのブルーレイなどはまるでライブ会場にいるかのような臨場感ですし、cmの音を聞いていてもこんな音鳴ってたんだという驚きがあります。・トランスミッターと充電器は別と考えて良い充電に関してはrp-wf5500はトランスミッターが充電器も兼ねており、ヘッドフォンをトランスミッターに置くことで充電できました。しかし長く使っていると接触部分が部分が汚れたり、酸化したりして、接触が不安定になっていたので、今回の改善は良い改善だと思います。有線ケーブルでの充電なので、充電しながら聞くことも可能です。トランスミッターにもusb端子がついているので、そこに接続して充電することも可能ですが、モバイルバッテリーやスマホなどを充電するusbのacアダプタなどからも充電できました。usbケーブルが2本入っていて2台同時に充電するためなのかと思っていましたが、acアダプタの接続もusbだったので、2本必要だったみたいです。・マイクロusb接続で充電できるようにしてほしかったかな。これに接続するusbケーブルはこれ用の特殊なusbケーブルなので、接続端子をマイクロusbにして、それで充電できるような仕様にしてくれると嬉しいですね。マイクロusbで充電できるようにすれば、余計なケーブルが増えなくて良いですし、ほかの充電と共有できるので助かります。純正品ではないアダプタで充電して故障のリスクがあるのかもしれませんが、今の時代大半の人がスマホなどを純正品ではないもので充電しているので特に問題ないと思います。メーカーさんには今後ぜひマイクロusb端子で接続もできるようにしてほしいです。・サラウンドモード切り替えの状態がわかるようにしてほしいサラウンドのタイプにシネマ、ミュージック、ゲーム、オフとあるんですが、ヘッドフォン本体に状態を表すledは付いておらず、トランスミッターを見ないと今どのモードかわからないので、シネマだと1回ビープ音、ミュージックだと2回など音を鳴らすことで状態をわかるようにしてほしかったですかね。長押しでサラウンドオフにするとか。・ナイトモードもほしかった低音が強調されたり、人の声を聞きやすくするboostモードがありますが、その逆にサラウンドスピーカーにあるような低音、高音を小さくするナイトモードもほしかったです。音が良いからと言って、何でもかんでも大迫力の臨場感で聴きたいということはなく、夜寝るときにはこれ映画を見るのしてもあまり高音がウルサイと目が冴えてしまうので。音が良いヘッドフォンやスピーカーの欠点として、安い製品では聞こえない低音から高音が多く聞こえてしまうので、長く聞いていると耳が疲れちゃうんですよね。なのでそうゆうのを低減するためにナイトモードがあると嬉しかったです。ボリュームを小さくしろって言われるかもしれませんがそうゆうことではないんですよね。・ほかの無線機器との干渉はかなりある家は無線lanルーターが2台とコードレス電話があります。tvの右に無線lanルーター、左にこれのトランスミッターが設置してあり、少し離れたところにコードレス電話の子機があります。トランスミッターから3メートルのくらいの距離であれば特に問題なかったですが、それ以上離れるとブツブツと音が少し途切れます。無線lanとコードレス電話を切った状態だとコンクリート壁を挟んだ隣の部屋に移動しても音が途切れることはありませんでしたが、両方onの状態だとかなり途切れます。最近では無線lanがない家なんてないと思うので、私のようにtvの近くに無線lanを置いている人は設置場所を変更しないといけない可能性が高いですね。・充電しながらでも音が途切れやすい充電しながら聞こうとしたら、トランスミッターとの距離が近くてもかなり音が途切れました。無線lanとコードレス+電力供給のトリプルパンチなのかもしれません。・サラウンドスピーカーなども接続できるトランスミッターには入力だけでなく、出力もついているので、tvに光デジタル出力端子が1つしか付いていなくても、これのトランスミッターに入力して、出力をサラウンドスピーカーに接続できます。光出力をスイッチングや分岐をする必要がないので便利です。ただステレオ接続(赤白ステレオジャック)には出力はないので、ステレオ接続の場合はそのような接続はできません。光デジタル出力だけです。・映画や音楽、ゲーム以外でのオススメの使い方私がワイヤレスヘッドフォンを使用する理由は近隣住民のことを気にせず大迫力の音で映画やゲームを楽しみたいというのもありますが、家事をしているときなどにtvをbgmとして聞けるというのも一つの理由です。例えば洗い物をしながらだと水の音でtvの音が聞こえなくなり、相当ボリュームを大きくしないとtvの音は聞こえませんが、ヘッドフォンであれば当然そんなことはないですし、掃除機を使用しながらでもこれを装着していればtvの音は聞こえます。洗濯を干しながらtvを見ずに離れたところから音声を聞くこともできます。有線ヘッドフォンのほうが音のクオリティが高いとは思いますが、移動に制限も出てきます。ただワイヤレスであれば、ケーブルに邪魔されることなく、移動も自由なので、何かをしながら音を聞くということが楽にできるのでオススメですよ。本体も軽く、装着感も良く、音も良いですし、オススメのワイヤレスヘッドフォンです。.

購入してもう一年経ちますが、全く壊れる気配ありません。普通に使ってればとれるなんてことないと思います。とても軽くて自然に頭にフィットしてくれます。(ヘアバンドのように自然に調節される)店頭で実際に装着し、一番快適で違和感なかったのがこちらでした。音質もなかなかよく、映画や音楽ゲームでお世話になってます。1つ気になるとしたらワイヤレスなので時々小さなノイズが入るときがあることですかね。歌声を聴くのに集中しているときそれがあったので….

光ケーブルでテレビと接続。レコーダーはサラウンドシステムに接続されていたのでちょうど良かったです。使用感、音質には満足。現在のモードがヘッドホンで分からないのが不満です。.

前に使っていた機種が壊れ購入しました。音響の素晴らしさは分かっていましたが、正規品がこの値段なので大助かりです。.

皆さんおっしゃってますがヒンジの強度が無さ過ぎます2年持てば大当たりかと…音質も他社と比べたら最悪です絶対におすすめしません.

トランスミッターとセットの物と、増設用のヘッドホンを同時に購入した。最初は、ヘッドホンの音の進歩に少し驚いたが、しかし購入後2カ月弱で何と耳に当たるスピーカー部分を二か所で支えるがところが断裂しているのを発見。その断裂部分を見てみると、なんとも頼りない作りで、薄くて、細いのであきれた。これは明らかに設計ミス。返品しようとしたら、1カ月を少し過ぎていてそれもできず。ナショナル、松下電器の時代から、マネシタ電気などと揶揄されいた、このメーカーの信頼性はいま一つだったが、いまだにこれかよと再確認した。ちなみにこういうことも予想して、大きめのボックスを購入し、大事に扱っていたので、この断裂は、明らかに頭にかけるときに、何回か延ばすと簡単に疲労断裂を起こす程度の作りだと言うことです。本来は、金属を中に入れて補強が必要だ。これは買うべきではない。交換してもらっても、設計を変えない限りくり返す可能性大である。.

基本的に満足しておりますが、やはりやや値が張る感じはあります。.

1chを体感できるソフトが無いのか感じませんでしたが、通常の音は良いです。値段相応の機能だと思われます。 私は、音楽を聴きながら作業をしているためか、ヘッドホンの頭部のでっぱりのせいか、買ってから半年くらいで写真のヒンジ(2ヵ所)の片方が折れました。そのまま使い続けていたら、とうとう2ヵ所あるヒンジの両方が壊れてしまいました。 作業しながら音楽を聴く人は、気を付けて使用してください。 増設用のヘッドホンはセット価格の2/3と、値段相応とはいえ少々お高いので、買い替えか増設か悩むところです。.

他のレビューにもあったけどそこまでの頻度で壊れないと思います。音も良いし映画館の臨場感は楽しめます。.

昨年の10月に購入、使い勝手も音質も満足していましたが、先日右側のアームが折れてしまいました。(特にストレスをかけるとかはしていません) 仕方なく瞬間接着剤で補強して使っていましたが、昨日今度は左側のアームが折れてしまいました。さすがにショックを隠し切れません。通常使用で1年も持たない耐久性はおよそ商品と呼べるものではありません。片方だけならたまたまということも考えられますが、こうなると完全に製品自体の品質の問題と思わざるを得ません。絶対にお勧めできません。.

映画、音楽の視聴共に使用していて満足いくレベルと思います。その点ではコストパフォーマンスは非常によいと思います。ただ頭でっかちの小生だけなのかアームの部分が前部より後部がやや長めに彎曲しているせいで強度不足になり?後部のアームの根元部分で右、左の順で割れてしまいました。割れ方は全く同じです。共に接着剤で修理しましたが繊細な取り扱いが必要かもしれません。その点がマイナス☆二つとしました。.

少々比較対象としては酷なのですが、sony mdr-ds7100と、sharkoon 5. 1chヘッドセット x-tatic digitalと比べてみました。ds7100は50mm大口径スピ−カーで7. 1チャンネルを仮想化したヘッドフォンです。xtaticは、実際に8つのスピーカーを配置して、背後に当たる場所は耳の後ろにスピーカーを配置しています。サブウーハーですら40mmしかありません。フロントは30mm。このrp-wf70は40mmスピーカーを使っている部分を除けば、スペック上はds7100と同じといって良いでしょう。つまりスピーカーの口径と、サラウンドを仮想化についての評価になるでしょう。因みに私が知る限り、リアルサラウンドでワイヤレスのヘッドセットは存在しません。ワイヤレスの場合、ほぼ全てがdolby pliixを使った仮想サラウンドです。(xtaticはケーブル接続です。)実際にいくつかbdからライブを再生してみましたが、圧倒的にds7100の方が音が良いです。これはたぶん誰に効いても同じだろうと思われるほどのレベル差でした。値段が相当違うのである意味当然かも知れません。映画やゲームなどで背後の音を聞きわける場合は、当然ですがリアルサラウンドのxtaticが最強です。5. 1chでライブを聴いたときに印象が変わってしまうほど臨場感があります。そして、rp-wf70に関しては、この二つに劣後してしまうのはやむをえないと思うのですが、通常の2chのbdを再生したときも、決してxtaticより音が良いとは思えなかったのが残念でした。サラウンドモードやブーストを変更すると若干改善しますが、何というか、音がこもった感じです。ただ、rp-wf70はドルビーデジタルからdtsに変えるとこの印象が一変して、音がクリアになります。dtsを使った音声再生が多い人なら、rp-wf70をお勧めできそうです。(xtaticはdtsが再生できないので、ドルビーデジタルに変換するしかありません)それから、三つの中では一番軽量でバッテリー交換が楽だという点は他にない特徴です。ただ、ヘッドフォンを着けていないときも常にスイッチが入って音が出ている状態なので、ちゃんとスイッチを切らないとすぐにバッテリーを使い切ってしまうでしょう。ds7100のように頭に着けているときだけスイッチが入る仕組みだともっと良かったとおもいます。やや無精すぎかも知れませんがwdts音声再生が多く、ワイヤレスのヘッドフォンをそこそこ安く手に入れたいのであればお勧めです。★4つ。.

ほかの方と同じくスピーカー部分を支えているところが折れた気づいたら折れていたので無理な力でもかかったのかと思っていた便利に使っていたので増設用のヘッドホンを買いなおそうと思っていたがレビューを見ると何人か同じ壊れ方をしているのであきらかに強度不足だと思い買うのをやめましたワイヤレスのヘッドホンはほしいのでソニーのでも買おうかなぁ….

何度も試したが、まったく登録できない。セットで買いなおすことにした。全く役に立たない買い物だった。.

ベスト パナソニック 密閉型ヘッドホン ワイヤレス 7.1ch ブラック RP-WF70-K レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.