パナソニック(Panasonic) パナソニック カナル型イヤホン Dts対応 シルバー Rp-Hjx5-S – 脆いです。脆すぎます(‘・c_・`)

 昨年(2014年)10月末より使用開始。 片側から聴こえない事“11月”・“12月”・“今月(1月)”と、3ヶ月連続。  その都度『新品に交換しました。。。』との事だが、3ヶ月蓮チャン・・・って事は、製品自体も修理レベルも庇いようのくらい低いモノ。  ☆1つすら、高評価すぎます。  12月にサービスセンターへ持ち込んだ際も『またですか、ハハハ・・・』と、謙虚さのかけらも無いので、『イヤイヤ、笑ってる場合じゃなくて・・・』とキレてしまいました。 ☆を1つ“も”つけてしまった事に、後ろめたさを感じる出来事でした。。。.

今回は近所の量販店で購入しました。amazonが¥2504で販売されていますが、量販店ですと¥4200しましたorz(これでも年末大特価赤札市だそうです)これはまぁよいとしまして肝心の音の方なのですが好みではありませんでした。購入にあたっては店頭にある商品との比較となりました。ソニー、オーディオテクニカ、jvcケンウッド、パイオニア、tdk、パナソニック、マクセル、以上が店頭在庫です。視聴が出来ないのでメーカーイメージで決めざるを得ません。音の良し悪しというのもまた自分の好みの問題ですので高価なものが良いとは言い切れず、店頭在庫にて中ほどの値段設定になっているこの製品を選びました。自分の中ではパナソニック=耳当たりのよい柔らか目の音、信頼性・耐久性バツグン、というイメージを持っていました。帰宅後、視聴してみますと低音、中音、高音、どれも角ばった音でもう少しマイルド感を期待していたので少し残念です。もう少しエイジングが進むとどうなるのか様子をみたいと思います。その後、気に入らなければイヤーチップ交換なども試したいと思います。ipodで使用すると低音スカスカで全体的に薄っぺらい音しかでません。pc用のイヤホンとして使用するとまぁまぁの音です。これで¥4200だと酷く損をした感じがしますが¥2504ならまぁこんな物だろうと納得できると思います。.

20時間エージング後の感想です説明にあるような重低音?は聞こえませんがそれなりの低音感はあります。とはいってもやはり5千円クラスのイヤホンとは全体的な音作りが劣ります解像度もイマイチ感ぬぐえませんDTS対応とのことですがコンテンツがないうえ、購入予定もないのでその部分は無評価とします。そのほか気がついた点としてRとLの表示が小さくて困りますコードカバーに申し訳程度表示してあるだけで見づらいですやや派手目のデザイン、大きく見えるハウジングが特徴的ですが全体的な感想としては☆3つです.

Amazonではなくホームセンターで購入しました。見た目はいいですが、音質はダメですね。音がえこもった感じで低音もあまり出てないです。.

音質に関しては、この価格帯では十分な音が鳴ります。高価格帯モデルと比較しなければ音ではおおむね満足できます。しかし、音以外の細かい部分で使い勝手が非常に悪いです。まずr,lの表記が非常に分かりづらい。イヤホンの内側ケーブルにとても小さく書かれています。書かれている場所が分かっていても、目を凝らさないと今でも認識できず困ります。イヤーピースの付け替えも、穴の部分が本体よりも小さいため、つまようじで必死に穴を広げてやっと装着することができました。音やデザインに関しては気に入っただけに残念です。.

お手軽な価格のカナル型イヤホンです。価格帯なりの音ですし、カナル型の装着感に慣れてしまえば遮音性は普通のイヤホンより高いので(カナル型の中では遮音性は低いです)より音楽に没頭できると思います。評価が低い理由は、電車通勤の際に使おうと思っていたのですが、音漏れが結構あることです。満員電車などだと隣の人との距離が近いので使用をためらってしまいます。音量を下げれば漏れも小さくなりますが、周りの音と混ざってしまって・・・。自宅で使うならイヤホンよりもスピーカー・ヘッドホンなどの方がいいですし、ちょっと使いどころが難しいイヤホンという評価になってしまい、☆3つです。.

たくさん展示、試聴できるようになっていたので選ぶのに30分程かかりました。購入価格を3000円程度と決めていたのである程度絞り込みができましたが始めに重低音タイプの商品を試聴してしまったのでここの差は結構大きかった。やや予算オーバーでしたが許容範囲という事で当商品を選びました。帰宅後デジタルプレーヤー側の音質設定(eq)で好みの音に近付け自己納得して使用しています。あらゆるジャンルの楽曲を聴くのでそれなりの音質で楽しめてます。まあ、合格です。.

中々いい響きの音声となっています。コストパフォーマンスはなかなかよいです。.

利点と欠点

メリット

  • 再販希望商品‼️
  • パソコン用に
  • この価格でこの音なら普通に買い(但しイヤーピースに難アリ)

デメリット

以前使用していて、音質に満足していた商品です。探していました。amazonさんで発見して購入しました。同タイプの商品がいま少ないので、再販希望します。満足しています。.

2014年後半に発売され、いよいよ在庫整理消化になってきた本製品シリーズの最下機種を家電量販店にて1,930円で購入。「全3機種,内部配線が断線し、音が出なくなる」とパナソニックからリコール通知されていた商品で、当該故障時は無償交換するとホームページで言っていた。デザインは良く塗装も高級感があり、見た目が良いので半額以下で買えたため「ブラック」をリコール覚悟で購入。第一印象は本体は良いが、コードが貧弱で初期装着のmイヤーピースが小さいと感じた。付属のポーチ内に替えイヤーピースが入っていたが、lサイズが他メーカーのmサイズ程度。xsサイズなんて、赤ちゃんにも小さいくらい。とりあえず初期装着のmイヤーピースで聴いてみた。あーなるほど、低音が出てる。これだけ低音が出ると中高音が喰われバウンド現象が起きて聴けたもんじゃないが、音の押し出しがしっかり安定している。ズンズンとベースとドラムがきっちり鳴る印象。音の広がりも中々良いし、ボーカルも引っ込む事なく中央に存在している。ただ、高音に関しては確かに低音に喰われないがコモりがちで、そもそもの味付けが丸い。延びも足らない。実は本当なら上位2機種のどちらかを購入しようと思ったのだが、hjx5はインピーダンスが16Ωでhjx10・20はインピーダンスが26Ωのため、スマホ主体での使用では音量確保が難儀になるためこの機種にしたのだが、高音のメリハリを望むなら上位機種が良いと思う。まあ、総じて悪くはないのであとはいつ断線して交換となるか。.

80年代のロック、aor、ジャズ、フュージョンを主に聴いていますが、cd全盛になってからかつてのアナログ盤のように音質にこだわらず、気軽に聴くようになってきていました。さらにipodtouchを愛用していて、かなりのcd音源をそこに入れて仕事中に小型のスピーカーで流したり、附属のイアホンで聴いていたので「まあ、こんなものだよな」と。かつて大型のステレオで聴いていたような低音の再現性はそもそも、あきらめておりました。だって、マンションじゃボリュームも上げられないし。本格的なヘッドホンは高いし。買ってもそれほど聴かないかもね、と。しかしこれを装着して愕然。この低音の豊かさ。バスドラとベースの細かなニュアンスを表情たっぷりに聴かせてくれて、うれしかったです。高音もイコライザーにもよるでしょうが、チャチじゃない音なので安心。コストパフォーマンスだけではなく、「気軽に聴く」という世界をそのままに、楽しめる。密閉度がけっこう高く、室内では音楽を流すとほとんど外の音が入ってこないので、ご注意ください。外には連れ出していません。なお、iosとandroid対応のアプリ「music live」をダウンロードするとデモミュージックのみ無料でdts headphonexという規格のサラウンドを体験できます。たしかに臨場感があります。ですが、残念ながら、すでに他のストアで購入した音源などをこれで楽しめるのではなく、このために新たに購入しなければなりません!この点はご注意ください。しかも、現状では購入できるアーティストは相川七瀬、岩崎宏美、倉木麻衣、globeなど限られているほか楽曲も少ない上に1曲480円もして、ここでダウロードした楽曲は他のディバイスでは聴くことができないみたいなので、ちょっと実用的なものとは言えないような気がします。もっとオープンにやってほしいものですね。.

2週間ほど使用してみて、音については高音も低音も素直に出ている印象です。良くも悪くも、あまり特定の音域を強調したチューニングではないように思います。あと、耳に完全にフィットさせにくいのでちょっと音漏れが気になります。使い勝手も特に困るようなことはないのですが、コードの細さと左右の区別が一目では分かりにくいです。デザイン自体はいいと思うのですが、作りが全体的に華奢なのであまり扱いを荒くできないかも。音は素直でいいのですが、普段使いの価格帯だと思うのでもうちょっと耐久性がありそうな作りにしてもらった方がいいかなあと感じます。.

パソコン用にと購入しました。重低音が楽しめるとあったのですが、その通りの品質でした。値段も手ごろだったので、買って正解でした。.

普段から様々なイヤホンを使用していますが、この価格でこの良音なら、コスパはそう悪くないと思います。4千円以下のクラスとなら、戦えていると思います。残る問題は噂のケーブル断線ですかね. 。他サイトでいくつか報告が上がっていました。断線したら評価を下げます。<音>dtsアプリを使わずとも、音場が広いので、空間的な音の広がりは良いです。中低音を「ダイナミック」に表現し、なかなか迫力があります。高音の伸びに少し物足りなさを感じますが、全体的なバランスは整っています。低音もそこそこ引き締まっています。量は十分に出ています。中域の押し出しが強く、ボーカル〜サックスを前面にグイグイと聞かせます。低域と中域の分離も良く、モワモワとした表現になりません。価格を考えると、音質と低音の迫力は素晴らしいです。<デザイン/使用感>左右の区別がわかりにくい。付属のイヤーピースが、Lでも小さい(他のイヤホンのMサイズ同等)ケーブルはクセがつきにくく滑らか。タッチノイズは小さいです。商品説明に「音漏れ低減」とありましたが、けっこう漏れます。遮音性もあまり良くないです。.

始めは聞こえづらかったですが時間と共に音が良くなりました。しかし、買って丁度1ヶ月たった頃右側だけ聞こえなくなり修理に出しました。2周間経ち受け取りに行くと、修理不可のため新品と交換との記載。新品なら良いかと思い使っていましたが、今度はわずか2周間でまた右側が聞こえなくなりました。修理前のを乱暴に扱った覚えはありません。もちろん修理後の新品も。むしろ、より慎重に丁寧に扱いましたがダメでした。これはもう製品自体の問題としか言いようがありません。ちなみに、ヨドバシアキバで各製品を試聴しましたが、この製品のみ左側が聞こえない状態でした。.

良い点ー耳への密着 フィットしつつ、変な真空感はないー高音 隅々まで聞こえる。高音フルートもばっちりー低音 ズンズン響き、カバーが広いー全体的にこの価格帯を超えた音質とても気に入りました。今、クラシックと変形ジャズみたいなのを聞いての感想です。追記があればします。悪い点ーコードがすぐもつれる。 他のパナソニック製品もこんなです。仕方ないのかな?.

最初使った時はあれ?って思ってあんま音良くないなーと思いましたが数日使ってるとだんだん音も良く出るようになってなかなか使えるものになってきました。しかしパワフル重低音と言う割にはeyer podsより低音は弱いと思いました。.

特徴 パナソニック カナル型イヤホン Dts対応 シルバー Rp-Hjx5-S

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 形式:密閉型ダイナミック・ステレオインサイドホン
  • 使用ユニット:直径12.0mm
  • インピーダンス:16Ω
  • 音圧感度:103dB/mW
  • 最大入力:150mW※1
  • 再生周波数帯域:5~25,000Hz
  • コード長さ:約1.2m
  • 質量:約17g(コード含む) /約6g(コード除く)
  • 入力コード強化軽量リッツ線(O:FC) ○
  • 金メッキプラグ:○

全体的に小さめのイヤピースが付属していることと、細めのステムを考えると耳の奥まで入れ込むのが仕様なのかと思います。しかし自分には微妙でサイズと装着の仕方で音質がかなり変わります。イヤピースが小さいと隙間が出来て低音が出ません。逆に大きめのイヤピースだと低音が出るものの、低音の音圧に負けて全体的にスッキリしないこもった感じになります。おそらく低音を売りにしていることから隙間なく装着した音が基本になると思いますがもう少し高音域の伸びがほしいと思います。キラっとした高音を求める方には向かない製品です。.

ベスト パナソニック カナル型イヤホン Dts対応 シルバー Rp-Hjx5-S 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.